>>     >>     >>  口コミ

関西学院千里国際学園高等部 口コミ

(かんせいがくいんせんりこくさいがくえんこうとうぶ)

大阪府 / 私立 / 共学 /

偏差値:62

口コミ:

3.73

(11)

関西学院千里国際学園高等部の評判/口コミページです。在校生・卒業生が答えた関西学院千里国際学園高等部の評価に加え、先輩の勉強法や進学情報など、受験に役立つ口コミ情報を見ることができます。

口コミ点数
投稿する

★★★ 3.73
(11件) 大阪府内106位 (全270校中)
県内順位
県平均
  • 校則
    4.55
    6位/270校中
  • いじめの少なさ
    4.18
    60位/270校中
  • 部活
    2.27
    236位/270校中
  • 進学
    4.00
    35位/270校中
  • 施設
    4.27
    10位/270校中
  • 制服
    3.38
    132位/270校中
  • イベント
    3.00
    105位/270校中

口コミ一覧

並び替え
絞り込み
11件中 1-10件を表示
  • 関西学院千里国際学園高等部
    男性在校生
    在校生 / 2013年入学
    2016-12-01投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 2| 施設 4| 制服 5| イベント 3]
    • 総合評価
      正直言って一般受験する人はここに来ない方がいい。なぜなら他の学校にはない授業(比較文化・SGHなど)があり受験勉強ができなくてもし成績でFをとると来年度にその授業だけ下の学年と取り直しなどという強制的な授業があり受験者向きではない。
    • 校則
      基本的にはないが5リスペクトという校則があり正直さらに当てはめればなんでも制限できるので表向きでは全くないが入学すると意外と縛られる。ただ容姿などに関しては全くない。
    • いじめの少なさ
      ほとんどないが学年にもよる、それでと比較的少ない。
    • 部活動
      基本CAなどとかしかトーナメントはなくハイスクールになると韓国への遠征ができる。
    • 進学実績
      AO入試をする人にとっては成績も取りやすくいい学校だが一般受験を考えてる人にとっては地獄で両方両立するのは不可能に近い。つまりある1ヶ月は学校に全力を捧げて他の日は塾のことなどする他ない。だから一般を考えてる人にはあまりお勧めできない。また塾は必須。
    • 施設・設備
      比較的綺麗。
    • 制服
      特にないので文句なし。
    • イベント
      イベントごとは多いのでイベント好きには
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      夏休みが多く。選択授業なので自由に空き時間が作れると思った。あと私服だから。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      できれば国立大学の医学部医学科
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2015-12-04投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 2| 進学 4| 施設 3| 制服 1| イベント -]
    • 総合評価
      2つの学校(高校とインター)が一つの校舎に通うことで、日常の中で英語や日本語、さらに他の言語も聞く機会があり、日本の中にいるのに自然な英語と関わる機会が多々あります。
    • 校則
      校則は、3つしかありません。校内でガムを噛まない、スケボーに乗らない、ドラッグをしない、です。また、5respectsと言われる、学校の目指す姿のようなものがあり、respect for myself,respect for others, respect for environment, respect for leaning, respect for leadership をもとに学校生活を送ります。基本的に自分の行動は自分で考えて送るということが求められます。
    • いじめの少なさ
      基本的に一人一人の個性を尊重する学校ですし、よく海外からの帰国生が編入したり、生徒が海外へ留学して行ったりと入れ替わりがあるので、新しい生徒の受け入れ態勢はとても優しいと思います。
    • 部活動
      部活動は、季節性となっており、春夏秋冬それぞれ違うスポーツをします。そのため、大きな大会に出るようなことはなく、PEの延長線上のような部活です。
    • 進学実績
      関西学院大学と提携しているため、ある程度の評定を取っていると推薦で上がることができます。また、海外の大学への進学実績も多数あります。
    • 施設・設備
      Libraryはとても広く勉強スペースも確保されています。グラウンドはそこまで広くありませんが芝生が敷かれています。
    • 制服
      私服での登校なので、特に決められた制服などはありません。そのため、ハロウィンやイベントごとの時にはそれぞれが仮装したり準備した衣装を着たりととても自由がききます。
    • 先生
      先生はよりけりですが、自分の意思を持ってしっかりと学習意欲を見せれば応えてくれます。とてもフレンドリーで生徒との距離が近いです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      他の学校にはない特徴的な学校のシステムに惹かれました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      ワセダゼミ
    • 利用していた参考書・出版社
      塾で配られるテキスト、過去問題
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問題を解いて、似たような傾向の問題を解いていきました。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      学年を問わず同じ授業を取れるので、先輩後輩間で教えあったりする光景がよく見られます。また、生徒たちも授業中の発言には積極的です。
    • アクセス
      他校に比べ、とても特徴のある学校のため、遠くからわざわざ通ってくる人が多く、電車通学の人がほとんどです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    女性保護者
    保護者 / 2012年入学
    2015-11-08投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 1| 進学 5| 施設 5| 制服 1| イベント -]
    • 総合評価
      もしもじぶんが過去に遡って選ぶことができるんであれば自分分自身が行きたいとおもうがっこう。ただしがくひがたかく親の負担が大変。おかねもちが多くお付き合いも大変。
    • 校則
      校則はありません。なにをやっても人に迷惑をかけない限り自由。そんなかんきょうであれば、自分自身で考えた上で適切なこうどうをするようになります。
    • いじめの少なさ
      自分自身のかちかんをしっかりもっていないとやっていけない環境ですので、他人をリスペクトすることが染み付いています。
    • 部活動
      クラブ活動といえるものはほとんどありません。ある意味クラブ活動はとんでもなく時間を拘束されるものと考えればメリットかも。
    • 進学実績
      かんがくにエスカレーターで進学出来ますが、みんなじぶんのやりたいことを見つけて大学にはこだわりがありません。
    • 施設・設備
      生徒数がすくないのでそんなにを豪華な設備はないですし必要もありません。こじんまりとして良かったのでは。
    • 制服
      制服はありません。なにをきていってもじゆうです。かみのけを染めてもピアスをしても刺青をしてもダイジョブです。
    • 先生
      先生は公務員ではありませんのでじぶんの力量がきゅうよ、身分のあんていにつながりますので常に緊張かんをもって必死です。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      エスカレーターだったので特に志望動機はありませんでした。
    • 利用していた塾・家庭教師
      ありません。
    • 利用していた参考書・出版社
      ありません。
    • どのような入試対策をしていたか
      エスカレーターだったので特にありません。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      プロのシンガー。
    • 進路先を選んだ理由
      歌が好きでそれを職業にしたいと思ったため。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      強制されるのではなく、自分自身で考えて行動しなければならないので自らモチベーションをたかめてもくひょうに向かわなければならない。
    • アクセス
      遠いです。まいにち車で三十分かけて送り迎えしていました。親の負担が大変です。バスの便数がもっと便利であればよいのに。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    女性保護者
    保護者 / 2012年入学
    2015-10-24投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント -]
    • 総合評価
      本当の意味での個性を大切にしてくれる学校です。授業はもちろん講義型もありますが、研究やプレゼンテーションを大切にしているなと感じています。学校の中は全てがバイリンガルで、自然と英語が身に付く環境にあります。
    • 校則
      高速らしい拘束がないのがこの学校です。学内でガムを食べてはいけない。スケートボードで通学してはいけない。薬物に手を出さない。校則と言えるのはこの3つくらいでしょうか。
    • いじめの少なさ
      とくに目立ったいじめはないかと思います。学校にはカウンセラーの先生が常駐されており、誰でも気軽にカウンセリングを受けることができ、またカウンセリングを受けることはとても普通なこととして学校も生徒もとらえていると思います。
    • 部活動
      クラブ活動はシーズンスポーツ制が主なものなので、何か一つのスポーツに打ち込みたいという方には少し物足りないかと思います。しかし、いろいろなスポーツにチャレンジすることが可能だという良い面もあります。
    • 進学実績
      進路は各個人が自分の将来を考えたうえで決定しているようなので、一般的な進路指導という方法はとられていないようです。
    • 施設・設備
      校庭は決して広くはありませんが、人工芝のグランドがあります。またプールは温水で、1年を通して水泳の授業が行われています。図書室は、日本語と英語の書籍が同じくらいあり、生徒は図書室で課題に取り組むことも可能です。
    • 制服
      制服はありません。私服ですが、決して華美ということはありません。
    • 先生
      先生と生徒の距離、また先生と保護者の距離も近く、いろいろなことを相談しやすい先生方が多いと感じています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      中学からの連絡進学になりますが、個性を大切にしてくれるので高校も引き続き通うことになりました。
    • どのような入試対策をしていたか
      連絡進学でしたので、特に何か受験をしたということはありません。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      生徒の学習意欲という点では、他校と比較することは難しいですが、大学のように自分で地涌行選択をして時間割を作るので、自分の学習を自分で考える環境にあると思います。
    • アクセス
      決して便利な場所にある学校ではないとは思います。しかし、最寄駅からのバスは学校前の停留所にとまりますので、それほど不便には感じないかと思います。また別の最寄駅には徒歩で通学も可能です。車での送迎も可能な学校なので、そういう意味では不便さをあまり感じることはありません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    女性保護者
    保護者 / 2011年入学
    2015-10-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 5| 制服 4| イベント -]
    • 総合評価
      少人数制度で先生と生徒の距離が近く、生徒から先生方に申し出れぱ、何でもしてくれる、ただし生徒から何も申し出なければ何もない。
    • 校則
      校則はほぽないのと同様で、生徒は自分で考えて行動する。生徒たちは自由の中に責任を自ら感じて、自分達を律する。もちろん制服はなく、化粧、毛染め、マニキュア、携帯、全てオーケーです。
    • いじめの少なさ
      いじめはなかった。インターナショナルな学校なので、人との違い、考え方の違いなどをディスカッションしていた
    • 部活動
      大会はインター校とだってので、遠くまで遠征に行く事になって大変だった。関東やアジア諸国まで遠征した。クラブの数も少なかった
    • 進学実績
      大学の進学率も高いです。半数以上が推薦で決まりました。推薦枠もかなりあります。海外の大学に進学する子もいました
    • 施設・設備
      図書館は充実していました。校庭は狭いですが、人工芝が敷いてあり、砂ぼこりとは無縁でした。中庭ごリニューアルされて、天気のよい日は気持ちよいです
    • 制服
      制服はありませんでした。上履きもなし。必要なのは体育館シューズだけです
    • 先生
      自由な校風です。音楽や演劇など色々な多才な子の才能を引き伸ばそうとしてくれます。カウンセラーの先生も常在されていて、生徒たちは相談に行ってるようです
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      アメリカから、帰国してきたので、帰国受け入れ校としては超一流の学校だと思います。
    • 利用していた塾・家庭教師
      FIA
    • どのような入試対策をしていたか
      ちゅうこう一貫なので、高校入試はしてません
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      関西学院大学国際学部
    • 進路先を選んだ理由
      英語力をいかして、外交官または、駐在員など働きたいそうです
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      受験前に、息子は記述式の過去問を解答して先生に添削してもらったり、面接の練習も数人の先生に対応してもらったようです。
    • アクセス
      自転車で通学してました住宅地にあるので、駅からはバスで行けます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    女性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2014-10-12投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 3| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント -]
    • 【総評】
      とても自由な学校です。校則も制服もありません。幼稚園から高校まであり、関西学院大学に行くことも可能です。インターナショナルな学校なので、英語での授業がかなり沢山あります。高校では、生徒全員にiPadが配られ、それで、授業が行われます。教科書を使うことはほとんどなく、実践的な授業が多くあります。普通の高校と全く違い、とても面白い授業が行われています。

      【校則】
      校則はありません。ただ、禁止事項はあります。1.校内、通学路でスケートボードはしてはいけない(危険なので) 2.チューイングガムを校内で噛まない(学校の設備にくっつける人が多く、その処理が大変なため) 3.薬物・タバコ・酒・法律違反などはしないこと(当たり前です。3.をやぶると、退学になる可能性も)また、5リスペクト、というものがあり、「自分・他人・環境・学習・リーダーシップを大切に」という学校方針のようなものがあり、すべては生徒に任されています。

      【学習意欲】
      かなり高いです。しかし、なかにはやる気のない生徒もいます。成績のほとんどは、ABCDFで評価されます。絶対評価です。頑張れば、頑張るほど、成績が上がります。「賢い」=「成績が良い」わけではなく、努力が重視されます。また、授業態度、積極性、そのほかに定期試験の成績が含まれます。ほかの学校のように、「テスト期間」というものがなく、それぞれの先生が決めた日にテストをやるため、テストの日は学校が午前中休み、部活が休みなどはなく、テストが一日に5個あったり、、、結構大変なこともあります。。。

      【いじめの少なさ】
      いじめは基本的にはかなり少ないです。ただ、かなり性格が悪く他人のことを全く考えていない人はいじめられることはあると思います。ただ、いじめられる前に、話し合いで解決してしまうようなことが、非常に多いような感じです(#^.^#)

      【部活動】
      ほとんどの部活は週2~週3です。スポーツ部もです。それでも、大会ではかなり良い成績を取っています(苦笑)部活が始まって1日目にいきなり正式試合があったり・・・むちゃくちゃです(笑)ほかの学校のように一年中ガッツリやるイメージとは全く違います。インターナショナルスクール特有のシーズン制を取り入れていて、季節ごとに違う部活をします。ただし、一つだけ例外があります。トライアスロン部です。私も所属していますが、毎日練習があります。名前の通り、ひたすら、走る、泳ぐ、バイク、、、です。ただし、これも週2程度参加すれば、正式な部員として認められます!!こんな感じなので、野球部で甲子園に行きたい!!というような人はこの学校には向いていないかもしれません。

      【進学実績】
      とても良いです。海外の大学に行く生徒が10パーセント以上います。

      【アクセス】
      阪急北千里駅から、学校行きの市営バスが走っています。駅から、歩くなら近道で20分程度です。

      【学費】
      一年100万円以上です。また、IB(インターナショナル・バカロレア、海外の大学を受験する資格を得るための制度)を受けると、一年200万円は軽く超えます。とても高いですが、価格相当の授業だと両親ともに納得しています。

      【施設・設備】
      コンピュータールーム・トレーニング室・ジム・シアター・プラネタリウム・茶室・室内プール(温水)・テニスコート・フィールド・理科室・脳科学研究室などがあります。

      【制服】
      制服はなく、なんちゃって制服を着る人もいます。どんな服をきていってもOKです。ホリスターなどのブランドを着る人もいますが、カジュアルな感じで大丈夫です。また、不思議ウィークというものがあり、パジャマを着ていく日、アキバファッションの日、など、楽しいイベントも数多くあります。

      【先生】
      とても面白く、情熱的な先生ばかりです。はずれの先生なんていません(笑)
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      帰国子女なので、英語の教育が手厚いところ。。。を探していました・
    • 利用していた塾・家庭教師
      個別指導(アップ教育企画個別館)、Z会
    • 利用していた参考書・出版社
      中学入試の攻略・近畿の中学入試・過去問
    • どのような入試対策をしていたか
      集中して勉強!集団面接。面接
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      国際関係(国連など)
    • 進路先を選んだ理由
      貧しい人を救いたいと思い
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    男性卒業生
    卒業生 / 2007年入学
    2013-07-03投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 1| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント -]
    • 【総評】
      高校を選ぶ上で、進学率、英語を学べる環境を重視するのであれば、とてもいい学校だと思います。千里国際学園は日本人と外国人が同じ校舎内で過ごし、授業を受け、部活をする環境が整っているため、自然と異文化に触れる機会があり、学校側もそれを推奨しています。また、英語をが得意になることで、自然と受験対策もでき、有名大学への推薦枠も多くあるので非常に高い進学率を保っています。

      【校則】
      校則は基本的なこと以外はほとんどなく、とても生徒が伸び伸びと過ごせます。制服の指定もなく、バイトも禁止されていません。ガッチリ校則で固めるのではなく、自由な校風がポイントです。

      【学習意欲】
      学習意欲は高いですが、一般的な進学校に比べると、学校自体に推薦枠が多くあること、帰国子女入試を受ける生徒が多いこともあり、少しゆったりとしています。

      【いじめの少なさ】
      帰国子女を多く受け入れていることもあり、編入生が多いです。ですので、新しく入学した人と仲良くする校風ができているので、いじめ自体は非常に少ないです。

      【部活動】
      部活は日本の部活と違い、シーズン制を採用しています。春夏秋冬季節に応じて部活の内容が変わるので、幅広くスポーツをしたい方にはオススメですが、ガッツリ一つのスポーツをしたい方には不向きです。また、あくまでシーズン制での部活のため、レベルはそこまで高くありません。他校との試合ではあまり戦績が良くないこともしばしばです。

      【進学実績】
      先ほども記載したとおり、ほとんどの生徒が推薦枠で受験するため、進学率も非常に高いです。私の代では90%以上の進学率でした。他校から、この進学率の高さについて見学があるほどです。

      【アクセス】
      場所は、千里中央駅、北千住駅からバスが出ています。そこから20分くらい乗車したところなので、少し遠く感じるかもしれません。ただし、高校自体は高級住宅街の中にあるので、非常に周辺環境はいい所です。

      【学費】
      学費は、大阪で一番高いと言われるほど高いです。私立大学に通わせるのと同じくらいの学費がかかります。

      【施設・設備】
      高校の施設は、温水プール、トレーニングルーム、コンピュータールームと、設備が充実しています。校庭も少し狭いですが、人工芝で覆われています。

      【制服】
      高校指定の制服はないので、ほとんどの生徒は私服で通学しています。たまに女子で制服が着たいと思った子達が、自分たちで可愛い制服を用意して着てきたりもします。また、髪型、髪色も自由です。

      【先生】
      基本的には真面目な先生が多い印象です。また、外人の先生方も多くいるので、ここでも非常に多くの異文化に触れることが出来ます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      私も帰国子女だったので、日本の高校に編入するにあたり、周囲とうまくやっていけるか非常に不安でした。しかし、同校は多くの編入生を常に受け入れており、編入のストレスが非常に少ないことが志望するきっかけとなりました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      受験の際に利用していたのは河合塾大阪校です。
    • 利用していた参考書・出版社
      ターゲット単語帳、ホライズン
    • どのような入試対策をしていたか
      編入に際しては、面接と筆記が必要です。私の場合、数学と国語でしたので、2教科をしっかりと勉強しました。特別な方法ではなく、過去問も入手できなかったので、有名な参考書を購入したり、河合塾での授業を受ける程度で問題なく対応できました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      上智大学経済学部卒業、現在不動産業界
    • 進路先を選んだ理由
      まずは、将来にわたって英語を学んでいきたいと考えていましたので、私立で最も英語を伸ばせる環境がある上智大学かICUを希望しました。また、どうしても東京に出ていきたいという希望もありました。あとは合格した方を選択しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    男性卒業生
    卒業生 / 2007年以前入学
    2013-06-25投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 1| いじめの少なさ 2| 部活 3| 進学 4| 施設 5| 制服 1| イベント -]
    • 【総評】
      名前の通りインターナショナルな高校です。国際感覚を身につけたい、将来留学したいと思っている方にはオススメです。

      【校則】
      校則はほとんどありません。自由な校風らしく、かなり自由でした。制服もなく、授業カリキュラムも大学の様に自分で選べます。もちろん必修科目はあり、総合的な勉強ができるのは当然ですが、それ以外に、自ら重点的に学びたい科目を選んで受けることができます。

      【学習意欲】
      学習意欲は普通だと思います。というのも、大学受験をするほとんどの学生が、推薦枠で入学してしまうからです。やはり帰国子女がおおいことと、一般の学生でも英語の能力が在学中に高くなることが理由としてあげられると思います。

      【いじめの少なさ】
      いじめはほとんどありません。また、途中から編入してくる学生に対しても、かなりフレンドリーな空気が出来ていると思います。逆にそういう空気が自然にできてしまうほど、外部からの編入生が多いという特徴があります。

      【部活動】
      部活は日本の部活と違い、アメリカのようなシーズン制を採用しています。春はテニス、夏はバスケとオールシーズン同じ部活はありません。様々なスポーツを体験することができる反面、他校との試合ではレベルの違いを感じることも多々あります。

      【進学実績】
      進学実績は、大阪の中でもトップクラスです。先ほども少し触れましたが、ほとんどのの学生が推薦枠で進学を決めてしまうので、私の時は、進学率90%以上という驚異的な数字でした。しかも、推薦と言っても名もない大学ではなく、関関同立もおおかったと記憶しています。

      【アクセス】
      アクセスは千里中央駅、北千住駅からバスで20分程度と決して行きやすい場所ではありません。しかし、高校の周りは高級住宅街ですので、非常に雰囲気はいいところです。

      【学費】
      学費は、私立大学と同等かそれ以上です。大阪で一番学費の高い高校という噂も聞いたことがあります。

      【施設・設備】
      設備はしっかりとしており、温水プールもついています。グラウンドは人工芝で、体育館の横に筋トレルームもあります。高校生活を送る上で、なに不自由ない生活が送れます。

      【制服】
      特に指定の制服はありません。

      【先生】
      先生は、日本人と外人の比率が3対1位でしょうか。皆さん個性的な方々でした。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      私の場合、アメリカからの帰国子女だったこともあり、日本の高校への編入に非常にストレスを感じていました。そんな中、非常に編入に対して寛容な高校が千里国際学園だったことが志望理由となりました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      入学するまでに河合塾にお世話になっていました。編入であればそこまでハードルは高くありません。
    • 利用していた参考書・出版社
      基本的には河合塾の冊子しか使っていませんでした。あとはメジャーですが英単語帳のターゲットです。
    • どのような入試対策をしていたか
      私は一般受験と、帰国子女入試を両方受験しましたが、対策としてはひたすら赤本をやりまくるくらいです。解法を覚えて、同じ形式の問題が出た時に対応できるよう訓練する、それの繰り返しでした。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      進学先は上智大学となりました。
    • 進路先を選んだ理由
      やはり東京に出たかったということと、英語をより伸ばすにはどの環境が適しているのか真剣に考えた結果です。あとは縁でしょうか。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 2| 進学 3| 施設 4| 制服 -| イベント -]
    • 【総評】
      「世界市民」構想が掲げられており、英語はその一つのツールというスタンスです。
      英語を介して、結局、何をもって世界に出ていくか、何で役に立てるか、むしろそれを考える機会・それらを実践する力を養える学校です。経験や知識・感受性の引き出しを多く持つことが求められるのだと、生徒自身も気が付けます。
      指示待ち人間、あるいは、細かく指示することが面倒見が良い・手をかけ目をかけてもらっていると勘違いしている親御さんには、意にそぐわない学校かもしれません。
      ここの教師たちは教育には「耐えて待つ」ことが肝要であることを心得ています。

      【校則の自由さ】
      常に考え、最良でなくても何が最善かを問いながら行動することを求められます。
      ここにおいても「生徒主体」です。
      そもそも「生徒主体」の根底に、教師や学校全体の生徒たちへの深い信頼・尊重
      が脈々と流れています。
      校内においては、チューイングガム・スケボーが禁止されている程度です。
      どんな容姿や服装でも教師の対応や接し方は常に等しく、教師はほぼ全生徒の名前を知っています。

      【学習意欲】
      勉強・生活態度について強制や縛り付けは一切ありません。宿題や提出物・発表はかなり多く、成績に多大な影響を与えますが、どこまでも「生徒主体」です。中間期末試験週間もありません。
      中等部では、情報収集する・まとめる・発表する、を全教科で徹底的に訓練します。進路や留学、もちろん勉強について、やる気さえあれば、各分野に精通する教師たちからとことんサポートが受けられます。(教師同士の申し送りやネットワークも緻密です)特に英語については多国籍の生徒が多い分、お互いにかなり刺激を受けやすく、自主的に英検やTOEFLを受験し、中等部にすら英検1級合格者もいるほど。模擬国連などでは他校を圧倒するリーダーシップや発言力を誇ります。

      【いじめの少なさ】
      生徒と教頭の距離は非常に近いです。
      (教頭こそ全生徒の名前を知っています)
      いじめに限らず何か問題があれば、即、当人と教頭がじっくり話をする機会が持たれます。

      【部活動】
      シーズン制なので、日本の高校のように青春のすべてを賭す、様なスタイルではありません。一つのスポーツでカラダの限定された数か所を酷使することよりも、思春期におけるカラダの総合的な成長を促進し、よりバランス良く全体的に育まれるようにとの配慮からかもしれません。
      遠征では海外に行くことも多いです。

      【進学実績】
      ここでもとことん「生徒主体」です。
      進学がすべてではない、というスタンスですので、受験対応の授業は一切ありません。
      受験する生徒たちは通塾する場合もあるようです。交換留学や海外の大学への進学実績も多いです。

      【学費】
      大阪府内で一番授業料が高い高校で有名です。
      しかし、その額面に値する学校生活だと生徒も保護者も納得しています。
      大阪府の高校授業料無償化制度を保護者会すらも辞退を推し進めた実績からも、教育の質の高さが理解していただけるかと思います。

      【施設・設備】
      フィールドは少し狭めで人工芝が敷き詰めてあります。
      トラックと呼ばれるものはありません。
      体育の授業も、日本のそれとはまったく異なります。
      (常に男女が一緒に授業を受けます)
      教室は25名以上は収容できないように設計されています。
      校内は常に土足で、一人一つ、廊下沿いにあるロッカーが与えられます。
      図書館は、幼児向け~専門書まで6万冊の蔵書を誇ります。
      同じ校内には幼稚部からの大阪インターナショナルスクール併設されているため遊具もあり、英語と日本語があちこちで入り乱れつつ、多国籍のしかも3歳から18歳の子どもたちで溢れています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 関西学院千里国際学園高等部
    男性学校関係者
    学校関係者
    2012-05-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 3| 進学 4| 施設 4| 制服 -| イベント -]
    • 【総評】
      ユニークな学校です。
      他人の意見に惑わされずに、自分の目で見て判断してもらいたいと思います。

      【校則の自由さ】
      校則は殆んどありません。
      何々をすべきでないという発想ではなく、自分で考えて行動できる人をめざしています。

      【学習意欲】
      何を選んで学習するかは生徒本人に任されますが、一旦選択すると少人数制ですから、いい加減な学習態度は許されません。
      毎時間当たりますし、宿題も多いです。

      【いじめの少なさ】
      少ないです。
      帰国生、一般生と外国籍生徒が世界中から集まって来ますので、ひとり一人違っているというのが前提で人間関係が成立しています。
      小さな諍いは多くありますが、それをコミュニケーションによって乗り越えるのが大切という考え方です。

      【部活動】
      スポーツの多くはシーズン制です。いろいろな経験をしてもらうことが大切と思っています。

      【進学実績】
      卒業生が100人足らずの小さな学校です。
      合格者数だけではなく、進学の実数もホームページに掲載されています。本人主導が当然ですが、どんなタイプの受験にも丁寧に対応しています。

      【アクセス】
      バスで千里中央から15分、北千里からは10分かかりません。北千里からは歩いたり、自転車に乗ったりする生徒も多くいます。

      【学費】
      入学金30万円。年間学費は100万円を超えますが、強制的な寄付や制服など揃えなければならないものはありません。

      【施設・設備】
      開校から20年以上経ちますので新しくはありませんが、図書館、実験室、温水プールなど、生徒数からすれば恵まれています。
    この口コミは参考になりましたか?
11件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう
  • 画像を投稿する

ランキング

  • 偏差値
  • 評判
  • 制服

ピックアップコンテンツ

大阪府の高校入試特集
大阪府の高校入試特集
大阪府独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
大阪府の高校情報
大阪府の高校情報
大阪府の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
大阪府の偏差値・倍率一覧
大阪府の偏差値・倍率一覧
大阪府の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

早稲田摂陵高等学校
早稲田摂陵高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 66
★★★☆☆2.51 (37件)
大阪府茨木市
(私立・共学)
大阪青凌高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:49 - 66
★★★☆☆3.21 (19件)
大阪府高槻市
(私立・共学)
履正社高等学校
履正社高等学校
併願校におすすめ
偏差値:44 - 62
★★★☆☆2.60 (53件)
大阪府豊中市
(私立・共学)