みんなの高校情報TOP   >>  奈良県の高校   >>  畝傍高等学校   >>  口コミ

畝傍高等学校
出典:畝火

畝傍高等学校 口コミ

(うねびこうとうがっこう)

奈良県 橿原市 / 公立 / 共学

評判
奈良県

TOP10

偏差値
奈良県

TOP10

偏差値:69

口コミ:

4.37

(73)

口コミ点数
投稿する

★★★★☆4.37
(73) 奈良県内7 / 52校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

73件中 1-20件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [校則 4| いじめの少なさ 3| 部活 -| 進学 2| 施設 4| 制服 -| イベント 3]
    • 総合評価
      校舎は外見は綺麗だが、校内はボロボロで古いホテルの様である。
      ユーモアが足りず、面白くない、但し冗談は通じる。
      授業の進む早さが尋常でなく、少しサボれば勉強が遅れてしまう。課題も多い。勉強し続けることを強いられるので、本人の趣味や将来のためにしておきたい勉強、友達と遊ぶ等の両立が難しく、選択を迫られる。
      公立高校では珍しいエアコンが設置されている。

      あえて自分の学力より低い高校を受け、自分の将来のための勉強をするのもアリだと思いました。
      畝傍より学力が余程高くない限り余裕は生まれないと思います。
      僕は今、この学校でできる自分のための勉強を探しています。
    • 校則
      校則は県内公立の中では良い方だとは思うが、本来もっと自由度が高いべき。
    • いじめの少なさ
      リスクを考え、行動出来るので少ない。
      但し起こった時は陰湿なものになる。
    • 進学実績
      勉強以外があまりできない、将来のためにしておきたいことができない。
    • 施設・設備
      公立なりに充実している
    • イベント
      普通
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      友達が行ったから。
    投稿者ID:477531
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2018年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 3| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 5| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      奈良県でもトップ層の公立高校というのもあり、皆「勉強めんどくせぇ」と言ってる割にはなかなかの高得点をたたき出してくる高校。
    • 校則
      厳しくはない。しかし、「流行りの髪型にしてはいけない」という謎の校則があるが、これに目を瞑れば他高校と比べたらまだましな方。
    • いじめの少なさ
      目立ったいじめはないと思う。また、先生と生徒との距離が近いため相談しやすい環境でもあるため居心地は良い。
    • 部活動
      勉強と同様に部活も皆頑張っている。成果もそれなりにあげているし、在校生の8割以上が部活動に入部している。
    • 進学実績
      畝傍に入学希望の人達はよく聞いてほしい。畝傍高校に入学したからと言って遊びすぎるな。毎年400人の生徒が入学するが、その中で「中学校」の時と同じように勉強をし、難関大学へ進級するものは、ほんのひと握りである。うかれていればトップとの差はどんどん開くし、何より大学受験の時にきっと自分に返ってくるだろう。畝傍に入ったからと言ってそのまま賢くなれると思ったら大間違いである。
    • 施設・設備
      図書館にはたくさんの本があり、何より畝傍高校が自慢すべき施設は「文化創造館」であろう。冷房、暖房施設が整っており、快適な設備で行事を行うことが出来る。
    • 制服
      自分は男で、あまり制服には興味が無いのだが、女子の制服を見るに.......可愛いと思う。ほかの高校の制服を知らないんだけど。
    • イベント
      文化祭の日は、皆で狂ったように騒ぎ、次の日はしっかりメリハリをつけて勉強をする。体育祭は陸上競技場で行うので大規模である。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      最初は奈良県の某男子校に入学予定だったのだが、歴史ある校風と家から近かったこともありこの高校を選んだ。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      京都大学総合人間学部総合人間学科
    投稿者ID:453600
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 5| 施設 3| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      すごく雰囲気の良い学校だと思います。入学してまもないですが、生徒が素晴らしい人ばかりで毎日楽しく過ごせています。
      勉強の方は大変な部分もありますが、先生達も質問に行けば丁寧な指導をしていただけるので、活用しています。
      志望校に悩んでいる方はぜひ9月の文化祭に足を運んでもらえたらなと思います。
    • 校則
      校則はピアスを開ける、髪を染める、バイトをする、携帯を校内で使う等のことは禁止されていますが、こっそりピアスを開けている人もいますし、お昼休みにはほとんどの生徒が携帯を使用しています。先生達も黙認している部分があるので厳しすぎることはないと思います。
    • いじめの少なさ
      生徒同士で合う合わないはあると思います。しかし皆それぞれ考えうまくやっているのではないかと思います。
    • 部活動
      どの部活も日々真剣に練習に取り組んでいると思います。しかし実績はそんなにないようです。音楽部は全国レベルですが、そのほかはあまり聞きません。
    • 進学実績
      学校側からのサポートは十分なので、自分次第だと思います。
    • 施設・設備
      少し古いですが、それも味があるんだと思えばいいと思います。なにしろ国の重要文化財に指定されているので。そのほかもそれなりに充実していますし、式などは体育館ではなく文化創造館という空調のきいたところでするのでたこうと比べても快適だと思います。無論、教室にもエアコンが付いています。
    • 制服
      男子は普通の学ランです。中学が学ランだった場合その延長で新鮮味はありません。
      女子は可愛いほうだと思います。夏服はダサいですが、冬服合服はダサくはないはずです。
    • イベント
      体育祭は毎年5月に行われるため、それを機にクラスメイトと仲良くなることができます。文化祭ではクラスで協力し、学校全体で文化祭を成功させようとするのでとても素晴らしいです。球技大会については毎年ドッジボールをして盛り上がるようです。修学旅行はSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定されてからシンガポール、そして台湾となっています。この先はどうなるかわかりませんが、海外の可能性が高いのでは、と思います。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      家から近いし姉が通っていたから、です。
      ほぼ何となく、でしたが今は入学できてよかったと思います。
    投稿者ID:438342
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      卒業してすぐ部活に専門の先生が来たのはもうちょっと早く来て欲しかったと思ってしまったけれど、ほんといい学校です。
      卒業してやっと自分の高校の良さがわかってきた気がします。
      テストや模試は厳しいけれどあの教室でいろんなことをやっていた時代が懐かしいです。
      あの木造校舎は誇るべきだなといまさらながら思います。登録有形文化財という国の宝の一つにに母校の校舎が指定されてると思うとなおさら誇りに思います。
      畝高に来て校舎好きになりましょう
    • 校則
      勉強に部活に集中させてくれた畝高にはほんま感謝しかないので校則には特に不服はなかったです
    • いじめの少なさ
      みんな優しく真面目
    • 部活動
      全国大会や近畿大会に行けたしほんと部活には感謝しかないです!私の高校生活のすべてと言っても過言ではないです。陸上部よいです。
      音楽部は強豪ですね。
    • 進学実績
      頑張れば花開く。進路指導や質問、相談にすぐ乗って下さる先生方がたくさんいます。
    • 施設・設備
      金魚鉢好きでした
    • 制服
      普通です
    • イベント
      うーん。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      校舎に憧れて。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      R大学V学部V学科
    投稿者ID:437056
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2018年05月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 3| いじめの少なさ 3| 部活 4| 進学 3| 施設 5| 制服 3| イベント 2]
    • 総合評価
      少し不満だったのはよくしてもらっていたが在学中だけ顧問が名ばかりだったこと。
      それ以外は今思えば青春出来て楽しく過ごせたなと思います。
    • 校則
      可もなく不可もなく。携帯は校内使用禁止であるが使ってる人が居て守ってる人間もいる中不快だった。
    • いじめの少なさ
      可もなく不可もなく
    • 部活動
      音楽部は全国の常連。陸上部、弓道部なども全国や近畿によく出場します。どの部活も自主的に考えて強くなろうとしている感じです。
      少し補足すると、陸上部は県内他校と比べても大所帯ですが、上のラウンドへ進んでるのは一部の人間感は否めないです。
    • 進学実績
      国公私立を選ばないなら希望学科に行ける。大学を限定すると浪人する覚悟も。ようは自分のやる気次第です。講習やつどいと言われる補習、聴けば教えてくれる先生がいて学習にはいい環境です。
    • 施設・設備
      図書館はサイコー!
      少なくとも在学中は学食はまずかった。カレーはまだセーフ。
    • 制服
      男子は普通の学ラン。
      女子は夏は白シャツースカート
      冬はブレザー
      カバンは自由。部活のカバンで来る人おおい。
    • イベント
      一つ下からはSGHで充実。3年の受験対策のため前半に行事が集約されている。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      校舎に憧れて。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      V学部V学科
    投稿者ID:424965
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2011年入学
    2018年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 3| 施設 4| 制服 4| イベント 3]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    • 総合評価
      伝統と趣のある校舎でのびのびと学ぶことが出来ました。周りは大和三山に囲まれており勉強に集中しやすかったです。ある程度学力のある仲間が集うので何をするにも沢山アイデアが出てきて面白く、勉学にも部活も放課後も楽しかったです。卒業してもう随分経ってしまいましたが、今でも誇りに思います。
    • 校則
      靴自由、鞄自由、髪の毛の染色もそこまで厳しい指摘はありませんでした。遅刻を繰り返すと「黒ミサ」と呼ばれる遅刻者集会に呼ばれます。ですが基本的に緩かったです。スカート丈、リボンの位置も式典等できちんと出来ればそこまで注意されませんでした。
    • いじめの少なさ
      ほとんどなかったと思います。派手な子は派手な子で、地味な子は地味な子である程度グループが出来ましたが互いに貶し合うことなく共存できていたと思います。
    • 部活動
      文化部運動部共に結構種類もあって楽しいと思います。厳しさは入る部活によってまちまちですが、私の時代は吹奏楽、カルタ部が強かったです。野球部も、頑張っていた記憶があります。
    • 進学実績
      卒業生の3分の1が浪人、3分の1が滑り止め含めて私学入学、3分の1が国立大学進学という内訳でした。
      学校が手取り足取りサポートしてくれる訳ではなく、あくまで勉強は自主性を問われます。悔いの残らない学習計画を立ててほしいです。
      聞いた話だと今は畿〇大学への進学が一番多いそうな。
    • 施設・設備
      歴史ある古き良き校舎です。床はワックスじゃなくて油を引いていました。文化創造館も体育館も悪くないと思います。購買部、図書館もそんなに劣化はしていません。プールはアホみたいに長いです。でも、校庭はすこし狭めかも。
    • 制服
      悪くないと思って着ていました。男子はよくある黒い詰襟、女子は紺色ブレザーにストライプのリボンです。夏服の女子ブラウスは少しダサいですが全体的には気に入っていました。
    • イベント
      奈〇高校のような自由度の文化祭ではなく、ちょっと制限だったり規則が厳しめの文化祭かもしれません。私は十分だと思って楽しんでいましたが...
      体育祭は正直何をやってるのかわかりづらいと思います。橿原の球場グラウンドを借りてやります。
      修学旅行は私達の世代は北海道でどんちゃん騒ぎでしたが、今は語学研修も兼ねたオーストラリア??だそうですね。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      奈〇高校より、郡〇高校より制服が可愛い!という理由で選んでしまいました。御三家の一角ということで聞こえは申し分ないですし、就職活動で履歴書に書いても「いい学校を出られてますね」と言ってもらえますよ。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      奈良女子大学 理学部
    投稿者ID:424899
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 -| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      毎日がとても楽しいです。
      畝傍高校は頭のおかしい子(いい意味で)が多いと言われますが、ほんとにその通りだと思います。
      いろんな子がいて、みんな自分の意見を持っているので、様々な考え方を学べます。
      また、SGH校であり、修学旅行は海外に行けたり、英語だけで進める授業があったりと英語には力が入っています。
    • 校則
      あまり厳しいとは感じません。
      もちろん規定はあるけれど、少しのことなら先生も許容してくれます。
    • いじめの少なさ
      先生との合う合わないは別として、いじめがあるということを聞いたことはありません。
      クラスの雰囲気もよく、みんな仲がいいです。
    • 部活動
      なんといっても音楽部の功績がすごいです。
      毎回のように全国大会出場を果たされています。
      ただ、部活によっては指導者がよくない部活もあるので、しっかり見極めるべきだと思います。
    • 施設・設備
      校舎はとても古く、初めて来た時はびっくりしましたが、今ではこの校舎がとてもすきです。
      また文化創造館というものがあり、行事や式は体育館ではなく、そこで行います。ちなみに冷暖房完備です。
    • 制服
      女子の冬服は可愛いと思います。
      夏服は、、、、
    • イベント
      入学して5月に体育大会があるのには驚きましたが、そのおかげでクラスの絆が深まります。
      文化祭は1~3年までの全ての生徒がなんらかの役割を果たし、充実したものになっていると思います。特に、オープニングエンディングの盛り上がりはすごいです。
    投稿者ID:417620
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    SGH
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      国公立大学に進学を希望する生徒にはピッタリな学校である。また私立大学等の指定校推薦枠も充実している。しかし、文転した生徒は文系クラスに編入できなかったり、私立大学を目指す生徒にあったカリキュラムが存在しないなどの制約があるため、進路選択や類型選択は熟考する必要がある。また、SGH制度はあと数年で終了するためSGHに魅力を感じて入学を希望している生徒は注意するべきである。
    • 校則
      服装・頭髪検査などがあるものの、引っかかる生徒はほとんどいない。
      最近は靴下のラインや色がきびしく注意されるようになってきたが、学年が上がれば上がるほど黙認される傾向がある。
    • いじめの少なさ
      基本的に大きなトラブル等は聞いたことがない。
    • 部活動
      近年は音楽部を筆頭に、文化部がやや優勢。
    • 進学実績
      文型は理科・数学ともに2年生で全範囲を終了するが、国公立大学に合わせたカリキュラムしかないため、3年生になっても強制的に理科演習・数学演習の授業が課される。というように、受験に必要ない科目まで強制的に履修させられる為、定期テスト等で苦労する生徒が多い。私立大学に進学したい人は特に要注意。
    • 施設・設備
      自習室のある図書室や、県内では珍しい50Mプール、全校生徒1200を収容でき、北朝鮮の核ミサイルが発射された際に逃げ込むと助かると言われている文化創造館など、施設・設備は充実している。
    • 制服
      黒の学ランに黒のボタンは地味である。
      女子生徒のブレザーは県内の公立高校のなかでは可愛いと評判である。
    • イベント
      2日間に渡って行われる文化祭はかなりの盛り上がりを見せる。
      文化祭はもちろん、体育大会や球技大会など真剣に取り組む生徒が多く、質の高いイベントが展開されている。
    投稿者ID:384554
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      とても良い学校です。
      しかし、個人の感想としては、勉強に自主的に取り組まないとなかなか難関大学への進学は厳しいですね。
    • 校則
      厳しくないと思います。お昼休みや放課後はスマホを触っている生徒もいます。特に厳しく注意されたりはしないです。
      わりと、自分で考えて行動という考えがあるのかなと感じています。
      服装については、校則など関係なく、乱れた格好の人がいないです。
    • いじめの少なさ
      先生については、完璧な先生ばかりではありません。
      しかし比較的、優秀な学校なので、必然的に良い先生が集められているという印象はあります。
      一部、頼りにならない、筋の通っていい先生もいるのが現実です。
    • 部活動
      クラブは、楽しいです。しかし、指導者がイマイチなところもあります。
    • 進学実績
      東京大学や京都大学に進学できるのは、本当に1握り。その他の国立大学も400人中上位100人ぐらいにいないと厳しいという感じですかね。
    • 施設・設備
      文化創造館という施設があります。校門から見える、校舎に比べてかなり新しい建物です。そこはエアコン設備もあり、総会の時はとても快適です。ちなみに、略して「文創ブンソウ」と呼ばれています。ここで入学式などの式も行われます。
      プールは50mで水泳部の方にはいいと思います。
    • 制服
      冬服はとても可愛いです!リボンは赤色です。しかし夏服はダサいですね。リボンもありませんし。
      体操服は白を基調として、一部青色です。可愛らしいデザインだと思います。
    • イベント
      体育大会は、橿原神宮付近のの陸上競技場を借りて行います。携帯電話はカメラ機能のみOKであったり、席も自由に移動可能で、一日を通して自由に動けます。縛られない感じが楽しかったです!
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      今畝傍高校に在学中ですが、正直に言うと、西大和学園に通いたかったですね。東京大学、京都大学へ進学したいと思うので、ここだと少し厳しいかなと感じているので。課題等もありますが、やはり西大和学園に比べると、自主的に勉強に取り組まないとだめですね。進学実績も圧倒的に負けています。よく考えて後悔のないように、高校を選んでくださいね。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      国公立大学を目指しています。
    投稿者ID:358055
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      一生を通して誇れる濃い高校生活を送りたいなら絶対ここを選ぶべき!一生大切にできる思い出と卒業してからも支えてくれる一生ものの友人ができます!
      私が3年生だった時にスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定され、現在は修学旅行先を海外と国内で選べたり、オールイングリッシュのクラスなどの一風変わった授業があるようです。
      私が入学した際は、前後期制65分×5限授業だったものが、前後期制50分×6限になり、ついに3学期制+土曜日授業になり授業時間こそ減りましたが、夏期講習といった勉強する機会がまだまだあり、しっかり勉強したい方にオススメの学校です。
      私は生徒会と音楽部と文芸部に所属していましたが、その活動にのめりこみすぎて勉強がおろそかにならないように先生方がしっかり見守ってくださいましたし、様々な面で生徒のやる気に寄り添ってくれる学校だと思います。公立高校御三家と言われるだけあり、先生方も優秀な方が多く、質の良い授業を受けられます。課題は多い方だと思いますが、それも生徒を見捨てずに最後まで責任を持って見てくれているからで、畝高生に「つどい」と呼ばれる補習のようなものでもフォローをしてくれます。
    • 校則
      携帯の電源は校内では切る、髪の毛を染めるのは禁止、アルバイト禁止等の校則はありますが、携帯に関してはイベントごとの時は黙認してもらえたり、年末年始の郵便局や巫女さんのアルバイトは社会貢献として許されています。勉強に集中するためだと理解していたためか、当時特段厳しい校則だとは思いませんでした。
    • いじめの少なさ
      人に合う合わないがあるのは当然のことだと思いますし、生徒数も多い学校なのであまり断定はできませんが、生徒同士がお互いを尊重する雰囲気は確かにあると思います。先生との距離も近く、研究室等でおしゃべりもできて、卒業してからもたまに母校を訪れると歓迎してくれます。
    • 部活動
      私は音楽部に3年間所属していましたが、所属中に全国大会に出場することも何度かあり、本当に貴重な経験をさせていただきました。野球部や吹奏楽部も有名ですし、県内では珍しい百人一首かるた部があります。在学時は、ありがたいことに顧問の先生方も自分の時間を割いて熱心に指導してくださいましたし、生徒のやりたいことを叶えてくださいました。
    • 進学実績
      自称進学校なだけあり、生徒指導には力が入っています。模試は一年生の頃から本当に何回受けさせるのだというくらい受けさせられます。ただ、それが普段の勉強や受験へのモチベーションになっているのも事実です。国公立大を勧めてくる傾向がないわけではないですが、先生方も真摯に進路相談に乗ってくださいますし、本当に生徒思いの学校だと思います。進学先は、近畿圏の国公立大や関関同立がやはり多いですが、進学できる・したい学校を受験する人も多く、それを学校側も全力でバックアップしてくれます。
    • 施設・設備
      正直言って、校舎は本当に古いです。登録有形文化財だそう。廊下や教室の床は木造なのでたまに床が抜けます。それをトンカチを使って木片で塞いでいました。廊下に油を塗る床面塗油(しょうめんとゆ;ワックスがけのようなもの)を自分たちでやるという経験はなかなかレアなのではないでしょうか。エアコンが設置されていますが、暖房はガスヒーターも併用していました。トイレは古い学校らしく和式が多く、本館2階中央渡り廊下の女子トイレはたくさんの人が一度に同時に使用すると流れなくなります。本館の3階は私が通っていた当時雨漏りが酷かったです。どちらも現在改善されているかは不明。体育館も少しボロいですが、校門入って右手に見える文化創造館は本当に綺麗な施設で、入学式等の式典が行われます。音響もしっかりしており、ここで聞く音楽部の校歌は最高ですよ!オープンキャンパスでその校歌を聞いて受験を決めました。
      図書館は3階にあり、校内でも結構僻地にありますが、自習コーナーがあります。
      校庭はだだっ広いです。ただ、野球部のためにブルペン?的なものが設置されています。
      公立高校では珍しい50mプールがあり、プールの授業があります。
    • 制服
      女子の制服は、自分の学校ながら可愛いと思います。金鵄の校章は凛々しいですし、ストライプのえんじ色のリボン、上下紺色のスーツ服、紺色のベストでちゃんと着るときっちりしていると思います。(私の祖母は、このベストがお気に入りでした。)夏服の評判はあまり良くないようですが、個人的には開襟シャツで形も少し変わってますし、涼しくて可愛いと思います。シャツには薄くストライプが入っています。長袖は二の腕のあたりにunebiの刺繍が、夏服は胸ポケットに校章の刺繍があります。男子は普通の黒学ランです。シャツは白無地ですが、二の腕の刺繍と胸の校章の刺繍が半袖長袖関係なくあります。
      学年カラーがあり、赤・青・緑で学年がわかります。刺繍糸の色やスリッパの色に関係してきます。学年が上がることでカラーが変わることはありません。持ち上がりです。
      私の入学した年の2年くらい前に体操服がえんじ色から紺色に変わりました。
    • イベント
      やはり公立高校であり、自称進学校であることから、あまり派手な行事はありませんが、体育祭や文化祭といった一般的な行事はあります。私の在学中は、体育祭は橿原公苑陸上競技場で行われていました。文化祭は、学外に公開されますし、非公開ですが生徒会が仕切るステージもあり、これがめちゃくちゃ盛り上がります。生徒1200人で歌う企画があった時は、文化創造館の床が抜けるのではと思うくらい騒ぎました。この文化祭が高校生活で1番印象に残ったという畝高生も多いと思います。このステージを見た方は畝傍高校はお堅いというイメージが壊れると思います。すごくユーモアのある空間で楽しいですよ。ぜひ、畝高生になって体験してください。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      中学3年の夏まで塾にも通わず、まったく勉強をしないでいたところ畝傍に届くはずのない成績だったので、半分記念のような気持ちでオープンキャンパスに行ったところ、校舎や校風に一目惚れして人生で1番勉強をして入学しました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      立命館大学法学部法学科司法特修
    投稿者ID:356309
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 5]
    • 総合評価
      それぞれの項目で記すが、ところどころに不満はあるものの概ね満足している。非常に勉強ができる生徒と話すことで新たな知見を得ることもあるし、部活に打ち込んでいるような生徒のエネルギーにあてられてイベントに騒ぐこともあるし、全体的に安定した人間関係の構築ができると思う。
      建物は非常に古く、そこかしこに穴が開いている。雨漏りはザラにあるし、この前も床が抜けた。
    • 校則
      非常に緩いと思う。明らかに髪の毛を染めている生徒もいるが、怒られているのを見たことはない。まれに服装検査があるが、それ以外の時にはみんな割と好き勝手な格好をしている。
      しかし”優等生”属性の生徒が多いので、染髪や着崩しは周囲から浮くことも覚悟しておくべきだろう。
      進学校なので、「頭が悪い(=チャラい、素行不良)」というイメージがつくとあまりいいことはない。先生よりは生徒からやや見下される。
    • いじめの少なさ
      優等生が多く、ゆえに精神的に落ち着いた生徒が多い。いじめをするような幼稚な人間は少ない。そういう生徒がいても、周りがその空気に呑まれないのでいじめは起きにくい。これまでの二年と少しでそういう問題は(小規模なものはともかくとして)全く見たことも聞いたことも無い。
    • 部活動
      文化部は強豪揃いだ。
      音楽部は全国大会などの常連で常に表彰されているし、吹奏楽部も去年は何かしらの賞を受賞していた。
      かるた部は今年の奈良県代表の主将も副将も畝傍高校の生徒だったし、囲碁将棋部も全国レベルの猛者がいる。
      ロボット研究会、数学研究会、物理部なんかも盛んで、大会などによく出場しては結果を残している。
      対照的に運動部は微妙だ。
      かつて野球部はそこそこ強豪だったイメージが強いが、今は凋落気味。
      弓道部がかろうじて強いくらいで、残りはあまり強豪のチームがない。
    • 進学実績
      言うまでもないだろう。奈良県公立御三家は伊逹ではない。しかしながら注意点はある。
      奈良高校が理科に重点を置くのに対し、畝傍高校は英語に重点を置き、そしてグローバルな人材の育成ということでプレゼンやディスカッションの授業が多い。
      よって、やや文系に有利と言えるだろう。理系の生徒は、ギリギリまで終わらない理科の進度に悩まされることとなる。
      一応記しておくが、文系は社会2+理科(基礎)2、理系は理科(発展)2+社会1というカリキュラムしか選択できないので、東大など一部の大学は学校の授業だけでは受験できない。
      まあ、そんなとこ滅多にないし関西圏ではだいたいどこでも受けられるけど。
      文転する生徒はいるが文系クラスへの編入はできない。
      一年の秋ごろに文理選択があるが、まあ、よっぽど理系への思い入れがあるとか、文系科目がからっきしだとかいうのでなければ文系を選べばいいだろう。
    • 施設・設備
      50メートルプールや文化創造館(講堂だと思ってもらえればいい)、複数ある体育館など施設は充実していると言えるだろう。
      図書館は普通レベルか、やや大きめかもしれない。結構最近のライト層向けの小説なんかも多く置いてあるので、暇があれば行ってみるといいだろう。
    • 制服
      男子の学ランは個人的に好みではない。ブレザーがよかった。
      女子の制服、特に夏服はあまり女子生徒からの評判がよくない。
      僕は制服をあまり重視していないので、実際に自分で調べて判断してほしい。
    • イベント
      文化祭はかなり盛大に行われる。体育祭も例年かなり盛り上がる。しかしそれに関してはどこの高校もそんなもんだろう。
      毎年数回、芸術鑑賞会とか偉い人を招いての講演とかが行われるが、起きてる人は半分もいるのだろうか、という感じだ。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      偏差値が高い公立高校なので。
      しかし奈良高校は遠すぎた。
    • どのような入試対策をしていたか
      これといってわかりやすい「対策」というのはしていない。強いて言えばそこそこ内申点を取っておくことだ。120点くらいあれば当日200点取れなくても受かる。
      あとは本番で緊張しない精神力づくりとか、その程度だ。
      普段からそれなりに勉強して、赤本でも点数が取れているなら恐れることは無い。
    その他高校に関するコメント
    • アクセス
      近鉄八木駅から徒歩20分。これが圧倒的多数派。公立高校としてはそこそこアクセスはいい方だと思う。
    投稿者ID:352792
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      とても素敵な学校です。生徒の自主性に重きをおいてくれます。SGHに指定されており、積極的に参加すれば海外へ行けるチャンスがたくさんあります。また、畝傍は硬くて真面目、というイメージは間違いで、体育祭や文化祭はとても盛り上がります。
      畝傍高校の卒業生は畝傍を愛しておられる方がとても多く、畝傍の卒業生である先生方がたくさんおられます。卒業後の繋がりも深い学校です。
    • 校則
      部活によって制服の着方に制限はありますが、式典の時以外はあまりうるさく言われません。靴下は男子女子ともに白でなければ、たまに注意を受けることはあります。髪飾り、髪を巻くのは大丈夫です。染めるのも奇抜でなければ注意されるかされないか程度です。ピアスはアウトだと思います。ブレスレットは大丈夫です。
    • いじめの少なさ
      先生、生徒、共に仲が良いと思います。
      生徒は考えが落ち着いていて、一生懸命頑張るとか思い切り楽しむとかを良しとする考えがあり、とても過ごしやすい環境です。それゆえにいじめはたぶんないと思います。陰口が多少あるのは仕方がないのでは。
    • 部活動
      部活に入る人は多く、兼部する人も割といます。吹奏楽部、音楽部、弓道部などが強いと思います。引退の時期はバラバラで、進学校らしく3年になる前に引退の部活もあれば、8月初めまで続く部活もあります。どの部活も熱心で、活気があります。
    • 進学実績
      ほぼ全員が大学へ進学します。
      東大、京大へ進む人は少数います。阪大、神大、大阪市大、大教大などの国公立へ進学する人も多く、実績はあると思います。
      先生はできるだけ学校で受験勉強を賄おうとしてくださいます。3年は授業後の講習や土曜日の講座などがとても充実しています。
    • 施設・設備
      校舎は重要文化財に指定されており、木造でレトロ、赴きある佇まいです。古い校舎ですが耐震基準は十分にクリアしています。
      また、文化創造館という、とても立派なホールがあります。400席を超える可動式の階段型座席を備えています。
      50mプールがあったり体育館が2つあったりと、施設は大変充実しています。
      また、自習できるスペースがそこらじゅうにあります。
    • 制服
      女子の制服は、奈良県公立の中では可愛い部類だと思います。
      男子は普通の学ランです。
      靴下は男女ともに白です。
      冬は黒、グレー、紺のセーターかカーディガンが認められています。
    • イベント
      校外学習、修学旅行、体育祭、文化祭、芸術鑑賞会、、、
      その他にもSGH関連の行事があったりと、とてもたくさんの行事があります。
      修学旅行はシンガポールとマレーシアに行くことができます。海外の安全面を心配する保護者がおられるようで、今年から東京も選べるようになりました。
      文化祭、体育祭は大いに盛り上がります。とくに文化祭の2日間は全生徒が気合を入れて楽しみます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      校舎が魅力的だったこと、家から通いやすい距離であったこと、進学実績が良かったことを考慮して選びました。
    投稿者ID:350902
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      SGH校に認定されたことで貴重な体験もたくさんできよい経験になっていると思います。大学実績も良くわからない問題を質問に行っても丁寧に指導してくださいます。勉強も部活も両立できる範囲内でしてくれているので充実した高校生活がおくれると思います。
    • 校則
      校則はそこまで厳しくありません。もちろんケータイを学校で触るのは禁止など当たり前のことはありますが女子の髪型は奇抜すぎなければ基本的に髪飾りをつけたりしてきても大丈夫です。
    • いじめの少なさ
      多少の好みなどで好き嫌いがわかれるたりはしますがトラブルというのはありません。
      いじめなどの大きな問題も聞いたことはありません。
    • 部活動
      部活動はなかなか充実しています。吹奏楽部や音楽部は全国にも出場経験があります。野球部もなかなか強く他の部活動も優秀な成績を収めていると思います。
    • 進学実績
      進学校ということもあり実績はなかなか良いものだと思います。
      先生方もその人の希望するところに行けるよう全力でバックアップしてくださいます。
    • 施設・設備
      県内でもそうない50mプールや文化創造館といった施設もあり充実していると思います。
      体育館もサイズは充分ありますし、図書館には自習できるスペースも充分あります。
    • 制服
      県内ではかわいいほうに入るのではと思います。
      女子は紺色のブレザー、セーターに薄めにストライプが入ったシャツ、エンジ色のリボン、紺色のスカートで、男子は学ランです。
    • イベント
      文化祭は一般公開もあり規模も大きいほうだと思います。修学旅行は外国に行くことができ異文化を学ぶこともできます。他にも様々なイベントがありとても充実しています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      将来つきたい職業を考えた時に偏差値が高い高校でなければならないと思い志望しました。学校見学に行った時の雰囲気が自分にあっているなと思い気持ちが強くなりよりこの高校に入りたいと思いました。後は個人的なことですが私は女子なので制服がかわいかったから…というのもあります。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      大阪府立大学理工学部
    投稿者ID:274109
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 3| イベント 4]
    • 総合評価
      校舎は創立120周年だけあり、貫禄がある。最寄りの近鉄駅は大和八木駅であり、帰りに立ち寄れる店などが多い。
    • 校則
      自主的に行動する面が多い。決してハメを外していいわけではない。
    • いじめの少なさ
      聞いたことがない。また放課後に質問等を持っていくととても丁寧に対応してくれる。
    • 部活動
      多くの部活がある。特に、吹奏楽部、音楽部は全国大会に出場するほどの強さである。
    • 進学実績
      一年から休日などを利用した模試があり、自分の学力の立ち位置が分かり、目標が見えてくる。
    • 施設・設備
      図書室は自習スペースがあり、放課後に利用することができる。とても静かで、集中できる。
    • 制服
      男子は学ランなので、中学のときと変わらず、新鮮味に欠ける。基本平凡だといえる。
    • イベント
      多くの行事があるが、全行事が10月までに終わってしまうので次の四月まで少し寂しい感じがする。まあ公立なので仕方ないだろう
    投稿者ID:273005
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 3| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 5| 制服 3| イベント 5]
    • 総合評価
      たとえ勉強についていけなくても、補習などを積極的に行ってくれます。ちゃんと先生方も分かるまで付き合ってくださるので良いと思います。また、課題の量が割と多くしんどいと感じることもありますが、それによってテスト勉強をさせていただいている一面もあります。
      そして、堅いイメージを持たれがちな学校ですが、文化祭での盛り上がり方はすごいです、すごいの一言です。
      めちゃくちゃ楽しめます。
    • 校則
      服装のチェックなどはほとんどありません(学期ごとに一回ぐらいかな?)。でも先生によってかなり違います。ラインソックスを履いていただけで注意してくる先生もいれば、携帯を使ってても見過ごしてくれる先生もいます。
    • いじめの少なさ
      ないです。
      もちろん好き嫌いはありますが、みんな程よく大人な人が多いので、攻撃したりしようとはしません。
    • 部活動
      音楽部さん(合唱をする部活です)は全国大会に出てますし、吹奏楽部さんもコンクールで金賞を受賞されています。野球部さんも毎年割と良いところまでいってはりますよ。
      でも熱心すぎない食物部(料理部みたいなものです)や、フォークソング部(軽音部です)もあります
    • 進学実績
      私はまだ一年生なので進路に関わることはあまりなにも実感できませんが、よくホームルームなどで進路に関するお話もしてくれますし、面談もきちんとしてくれます。
    • 施設・設備
      校舎は文化財に登録されています。
      でもちゃんとクーラーもついてますし、冬はストーブもつきます。
      残念ながら(?)プールはあります…
      あと、古い校舎でカッコいいですが(少年Hの撮影で使われたらしいですよ??)たまに床がぬけるそうです(笑)
    • 制服
      男子はごめんなさい、普通の詰襟です。
      女子は冬服がかなり可愛いです。白靴下が玉にキズですが、冬はタイツOKなので黒靴下風にできますよ。
      白靴下イヤ!って思う人多いと思いますが、学校に入って仕舞えば周りはみんな白靴下なので全然気になりません。電車の中ではちょっと気になるかな…
      女子の夏服はまったく可愛くないです。
      慣れたらまあ、気になりませんが…
    • イベント
      イベントのときは、みんな信じられないほど盛り上がります。
      文化祭は本当にすごいです。
      体育大会も学校の運動場ではなく競技場?みたいなところで行われます。
      修学旅行は来年からはどうなるか分かりませんが、海外(シンガポール)と国内(東京)から選ぶことができました。
      海外の子の方が圧倒的に多いです。
      遠足も行き先をクラスごとに自由に選べて楽しいですよ
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      県内一位の奈良高校は、理系を中心にした取り組みをしていて、畝傍高校では国語や英語、グローバルなどを中心にした取り組みをしています。
      私は筋金入りの文系なので畝傍高校にしました。
      また、雰囲気が畝傍高校の方が好きでした
    投稿者ID:270628
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      戦時中から存在する歴史ある校舎が印象的な落ち着いた風情ある学校です。食堂や、全校生徒を収容可能な文化創造館、耐震構造の体育館など、学生がのびのびと充実した学生生活を送れるような設備が整っています。実力派の先生方を始め学習内容のレベルも高く、主な進学先は関関同立やその他数多くの国立大学といった進学校です。
    • 校則
      他の高校と比べると校則は厳しくないと思います。生徒の自主性が尊重されている校則となっています。
    • いじめの少なさ
      先生方は皆素晴らしい先生方ばかりで、先生によってはユーモアのある授業を展開されるので、退屈することはありません。生徒とのトラブルもないように思われます。
    • 部活動
      音楽部は毎年全国大会に出場しています。最近は野球部も県大会ベスト4入りを果たしているなど、部活動がとてもさかんな学校です。
    • 進学実績
      生徒自身の努力次第ではありますが、先生方には生徒ひとりひとりの希望進路にきちんと向き合い、適切な指導をしていただけます。
    • 施設・設備
      校庭や耐震構造の体育館、テニスコート、25mのプールといった体育系の設備はもちろん、図書館や音楽室の設備も整っています。
    • 制服
      制服は夏服、合服、冬服の3種類がありますが、女子の夏服以外はセンスのある制服だと思います。
    • イベント
      なかでも9月初めに行われる文化祭は生徒と教師が一丸となって行われるため、学校全体でとても盛り上がります。学校関係者以外の人々にも公開される文化祭です。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      関西大学外国語学部
    投稿者ID:270509
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      文武両道を掲げた教育、部活、学生生活すべてに力を入れた進学校です。また、畝傍高校ならでは!というものが沢山あったり、有形文化財に登録されていたりと、卒業した今でも自慢できるポイントが沢山あります。
    • 校則
      自由という訳ではありませんが、のびのびと学生生活をおくれる程度の校則だとおもいます。
    • いじめの少なさ
      私の中学時代、いじめやトラブルがたくさんあったので、畝傍高校に入ってトラブルの無さに驚きました。生徒同士も先生ともとても仲の良い学校です。
    • 部活動
      特に音楽部が全国大会に進んだりなど、部活にもとても力が入っています。みんなとても真剣に練習に取り組んでいます。
    • 進学実績
      京都大学、神戸大学、大阪大学などへ進学する生徒も多く、私立だと関関同立に進む生徒が沢山います。
    • 施設・設備
      後者の耐震強度は奈良県ナンバー1と言われ、旧校舎は有形文化財にも指定されています。雰囲気のある木造建築で、気に入ること間違いなしです。
    • 制服
      男子は学ラン、女子はブレザーで、畝傍高校ならではのボタンがついています。女子のブレザーはエンジ色のリボンが特徴です。色々な色のセーターが校則でOKになっているので、個性も楽しめます。
    • イベント
      クラス単位で活動するイベントが多く、思い出がたくさんでき、友達ともいっぱい遊んだりできます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      校風に惹かれ、進学校であったからです。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      京都女子大学児童学科
    投稿者ID:269440
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2009年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 3| 制服 3| イベント 3]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    • 総合評価
      古い校舎が気がかりだが、学ぶ上では問題ない。多種多様な友人ができ、楽しめる。
    • 校則
      常識的なところしか縛られていないと思う。厳しいと感じたことはない。
    • いじめの少なさ
      いじめは全くなかった。そのようなことで時間を取られるのがあほらしかったのだろう。
    • 部活動
      部活は充実していた。毎日学校へ行き、家族よりも長い時間を過ごした仲間達とは一生連れ添えると思う。
    • 進学実績
      ほぼ全員が大学へと進学する。質問に丁寧に答えてくれる先生方もおり、サポートも充実している。
    • 施設・設備
      古いところが残念だが、最近改修工事をしたらしい。食堂もあるため、暖かい昼食を食べることができる。
    • 制服
      男子は学ランなのであまり個性はない。女子の制服もブサイクではないと思う。
    • イベント
      他校と変わらないイベント数だと思う。ただ、進学校だけあって、イベントの時期が他校と異なることも多々ある。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      家から近くて自分の学力に会っているところを探した。
    • 利用していた塾・家庭教師
      進研ゼミ
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      京都大学法学部
    • 進路先を選んだ理由
      法曹界に興味を持っていたので、家から通える距離で1番レベルの高いところを目指した。
    投稿者ID:315344
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      奈良県内では上位校ですが、単に偏差値が高いだけではなく部活も盛んで、外部の人の印象よりははるかに元気な学校です。似たような人間が集まるため、仲間意識を強く持つことのできる人間関係を作りやすい、とても充実した3年間を作ってくれる最高の高校だと思います。
    • 校則
      他校の校則についてはよく分かりませんが、畝傍高校は結構自由な校風で、服装検査などはほとんどありません。カバンもカバンにつけるストラップも制限がないです。
    • いじめの少なさ
      少なくとも私の在学中にはいじめなどの話は聞いたことがありません。似たような人間が集まるため、自然と周りの人間と意気投合できます。また先生方も熱心な方ばかりで、勉強のやる気がなかったぼくに対して真っ向から向き合ってくれました。
    • 部活動
      野球部は近畿圏の公立高校の中では相当有名だそうです。私が2年生のときには智弁学園に勝利して奈良県大会準優勝を果たしましたし、音楽部も全国大会に出場するなど部活動の実績はかなりものものだと思います。
    • 進学実績
      私は高校時代勉強をサボっていた人間なので第一志望の大学には合格できませんでしたが、私の周囲の友達は勉強熱心な人も多かったので国公立大学や関関同立に進学した人がほとんどでした。
    • 施設・設備
      畝傍高校のグラウンドは400メートルトラックがあるほどには大きいので、様々な部活動がグラウンドを分割して利用していました。プールは50メートルで、これも県内有数だったと思います。
    • 制服
      男子は学ラン、女子はセーラー服でした。学ランは特に変哲もない普通のものでしたが女子の制服は他校と比較しても相当かわいい方だったと思います。
    • イベント
      体育祭、修学旅行、文化祭、球技大会とイベントの数は並にありますが、文化祭はおそらくどこの高校よりも楽しい、充実したものであると自信を持って言えます。はっきりいって文化祭に参加するだけでも畝傍高校に入学した意味があると思います笑
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      親戚が畝傍高校の出身だったので私も畝傍高校に行きたいと思いました。ただ私の場合数学がまったくできなかった人間なので数学で点数を落とした分、残りの科目で補うという形でした。バランスを取った点数の取り方をできる方が当日も落ち着けて良いと思います。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      立命館大学文学部
    投稿者ID:265924
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      いじめもなく、生徒も先生もいい人ばかり!今年で畝傍高校は創立120周年を迎えますが、悪い意味で古いとかボロいとかじゃなく、歴史を感じる落ち着いて過ごせる校舎です?
    • 校則
      ほかの高校と比べると校則はとても緩いほうだと思います。制服の着方など、あまりとやかく言われることはありません。
    • いじめの少なさ
      ほとんどトラブルはありません。生徒は皆ほぼ全員が先生を信頼し、尊敬してます。
    • 部活動
      特に音楽部が強豪です。最近は県史上初の快挙を成し遂げたり、校内外で有名です。
    • 進学実績
      国公立大学は学年の1/3が通っています。特に、大阪教育大学への入学が多いみたいです。
    • 施設・設備
      図書館は県内でも特に多い蔵書数を誇っています。校庭や体育館はそこまで広くはないですが、校舎自体はとても広いです。
    • 制服
      男子は普通の黒色の学ランと言った感じですが、女子の制服はとてもかわいいです。
      ストライプ入りの赤リボンに紺色のブレザー、漫画みたいな制服です。
    • イベント
      全ての行事に本気で取り組み、本気で楽しみます。特に文化祭は、生徒が一体となって盛り上げます。特に3年生の盛り上がりは狂乱的と言っても過言ではないほどすごいです。
    投稿者ID:261834
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

73件中 1-20件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

奈良県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  奈良県の高校   >>  畝傍高等学校   >>  口コミ

ピックアップコンテンツ

奈良県の高校入試特集
奈良県の高校入試特集
奈良県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
奈良県の高校情報
奈良県の高校情報
奈良県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
奈良県の偏差値・倍率一覧
奈良県の偏差値・倍率一覧
奈良県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

帝塚山高等学校
帝塚山高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:73
★★★★☆ 3.76 (47件)
奈良県奈良市 / 私立
奈良高等学校
奈良高等学校
併願校におすすめ
偏差値:72
★★★★☆ 4.43 (94件)
奈良県奈良市 / 公立
奈良学園高等学校
奈良学園高等学校
併願校におすすめ
偏差値:71
★★★★☆ 4.44 (21件)
奈良県大和郡山市 / 私立