みんなの高校情報TOP   >>  岩手県の高校   >>  盛岡第一高等学校   >>  口コミ   >>  口コミ詳細

盛岡第一高等学校
出典:Tomo suzuki
盛岡第一高等学校
(もりおかだいいちこうとうがっこう)

岩手県 盛岡市 / 上盛岡駅 /公立 / 共学

評判
岩手県

2

偏差値
岩手県

1

偏差値:69

口コミ:

4.41

(53)

  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年入学

    偏差値が高いが堅苦しくはない

    2018年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [校則 5| いじめの少なさ 5| 部活 5| 進学 5| 施設 5| 制服 5| イベント 5]
    • 総合評価
      岩手県で一番偏差値が高く頭のいい人たちが通う学校。と書くと堅苦しい雰囲気を感じるが実際はそんな事もなく和気藹々とした雰囲気の中、勉強したい人は勉強をし、部活をしたい人は部活をする。そんな土壌がある学校だと思います。大学進学は東北大学が多め、毎年40名以上は東北大学に進学します。
    • 校則
      服装検査はたまに行われますがさして厳しくチェックされません。持ち物検査に関しては受けた記憶がありません。携帯に関しては持ち込みできますが業間やお昼休みにいじっていると見つかった教師によっては没収されます。後は放課後に携帯ゲーム機を持ち込んで遊んでいたら没収された事もあります。しかし、他校と比べて特段厳しくはないでしょう。
    • いじめの少なさ
      頭のいい人が集まるからでしょうか。変わった人が多い学校です。しかし、そんな人も学校生活に馴染めている様子でしたし、いじめ等に関してはほとんど無かったと思います。私の1年次のクラスでは一人露骨にクラスの女子生徒から避けられている人がいましたがいじめにまで発展することはありませんでしたし、男子はその人に割と普通に接していました。変な奴だなぁと思いながら。
    • 部活動
      私のいた時は陸上部や登山部女子が強かった印象。文化部でも囲碁将棋部などは優秀な成績を納めていたと思います。部活自体は強制参加でしたが写真部のようないわゆる部活のやる気のない方が多いゆるーい部活もありました。(もちろん写真部にも本気で部活に打ち込む人はいると思います)部活に関しては特に不満はないです。
    • 進学実績
      東北の学校なので大体は東北大学や岩手大学などの東北圏の大学に進学します。中でも東北大学は毎年40人以上が進学しています。それ以外の人は関東圏や北海道大学などに進学する人が多く、関西の大学を志望する人はほとんどいません。進学実績としては東北大学をはじめとする旧帝大や早慶、一橋大学などの一流大学に進学する生徒と、どーでもいいしょぼい大学に進学する生徒とで二分される印象です。
    • 施設・設備
      一通りの設備は揃っていると思います。屋内の温水プールや天文部が使う天体望遠鏡などは他の高校にはない物なのでは?第一体育館へ向かう途中にトレーニングマシンが置いてある所があるのも特徴かなと。図書室はほぼ自習スペースで漫画やラノベなどはほぼありません。
    • 制服
      女子の制服がダサいと評判です。特に夏服は防弾チョッキなどと揶揄されています。男子は学ランなので他の県立高校と差はないかと。ブレザーを着たい方は別の高校へ行ってください。
    • イベント
      イベントに関しては充実している方では。入学するとまず応援歌練習(1週間ほど)1年次の時は怖くてたまりませんが2年次3年次になると付き合わされるのが面倒になります。私は友人数人とトイレでサボっていたら怒られました。次に運動会、ここの運動会は特殊で女子は幼稚園児の格好をしながら踊り、男子は頭を変な髪形に刈り上げ、体をペンキで塗りたくり、ほぼ裸みたいな恰好で奇声を発しながら棒を振り回して踊るという奇天烈な演目があります。このため、男子は半強制的に坊主にさせられます。嫌な方は他の高校を受験しておきましょう。次にスポーツ祭です。2日かけて行われ一人2種目ぐらいに出させられます。自分の種目以外はクラスの他の種目に参加する人を応援するなり携帯いじって遊ぶなり自由です。次に文化祭(白堊祭)。クラスの出し物あり、部活の出し物あり、夜は体育館で中夜祭と呼ばれるステージがあります。夜遅くまで学校に居残れる貴重な日です。修学旅行では関西・九州・沖縄の3つのコースのうち1つを選ぶことが出来ます。関西コースは他より1日分日程が多いのでおすすめ。ちなみに私の代の関西コースでは旅館で食中毒が起きひどい目に合いました。
    入試に関する情報
    • 高校への志望動機
      県内で一番偏差値が高く、進学実績も良かったから。
    • 利用していた参考書・出版社
      赤本
    • どのような入試対策をしていたか
      実の所AO入試で大学は受かりました。3年次の担任にAO入試を薦められたのが12月と結構遅い時期でしたがそれでも間に合いました。私が受けたのはAOⅢ期でセンター試験と面接及び小論文で決まります。センター試験対策は特別な事は何もしておらず学校から配布される問題集や過去問をひたすら解いていました。面接及び小論文対策は担当の先生が付いてくれるので面接練習や小論文の添削などをしてもらいました。他にも志望調査書や活動報告書などの書類も先生方に添削してもらえるのでそれなりにサポートして頂いたと思います。私は部活での実績などほとんど無かったのでこれらの書類を書くのに苦労しましたが何とかなりました。AO狙いの方は何かしらやっておいた方がいいと思います。例えば白堊の翼(学校でやっている海外派遣)とか。
    進路に関する情報
    • 進学先の大学名・学部名、業界名・企業名
      東北大学工学部電機情報物理工学科
    • 進路先を選んだ理由
      旧帝大の中で一番住んでいるところに近かったので志望しました。工学部は企業への学校推薦も多く、大学院に行かずとも大手企業に就職できる環境にあります。とりわけ電機情報物理工学科は企業の選択範囲が他の学科に比べても広いのが魅力的でした。
    その他高校に関するコメント
    • 学習意欲
      試験期間が近づくにつれてみんなやる気になってきます。やる気というか必死になってくるというか。
    • アクセス
      盛岡駅から徒歩30分近くかかります。遠いです。駅からバスで行く人もいますがお金がかかります。アクセスは悪いです。学校に自転車で行ける程度以内の距離に住んでいると毎日快適に通学できると思います。
    投稿者ID:448379
    この口コミは参考になりましたか?

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

点数の高い口コミ、低い口コミ

一番点数の高い口コミ

★★★★★5.0
【総評】
勉強、部活、青春全てを楽しむことができる学校です。
県内・東北トップレベルの学習指導、学校をあげて行われるたくさんの行事(他校より数が多く、先生生徒ともに全力です。)、びっくりするほどハイスペックで様々な価値観を持つクラスメイトなど、どれをとっても一高でしか体験できません。
一高を愛するOBも多い...
続きを読む

一番点数の低い口コミ

★★☆☆☆2.0
【総合評価】
人を選びます。
そんな学校は良くも悪くも県内ではここだけだと思います。
その意味を一度は自問してから入学を決めましょう。

【校則】
無いに等しい。

【いじめの少なさ】
生徒同士のつまらない人間関係のこじれを耳にすることが一度だけではなかった。
ボリューム層の生徒達は視野が狭く、日常生活で無...
続きを読む

近隣の高校の口コミ

おすすめのコンテンツ

岩手県の偏差値が近い高校

岩手県の評判が良い高校

岩手県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

高校を探す

みんなの高校情報TOP   >>  岩手県の高校   >>  盛岡第一高等学校   >>  口コミ   >>  口コミ詳細

ピックアップコンテンツ

岩手県の高校入試特集
岩手県の高校入試特集
岩手県独自の入試制度や受験対策など、高校受験に役立つ情報を見ることができます!
岩手県の高校情報
岩手県の高校情報
岩手県の高校の偏差値や評判、入試情報など、高校受験・高校選びに役立つ情報が満載です!
岩手県の偏差値・倍率一覧
岩手県の偏差値・倍率一覧
岩手県の高校の偏差値や一般入試の倍率の一覧を一目で見ることができます!