みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  慶應義塾高等学校   >>  口コミ

慶應義塾高等学校
出典:上野彦馬

慶應義塾高等学校 口コミ

(けいおうぎじゅくこうとうがっこう)

神奈川県 横浜市港北区 / 私立 / 男子校

偏差値
神奈川県

1

偏差値:75

口コミ:

4.31

(72)

口コミ点数
投稿する

★★★★☆4.31
(72) 神奈川県内13 / 238校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

72件中 1-20件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 4| イベント 3]
    • 総合評価
      非常に良い学校だと思います。
      男子校で エスカレーター式で慶應義塾大学へ進学できる、という点が他校にはない特色だと思います。
      勉強にとらわれることがないので、比較的学校生活に余裕が持てるので趣味に没頭したり部活動に励むなど、充実した生活を送ることができます。
      女子がいないのは寂しいですが、其れが生徒間のギクシャクした関係を取り払ってくれる一つの要因かもしれません。
      また、とにかくこの学校は自由なのでそういった縛られない放任的なスタイルが好きという方は是非。
    • 校則
      基本的にこれといって厳しい校則はありません。むしろ他校に比べて自由だと思います。学校に携帯を持って行こうがヘッドホンを持って行こうがノートパソコンを持って行こうが、授業中に扱わない限りは注意されたためしがありません。夏休みや春休みなどは他校と比べて1、2週間長く感じます。
      校則を挙げるとすれば、トイレの個室に二人以上で入ったりすると罰則を受けるようです。また、出欠に関しては少々厳しく、欠席した場合欠席届を提出しないと通常の5倍のペナルティが与えられます。気を付けていれば問題はないと思います。
    • いじめの少なさ
      男子校のためか、女子とのギクシャクした関係などに気を遣わなくていいので、生徒間でむしろトラブルは少ないのではないでしょうか。教師と生徒の関係は基本的にはノータッチなので、トラブルなどはあまり目にしません。生徒同士でのトラブルは、みんなある程度の教養は持っているためか、いじめをするような人はあまり見ません。入学当初は、少し内部生と外部生で壁のようなものがありますが、1ヶ月程度ですぐに打ち解けあえると思います。
    • 部活動
      非常に有名です。IHや甲子園に出場したりと、かなり強いのではないでしょうか。レベルの高い部活だけか、と思いきやそこまで厳しくない部活もあるので自分のレベルにあった部活を選べると思います。部活の種類は豊富で新しい趣味を見つけられるかもしれません。
    • 進学実績
      ご存知に通り、いわゆるエスカレーター式で慶應義塾大学に進めます。つまり外部受験しに行かない限り、学校の成績さえ取れば希望の学部に進学できます。この学校の強みではないでしょうか。また、2020年からセンター試験が廃止になるそうですが、エスカレーター式であればそういった入試制度の変更に気を使う必要がないので時期的にエスカレーター式の需要は高まっているのではないでしょうか。
    • 施設・設備
      非常に広く、設備も豊富です。プールは授業で扱うことはありませんが協生館という場所にありますし、体育館は3カ所、グラウンドも3カ所 私が知る限りあります。近くに大学(日吉キャンパス)もあるのでお昼ご飯に大学の食堂で食べる、なんて人もいます。
      問題は少々広すぎて移動に時間がかかること、少し老朽化があることぐらいでしょうか。ただ施設の豊富さと比べればほとんど不満はありません。
    • 制服
      私は制服が格好いいのかどうか、あまりよくわからないのですが、男子だけなので全員が学ランというものを着ています。
    • イベント
      体育祭(運動会)は非常に活気がなく、皆観戦席でスマホばかり見ています。文化祭は頑張っているところとそうでないところの差が激しいです。他校よりは少し見劣りするのではないでしょうか。また、そもそもイベントが少なく、終業式すらありませんでした。(一年生) 形式的なものが嫌い という方はむしろ向いているのではないでしょうか。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学理工学部応用化学科
    投稿者ID:420598
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性保護者
    保護者 / 2017年入学
    2018年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      慶應義塾高校は自由奔放な校則だけが浮き彫りにされていますが、その中には独立自尊が満ちていることがわかります。入試は厳しいいですが、その価値は十分あると思います。
    • 校則
      校則はあると思いますが、特に聞いたことはないです。しかし、時間には厳しいです。
    • いじめの少なさ
      無いとは言い切れないでしょう。部活で忙しい生徒が多いので、いじめは少ないと思います。
    • 部活動
      部活のデパート高校。文化系・スポーツ系満遍なくあります。全国レベルの部活も多いですが、素人OK部活も多いので、新しいチャレンジが出来ます。
    • 進学実績
      ほぼ全員が慶應義塾大学に進学出来ます。
    • 施設・設備
      古いけど実用的で、体育館とグラウンドは十分確保出来てます。新たな施設を建設中で、2018年には完成する予定。
    • 制服
      普通。慶應のシンボル・ペンマークが美しい金ボタンが目立つ。
    • イベント
      イベントは分からないが休業日(休みの日)が他校より多い印象。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      都心と近く、交通便利。
    • 利用していた塾・家庭教師
      早稲田アカデミー
    • 利用していた参考書・出版社
      早稲田アカデミー教材
    • どのような入試対策をしていたか
      早稲田アカデミーに任せた
    投稿者ID:406727
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年12月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 1]
    • 総合評価
      やる気が無い。頭が悪い生徒ばかり。多才な人は確かに多く人脈も広がるかもしれないが、ワガママに育てられたような駄目男が大半。
    • 校則
      校則はかなりゆるいが、主事係はあり得ないほど面倒くさい
    • いじめの少なさ
      文句を言うと処分が下るので基本何も言えない。トラブルはほとんどないが権力のある教師は敵に回すと面倒なので押さえつけられている感じがある
    • 部活動
      クラブは相当強く、かなり過酷な体連が多い。相当やる気がないとついていけないみたい。文連はよくわからないが帰宅部も少なからずいる。
    • 進学実績
      楽に上がれる。本当に楽。普通に生きて普通にお勉強していれば医学部以外は余裕。医学部も時頭がよければしっかり勉強していれば狙える。授業態度は基本見られないのでテスト勝負
    • 施設・設備
      施設は相当充実している。大学のキャンパス内なので。そのかわり大学生とも同じ場所をよく使うので肩身がせまい事は多少ある
    • 制服
      黒の学ランで賛否両論分かれる。
    • イベント
      対して充実はしない
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      近くて簡単だから。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      オックスフォード大学法律学科
    投稿者ID:402387
    この口コミは参考になりましたか?

    23人中4人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      独立自尊の精神の元、慶応高校は自由な校風を掲げ、幅広く特出した才能を持った生徒が沢山います!
      校舎も広く大学のキャンパスにも自由に行き来できます。卒業したらほぼ無条件に慶応大学に行け、普段の定期試験でよほどの点を取らない限り留年もありません。
      僕は慶応高校に入れて大変満足していますし、これからも通っていたことを誇りとすることを信じています。
    • 校則
      ゆるゆるです。制服を着ることさえ守れば髪染めもピアスもなんでもありです。
      登校時間も遅く休みは全国で一番多いと言われています!
    • いじめの少なさ
      自分は三年間でいじめを見たことはありません。
      教師も怒るときは怒る人が多く教師と生徒の上下関係がきっちりしている印象です。
      ただ決して厳しいわけではなく、友達のように接する先生も沢山います。
    • 部活動
      全国大会で一位を取る部活は珍しくありません。
      硬式野球は次年度の春の甲子園出場を決めました。
      スポーツ推薦があるのでテニス全国2位とかフットサル日本代表とかすごい才能を持った同級生が沢山います。基本部活に入るのが定番ですね。
    • 進学実績
      慶応大学にはほぼ無条件で入れます。定期試験でいい成績を取れば上の学部にも入れます。
      医学部
      法学部
      経済学部
      商学部
      ー誰でもー
      文学部sfc理工学部
    • 施設・設備
      広いです
    • 制服
      学ランです
    • イベント
      日吉祭は女子高生が沢山来ます
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      経済学部
    投稿者ID:393380
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      「自由」を謳歌できる学校。一般に「緩い」と形容されがちだが、自由ゆえの緩さにかまけた生徒は脱落(留年、退学)して行く仕組みになっており、一見やんちゃそうな生徒でも、根本的に真面目で勉強の好きな生徒が多く集まっている学校。
      推薦制度も存在するため勉強以外にも類稀なる才能を持った生徒が多数入学してくる他、由緒ある名門校であるため有名企業社長の子息なども多い。
      したがって一般的な公立高校にはない空気感があり、口や態度には出さないものの、生徒の大半は塾高生としての矜持を持っている。とはいうものの、普段は皆
      普通の高校生で、自由かつ刺激の多い環境で、各々の打ち込むものに一生懸命取り組む、そんな高校生活を送っている。
    • 校則
      一応規則というものは存在するが、普段それを意識することは全くない。頭髪に関して、入学当初は銀髪ロングヘアーの生徒も存在したが、最近は奇抜な色・髪型の生徒を見かけることは少ない。決して規則が厳しくなったわけではなく、流行り廃りなのだろう。ただし服装に関して、ワイシャツの左上腕部とセーターの左胸にペンマークの校章をつけることが義務付けられており、セーターの色は単色のみ(主に黒・紺)と定められており、これに違反している場合、規則に厳しい教員から注意を受けることがある。
      またスマホやゲームなどの持ち込みについての規則もなく、全て可能であり、授業中にいじっている生徒も多い。学校敷地内には大学の生協もあるため、そこで買った少年ジャンプなどを回し読みする生徒もいる。が、こうした状況は学年が上がるにつれ徐々に見られなくなり、根本的に真面目で勉強が好きな生徒が多いこともあって、校則が「緩い」というよりかは「自由」と言った表現が最適である。
      「自由」を得ると人は大抵楽をしたくなるものだが、それに甘えず自分の好きな授業をある種「楽しんでいる」生徒が多く、そこに、この学校の魅力がある。
    • いじめの少なさ
      いじめを「特定の個人に対し多数の人間が精神的(悪口など)・肉体的(暴力など)に危害を加えること」とするならば、全くと言っていいほど存在しない。少なくとも、私が在籍した3年間の間では耳に挟んだことはない。
      その背景には「いじめがつまらないものだ」という価値観を持った生徒が多くいること、また生徒数が多く多様性に富んでいることからほぼ100%自分と気の合う友達を見つけられる、そのような環境がある。
      ただしある種のスクールカーストは存在し、主に所属する部活動が影響している。比較的明るくやんちゃな生徒の多いラグビー部・アメフト部が上位を占め、これに野球部・ソッカー部(サッカー部)・・・と続く。しかし決してカースト下位の者が上位の者に気を使うといったことはない。あくまで「上位の者がクラス内でよく目立っていて、文化祭や球技大会のイベントで積極的に前に出てくる」だけであり、生徒は概ね、互いにリスベクトし合う仲である。
    • 部活動
      非常にのびのびとした環境で活動ができる。
      部活の数は文化部・体育会合わせて80を数え、自分のやりたい部活動が必ず見つかるため、生徒に占める部活動加入割合は90%を超える。実績も申し分なく、野球部、ソッカー部(サッカー部)、アメフト部、ラグビー部などは全国屈指の強豪クラブである。一方で週に数回しか活動のない緩い部活も存在するため、部活動経験の無い者も気負う必要はない。
      塾高の部活動の一番の特徴は、一生ものの友人関係が築けるところ。
      皆自分の興味関心にあった部活を選ぶために、とりわけ仲のいい友人も部活でできることが多く、一貫校の影響もあってその縁は大学進学以降も続く。「クラスもいいがどちらかと言えば部活」と言った感じ。
    • 進学実績
      98%が慶應大学に進学、1%が他大の医学部進学、残り1%が退学、といった感じ。基本的に進路に不安を抱くことなく学生生活を謳歌することができる。
      学部は希望制で、その中で3年間の成績の累計が高い者から確定していき、定員から漏れたものは第二希望へ回ることとなる。最近の傾向としては、文系では法学部(政治学科・法律学科の人気は年によりまちまち)、経済学部、商学部、文学部の順に人気があり、理系の理工学部は指定の理系教科を履修すれば進学できる。志望者が文系に比べ少ないため倍率はそう高くない。SFC(湘南藤沢キャンパス)の環境情報学部などはかなり倍率が低く、毎年留年スレスレの生徒が進学するといった状況である(もちろん、自分から希望して進学する者もいる)。
      このように成績で全てが決まるため、生徒は皆定期テストには真剣に臨む。総合成績は10段階でつけられ、これが5.5を切った生徒は即留年、5.5?6.0の生徒は進級会議にかけられ、普段の素行や部活動などへの取り組みを加味した上で決定が下される(この層の生徒は担任から真面目に取り組むようにとの厳しい注意を受けることになるが、ほぼ進級できる)。
    • 施設・設備
      陸上競技場のようなグラウンドや芝生のグラウンド、2つの体育館など、設備はかなりの充実ぶりである。この他野球部、ソッカー部、アメフト部には専用のグラウンドがあり、柔道場、ボクシング場、ゴルフ場、弓道場なども完備。射撃部のための射撃場や自動車部のためのサーキットも存在しているが、基本的に当該部活に所属していない限り、使うことはない。いずれにせよ、さすが歴史ある名門校といった印象を受ける。
      図書館ももちろん存在しており、充実した書籍に加え雑誌・映画も充実。館内に大きなテレビとソファが数セット用意されており、友人らと鑑賞することも可能。テスト前になると人で溢れかえる。
      食堂も存在し、定食からラーメン、ホットスナックまで、超充実の品揃え。お菓子やアイスも販売されている。地下一階にて販売されている、ジュースとフライドポテト・ナゲットのセット、通称「バリューA」は超人気であり、友人に貸しが一つできた際には「お前今度バリューAな」というジョークも飛び出すほど。
      その他、塾高に入って驚くのは、校内に清掃員がいること。主にシルバー世代の方々で、教室及び校内の掃除をしてくれる。通称「オレンジ軍団」。
    • 制服
      シンプルな学ランだが、腕の部分をめくると慶応らしいデザインが施されているのがわかる。詳しい値段は知らないが、親によればそこそこ高かったとのこと。
      学校指定のもので言えば、体操服も指定のものを購入することになる。白地のジャージで、専ら「ダサい」との評価を受けているが、男子校なので一度来てしまえば誰も気にしない。体育の授業後、脱いだ体操服が教室の後方にあるフックに乱雑にかけられている様は、「THE・男子校」といったところ。
    • イベント
      主なイベントは球技大会、運動会、日吉祭(文化祭)、選択旅行の4つ。
      球技大会は比較的白熱することが多く主に体育会系の生徒が活躍する。
      逆に運動会はパッとしない。全校生徒約2100名が一堂に会するが、人が多すぎて観客席からは誰が何をやっているのかがわからず、おそらく一年で最もつまらないイベントと化している。
      日吉祭(文化祭)は非常に特徴的。というのも、慶応生ブランドを求めて各地から女子高生が訪れるから。来客数は非常に多いが、痴漢や盗難を懸念してかお化け屋敷などの出し物は存在せず、ほとんどがカフェである。体育会の生徒(1、2年)は学校に他校を招いて試合をしていることも多く、出し物をするのは3年のクラスがほとんど。いずれにしても、普段華のない生活を送っている塾高の男子にとっては楽しいイベント。
      選択旅行も特徴的。一般的な修学旅行に相当するが、学年全員で行くわけではなく、各々で好きなメンバーを募って旅行に行く、というもの。選択肢は多様で、アメリカロサンゼルス旅行から八重山諸島のリゾート宿泊など、十数種類を数える。3年間で5回タイミングがあり、最低1回は行くことが義務づけられている。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      たまたま家の近くにあり、進学塾に入塾し勉強するうち、意識するようになったから。
      もちろん入試の際の面接では「貴校の独立自尊の理念が?」と述べたが、あくまで建前。そういった理念は入学すると嫌でも社会の授業で教えてもらえる。面接対策も大事だが、そもそも筆記試験に合格しないと面接へ進むことは叶わないため、しっかりと勉強すべし。
    • 利用していた塾・家庭教師
      臨海セミナー
    • 利用していた参考書・出版社
      塾のテキストと、過去問
    • どのような入試対策をしていたか
      基本的に塾のカリキュラムに沿って勉強していた。勉強時間は授業だけで国語・数学・英語をそれぞれ5時間ずつの15時間、公立対策として理社を4時間といった具合。この他に日曜特訓という形で、日曜に朝9時から夕方18時まで授業があることもあった。自宅学習は国語・数学・英語それぞれに5時間ずつの計15時間と、理社に3?4時間程度。
      基本的に、夏期講習までで単元学習は終わり、9月以降は過去問演習といった感じ。授業時の演習も含め週に3年分ずつ、国数英で計9本演習することが義務付けられていた。
      学力の指標は駿台模試だった。この模試で65以上を安定して取れるようになってきたら、合格が射程圏内に入ってきた証。
      塾に関して、稀に自宅学習のみで合格したという話も聞くが、高校から入ってくるほとんどの生徒は進学塾の難関クラス出身の者ばかり。下手に個人で対策するよりも、大手の塾には長年の研究実績とノウハウがあるので、合格したいなら迷わず通うべき。当たり前だが、大学生のバイトが教えているような個別指導塾はおすすめできない。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学法学部政治学科
    • 進路先を選んだ理由
      政治史に強い興味を持っていたことと、就職活動の際潰しが効くという話を聞いたことが理由。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      「校則」欄や「進学実績」欄を参照。
    • アクセス
      東急東横線日吉駅の目の前にあるため、アクセス・立地ともに非常に良い。
    投稿者ID:392282
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      受験することもないのでほとんどの人が趣味や部活に打ち込むことができ、充実した学校生活を送れます。
      設備も豊富で 友人も必ず作れます。
      受験のため勉強漬け…ということもないです。
      大学に一貫しているのでOBさんが色々と教えてくださったり、大学の先輩とつながることで、高校のうちから目上に対しての礼儀や付き合い方などが身につきます。
    • 校則
      非常にゆるいと言えます。
      ただ、出欠席に少々厳しいのと、個室トイレに二人以上で入ると処罰があります。あとは常識の範囲内であれば、スマホやヘッドフォン 髪染めなどなんでもありです。
    • いじめの少なさ
      特にいじめのようなものを見かけたことはありません。
      生徒間の仲は極めて良好で独りぼっちの人はいません。
      外部と内部での壁がありましたが次第になくなります。
    • 部活動
      まず部活動の数が多いです。
      その為、新しいものにチャレンジしたい方にはオススメです。
      どこの部活も強く、アメリカンフットボールやラグビーが強いと聞きます。全校生徒のほとんどが何らかの部活に所属し、7割が運動部です。
    • 進学実績
      慶應義塾大学にエスカレーターで行けるので受験に悩む必要はありません。
      ごく稀に入学を辞退して東大などに受験する人もいます。
      成績が5.5未満だと留年する可能性があり、一学年で二回留年すると退学になります。ですが外部受験したのであれば素行不良以外はまずないです。7.5あれば医学部以外には基本志望できます。
      もうすぐセンター試験も終わり受験戦争も色々と変わってくるので安定した将来を希望なら強く勧めます。
    • 施設・設備
      非常に整っています。
      体育館も3個、グラウンドも非常に広く、大学の施設も隣接しているので設備に困ることはないと思います。
      ただ、あまりにも広すぎて移動が少々不便ではあります。
    • 制服
      周りに比較したことがないのですが、これと言ってすごく格好いいというわけでもないです。
    • イベント
      日吉祭はかなり盛り上がります。
      後の後夜祭も見ものです。
      ただ運動会は全くと言っていいほど活気がありません。ほとんどの人が友人とお喋りをしたりスマホに夢中になっています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      記念受験
      本命は神奈川県公立偏差値一位の場所でしたがこちらが受かってしまったので辞退しました。
      2020にセンター試験廃止と聞き、一度浪人したら以降受験戦争で不利になると考え、一貫校でエスカレーター式に大学に進むのが安泰だと考えたから。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学理工学部 学問III 応用化学科
    投稿者ID:391886
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 2]
    • 総合評価
      思っていたよりは「普通」だが自由なのは間違いない。やりたい事が明確に決まっている人にはかなり良い環境だが、意識が低いと落ちぶれる。せっかく大学受験しなくてもいい環境なのだから1,2年から専門的なところまで立ち入った授業しろよと感じた。
    • 校則
      かなり緩い。が、twitter等snsでやらかすと主事室に呼び出され尋問の末、停学、退学が待っている。
    • いじめの少なさ
      見かけない
    • 部活動
      どのクラブもかなり高いレベルにある。
      ほとんどが体連であり、文連はクラスに4,5人程。
      帰宅部はクラスに1人いるかいないか。
    • 進学実績
      成績次第。
      医学、法学あたりはテスト勉強頑張らないと厳しい。理工、SFC、文学、商学などは成績不振でも進学可。
      ほとんどが慶應義塾大学に進学するが稀に受験勢もいる。
    • 施設・設備
      大学の設備まで使えるのでかなり充実している。
    • 制服
      普通の学ラン。
    • イベント
      いわゆる「高校のイベント」は皆無。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      受験勉強が嫌すぎて中3の初め頃に国立を断念。大学受験したくなかったので早稲田か慶應で迷い、なんとなくで慶應。
    投稿者ID:391387
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性保護者
    保護者 / 2016年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      大学受験することなく慶応大学へいける。自由な時間がたっぷりあり、高校生活を満喫できる。一般、内部、推薦組のメルトポット。推薦は勉強で苦労する。一般は、真面目な生徒が多く、留年は少ない。内部では、できる子は、勉強意外でも恐ろしいくらいの才能我ある子がいる。総じて、英語が強い。遊んで留年する子もいる。金持ちが多い。子供の友達は、真面目で努力家、人間的にも魅力のある子がおおかった。
      この学校の最もいいところは、受験勉強だけでなく一芸のある生徒と高校生活をともに
      過ごし、友人になれるところだと思う。
    • 校則
      普通か、ゆるいほう。常識があれば無問題。子供は銀髪にしようか悩んでいた。一般常識的にまずいことをしなければ大丈夫。でも時として首を傾げるような校則もある。
    • いじめの少なさ
      まずない。クラスもグループに分かれて、交流我少ない場合があるが。暴力沙汰やいじめは即退学になる恐れがあるのでやらない。友達は部活動を通じてできることが大半。
    • 部活動
      人数も多いから部活動も多様。体躯会は、スポコン丸出しのところもある。スポーツ推薦の生徒がいるので、インターハイ、関東大会に出る強豪部も多くある。
    • 進学実績
      99%慶応大学にいける。希望学部は、成績によってきまる。総じて要領がよく頭
      のいい子が多いので、レベルは高いのでは。法学部、経済学部が人気。
      医学部狙いの子が他大学を受けるケースもまれにある
    • 施設・設備
      校舎は古いが格式がある。陸上競技場のようなグラウンド。複数のたいくかんがあり、部活の施設は整っている。大学がとなりにあり、利用できるが、ちょっとしょぼい。
    • 制服
      黒の学ラン。個人的にはシンプルでいいと思う。
    • イベント
      日吉祭は驚くほど人がくる。ワグネルの演奏は高校生にしてはレベルが高い。
      しかし体育会には無関係。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      大学受験をしなくていいのが動機でした
    • 利用していた塾・家庭教師
      早稲アカ
    • 利用していた参考書・出版社
      塾のテキスト過去問
    投稿者ID:311784
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2010年入学
    2016年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      男子校かつ自由な校風、自分の好きな仲間と仲良くできる。人数が多いため気の合う友人はほぼ見つかる。いじめは基本的にない。時間を有効活用できるのでやりたいことがあったり部活をガッツリやりたい人にはいい学校。女子がいない事がマイナス。
    • 校則
      基本的に校則といわれるものは1つしか無いが、暴力などの問題を起こしたり犯罪に当たることをすると即刻処罰が下される。入る人は常識からかけ離れたことをしなければ大丈夫だと思って問題ない。
    • いじめの少なさ
      生徒同士は仲良くなれそうでなければ基本的に関わらないスタンスである。基本的に部活に属していればその中で繋がりができ、大学もほとんどの生徒が一緒に行くので仲はよっぽどの事がなければ悪くならない。
      教師に関しては好き嫌いは別れるものの基本的には親しげで仲良くなれるパターンが多い。
    • 部活動
      推薦などで入ってくる人も居るためそれなりに強い部活が多い。また受験勉強ほど勉強もキツくないため新しく始める人も打ち込める環境にあると言える。
    • 進学実績
      慶應以外の大学を目指すのであればそもそも来ない方がよい。受験をするための勉強ではなくエスカレーターで慶應に進学するための勉強がメイン。
    • 施設・設備
      体育館、グラウンドはとても広くかつ数が多いために体育の授業では初めは右往左往するかもしれない。図書館は普通かと思われるが、いざとなれば大学のメディアセンターに入ることも可能である。
    • 制服
      学ラン必須なのでおしゃれは期待しない方がいい。校章が無い学ランを着ていると渋谷辺りでは一目おかれるかもしれない。
    • イベント
      体育祭、球技大会は燃える人も居るが基本的にはドライ。行事はとりあえずやってます感がある。文化祭は男子校ではナンパできるチャンスなのでそういうのが嫌でなければ楽しめる。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      大学受験をとにかくしたくなかった為。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学商学部商学科
    投稿者ID:277278
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中5人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      この高校の良さはまず大学受験がないので高校3年間で自分の好きなことに打ち込めるということ。他の高校とか違い、部活動に打ち込むことができたら
    • 校則
      校則は県内でも1、2を争うくらい緩いと思う。
      独立自尊の精神を養うことが慶應義塾のモットーであるからだと考えられる。
    • いじめの少なさ
      いじめの話はほとんど聞いたことがないし、教師や生徒間のトラブルもほとんど聞いたことがない。
    • 部活動
      かなり部活動が盛んであると思う。塾生の7割ほどは体育会系に入っていると思う。全国大会常連の部活動も少なくない。
    • 進学実績
      中間・期末考査での自分の努力次第で希望する進路に行けるかどうか決まるので、自分で勉強をすることが大事だと思う。
    • 施設・設備
      学校の規模がかなり大きい。体育館の数は尋常ではなく多いし、学校にプラネタリウムもある。
    • 制服
      学ランなので個人の判断による。
      かっこいいと思う人もいればそうでない人もいる。
    • イベント
      運動会の盛り上がりは欠けているが、そのほかの行事は非常に楽しい。しかし、そもそも行事自体が少ない。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應大学
    投稿者ID:267602
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 4]
    • 総合評価
      大学付属なので思う存分好きなことができます
      部活は文化系、体育系合わせて80近くあり、自分にあったものが選べます
      男子校です
    • 校則
      ほぼ無いに等しいです
      アルバイト可、携帯持ち込み可です
      制服は極希に予告付きで検査があります
    • いじめの少なさ
      ほぼいじめはないです
      いじめが無駄なことだとみんなわかっていると思います
    • 部活動
      大学受験が無いため、思う存分部活ができ、どの部活も練習に励んでいます
      80以上の部活があるので悩みます
      慶應義塾女子高との合同練習がある部活もあります(文化系)
    • 進学実績
      99%近くが慶應義塾大学に進学します
      主に経済学部を目指す人が多く感じます
    • 施設・設備
      大学の施設(食堂、生協、プールなど)が使えます
      体育館も少なくとも4つはあり、とても広いです
    • 制服
      夏は黒のズボンに白ワイシャツ、冬は黒のズボンに学ランです。ワイシャツの肩と学ランのボタンにペンマークがあります
    • イベント
      人数が多すぎるため、全生徒が揃うのは運動だけです
      修学旅行はなく、三年のうちに少なくとも一度選択旅行と言うものに行きます
      最高5回行けます
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学
    投稿者ID:259932
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 2| いじめの少なさ 4| 部活 2| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      部活動が非常にさかん。勉強はゆるい。留年は一般で入ったなら基本しません。とにかくゆるいから幸せな空間。
    • 校則
      ゆるいと言えます。校則という校則は特になく常識に従えば大丈夫です。
    • いじめの少なさ
      全くない。先生がテストという形で僕達をいじめてくることはたまにある。
    • 部活動
      水泳部イン杯6位 野球部神奈川県2位など幅広い分野で活躍している。
    • 進学実績
      大学がエスカレーター方式で行けるため楽。そこからはわかると思います。
    • 施設・設備
      大学の施設を使えるから何でもやれる。体育館は数がたくさんあり便利。
    • 制服
      学ランでボタンがついていればそれでいい。ワイシャツは校章つければいい。
    • イベント
      行事に対してはそこまで熱心とは言えない
      体育祭は暇つぶしが楽しみ
    投稿者ID:258676
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 3| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 3| イベント 2]
    • 総合評価
      第一に留年さえしなければ全員慶應義塾大学に行けるということ。ただ、男子校ということが欠点。だが独特のノリがありまず楽しめる。
    • 校則
      ほとんどルールはない。検査なども全くない。携帯ももちこめる。
    • いじめの少なさ
      ないとはいえないが、いじめで問題化したようなことはほとんどない。
    • 部活動
      サッカー、ラグビーなどは全国大会に行った実績がある。野球も神奈川内で頑張っている。部活の数が多いので様々なものが選べる。
    • 進学実績
      慶應大学にほとんどがいく。行く学部は成績順によって決まる。医学部以外はそこそこ勉強すればどこ行くかは選べるはず。
    • 施設・設備
      非常に充実してる。だが歴史が長いため全体的に古い建物が多くそこは問題点かもしれない。
    • 制服
      普通の昔ながらの学ランでかっこよさはあるとはいえないがダサくはない。
    • イベント
      文化祭は人が他校からかなりくるので盛り上がるが、体育祭は全く盛り上がらず、修学旅行はない。修学旅行の代わりに選択旅行というものがある。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学
    投稿者ID:257674
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 3| 施設 5| 制服 3| イベント 5]
    • 総合評価
      自由な校風で殆ど校則がありません。また、沢山の部活動があるので入ってからでも多くの選択肢を持つことができます。
    • 校則
      唯一存在する校則がカーディガンの着用禁止のみです。他は公序良俗に反しない限り咎められません
    • いじめの少なさ
      生徒数が極めて多いマンモス校なのでトラブルになるほど顔を合わせる機会も少ないです
    • 部活動
      クラブ数は全国でも有数だと思います。それぞれの部活が全国に出場するレベルにあります
    • 進学実績
      附属の慶應義塾大学への推薦は評定で行われるので自分の努力次第で行きたい学部へと推薦されることが可能です
    • 施設・設備
      ただ今改築中の箇所もありこれから入学するにはもってこいの時期です。生徒数に伴って広大な敷地を誇る当校は充実度がもうしぶんないです
    • 制服
      漆黒の学ランが制服として義務付けられています。学ランは似合う人と似合わない人がいます
    • イベント
      楽しい行事が盛り沢山です。特に運動会や日吉祭は誰しもが力を出すので最高です
    投稿者ID:251488
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 4| いじめの少なさ 3| 部活 5| 進学 4| 施設 3| 制服 2| イベント 3]
    • 総合評価
      総合的に良いといえるが、好きか嫌いかは人により個人の好みで分かれるだろう。基本的に自由度が高くのびのびとできるが、その自由さゆえに放置される部分も多い。
    • 校則
      校則はほとんどないに等しい。カーディガンが禁止、トイレの個室に2人以上の人数禁止はある。
    • いじめの少なさ
      育ちのいいせいか、暴力をふるったら退学という暗黙のルールがあるおかげか、暴力は見かけない。
    • 部活動
      部活の種類はとても豊富にあり、自分のやりたいことが見つけられる可能性は高いだろう。
    • 進学実績
      大学への内部進学であれば、留年をしすぎて退学ということでなければ基本的には普通に進める。
    • 施設・設備
      校舎は年季が入っており古さが目立つが、まむし谷の体育館は新しくて綺麗。
    • 制服
      詰め襟の学ランは好みが分かれるだろうが、周囲でこれを気に入っている人は少なかった。
    • イベント
      運動会はほとんどゲームをしているだけで面白いとはいえないが、日吉祭は盛り上がって楽しめる。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学経済学部
    投稿者ID:242503
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 4]
    • 総合評価
      自由です。自分の思うままに暮らしたいならお勧めできます。勉強に励みたいなら来るべきではありません他校の受験を薦めます。
    • 校則
      全く持って厳しくないです。法律を守れば校則を守ったことになります。
    • いじめの少なさ
      ごく稀に先生と生徒の間でイザコザが起きますがほとんどないです。
    • 部活動
      色々な種類があり、それぞれいいところまで進んでいる部活が多いです
    • 進学実績
      慶應義塾大学への進学率はとてつもないです。確か99%ぐらい残りは東大とかです
    • 施設・設備
      隣に併設されている大学の施設も使えるので充実してます。ただほとんど使いません
    • 制服
      学ランです。それ以上でもそれ以下でもない、特に説明はありません
    • イベント
      選択旅行は種類がとても豊富で自分の行きたいところがあるでしょう。運動会は盛り上がりません。文化祭は女子が男を求めてやってきます。
    投稿者ID:233791
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 3| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      自分のやりたいように生活できる最高の学校だと思っています。部活動もたくさんの種類があるし、入らなくても友達はできます。ただ慶應義塾大学に行くつもりがないなら来ない方がいいです。真剣に勉強がしたいなら他の学校をお勧めします。悪い所は入るのが難しいぐらいですね
    • 校則
      全く厳しくないです。法律を守れば校則を守ったことになります。先生によっては厳しいですけどね
    • いじめの少なさ
      時々あります。去年先生と生徒が取っ組み合いしましたが、レアケースです。生徒間の仲は良好です
    • 部活動
      様々な部活で活躍が見られます。特に最近は前にも増して成績が出ています。ソッカー部やラグビー部などは特に練習を頑張っています
    • 進学実績
      慶應義塾大学に行く場合ならほぼ完璧と言えるでしょう、しかし医学部に行く場合なら真面目に勉強して、成績をきちんと取る必要があります。その他も経済学部、
      法学部などもある程度取る必要があります。ただ成績さえ取れればいけるのでいいですね。
    • 施設・設備
      とてつもなく充実しています。体育館は3つはあります。図書館は一つですが大学のも使えるので、十分でしょう。校庭はグラウンドとして考えると3つありますね。
    • 制服
      評価は好みによりますが。特に特徴もない学ランです。ボタンはペンマークです
    • イベント
      修学旅行はないですが毎年夏春選択旅行があります。夏にはカリフォルニアかどっかがあるぐらいなので充実してますね。文化祭はナンパするだけです。運動会はみんなやる気がないですね。ゲーム、トランプなどをしています
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      一度行ってみれば分かりますがオーラが良かったです。慶應という名に惹かれて一度来てみてください。後は行けそうだったのでなんとなく受けました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学
    投稿者ID:233711
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 3| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      休みが多く勉強をしていなくても進学できるので勉強も勉強以外のことでも何でも好きなことに打ち込むことができると思います。
    • 校則
      法律に違反するようなことをしなければ大丈夫です。試験の不正は成績が0になります。
    • いじめの少なさ
      いじめが発覚すると加害者は停学になることが多いです。教師と生徒の間のトラブルはありません。
    • 部活動
      卓球部、ソッカー部、ディベート部、野球部、自動車部が強いようです。
    • 進学実績
      退学にならなければ必ず慶應義塾大学に進学できます。成績で学部が決まります。
    • 施設・設備
      体育館は3つありますが生徒数が多いので他校と変わらないと思います。
    • 制服
      昔ながらの定番で特筆することはありません。そもそも制服で選ぶ学校ではありません。
    • イベント
      選択旅行に3年間で最大4回参加することができます。選択旅行は修学旅行のようなものです。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      慶應義塾大学
    投稿者ID:231447
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 4| 施設 4| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      先生の当たり外れとかあるけど先輩とのつながりも出来るし部活も充実してて授業も面白いから勉強部活どっちも出来るよ
    • 校則
      変な校則とか守んなきゃいけないのが幾つかあるだけでめっちゃくちゃゆるい
    • いじめの少なさ
      色々問題はあったりするけど大事にはならないし先生も一部を除いて温厚だし
    • 部活動
      色々な方面で活躍してるから頑張れば入賞したい子でもいいかな
      部活も多種多様だから安心
    • 進学実績
      成績が悪いと留年するし、希望に添えないけどちゃんと勉強すれば医学部以外はいける
    • 施設・設備
      設備はなかなかなんだけど、後者が広くて歩くのが大変なのが玉に瑕
    • 制服
      学ランだから好みが分かれる寒い時は指定のセーターかベスト、コート着用可能
    • イベント
      修学旅行のシステムが変
      運動会が人数が多いせいで時間ばっかりかかって暇
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      内部進学して法学部へ
    投稿者ID:214604
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      この高校では、普通の恋愛を除くとほとんど全てのことを体験できると思います。恋愛も、部活によっては系列校に女子高があるので、そこを利用している人も少なからずいます。テストの成績で進学が決まるので気は抜けませんが、他の時間はみんな好きなことをして過ごしています。
    • 校則
      他校に比べて校則はとても緩いと思います。服装は制服で決まっていますが、ピアスや染色など、アクセサリーなどについては全く問題ありません。スマホやゲーム、漫画なども授業中以外なら問題ありません。アルバイトも可能です。
    • いじめの少なさ
      プライドの高い人たちが複数いますが、違う人たちもいます。みんな高校生で最低限の常識はあるので、グループを分けていますのでトラブルはほとんど聞いたことがありません。ただ輪に入っていけないと、邪魔はされませんが仲間にもいれてもらえません。これ釜良いかどうかは人それぞれだと思います。
    • 部活動
      この学校に無い部活を探すほうが難しく、まだ自分は見つけていません。また個々の成績も平均的に高く、今年だとサッカー部などがインターハイに出場しました。文化部も結構やる気があり、楽しく過ごせると思います。
    • 進学実績
      慶應義塾大学へ進学できます。学部は成績順で割り振られ、たとえ留年しても卒業と同時に進学することができます。成績が全てですので、医学部などを狙っている方はずっと勉強しています。
    • 施設・設備
      体育館は2つあり、図書館もある程度揃っています。本が見つからない時は大学の図書館も利用可能です。校庭は無く、休み時間は教室で過ごすのがほとんどです。
    • 制服
      黒の学ランです。夏は長袖のワイシャツを着ます。帽子はありません。
    • イベント
      とても大規模で、毎年たくさん来場してくださいます。そのなかには他の女子校生もたくさんいますので、ここで彼女を作る人は少なくありません。学校からの補助金もたくさん出ます。ただ、文化部と3年生のみの展示なので、他の人たちは暇ですが、運動部の大多数は試合にいっています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      内部進学なのでよくわかりません。
    投稿者ID:214297
    この口コミは参考になりましたか?
72件中 1-20件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

神奈川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  慶應義塾高等学校   >>  口コミ

ピックアップコンテンツ

神奈川県の高校入試特集
神奈川県の高校入試特集
神奈川県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
神奈川県の高校情報
神奈川県の高校情報
神奈川県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
神奈川県の偏差値・倍率一覧
神奈川県の偏差値・倍率一覧
神奈川県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

慶應義塾湘南藤沢高等部
慶應義塾湘南藤沢高等部
併願校におすすめ
偏差値:75
★★★★☆ 4.15 (26件)
神奈川県藤沢市 / 私立
横浜翠嵐高等学校
横浜翠嵐高等学校
併願校におすすめ
偏差値:74
★★★★☆ 4.04 (102件)
神奈川県横浜市神奈川区 / 公立
湘南高等学校
湘南高等学校
併願校におすすめ
偏差値:73
★★★★★ 4.58 (86件)
神奈川県藤沢市 / 公立