神奈川県 高校情報

神奈川県の高校偏差値と口コミ情報が満載!神奈川県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
76
75
74
73
70

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    横浜市立金沢高等学校 (神奈川県 / 公立 / 共学 / 偏差値:63)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      the 高校生活楽しめる学校って感じです!部活もみんな頑張ってるし、とにかく勉強と行事の切り替えがすごい、笑笑行事になるとみんな狂ったように騒ぐし準備も割と大掛かりで大変だけどそんな生活が楽しかったりしてます笑
    • 校則
      めっちゃゆるい笑 生徒の自主性に任せている印象 
      でも部活ごとのルール、部則などでダメなものもある。服装とかもみんな自由だし髪色メイクみんな色々やってます笑
  • 女性在校生
    市ヶ尾高等学校 (神奈川県 / 公立 / 共学 / 偏差値:63)
    在校生 / 2018年入学
    • 総合評価
      自分の性格ややりたいこととこの高校の雰囲気をよく見比べてから決めるのをおすすめします。
      まもなく卒業を迎えますがそこそこ楽しめたなって感じです。
      校舎はボロい、制服はよく言えばシンプル、悪く言うとちょいダサなので見た目重視の人は嫌なのかな。
      キラキラ系、うぇいうぇいノリが好きだという人はむちゃくちゃ行事で青春謳歌って感じ。できるだけ静かな生活を送りたい人はあんまりおすすめしませんが、そのキラキラ系と関わらないようにすればそれなりの生活送れます。
    • 校則
      ・メイク、カラコン→OK
      ・ネイル→OK(2年次家庭基礎の調理実習の時は落とさなきゃダメ)
      ・ピアス等アクセ→OK(体育の時は外さなきゃダメ)
      ・コートとか靴下とかの色→派手派手じゃなければOK
      ・染髪→NG
      ・パーカー、トレーナー→NG

      外見に関しては緩い方だと思います。テスト期間は身だしなみをちゃんとしてないと注意をされることもありますが、髪を染めておらず、冬服の期間に男子はちゃんとネクタイをしていれば特に言われることは無いです。
      私自身メイクはガッツリしてましたしほぼ毎日ネイルをしてました。ネイルを映えさせるために爪を伸ばしたりもしてましたが特に注意されたことはありません。
      ピアスを左右それぞれ3つくらいずつあけてる子、指輪を何個もつけてる子など普通にいます。スカートの長さは特に言われません。
      ここまで緩いので、なぜ染髪は禁止なのかがちょっとよくわからないですけど笑
  • 女性在校生
    湘南学院高等学校 (神奈川県 / 私立 / 共学 / 偏差値:44 - 58)
    在校生 / 2018年入学
    • 総合評価
      文化祭はほとんどの方が想像されてるような楽しいものではありません。しかし後夜祭と言った夜花火が打ち上がったりするようなものはありますそれだけ楽しいです。体育祭は学年ごとに別れていて全然盛り上がりません。何より先生の当たり外れが酷いです。良い先生は良いですが悪い先生はほんとに悪いです。授業がすごくわかりにくい、何を言っているのか分からないなど様々です。
      学校自体は友達もできやすく広くて良いと思います。
    • 校則
      すごくゆるいです。ほんとに私立?と思うくらいです。
      凄く良いと思います。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

神奈川県の高校入試・受験情報

神奈川県の高校入試特集
高校入試特集
神奈川県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
神奈川県の偏差値一覧
偏差値一覧
神奈川県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
神奈川県の倍率一覧
倍率一覧
神奈川県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

神奈川県の高校情報

■学校数■
2000年代に54校、2010年代に7校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は240校1分校である。その内訳は、公立高校が159校1分校、私立高校が81校である。国立はない。

■学区制度■
以前は18区の学区制をしていたが、平成17年度(2005年)より学区制が廃止された。そのため、全地域が住んでいる地域に縛られず、県内すべての県立高校の中から自ら学びたい高校を選んで受験できるようになった。自ら学びたい高校を選んで受験できるようにはなった分、競争率が高校によって異なってくるため、場所によっては競争率が上がり、合格が難しくなったところもでてきている。また競争率の低いところもでてきており、最悪閉校になっているところもある。

高校を探す