みんなの高校情報TOP   >>  愛知県の高校   >>  修文女子高等学校   >>  インタビュー

修文女子高等学校
出典:野田紘秀
修文女子高等学校
(しゅうぶんじょしこうとうがっこう)

愛知県 一宮市 / 西一宮駅 /私立 / 女子校

偏差値:43 - 44

口コミ: ★★★☆☆

2.81

(40)

修文女子高等学校 インタビュー

修文女子高等学校インタビュー 多様な生徒がいる環境で
希望の進路実現のための学力を育む
教頭 鵜飼保年先生
※2020年5月インタビュー時のものです。
多様な4学科と学力を身につけられる環境が魅力
写真1
創立時に商業科から始まった本校ですが、「普通科」に加えて「情報会計科」「家政科」「食物調理科」の4学科となり、様々な学びを提供しています。そして、多様な進路実現を達成するためには、どの学科でもしっかりとした学力を身につけて欲しいと考えています。また、本校は部活動にも力を入れており、全国大会に出場する部活動もあります。生徒がやりたいと思うことを、学習と生活の両面において、全力でフォローすることを常々心がけています。
難関校進学、資格取得、地元企業とコラボなど学科毎の取り組み
写真2
普通科では希望の進学先に応じて3つのコースに分かれ、国公立大学や難関私立大学の合格を目指します。情報会計科では検定資格取得を目指すだけではなく、情報系やビジネス系の大学に進学する生徒も増えるなど、資格取得の楽しさに気づいて学習を深められる環境があります。家政科では、毎年12月に「ファッションショー」を実施します。自分でデザインしたものを自分で着て出演します。ホールを貸し切ってプロの音響スタッフや照明スタッフに依頼し、3年間の集大成として本格的なショーをプロデュース。繊維の街として発展してきた一宮市ならではの取り組みですね。食物調理科は調理師の資格も取れるだけではなく、有名店のシェフが指導してくれたり、「ベジタブルあられ」など地元企業と一緒にオリジナル商品の開発に取り組んだりしています。
全校で取り組む「学習コンクール」は、多様な進路実現のため
写真3
また、生徒たちが多様な進路実現のためには、しっかりとした学力を身につける必要があります。その試みとして、1~2年生対象に年3回の「学習コンクール」を実施しています。体育祭の勉強版とでもいいましょうか、中学校の学習内容を含めた基礎的学力の問題を、学年を問わず「クラス対抗戦」を行っています。オリジナルテキストは用意しますが、取り組みはクラス毎に行っています。知的で、明るく、たくましく共感力を備え社会に貢献できる人の育成が目標の本校は、2022年度に男女共学化します。何より本校で3年間の高校生活を楽しく過ごして欲しいと願っています。

修文女子高等学校が気になったら!

取材に協力していただいた学校
修文女子高等学校
修文女子高等学校
知的で、明るく、たくましく、共感力をそなえた人間力を養う
学力を伸ばし、国公立・難関私大を含む大学・短大への進学を目指す「普通科」。一般科目と並行し、簿記や情報処理などビジネススキルを身につけ、様々な資格取得に挑戦する「情報会計科」。基礎...
この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

愛知県の偏差値が近い高校

愛知県の評判が良い高校

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  愛知県の高校   >>  修文女子高等学校   >>  インタビュー