>>     >>     >>  口コミ

下妻第一高等学校

下妻第一高等学校 口コミ

(しもつまだいいちこうとうがっこう)

茨城県 / 公立 / 共学 / 全日制

評判
茨城県

TOP10

偏差値:61

口コミ:

4.22

(9)

下妻第一高等学校の評判/口コミページです。在校生・卒業生が答えた下妻第一高等学校の評価に加え、先輩の勉強法や進学情報など、受験に役立つ口コミ情報を見ることができます。

口コミ点数
投稿する

★★★★ 4.22
(9件) 茨城県内10位 (全138校中)
県内順位
県平均
  • 校則
    3.33
    33位/138校中
  • いじめの少なさ
    4.33
    13位/138校中
  • 部活
    4.11
    20位/138校中
  • 進学
    4.11
    11位/138校中
  • 施設
    3.78
    26位/138校中
  • 制服
    2.22
    82位/138校中
  • イベント
    -
    -

口コミ一覧

並び替え
絞り込み
  • 下妻第一高等学校
    男性保護者
    保護者 / 2011年入学
    2015-10-24投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 5| 制服 3| イベント -]
    • 総合評価
      娘と息子が通いました。いわゆる、お行儀の悪い生徒もおらず高校を卒業した現在も高校時代の友人と遊びに出かけたり、一生付き合って行けそうな価値ある人たちと出会えたことがなによりだと思います。
    • 校則
      校則は厳しい方だとは思いません。ただ制服はあります。行動に関しては、前述のとおりお行儀の悪い生徒が居りませんので生徒の自主性を尊重しているような感じです。
    • いじめの少なさ
      いじめの噂は聞いたことがありません。学校をやめたとか、来なくなってしまった、なども子供たちの在学中5年間はありませんでした。
    • 部活動
      文武両道を謳っておりますが、学習の方がウエイトが高いようで、部活動は盛んですが特色があるような活動はないようです。3年生は春の大会で部活動を終了し受験勉強にシフトします。
    • 進学実績
      卒業後の進路はほぼ大学進学です。国公立大への進学に力をいれていて毎年3割以上の生徒(80~100名)が現役で国公立大へ進学しています。文系・理系の選択が1年生の時にありますので選択を誤らなければ希望の進路に進めると思います。
    • 施設・設備
      前述してありますが、学習館という参考書などもそろえられた自習施設があります。敷地は比較的広く、体育館も2棟あり、テニスコート、弓道場、柔剣道場、合宿等できる宿泊施設も校内にあります。校舎は少し古いのですが、設備は充実しています。教室内は冷暖房完備です。
    • 制服
      100年を超える伝統校なので、男子は詰襟、女子はスカートにブレザー(黒色)です。セーター、カーディガンも学校指定のものがあります。(紺色)
    • 先生
      先生はみなさんとても教育熱心でとても親身に進路相談に乗ってくれます。定期考査の後に3者面談があります。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      自分の学力にあっているから。家族が卒業したところだから。と言っていました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      吉沼英数塾
    • 利用していた参考書・出版社
      学校で配布された参考書、塾で配布されたテキストなど
    • どのような入試対策をしていたか
      塾での学習のみでした。家ではあまり勉強しているイメージはありません。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      茨城県警察
    • 進路先を選んだ理由
      本人は警察官になりたく、大学に行ってからなれと進言したのですが、4年間を無駄に過ごしそうだからとさっさと申し込んでさっさと決めてしまいました。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      高校敷地内に学習館という自習専用の建物があります。放課後時習館が満員になるほど学習意欲の高い人たちが多いです。学校帰りに塾、予備校によって学習し、夜10時ごろ親が塾に車で迎えに行ったりしています。
    • アクセス
      常総線下妻駅から歩いて1分なのですが、下妻という土地柄交通の便は悪いです。常総線沿線の方は比較的便利かと思いますが、その他の地域の方はスクールバスもあります。しかし、何通りかコースがあり人数が揃わないと運行してくれません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性保護者
    保護者 / 2011年入学
    2015-10-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 3| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 2| イベント -]
    • 総合評価
      毎年、国公立大学の合格を目指して、教師、生徒、一丸となって、勉強に取り組んでいます。授業の進度が速く、予習復習をしていないと、授業についていくのが大変です。
    • 校則
      制服の着方もある程度決まっており、校則は厳しいですが、違反する生徒は、ほとんど見受けられません。衣替えはありません。
    • いじめの少なさ
      とくに目立ったいじめは聞いていません。学力の高い生徒が多い為か、勉強が忙しすぎて、そのようなことに気を配っている暇が無いようです。
    • 部活動
      文武両道を目指しており、部活動も盛んに行われています。5月には、姉妹校との定期戦が行われ、大変盛り上がります。
    • 進学実績
      大学への進学率が高いです。特に国公立の合格に力を入れています。推薦入試の指定校もたくさんありますが、全員がセンター試験を受けるように指導されています。
    • 施設・設備
      古い部分もありますが、不便は感じていません。学習館という自習出来る施設があり。放課後などたくさんの生徒が利用しています。弓道場もあります。
    • 制服
      伝統的な制服です。女子は、黒で、あまり可愛いという感じはしませんが、落ち着いた雰囲気の制服です。
    • 先生
      進学指導に力を入れてくれています。若い先生よりも、年配の男性の教師が多いです。部活動の指導も熱心に指導してくれます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      高校の学校説明会に参加したときに、落ち着いた雰囲気で、勉強に集中出来そうだと言っていました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      市進学院
    • 利用していた参考書・出版社
      塾で配られていたテキスト
    • どのような入試対策をしていたか
      塾で行われる授業中心で勉強していました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      英語を教える仕事
    • 進路先を選んだ理由
      英語が得意で、それを活かした仕事がしたかったそうです。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      ほとんどの生徒が進学を希望しているので、課外授業など真剣に取り組んでいる。図書館の他に、学習館があり、勉強しています。
    • アクセス
      駅から、歩いて2分の距離に学校があり、交通の便が良いです。遠い地域から通うためのスクールバスも充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2009年入学
    2015-06-26投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 3| イベント -]
    • 総合評価
      もともと学力の高い人たちがきっと集まっているから、人間関係はあまり苦労することはない。
      勉強だけでなく、イベントに対する団結力がいい。部活動に入って定期戦に参加しよう。
    • 校則
      校則はそこまで厳しくない。たまに高校生っぽくはっちゃけた人もいるけれど、そうゆう人たちメインで指導される。
    • いじめの少なさ
      いじめはないに等しい。協調性をもっている。部活動、帰りの電車、バスでの交友関係も深められる環境がある。
    • 部活動
      文武両道をかかげているので、部活動を頑張ってる人のほうが学力が良いイメージがある。年に1回の定期戦は部活動に入っている人ならではの盛り上がりがある。
    • 進学実績
      大学進学に向けて日々勉学に励んでいる。その結果も数字としてあらわれている。県内、県外関わらず、進学率が高い。
    • 施設・設備
      勉強ができる施設。きれいな学習館があるので、放課後や課外の時間、勉強ははかどると思う。校舎は古いが、空調は整っている。
    • 制服
      制服は伝統を守っているのか、昔っぽい。女子生徒の制服はかわいくない。男子生徒は学ランで高校生らしさがでる。
    • 先生
      勉強を教えてくれる姿勢は素晴らしい。しかし、やる気のない生徒には、そこまで執着しない。生徒の気持ち次第で変わってくると思う。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      学力的、距離的にあっていると思ったから。
    • 利用していた塾・家庭教師
      ありません。
    • 利用していた参考書・出版社
      高校で配布された参考書で充分。
    • どのような入試対策をしていたか
      全国模試などを受け、自分の実力を試していた。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      茨城大学理工学部
    • 進路先を選んだ理由
      地元志向が強かったため。友達のいる環境のほうがあっていると思った。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      目標を明確にしている人が多いから、頑張ってる人も多いと思う。放課後学習館での勉強ははかどる。試験も多いが、そのぶんこまめに自分のことを知れる。
    • アクセス
      駅の目の前なので、電車通学できる。しかし、本数が少ない。スクールバスもあるため、不便はしないと思う。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2008年入学
    2014-11-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 2| いじめの少なさ 1| 部活 4| 進学 4| 施設 3| 制服 1| イベント -]
    • 【総評】
      文武両道ができる高校。勉強を頑張るも部活を頑張るも自分次第。

      【校則】
      厳しくない

      【学習意欲】
      人それぞれ。多くの人が国公立大学への進学を希望している

      【部活動】
      多くの部活動がさかんに行われている。現在は弓道部の成長が著しい。運動部だけでなく文化部の活動も引け目を取らず、新聞部が全国コンクール入賞などもしている

      【進学実績】
      毎年100人以上の国公立進学者。東工大、東北大など一流大学への進学もあり。

      【アクセス】
      常総線 下妻駅から徒歩約30秒(ただし正門まで。昇降口までは約5分)

      【施設・設備】
      古い

      【制服】
      かわいくない。伝統的な制服らしい

      【先生】
      個性的な先生が多い。どの先生も面倒見がよく熱心にご指導くださる
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      自宅から一番近い高校でした。大学進学を考えていたので、国公立への合格者が多いことも決め手の一つになりました
    • 利用していた塾・家庭教師
      特にありません
    • どのような入試対策をしていたか
      学校で行われていた実力テストの復習を中心に勉強していました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      宇都宮大学
    • 進路先を選んだ理由
      家から通える大学の一つで、国立大学ということもあり自分の実力を考えてこの進学先を受験しました。特に英語が好きな科目だったため、英語の配点が高いことも選択のきっかけになりました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2008年度入学
    2014-08-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 2| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 2| イベント -]
    • 総合評価
      この学校では勉強だけでなく、文武両道を目指して部活動にも熱心に取り組んでいます。先生や生徒全員が同じ目標に向かって努力しているので、勉強するのに適した環境だと思います。
    • いじめの少なさ
      みんな真面目で思いやりのある生徒で、いじめが起こるような環境ではないので安心していいでしょう。。
    • 進学実績
      ほぼ全員が大学へ進学します。割合的には関東圏の学校に進学する人が多いです。4割くらいは国公立大学へ進学しています。
    • 施設・設備
      創立してから伝統がある学校なので校舎は古く、トイレも綺麗ではありません。学習館は新しいので、綺麗な環境で勉強することができます。
    • 制服
      伝統がある高校なので制服は地味であまり可愛くありません。服装に関しての規則は厳しいと思います。
    • 先生
      どの先生も熱心に勉強を教えてくれます。男性の先生が多く、女性の先生は少ないです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      伝統ある校風に惹かれたため。
    • 利用していた塾・家庭教師
      市進学院
    • 利用していた参考書・出版社
      塾の参考書
    • どのような入試対策をしていたか
      どの教科もまんべんなく勉強しました
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      国立大学へ進学しました
    • 進路先を選んだ理由
      自分の学びたいことを学べるから
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      最寄り駅のすぐ前に高校があるので、アクセスはいいと思います。スクールバスも出ています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2010年度入学
    2014-08-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 3| いじめの少なさ 4| 部活 5| 進学 4| 施設 4| 制服 2| イベント -]
    • 総合評価
      進学校であるため、勉強に重きを置いているが、部活動も手を抜かずに全力で行っている。また1年を通して行われる行事が多いため、1年ごとに行われるクラス替えにも心配せず、クラスメートと仲良くなれる。「5」でない理由は、最初からすべてに期待しないでほしいため。卒業して3年間を振り返ってみて、この高校を選んで進学してよかったと思ってほしい。
    • いじめの少なさ
      生徒間においては各学年やそのときの環境で変わるものだと思う。しかし、この高校の先生方は、生徒のことをよく見てくれていたと感じる。悩み相談もしやすく、先生方は放課後を利用したりして忙しいながらも空き時間をつくってくれる。
    • 進学実績
      ほぼ全員の人が大学を受験する。そのため、受験が近くなると頻繁に担任の先生との二者面談が設けられる。時には親を交えての三社面談の場が設けられる。そこで受験に関して先生とみっちり話ができる。他の生徒に聞かれないように考慮した環境で面談を行ってくれてので、生徒としても話しやすいと思う。また受験に対して、先生方も熱を入れて授業をしてくれる。3年の夏には学校で夏期講習が行われるが、クーラーが設置されているので環境は整っている。
    • 施設・設備
      伝統がある校舎なのでそこまでキレイとは言えない。しかし、クーラーが設置されたり、車いすの人でも利用できるトイレがあったり、階段には手すりがあったりと、生徒が過ごしやすいようにどんどん改良されている。また別館として図書館があり、より環境の整った場所で静かに勉強がしやすくなっている。校庭はとても広く、様々な部活がいっぺんに活動できる。
    • 制服
      かわいいとは言えない。前よりも校則が厳しくなったこともあり、スカートはひざの中央にかかる丈でなくてはだめ。学校を出てしまえば関係ないので、塾や制服で遊ぶときには短くしている女子が多い。また冬は黒か紺といった地味な色のカーディガンしか着れない。が、こちらも学校を出てしまえば関係ない。
    • 先生
      全力でぶつかってきてくれる。先生によって印象は大きく変わると思うが、どの先生も生徒ひとりひとりをさりげなくきちんと見ていてくれる。これは面談をするととても感じること。授業はそれぞれで、おもしろくあっという間に感じるものと、つならないものがあるが、これに関してはどの学校の先生にも言えることだと思う。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      兄が入学して楽しいと聞いたので、自分も通ってみたいと思ったため。
    • 利用していた塾・家庭教師
      東陽
    • 利用していた参考書・出版社
      わすれた
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦も受けたので、一般の受験勉強はほとんどしなかった。ただ、毎日コツコツやり、どの教科も平均的に取れるようにしていた。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      地元ではないが、大学に進学した。
    • 進路先を選んだ理由
      将来のことを考えて。
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      すぐ近くに駅があるため、電車で通いやすい。電車で通学できなくても、各方面に向けて行きと帰りにスクールバスが出ているので親に負担をかけずに登校することができる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2011年度入学
    2014-08-07投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 2| 制服 1| イベント -]
    • 総合評価
      頭の良さでは定評があり、通っていて恥ずかしくない学校。毎週の全生徒放課後課外や、月2回の土曜補習などあってめんどくさいが、出席はとらないので参加自由。しかし、ほとんどの生徒が参加している。
    • いじめの少なさ
      ほとんどの生徒はいじめなどばからしいと思っているだろう。いじめをするなら関わらなければよい。生徒それぞれ勉強や部活に励み、気の合う友人同士でいるから、いじめなどないと言える。
    • 進学実績
      全生徒が4年制大学を受験する。受験しないほうがおかしいという環境。センター試験を受けることは半強制。なので、勉強することがあたりまえ。就職または専門学校に進路を決める人がたまにいるが、その人たちのほうが変な目で見られる。
    • 施設・設備
      トイレは汚いが多い。また、体育館が古いのと新しいのがあり2つあるので行事の際に何かと便利。校内にたまにゴキブリが出る。笑 それも面白い。
    • 制服
      女子は喪服。この学校を選ぶときは制服ではなく、自分の頭のレベルと自分の将来を考えて入ろう。
    • 先生
      先生は補習や課外を休みの日なのにやってくれるぐらい優しい。勉強のことを聞くのはウェルカム。また、親しみやすい。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      自分の学力のレベルに合っていたため。
    • 利用していた塾・家庭教師
      個人経営塾
    • 利用していた参考書・出版社
      塾で配布されるプリント
    • どのような入試対策をしていたか
      とりあえず勉強していた。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      東京の大学に進学した
    • 進路先を選んだ理由
      大学進学するために
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      下妻駅から徒歩30秒と学校が言っているが、納得するほどの近さ。しかし、下妻駅を通る常総線は運賃も高く、運行本数も少なく不便。たまに社員が会社にストライキをおこして動かないこともある。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2010年度入学
    2014-08-06投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 3| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 5| 制服 3| イベント -]
    • 総合評価
      とにかく、勉強する環境は整っていると思う。しかし勉強だけにとらわれず部活動と両立している生徒も多かった。実際に私の友人にも、3年間毎日部活をしていたが難関国公立大学に合格した人もいた。
    • いじめの少なさ
      基本的にはみんな穏やかだったと思う。争いごとや言い合いのようなものをするだけ無駄、という考え方の友人が多かったと思うので、そういった出来事に巻き込まれることはないはず。
    • 進学実績
      ほぼ全員が大学に進学する。予備校や塾に通っている人も多かったが、学校の授業だけでも十分いい大学に行けると思う。特に、全学年週2回ほど課外授業があり、それに加えて3年生では主要教科以外の課外授業もあったと思う。
    • 施設・設備
      体育館と校舎は綺麗とはいえない。しかし学習館は結構新しく、3年生は毎日のように勉強しに行く。グラウンドも広い方だと思う。
    • 制服
      男子は学ラン、女子は真っ黒のブレザーにリボンもネクタイも無いので、よく「喪服」と言っていました。しかし3年も着ているうちに愛着がわきました。
    • 先生
      わたしが在学していたころは、かなりユニークな先生が多かったです。嫌いな先生もいましたが、基本的には親しみやすい先生ばかりでした。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      家から近いということ、地区では上の方のレベルだった、という理由から受験した。
    • 利用していた塾・家庭教師
      無し
    • 利用していた参考書・出版社
      学校で配られた教材
    • どのような入試対策をしていたか
      5教科まんべんなく点数をとれるようにしていた。また、3年生になってからだが内申点も気にし始め、まじめに過ごそうと心がけていた。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      地方大学に進学
    • 進路先を選んだ理由
      自分の憧れていた地の大学であったということと、校風に惹かれたため。
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      最寄の下妻駅から徒歩30秒、らしい。私は地元だったので自転車通学でしたが、電車やスクールバスで通っている子も多かった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 下妻第一高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2007年以前入学
    2014-05-30投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 2| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 3| 制服 3| イベント -]
    • 【総評】
      国立大学を目指す進学校です。県西地区では、トップ校の偏差値だと思います。勉強を一生懸命やりたい人には最適です。

      【校則】
      厳しいと思います。アルバイトは原則禁止。スカートの丈に関しては、集会の度に一列に並んで、チェックされ、生活指導の先生は抜き打ちで廊下でチェックしたりすることも。

      【学習意欲】
      中学校でもトップクラスにいた人の集まりなので、皆勉強熱心です。大学進学を目的としたカリキュラムでレベルが高く、常に予習復習をしないとついていけません。

      【いじめの少なさ】
      勉強勉強の毎日なので、いじめをする暇もありません。

      【部活動】
      あまり強い部活はなかったですが、弓道や卓球が当時は強かったです。文武両道を目標にしているので、部活に入っている人は多かったです。

      【進学実績】
      国立大学が4~5人に一人。あとは、レベルがピンキリの私立大学。東大や京大も2年に1人くらい合格していました。

      【アクセス】
      関東鉄道常総線 下妻駅 徒歩1分
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      大学に進学したかったので、なるべく家から近く、レベルの高い高校を探していました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      中学時代に塾は通ってません。
    この口コミは参考になりましたか?

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

茨城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

下妻第一高等学校の画像 :©Miyuki Meinakaさん

高校を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう
  • 画像を投稿する

ピックアップコンテンツ

茨城県の高校入試特集
茨城県の高校入試特集
茨城県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
茨城県の高校情報
茨城県の高校情報
茨城県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
茨城県の偏差値・倍率一覧
茨城県の偏差値・倍率一覧
茨城県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

日立第一高等学校
日立第一高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:65
★★★★☆4.11 (9件)
茨城県日立市
(公立・共学)
土浦第二高等学校
土浦第二高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:65
★★★★☆3.85 (20件)
茨城県土浦市
(公立・共学)
水海道第一高等学校
水海道第一高等学校
併願校におすすめ
偏差値:61
★★★★☆3.67 (9件)
茨城県常総市
(公立・共学)