埼玉県 高校情報

埼玉県の高校偏差値と口コミ情報が満載!埼玉県の高校探しなら「みんなの高校情報」

偏差値

偏差値 高校名
76
75
74
73
72

ランキング

偏差値ランキング
もっと見る
評判ランキング
もっと見る
制服ランキング
もっと見る

高校検索

口コミ

  • 男性在校生
    春日部高等学校 (埼玉県 / 公立 / 男子校 / 偏差値:72)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      イベント類が思うように上手く行かず、思ったものと違う1年になってしまったが、コロナの影響でもあったため、学校を直接評価する理由にはなり得ないので別の観点から。
      先生については、かなり受験を意識した発言が多く、正直気が重いです。勉強時間もかなり徹底していて、放任主義でありながら縛られる点も多々あります。下に不満を言っている人もいますが、人として、どんな所に行こうがその人の頑張り次第で全て覆せます。下位層の人が見捨てられているという実態も、私目線ではあまり見受けられません。むしろ、上位層の人のための講座もあれば、下位層の人のための講座も行われています。課題もそこそこで、勉強は必然的に行える環境にあります。
      しかし、勉強スペースがかなり少なく、自習するのが難しいこともあります。
      学校生活については、問題を起こす人、被る人が殆どいなく、言ってしまえば「平和」です。差異はあれど、どのクラスも賑やかだという印象を受けるし、第1に自分もかなり楽しくやっていけてます。男子校特有の賑わい、盛り上がりを味わえるのはこの3年だけ。入学する価値は大いにあるかと思います。
      頑張りかたで、全て自分に返ってきます。
    • 校則
      頭髪検査や服装検査などは全くなく、唯一「校内スマホ使用禁止」だけが障ります。まあ、学校は遊ぶ場所じゃないし、そこまでかと思います。

      まあ、不祥事を起こす人が居ないから校則が緩いわけで、常識外れのことをしたらそれ相応の対応をされるのは必然かと。
  • 女性在校生
    さいたま市立浦和南高等学校 (埼玉県 / 公立 / 共学 / 偏差値:62)
    在校生 / 2020年入学
    • 総合評価
      自称進学校の鏡。無駄なアプリ、無駄なテストがとにかく多い。それから、先生たちの勉強への熱が凄すぎてついていけない。高校生活エンジョイしたい人とか、恋愛したい人にはマジでお勧めしません。
    • 校則
      スマホについてのルールが厳しすぎる。部活によっては1週間没収のところもあるみたい。
  • 女性在校生
    滑川総合高等学校 (埼玉県 / 公立 / 共学 / 偏差値:47)
    在校生 / 2019年入学
    • 総合評価
      私的には普通に良いです。
      看護や保育を目指す人が多いので、先生方も親身になって進路を考えてくれます。

      自分の夢が決まってる人(看護師、保育士、介護士等)は、その分野の授業もあるので良いと思います。
      ですが、大学進学希望の人は一般受験では難しいと考えた方がいいと思います。指定校もある程度はありますし、勉強すればいけないこともないですが、本校は二年次からほとんどの人が数学の授業をとっておらず、受験科目で必要な場合は、数IIや数Bは、自分で取らない限りは独学の必要があります。
    • 校則
      当たり前のことなのですが、スマホや身だしなみに関しては厳し目ですね。
      誰か1人が極端にスカートを短くすると、先生方の判定?が厳しくなり一回や2回折っている程度で、注意される事も稀にあります。

      あと、今年から第一ボタンを閉めるという校則が新たに追加されました。

画像

URLが表示されている画像について

  • 弊社独自のアルゴリズムにより、インターネット上の画像から検索結果を表示したものです

埼玉県の高校入試・受験情報

埼玉県の高校入試特集
高校入試特集
埼玉県の気になる高校の入試・受験情報や、高校入試の基礎知識を見ることができます!
埼玉県の偏差値一覧
偏差値一覧
埼玉県の高校の偏差値一覧を一目で見ることできます。高校選びにご活用ください!
埼玉県の倍率一覧
倍率一覧
埼玉県の高校の一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます。高校受験にご活用ください!

埼玉県の高校情報

■学校数■
2000年代に18校、2010年代に7校が統合もしくは廃校となり、現在高校の総数は201校である。その内訳は、国立高校が1校、公立高校が152校、私立高校が48校である。

■学区制度■
今まで8学区(一部の学区は2~3に分割して12学区)だったが、平成16年度(2004年)より学区制が廃止された。今まで隣接学区でいけるところといけないところがあったが、それもなくなった。そのため、全地域が住んでいる地域に縛られず、県内すべての県立高校の中から自ら学びたい高校を選んで受験できるようになった。自ら学びたい高校を選んで受験できるようにはなった分、競争率が高校によって異なってくるため、場所によっては競争率が上がり、合格が難しくなったところもでてきている。

高校を探す