群馬県 高校情報

群馬県の高校偏差値と口コミ情報が満載!群馬県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
72
71
69
  • 樹徳高等学校(普通科SS(スーパーサイエンス)コース/私立/共学)
68
67

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 女性在校生
    高崎商業高等学校 (群馬県 / 公立 / 共学 / 偏差値:51)
    在校生 / 2021年入学
    • 総合評価
      シンプルに楽しくない。
      校則、制服、教育方法等、端的に言うと時代錯誤だなと感じる。
      また、私立の高校に比べると全てが劣っていると感じる。
      髪型の規定や、スカート丈、白靴下等、見た目に関する規則も厳しく、時代錯誤だなと感じてしまう。将来に役立つと度々言われるので、分かってはいるもののしんどい。
      あと、この学校で生活していると、怒鳴り声が頻繁に聞こえてくるので、メンタルが強くなります。ストレスではあります。
      勉強に関して言うと、商業という専門的な知識が身につき、言ってしまえば学校に通ってるだけで資格が取れるのは、良いと思います。ただ、資格が取れない人はとことんとれません。検定ラッシュになると必然的に勉強漬けです。プリントもまあまあ出されます。(視点を変えればそれだけ先生が協力的とも言えます。)
      時代錯誤な学校だと感じますが、全部が全部悪い学校では勿論ありません。ただ、悪い側面がかなりしんどいなっていう学校です。
    • 校則
      時代錯誤の校則が多すぎる。むしろそういった校則しかない。
      当初検査当日には、爪切りを持ってきてる人や、トイレの鏡で前髪を切っている人、必死に前髪を眉毛の上にあげようと努力する人等がいます。なかなか愉快です。
      あと、そろそろ白靴下やめていただきたい。
  • 女性在校生
    樹徳高等学校 (群馬県 / 私立 / 共学 / 偏差値:41 - 69)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      口コミが悪すぎて正直驚いています。笑 確かに厳しかったりするところはあるけど、進学実績や就職実績、クラスの雰囲気や先生方を見ても、同市内の私立に行くよりよっっっっっぽど充実した高校生活だと思ってます。伝統校ってこともあって指定校はかなりあるし、一般受験の人の進学率も良いですね、オープンスクールとか来ると先輩の合格した札が見れるのでそれ見るとヤバさがわかります。笑 青春=自由、だけを追い求める人には不向きかな。挨拶や礼儀、態度、校則などのルールには凄くシビアだからそれをどう捉えるか次第だと思います。社会に出る身として当然だと思うか、高校生なんだからそれくらい多めに見てくれよと思うのか。私は前者だったのでよかったのかもしれません!あと樹徳は努力をすればそれだけの結果が返ってくるし、ふざけたことをしていれば指導されるから本当にシンプルだと思います。なんでここまで悪く言われてるのか不思議なくらいで、別に本当に普通、進路を考えたら良いくらいだと思っちゃいます(笑)高校生活をゴールとするのか、その後の社会人をゴールとするのかで決めてください
    • 校則
      厳しいところがあるけど、生徒の声に近づけようと努力してくれる先生もいる
  • 男性在校生
    大間々高等学校 (群馬県 / 公立 / 共学 / 偏差値:42)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      全ての先生は基本生徒を見下しています
      入学を考えてる人は控えた方がいいです

    • 校則
      意味がわからないほど厳しいです
      靴下のことで3回注意されたら靴下を強制的に買わそうとしてきます

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

群馬県の高校入試・受験情報

群馬県の高校入試特集
高校入試特集
群馬県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
群馬県の偏差値一覧
偏差値一覧
群馬県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
群馬県の倍率一覧
倍率一覧
群馬県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

群馬県の高校情報

■学校数■
2000年代に10校、2010年代に1校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は84校である。その内訳は、公立高校が71校、私立高校が13校。国立高校はない。

■学区制度■
平成19年(2007年)以前は8学区に分かれていたが、市町村合併に伴い隣接学区枠が一部変更、最終的に現在は全県1学区になっている。これにより、住んでいる地域に縛られず、県内すべての県立高校の中から自ら学びたい高校を選んで、受験できるようになった。自ら学びたい高校を選んで、受験できるようにはなった分、競争率が高校によって異なってくるため、場所によっては競争率が上がり、合格が難しくなったところもでてきている。

高校を探す

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 制服