みんなの高校情報TOP   >>  静岡県の高校   >>  浜松修学舎高等学校   >>  インタビュー

浜松修学舎高等学校
浜松修学舎高等学校
(はままつしゅうがくしゃこうとうがっこう)

静岡県 浜松市中区 / 浜松駅 /私立 / 共学

偏差値:41

口コミ: ★★★☆☆

2.58

(38)

浜松修学舎高等学校 インタビュー

浜松修学舎高等学校インタビュー 開校90年の伝統と、
時代のニーズに合わせたカリキュラム
進学課長 英語科 小松遼太郎先生
※2021年7月インタビュー時のものです。
静岡県内初の5年一貫看護師養成課程を新設
写真1
本校は昭和4年の開校以来、地域に貢献できる人材の育成を目指してきました。平成24年に共学化し、浜松修学舎中学校・高等学校として生まれ変わってからも基本の理念は変わりません。高齢化社会で看護師のニーズが高まる中、全国的に看護師不足が顕著になっています。そこで本校では、令和4年に静岡県内初となる5年一貫の看護科・看護専攻科を新設します。吸収力が高く感受性豊かな時期に人間の尊厳や相手を思いやる気持ちを育んでほしい。相手の心に寄り添える人間性豊かな看護師になってほしい……という思いでカリキュラムを編み、例えば英語の授業ではナイチンゲールの伝記を題材にするなど、基礎科目も看護に結びついた内容となっています。また進学のための受験勉強をする必要がないため、じっくりと看護について学べる上に、最短で国家試験受験資格が取得できます。
自分の進路に合わせた3コースで、きめ細やかなフォローアップ
写真2
「夢みらい科」(普通科)も3つのコースに新編成します。まず、「特別進学コース」は、国公立大学や難関私大への進学を目指すコースです。1年次より大学進学を強く意識し、放課後や休日、夏期・冬期の長期休暇の補習を充実させました。また少人数制ならではの親身なサポートにより、1年次にオール3の成績だった生徒が静岡大学に現役合格するなど、急激な成長を遂げる生徒もいます。「進学コース」は部活動や探究など勉強以外にも様々な活動をしたい生徒にマッチしたコースです。本校は部活動が盛んなこともあり、全国大会など目標に向けて努力をしながら大学を目指す生徒も多く、総合型推薦入試も視野に指導します。また県内の大学から講師を招いた高大連携の講義、合宿形式の大学見学など、さまざまなバックアップで生徒の大学進学へのモチベーションを高めていきます。「ビジネスキャリアコース」は基礎学力を確実に身に着けつつ、将来の選択肢を広げるための体験学習や、就職に有利になる情報処理等の資格所得に取り組むコースです。地元企業への就職を希望する生徒が多いですが、専門学校への進学もしっかりフォローしていきます。
一人ひとりに寄り添い、隠れた良さを伸ばしていく
写真3
自分の頭で考えられる大人、どんな時代にも柔軟に対応できる大人になって欲しいという思いから、私たちは決して意見を押し付けることなく、常に生徒に問いかけることを大切にしています。トラブルやミスが起きた時、謝って終わりではなく原因を考える、ニュースひとつをとっても必ず意見を聞きます。これを繰り返すうちに生徒の発言が変わってきます。例えば「新型コロナワクチンについてどう思う?」と尋ねた時、当初なら「打ちます」か「打ちません」としか答えなかったであろう生徒が、「打つつもりだけど、欧米人と日本人の体質の違いについてのデータを知りたい」と発言するようになりました。また、本校の教員は平均年齢が30代と若いこともあり「距離」が近いです。なかには中学時代にあまり自分を上手に出せず、自信のない生徒もいます。そういう生徒には特にコミュニケーションを増やし自信をつけられるように教師一同心がけています。令和4年には校舎も制服も一新します。さらに進化する本校で、新しい自分の可能性を見つけて欲しいと願っています。
取材に協力していただいた学校
浜松修学舎高等学校
浜松修学舎高等学校
3つの”新しい”で生まれ変わる浜松修学舎
夢みらい科は特別進学、進学、ビジネスキャリアの3つのコースを選択できます。 【特別進学コース】国公立大学大学や難関私立大学への進学をめざした学業に特化したコース 【進学コース】学業...

この高校のコンテンツ一覧

この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

静岡県の偏差値が近い高校

静岡県の評判が良い高校

静岡県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  静岡県の高校   >>  浜松修学舎高等学校   >>  インタビュー