みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  東京立正高等学校   >>  インタビュー

東京立正高等学校
東京立正高等学校
(とうきょうりっしょうこうとうがっこう)

東京都 杉並区 / 新高円寺駅 /私立 / 共学

偏差値:50 - 56

口コミ: ★★★☆☆

3.09

(61)

東京立正高等学校 インタビュー

東京立正高等学校インタビュー 「文武両道の極み」を希求し
授業が面白くて部活動が楽しい学校
校長 梅沢辰也先生
※2020年5月インタビュー時のものです。
「部活動を一所懸命できる」のは本校の人間教育の伝統
写真1
本校には部活動を一所懸命する中で人間教育をしていくという伝統があります。本校の5つの目標のひとつに「文武両道の極み」がありますが、全国大会に出るような部活動から、そこまで追い込みたくないけど楽しみたいという部活動まで幅広くあります。そして部活動に熱心な先生も多いです。これは勉強をすごく鍛えているクラスがある、部活に専念している生徒がいる、というのではありません。部活と勉強はどっちかを頑張れるなら両方頑張れるに違いない、ただそのきっかけやチャンスを失っているだけだと考え、先生達は一人ひとりに手厚く、フォローしていきます。
自分を認め、他人を認めるための「全員レギュラー」
写真2
自分に対して自信がない生徒を多く見受けます。「どうせ自分なんて…」大変もったいないことです。生徒の良さを先生も見つけようとしますし部活動に居場所を見つけていく生徒も居ますが、人は唯一無二の存在として生まれています。それを感じられるようになれば、次は他人を認められる人になって、クラスで仲間を一人もあきらめない、「どうせ」と言わない人になってほしいですね。「『全員レギュラー』で補欠は一人もいない学校」も目標のひとつです。毎週1時限ある「瞑想の時間」の中で、私が「梅ちゃん先生の幸せになる授業」と題して考え方を伝える時間を15分程度もらっています。その場で生徒に質問し意見を述べてもらいますし、昨年は約200名が校長室に自分の考えを話すために訪れてくれました。
世界を変えていける人物に
写真3
本校では、校則や物事のやり方を丁寧に指導します。日本の文化や芸術では「型」という言葉をよく使いますが、本校は「型」を大切にしています。生徒の完全なる自主性といえば聞こえがいいですが、ただのわがままになりかねません。その前に「型」をまず覚えて欲しい、大学に行ったらそういう「型」なんて教えてくれないのです。「型」があるからこそ「型」破りも生まれてくるのです。生徒には、自分の考えを持っているからこそ、自分の意見を発信できる、他人の意見を聞けるしなやかさを持ってほしい。教室は「世界の縮図」です。考え、意見を発し、人の意見を聞いて教室を良くすることができればきっと世界を変えていける人物になれるでしょう。

東京立正高等学校が気になったら!

オンラインでも開催中! 説明会に行ってみる
取材に協力していただいた学校
東京立正高等学校
東京立正高等学校
生徒を幸せにする5つの目標
我が校では、生徒を幸せにするために、「こんな学校でありたい」という5つの目標を掲げて取り組んでいます。 ・「文部両道の極み」を希求し、授業が面白くて部活動が楽しい学校 ・「全員レ...
この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

東京都の偏差値が近い高校

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  東京立正高等学校   >>  インタビュー