>>     >>     >>  口コミ

自由学園中等科
(じゆうがくえんちゅうとうか)

東京都 東久留米市 / 私立 / 共学

口コミ:★★★★★

4.50

(4)

口コミ点数
投稿する

★★★★★4.50
(4件) 東京都内64位 / 534校中
県内順位
県平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

並び替え
絞り込み
  • 自由学園中等科
    男性保護者
    保護者 / 2013年入学
    2017-02-14投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [学習 5| 進学 4| 先生 5| 施設 4| 治安・アクセス 5| 部活動 4| いじめの少なさ 3| 校則 5| 制服 4| 学費 5]
    • 総合評価
      3万坪の自然豊かなキャンパスは公園と見まがうほどですが、中で行われている教育は見た目以上のインパクトがあります。私立が本来持つべきオルタナティブな精神を継続させつつ、常に新たな試みにトライしており、公表はされていませんが有名大学への進学者も多くいます。尾木直樹さん、リヒテルズ尚子さん、枝廣淳子さん、倉本聰さんなど多くの教育関係者とも親交があり、国内外から多くの視察者を受け入れています。なにより自治を重んじる教育の中では生徒たちが主体的に生き生きと活動しています。日常のキャンパスの維持管理から学校行事の運営、学校説明会の説明や学校案内、寮の安全管理など、生徒に任される裁量がとても多く、だれが教員でだれが生徒かわからないほどです。生徒が運営する豊富な学校行事も魅力の一つで、本格的な全校登山や芸術劇場での音楽会など、すべてが本物志向で圧倒されます。
    • 学習環境
      独自のカリキュラムを敷いていますが、抑えるところは丁寧に抑えている印象です。成績順で合格させる受験ではないので、クラス内にばらつきはありますが、それを丁寧な指導でサポートしています。英語は習熟度別の縦割りで授業を行っています。同様に異学年での授業展開にトライしている教科もいくつかあるようです。寮では教員とボランティアスタッフが学習支援に入り、個別にサポートしています。高等科では全科目全必修で文理選択もないため、高3の3学期まで文理問わずすべての科目を履修します。バランスの良い全人的な発達を目的として行っているようです。受験生にとっては受験科目に集中できないことはハンディとなる場合もありますが、早期に選択を迫らないことで柔軟な進路選択を可能にしているとも感じています。また希望があれば、高等科生には大学部(最高学部)の講師陣が個別指導を行うこともあるそうです。中等科生への大学部生の補修実施もあり、一貫校の強みを発揮しています。
    • 進学実績
      高等科には9割が進学します。1割は家庭の方針などから外部進学を選び、国公立・私立の難関校に進学する生徒もいます。高等科から大学部(最高学部)への進学者は男子5割、女子4割ほどです。女子は推薦制度を利用して、男子は豊富な体験を武器にAO制度を利用して、難関校に合格する生徒が多くいます。ICU・上智・早稲田・慶應に毎年合格者を輩出しているほか、GMARCHレベルの合格者も多いです。学校の方針は受験対策重視ではなく3年の3学期までカリキュラムが詰まっているので、受験には両立する気概が必要になります。一浪して国公立に合格する卒業生もいるのは、現役合格以上にカリキュラムや高校生活が魅力的だからともいえると思います。
    • 先生
      男子部のことしかわかりませんが、非常に親身になって生徒に寄り添う先生が多くいらっしゃいます。寮があるため、深夜まで生徒の相談に乗る先生もおり、職員室に生徒が自然にいて、先生と会話している姿をよく見かけます。校風からもわかる通り、ESDやオルタナティブ教育に関心や造詣の深い先生が多いように感じます。海外で研修を積まれる先生も多くいます。
    • 施設
      90年近い歴史があるので各施設は経年劣化もあり、最先端とは言えませんが、すべての教室に今年度から電子黒板が導入され、授業の幅がとても広がったようです。著名な建築家フランクロイドライトの設計による池袋の旧校舎は重要文化財に、現在のキャンパスもライト氏の影響を色濃く受けており、校舎というより建築として楽しめます。秀逸なのは図書館です。いくつかの施設は都の歴史的建造物に指定されています。
    • 治安・アクセス
      最寄り駅の西武池袋線ひばりが丘駅は池袋から急行で15分程度です。駅の周りは再開発で栄えていますが、学校は徒歩10分ほどのところの閑静な住宅街にあり、落ち着いた雰囲気です。所在地の「学園町」は創立者が購入した土地を区画整理して関係者が住み始めたいきさつがあり、今も古い卒業生や関係者が住まわれています。生徒たちは休日になると池袋や吉祥寺、副都心線を使って渋谷などに出ることもあるようです。女子寮・男子寮ともに敷地内に併設されています。日中は警備員が、夜間は宿直の教職員が保全管理に当たっています。
    • 部活動
      男子中高あわせて180人ほどしかいない非常に小さな学校ですが部活動は盛んです。サッカー部、テニス部、バスケット部、バトミントン部のほかに、転回部(体操部のようなもの)、剣道部、ブラスバンド、弦楽オーケストラなどがあります。そのほかにも生徒が企画した活動は認められていて、演劇同好会などもあるそうです。兼部も認められていて、なかには3つの部活を掛け持つ生徒もいるそうです。とはいっても土曜日も授業があり、行事や生徒が担う責任(寮の仕事など)も多いので、部活動だけ行うというわけにはいかないようです。
    • いじめの少なさ
      学校説明会で「いじめは起こりえます」と断言された先生の姿勢には驚きました。寮でも学校でも、ともすれば閉鎖的にもなる密な人間関係を育むので、トラブルは起こる、ということだと後々分かりました。校風としてそれをうやむやに隠すことなく、解決すべき課題として正面から向き合わせるそうです。素晴らしいのはそれが先生の主導によるものだけでなく、上級生や同級生のサポートによって行われるということです。下級生間のトラブルに授業を抜けてでもサポートする上級生の姿、職員室の一角で教員抜きで下級生と面談する上級生の姿がここでは日常的です。常勤のスクールソーシャルワーカーもおり、カウンセリングにとどまらず能動的な関係性づくりの支援、クラス全体への組織づくりの支援を行っています。
    • 校則
      多くのルールは最高学年の高3や委員会によって決められます。ルール改正には生徒全員参加による「討議」を行うことが通例になっています。最近では制服の改訂を生徒有志からなるワーキンググループが提唱し、教員と連携して2年かけて新しい制服の導入に至った、ということがあったようです。ルールを守るだけでなく、ルールを創ることからこの学校では学びになっています。ルールを破った場合の罰則も、よっぼどのことがない限り教員から一方的に通達されることはなく、高3など生徒も決定に参加する形で判断されます。退学や停学といった処置は少ないように感じています。
    • 制服
      女子は制服がなく、行事などで着る式服が定められています。男子は前述したように最近改訂され、ストライプのネクタイとボタンダウンシャツ、ネイビーのスーツスタイルです。値段はすべて合わせて20,000円前後です。
    • 学費
      入学金は30万円、校納費は寮費こみで120万円ほどです。通学になると50万円ほどです。そのほかに雑費と言われる諸経費が学期ごとに必要となり、行事などの費用に充てられるため年間10万円ほどかかります。部活動を行う上での部費は一律12,000円ですが、合宿費やユニフォーム代などは別に支払います。校納費は寮費も合わせると高額に感じますが、生活費を含めることを考えると、適切かと思います。
    入試に関する情報
    • 志望動機
      上に述べたような学校の魅力に強くひかれたため。また既存の偏差値重視で画一的な教育手法に強い懸念を抱いていたため。なにより本人が説明会などを通して進学を強く希望したため。
    • 利用した塾・家庭教師
      とくになし
    • 利用していた参考書・出版社
      とくになし
    • どのような入試対策をしていたか
      小学校の学習を丁寧にやるよう心がけさせました。
    進路に関する情報
    • 進学先の高校名、業界名・企業名
      自由学園高等科
    • 進路先を選んだ理由
      一貫校として、外部を選択するよりも魅力的だったため
    この口コミは参考になりましたか?
  • 自由学園中等科
    男性保護者
    保護者 / 2013年入学
    2015-10-19投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [学習 3| 進学 3| 先生 3| 施設 3| 治安・アクセス 3| 部活動 3| いじめの少なさ 3| 校則 3| 制服 3| 学費 3]
    • 総合評価
      個性を伸ばせる環境の中で規律や団体行動の大切さを学べる教育環境が整っている。100年近い歴史もある、豊富な自然環境の中でのキャンパスで子どもの本来もっている能力を伸ばす事ができる
    • 学習環境
      1学年が少人数のため。おのずと勉学にも集中できる環境が整っている。先生もとても熱心に教えて下さるので子供たちの学習意欲もわいてくる。
    • 進学実績
      一貫教育のため、付属の高校への進学が可能。長い目で子どもの成長をみられるのは親としても安心。
    • 先生
      子ども想いの熱心な先生ばかり。子供たちを甘やかすのではなく、1人の人間としてみてくださるで、時間はかかるかもしれなが大切な教育をしてくださっている。
    • 施設
      歴史的な施設が数多くあり、その環境の中で建築に目覚める子供たちもいる。古い施設は良いものをのこしつつ修繕はきちんとされています。
    • 治安・アクセス
      最寄駅から徒歩10分ととても便利。学園町のため周辺の理解もありとても過ごしやすい環境です。
    • 部活動
      部活数が少ないがグランドなどの設備は充実している。特に体操は本格的におこなっており、見学者もたえないほど。
    • いじめの少なさ
      いじめなどがあるとは聞いたことがない。子ども特有の問題に関しては子ども同士で話し合いを持つ時間がきちんともたれている。
    • 校則
      校則のようなものはなく。生徒が話しあいをもってルールをきめていきます。だから自由になんでもしてもよいということではなく節度をもって子どもたちがルールを決めていることに感心します。入学試験時にきちんと学園側で子どもたちの素養を判断していると思われます。
    • 制服
      制服はありません。普段は私服になります。ただ学園らしい服装を子供たちが自らしています。
    入試に関する情報
    • 志望動機
      学園の教育理念にひかれて興味をもちました。
    進路に関する情報
    • 進学先の高校名、業界名・企業名
      自由学園中等科
    この口コミは参考になりましたか?
  • 自由学園中等科
    男性保護者
    保護者 / 2013年入学
    2015-03-19投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [学習 5| 進学 3| 先生 5| 施設 5| 治安・アクセス 5| 部活動 3| いじめの少なさ 5| 校則 5| 制服 5| 学費 5]
    • 総合評価
      男子部は、入学した時、机・椅子がありません。それを創るところから出発する授業です。女子部では、300人分の給食を生徒が交代で作ります。ご飯は薪で炊きます。食材ととなる野菜も生徒たちがつくったりしています。自分たちの生活は自分たちでまかないます。本物の生きる力がついていきます。こんなすごいことをやっている学校が日本にも、この東京にあったんだという驚きです。大正時代からこういう学習をしているのです。
    • 学習環境
      高校3年でも、実験を豊富にやります。女子部では、蚕を解剖し、糸を出す仕組みを探求し、絹糸を染色したりして、布にし、実用したりします。学ぶことが生活することにつながっていきます。ただの受験のための暗記学習、ドリル学習とはまったく別物の世界がそこにあります。
    • 進学実績
      規制ばかり加える文部科学省の認可を敢えて受けない大学として「最高学部」と呼ばれる4年制の課程があり、そこに進学する生徒が多いです。「最高学部」は内部進学者しか取りません。東大よりも入るのは難しいとも言えます。最高学部を出た学生は、日本経済新聞社などマスコミや、OBの多くいる三菱系列の会社などへ就職したり、培った豊かなコミュニケーション力と人生の開発力を武器に、カメラマン、映画監督、起業などに踏み出したり、東京大学や慶応大学、上智大学などの大学院に進んでさらに研究を深めたり、実に多彩な人生を歩みだしています。
    • 先生
      先生方はいつも動いています。広いキャンパスを。体だけでなく、常に今の時代に必要な知を求めています。やる気満々の先生たちばかりです。
    • 治安・アクセス
      西武池袋線「ひばりヶ丘」駅から徒歩10分、閑静な住宅街の中にあります。治安には大変、気を使っていて、校門にも守衛さんがいますし、知力とともに体力を豊かに養った「最高学部」の男子学生が治安を守る役割を果たしてもいます。
    • 部活動
      スポーツ、文化、それぞれに生徒たちは関心を持ち、活動しています。サッカー、バスケット、硬式テニスなどがあります。他に「回転」と呼ぶ体操の部もあります。文化面では弦楽合奏、ブラスがあります。入部は特に強要されていません。
    • いじめの少なさ
      寮のある学校です。その中で、子どもたちは兄妹のように育っていきます。最初は、各人の理解が不十分でトラブルも発生することがありますが、生徒の懇談が重視され、徹底的に生徒たちの話し合いの中で解決に導く道が敷かれています。その中で、生徒たちは各自に違いがあることを尊重し、その中で協力共同する姿勢を学びます。まさに兄妹のようになっていきます。コミュニケーション力が猛烈につくのは当然です。
    • 制服
      女子部は、基本的に服装は自分の判断で着ます。式のあるときだけ、「式服」着用です。被服、裁縫がカリキュラムの中に組まれており、高校ではスーツまでつくるようなものになっています。そして美術の授業もそれとリンクしています。そんなわけで、服装をTPOで選ぶ学びが仕組まれており、皆、清楚な上品な服装で登校しています。男子部は、制服があります。大正時代からのデザインが続いており、それも味があります。生徒による改正の話し合いが行われましたが、結局は伝統を踏襲することになったようです。
    入試に関する情報
    • 志望動機
      東北の田舎に住んでいたのですが、両親の「こういう教育を受けさせてみたい」という思いに対し、「自分を試してみよう」と、遊学した次第です。
    進路に関する情報
    • 進学先の高校名、業界名・企業名
      そのまま高等科へ
    • 進路先を選んだ理由
      「最高学部」まで進んで、初めて一貫教育の終了と、学校の創立者は言っていましたので、その方向で行くのが当然と思いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 自由学園中等科
    男性保護者
    保護者 / 2013年入学
    2015-03-19投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [学習 5| 進学 5| 先生 5| 施設 5| 治安・アクセス 5| 部活動 5| いじめの少なさ 5| 校則 5| 制服 5| 学費 5]
    • 総合評価
      自然豊かな広いキャンパスがあり、贅沢な環境の中でこどもたちが勉強ができる。良い学校。
    • 学習環境
      一貫教育のためいわゆる受験勉強のような形式でなく実体験にもとづいた勉強ができる。
    • 進学実績
      卒業後の進路はほとんどの生徒が内部進学をします。他の高校へいくケースもありますが稀なケースです。
    • 先生
      教育熱心で子どもの事をよくみてくださる先生ばかりですので親としても安心です。
    • 治安・アクセス
      最寄駅から徒歩10分圏内なので通学にも便利で学園町なのでまわりの方の理解もあり治安もよいです。
    • 部活動
      美術・音楽・スポーツと子どもたちの好きな事ができる環境と施設があります。
    • いじめの少なさ
      いじめなどがあるとは聞いたことがなくクラスも少人数性のため皆、他を思いやり仲良くしています。
    • 制服
      征服はなく私服で問題ありませんが学校のもとめる服装を生徒が理解をしています。
    入試に関する情報
    • 志望動機
      校風が素晴らしく、こどもの本来もっている力を伸ばしてくれる環境がそろっていたため
    進路に関する情報
    • 進学先の高校名、業界名・企業名
      自由学園高等科
    • 進路先を選んだ理由
      中高一貫だったので
    この口コミは参考になりましたか?

口コミ募集中!
在校生・卒業生や保護者の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

この中学のコンテンツ一覧

学力向上にオススメ

【PR】学習塾を探すなら塾ナビ

2016年評判の塾ランキング

おすすめのコンテンツ

評判が良い中学校

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

中学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

オススメの中学

東星学園中学校
近隣の学校です
偏差値:-
★★★☆☆ 3.00 (2件)
東京都清瀬市 / 私立
東京電機大学付属中学校
近隣の学校です
偏差値:-
★★★☆☆ 3.10 (10件)
東京都小金井市 / 私立
武蔵野東中学校
近隣の学校です
偏差値:-
★★★★☆ 4.00 (2件)
東京都小金井市 / 私立

ピックアップコンテンツ

東京都の中学情報
東京都の中学情報
東京都の中学の偏差値や評判、入試情報など、中学受験・中学選びに役立つ情報が満載です!
東京都の偏差値一覧
東京都の偏差値一覧
東京都の中学の偏差値の一覧を一目で見ることができます!