茨城県 高校情報

茨城県の高校偏差値と口コミ情報が満載!茨城県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
74
73
72
71
70

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    緑岡高等学校 (茨城県 / 公立 / 共学 / 偏差値:67)
    在校生 / 2021年入学
    • 総合評価
      高校生活を勉強を気にせずに楽しみたいと考えている人にはあまりおすすめ出来ない。生徒自体も真面目な人が多く、常に勉強、勉強、という人が多い。ただ、勉強をすることが嫌でなかったり、友達との会話で勉強が多くなることが嫌でなければ基本的には楽しめる高校と言える。
    • 校則
      校則は緩い。セーター登校は禁止、髪型はツーブロック禁止など、教師も禁止の理由を言えないような理不尽な校則もあるが、その分生徒がそれらの校則を破っていても咎められることがあまりない。携帯やお菓子など、基本持ってきてはいけない物もなく、身に付けるものも相当奇抜でなければなんでもいい。
  • 女性在校生
    竹園高等学校 (茨城県 / 公立 / 共学 / 偏差値:70)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      良い学校。色々不満はあるけど何だかんだ楽しくやらせてもらってます。勉強、部活、学校行事大変なことは沢山あるけど頑張れば楽しい。手を抜けばただだるいだけ。そんな感じです。
      みんな静かな子かと思いきや教室でケーキ作り始めたりバチバチにメイクしてたり人それぞれ。可愛い子もかっこいい子もいる。
    • 校則
      とても緩い。上着もモコモコしたやつは一応禁止されているはずだが声をかけられたことは1度もなく、無いものとされている。スマホも可。授業中でもなにか理由があれば許可してもらえたはず。ただここまでゆるいならカーディガンの色くらいは自由でもいいんじゃないですかね。あとパーカーとかOKだと嬉しいですね。
  • 男性在校生
    下館第二高等学校 (茨城県 / 公立 / 共学 / 偏差値:52)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      土曜講座と言う名目で土曜日にわざわざ授業させられる。
      部活動は基本所属させられる。所属する気のないものを無理やりにでも所属させようと無所属者を集めたりする。
      THE・自称進学校という感じで、全国的に名のある大学出ている人は「1人も」居ない。
      生徒などは素直でいい人が多い。先生は差が大きいように感じる。部活やめる際は1ヶ月くらいかかるかもしれない。また、部活やめるのに4ヶ月かかった人もいるらしい。その間ネチネチ先生に文句言われる。
      生徒の中にはやる気がある人は本当に努力している。
      進学しようと考えてる人はもう一度考え直してください。被害者に自らならないでください。あと補足ですけど定期イベントでご近所の方から自転車の乗り方についてお叱りの電話があります。一向に改善されません。先生いわくこの高校への愛がすごすぎてお叱りをするとのこと(笑)
    • 校則
      合格した時に配られるしおりには高校生らしい髪型とかしか描いていないのに、入学したらツーブロック禁止を知らされます。髪型の考え方が昭和で停まっています(笑)。時代ともに考えは変化していくというのに(笑)。あと、何故か集会などで礼をする時に5秒間礼をするという謎ルールがあります。自称進学校にありがちな「オンリーワンの校則が欲しい」という自称進学校思考じゃないですかね。笑わせます(笑)

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

茨城県の高校入試・受験情報

茨城県の高校入試特集
高校入試特集
茨城県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
茨城県の偏差値一覧
偏差値一覧
茨城県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
茨城県の倍率一覧
倍率一覧
茨城県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

茨城県の高校情報

■学校数■
2000年代に10校、2010年代に9校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は129校1分校である。その内訳は、公立高校が99校1分校、私立高校が30校。国立高校はない。

■学区制度■
今まで5学区だったが、平成18年度(2006年)より学区制廃止、全県1学区制となった。以前は隣接学区への受験が可能で、特に第一学区は他の全学区と隣接していたため、県内全地域から受験することが可能だった。これが全学区に広まったことになる。そのため、全地域が住んでいる地域に縛られず、県内すべての県立高校の中から自ら学びたい高校を選んで受験できるようになった。自ら学びたい高校を選んで受験できるようにはなった分、競争率が高校によって異なってくるため、場所によっては競争率が上がり、合格が難しくなったところもでてきている。

高校を探す