みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  日本女子大学附属高等学校   >>  口コミ

日本女子大学附属高等学校
出典:IZUMI SAKAI

日本女子大学附属高等学校 口コミ

(にほんじょしだいがくふぞくこうとうがっこう)

神奈川県 川崎市多摩区 / 私立 / 女子校

偏差値:65

口コミ:

4.10

(48)

口コミ点数
投稿する

★★★★☆4.10
(48) 神奈川県内44 / 238校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

48件中 1-10件を表示
  • 男性保護者
    保護者 / 2013年入学
    2017年07月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [校則 3| いじめの少なさ 1| 部活 -| 進学 -| 施設 -| 制服 -| イベント -]
    • 総合評価
      イジメがあったとしても、それを解決しようと前向きに動く講師がいない。そもそも全てを担任の責任のみにしようとするので全く前進がない。仮に上手く事が運べたとしても被害者を除け者にする。女子校特有のイジメ(つまり表から見えないイジメ)が嫌な方は進学されない方が良いかと思います。もちろん、そういう子がいない代に当たれば良いのでしょうが…
      今までお世話になってきた塾の先生方や地域の保護者にも伝播していきたいと思います。
      こういってはなんですが、どうしても男性講師の客観的な目よりも女性講師の感情論に流された事なかれ主義の対応発言が目立ってしまいます。時代によっては「天下の日本女子大学」にもなりうる学校なのにも関わらずこの扱いですからね…酷いもんです。
    • 校則
      まずまずと言った感じですが、朝のあの坂道を追い抜かすの禁止はさすがに頭おかしい気がします。
      広がって歩かなければ問題ないでしょう…
    • いじめの少なさ
      上記の通りです。私が学校に問い合せても何の反応もなかったので、そういう学校なんです。
    投稿者ID:356514
    この口コミは参考になりましたか?

    26人中9人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2017年06月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 2| 施設 -| 制服 -| イベント 5]
    • 総合評価
      素晴らしく自由で思いっきりはじけられる学校です。 でも合っている人には合っているけれど、合わない人には合わないと思います。女子校はやはり縦社会。なんだかんだで仕切ってる感じの人たちと、陰キャラみたいなのがはっきり分かれています。目立っている側としてはかなり楽しめる学校だと思います。また勉強したい、と強く思う人には絶対に向いてません。本当に自由だけど、みんないいとこのお嬢様なので節度は守ります。その面では保護者は安心できる学校だと思います。
    • 校則
      校則は私立女子校ではトップクラスの緩さです。
      禁止されているものは芸能活動、染色、アクセサリーの着用、バイトくらいですが、バイトは部活を引退した3年はだいたいやっているし、先生に見つからなければオッケーみたいなところがあります。染めるのも行事の前くらいになると先生がセンシティブになって注意してくるくらいです。
    • いじめの少なさ
      生徒間でははっきりしたいじめはないです。でも上下関係は異常で、これをいじめというのかは微妙ですが、先生より先輩が偉い、というのが本女生の考えなので、学校は宗教のようにいろんな部活がそれぞれの意味不明なしきたりを守っていました。見ている側はかなり面白かったです笑
    • 部活動
      高校の2年半は部活ばかりでした。ほとんど毎日練習で、朝も昼も毎日お昼休みを削り、毎日早弁をしていました。この学校ではだいたい部活に入っていると早弁をしなければいけない感じがあるので、文化祭前になると(文化祭はクラブごとに活動)昼休みの教室はほとんど人がいなくなり、教室の寄せ集めメンで昼ご飯を食べる感じになります笑
      そしてこの部活次第で上下関係はかなり変わってくるので大事だと思います。年々和らいではいるみたいですが…
    • 進学実績
      大学にそのまま上がりたい人には最高の環境。
      でもはっきり言って本当に勉強しません。高校で宿題が出た記憶はほぼないです。中学から入ってきた子が平均的に1番頭がいいです。内部生は意識が高くない限り、勉強できません。よく上がれるなあ…というような頭悪い子もかなりいますが、附属の大学なら、どんなに頭悪くてもだいたい上げてくれる優しさはあります。(学部は選べないけど)
      定期テストは簡単なのでちゃんと勉強すれば100点は取れます。指定校推薦も、有名な大学から来ていますが、MARCHレベルだと余っているものもチラホラ…
      上昇志向が薄い人達が多いので、他校に比べたら指定校推薦はかなり取りやすいです。競争率は低めです。
    • イベント
      わたしがこの学校が大好きな理由はこれです。
      ありえないくらいの行事への熱です。特に運動部のわたしにとっては、運動会とスポデー(球技大会)はかなり燃えていました。縦割りのクラスで戦うので他の学年の勝敗も関係があるので、かなり応援も楽しいです。スポデーは他学年とも当たるので下克上ありの少しひやひやしたものですが、ありえないくらい楽しいです。行事にこんなに熱くなって泣いたり笑ったりできるのはこの学校だけだと思います。広いグラウンドを利用した面白い競技がたくさんあります。文化祭は、舞台系はかなり楽しいです。見ている方も盛り上がります。運動部は試合をやるだけなので微妙です。音楽会も戦いで、その前からずっと生徒が主導で各クラス練習するのでかなり楽しいです。本当に行事に命をかけていた日々でした。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      推薦
    投稿者ID:353626
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中7人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2011年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      やりたいことを追究できる学校。女子校っぽくなくいろいろなタイプの生徒が混在していてお互いに良い刺激を受け合えます。
    • 校則
      学校側が一方的に決める校則はないです。生徒が自主的に定期的に決まりを見直し、常識を逸脱しないよう意見を募って決定しています。自治の一つです。
    • いじめの少なさ
      自分の知る範囲では大きなトラブルは知りませんが、いろいろな意見を持つ子がいるし大人になりかかっている年頃なので、当然ぶつかり合いはあると思います。生徒間も先生とも何もないほうがおかしいので、意見を言い合ったりするのはかえって健全な証拠だと思います。星5にしたのはいつでも話し合える土壌がある学校だと思うのでそうしました。
    • 部活動
      クラブは多種多様で珍しい部もあります。強豪や忙しい部活もあれば緩い部活もあり必ず自分の居場所が見つかります。忙しい部の生徒は休み時間にはソッコーで部活に行くのでクラスにほとんど居ない状態の生徒もいます。
      また部活以外に研究グループ(研Gと呼びます)というのがあり、この存在が日女の特徴の一つだと思います。もみじ祭に向けて生徒たちはいずれかの研Gに所属し活動をします。部活と兼ねている研Gもありますが、研Gにしかないグループもあります。入部、入研Gの際に自分の生活ペースに合わせて選んで入ります。兼部、兼研Gが可能なものもたくさんあるので、いろいろな場所に所属している生徒もたくさんいます。
    • 進学実績
      日本女子大に進む場合はほとんどの生徒が希望の学部に勧めます。外に出る生徒はAOや指定校を上手く利用しています。指定校は有名な大学からたくさん来ているので、自分の成績と興味の方向が一致するようなら率先して先生に聞いてみると良いと思います。一般受験で出る生徒は届けを出して受験に向けて頑張っています。
    • 施設・設備
      建物は古いですが、愛着を持っている人が多いのでそれで文句を言う人はいません。広大な敷地に自然の恵みもあり、いつもマイナスイオンを浴びて森林浴できるような環境です。
      体育館も大小複数、温水プール(ドライヤー付き)、理科棟、家庭科棟も充実していて、授業できちんと利用している証拠に年季が入っています。天体観測ドームもあります。
      芸術系の設備も整っており、一番の自慢は中高の校舎の中心にある野外ステージ(もみじ劇場)です。大ホールは正式なオーケストラも呼べる広さで文化祭ではどちらも生徒の活躍の場となります。
      図書館も生徒に愛されている温かい雰囲気の場所です。
      感じるのは、新しい施設設備が整った綺麗な学校とは違って、どれも先輩たちから脈々と受け継がれた伝統を感じる施設設備だということです。理科や家庭科の器具、道具、食器を見ればわかりますが、ピカピカの新品じゃないけど、きちんと授業で使っているのが感じられます。
      どの学校にも負けない環境だと思います。
    • 制服
      式典などで着る式服は上下黒か紺、スカート(ヒダ)です。普段着は紺か黒かグレーのスカート(またはズボンも可)に上は自由です。自由といっても常識の範囲で。
    • イベント
      これにかけている生徒が多いです。運動会、もみじ祭、音楽会は特に盛り上がります。
      もみじ祭はクラス単位ではなく、研G単位での発表です。生徒が一番生き生きしている姿が見られますので、ぜひ見に行ってみてください。
      音楽会は合唱コンクール部門と、オーディションによる合格者による演奏の部門があります。音楽的に優れた生徒が多いのでとても立派な音楽会になります。
      また3年生は地域研究旅行が一大イベントです。行先は複数ある中から自分たちで決めコースに分かれていきます。クラスを越えたグループで行くので一生の思い出になります。
      2・3年生は夏休みに海外語学研修(ホームステイ3週間程度)もあります。人数限定の希望者です。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      中学からの内部進学ですが、高校は行事も部活も別と聞いていたし、外からの受験生もいるので、新しいスタートが切れることが魅力でした。たくさんの友だちに出会えるのが楽しみでした。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      日本女子大学家政学部
    • 進路先を選んだ理由
      内部からの進学となりますが、大学に見学に行かせてもらったり大学の説明会を聞いたり、大学の授業や研究室を見せてもらったり、たくさん悩んで考えて自分の興味と合う学部に決めました。でもこれだけ考える機会をもらえたのは内部進学ならではだと思うので有難かったです。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      自分の周りは結構真面目な生徒が多く、試験前もきちんと勉強していたので、それに触発されました。部活にのめり込んでいたり遊んでいると思われる子でも、試験前は比較的真面目にやっていました。
    • アクセス
      校内に入ってからも山なので足腰強くなります。運動不足にはならないかもしれません。よみうりランド前駅からもなだらかな坂です。
      京王線から来る生徒は京王稲田堤からバスで10分程度で校門まで行けます。
    投稿者ID:311397
    この口コミは参考になりましたか?

    11人中10人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2017年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 4| 施設 3| 制服 4| イベント 3]
    • 総合評価
      とても自由な学校ですが、一人一人自分の中のモラルに従って行動しているように感じます。
      女子だけの世界で怖いと感じる方もいらっしゃると思いますが、この学校は性格の良い子が多いです。特にコミュニケーション能力の高い子が多い印象があります。
    • 校則
      まず、制服は式服以外は 無地のスカートを履いていれば上は奇抜なものでない限り 何を着てもオッケーです。タンクトップなどは禁止ですが、トレーナーを着てくる子、ローファーではなくスニーカーを履く子もたくさん居ます。
      パーマや染色も禁止ですが、パーマはみんな案外かけています。毎日髪を巻くよりそちらの方が合理的と言えば合理的だなと思いますし、先生も黙認という感じです。
      (一応)校則違反のパーマに対してもこう感じるくらい緩いです。
      それと、ピアスを開けている子はいます。ピアスを開けること自体は校則違反にはならないのですが、ピアスを(アクセサリーとして)付けると違反になるようです。
      しかし、みんな化粧はあまりしてません。色付きリップで終わりの子が多いです。
    • いじめの少なさ
      イジメは聞いたことがありません。高校に入ってみんな部活動で忙しくなったからか そういうことにあまり興味を持っていないように感じます。強いて言うならば、性格に難ありの子が居ると みんな表にはあまり出しませんが、嫌だなあと思っているような空気を感じる時はあります。
      先生は男女比が8:2くらいです。男の先生はもっと少ないかもしれません。好まれている先生と嫌われている先生が居ますが、学年により感じ方が違うようでそちらの評価もまちまちです。
    • 部活動
      運動部はとても活動的です。朝昼放課後全て練習がある日もあり、部活によっては上下関係がとても厳しいところもあります。舞台系の部活などの忙しい部活はは毎日活動がありますが、週に1回は休みがあると思います。
      みんなそれぞれ好きなことに打ち込んで楽しんでいますが、顧問は学校の先生が担当してくださるのであまり文句は聞きませんが、コーチに関して文句を言っている子が多いです。コーチの雇い方を見直しはしないのかなと思います。(顧問の先生が厳しい部活や仮入部の時だけ優しい部活もありますので、入りたい部活があったら先輩に評価を聞いて決めるのが良いと思います。)
      それと、恒例化しているのが先輩へのプレゼントです。誕生日や卒業の時はもちろん、文化祭などの行事が終わるたびに特に舞台系の人は(ジャージなどを頼んでいる)憧れの先輩にプレゼントを渡しますが、渡すものが毎回高価なものなのでお金がないとやっていけません。後輩はプレゼントを、先輩は誕生日プレゼントなども渡しますが 一緒にご飯などに行く時にお返しに奢ってあげるというのが定番です。舞台系クラブの方は少し気を付けて下さい。
    • 進学実績
      付属大学に内部進学する子がほとんど(8?9割)ですが、成績上位で外に行きたい子は推薦を狙うか、推薦の枠がないところに行きたければ、具体的な期間でいうと運動会(5月下旬)が終わったら 高校に登校せず一般入試に挑むという形になります。
      推薦を取った子は結構良い大学に行っている印象があります。
      しかし、外に行く子にとっては2年生の間に数Bをやらなかったり、最後まで理系文系に分からなかったり と不利?な部分もあるので、みんな塾に通っています。
    • 施設・設備
      少し校舎が古いかなと思いますが、改装工事を一部したりしているので綺麗になっている場所もあります。教室の窓が風が強いとガタガタいいますが、特に問題はない(はず)です。
      それと他の方も記載しておりますが、トイレは確かに綺麗です。場所によってはありませんが、ほとんどのところに音姫もついており、掃除をしてくださる方が居るのでいつも綺麗です。
      それと、屋内プール(温)があるのも良いかなと思います。シャワーやドライヤーもありますし、ドライヤーは壁に取り付けられてるのが15台ほどあるのでプールはとても充実しているように感じます。
      しかし、体育館がとにかく寒いです。冷暖房完備の体育館が存在するかは分かりませんが、体育館のみ冷暖房が効かず とても寒いです。ただ、週に1回体育館にて行われる全体終礼があるのですが、それの時はみんな防寒対策としてブランケットを持ってきたりしています。
    • 制服
      先に記載しましたように、緩いです。いわゆる なんちゃって制服 です。式典の時に着用するブレザーはEASTBOYでほぼみんな買いますが、ラルフローレンなどで買う子もいます。スカートもEASTBOYが圧倒的に多いです。
      しかし、夏になるとTシャツなどを着る子も多いですし、ポロシャツなどだとみんなラルフローレンをよく着ています。ラルフローレンがみんな大好きです。
      この学校の服装の特徴としては無地のスカート、派手めなリュック、学校指定の制服っぽくない服(Yシャツにラルフローレンのセーターやパーカーなど)を上半身に着ています。
    • イベント
      運動会、球技会、文化祭、音楽会が主な行事としてあげられますが、音楽会以外はみんな凄く熱量を注ぎます。音楽会に注がないというわけではないのですが、他の3つに比べると熱量はそこまでないかなという感じです。
      運動会は縦割りのクラス単位で、球技会は学年関係なくクラスごとに、文化祭は研究グループというクラブのようなものごとにやります。
      文化祭は普通の学校とは少し違いクラス単位ではありません。しかし、部活動に没頭している子も多いため みんなそれぞれ楽しそうです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      そのまま内部進学をしたため。
    投稿者ID:292119
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中9人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2017年01月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [校則 5| いじめの少なさ 1| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 3| イベント 5]
    • 総合評価
      勉強はしたくないけれど、部活に熱心にとりくみたい方におすすめです。卒業時の学力はそんなに高くありません。
      生徒は明朗快活で可愛くお金持ちが多いです。
      ブランドものを持っている子も多かったです。
      生徒間のトラブルになった時はあまり先生方は頼りになりません。親も、自分の子がそんなことをするはずありません!というスタンスの方が多いです。
      施設と自然は最高だと思います。
      退学者や転校してしまう人?も年に何人はいます。
      社会が広がる反動か、大学に入ると性にも遊びにもお酒にも弾けてしまう子もいます。
      大学に入って、都立西など公立の共学出身の子は適度に遊びや恋愛を知っていて学力レベルも非常に高く男女社会にも馴染んでいて自分のやりたいことも決まっている子が多かったので、公立共学をおすすめしました。
      もし本女に進まれたお子さんをお持ちの方は、お子さんのことをよくよく見られたほうがいいとおもいます。

      セクシャルマイノリティへの対応は聞いたことがありません。
    • 校則
      校則はパーマとカラーが一応禁止されてはいますが3年生になると染める子もそれなりにいます。パーマはストパーも入れるとそこそこいました。
      毎年後期の最後の方に今後の校則について変更すべきところがあるか議論されます。都立並ではないですが、私立の女子高にしては最もゆるいレベルだと思います。
      アルバイトは休暇期間中に届け出があれば許されますが、内緒でやると辞めるまでバイト先に先生が来て親まで呼び出されるそうです。
      携帯は半分以上の人が授業中も使っています。学校のコンセントで充電してる人もあちこちにいました。
    • いじめの少なさ
      私の学年では嫌がらせや仲間はずれや陰口はどのクラスにもありました。その後和解している人達も沢山見ましたが理不尽な程の物理的ないじめも見ました。先生に申告しても、見た感じ対応している様子は無かったです。
      同級生の中でもいじめなんて見たことないと言う友達は多いですが、その人たちはいじめに気付いていないか見ても分からないだけだと思います。
      教師は舐められているか嫌われているかのどちらかでした。
    • 部活動
      熱心な子が多く、コーラス部は全国大会で金賞をとるほどの強豪校でミュージカル部やOH*TAKARADUKAは見応えがあり文化祭では講堂に立ち見もでます。
      体育会系や舞台系になると朝練と昼練と放課後練、一部はお昼は早弁、出口が近いところに座席も固定、部活がない日は自主練習とハードなものも多く習い事と両立するのは個人的には難しかったです。休日練も多くありました。
      上下関係はモノによっては非常に厳しく、平日の開門時刻の頃に学校の前を通ると面白いものが見られると思います。部活後はミーティングがある部もありました。
      3年生になればやりたい放題ですが、1年生の頃は非常に厳しかった印象です。ただ同期の仲はその分良かったです。
      体育会系で熱心に取り組みたい部活がある方にはお勧めです。
      部活動とは別に研究グループという同好会のようなものがあり、特別な事情以外では全員の参加が求められています。文化祭は研Gがメインで行われていて、ある部活に参加すると付随して参加が求められる研究グループもあります。(例 ミュージカル部員はミュージカル部が基盤となっている研究グループに入らないと文化祭で舞台に出ることができません)
    • 進学実績
      多くの人が日本女子大学に進学します。他大に進学する子は理学部や医学部や法学部の子が多かったです。推薦でとるこも多かったので大学の一般入試の受験者はほぼいなかったと思います。受験生は皆中学生や1年生の頃から熱心に予備校に通っていたようです。また、この人たちはほとんど部活には参加していませんでした。
      学校が勉強に熱心な雰囲気ではないのでモチベーションの維持が大変と言っていました。ただ、他大学進学者は優秀な人が多く、とても有名な難関大学に毎年合格者がいます。授業の進度もゆっくりなので内職をしている人が多かったです。
      定期テストは大学受験レベルの勉強をしていれば余裕で高得点がとれます。
      成績は相対評価です。
    • 施設・設備
      教室といくつかの実験室以外は中学と共用です。
      図書の本は多く、リクエストすると追加してくれます。食堂も広いです。体育館はバスケコート2~3個の広さの大体育館と広さの小体育館が2つの計3つ。テニスコートは3面更衣室は4つ。グラウンドは授業では通常使いません。部活用にシャワー室もあります。
      理科室は高校は7個、家庭科室は調理室が2個と被服室が2個。芸術は声楽室と声楽器楽室と器楽室と音楽モールと美術室と工芸室と書道室があります。
      西生田成瀬講堂は大学も使用します。1000人規模のホールが2個と2500人規模の大講堂があります。
      プールは25m×8レーン。パソコン室も2室?用意されています。英語の授業のための通常教室が4部屋と英語活動をするpcも備えた部屋が1つあります。
      ピアノの寄付が多く15台くらい?あります。スタインウェイのグランドピアノもあるそうです。
      自然を活かした授業も多く、地理の授業や生物の授業では学校の森林の中に入ったこともあります。
      理科はほとんど実験でレポートが大変でした。
      先生は職員室か各教科ごとに割り振られた研究室の座席のどちらかにいるので捕まえにくいこともあります。
    • 制服
      式典の時以外は指定がないのでみんな可愛く着こなしていました。スラックスの着用も許可されています。
    • イベント
      入学式 運動会 もみじ祭 スポーツデー 合唱コンクール 卒業式と始業式 終業式 定期試験を考えると毎月イベントがあります。
      合唱コンクールはクラスによりますが、その他の行事は熱心な人が多かったです。ハロウィーンやバレンタインは盛り上がっていました。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      母の出身校だったので
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      G大学法学部
    投稿者ID:286656
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      付属の学校という事もあり、大学受験の為の勉強ではなく社会に出た時、困る事のないように礼儀から社会の基本を教えてくださいます。しかし、お嬢様高校ではなく皆明るく元気の良い学校です。
    • 校則
      他の高校と比べると校則はゆるいと思います。はっきり言いますと川崎市の高校で1番ゆるいと言っても過言ではありません。まず、決まった制服がありません。毎日色々な色のTシャツやパーカーなどでの登校です。しかし、羽目を外すような生徒がいないので問題になることはありません。先生方も生徒の意見を尊重してくださり、流行をとりいれながらオシャレをする事ができます。
    • いじめの少なさ
      殆どありません。教師と生徒の距離は近いものの一定の距離は保っておりトラブルは一度も聞いた事がありません。
    • 部活動
      コーラスクラブやチアリーディングクラブやかるたクラブがとても強く全国大会などにも出場します。ダンス体操クラブや、バトンクラブなど、他の学校にはないクラブがあり毎日元気な声が聞こえてきます。
    • 進学実績
      基本的に日本女子大学に進学します。しかし、付属の高校でありながら沢山の指定校推薦があります。また、日本女子大学にない学部でしたら、日本女子大学への進学権利を保持したまま他大学を受験可能です。
    • 施設・設備
      体育館は3つあり、バスケットコートが4面取れる広さです。図書館の広さも他の学校に比べるととても大きいです。付属の中学との共有スペースとなっている分十分な広さがあります。
    • 制服
      指定の制服はありません。黒、紺、グレーの無地スカートを履くことと、袖のある洋服でしたらなにをきても構いません。なので日頃はTシャツの上にパーカーを着て登校しています。服装での気温調整がしやすいのも良い点だと思います。
    • イベント
      運動会、文化祭、修学旅行など、他の学校にある行事は勿論、毎年遠足に行ったり、2.3年と2回お泊まりの行事がありとても楽しいです。
    投稿者ID:269619
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中5人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      自由度が高い。附属校なので勉強以外のことにも集中出来る。大学は、8割くらいは内部進学し、残りの2割は受験などをして外の大学に行きます。
    • 校則
      校則は最低限のことしかなく、生徒自身が学校を作っていきます。
      制服はなし。下は無地のプリーツスカート(黒か紺かグレー)であればOK!持ち物検査などもありません。
      アルバイトは、長期休暇のみ届け出をすれば可能。
    • いじめの少なさ
      イジメは基本的に聞いたことがありません。他人との距離をきちんと理解している人ばかりです。先生と生徒の距離が近く、先生と生徒間での大きなトラブルが起こったという話も聞いたことはありません。
    • 部活動
      部活だけでなく、文化祭や新歓の時期に、研究グループの活動が活発です!女子校ならではのものも多いです!大会は部活によります。コーラス部などが強いです。
    • 進学実績
      内部進学は基本的に第一志望の学科に行けます。人気の学科は、定員オーバーした場合、高校1?3年の秋までの総合成績が良い順に希望が通ります。
      外部受験したい場合は中高一貫の進学校に行く方が良いかもしれません。
    • 施設・設備
      学校の敷地面積は大変広いです。屋内プールや展望台施設、テニスコートなどもあったりします。校舎は築30年以上経ってると思うので新しくはないです。
    • 制服
      制服はありません。最低限の規則の中で、自分が好きなように、着ていく服を選択できます!下は無地のプリーツスカートと決まっています。
    • イベント
      行事は文化祭、体育祭、合唱コンクール、修学旅行など充実しています。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      日本女子大学
    投稿者ID:259013
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      付属大学に行くなら進路はほとんど安定してるので、充実で楽しい高校生活を送ることができます。しかし受験生には不向きです
    • 校則
      わりとゆるいです。校内スマホOK、パーマOKです。ですが染色、化粧、アクセサリーは禁止です。しかし男子がいないのでみんな着飾る気がないのかほとんど違反者は見かけません…
    • いじめの少なさ
      仲良しや苦手などの個人の感情はもちろんありますが、教師からいじめられるとかその逆は見たことないです。生徒間のいじめも見かけません。みんな自分のやりたいことに夢中でそんなことに興味を持たない感じです。
    • 部活動
      外部の大会ではコーラス部が朝日コンめよく全国大会出場を果たしていました。部活はかなりきついクラブもありますがゆるゆるな部活もあるのでピンキリです。仮入部に行けば大体の雰囲気はつかめると思います。
      また、ミュージカルやダンス、ブラスバンドなど舞台系の部活が多いです。スポーツ系も大概の部が真面目に活動しています。
    • 進学実績
      日本女子大学に行きたければ100%行けます。しかし食物関係や児童、建築などの人気の高い学部に入りたい場合は、それなりに成績を上げないと希望学部には入れません。指定校推薦は上智や早稲田慶応 中央 立教 青山 学習院など、学部は限られますがそれなりに充実していました。再三言いますが三年生まで勉強するので一般受験生にはとことん向いてません。日本女子大に無い学部を受けるのであれば、女子大の推薦と併願できるので落ちても女子大に入れることが唯一のメリットですかね。
    • 施設・設備
      校庭はかなり広いです。その他の設備としては室内プール、豪華な大ホールと中ホール2つ、外部ステージ、食堂、体育館3つ、音楽室3つ、理科系教室多数、図書館などなど…付属の中学と共用な場合が多いですが、それでもかなり充実しています。そういえばテニスコートが何面もあるのでテニス部が盛んです。
    • 制服
      指定は「紺、グレー、黒の無地のスカートをはくこと」しか無いのでかわいいかどうかはあなた次第です。大体の人はなんちゃって制服を着ています。
    • イベント
      歓迎、送別会、運動会、文化祭、音楽会など準備は大変ですがとても充実してます。どの行事も楽しいです。旅行としては2年に軽井沢、3年は選択制で国内旅行です。国内といえども自由時間も多くとても楽しかったです。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      日本女子大学
    投稿者ID:254392
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 2| 部活 5| 進学 5| 施設 4| 制服 3| イベント 4]
    • 総合評価
      とても楽しいし森がたくさんあります。特に学校生活最高だ面白くて先生もとてもユーモアがあります。いれ
    • 校則
      厳しく無い!とにかく自由です!自治活動がとてもさかんな学校。
    • いじめの少なさ
      いじめは聞いたことはありません。みんな自己と仲間を大切にしてます。
    • 部活動
      附属だからとてもクラブ活動には力を入れております。クラブ種類はたくさんあります、
    • 進学実績
      日本女子大に推薦される自分の希望した学部にほぼ入れます。女子大にあがるひと八割
    • 施設・設備
      きれいだけどきたないかもしれないです。けど体育館は3つあります。
    • 制服
      自由なので大丈夫です。おしゃれを楽しめます。しかし式服はブレザー
    • イベント
      どの行事もよいし附属だからこそ有意義な行事が多いかもしれません。
    投稿者ID:254319
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      付属高校なので、あまり勉強勉強という感じではなく、どちらかと言うと部活などに集中できる学校です。
      ミュージカルクラブ、馬術クラブなど、珍しい部活動も多く存在していて、充実した生活を送ることができます。食堂、売店、自動販売機もあります。空調も全クラス完備されています。
      卒業生には、著名な人も多くいらっしゃいます。
      大学は基本的にそのまま付属大学に進むことが多いです。
    • 校則
      決まった制服がなく、スカートが無地の紺、黒、グレーのどれかであれば上はTシャツ、ポロシャツ、ワイシャツなどなんでも大丈夫です。なので、服装はとても自由でお洒落を楽しむことが出来ます。
      ピアス、髪の染色は禁止となっています。
      アルバイトは長期休暇中のみ、届出提出がルールとなっているので、そこは厳しいと感じる事もあるかもしれません。
    • いじめの少なさ
      女子高なので、ドロドロしている、怖いと思われがちですが、全くそんなことはなく、寧ろ全体が仲良く、先生との距離も近く、質問などにも行きやすいです。
    • 部活動
      チアリーディングクラブが有名です。
      ミュージカル、OH*TAKARAZUKAなど、大学のサークルのような団体も多くあります。
      朝練、昼練、放課後練、全て練習があるクラブもあれば、放課後のみや、週1日だけなどのクラブもあり、自分の性格などに合わせてクラブを選ぶことができます。
    • 進学実績
      現在、在校生の身なので、まだなんとも言えませんが、他大学を外部受験する時は、日本女子大学の進学権利を持ったまま受験をすることが出来るので、他大学の受験に安心して挑戦する事ができます。
    • 施設・設備
      中学と共用ですが、体育館は大きいものが1つ、小さいのが2つあるので、広々と使うことができます。また、大ホールといって、立派な講堂もあるので、舞台系のクラブの発表なども、そこで行います。
      校庭はそこまで広くは無いですが、プールの設備はとてもよく整っていると思います。
    • 制服
      先程も書きましたが、指定の制服がないので、とても楽です。
      自分の好きな服を着てくることもできるので、気分もあがります。
    • イベント
      運動会と、文化祭が特に力を入れています。運動会では、応援団がとても素晴らしいパフォーマンスをします。文化祭は、クラス単位での出し物はなく、クラブの今までの成果を見せるという形のものです。舞台系の発表は迫力があり、どれも素晴らしいです。
    投稿者ID:254165
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

48件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

神奈川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  神奈川県の高校   >>  日本女子大学附属高等学校   >>  口コミ

ピックアップコンテンツ

神奈川県の高校入試特集
神奈川県の高校入試特集
神奈川県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
神奈川県の高校情報
神奈川県の高校情報
神奈川県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
神奈川県の偏差値・倍率一覧
神奈川県の偏差値・倍率一覧
神奈川県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

厚木高等学校
厚木高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:69
★★★★☆ 4.22 (63件)
神奈川県厚木市 / 公立
桐光学園高等学校
桐光学園高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:69
★★★★☆ 3.82 (87件)
神奈川県川崎市麻生区 / 私立
小田原高等学校
小田原高等学校
併願校におすすめ
偏差値:65
★★★★☆ 4.29 (51件)
神奈川県小田原市 / 公立