みんなの高校情報TOP   >>  石川県の高校   >>  金沢大学附属高等学校   >>  口コミ

金沢大学附属高等学校
出典:Genppy
金沢大学附属高等学校
(かなざわだいがくふぞくこうとうがっこう)

石川県 金沢市 / 野町駅 /国立 / 共学

評判
石川県

TOP10

偏差値
石川県

1

偏差値:73

口コミ: ★★★★☆

4.06

(36)

金沢大学附属高等学校 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.06
(36) 石川県内5 / 57校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

36件中 1-20件を表示
  • 女性保護者
    保護者 / 2020年入学
    2021年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      自由闊達、学者気質、教師生徒ともに多才かつ多彩、自己肯定感が高い。普通科しかないが、実際は9割理系集団。
    • 校則
      極めて自由、夏は私服でよい、スマホ自由、知性があればすべてプラスに働き、弁えているためトラブルなし。
    • いじめの少なさ
      低レベルなことは恥、問題になりそうな振る舞いをする子がいても、その振る舞いをするに至った背景を想像し、関わらない、あるいは関わり方を考えて行動するため滅多なことは起こりにくい。
    • 部活
      運動出来る子は極めて少数だが、出来るなら全国レベル。やらない、できない子がいるが、部活も楽しんでいて勉強以外の価値ある時間を過ごしている。
    • 進学実績
      上位層は圧倒的頭脳集団。普通科しかないが、中身は9割理系。物理化学地理選択多い。医師の子息が多数のため医学部志望多数。数学、英語はできて当たり前。
    • 施設・設備
      図書館もさることながら、先生から処方箋のごとく一人一人にあった書籍をレコメンドいただけており、ハイスピードで読みこなして教養を身につけていて、親としてもありがたい。
    • 制服
      セーラー服は伝統。落ち着いた知性と知る人ぞ知る制服。
    • イベント
      十分でしょう。ご時世的に制約がある中、オンラインを活用して工夫されています。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      理系、偏差値県内一位、上位層の素晴らしい才能に出会えて切磋琢磨できる、自由な校風、夏は私服可、スマホ可。
    投稿者ID:758770
    この口コミは参考になりましたか?

    12人中9人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2020年入学
    2021年05月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 5| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      個々が自由に生活できる環境です。志が高い人が多いですが、俗に言うガリ勉は少ないと思います。私は市立中学からの進学でしたが、入学前に想像していたよりも明るい雰囲気で、普段の生活は他の高校と何ら変わらないか、それ以上に楽しさがあると感じています。
      学習に関しては、先生によって多少ばらつきはありますが、ある程度レベルの高い授業を受けることができます。課題は、考査前はもちろんありますが、その他はあまりありません。学習し足りない部分は、各々で補強するという感じです。実際、通塾している生徒が多く、学校以外での勉強量の方が多いという人が大半だと思います。
      また、生徒会活動や、校外活動も盛んで、自ら進んで挑戦すればするほど豊かな経験が得られます。
      アクセスも悪くないと思います。学校の目の前にバス停がありますし、本数も多いです。大半が市の中心地を通り、金沢駅とを結ぶ路線です。
    • 校則
      校則に不満を抱いている生徒はほとんどいないと思います。というか、ほとんど校則は無いに等しいです。
      特徴としては、主に3点。
      ・外出が許可されている
      昼食時、校外に出ることが許されているため、昼食を近くのコンビニやスーパーに買いに行く生徒が多いです。週に3回パンの販売がありますが、その他購買はないので、助かっています。
      ・スマートフォンの使用制限がない
      授業でスマートフォンを使って調べ物をすることがあるので、特に規制されていません。また、校内全域にWi-Fiが通っています。学習のためと銘打ってはいますが、他のことに使用していても黙認されます。そのため、休み時間もスマホを触っている生徒が多いです。自己抑制のできない人は、スマホ依存になりかねないため、注意が必要です。
      ・夏服がない
      (下の制服の欄に記載)

      他にも、髪型は自由ですし、化粧やネイルもしている人はいます。先生は注意しないというよりもあまりそういう部分を注意して見ていません。外見がどうであれ、学習に支障はありませんからね。
    • いじめの少なさ
      私は聞いたことがありません。世間でいじめの対象になってしまうような人も、附属ではあまり目立ちませんし、自分と違うタイプの人を避けるという人はいません。そこは、頭の良さというか、大人っぽさが影響していると思います。まず、そこまで他人に関心がないのかもしれません。
    • 部活
      部活をがっつりやりたい人にはこの学校はオススメできません。どの部活も緩いです。また、少人数の学校なので、教員数も少ないことも相まって、種類も少ないです。近年は、部活動数削減の方向にあります。ただ、楽しさは大きいし、ある程度融通も効くと思います。
    • 進学実績
      県内で、国公立大学や有名私立に進学を考えている方はおすすめです。周りに高い志を持っている人が多いので、触発されると思います。実績の良し悪しは、正直よくわかりません。数で言うと、この高校は生徒数が少ないので他校に負けているように見えますが、割合で言うとそうでもないのかなと思います。
    • 施設・設備
      校舎は古くもなく新しくもなくという感じです。生徒数も少ないので、3階建てで、コンパクトです。
      図書室、グラウンド、テニスコート、体育館、柔道場など、ある程度は揃っていると思います。プールは数十年前に無くなりました。購買もありません。
      Wi-Fi、プロジェクター・スクリーン、エアコンは完備です。
      あとは、生徒用にノートパソコンが数十台用意されており、校内使用に限り、借りることができます。
    • 制服
      学校指定の制服というものはありません。いわゆるなんちゃって制服(中高生向けファッション雑誌でモデルが着用しているような)であったり、完全私服で来ることができます。Tシャツを着ていけるので夏の暑さにも対応できますし、私服でおしゃれを楽しんでいる人もいます。また、夏服と合わせて、体操服もありません。これも各自準備する形です。出身中学の体操服であったり、スポーツジムで着るようなウェアを着ている人が主です。
    • イベント
      遠足、運動会、スポーツ大会、開校記念祭(文化祭)、現地学習(修学旅行、宿泊体験)、如月祭(3年生送別会)等
      生徒が主体となって運営する行事が多いです。日頃から自由度が高いので、行事も楽しいです。
      特に、開校記念祭は、10月中旬~下旬に開催されるため、仮装(と銘打って自由)をしてもよいです。髪の毛を染めたり、化粧をしたり、派手な服を着たり、とにかく他の高校よりもバラエティに富んでいます。
      毎年2年生が歌舞伎をするのも伝統です。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      少人数の学校に進学したかった。将来したいことがなかったので、とりあえずレベルの高いところに行こうと考えていました。会ったことのないタイプの人に出会いたいなという思いもありました。
    投稿者ID:738932
    この口コミは参考になりましたか?

    10人中8人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2020年入学
    2021年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 -| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      とても楽しい。附属高校は勉強しかできないなどの偏見があるのがとてももったいないと思う。実はその逆で、勉強以外のことにも積極的に取り組む学校だ。先生をはじめ、生徒も変人が多いのは事実だが、人を傷つけるような人はおらず、とても学校生活が快適である。
    • 校則
      とても緩い。しかし、ハメを外す人はいない。
    • いじめの少なさ
      いじめを見たことがない。
    • 部活
      部活動はテニス部以外それほど力を入れていない。
      しかし、運動が苦手な人や、その競技において初心者の人、他にも力を入れたい人には向いていると思う。
    • 進学実績
      先生は、自ら言えば力になってくれる。
    • 制服
      冬服はセーラー服で、可愛く人気があると思う。
      夏服は自由服なので自分好みのなんちゃって制服を着る人や、私服を着る人など様々でとても個性が感じられ、可愛い。
    • イベント
      力を入れる人とそうでない人がいるが、当日はそれなりに盛り上がる。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      高校生活を勉強だけで終わらせたくなかったため。他の高校では行えない、国際会議の主催など、貴重な経験を積めるため国際的な視野を持つ生徒が集まっているから。
    投稿者ID:737585
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中5人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2020年入学
    2021年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 -| いじめの少なさ -| 部活 -| 進学 -| 施設 -| 制服 -| イベント -]
    • 総合評価
      高い理想を持っている、または好きなことを極めたい学生にはとても良い高校だと思います。先生をはじめ、俗にいう変な人が沢山いますが、そのためかどんな意見や考えも受け入れてくれ、また色々な考え方を知ることができます。
    • 校則
      校則はあるのか分からないほどです。夏服は自由で、冬服は制服がありますが、コロナウイルス対策での換気による室温の低下で今は冬服も自由となっています。夏服は、男子は私服が多く、女子は制服風コーデが多いと思います。髪は奇抜でない程度なら染めている人もいます。また、スマホも自由で、校内に生徒用のWi-Fiが通っており授業中に分からないことがあればすぐに調べられます。自己規制ができる人間だととても居心地の良い高校になること間違いなしです。
    • いじめの少なさ
      今まで過ごしてきた中で見たことがありません。一部の附属中学出身の人の間ではあったこともあるそうですが、基本平和です。理由としては、附属高校生は自分の関心のあることに夢中で、苦手な人などがいてもその人に労力を割く必要性を感じられないからだと思います。
    • 部活
      部活を本気で取り組みたいと言う人には向いていないと思います。正直、きちんと部活をしていると言えるのはテニス部だけで、本気で取り組んでいる人からすれば、附属の他の部活は部活は遊びの延長線という認識でもあっていると思います。
      しかし、運動が苦手、興味がない、また趣味程度という人にはぴったりです。運動が苦手でも、興味がなくても同じような人が先輩方にもいらっしゃるので気軽に取り組めます。
    • 制服
      冬服である制服は、とても可愛いと思います。また、私の主観にもなりますがセーラー服というのは高校生まででしか着られない特別な服なのでお勧めです。そして、校則の緩さにより自由に着崩したりもできます。
    • イベント
      イベントは本気で取り組む人とそうでない人で分かれます。附属高校の特徴でもあるのですが、自分の趣味に関しては大人も知らないような知識を持った人が多いので、個性豊かで面白いです。特に、パソコンなどIT関連の趣味を持った人が作ったイベントMVなど、クオリティーの高いものが多いように感じます。また、あまり本気で取り組まない人も当日はそれなりに盛り上がるので楽しいです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      将来医療の道に進むことを夢にこの高校に入学しました。
      附属高校は、WWL事業に採択され、グローバルな人材を育てることに特化しています。また、schola活動という校外活動への支援もあるので、高校生のうちに発展途上国へ医療留学をしたいという私の夢を叶えるにはぴったりの高校だと感じました。
      また、附属高校は志望理由だけで決まる推薦入試だと、公立高校より1ヶ月も先に合否が分かります。そのため、その1ヶ月を受験勉強に振り回されることなく、自分のための勉強や高校の先取りに思う存分使うことができます。
    投稿者ID:719533
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中6人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年06月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 1| 進学 3| 施設 3| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      相当な覚悟で入学しないと潰されます。教師は塾や予備校が嫌いですが、凡人なら絶対に予備校に行って下さい。予備校に行かないでできる人はトップ10人くらいだと認識してください。進学のための授業はほぼ無いものと思ってください。
    • 校則
      まったくないに等しい。携帯電話も可。お菓子も可。大丈夫かと思う。
    • いじめの少なさ
      少ないように見えて割とある。無視や悪口が中止で、暴力などの物理的ないじめはないと思う。女子ではあるよう。歩行中に足をかけらりたりとか。
    • 部活
      ほとんどまじめにやっていない。野球部など全くしたことのない学生がレギュラーになる。人数が少ないから仕方ない面はある。
    • 進学実績
      進学実績は大昔なら東大理3に5人とか東大に30人超えとかあったようだが、今は泉丘にも負ける始末。人数が少ないから仕方ないと教師は言い訳をするのが日常。高校が大学に導いてくれるというのは本当に期待しないほうが良い。よくできる人間(20人くらいの塾にもいかない生徒)が入って、授業無視して勝手に勉強して東大や推薦で金沢大学医学部に行くという感じ。当然潰される学生は半数以上はいる。泉に行った方が良かったなと嘆く生徒が3年で一気に増える。
    • 施設・設備
      プールがない、図書館も広いとは言えない。
    • 制服
      人気はある。ぱっとみただけで附属とわかるため誇らしさはある。夏は自由服。
    • イベント
      文化祭などは大変楽しい。大学みたい。食べ物屋や幽霊屋敷まである。
    投稿者ID:646485
    この口コミは参考になりましたか?

    32人中12人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2021年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 3| 施設 3| 制服 5| イベント 3]
    • 総合評価
      よくこの高校の良さとしてアットホームさなどが取り上げられているが、アットホームというよりは、皆親切だが簡単に心を開かないという印象。外部進学してきた人は、最初に頑張らないとなかなか内部進学の人の輪には入っていけない。学年が上がればそうでもなくなるが、最初のうちは外部を見下している人も多い。基本的にプライドが高い人が多く、中には他の人を口で言い負かそうとするような人もいる。しかし皆負けず嫌いな分、ライバルとして切磋琢磨することはできるかもしれない。また、学校全体として理系が優遇される傾向があり、文系は低く見られやすい。授業は丁寧でわかりやすい教師もいれば、自分のペースだけで進めていくような教師もいて、良いとも悪いとも言えない。他の学校と違い、教師の入れ替わりがほとんど無いので、学校に新しい考え方が取り入れられることはあまり無い。良い所もあるが悪い所も結構ある普通の学校。よく言われる附属らしさに期待して入ったが、期待していたような明るく活発な雰囲気とは違った。
    • 校則
      校則は比較的緩い。服装検査などは当然無く、スマホも使える。
    • いじめの少なさ
      見たところではいじめは無いように思われる。内心よく思っていない人に対しても、直接それを態度に出す人はあまりいない。他の学校では多少浮くような人でも皆受け入れてくれる。
    • 部活
      運動部での実績はあまり聞かない。文化部や作文等のコンクールでは個人で賞をとる人も多い。
    • 進学実績
      上手くいく人のほとんどは自分で勉強している。授業で特別に何かある訳ではなく宿題も無いので、しっかりとした受験対策にはあまり期待できない。
    • 施設・設備
      講堂のようなものはあるが、他に特別なものは何も無い。校舎はかなり小さい。
    • 制服
      女子はセーラーで男子は学ラン。セーラーの方は普通に可愛いと思う。夏服は自由なので、好きな服を着たい人には良いと思う。
    • イベント
      仕方ないことだが、人数が少ない分どうしても多少盛り上がりに欠ける。ただその分何の役割も担当しない人は減るので、積極的に参加したい人には良いかもしれない。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      県内トップというネームバリューに惹かれた。また、校則が緩いというのも入ろうと思った理由の一つ。
    投稿者ID:712886
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中6人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2020年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 1| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      周りは当然県内のトップ層が集まってきている為、安易な入学はお勧めしない。皆で努力して頑張っていこうという風潮を好むなら泉丘に行くべき。良い意味でも個人で好き勝手やっていこうというのが附属。
    • 校則
      かなりユルい。スマホ持ち込み可。スマホを使う授業が結構ある。辞書代わりにスマホを使っていても大抵は怒られない。
    • いじめの少なさ
      暴行事件とかない。みんな自分の不利になったり、意味のないことは好まないので。
    • 部活
      そもそもやる気がない。部活も頑張りたいなら泉丘へ。
    • 進学実績
      最近は落ちてきているが、人数に対して東大や医学部への進学実績は良いように感じる。
    • 施設・設備
      プールはない。テニスコートはある。
    • 制服
      割と人気な制服だと聞く。男子は学ランで他校とそんなに変わらないが。夏服はない。そのため夏に個性的な服を着てくる人が学年に5人はいる。
    • イベント
      かなり盛り上がる。言っては悪いがみんな運動能力がそれほど高くないので運動が苦手という人も運動会は楽しめる。歌の祭典やスポーツ大会、遠足もある。修学旅行(二年)はシンガポール。現地学習(一年)も楽しい。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      附属中学では附属高校を目指すという風潮があるので。大抵は附属高校に行きたがるし、受験します。
    • 利用していた塾・家庭教師
      能力開発センター
    投稿者ID:660331
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2020年02月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 1| 進学 2| 施設 3| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      内部の理系が優遇されている。文系に進む予定なら絶対他の高校の方がいい。進学実績を過去も比べると相当下がっているので、医者になりたいかつ親が金持ちでないなら無難に公立高校を選ぶべき。文系は何故か模試で社会ではなく理科基礎を受けさせられる。内部(中学から上がってきた人)ですでにコミュニティが出来上がっているので、外部が入り込むにはコミュ力と媚力が必須。
    • 校則
      とても自由。スマホも自由、授業中に使ってもある程度見逃される。
    • いじめの少なさ
      表面上はない。裏では悪口も飛び交うがみんなわきまえているので表には出さない。
    • 部活
      だれも気合いを入れていない。
    • 進学実績
      学校は何もしてくれない。自力で勉強出来る、または塾に行く余裕のある家庭でないなら、納得のいく進学はできないかもしれない。
    • 施設・設備
      普通。プールはない。
    • 制服
      普通。夏服、体操服は自由。最初は楽しいがだんだん選ぶのがめんどくさくなってくる。
    • イベント
      積極的に関わるのなら楽しめる
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      家から近かった
    投稿者ID:619571
    この口コミは参考になりましたか?

    32人中18人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 3| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      生徒主体で自由な校風の学校です。
      行事も多く、学校も掲げている通り、自主自律がしっかりしています。
      毎日の学校がとても楽しいです。
      先生との距離が近く、先生はみんな科目ごとの準備室にいるため、質問もしやすく、とても仲が良くなれます。
    • 校則
      校則は、県内の他の進学校に比べると本当に緩いと思います。
      夏服は自由だし、体操服もありません。髪型も自由です。
    • いじめの少なさ
      いじめは見たことも聞いたこともありません。
      アットホームな雰囲気で、みんな仲が良いです。
    • 部活
      部活動は、緩いです。
      でも、それも、生徒で変えられることなので、力を入れたければ年の初めに制度を変えることも可能です。
      今は、週3のペースで活動する部活動もありますが、男子テニス部の活気は一際目立ち、活動頻度も多いです。
    • 進学実績
      浪人生は多いです。
      理系が多く、たくさんの生徒が金大医学部を希望します。
      しかし、他県に進学を希望する生徒ももちろんたくさんいます。
    • 施設・設備
      他の学校のことは知りませんが、プールがありません。
      大学附属ということもあり、設備は充実していると思います。
      テニスコートはオムニコートです。
      卓球部には、専用のマシンがあるらしいです。
    • 制服
      冬服は指定ですが、夏服は自由服です。
      女子の制服はセーラー服で、緑色のリボンとラインです。
      スカート丈も自由なのが、他の進学校にはないところだと思います。
    • イベント
      行事はたくさんあります。
      小規模校なので、運動会はグラウンドでします。
      部活動ごとの開校祭も、とても楽しいです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      偏差値が高かったというのはやはり最も大きな動機です。
      自由な校風が私に合っているということからも、強く勧められました。
    投稿者ID:441208
    この口コミは参考になりましたか?

    16人中12人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2017年入学
    2021年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [校則 5| いじめの少なさ -| 部活 2| 進学 1| 施設 3| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      県内1と言われていた時期もあっただろうが、部活、進学面から見てもおすすめはできない。内部生のコミュニティも出来上がっているので外部生にとって初めはきつい。県内の進学校で迷っているなら、間違いなく泉丘をおすすめする。
    • 校則
      校則はほぼないと思って良い。頭髪だけにはうるさい。
    • 部活
      男子テニス以外は基本的に弱く、部活動に対する意欲が全体的に低い。息抜き程度でやる人も多く、受験期に辞める人が増加してくる。
    • 進学実績
      ここ最近は東大京大、医学部どれをとっても進学実績は低い。人数が少ないからことは言い訳にならず、単純に昔よりもレベルがていかしている。浪人生も多く、多少浪人しても良いという雰囲気でもある。
      イライラするほど、早慶の指定校推薦が多く、学力がなくても早慶に行けるという点ではおすすめできる。
    • 施設・設備
      特にこれ言った特徴もなく、人数に対して適切な広さである。
    • 制服
      女子の制服は人気な気がする。
    • イベント
      開校記念祭は規模は大きくないにしろ、準備から当日まで充実した時間を過ごせる。特に附属学校園からの来客も多く、楽しめると思う。修学旅行は海外にいくので良い経験となる。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      浪人
    • 進路先を選んだ理由
      大学に落ちたから。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      自分で勉強を進めていくというのが基本スタイル。学校では対して、受験対策をしてくれない(先生達はしていると言っているが)ので、それに気づいた人は自学自習を軸として、塾を利用しつつ成績を上げていく。
    • アクセス
      山のほうにあり、遠い人も多数。
    投稿者ID:728890
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2020年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 2| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      とても自由な校風で自分で律して勉強ができる人にとってはいい環境だと思います。多くの人が東進やノエクリ、赤門などの塾に入っていますが、最上位層は塾に入っていない人が多いです。理系と文系が合同で授業をするため他の学校と比べ授業の進度は遅いです。受験本番までの演習期間はかなり短いのできちんと自分で勉強してください。私は附属中からの内部進学組なので、長い人とは6年間同じ学校に通いました。とても気の合う友達と長い時間を過ごせるので一生モノの人間関係を構築できると思います。先生方との距離も近く、卒業後も交流があるようです。
    • 校則
      校則は緩い方です。女子は目立つヘアアクセサリーをつけている人はいますし、男子も制服の下にパーカーを着込んでいる人がいます。授業を含めいつでも携帯は使っていいです。
    • いじめの少なさ
      いじめは見たことがないです。部活内でピリピリする時期もあるみたいですが。
    • 部活
      どの部活も強くはないです。部活によりますが真面目で一生懸命なところが多いです。部活動をすることは勉強の妨げになると言って入らない人も多いですが、大抵部活に入っていた人の方が進学実績はいいです。高校という3年間しかない青春を悔いなく楽しむために部活には入った方がいいと思います。一生の繋がりができますし、OBOGとも交流ができます。
    • 進学実績
      浪人は多いです。先生方の指導は悪くないのですが、結局は自律して勉強に取り組めた人が叶う印象です。自分で勉強できない人は入らない方がいいです。医学部には多く進学しているように見えますが、多くは地域枠推薦で、一般入試で合格するのはごく僅かです。共通テストがこけた瞬間にほぼ浪人が確定するので医学部受験生はきちんと対策をした方がいいと思います。SCHOLAという学校外の活動(数オリ、コンテスト等)への取り組みが盛んで、旧帝や医学部に推薦合格する人も一定数います。現在はWWLという英語教育に力を入れる学校に指定されているので、他の学校にはない国際交流の経験も受験に役立つと思います。
    • 施設・設備
      図書室で10名ほど自習できます。図書室で自習している人は落ちるという謎のジンクスもありますが、そんなことはないです。うちの学校は早慶の指定校推薦枠が多く、秋頃からは指定校たちが暇そうに図書室で読書などしていますが、怒りを堪えて勉強してください。体育館に行くには外に出なくてはならないので冬はとても寒いです。女子は更衣室に自分専用のロッカーがありますが男子はないです。男子更衣室にもロッカーを設置しようとする動きがありましたがなくなりました。グラウンドはとても水捌けが悪く、雨が降った日には海ができます。テニスコートは3面あります。女子テニス部がなくなったので男子テニス部が全ての面を使用できます。
    • 制服
      女子は緑のラインとリボンのセーラー服、男子は学ランです。男子は中学の学ランのボタンを付け替えるだけで、わざわざ買い直さなくていいのでいいと思います。個人的な意見ですが、小中高とずっとセーラー服だったのでブレザーに憧れる気持ちもあり泉に入ればよかったと思っている時期もありました。夏は自由服ですが、多くの人がなんちゃって制服を着ています。
    • イベント
      学校行事は多いです。遠足、運動会、夏と秋の球技大会、記念祭、1年生が企画する如月祭などがあります。多くの人が行事には全力で取り組んでいます。運動会はクラス対抗で、とても盛り上がります。年によりますが、借り人競走ではみんなが憧れるような青春を味わえると思います。記念祭は部活動ごとにお店をやるのでやはり部活動には所属した方が楽しめると思います。球技大会の種目はサッカーバスケバレー卓球で、すべての試合が終わった後には先生方によるエキシビジョンマッチもあります。自分が運営側にまわり責任のある立場についたときは辛いこともありましたが、今思い返してもすごく充実した学校行事だったと思います。楽しかったです!
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      推薦入試で早く受験を終わらせることができるから
    投稿者ID:636948
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2020年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      自主自律の校風。生徒の自主性を重んじる学校。それゆえ、動く人は動くが、動かない人は動かないことが多い。アットホームで、多様性をもっている。各自の趣味嗜好を受け入れてくれる。先生と生徒間の距離が近く、気軽に接することができる。先生も行事に参加し、ノリがいい。附属中以外から来た生徒も溶け込みやすい。
      進学については、浪人生は多いが、決して環境が悪いわけではない。学ぼうとする人は自ら学ぶ。ある分野に秀でた生徒が多いので、生徒間で勉強を教えあったりしている。授業中に内職をする生徒も多いが、自分にとって必要かどうかを考えた上でしているので特に問題はないと考える。とはいっても、勉強ばかりしているわけでもなく遊ぶときは遊ぶ、と切り替えができる人が多い。
    • 校則
      圧倒的自由。自由が故に自制心、正しい判断が求められる。正直、授業中にスマホを触っている人はいるが、あまり気付かれない。自制できなければ意味がない。服装も髪型もゆるい。身だしなみチェックなどない。
    • いじめの少なさ
      目立ったいじめはない。個人間のいざこざは多少ある。
    • 部活
      大会の成績は文化部、テニス部は良い方。毎日部活に忙しくなるわけではなく、楽しくやりたい人にはおすすめ。ガッツリやりたいなら外部のクラブチームに入ればいい。
    • 進学実績
      進学校と言われているが、浪人生はかなりいる。金大附属は医学部を目指す生徒が多く、かつてと違って東大を目指す人数は少なくなっている。私立の推薦枠がある程度あり、私立合格者のほとんどは推薦。進学実績はよく泉が丘高校と比べられるが、母数が圧倒的に少ないので、比べるときは人数ではなく比率で比べてもらいたい。
    • 施設・設備
      校舎は比較的新しい。トイレも綺麗。体育館は狭い。図書室には自習席が26席ほどある。学食はないが、月水金は出張パン屋さんが来てくれる。
    • 制服
      冬服は、男子は学ラン、女子は緑ラインのセーラー服。お洒落にこだわらないなら、落ち着いたデザインで良いと思う。
      夏服は自由だ。余程変なものを着てこない限り何も言われない。制服を着ていてもいい。女子は好きなデザインのシャツやネクタイ、スカートを身につけた、制服もどきの人が多い。男子は体操服の人もいれば制服の人もいる。
    • イベント
      学校行事は多い。運動会や年2回のスポーツ大会では、学年関係なく競い合うので、1年生が3年生に勝つということもよくある。歌の祭典では各クラスで合唱を発表する。ネタに走るクラスもあるがまぁまぁ上手い。開校記念祭は2年生が主体で行い、本校伝統の生徒による歌舞伎は見もの。他校のように動員数は多くないが、小中学校から人が多くくる。アットホームな記念祭。如月祭は1年生による3年生を送る会である。修学旅行や現地学習もある。他にも不定期イベントがある。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      受験勉強以外のことを学べるから。いい意味で変な人が多いと聞いていたから。もちろん、県内ではトップの偏差値だったから。
    投稿者ID:619675
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 3| 進学 5| 施設 2| 制服 5| イベント 4]
    • 総合評価
      金沢の進学校です。 校風は自主自律で非常に自由な雰囲気の高校です。石川県の高校のなかでは情報量が少ないので、公立の泉丘は文武両道なのに対し本校はガリ勉高校と思われがちですが、そのようなことはないと思います。 難関大学の進学を目的に進学する生徒が多いため、「勉強するのは当たり前」と考えている生徒が多いですが、勉強だけをしてる生徒は少ないと思います。勉強の他にもさまざまなことに興味を持ち、自分のやりたいことをしている生徒がほとんどだと思います。また、「変わった人が多い」のは事実ですが、互いの個性を尊重する人が多いので、とても楽しく学校生活を送れています。
    • 校則
      県内では1番緩いと思います。 校内でスマホを使うことができます。
      校則はゆるいですが、しっかりと自分の行動に責任を持てる人ばかりなので、特に問題はないと思います。
    • いじめの少なさ
      暴力など低レベルないじめは全くないです。
      そのようなことをしても意味がないと分かっている方が多いと思います。また、人数が少なく、学年の半分超が附属中からの進学なので皆仲が良いと思います
    • 部活
      残念ながらほとんどの運動部は県大会で目立った結果は残せていません。しかし、部活動を目的に進学した生徒は少なく、運動部の活動日も週3日~6日と幅があります。そのため、部活動以外に勉強や自分のしたいこともすることができます。
      テニス部は強いそうです。
      また、「schola」と呼ばれる「生徒の自主的な活動」(ex 高校生クイズ、エコノミクス甲子園、数学甲子園、模擬国連)があり、
      積極的に参加する生徒が多いです。
    • 進学実績
      勉強するのは当たり前の生徒が多いため、学習環境としては素晴らしいと思います。進学では東京大学や医学部進学を目指す生徒が多く特に金大医学部の進学者数は多いそうです。
      また、人数が少ないため、合格者数は他の進学校に比べて少ないですが進学率で見れば差は一目瞭然です。
    • 施設・設備
      校舎は改修工事などを行なっているため、内部はとても綺麗です。
      しかし、校舎自体が小さいため、特別な部屋などはないと思います。
    • 制服
      冬服は男子は学ランで女子は黒のセーラー服に緑のラインが入っています。夏服は県内で唯一自由化されています!
      女子は「なんちゃって制服」(各自で買った制服のようなもの)を、
      男子は体操服っぽいものやTシャツに短パンなどラフな格好をしている人が多い気がします。ただ、あまりに派手な服装は禁止されており、そのルールを破る人もいないと思います。
    • イベント
      とても行事が多いと思います。 主なものとしては、
      修学旅行やスポーツ大会、歌の祭典、文化祭などです。
      普段は忙しいのでどの行事も思いっきり楽しもうとする人が多く
      自分自身にとっても良い思い出となりました。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      友人の殆どが入学を希望していた。 体験入学で学校の雰囲気をとても気に入りここで学びたいと思ったから。
    投稿者ID:440252
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中4人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 5| 施設 3| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      私自身この高校に入学して自身が持てるようになり、尊敬できる人にたくさん出会えました。レベルの高い生徒や先生と触れ合うにつれて、様々な価値観や概念を持つことができます。またSGH活動で、地域課題研究や国際模擬国連などの活動で更に視野を広げることができます。
    • 校則
      とても緩いです。一応規則はあるのですが、破っても直接先生からの指導を受けることはありません。まず、生徒が優秀だからかのか中学と違って校則を破る人はいません。
    • いじめの少なさ
      これもまた優秀な生徒が多いため、誰かに嫌がらせをすることはありません。ドラマで見るようないざこざもなければ、進学校で見られる妬みなどの嫌がらせも全くありません。逆にお互いを尊重し合っています。県で一番いじめが少ない学校といっても過言ではないと思います。
    • 部活
      部活動はそこまで活発ではありません。ただテニス部は凄いです。
      しかし、スコラといった数学オリンピックや英語ディベート大会、模擬裁判などの大会は全国大会まで進む生徒も多いです。
    • 進学実績
      理系で国立志願者が多く、旧帝大学への進学や、医学部の進学が多いです。文系の志願者は法学部志望が多いです。高校1年生の頃から常に受験を意識した授業や夢を見据えた進路授業などがあります。進路授業ではこの高校を卒業し、世界で様々な分野で活躍しているOB.OGの方にお話をしていただきます。
    • 施設・設備
      人数が少ないので学校自体小さくアットホームな感じです。
    • 制服
      女子の冬服はシンプルなのですが、男女ともに好きな色のセーターや、パーカーを着ている人もいてとても自由です。男子は学ランです。夏服は石川県で唯一の自由服です。女子はだいたいなんちゃって制服と呼ばれる好きな制服を着ています。ドラマの様な制服をきてみたり、ネクタイやリボンをつけてみたり色々おしゃれできます。男子は私服を着てきたり、学校の制服をそのまま着たりします。個性を出したりする生徒もたくさんいて、附属高校らしいと思います。
    • イベント
      行事は多いと思います。入学式から始まって、遠足、運動会、球技大会前期、歌の祭典、球技大会後期、文化祭、如月祭、卒業式です。これ以外にも、外部から人が来て全生徒にお話をしてくださったり、金沢大学の留学生や、台湾師範学校の生徒とディスカッションしたり、常に沢山の行事があります。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      私は塾の先生に自由な校風の附属高校がピッタリだと言われ、もともと英語が好きで、留学にも興味があったので、英語にも力を入れている附属高校に決めました。
    投稿者ID:281249
    この口コミは参考になりましたか?

    16人中8人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      生徒たちがほんとに仲良くて、先生たちもおもしろくて、ひとことでいうとアットホームな感じで、毎日楽しいです。
    • 校則
      校則はゆるいですが、それは生徒と先生の信頼関係があるからです。
    • いじめの少なさ
      いじめは本当にないです。みんなそれぞれの性格を生かして楽しく過ごせます。
    • 部活
      進学校ですが、大会成績はなかなかです。でも、練習は楽しく、そこまで厳しくもない。
    • 進学実績
      特に医学科、東大、京大の進学率は少人数であるにもかかわらず、良い成績です。
    • 施設・設備
      図書館の設備が最高で、集中して勉強できます。なにより学校全体がきれいです。
    • 制服
      夏服が自由なので、みんなそれぞれ思い思いに楽しく夏をすごしています。
    • イベント
      球技大会、文化祭といった月並の行事も盛り上がれば、プロジェクションマッピングしたりします。
    投稿者ID:274968
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 5| 施設 3| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      生徒が少ないこともあり、先生と生徒との関係が非常に深いから。
      また、先生の職員室は、教科ごととなっているため、質問にも行きやすい。
      学習意欲の高い生徒が多いため、切磋琢磨できる。先生が独特で、授業が面白い。放課後、授業について、生徒同士で自主的にディスカッションすることもあり、とても関心をもてる。
      授業はハイレベルで、面白い。附属の先生の味が出ている。
    • 校則
      夏服は私服登校が認められている。
      髪を巻いて登校する生徒、化粧をして登校する生徒はいるが、先生は特に注意をしない。
    • いじめの少なさ
      いじめはない。いじめのような低民度なことをする生徒はいない。
      小さな諍いがあったとしても、表立ってする人はいない。
    • 部活
      勉強熱心だからか、部活は振るわない。
      ただ、クイズ研究会は強い。
    • 進学実績
      東大にも毎年、10名ほどの合格者を輩出している。
      医学部へ進学する生徒が多い。
    • 施設・設備
      校舎が小さい。
      また、少し田舎の方にあるため、交通の利便性は低い。
    • 制服
      冬服は、女子は緑のリボンのセーラー服。男子は学ラン。いたって普遍的である。
    • イベント
      他校と比べ、圧倒的に行事が多い。
      合唱コンクールのようなもの、文化祭、球技大会など、たくさんある。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      幼稚園からずっと附属だったため、附属以外の選択肢が自分の中になかった。また、憧れの先輩が附属高校に進学していて、私も同じ高校に行きたいと思ったから。
    投稿者ID:260727
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性保護者
    保護者 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 5| 施設 4| 制服 4| イベント 4]
    • 総合評価
      自由な校風が特徴の学校です。
      自主自律を掲げ、校内でのケータイ使用が可能、昼食時の外出も自由です。先生方は、生徒の考えを尊重し、よっぽどのことではない限り怒ったりはしません。そんな先生方はとても個性豊かで授業が面白く、わかりやすいです。
      校舎は比較的綺麗で、過ごしやすいです。
      入って後悔することはないと思います!
    • 校則
      冬服は指定ですが、夏服は自由服です。
      服装検査は特になく、少しくらいのメイクだと、注意されたことがありません。
      スカート丈も自由です。
    • いじめの少なさ
      いじめ等のトラブルが全くありません。
      皆、伸び伸びと過ごしています!
    • 部活
      男子テニス部が特に優秀です。
      基本、部活は緩い方で、活動日も少ないです。
      部活をバリバリしたい方にはおすすめしません。
    • 進学実績
      有名大学や国立医学部への進学実績がとても良いです。
      先生方も、それに合わせた教育をしてくれます。
    • 施設・設備
      体育館は小さいです。人数が少ないので。
      図書館は開架式でいつでも利用でき、幅広い種類の本が沢山置いてあり、充実しています。
      校庭は丁度いい大きさです。
    • 制服
      女子は緑のセーラーで可愛いです!
      スカートも短いし。
      男子は学ランなので、特に…。
    • イベント
      ほとんどの行事を生徒主体で運営するので、達成感が得られるものが多いと思います。
    投稿者ID:259277
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中3人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 3| 進学 4| 施設 5| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      とても自由な校風で、授業も難しいけど面白いです。先生方もみんな個性的で、とても楽しい(?)ですよー。
    • 校則
      校則はゆるいです。
      夏服は私服ですし、厳しくいう先生もそこまでいないです
    • いじめの少なさ
      特にないと思います。
      見たことないんで。
    • 部活
      種類は結構多いですが、弱いです。いつも負けてる気がしますね。
    • 進学実績
      進学率は県内トップクラス(らしい)です。自分は在校生なのでよくわからないです
    • 施設・設備
      すごく充実してます。教室に冷暖房が付いてます。プールはありません
    • 制服
      夏は私服で、冬は制服です。かわいいかどうかは自分で判断してください
    • イベント
      イベントが多く、クラスでまとまって何かをすることが多いです。
    投稿者ID:221167
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 3| 部活 4| 進学 5| 施設 3| 制服 4| イベント 5]
    • 総合評価
      とても放任主義の学校で、課題が少ないため、自分の望む分野に没頭し、どんどん伸ばしていくことができる素晴らしい学校でした。以前に比べて圧倒的な進学実績、とはいかなくなっていますが、それでも東大京大や旧帝・医学部への進学実績は依然県内1-2を争う高い水準です。学校行事は盛んで、2年生による歌舞伎公演が名物です。
    • 校則
      聞いていたほど自由な校則ではなかったが、ストレスの溜まる、生徒を舐めたような自称進学校の校則では全然ないです。もっと自由な校則にであったら学生が成長できるのにな、とは思います。
    • いじめの少なさ
      人間関係の齟齬はしばしば見られるものの、いじめに行き着くことがほとんどないです。
    • 部活
      テニス部や囲碁・将棋部が強いです。コンペ等でも、毎年学年の誰かが全国大会クラスの実績を残します。
    • 進学実績
      学年の大部分が進学を選択し、東大京大や旧帝大・医学部などの合格者がとても多いです。
      それほど顕著ではないものの、理系が強い学校であるといえます。
    • 施設・設備
      1学年120人。ということもあり、非常に後者がコンパクトで少々物足りないように感じました。ただ日常生活には全く差し支えない設備です。
    • 制服
      石川県内の二水-桜丘ライン以上の進学校の中ではかなりよいデザインだと感じました。
    • イベント
      非常に行事が多く、先生の介入度いがかなり小さいため、多くの生徒に行事運営に携わる機会が巡ってきます。一方であまり行事に気がのらない人が無理に参加させられることはほとんどないです。自分にあったコミットができるのが良さだと思います。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      同系列の中学校に通っており成績も問題なかったため、そのまま進学することにしました。よい意味で先生が面倒を見ないということを聞いたのが決め手になったと思います。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      東京大学経済学部(文科二類)
    投稿者ID:479351
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 1| 進学 3| 施設 4| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      学力的には県下トップレベルだが、そうは見えないよい意味で変わり者が多い。そんな個々の個性を尊重しあえる生徒、先生が多い。
    • 校則
      石川県で一番ゆるいと思う
    • いじめの少なさ
      非常にアットホームで先生というより仲間といった感じ。
      中には変わった先生もいるが、そもそも生徒にも変わり者が多いので、
      ちょうどよい。
    • 部活
      2年のうちに引退してしまう人が多い
    • 進学実績
      よく比較される他校とは圧倒的に生徒数が異なることを忘れてはいけない。
      東大、京大、医学部の進学人数ではなく、進学率でみれば実力は一目瞭然。
      ただし、それは学校のおかげというより個々の意識と実力と努力。
      先生は希望を曲げるくらいなら浪人すればよいというスタンスなので、
      誰かに道を作って引っ張ってもらいたいタイプの人には不向き。
      受験勉強は自分でできて、純粋に高校でしかできない学びを求める人には最適な環境。
    • 施設・設備
      こじんまりしている。プールはない。
    • 制服
      男子は学ラン、女子は冬のみセーラー。
      夏は自由。
    • イベント
      アットホームに盛り上がる
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      説明会で、進学実績ばかりアピールしたがる他校に辟易し、
      逆に学校の特色を説明してくれた附属高校に惹かれた。
    投稿者ID:311562
    この口コミは参考になりましたか?

    17人中12人が「参考になった」といっています

36件中 1-20件を表示
口コミの評価項目の定義について
口コミの評価項目の定義について
・評価項目とは

評価項目は高校の内情を分かりやすく伝えるための項目です。
各評価項目は下記のようになっており、それぞれの項目に対して、5段階で評価がつけられます。

・評価項目
校則
他校に比べて校則の内容に満足しているか
いじめの少なさ
学校が、いじめをなくすために行う取り組みや、いじめが起こったときの対応について満足しているか
部活
クラブの種類や活気、大会での実績
進学実績
希望する進路の叶いやすさや実績
施設・設備
体育館や図書館、校庭の施設が充実しているか
制服
高校指定の制服は可愛い・格好良いか
イベント
行事は充実しているか
この高校への進学を検討している受験生のため、投稿をお願いします!

おすすめのコンテンツ

石川県の偏差値が近い高校

石川県の評判が良い高校

石川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

この学校と偏差値が近い高校

基本情報

学校名 金沢大学附属高等学校
ふりがな かなざわだいがくふぞくこうとうがっこう
学科 -
TEL

076-226-2154

公式HP

http://partner.ed.kanazawa-u.ac.jp/kfshs/

生徒数
小規模:400人未満
所在地

石川県 金沢市 平和町1-1-15

最寄り駅

-

石川県の評判が良い高校

石川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  石川県の高校   >>  金沢大学附属高等学校   >>  口コミ