熊本県 高校情報

熊本県の高校偏差値と口コミ情報が満載!熊本県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
75
73
69
68
67

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    第二高等学校 (熊本県 / 公立 / 共学 / 偏差値:59 - 68)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      朝課外というものがあり昔は強制されていましたが最近では任意参加になりました。しかし課外に参加しないと「親に電話して確認とる」や「課外に来なかった生徒は大学受験に落ちる」などと言われるかもしれません。担任の教員にもよるとは思いますが自分がそうでした。
      進学に関してもあまり良くないと思われます。教員たちの国公立推しが異常なまでに高く、自分の進路希望書などにあまり有名どころではない私立や専門学校を書いても否定的な意見しか持たれずに国公立大を推してきます。特に九州の大学が多いです。進路を決めるための三者面談では自分が指定している学校をまる無視で別の国公立大を出されて話を進められたこともあります。
      根性論を語る教員が割といます。自分には不向きなタイプなので学校生活はきついことが多かったです。学校を最低限のラインで進級、卒業しようとしない方がいいです。それをしようとした友達は数人退学しました。
    • 校則
      頭髪検査が異常なまでに厳しいです。前髪を引っ張られて無理矢理眉につけられて「長いからダメだ」と言われます。
      ちなみに男子生徒の頭髪に関する校則は
      ・前髪が眉にかかってはいけない
      ・耳に髪がかかってはいけない
      ・ツーブロックの禁止
      です。
      頭髪検査でしかほとんど言われませんが、たまに学校生活内で言ってくる教員はいます。
      靴下は確か地味な色だったら良かったはずですが、なぜか体育では白の靴下を履かなければならず、自分は学校生活で履いた靴下は白だけでした。足元にこだわりのある方にとってはめんどくさい学校だと思われます。
  • 女性在校生
    文徳高等学校 (熊本県 / 私立 / 共学 / 偏差値:45 - 62)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      ほとんどの先生方が熱意にあふれていて頼もしいです。先生方の年齢層は高いが、現役時代にすごい経験を積んでこられた方が多くてためになります。添削指導をお願いしにいったら、とても喜んで下さり、その日から始めてくださりました。質問には丁寧に答えてくださる。分かるまでとことん教えてくださります。
    • 校則
      普通です。他校と変わりません。
  • 男性在校生
    東稜高等学校 (熊本県 / 公立 / 共学 / 偏差値:59 - 60)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      課外や課題などが多く、意味のない学習を強いられます。同性の生徒同士の仲は良いですが、男子と女子の間に壁を感じます。いじめは特にありません。土曜授業と模試で休みが削られることが多いです。長期休業中も課外があるので、部活をしている人はあまり遊んだりすることはできません。課題も多く出るので大変です。
    • 校則
      男子は、校則に記されていないフェードカットや刈り上げでも指導を受けることがあります。理由を尋ねると、すべての教師がオッケーを出す髪型をしろと言われます。無視してその髪型をしても、中心生徒(陽キャラ)なら注意されることは少ないです、、
      スマートフォンは持ち込み許可証を出せば持ち込めます。ただし、電源を切ってカバンの中に入れておかなければなりません。音が鳴ったり、使っているところを見られたら反省文とスタンプラリーです。
      まあ、使っていてもそこまで見つかることはありません。
      男子に比べて女子はゆるい気がします。男の先生は女子には特に優しいです。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

熊本県の高校入試・受験情報

熊本県の高校入試特集
高校入試特集
熊本県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
熊本県の偏差値一覧
偏差値一覧
熊本県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
熊本県の倍率一覧
倍率一覧
熊本県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

熊本県の高校情報

■学校数■
2010年代に9校が統合もしくは廃校となり、現在の高校の総数は78校4分校である。
その内訳は、公立高校が57校4分校、私立高校が21校。国立高校はない。

■学区制度■
全日制普通科は県北、県南、県央の3学区制である。全日制の普通科以外の専門教育を中心とする学科や定時制、通信制、総合学科、湧心館高等学校の全日制の課程の普通科、普通科のコースは県内のどこからでも受験することができる。
また、学校によっては区域に関係なく受験することができる。
そして住んでいる学区と隣接する学区ならば、その学区の高校に受験することができる。一部市町村在住者は隣接県の公立高校を受験することもできる。他の県の学区制と比べて、まだ選べる余地が多い方なのではないだろうか。

高校を探す

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 制服