>>     >>     >>  口コミ

木曽青峰高等学校

木曽青峰高等学校 口コミ

(きそせいほうこうとうがっこう)

長野県 / 公立 / 共学 /

偏差値:36 - 52

口コミ:

3.71

(7)

木曽青峰高等学校の評判/口コミページです。在校生・卒業生が答えた木曽青峰高等学校の評価に加え、先輩の勉強法や進学情報など、受験に役立つ口コミ情報を見ることができます。

口コミ点数
投稿する

★★★ 3.71
(7件) 長野県内35位 (全108校中)
県内順位
県平均
  • 校則
    3.86
    27位/108校中
  • いじめの少なさ
    4.00
    26位/108校中
  • 部活
    3.71
    42位/108校中
  • 進学
    3.14
    51位/108校中
  • 施設
    3.00
    47位/108校中
  • 制服
    2.86
    51位/108校中
  • イベント
    3.00
    20位/108校中

口コミ一覧

並び替え
絞り込み
  • 木曽青峰高等学校
    男性卒業生
    卒業生 / 2009年入学
    2016-09-10投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 3| 施設 5| 制服 3| イベント 3]
    • 総合評価
      私はインテリア科でしたのでそこを中心に 学校本校舎の設備は古くも気にするほどではありません 勉強をがんばる子なら理数科へ目的がまだきまってないなら普通科へ 林業バイオ関係学びたいなら森林環境科へ 家具インテリア絵デザイン学びたいならインテリア科へ って感じです 

      工業化だからといって男女比率は偏りが無く 自分の世代は女子のがすこし多かったです 工業科の実習棟は新しく木張りの壁はとてもきれいです。 工業科だからといって大学進学者が少ないということもありませんでした 進学者専用の勉強会もありました
    • 校則
      厳しくないです まあ普通です
    • いじめの少なさ
      いじめはないですが 林業系特有の変な人はいます 根はいい人ばかりなので気にすることはありません
    • 部活動
      相撲部つよいです まあ他の部活は思い出つくりでってかんじでし あと私は工業科生しかなれない工業部に所属しておりましたが 家具つくりにおいてはとても勉強になります。イベント参加が多く作品つくりが大変でしたが
    • 進学実績
      私は工業科生でしたが Fラン文系に進学しました 学べる環境はありますし先生も相談に乗ってくれます まあ上位大学ねらう子は理数科に入るでしょう 私の見たところ勉強の環境は整っていましたよ 
    • 施設・設備
      工業科の視点でかきます  まずはインテリア科ですが 木材加工の設備は日本でもトップレベルになるくらいだと思います 豊富な日本木材と種類 機械もNCRとい○千万のでかい自動機械や木材にプリントできるプリンター、大きさは中程度ですが  鉋は上級生になれば一本自分のを貸し出され鉋研ぎノミ研ぎは指導の下学んでいきます  プレスも多く高校レベルを超えています 塗装環境も整っていました なにぶん危険な機械も多くありましたが工業部に入れば他の生徒よりも先に使用許可がおりました  
      CADも勉強できますよ 
       森林環境科はバスを二台所持していましたのでそれに乗って実習の山まで向かっていました 広大な山でチェーンソーなどをつかったり 畑を耕したり キノコ育てたり バイオ関係の設備も整っていたかとおもいます 
    • 制服
      私服でしたが 工業部生徒は作業服がありました 世代によって色がださかったりかっこよかったり まちまちです
    • イベント
      学校行事は楽しかったですよ マラソンとか体育祭学園祭  工業部生徒はめっちゃいそがしいですが
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      工業科へは物つくりに関わりたかったので
    • 利用していた塾・家庭教師
      なし
    • 利用していた参考書・出版社
      なし
    • どのような入試対策をしていたか
      なし 工業科は誰でもはいれます 卒業時の進路は各自の高校での勉強しだいですからね
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      文系Fラン  
    • 進路先を選んだ理由
      工業科で進むのはやはり大変でしたので 学校推薦をつかうために
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      ピンからキリまで 要は本人次第です
    • アクセス
      駅から少し離れているが 帰りの道を友達や彼女彼氏と帰る すてきですね

      (実家から自転車通いでした)
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    女性在校生
    在校生 / 2013年入学
    2015-07-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 4| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 2| 制服 4| イベント -]
    • 総合評価
      四方が山に囲まれており、とても気持ちよくのびのびいられるところ。
      生徒と先生の距離も近く、雰囲気のとても良い学校です。
    • 校則
      ゆるゆるです。染髪、許可なしのバイト、ピアスは禁止ということになっていますが、やっている生徒はわりと多いと思います。
    • いじめの少なさ
      聞いたことがありません。団結力はとても強いと思います。
    • 部活動
      陸上部、相撲部がとても強いです。他にもハンドボール、軽音、吹奏楽、美術、茶道、天文、軟式テニスなど、種類が豊富です。
    • 進学実績
      理数科はほとんど国公立へ進み、普通科は私立中心。公務員や就職する人もいます。専門科はほとんどが就職か専門学校ですが、中には大学や短大へ進む人もいます。
    • 施設・設備
      ぼろぼろです。三年になると5階まで階段で昇らないといけません。そこがとてもしんどいです。
    • 制服
      ありません。私服です。日によってなんちゃって制服にしたり普通の私服にしたりします。
    • 先生
      距離が非常に近いです。特に専門科はそんな傾向が強いです。とても良い先生ばかりです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      近かったから、他に行くところがなかったというのが本音です。でも、ここに入学してよかったと思います。
    • どのような入試対策をしていたか
      特にやりませんでした。普段から授業をしっかり受けておけば大丈夫。そこに予習復習を加えれば理数科は目指せると思います。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      学科によって違います。理数科は進学・勉強一筋。インテリア、林科は勉強というより実習がとても多く大変です。普通科は人によりますね。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 2| いじめの少なさ 5| 部活 4| 進学 4| 施設 3| 制服 3| イベント -]
    • 総合評価
      学科のよって教科書や内容が割と違うので、自分にあったところへ進めば、効率よく勉強ができると思います。
    • 校則
      校則が基本的に生活に絡んでくることはありません。ピアスや髪染めが禁止されていますが、黙認されている部分もあります。バイトは長期休みのみできます。
    • いじめの少なさ
      ちっとも聞きません。クラス内の仲が良いように見えます。特に文化祭前などはまとまって行動することが多いため、協力する姿が見られます。
    • 部活動
      少人数のところもありますが、どのクラブも和気藹々としています。
      陸上部が強く、北信越大会へ進みました。
    • 進学実績
      理数科では国公立大学への進学率がとても高いので、大学を目指す人はこちらがいいです。普通科の人でも受験する人は多いです。
    • 施設・設備
      トイレや教室がところどころ古く、ひびがはいっていたり、床が汚かったりします。わりとフル目の校舎です。
    • 制服
      私服の高校です。どんな格好をしても良いので、楽ですが、毎日の服を用意するのがとても大変です。制服風のブレザーやスカートを着ている人もいます。
    • 先生
      どの先生も質問に行けば親身になって答えてくれます。教科のことだけでなく、進路や成績、勉強方法も教えてくれます。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      高校卒業後、4年制大学への進学を目指していたから。
    • どのような入試対策をしていたか
      テストの成績はキープできるようにしてきました。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      学科によって差が大きいです。大学進学を目指す人や将来の夢が明確な人は学習意欲が高いです。テスト期間などは教えられつつ教えつつな姿が見られます。
    • アクセス
      自宅から駅までが遠い生徒がたくさんいます。高校から最寄り駅までは近いです。電車の本数が少ないので、電車が混みやすいです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    男性卒業生
    卒業生 / 2010年入学
    2014-07-25投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 4| いじめの少なさ 2| 部活 4| 進学 2| 施設 3| 制服 1| イベント -]
    • 【総評】
      地元だから行っただけです。松本方面とか、他地区から選んでくるのは森林の勉強したい人たちだけでしょう。

      【校則】
      ほとんどないに等しいですが、それが良いとも思えません。服装とか制服がないのでだらしないです。

      【学習意欲】
      家庭学習をあまりしないでも、普通な雰囲気です。理数科はちょっと違いますが、県内各地区の進学校と比べれば、ずいぶんのんびりしています。

      【いじめの少なさ】
      あまり、きいたことがありませんが、横柄な先輩はいました。

      【部活動】
      いわゆる、「進学校」とちがって、部活も活発です。でも、私立のスポーツ校ととちがって、スポーツ特待とかいないので、すべての部活が誰でも入れます。

      【進学実績】
      浪人して地元の医学部というのが、近年のトップです。東大や京大へ行く人も受ける人もいません。そのレベルの授業もやっていません。

      【アクセス】
      中央西は1時間に1本もありません。最寄り駅から、階段を含む上り坂を15分もあるくので、体力がつきますが…。

      【学費】
      県立高校ですので、授業料はありませんでした。今、どうなんですか?

      【施設・設備】
      一応、一通りの設備はあると思います。傾斜地に建っているので、キャンパスは狭く、そのうえ古いです。

      【制服】
      制服がまったくないので、みんな結構だらしなく見えます。貧しい地域なので、制服をなくしたのかも知れません。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      地元で、とくに悪い噂も聞かなかったので選びました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      いなかなので、ほとんどそういうのがありません。
    • 利用していた参考書・出版社
      数学のチャートとか使いました。
    • どのような入試対策をしていたか
      普通に中学の勉強について行ければ入れます。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      某国立大学某学部です。
    • 進路先を選んだ理由
      大学からは地元を出たかったからです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    男性卒業生
    卒業生 / 2007年以前入学
    2013-05-01投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 3| 進学 3| 施設 3| 制服 1| イベント -]
    • 【総評】
      進学校ということもあり、郡内の他校に比べ、落ち着いた雰囲気。

      【校則】
      制服の着用義務がなく自由な校風(統合後も同じ)。

      【学習意欲】
      理数科という勉学に特化した学科があり、全体的に高め。

      【いじめの少なさ】
      大人しい生徒が少ないため、表立った派手なイジメはなかったが、陰口を叩くなどの陰湿ないじめは多少見受けられた。

      【部活動】
      特に実績のある部活動もなく、種類も平凡。

      【進学実績】
      2学年上の先輩に東大に進学した方がいました。

      【アクセス】
      駅からは徒歩10分程度ですが、行きの際は登り道が多いため、辛く感じる。

      【学費】
      平均的です。

      【施設・設備】
      体育館が大・小の二つありうまく使い分けていました。

      【制服】
      私服可の校則でしたが、制服を着ている生徒もいました。

      【先生】
      まじめな先生ばかりでした。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      郡内で荒れていない高校が木曽高校だけしかなかったので入学しました。
    • 利用していた塾・家庭教師
      利用していませんでした。
    • 利用していた参考書・出版社
      利用していませんでした。
    • どのような入試対策をしていたか
      割と中学から成績は良い方だったので、これといった対策は必要ありませんでした。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      木工関係の専門学校
    • 進路先を選んだ理由
      大学進学で曖昧な道に進むより、実践的な技術を学べる場所に進学したかったため。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2008年入学
    2013-03-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 5| いじめの少なさ 4| 部活 4| 進学 3| 施設 3| 制服 3| イベント -]
    • 【総評】
      専門科から進学を目指す学科まで、様々な学科が統合しているので、色々な生徒が集まっています。中学生時代から付き合っている仲間が多く、いじめなどはほとんどないため安心な部分がたくさんあります。学校行事にも力を入れていて、勉強だけではなく、まさに青春を楽しめると思います。生徒と先生の距離が近く、生徒それぞれの進路を応援してくれます。

      【校則の自由さ】
      校則はほぼないと言っても過言ではありません。私服校なので、かなり自由です。とはいえ、あまりに派手すぎると厳しくチェックされることもあります。しかし注意されるような生徒は実際一人も見かけません。自分の中で線を決めていれば、個性を出しながら楽しめます。

      【学習意欲】
      専門科の学習は実習が多く、座学に関しては苦手・嫌いな人が多いかもしれませんが、実技的なことを学ぶ意欲は高いです。また、理数科・普通科は、大学を目指す人はとことん勉強する人が多く、意欲が高いです。学校行事を楽しみながら、メリハリをつけて勉強に励む生徒がたくさんいます。

      【いじめの少なさ】
      小学校・中学校から一緒のメンバーが多く、知っている仲間ばかりなのでいじめはほとんどありません。中学校ごとの仲間意識が強く残っていることもあり、馬が合わない場合もあるかも知れませんが、大きないじめに発展することはないです。

      【部活動】
      運動部・文化部ともに数が充実していて、ほぼ9割の生徒が部活に所属していました。各部活ごとに実績は様々ですが、一生懸命活動することで思い出を作る生徒が多いようです。

      【進学実績】
      高卒で就職する人もいれば、難関大学の医学科に合格する人もいて、本当に様々です。難しい大学を目指したい人は理数科をお勧めしますが、普通科でも国公立に合格する人もたくさんいるので、本当に自分次第です。専門科の生徒は専門学校や短期大学、また学習した分野の職に就く人が多いです。先生たちが自分の進路を親身になって応援してくれるので、自分のやりたいことを見つけられます。

      【アクセス】
      木曽福島駅から徒歩10分程度。

      【施設設備】
      専門科棟が数年前に新しくでき、実習のための施設がとても充実しています。また、グランドが二つと体育館が二つあり、また武道場もあります。専門科棟を除く建物自体が古いので、ちょっとしたところに不便さを感じることがあります。しかし中庭もある良い校舎です。

      【制服】
      私服なのでとても自由です。「なんちゃって制服」の生徒もいます。過度に派手な格好でなければ厳しくチェックされることはありません。常識ある範囲で、十分自分らしいファッションを楽しめます。校舎内で履くサンダルと体育用のジャージだけは指定されています。

      【先生】
      担任の先生との距離はとても近く、高校を卒業してからもお世話になる先生と出会えることもあります。進路についていつも相談に乗ってくれて、親身になって応援してくれる先生方ばかりです。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      のんびりとした雰囲気の中で、焦らず自分のやりたいことを探せるという魅力があったからです。都会の学校に比べて勉強のスピードが遅かったり、進学する人が少なかったりするかもしれませんが、逆に自分にあったスピードで着実に進めていくことができます。そのような環境が私にはぴったりだと感じたためです。
    • 利用していた塾・家庭教師
      利用はしていませんでした。
    • 利用していた参考書・出版社
      新研究シリーズ(五教科)
    • どのような入試対策をしていたか
      やはり基本は授業で、話をよく聞いて授業中に頭に入れていました。数学や英語、国語の漢字などのように毎日宿題として出たものをうまく利用して基礎を固め、問題を解き、さらに新研究を何度も解き、徐々に他の参考書の難しい問題にも挑戦していました。苦手だった国語の読解問題は、色々な文章に読み慣れて読解力をあげるよう努力しました。また、中学3年生の冬には一か月に一回ほど模試を受けて、受験に備えていました。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      信州大学
    • 進路先を選んだ理由
      地元にずっといたいと思ったので、地元の大学に進学しました。信州の産業(蚕糸・酒造・薬品・食品など)に関する研究が盛んであり、就職につながるというのが大きな理由です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 木曽青峰高等学校
    女性卒業生
    卒業生 / 2008年入学
    2013-03-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [校則 4| いじめの少なさ 4| 部活 3| 進学 3| 施設 2| 制服 5| イベント -]
    • 【総評】
      自由な校風だったので。

      【校則の自由さ】
      ほとんど校則はなく、染髪などに対する注意があるだけでした。

      【学習意欲】
      周囲に高校がないので競争意識が低く、意欲も低かった。

      【いじめの少なさ】
      いじめはあまりなかった。学科によって違いました。

      【部活動】
      実績は残せなかったが、雰囲気はよく仲の良い部活動だった。

      【アクセス】
      田舎なのでアクセスは大変悪かった。
      私の家からバスと徒歩で1時間程度かかり、電車通学の場合も駅から徒歩で15分以上かかりました。

      【学費】
      授業料はなかった。

      【施設設備】
      特に良いところも悪いところもない。

      【制服】
      制服はなく、私服校でした。
      制服がないのは自由で楽でした。

      【先生】
      個性的な先生が多く、結構よかった。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      通える範囲にその高校しかなかったから。
    • 利用していた塾・家庭教師
      通える範囲に塾や家庭教師会社はなかった。
    • 利用していた参考書・出版社
      教科書以外に使ったことはありません。
    • どのような入試対策をしていたか
      自己推薦入試だったので、面接と小論文の練習しかしませんでした。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      信州大学 人文学部
    • 進路先を選んだ理由
      県内の国立大学だったから。
    この口コミは参考になりましたか?

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い高校

評判が良い高校

長野県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

木曽青峰高等学校の画像 :©Asasa198さん

高校を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう
  • 画像を投稿する

ランキング

  • 偏差値
  • 評判
  • 制服

ピックアップコンテンツ

長野県の高校入試特集
長野県の高校入試特集
長野県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
長野県の高校情報
長野県の高校情報
長野県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
長野県の偏差値・倍率一覧
長野県の偏差値・倍率一覧
長野県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!

オススメの高校

上田西高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:46 - 56
★★★★☆3.85 (13件)
長野県上田市
(私立・共学)
岩村田高等学校
岩村田高等学校
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:56
★★★★☆3.58 (12件)
長野県佐久市
(公立・共学)
上田東高等学校
上田東高等学校
併願校におすすめ
偏差値:52
★★★★☆3.78 (9件)
長野県上田市
(公立・共学)