愛媛県 高校情報

愛媛県の高校偏差値と口コミ情報が満載!愛媛県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
75
69
66
64
63

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    東温高等学校 (愛媛県 / 公立 / 共学 / 偏差値:43 - 47)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      ここの高校はすぐに指導にしたがります少しの事でも反省文を書くことになりますトラブルや揉め事を止めたりしても反省文を書くことになります。特別指導と言う指導になるとある程度の期間教室に入れず別室で授業を受けることになります
    • 校則
      校則に関してはだいぶ理不尽ですツーブロックでもないのに『これはどうやろかー』と言われて結局再指導となり3日後とかに再指導の日があるけど髪の毛や眉毛で再指導になっている人は大抵また指導となり、反省文を書くことになります
  • 女性在校生
    新田高等学校 (愛媛県 / 私立 / 共学 / 偏差値:41 - 64)
    在校生 / 2018年入学
    • 総合評価
      充実した高校生活が送れると思います。勉強面に関しては、土曜補習や長期休暇中の補習を使って授業が進むので、県立よりも進度がはやいと思います。そのため、教科にもよりますがだいたい2年の後半~3年生に上がるとすぐくらいには今までの復習や演習に入ることができるため、共通テスト対策がきちんとできると思います。土曜補習は70分×3時間なので最初はしんどいと思っていましたが、なれるとぜんぜん問題ないです。本番の試験のほうが長いですし。行事に関しては盛り上がります。さすが私立といったところですが、先生方はあまり介入してきません。文化祭も体育祭の一部(行事の評価に書いてます)も自分たちだけで準備をするため、様々な大変さを学べます。そしてその分達成感がすごいですし、本当に楽しいです。
    • 校則
      結構ゆるいです。頭髪も検査の日だけきちんとしていれば、あまりにも目立つものでない限り見逃してもらえます。もちろんきちんとした行事などでは、守らなければなりませんが。スマホは持ち込み可、使用不可です。ただ、親と連絡を取らなければならないなどのきちんと理由を話せば職員室で使わせてもらえるので、何か緊急の連絡手段として不便はないです。しかし持ち込みは可能なので、、、。バイトは特進は原則禁止、その他学科は申請をすればできます。
  • 女性保護者
    三島高等学校 (愛媛県 / 公立 / 共学 / 偏差値:39 - 49)
    保護者 / 2018年入学
    • 総合評価
      はっきり言います。ただひたすらにしんどい学校です。部活動は成績を残している部活もありますが、勉強面が問題です。全校で「教員の働き方改革」と言って、無意味な朝補習はなくなった、または3年生は回数が週2回ほどとききました。でしたが、全くの嘘です。3年生国立理系クラスは毎日朝補習です。子供を見ていてほんとうにしんどそうです。毎日朝早くから朝補習、毎日2つ以上の小テスト、そして莫大な量の宿題。この量は普通にみんなこなしている。そういうように先生は言うそうですが、自分の子供の姉妹は隣の市の高校へ通ったり、県外の高校へ通っていましたが、こんなに宿題が多いことはありませんでした。夢を叶える三島高校と謳っていますが、そんなことはまったくありませんよ。生徒の望みなど全く聞いてくれません。勉強面でのしんどさで、子供の同級生も何人か退学しました。子供は私立大学を昔から希望していましたが、「国立大学を受けよう。私立大学の推薦は受けらせません。」そう言われました。本当に失望です。なぜ自分たちの未来を教職員の方たちの意見で変えられなければならないのでしょうか。
    • 校則
      市内3校と比べればマシなようです。たまに変なところで厳しいところがあります。服装検査は定期的にあります。が、目をつけられなければゆるゆるの検査だそうです。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

愛媛県の高校入試・受験情報

愛媛県の高校入試特集
高校入試特集
愛媛県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
愛媛県の偏差値一覧
偏差値一覧
愛媛県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
愛媛県の倍率一覧
倍率一覧
愛媛県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

愛媛県の高校情報

■学校数■
2000年代に4校、2010年代に5校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は64校6分校。その内訳は、国立高校が1校、公立高校が49校4分校、私立高校が14校2分校。

■学区制度■
全日制普通科は、東予、中予、南予の3学区制である。住んでいる通学区域にある高校に出願しなければならないという仕組みとなっている。ただし、全日制普通科を除く、全日制課程の学科、定時制や通信制などは学区外でも通学が可能となっている。どうしても、学区外で受験したい場合、募集している定員の5%以内に入れれば、通学区域関係なく受験することができる。ただし枠が小さいため、内申点と試験の点数が高くなければ難しい。

高校を探す