みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  東京学芸大学附属高等学校   >>  口コミ

東京学芸大学附属高等学校
出典:IZUMI SAKAI
東京学芸大学附属高等学校
(とうきょうがくげいだいがくふぞくこうとうがっこう)

東京都 世田谷区 / 学芸大学駅 /国立 / 共学

偏差値
東京都

TOP10

偏差値:77

口コミ: ★★★★☆

4.29

(79)

東京学芸大学附属高等学校 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.29
(79) 東京都内33 / 452校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

並び替え
絞り込み
79件中 1-20件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 -| 施設 -| 制服 -| イベント 5]
    • 総合評価
      とにかくいい学校です。校舎は古く(良く言うんならレトロ?)、設備も決して素晴らしいとは言えず、さらに教室は他と比べては狭いですが、普段の学校生活の楽しさで紛れます。あと、慣れます笑 この学校はとにかく忙しいです。1年の時はでかいレポートが年に2、3個出ます。2年になると物理と化学のレポートが毎週のように出るので辛いです。ただ、行事もめちゃめちゃたくさんあるのでほんとあっという間に時間が過ぎて行きます。あと、附高には面白くてちょっと変わってる人が結構います。クラスに3、4人は必ずいます。先生も面白い人が何人かいるので(つまんない先生も中にはいます)大体いつもクラスは賑やかです。ここには竹早中、世田谷中、小金井中からの内部生が集まってくるので、クラスの3/4は内部生です。ただ、内部生同士も学校が違うと面識も無いので外部生も帰国生もすぐ馴染めています。皆狙ってる大学のレベルが高いので浪人率もまあまあ高いです。もし附高に少しでも興味があればぜひ学校説明会や9月の辛夷祭に来てみてください。
    • 校則
      ほんとに自由です。髪も染めて大丈夫です。ただ、ここまで自由でもこの学校の人達は問題起こしません笑
    • いじめの少なさ
      3、4年前にいじめがあって以来先生たちは特に気をつけてます。毎学期の終わりにいじめに関するアンケートも書かされてます。
    • 部活
      活動時間が限られている中で皆頑張ってます。サッカー部とダンス部と野球部が大変そうです。
    • イベント
      体育祭、辛夷祭(めちゃめちゃレベル高いです。特に3年生の演劇はやばいです)、球技大会、マラソン大会、プラネタリウム、劇鑑賞とほんとたくさんあります。あ、1年の時には城ヶ島に行って地層を見てレポート書いたりもします。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      正直に言います。外部生ですが、あまりはっきりした志望動機が無いまま受験し、受かってしまったので入りました。動機は強いて言うなら家からあまり遠くなく、共学で(ここポイント)、レベルの高い学校と聞いていたからです。ただ、今は全く後悔してないです。むしろあの時他の学校選んでなくて良かったと思ってるくらいです。
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      東横線 学芸大学駅から徒歩15分ほど
      田園都市線 三軒茶屋駅から徒歩17分、三軒茶屋発のバスで7分ほど
    投稿者ID:519687
    この口コミは参考になりましたか?

    48人中27人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 5| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      最高の学校です。どの高校よりも青春している自信があります笑
      附高は大学受験には重きを置いておらず、その先の社会で活躍する生徒を見据えています。そのため授業もレポートや実習など思考力や表現力を高めるものになっています。大学に受かりたいだけならば他の高校をお勧めします。思いっきり青春をして、あわよくば夢も叶えたいなっという欲張りな方を附高はお待ちしております。
    • 校則
      無いに等しいです。かなり前までは管理教育でしたが、学生運動によって自由を獲得し、現在では
      ・下駄を履いてこない
      ・中央突破をしない
      ・制服を着る(身につけてれば良いのでアレンジできる)
      のみです。あとは道徳と倫理に反さなければOKです。
    • いじめの少なさ
      いじめ問題を重く受け止めて学校全体のシステムが変わりました。カウンセラーを設置し、外部の機関とも連絡しながら対策しています。
    • 部活
      部活はぼちぼちです。文化系の部活の実績はよく、全国大会でも上位に入っています。部活の在り方も生徒主体で決めるのでその期の雰囲気によります。
    • 進学実績
      どこの高校に行っても同じですが本人次第です。この大学へ行けなどの圧力は全くなく、好きなところへ行けます。東大はもとより医学部への進学が近年増えてきています。
    • 施設・設備
      駅から少し遠い代わりに、施設は古いですが充実しています。図書館は2つの書架、体育館も2つ、グラウンドも2つ、テニスコート、プールなどがあります。またITを教育に取り入れる実験校だったために、macの最新型が多く導入されています。
    • 制服
      男子は紺の学ランでエリート感があります。
      女子は夏服がとにかく可愛いです。
      どちらも半世紀以上続く伝統的な制服です。
    • イベント
      2週間に1回と、行事が多いことで有名な学校です。とくに辛夷祭は日本に誇れる文化祭といっても過言ではありません。夏休みの殆どを準備に費やしハイクオリティな作品を作ります。3年生全員で行われる演劇は圧巻です。百聞は一見にしかず。ぜひ見に来てください。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      大学受験だけに囚われない本物教育
    投稿者ID:495805
    この口コミは参考になりましたか?

    72人中30人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      あなたの送りたい青春が手に入る学校です。
      当人のやる気次第で何もかもが手に入ります。
      それが勉強でも、部活でも、趣味のバンド活動でも、自分の研究でも。
      附高には本当に多種多様な人がいます。
      だから個人の考えをみんな尊重し、みんながやりたいことをやれる学校です。
      また附高の授業は塾や予備校のような知識の詰め込み、計算の演習をただするような授業ではなく、そうやって身につけた知識や能力を実際にどう上手く活用するか、という授業が多いです。
      これが附高の本物教育と呼ばれる大学受験のその先に役立つ授業なのですが、当然新制度入試にも大変効果的だと思います。

    • 校則
      非常に緩いと思います。髪染め、ピアス、バイト全てOKです。
      唯一の校則が『制服着用』ですので(笑)
      校内でのスマホ使用も可能です。
      みんな附高が持つこの自由さに誇りを持っています。
    • 部活
      クラブの種類は多いと思います。兼部も可能です。
      運動部ではサッカー部、ハンドボール部、野球部が活動日数多めです。また、山岳部、モダンジャズ研究部、ホッケー部は都内では珍しいかなと思います。
      どこの部活も仲が良くて楽しそうなので是非入ってみてください。
    • 進学実績
      当人のやる気さえあればどこへでも進学できると思います。
      勉強に対するモチベーションが高い人が多いと思います。
      また私たちの代から新制度入試が始まりますが附高の教育は新制度が求める総合的な能力を高めるには最適です。
      単純なペーパーテスト的な学力をしっかり自分でつけようという意識を保てていれば東大でも医学部でも屁でもありません。
      ただこの意識を保つことが大変で先生方もその点に関してはあまりしつこく言ってこないのでそこを頑張れるかどうかが勝負だと思います。
    • 施設・設備
      入学前から憧れていました。
      レトロで趣のある校舎。緑豊かで広い敷地。
      ただ秋に降る銀杏が本当に大量でかなり臭うので用務員さん達が頑張って掃除してくださっていますが星を減らさせていただきます。
      プールの更衣室は古いです。建て替えるべきだと思います。
    • 制服
      女子の制服は可愛いと思います。夏服が特に評判がいいです。
      紺の3本線セーラーは珍しいので地理実習などで出会うOBOGさんに声をかけられることもあります。
      また上に着るパーカー、セーラーにも縛りがないので個人がやりたい服装ができると思います。
    • イベント
      体育祭、辛夷祭、球技大会、マラソン大会、かるた大会、劇鑑賞、プラネタリウム鑑賞など挙げきれないほどイベントが多いです。
      生徒もイベントで燃えるタイプの人が多いと思います。
      一つ一つのイベントがとても思い出になります。
      辛夷祭での三年生の演劇はとても見応えがあります。
      観に行く方は体育館はかなり暑いため水分とうちわなどの冷感グッズを忘れずに。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      自分にあった偏差値で自由な校風、共学であることから附高に興味を持ち実際に説明会などで強く憧れを抱いたため志望しました。
      個人的に内申が多くの割合を占める入試はあまり好きでなかったためそれも考慮しました。
    投稿者ID:488623
    この口コミは参考になりましたか?

    48人中24人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2017年入学
    2020年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 5| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      端的に言うと最高の高校でした。高校入学前はいじめなどの噂があり、入学後のことが心配でしたが、私が通った3年間でいじめの噂はひとつも聞きませんでした。慎重になっているというのもあると思いますが、嫌がらせも不祥事も一切なく、なにしろ平和でした。何においても、良い意味で大変自由度が高いです。好きなことを好きな時に学ぶ、好きに制服をアレンジする、好きに時間割を選択する、好きなだけ行事に力を入れて参加する……。これだけ自由であっても、生徒は主体的な人ばかりなので、この自由さは悪い方向にはあまり働きません。元々何事もやる気がない人でも、3年間で周りの仲間たちに影響され、3年ではきわめて積極的に行事等に参加していました。通ったのはたった3年間でしたが、人生におけるとても良い経験になりました。周りのスペックの高さに圧倒されては、自分も負けないように、とみんな必死に努力していました。それは勉強だけでなく、行事や部活においてもです。まさに『勉強だけが全てではない』ということを身に染みて感じた高校生活でした。
    • 校則
      先述の通り、とても自由です。(服装)ピアス、染髪等はもちろんのこと、制服の上に着るパーカーやカラフルなカーディガン、くるぶしソックス、派手なネイルについても特に何も言われず、むしろ綺麗な爪だね、などと先生に言って貰えることが多かったです。派手めなメイクもOKです。(持ち物)スマホ使用は完全に認められています。タブレットやノートパソコン、デジタルカメラ等を持っている人も時々見かけました。(中にはニンテンドースイッチを持ち込んでいる人もいました…←もちろん授業中は使っていません。きっちりとメリハリを付けて使っていました。)
    • いじめの少なさ
      いじめは驚くほど全くありませんでした。ときどき強い言い方をする人もいますが、それは文化祭や体育祭に向けた話し合いの中で、自分の意見を主張したいあまり思わずそうなってしまうというケースがほとんどです。それはいじめではなく、意見の主張だと言うことをみんな分かっているので、多少強い言い方でも一意見として真摯に受け止め、話し合いの中できちんと考慮されていました。3年間のクラスも面白いほどに全員仲が良くて、卒業後クラスの2~30人で旅行に行ったりもしました。めちゃくちゃ仲良いです。附高には個性が強い人が多すぎて、ちょっと他人と違うくらいでは『あー、ああいう奴もいるよね』くらいに流されます。中学校までで目立ってきた自分の少し嫌な個性も、特に気にしなくても良いと思います。なんやかんや受け入れられていきます。
    • 部活
      部活は実績が残っているという話をあまり耳にしませんが、確か水泳部やかるた部がよく表彰されていたように思います。運動部の中には夏休み等に大変なところもあるようです。しかし特に忙しいと有名なダンス部やサッカー部、野球部からも難関国立大学の合格者が出ているので、本人のやる気さえあれば勉強に支障はないかと思われます。ホッケー部や弓道部など珍しい部活もあり、スポーツが苦手な人でも高校から新たにチャレンジする人が多いようです。
    • 進学実績
      行事等の充実度を加味すれば、これだけ良い実績が出ていれば十分かと思います。もちろん数字だけで他の高校と比べてしまうと劣る面もあるかもしれませんが、これは通っている高校が原因というよりは本人達のやる気の問題かと思われます。先生方は過去問配布や答案添削など全力でサポートしてくれます。ただし、『勉強をしなさい』といった目に見えた強制力はありません。問題は、生徒が先生のサポートにうまく乗っかっていけるかだと思います。
    • 施設・設備
      周りから見るとボロボロに見えるかもしれませんが、3年間通ううちに建築の美しさに気付かされます。窓枠の形や床のタイル、天井のつくりなど細かなところに注目してみてください。グラウンドや体育館は十分に大きいです。体育館にエアコンがついていなかったり、講堂が少し小さく感じたりはしますが、通っていると一切気になりません。柔道場、剣道場、弓道場がそれぞれあります。あとは自然に沢山触れられます。卒業する頃にはみんな虫と仲良くなっています。私は元々虫嫌いでしたが、3年間で克服しました。
    • 制服
      (女子)めちゃくちゃ可愛いです。夏は半袖の白セーラー服、冬は長袖の紺のセーラー服です。このセーラー服の可愛さが、志望校を附高に決めた理由の一つでもあります。セーラー服ではない学校で、女の子がスカートを短くして履いている様子を見かけますが、附高にはあまりその文化がありません。なにしろ、セーラー服ならスカートは長い方が情趣があって美しいですから…(主観ですが)。(男子)夏はワイシャツにグレーのズボン、冬は紺色の学ランです。今どきに紺色の学ランはレアです。至高です。私は女なので快適さは分かりませんが、制服に文句をつけている人はあまり聞いたことがないのでそこそこ着心地も良いのだと思います。学ランが鬱陶しい人は学ランを脱いでパーカーを着ていました。
    • イベント
      大変充実しています。充実しすぎているくらいです。特に驚くべきは文化祭で、3年の文化祭は、クラスの出し物である演劇のために2年の秋から1年間かけて準備します。(そのために3年のクラス替えはありません。)その演劇の完成度たるや、まさに自主的にお金を払って見たいほどのものです。そこらの演劇団体にも見劣りしない演技力、舞台セット、脚本……齢18の少年少女達がたかだか1年間で作り終えたとは思えない出来上がりです。プロの演技指導を受けたり、テレビ局の大道具担当に組み立ての指導を受けたりするほど本気の演劇です。私は自分のクラスのリハーサルで感動のあまり泣きました。本気で取り組めば、人生に一度の経験ができます。間違いありません。ちなみに現役で東大・京大・その他難関国立大学に受かっている人のほとんどが、この演劇で主役や舞台監督、大道具責任者等の超多忙スケジュールを乗り越えています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      塾の先生が勧めたから、共学がよかったから、制服が可愛いから……など、特に強い意志はありませんでした。結果的には、入った高校が附高で本当によかったです。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学薬学部薬学科
    投稿者ID:645912
    この口コミは参考になりましたか?

    10人中5人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2020年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 3| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      附高で評価するべきところは、生徒の自主性を重んじていることでしょう。ある種の放任主義です。学ぶ意志のある生徒にとっては願ってもない環境です。たとえば、生徒が真剣に取り組んだ上で出てきた疑問や意見に対して、先生方はしっかり答えてくれます。探究の授業ではそれが顕著です。また、生徒もいい意味で変人だらけであり、互いに刺激しあえる環境だと思います。
      ただし、大学受験のことを考えると、現在の附高はおすすめし難いというのが本音です。附高はよくも悪くも放任主義なので、自分で勉強が進められなければ、大学受験はうまく行かないと思っていただいた方が良いと思います。
      私がここで言いたいのは、『高校を、世にいう名門大学に入るためのものと考えているのであれば、附高はお勧めしない』ということです。附高で得られる経験は、大学入試等で要求される能力以外の部分を大いに伸ばしてくれます。
      ただし、最近の入試の在り方については、私も疑念があります。入試の変革に伴って、上記したことも変わってしまうかもしれません。なので、実際に高校に足を運んで、自分の目的に適う高校か、自分の目で判断してほしいと思います。
    • 校則
      ないも同然です。
      学校側の生徒に対する信頼の表れだと思います。
    • いじめの少なさ
      私の在学中には全く聞きませんでした。
    • 部活
      緩い。部活動のために入る高校ではないです。
    • 進学実績
      近年は芳しくないですね。ただ、放任主義なので、自分でやれってことです。自分で勉強ができない生徒には苦しい学校ですよ。
    • 施設・設備
      校舎は古いですが、耐震性とかには問題がないそうです。
      物理や化学の実験設備や道具は一通り揃っている上、実験をしたいと申し出れば授業外でも設備を利用させてもらえることもあります。また、光速や万有引力定数等の計測の実験などもできます。楽しいです。
    • 制服
      かっこいいし可愛いですよ。私には縁遠いですが、リア充とか見てると絵になります。
    • イベント
      やはり辛夷祭(文化祭)の存在は大きいですね。学校生活の中心と言っても過言ではありません。各学年、非常に充実した催し物を出します。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      大学入試のための高校は除外していました(自分でやるつもりだったので)。大学入試に必要な能力以外を大いに伸ばしてくれそうな高校として附高を選びました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      なし
    • 利用していた参考書・出版社
      中学校で配布されていた教科書、資料集
    • どのような入試対策をしていたか
      内部進学なので、特に対策はしなかったです。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      学習意欲はある人はある、といった感じです。ですので、トップ層と下位層の隔たりは極めて大きいと言えます。
    • アクセス
      良くも悪くもない。三軒茶屋から歩くと疲れるくらいです。
    投稿者ID:630987
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年12月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [校則 5| いじめの少なさ 2| 部活 4| 進学 1| 施設 -| 制服 -| イベント 4]
    • 総合評価
      学校の雰囲気に合う人は楽しめるけれど、合わない人は楽しめない学校。少なくとも私自身は全く楽しくなかったし、そういう人を一定数知っています。気が弱いと生活しづらいです。ある程度自分に自信があって、行事等に積極的に参加できるタイプでないと向いていない学校だと思います。
    • 校則
      校則は無いに等しいです。法に触れない限りは基本何でもアリだと思います。髪を染めたりピアスを開けたりメイクをしたり、制服の着崩しも常識の範囲内ならOKなので、みんな好きにしています。
    • いじめの少なさ
      いじめというほどの表立った行為はないけれど、自尊心の強い人が多く気が弱かったり成績が悪い人を見下している風潮があります。ですが基本皆忙しく害は与えてこないのでそれほど困ることはありませんし、特に外部からの入学を考えている方は自信を兼ね備えている方が多いと思うので心配ないと思います。
    • 部活
      活発だとは言えないけれど、忙しすぎない分楽しめる部活動が多いと思います。上下のつながりも強く、知り合いが増えます。
    • 進学実績
      学校の授業や教育方針のおかげで良い大学に行った人はいないと思います。難関国公立や医学部に受かる人は高1の時から塾通いで、それ以外の人も高2の夏~高3からはほぼ全員が通塾しています。なまじ進学実績が良いせいで目指す大学のレベルも高く、MARCHレベルには「普通浪人するよね?」などと話しているので受かってもいけなくなってしまう人が多く、それが浪人が多い理由だと思います。
      センターまでに範囲の授業が終わらず通塾は必須なので、お金もかかります。
    • イベント
      行事はふんだんにあります。自分から参加すれば楽しめます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      もともと附属の中学に通っていたから。
    投稿者ID:594226
    この口コミは参考になりましたか?

    17人中13人が「参考になった」といっています

  • 男性保護者
    保護者 / 2017年入学
    2019年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      新潟への林間学校、タイへの修学旅行、演劇が有名な辛夷祭(文化祭)などひとつひとつのプログラムが他の国公立校とはレベルが段違いに高いです。
      タイへの修学旅行は、現地の名門高校へ訪問、日本大使館の見学など国を背負っていく若者にふさわしいものです。
      国立のため、ややアピールが上手くない感じはしますが子供を学ばせる環境としては理想的です。
      神奈川県在住のため県立と迷いましたが、個性的な生徒が多くそして個性を尊重し伸ばしてくれる教育カリキュラムは本物です。
      海岸での地層など探求授業の内容も良く考えられており、好奇心を刺激する授業のひとつです。
      単に進学実績だけを競う学校ではないところに贅沢さがあるような気がします。
    • 校則
      かなり自由だと思います
    • いじめの少なさ
      外部生ですが、楽しくやっています。
    • 部活
      文化系の部活に所属し楽しく過ごしています。
      JAZZ研などユニークな部活もあります。
      兼部も可能なようです。
    • 進学実績
      勉強以外にもたくさんやることがあるのでやや浪人が多いようですが、近年は医学部志望も増えているため仕方がない気もします。
    • 施設・設備
      校舎の雰囲気は伝統を感じます。
      また、いじめ対策のITなどのインフラも整備されています。
    • 制服
      紺の学ラン
    • イベント
      行事はどの学年、学期も忙しくとても充実しています。
      特に辛夷祭(文化祭)は盛り上がります。
    投稿者ID:538313
    この口コミは参考になりましたか?

    12人中5人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      最高の高校生活が送れる夢のような高校だと思います!
      最近本校に対するあまり良くない噂がネット上で拡散していますが、実際8割は都立主義者あるいは反国立高校論者の書き込みと考えていただいて間違い無いと思います。(そのようなサイトいずれも神奈川県立や都立を異常に推している点で明らかですが…)
      細かい点につきましては以下で客観的に述べたいと思います!!
    • 校則
      下駄、サンダルでの登校禁止、打ち上げ禁止(形式的であり、実際先生方も容認している。)があります。他服装、行動等に大きく影響するものはありません。
    • 部活
      ホッケー部、モダンジャズ研究部、そろばん同好会などが珍しいです。
      大きな実績は最近では目立ったものはありません。ですが、個々人でのかつやくが多いような気がします。(主観的ですみません。)
    • 進学実績
      学校自体は指導をしていないわけでもなく、また厳しいわけでもなくといった印象です。高1から全員が塾通いというのももちろん嘘で高3でも全員というわけではありません。
      しかし、周囲に医学部や東大を目指す人は多く、モチベーションアップには繋がりやすいとおもいます。
      ちなみに附高の教師曰くカリキュラムに特徴がないことが特徴であり、満遍なく教養を深められるという点では、大学受験より、大学入学後あるいは社会に出た後に重きを置いているような印象を受けます。
    • 施設・設備
      主観的意見では、とても趣深く風情があるとおもいますが、校舎がボロいと言っているのをよく聞きます。感じ方は各々の価値観によるとおもいます。
      図書館はリクエスト実現率100パーセントで、生徒の意見を多く取り入れています。
      多くの施設は充実していますが、古さ故の欠点もあります。
    • 制服
      賛否両論分かれますが、生徒で制服に文句をつけているのは一切聞いたことがありません。
      男子は学ラン、女子はセーラーで開校以来変わっていません。
    • イベント
      附高の行事は、レポートを入れたら一週間に一回はあるそうです。
      多くの行事で生徒が自主的に活動でき、生徒自体行事に積極的です。とくに文化祭である辛夷祭は都内でも屈指で、来る価値はあると思います。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      まず校舎に惚れて、その後調べるうちに教育方針や行事等の良さをしり惹かれていった。
    投稿者ID:385364
    この口コミは参考になりましたか?

    72人中39人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 4| 進学 2| 施設 5| 制服 2| イベント 5]
    • 総合評価
      生徒よし!教師よし!勉強ばかりするのではなく、部活や行事に一生懸命になり青春を謳歌しつつ世間からは進学校と思われて卒業後もチヤホヤされる、まさに一石二鳥!?
      ただ受験にいらない教科もしなくてはならなかったり(そこが附高のいい所でもあるが)、授業の進みが遅く受験直前にならないと終わらない科目もあるのでそこが欠点。
    • 校則
      校則は無いに等しい!!
    • いじめの少なさ
      自分の代にはありませんでした。
      先輩の代ではいじめがあり何よりもそれを学校が隠蔽していたので問題になりました。
    • 部活
      みんな勉強に真面目に取り組みつつ運動にも励んでいて素晴らしいと思います。どの部活が強かったかは忘れました。ちなみに私は緩い部活に入りゆる~く楽しんでいました。自分次第でどんな高校生活も送れます
    • 進学実績
      3年は一大行事の辛夷祭でなかなか勉強時間が取れません。メインキャストはもちろん大変ですが、メインキャストをやらなくても辛夷に関わろうと思えばいくらでも関われるので何やかんやでキャスト以外の人も忙しいです。夏休み中の練習は最大で20日です。先生は、「うちの生徒は辛夷の練習の後切り替えて勉強に集中するんだよ!!」とおっしゃいますが私は疲れ切っていて集中どころか爆睡してしまいました。
      また、夏を捧げた辛夷祭が9月に終わった後、先生は「うちの生徒はこれまで辛夷に注いできた労力を受験に注いで一気に他校を追い上るんだ!!」とおっしゃいますが私はエモエモでしばらく(最低2週間は!)余韻に浸って受験勉強所ではありませんでした。辛夷祭はみんな必死に良い演劇を目指すので学校の練習時間以外にも通話で相談したり、道具を買い揃えたりととても時間を使います。お陰様で私は本当に運試しの受験になってしまいました(計画的に勉強しなかった自分のせいなのですが)。しかし辛夷を楽しんで全く悔いはないです。最後になりますが学校側の受験サポートは全然ないです!勉強サボろうと思えばいくらでもサボれますがつまり全て自己責任です!
    • 施設・設備
      汚いけどなんか趣があるからOK。
      在学中はボロくて嫌だったけど卒業したら愛しく見えてきた。
    • 制服
      入学前は珍しいセーラー服がお気に入りでしたが、腹が見えるし冬服はまっ紺なので芋っぽくて私は好きじゃないです。ちょっと渋谷などを歩く時は少しブレザーが羨ましかったです。でも周りに女の夏服ファンは多いです!
    • イベント
      なんてったって辛夷祭があるもの!!
      合唱祭(下馬祭)が無くなったことを悔やむ生徒も多いですが、あった頃は練習があまり行われていなかったようです。確かに3年生にとっては受験期真っ盛りなのに歌の練習に時間割いていられないというかんじだと思います。(少なくとも私なら)
      なので、個人的には無くなったことに不満は感じていないです。
      辛夷祭の3年演劇は先程も述べたように大変ですが、高いクオリティー目指してとても楽しく盛り上がります。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      校則がなくて楽しそうだったから。
      受験を目標とした教育ではなく、「本物に触れる」という教育方針がかっこよく見えたから。(実際受験はなかなか大変でしたが、ほかの高校生はやらない実験などたくさん出来るのでそういう学びが好きな人にはとってもオススメです!)
      変人が多いと言われていて楽しそうと思ったから。(実際は変人と言うより学問的なネタを使った高尚な笑いを生み出す人が多くて感動した。)
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      国立大学
    投稿者ID:520254
    この口コミは参考になりましたか?

    11人中7人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      とってもいいンゴ!!
      ホッケー部最高!!俺っちホッケー部に入って本当に良かったンゴ。顧問の先生は親身になってくれるし、男子は監督がいない活動は生徒主体で自由にできるンゴ!女子のコーチ、監督もとってもいい人ンゴよ!!先輩もOGOBもみんな優しいンゴ!みんなホッケー部に入るンゴよ??
      日々の生活は行事がたくさんあって楽しいンゴ。
      あと土曜授業必要ないとかなんとか言ってる人いるけど、国からの予算を確保するためにSSHは必要不可欠なンゴよ?先生方だって日々の授業や生徒への指導、部活動で忙しい中さらに負担を負ってSSH、SGHの活動をサポートしていることを忘れるなかれンゴ。SSHで優秀な成績を収めている生徒もいるンゴ。たしかに土曜授業はめんどくさいけどそういう事情があるンゴ。まさにSSHを憎んで学校を憎むべからずンゴね!
    • 校則
      みんな自由ンゴ。特に64期は今までにないくらい派手ンゴ。63期は皆戦々恐々だったンゴ。街中で金髪、青髪、赤髪の非行少年たちを見ても怯えることがなくなったンゴ。話してみたらきっといいやつンゴよ。ホッケー部もやるべきことをしっかりやっていれば髪染めは自由ンゴよ?ただ、自由には責任が伴うってことを理解するべきンゴ。街中で変な目で見られるのはしょうがないことなンゴねー。
    • いじめの少なさ
      61期でいじめの騒動があったことはこの学校に大きな影響を与えたンゴ。みんな知ってるンゴね?だけど62期以降でいじめはないと思うンゴ。とりあえず63期ではなかったンゴ。ホッケー部でももちろんないンゴよ?ホッケー部はみんな仲良しンゴ。みんなホッケー部をよろしくンゴ!!
    • 部活
      男子、女子合わせてのホッケー部なンゴ。男子は月・火・木・土日のどちらか、女子は火・水・金・土日のどちらか活動してるンゴ。基本的に活動は別だけど、土日の練習では男女で練習試合をよくするンゴ。とっても仲がいいンゴ!!顧問の先生は優しいし献身的にホッケー部を支えてくれているンゴ。感謝してるンゴ。直近では女子が秋の関東大会に出てるンゴ。東京には女子2校、男子4校しかないからメダルが狙いやすい部活と言えるかもしれないンゴ。合宿は群馬県の月夜野でやるンゴ!もちろん男女一緒ンゴ。ちょっぴり怖いコーチがビシビシ指導してくれるンゴ!とっても楽しくて力になるンゴ!最近はうち以外の3校がグラウンドを芝に変えたンゴ。うちのは芝グラウンドと言いつつ思いっきり土なンゴ。ホッケーは本来芝でやるスポーツで大会も芝だからうちの高校は逆境に立たされているンゴ。早稲田、学習院、成城、どの高校も強豪なンゴ。でも大丈夫!ホッケーは頭でやるスポーツっていうのがうちの部活のモットーなンゴ!自分たちに何が足りないのか、どうプレーをつなげるのか、ホッケー部に入りたいと思っている君たちならきっとわかるようになるンゴ!目指せ関東大会!!!
    • 進学実績
      自分がやりたいことをできるンゴ。君もきっと気にいるンゴよ!
    • 施設・設備
      さっきも言ったけど、芝グラウンドという名のついた土のグラウンドがあるンゴ。そのグラウンドの他にもう一個でかいグラウンドと2つ体育館があるンゴ。古くて汚いのは否定しないンゴ。水しか出ないシャワーもあるけど誰も使ってないンゴ。
    • 制服
      めっちゃ可愛いという人と可愛くないっていう人がいるンゴ。個人的には女子の夏服はとっても可愛いと思うンゴ。こういうのは人の好みだから自分の目で見て確かめるンゴよ!
    • イベント
      とっても多いンゴ。以上。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      小金井中からの内部進学。
    投稿者ID:496184
    この口コミは参考になりましたか?

    50人中38人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [校則 -| いじめの少なさ -| 部活 -| 進学 -| 施設 -| 制服 -| イベント -]
    • 総合評価
      行事に対しては熱心に取り組んだり、探求活動など個々のやりたいことをたくさんできる学校だとは思います。
      しかし、自分はどちらかといえば不満な点が多く感じられます。
      まず講師の質が年々低下しているように感じます。3年次の文系の特定の日本史のクラスでは受験の内容が終わらないクラスもあると聞きます。
      また文理選択のタイミングが遅いです。三年から文理選択が始まり、センター試験直前まで学習範囲が終わりません。予備校に行っていることを前提とした授業も多く、進学に対しては手厚い学校とは言い難いです。
      最近では浪人率が高くなっており、学年の半分は浪人する程までになっています。偏差値70を超えている国立高校でありながらその現役合格率は非常に低くその中でも第一志望に合格している人はほんの一握りとい状況です。
      衛生環境も劣悪です。国立高校で学費が安いとはいっても他の国立高校と比べても悪いと思います。
      学年の半分以上は内部進学による生徒であるため外部生がどうしても馴染みにくいというのも現実です。
    投稿者ID:487456
    この口コミは参考になりましたか?

    111人中76人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      他の進学校と比べ、勉強時間に対する合格実績の高さは都内一だと思っています。また附属中学上がりの生徒と馴染めるのかという心配がありましたが、入学して数日も経てば誰がどこ出身かを感じさせないほど交流が盛んです。いわゆる「グループ」のようなまとまりも一般的な高校生と違って少ないと思います。公立中出身なので、風紀の良さにびっくりしました。
    • 校則
      かなり校則緩く、制服着用の義務があっても割と来ていない人は多めですね、特に冬なんかはパーカー×スカートなど緩く着崩してる人が多いです。ピアスも髪染めもパーカーもありです。しかし下校時間に関しては厳しく、中央玄関からの登校も禁止されていて門を締めるという意識は高いです。ただ清楚な雰囲気が好きなので逆に校則をもっと厳しくしてほしいとか思ってます!
    • いじめの少なさ
      一時期騒動を起こしたそうですが私が入学してからは本当にいじめについて聞いたことがありません。というかまず人の悪口を言うような子が少ないですね。校則からも分かるように自主性を認めているので生徒の多様性があります。自由に発言して、意見をすることは素晴らしいことだという認識があるので普通の高校でいう変わり者もここでは一般人です。
    • 部活
      部活動は女子だと陸上部ハンド部、男子だとサッカー部野球部の活動日数が多くかなりしっかりやり込んでいるイメージです。陸上部や囲碁部やホッケー部は賞をたくさんとっています。そろばんやテニスや水泳で全国大会優勝している人もいれば、数学オリンピックに出る人もいれば、ダンスの世界大会で2位を取るひともいる…とかなり「やばいやつ」が多いです。本当かどうかわからないけど元お笑い芸人もいたりするらしいので文化的な面ではかなり発展してると思っています笑 都大会やインターハイの先をいっているところが恐ろしい。正直別世界だけど。
    • 進学実績
      先ほど述べたように大学受験の第一志向ではありません。どちらかというと筑附や筑駒のように部活や行事に熱心です。しかし高校生活を楽しんで東大に行きたければ附高が1番おすすめです!
    • 施設・設備
      本当に、広い!渋谷から4駅とは思えません。四季折々の様子を見せるロマンス街道(校門から昇降口までの通り)は絶景です!陸上や水泳などをする上では設備が不十分だと思います。
    • 制服
      個人的には本当に大好きです。色彩が豊かでなくセーラー服などは本当に全身紺色なので目立つわけではありません。イメージとしては双葉学園らへんに近いです。清楚が売りだと思っています。
    • イベント
      しています。しすぎています。合唱祭は無くなったけどそれでも充実しています。ポスターセッションやマラソン大会はあんまり人気がないです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      私の動機は秘密ですが、友達には結構文化祭に憧れて入った子が多いです。また神奈川からアクセスが良いので神奈川県民が多いイメージです。しかし首都圏に限らず、関西、九州出身の子もいるし、帰国生も多いので出身地ごとにまとまりができてしまう心配はありません。
    投稿者ID:441040
    この口コミは参考になりましたか?

    35人中21人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 3| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      こんなにいい学校他にないと思う。何もかもが素敵。ネットでやんややんや言われているのが悲しい。
      私以前の投稿を見るに星は5つばかり。現在校生は附高の良さを心から感じて、それをアピールしているのだ。それを塾の関係者や赤の他人や他校の関係者に悪く言われているのを見て、信じてほしくない。
      自分の好きなことができる。何にでも力を入れられる。自由で、だからこそ自分に責任がある。社会も充分に学べる場である。
    • 校則
      校則は3つ
      1.制服を着る
      2.中央突破をしない
      3.下駄・サンダルを履いてこない
      あとは下校時間を守れば校則云々で怒られることはない。髪を染めても「あ、その色いいね~」と教師ににこやかに言われている場面を見たことがある。
      周りを見渡せば髪染め・ピアス・ネックレス・ネイル・化粧はざらに、カーディガンやセーター、パーカーの色も靴下の色も長さもまちまち。道徳と倫理と常識に反さなければ何をしても大丈夫かと。
    • いじめの少なさ
      いじりは教師・生徒間、生徒間では多く見受けられるがいじめは私の周りにはない。互いに尊敬し合えるところがあって和気藹々としている。また、一人一人がかなり自立しているために他人に干渉しすぎることはない。もし何か起きたとしても自分たちで解決する。
    • 部活
      種類でいったら豊富で且つ珍しいものも多い。入学したときに数えてみると50近くあり迷った。グラウンドホッケー、オーケストラ、テニスは軟式硬式両方、モダンジャズ、珠算、落語…etc
      国立の高校故生徒は色々な所から通ってきているため下校時刻は早めである。また、附高生の忙しさを鑑みて平日はマックスで活動日4日のはずである。その短い時間の中ではどの部活も真剣に向き合っていると思う。ちなみに兼部をしている人は多い。部活に入っていない人も一定数いるがかなりの少数派である。
      女子ホッケー、バドミントン、女子硬式テニス、陸上、山岳、囲碁将棋、珠算、クイズがよく賞状をもらっている。
    • 進学実績
      文理選択が3年であることが私はとても魅力的だと思う。理科系は4科全て、社会系も日本史世界史地理現代社会は全員必修。大学だけにとどまらない更にその先を見越した教育カリキュラム。
      しかしそれが成されるとは言っておらず、教師はピンキリで当たり外れの差が大きい。当たりはどこまでも当たりで、国から指定を受けている先生は全く珍しくない。教科書に名前が載っていたり、教育番組で解説をしていたり。外れはどこまでも外れで、自分の世界を押し付けてきたりまたは大学生であり経験が浅すぎたり。
      その他に教育実習期間が長すぎるのは問題だと思うが、その中でも知識を汲み取っていける、という意味でこの高校の偏差値は高いらしい。
    • 施設・設備
      体育館は3つ、校庭は2つ、屋外プール、オムニコート、講堂、本館、西館、別館、中庭。図書館はとても一応2つ。敷地はとても広い。東京という都心であるのに広いのは駅から近くはないから、それから元は大学であったからであろう。またインカフェという催し物を開く場所もある。
      全体的に西洋の中世というイメージの校舎であり、他校の友人に校舎が石っぽいねと言われて納得した。見る人によっては古い、汚いだろうが、見る人によっては品格があり美しい。
    • 制服
      女子のセーラー服は男女どちらからも好評だと思う。しかし温度調節がしにくく、更に附高は夏は暑く冬は寒いため少々きつい。
      男子の学ラン・Yシャツは賛否両論あるが、夏服は灰色、冬は紺色と他校にあまり見ない色である、とは言っておこう。私は男子の学ランはとても好きである。以前は学帽があったらしい。
    • イベント
      下馬祭という合唱祭のような行事は廃止されたがそれでも2週間に1つと言われるだけあって行事は多く、とても充実している。しすぎている。我が校ならではの地理実習や野外実習、プラネタリウム見学、現代劇鑑賞、古典劇鑑賞、科学見学実習、社会科学見学実習、海外の高校との交流、校外講師による講演もある。最後2つは数も多い。
      辛夷祭という文化祭は辛夷祭が終わった次の日から来年の準備を始めるほどである。3年の演劇は大変に本格的で感動する。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      ・女子の中では最高レベルの偏差値
      ・本物教育
      ・3年での文理選択
      ・教育カリキュラム
      ・校舎
      ・先生と生徒の距離
      ・生徒の雰囲気
      ・合格実績
      ・校則の緩さ
      ・塾に通っていなくても解ける入学試験問題(塾に通っていないと解けない、特別な解法を知らないと不利である高校は無理だと判断したため)
      ・共学
      ・先生のレベルの高さ
      ・生徒の人柄
      ・行事の豊富さ
      ・文化祭のパンフレットの面白さ など
    投稿者ID:359733
    この口コミは参考になりましたか?

    130人中85人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 4| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      何でもできる生徒が多く、やりたいことができる学校
      色々言われていますが、デマが多い気がします本当にいい学校です
    • 校則
      全く厳しくないと思います
      制限されてるのは、帰りの時間、制服の着用、上履きの使用、授業中の携帯使用禁止ぐらいです
    • いじめの少なさ
      生徒と教師の間で目立ったトラブルは聞いたことがなく、注意されて怒られるぐらいです
      ニュースになるようないじめや盗撮事件があったようですが、あまり関わりがない生徒が多く、怖いねぐらいの印象です
    • 部活
      部活によって厳しさにむらがあり、先輩に話を聞いてきちんと選ぶべきでしょう
      練習時間が少ないわりに実績が出てるのではないかと思います
    • 進学実績
      進学校とはいえ、有名大学への進学を強要されることはきいたことがありません
      先生方は自分の進みたい進路に後押ししてくれます
      全盛期に比べ実績が下がりましたが、それでもかなりの実績といえるでしょう
    • 施設・設備
      めちゃめちゃ広いです
      グラウンドがふたつあります私が考えられる設備はすべて入ってると思います
      ただ少し古いです
    • 制服
      男子は普通の学ランで、女子はセーラーです
      女子の夏の制服はとてもかわいいですが、冬は全紺であまりかわいくはないですただし上から何でも着れるのでかわいいパーカーやカーディガンを着ている生徒はたくさんいます
    • イベント
      どの行事もとても質が高く、量も多いです
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      内部ですが、校風と制服できめました
    • 利用していた塾・家庭教師
      SAPIX
    • 利用していた参考書・出版社
      塾のテキスト
    • どのような入試対策をしていたか
      塾のテキストをこなしていたら受かっていました
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      本当に頭がいいこがおおく、運動もでき、美男美女が多いというスペックの高さの子が多いので、切磋琢磨しながら学習できます
      内部と外部の差はネタで出されるようなものであって、内部でも外部でも勉強すれば上位に入れます
      今の私のクラスでは陰キャという概念がありません本当に個性が強い子ばかりです
    投稿者ID:285812
    この口コミは参考になりましたか?

    56人中27人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 -| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      ツイッターやどこの誰が書いたかわからないようなブログなどで最近他校と比較してどうたらこうたら言われたい放題なことに憤っています。
    • 校則
      制服に関してはとても自由。髪の毛が何色でもいい。何色のピアスをしてもいい。パーカー着て調子乗ってる人は多いです。
    • いじめの少なさ
      いじめは全然ありません。都立・公立高校で良くあるような陰湿ないじめは聞きません。
    • 部活
      ホッケー部が有名です。
    • 施設・設備
      伝統のある、荘厳な校舎で学ぶことができます。2個のグラウンドがあり、なんと片方は芝グラウンドです。
    • 制服
      学ランとセーラー服で昔ながらの制服です。
    • イベント
      面白く、凝った行事がたくさんあります。
    投稿者ID:285183
    この口コミは参考になりましたか?

    75人中40人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 3| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      とても個性的なメンバーが揃う高校だと思います。国立高校なだけあって、先生のレベルも授業の質も高いです。レポートがかなり多いのも特徴です…。
    • 校則
      今年度から厳しくなったと聞きますが、それでもユルいと思います。ただ、上級生で制服の着こなしが悪すぎたために謹慎処分となったという話をきいたので、あまり華美な格好はしない方がいいと思います。
    • いじめの少なさ
      私のクラスではトラブルはありません。しかし、上の学年ではいじめがあったそうです。
    • 部活
      これといって強い部活はありません。私が知っている限りでは、山岳部が毎年インターハイに出場しているくらいです。
    • 進学実績
      近年高校の進学実績は低下しています。大学からの教育実習の期間が長いこと、あとは「レポート地獄」と称される程のレポートの多さに問題があると思います。勉強に専念したい人にはあまり向かないかもしれません。
    • 施設・設備
      校庭は広く、体育館も二つあります。学校が戦前につくられたというものなので、かなり趣があります。
    • 制服
      賛否がわかれると思います。個人的には、女子のセーラー服は見ていて可愛いと思います。
    • イベント
      文化祭は長い期間をかけて準備します。夏休みにクラスで出し物の作成をします。
    投稿者ID:258313
    この口コミは参考になりましたか?

    32人中17人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 5| 施設 5| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      いろんな評価が出回っていますが嘘のものもあり、実際はとてもいい学校です。周りのクラスメートや部活が同じ子達も頭が良く、刺激を受けながら生活しています。
    • 校則
      他の方のコメントを見てみると厳しくなったと書かれていますが校則が厳しかった中学から来た僕からすれば厳しくありません。制服の指導が入るなどと言われていますがそんなことありません。みんな節度のある着方をしていると思います。
    • いじめの少なさ
      やりすぎることなく楽しく先生たちと触れ合っているように思えます。やはり元が優秀な生徒なので限度ということが分かっているのでしょう。
    • 部活
      クラブはたくさん活動しているものもあり、活動自体は活発だと思います。ただ実績がいいかと言われると「うーん。」となってしまいます。しかし、山岳部など全国でTOP3に入るような部活もありますよ。
    • 進学実績
      実績が落ちているのは事実です。受験対策をほとんどしないと聞いていましたがそんなことはなく、「ここはたまに聞かれるよ」とかすごく難しい実力テストなどもあって応用力もつきます。詳しくはわかりませんが指定校推薦枠もありますし、昨年の東京大学の推薦の合格率は100%でした。
    • 施設・設備
      レトロな校舎の反面、体育館はとても綺麗で上にトレーニング用の器具もあります。(勝手には使えないと思います。)
      図書館も蔵書数がとても多く充実しています。リクエストを出したらほとんどの場合司書さんが買ってきてくださいます。
    • 制服
      女子の制服は可愛いと有名ですし、僕の姉もかわいいと言っており、羨ましがっていました。しかし男子はごく普通の詰襟です。銀ボタンくらいが特徴ですね。
    • イベント
      いろんなサイトで書き込みがあるように僕らが入る前には下馬祭という合唱祭があったそうです。音楽好きな自分としてはそのまま残っていた方が嬉しかったです。しかし初めて臨んだ辛夷祭はとても楽しく、学ぶかともたくさんありました。
    投稿者ID:234640
    この口コミは参考になりましたか?

    83人中42人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      附高生は、勉強や部活などで忙しいですが、その分とても充実した日々を送れます!まわりのクラスメートはみんなレベルが高く、自分を高めることができます。また、辛夷祭や体育祭などの行事は、全校生徒が一丸となって取り組むため、とても盛り上がるし、楽しいです!
    • 校則
      かなり自由です。制服はありますが、上に着るカーディガンやパーカーは自由で、みんな自分の好きなものを着ています。また、携帯電話の持ち込みもokなので、授業中以外は自由に携帯電話を使えます。
    • いじめの少なさ
      生徒によって好き嫌いはありますが、教師と生徒の間でトラブルになったという話は聞いたことがないです。先生は個性的な方が多く、授業がとても面白いです。
    • 部活
      クラブの種類はとても多く、また附高生の9割が部活に入るなど、とても盛んに行われています。
    • 進学実績
      1年生の頃からオープンキャンパスに関するチラシが配られるなど、進路決めに関して、とても充実しています。
    • 施設・設備
      校舎は古く、とてもきれいとはいえませんが、校庭は3つあり、体育館も2つ、講堂もまた別にあるなど、施設は充実しています。
    • 制服
      女子はセーラー服なので、とてもかわいいです!男子も冬服は学ランなので、とてもカッコいいです!
    • イベント
      文化祭である辛夷祭は生徒全員が一丸となって取り組み、とても盛り上がります。また、体育祭や球技大会などもあり、クラスでまとまって、取り組めます。
    投稿者ID:231891
    この口コミは参考になりましたか?

    11人中5人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 1| 部活 3| 進学 3| 施設 4| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      校則が緩く自由度が高いこと、学校から勉強についての指導があまりないことから、自ら考えることが求められる学校なのではないかと思います。
    • 校則
      スマホの持ち込み、髪染め、ピアス……基本なんでもOKです。また、鞄から靴下から何から、はては体育時のジャージまで、制服以外に学校指定のものがほとんどありません。他校に比べ自由度が非常に高いと言えるのではないでしょうか?
    • いじめの少なさ
      教師生徒間でのトラブルは聞いたことがありません。
      良くも悪くも、教師、生徒はお互いに関心を持っています。それが必ずしも尊敬の念やその他前向きな思いであるかは別ですが。
      生徒が教師に向ける眼差しは、この学校特有のものであるように感じます。
    • 部活
      山岳部、女子ホッケー部など、マイナーなスポーツでは賞を取れたりしていますが、基本的に運動部は弱いです。また引退時期も早く、3年生になってからは半年もせずにどの部活も引退してしまいます。部によっては、2年の9月頃に引退を迎えるところもあるようです。スポーツで大きな大会を目指そうとするのは、少し無理があるかもしれません。
      文化部では囲碁部、演劇部が盛んです。学校が寮を所有しているからか、結構な数の文化部に合宿があります。そういう意味では、活動できる期間は限られていますが、それなりに活気はあると言えるのではないでしょうか?
    • 進学実績
      学校が何かをしてくれる、ということは特にありませんが、なにぶん周りが凄まじいので、常に高いレベルで競い合うことはできるかと……正直、その競争についていけなくなると非常に辛いです。
      先輩いわく、校内学年(ちなみに1学年335人くらい)ランキングで上位3分の1に入っていれば東大狙えるとかなんとか……
    • 施設・設備
      申し分ないと思います。校舎そのものはボr……いや! 趣がね! あるのですが、不思議と不潔な感じはしません。まぁ1階にはゴキブリ出るらしいけどそれはどこもいっしょだろ(偏見)。
    • 制服
      女子はセーラー服、男子は学ランという定番の組み合わせですね。どちらも紺色を基調とした落ち着いたものです。とにかくすべて紺色(そりゃあもうセーラー襟の線に至るまで)なので、初めて見ると少し抵抗があるかもしれませんが、実際着てみるとわりと違和感はありません。また、カーディガンやパーカーなど、自由度が高いので、着こなし方によってどうにでもなると思います。むしろ、元がシンプルなので、様々なコーディネートができるのではないでしょうか?
    • イベント
      イベントごとは大小細々いろんなものが開催されますが、在校生にとっても外部の方にとっても、いちばん大きいのはいわゆる文化祭……辛夷祭なのではないかと思います。模擬店や娯楽施設なんかもありますが、在校生的に最も人気のある出し物は、3年生の演劇こもしれません。
    投稿者ID:218918
    この口コミは参考になりましたか?

    10人中6人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 2| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      自由度の高い学校です!大学受験にとらわれない勉強がしたい方に是非入学してほしいです!年々行事は減っていますが、復活させる試みもあるので是非!
    • 校則
      下駄やサンダルを履いてくる以外はallオッケーです!無いに等しい!
    • いじめの少なさ
      教師と生徒の仲や生徒同士の仲も良い素晴らしい学校だと思います!
    • 部活
      部活動にはあまり力を入れていませんが、和気藹々と楽しく活動しています!
    • 進学実績
      年々実積は下がっていますが、自分のの意思を尊重した進路選択ができます!
    • 施設・設備
      正直校舎は良く言えばレトロ、悪く言えばとってもボロいです……
    • 制服
      女子のセーラー服と男子の学ランは青春を謳歌している気になれます!
    • イベント
      今年度から下馬祭(合唱祭)がなくなりましたが、復活に向けた動きがあります!
    投稿者ID:211529
    この口コミは参考になりましたか?

    15人中10人が「参考になった」といっています

79件中 1-20件を表示

口コミ募集中!
この高校への進学を検討している受験生のため、口コミの投稿をお願いします

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

東京都の偏差値が近い高校

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

この学校と偏差値が近い高校

基本情報

学校名 東京学芸大学附属高等学校
ふりがな とうきょうがくげいだいがくふぞくこうとうがっこう
学科 -
TEL

03-3421-5151

公式HP

http://www.gakugei-hs.setagaya.tokyo.jp/

生徒数
大規模:1000人以上
所在地

東京都 世田谷区 下馬4-1-5

最寄り駅

-

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  東京学芸大学附属高等学校   >>  口コミ

ピックアップコンテンツ

東京都の高校入試特集
東京都の高校入試特集
東京都独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
東京都の高校情報
東京都の高校情報
東京都の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!