みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  立教女学院高等学校

立教女学院高等学校
出典:Kattin

立教女学院高等学校

(りっきょうじょがくいんこうとうがっこう)

東京都 杉並区 / 三鷹台駅 /私立 / 女子校

偏差値:-

口コミ:

3.89

(26)

概要

立教女学院高校は、東京都杉並区にある私立の中高一貫校です。通称は、「立教女子」。普通科のみの女子高です。立教大学とは創立者を同じとする姉妹校であり、一定要件を満たしていれば指定校推薦を取得して立教大学へ進学することができます。立教女子短期大学へは優先的に進学できます。毎年6割程度の学生が立教大学へ進学します。その他の学生は難関私立大や国公立大学へ進学する進学校です。 部活動においては、運動部・学芸部がある他、キリスト教思想に基づいた教育を行う高校らしくチャペル団体の部活動があります。出身の有名人としては、女優の野際洋子、ミュージシャンの松任谷由美、元アナウンサーの中村江里子がおり、多彩な方面で活躍する有名人を多数輩出しています。

立教女学院高等学校出身の有名人

松任谷由実(ミュージシャン)、中村江里子(アナウンサー)、乾貴美子(タレント)、宮崎総子(アナウンサー)、山形由美(フルート奏者)、市毛良枝(俳優... >>もっと見る(10人)

2019年 偏差値

この学校は中学受験時のみ入学を受け入れているため、高校受験時の偏差値はございません

67

東京都内
/ 205件中
全国
/ 982件中

口コミ(評判)
投稿する

  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 3| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 3| 施設 4| 制服 4| イベント -]
    • 総合評価
      人によって好き嫌いが分かれる学校。
      友達は明るくていい子が多く、マナーもしっかりしている印象。一方で気が強い子も多い。女子校のため、グループで行動することが多く、一人でいるとからかわれることもある。サバサバしている子が多いが、本当にサバサバしている子は少ない。学習環境は、他大学を受験するならおすすめはできない学校。受験校のようにしっかりと対策をとっていないので、他の学校をおすすめする。英語と数学は比較的に早く進むので、復習は必須。教師は当たり外れがあり、いい教師はとても親身で、相談に乗ってくれたり、厳しいが優しい。外れの教師は、こちらが呆れてしまうほど性格が子供。環境は緑が多く、自然を感じられる。虫も多い。海外留学制度などはあまり充実していないように感じた。
      人それぞれ思うところがあると思いますが、私個人では、学校外のことでも許可が必要だったり、学校に縛られている感じがして窮屈に感じました。友達はいい子が多くて、友人関係は良かったです。中学生の時に外れの先生に当たってしまい、クラス環境も私にとってはあまり良くなく、当時の学校生活は良くなかったです。本当に、人によって好き嫌いが分かれる学校。
    • 校則
      校則は厳しい。携帯や漫画、その他学校に関係ないものは一切禁止。染髪も禁止だが、パーマは認められている(高校のみ)。今年からスカートの長さも指定されるようになった。(膝上から生徒手帳の横向きの長さまで(約8センチ))
  • 女性保護者
    保護者 / 2016年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 2| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      人生で一番多感な6年間を、綠あふれるキャンパス、新しくきれいな中学校棟、歴史と趣のある高校棟、由緒あるチャペルの環境の中、快活で元気な友達に囲まれて過ごせるのはとても貴重だと思っております。
      娘をこの学校似通わせることが出来、ご縁にとても感謝しています。
    • 校則
      携帯電話の持ち込みは禁止ですが、他はそれほどきつくないと思います。
      学校指定のバッグで登校すること、校章をつけること、ぐらいでしょうか?
      制服もありません。スカート着用、ノースリーブは禁止です。
      高校生になるとパーマもOKになります。
      アルバイト、芸能活動は厳しく禁止されています。
  • 女性保護者
    保護者 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 2| いじめの少なさ 2| 部活 5| 進学 2| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      学校は綺麗で、緑も多く自慢です。
      先生に期待はしないでください。ほとんどの子が塾に通い、学校での不足を補っています。先生も「足りない分は塾で。」と言うほどです。
      また、宗教色も強く、毎朝の礼拝(これは定期テストの朝も行います。修学旅行やキャンプでは、朝と夜に礼拝を行います)聖書の授業、毎月の献金など、なかなかです。

      修学旅行は、とても特殊で、中3では長崎に平和学習と言うことで行きます。高2では、沖縄に平和学習です。戦争のお話を聞いたりすることが、メインとなるので、楽しいと言えるものではありません。
    • 校則
      厳しいと思います。
      生徒だけで、ゲームセンター、カラオケに行くのは禁止ですし、SNSに関しては本当に厳しいです。SNSに写真、動画など一切上げるなと言われています。
      SNS監視業者を、雇っているので、ツイッターやインスタグラムに鍵を付けても、鍵を外し、先生達が監視します。写真などを上げていた生徒は、三者面談となりました。
      服装は自由で、良いと思います。

進学実績

大学名 偏差値 国立私立 都道府県 合格者数
立教大学 55.0 - 67.5 私立 東京都 98人
慶應義塾大学 60.0 - 72.5 私立 東京都 23人
早稲田大学 62.5 - 70.0 私立 東京都 21人
上智大学 57.5 - 67.5 私立 東京都 12人
法政大学 52.5 - 65.0 私立 東京都 11人

※2018年の大学合格実績より一部抜粋

基本情報

学校名 立教女学院高等学校
ふりがな りっきょうじょがくいんこうとうがっこう
学科 -
所在地

東京都 杉並区 久我山4-29-60

最寄り駅

京王井の頭線 三鷹台

電話番号

03-3334-5103

公式HP

http://hs.rikkyojogakuin.ac.jp/

生徒数

中規模:400人以上~1000人未満

学費
入学金

250,000円

年額授業料

540,000円

備考
入学金、年額授業料以外の費用が必要となる場合がありますので、詳細な費用は必ず各校の公式HPをご確認ください。

市町村民税所得割額が30万4,200円以下の世帯の申請者に対して、全日制課程在学者・定時制課程在学者・通信制課程在学者ともに月額9,900円の支援金(私立高校の場合)を支給する「就学支援金制度」があります。また、単位制の場合は、支給額が異なります。
部活
運動部

剣道部、水泳部、スケート部、ダンス部、テニス部、バスケットボール部、バドミントン部、バレーボール部、ハンドボール部、陸上競技部

文化部

演劇部、E.S.S.部、音楽部、器楽部、茶道部、文芸部、美術部、料理研究部、科学部、写真部、アナウンス部

立教女学院高等学校の系列校

大学
高校
中学
小学校

おすすめのコンテンツ

東京都の評判が良い高校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  東京都の高校   >>  立教女学院高等学校

ピックアップコンテンツ

東京都の高校入試特集
東京都の高校入試特集
東京都独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
東京都の高校情報
東京都の高校情報
東京都の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の偏差値・倍率一覧
東京都の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!