滋賀県 高校情報

滋賀県の高校偏差値と口コミ情報が満載!滋賀県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
76
72
71
68
64

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    高島高等学校 (滋賀県 / 公立 / 共学 / 偏差値:47)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      先生が本当に良くない。去年の3年は荒れていて指導を諦めており、今年は荒れていないため指導に力を入れるという事は人間としてどうかと思います。ズボンの裾を上げているだけで指導の対象になります。しかし、女子がスカートを切っているのには指導が入らずよくわからないです。ピアスなども指導に入りません。よく分からない事で注意され、明らかにしてはいけないことでも注意されないことがあります。本当によく分かりません。大人しい人にだけ声を上げて怒る先生や理不尽に怒る先生もいます。怒るなら全員に怒ればいいと思います。学年や人によって態度を変えるのは、生徒から反感をかっています。
      進学するなら絶対にAクラスには来ない方が良い。
      Aクラスはとても中途半端です。進学するにもいい所に行けないし、就職するにも、資格とかが取れないので良くない。
      進学するなら絶対にBクラスでしょう。専門学校に行くなら、Aクラスでも良いとおもいます。
      親身に生徒に寄り添ういい先生もいます。
    • 校則
      普通です。去年してよかった事が今年はだめ、みたいな事がおこります。校則がよく分かりません。
  • 女性在校生
    守山北高等学校 (滋賀県 / 公立 / 共学 / 偏差値:41)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      先生が問題というより生徒の差が激しい気がします。ヤンキーというより陽キャが賑やかなだけですし、問題を起こしているのはほぼサッカー部です。体育はみんな自衛隊だと言っていますが運動がそれなりに出来たら別にすごくきつくはないです。別にこれといって嫌なことはないのですが、もうすぐで卒業なのに守北でよかった!!!とは私は思いません。後悔するほどでは無いですが他のところ行ったほうがよかったかな、と思うことはあります。先生たちは癖が強い方や、優しい方も多いです。みんないい人だと思います。
    • 校則
      私が入学した1年の時は携帯を預かることはありませんでしたが、生徒たちが授業中に携帯を触ったりインスタにいらないことを載せたせいで携帯没収が始まりました。別に中学の時と変わらないですし休み時間本を読んだり話したりできるので健康的だと思います。ピアスの穴を開けている人は多いです。校門前でピアスをつけたり、スカートが短かったりすると注意されますが外していれば問題ありません。髪も夏休みなどに染めても黒染めすればあまり怒られることは無いです。
  • 女性保護者
    近江兄弟社高等学校 (滋賀県 / 私立 / 共学 / 偏差値:40 - 55)
    保護者 / 2018年入学
    • 総合評価
      娘が通ってました。
      入るまではよく分からなかったのですが、通ってみて真面目な学校とゆう印象です。生徒は素直な子が多いかなと思います。
      先生方はとてもいい先生が多く、生徒と先生がとても仲良しで、先生の誕生日にクラスのみんなでお祝いしたと聞きました。長く勤めてらっしゃる先生が多く、先生方もいい学校で移動したくないのかな?と思いました。
      娘は毎日楽しく通わせて頂きました。
    • 校則
      校則はどちらかと言うと厳しめだと思います。
      娘は厳しいと言ってましたが、おやにとっては安心して通わせる事が出来ました。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

滋賀県の高校入試・受験情報

滋賀県の高校入試特集
高校入試特集
滋賀県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
滋賀県の偏差値一覧
偏差値一覧
滋賀県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
滋賀県の倍率一覧
倍率一覧
滋賀県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

滋賀県の高校情報

■学校数■
現在の滋賀県内の高校総数は59校・1分校となっている。内容としては公立高校48校・1分校、私立高校11校となっている。

■学区制度■
2006年度入試より、従来の「大津/湖南/甲賀/湖東/湖北/湖西」の6通学区域に分かれていた学区が、全県一学区となった。専門学科や総合学科は、従来どおり全県区域からの受験が可能。当該県に学科がない場合、隣接府県在住で当該県への交通が不便と認められる場合は他県からの志願も可能となっている。高校進学者の現状として、大学等への進学を見据えた普通科への進学割合の増加や、職業系専門学科における上級学校進学志望者数の増加がある。県全体の中学校卒業者数は平成29年3月を境に減少に転じると予測されているが、県内でも地域により生徒数に増加減少が見られ、また一部進学校に志望者が集中する現象もある。多様な生徒が切磋琢磨する機会の確保、部活や学校行事などの充実、進路希望等に応じた教育の提供など、高校教育において考慮すべき様々な要素を踏まえ、教育力が高まる学校の規模や配置を見直す必要があるとして、2006年、学区制の廃止が決定された。

高校を探す