茨城県 高校情報

茨城県の高校偏差値と口コミ情報が満載!茨城県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
74
73
72
71
70

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 女性在校生
    大成女子高等学校 (茨城県 / 私立 / 女子校 / 偏差値:43 - 53)
    在校生 / 2022年入学
    • 総合評価
      進路を幅広く取り扱っており、勉強だけが全て、という感じがなくとてものびのびと過ごせています。普通に校則を守っていれば何も注意されませんし楽しいです女子高なので文化祭の準備などは自分達でやらなければなりませんがその分達成感があります♪先生方は厳しい先生もいますが生徒のことをよく考えてくださっていると思います。(性格上合う合わないはあるかもしれません)実際に相談や意見を聞いて下さりました。
      授業は楽しいのとつまらないのに差があります。私もついつい寝てしまう時があります(^^;
      しかし他の高校の授業とあまり変わらないらしいのでこれが普通なのかなと思います。
    • 校則
      他の私立高校と比べれば断然緩いと思います!

      スマホは朝のSHRまでと昼休みに使用することができます。
      今年の遠足では逆にスマホを携帯するよう言われました。
      イベントによっては写真撮影やSNS投稿が可能な日もあります♪
      ipadもYouTubeが見れるようになっています。
      (その他動画サイトは制限されていますが…)
      YouTubeが制限されていないのは珍しいのではないかと思います。

      身だしなみについては制服のバリエーションが多い為一つ一つにルールがありますが着こなしが変な風になる訳ではないので大丈夫です。

      校則について分からないことがあれば先生に直接聞いたりしてみるのが一番だと思いますm(__)m

      後は県立とほぼ変わらないかなと思います。
      ガチガチに厳しい訳では無いのでのびのびと過ごせてます♪
  • 男性在校生
    水戸桜ノ牧高等学校 (茨城県 / 公立 / 共学 / 偏差値:62)
    在校生 / 2022年入学
    • 総合評価
      桜ノ牧高校は、進学校ですが、ハッピーライフを過ごせる高校です。
      私たちの学年は那須に遠足に行けたり、体育祭、水桜祭など学校行事が充実しています!
      勉強面では、スタディルームや、社会室などで放課後自習ができ、環境もいいです。
      部活に関しては多種多様で、文化部も運動部も多くあります。設備も非常によく、トレーニングルームは最近リニューアルしたので、不備のない安全に使える器具しかありません!
      先生も教え方が上手く、色々な意味で独特の先生が多いですが、授業中つまらないと思ったことがありません!
    • 校則
      余り縛りがない。バックがなんでもいいことや、スマートフォンの回収などがない(授業中のスマートフォンのバイブや、いじりを含まず)靴も縛られていない。
  • 女性在校生
    岩瀬日本大学高等学校 (茨城県 / 私立 / 共学 / 偏差値:50 - 60)
    在校生 / 2021年入学
    • 総合評価
      いじめについて寄り添う先生が居ないと思います。友人がいじめで悩んでいるのに担任は意味のわからない発言を繰り返し、解決することも無く、クラスの女子達は聞こえるように目の前でグチグチ言ったり、1人にしてぼっち扱いしたり全くいじめについて考える態度が見られません。先生達はそれを見て見ぬフリしてるんですかね。それともめんどくさいんですかね、、、?先生としての役割を果たせていないし、いじめ基本方針など掲げるのはやめた方がいいと思います。笑
      誰もがそんなの笑うしかないですよ?改めて改善した方がいいです。私は友人のこの話を聞いてガッカリしました。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

茨城県の高校情報

■学校数■
2000年代に10校、2010年代に9校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は129校1分校である。その内訳は、公立高校が99校1分校、私立高校が30校。国立高校はない。

■学区制度■
今まで5学区だったが、平成18年度(2006年)より学区制廃止、全県1学区制となった。以前は隣接学区への受験が可能で、特に第一学区は他の全学区と隣接していたため、県内全地域から受験することが可能だった。これが全学区に広まったことになる。そのため、全地域が住んでいる地域に縛られず、県内すべての県立高校の中から自ら学びたい高校を選んで受験できるようになった。自ら学びたい高校を選んで受験できるようにはなった分、競争率が高校によって異なってくるため、場所によっては競争率が上がり、合格が難しくなったところもでてきている。

高校を探す

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 制服