みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  青山高等学校

青山高等学校
出典:SANDO

青山高等学校

(あおやまこうとうがっこう)

東京都 渋谷区 / 外苑前駅 /公立 / 共学

評判
東京都

TOP10

偏差値:71

口コミ:

4.52

(92)

概要

青山高校は東京都渋谷区にある都立高校です。「国公立大学を目指す進学校」を目指しており、年間20回の土曜日授業や夏休みなどの長期休暇中に講習を行うなど基礎学力の向上に努め、大学進学を視野に入れた質の高い授業を行っています。1、2年次に共通の科目を履修し、3年次より文系理系に分かれ学習します。大学分野別模擬講座、大学入試説明相談会、不得意科目のフォローなど進路指導も充実しています。卒業後はほとんどの学生が大学への進学を希望し、約7割の生徒が現役で大学に進学しています。制服はなく、私服の通学が可能ですが、始業式などの特別な行事では標準服の着用が必要です。 学校行事としては、青山高校の一大イベントとして全クラスが劇を行う外苑祭の他、体育祭、球技大会など仲間と楽しめる行事が多数あります。出身の有名人としては、俳優の石田純一や、フリーアナウンサーの滝川クリステルがいます。

青山高等学校出身の有名人

石田純一(タレント)、林文子(元ダイエーCEO)、滝川クリステル(アナウンサー)、つのだじろう(漫画家)、井上鑑(ミュージシャン)、益戸育江(俳優)、... >>もっと見る(23人)

青山高等学校 偏差値2019年度版

71

東京都内
/ 644件中
東京都内公立
/ 230件中
全国
/ 10,058件中

口コミ(評判)
投稿する

  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      とても素晴らしい学校である。
      校風は「自由」まさにその名の通りである。
      生徒は個性豊かで明るい性格の子が多く、皆常識があり、ある程度の節度を守った行動をできる。
      授業は、特別な教育方法があるわけではないが、先生が生徒の質問に手厚く答えており、きちんと予習復習をして授業に臨んであれば、国公立大学に合格することも夢ではないだろう。
      行事は、体育祭では体育委員の生徒が主体となり、生徒のニーズに応えられるように競技を変更したり、何度も見直しするなどして多くの生徒が楽しむことができていた。
      個人的に、応援団、体育委員として体育祭に関わりとても充実した期間を過ごすことができた。
      外苑祭は、まだ体験していないので分からないが、準備期間の中でも、生徒間の親睦が深まっていくのを感じ、とても楽しみに思っている。
      部活は、練習が多いため正直勉強との両立は努力をしなければ難しい。しかし、そこで努力をできるものだけが青春を送ることができるのだと思う。
      男女仲も行事などを通して深まるため、良い方だと思う。
      とにかく高校生活を楽しみたい、青春を送りたい、そして、勉強も頑張りたい。そんな人は是非青山高校に。
    • 校則
      校則はない。
      なぜなら生徒が自立しているからだ。
      ただ、部によってはルールがあるので、そこは入念に選択するべきである。
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      とにかく学校が自由!そこに尽きる!
      しかしその中でも全員がしっかりと勉学に励んでいるのが素晴らしい!また行事にも熱心に取り組んでおり最高の青春を味わえる学校だ。
    • 校則
      校則は全くない。
      校則は法律です。
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 3| 施設 3| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      高校生活を楽しみたい、いい思い出づくりをしたいという方にはぴったりだと思います。勉強に関しては意識が高めの人も多く、互いに刺激しあって勉強することができます。自由気ままに学校生活を送ることができますが、逆に言えば生徒一人一人の自主性が求められているということだと思います。
    • 校則
      校則に関しては、かなり自由な部類に入るかと思います。今になって中学時代の不自由さを考えると信じられないほどです笑
      青高の人は校則が無くてもちゃんとした考えを持てるような人が多いということもあり、校則が必要ないんでしょう。
      制服は一応ありますが、普段は私服でもokです。逆に、私服を着る人の方が圧倒的に多いです。ただ、始業式や校外活動など特別な時だけ制服の着用が義務づけられています。

進学実績

大学名 偏差値 国立私立 都道府県 合格者数
明治大学 55.0 - 62.5 私立 東京都 93人
早稲田大学 62.5 - 70.0 私立 東京都 58人
法政大学 52.5 - 65.0 私立 東京都 56人
立教大学 55.0 - 65.0 私立 東京都 56人
中央大学 55.0 - 62.5 私立 東京都 46人

※2016年の大学合格実績より一部抜粋

基本情報

学校名 青山高等学校
ふりがな あおやまこうとうがっこう
学科 普通科(71)
所在地

東京都 渋谷区 神宮前2-1-8

最寄り駅

東京メトロ銀座線 外苑前

電話番号

03-3404-7801

公式HP

http://www.aoyama-h.metro.tokyo.jp/

生徒数

中規模:400人以上~1000人未満

学費
入学金

5,650円

年額授業料

118,800円

備考
入学金、年額授業料以外の費用が必要となる場合がありますので、詳細な費用は必ず各校の公式HPをご確認ください。

市町村民税所得割額が30万4,200円以下の世帯の申請者に対して、全日制課程在学者は月額9,900円、定時制課程在学者は月額2,700円、通信制課程在学者は月額520円の支援金(公立高校の場合)を支給する「就学支援金制度」があります。また、単位制の場合は、支給額が異なります。
部活
運動部

硬式野球部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、ダンス部、バドミントン部、柔道部、剣道部、陸上競技部、水泳部、サッカー部、ラグビー部、男子硬式テニス部、女子硬式テニス部、ソフトテニス部、アルペン部、卓球同好会

文化部

生物部、演劇部、軽音楽部、青山フィル部、クッキング部、漫画研究部、百人一首部

おすすめのコンテンツ

東京都の偏差値が近い高校

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  青山高等学校

ピックアップコンテンツ

東京都の高校入試特集
東京都の高校入試特集
東京都独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
東京都の高校情報
東京都の高校情報
東京都の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!