みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  文学部   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.00

(1246)

文学部 口コミ

★★★★☆ 3.98
(213) 私立大学 307 / 1596学部中
学部絞込
2131-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 哲学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年02月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      哲学を本当の本当に勉強したいという、どちらかといえば独学が得意で黙々と勉強できるタイプの人には向いているかもしれません。しかし、他の学生が必ずしも自分と同じく哲学に熱意を注いでいるとは限りません。なので、まわりの環境などがモチベーション等に大きく影響するタイプの人には酷な環境になるかもしれません。正直、何故この学科を選んだの?と疑問になるような人もいます…。どうか学問をたのしめる環境に身を置いてください。
    • 講義・授業
      【哲学科の必修科目について】1年の頃はとれる必修科目が少ないのに対し、2年以降でとらなくてはならない必修科目の量がどっと増えます。この点に関して非常にアンバランスだとは思いますが、哲学の初歩を身につける必要があるために初年次は余裕を持たせているのだと思います(実際、先生方は1年は積極的に全学部共通科目等を履修し見聞を広めるよう促していました)
      【全学部共通科目について】レポートや出席の評価が緩めな講義(大抵受講者が多いので大教室での講義が多いです)は、はっきり言って動物園状態です。ゲームをする人、私語の尽きない人、当たり前のように遅刻や早退をする人。私は心が折れました。でも、卒業単位を考えるといくつかはとらざるを得ません。少なくとも、私にとっては苦痛でした。授業内容は興味深いものが多いので、まわりの受講態度には本当にがっかりです。ちなみに、先生方も諦めているので私語をいちいち注意しません。キリがないからです。
      【学外の先生の講演について】ホームページの「在校生」の「新着情報」を定期的にチェックするのをおすすめします。それ以外で情報が得られることがほとんどなく、発信力の低さが玉に瑕です。
    • 研究室・ゼミ
      1年の「人文演習」は入学時に5つほどのクラスに分けられます。これは入学時点ですでに決まっているので、運です。内容や進め方は先生によってまったく異なります。レポートの書き方を教えてくださる先生もいれば、各自書き方本を読んでレポートを毎月提出というなかなかハードな先生もいらっしゃいます。よくいう「ゼミ」は本格的なものは3年からです。
      先生方に連絡をとろうにも、メールアドレスを開示していない先生が多く、コミュニケーションの手段が限られます。私にとってはそれがいちばんの難点です。※この「先生方」は学科だけでなく全学部共通科目の担当の先生も含みます。
      しかし、親身な先生はこまめにメールをチェックされていますし、欠席した際の宿題について細かく記してくださったりしました。なので、本当に先生次第です。
    • 就職・進学
      哲学科出身と聞くと大抵の人には珍しく思われるようです。ですが、キャリアセンターには多くの資料があり、それらが就職活動の助けになることでしょう。ごめんなさい、就活時期はこれからなので私はこの分野に関してあまり答えられません。
      【学生生活支援について】
      私は持病があったため学生生活支援室に何度かお世話になりましたが、最終的に各授業で配慮してもらう際には各先生方の判断に委ねられます。なんのアクションもとってくださらない先生方も多いです。。持病とうまく付き合いながら初めてのひとり暮らし、大学生活をすごしたかったのですが、私にはそれはできませんでした。また、在学中に持病が悪化したため、退学を選ぶことにしました。せっかく合格して(一時的とはいえ)勉強ができた場所だったので、退学はつらい決断となりそうです。
    • アクセス・立地
      哲学科は文系科目を主に履修すれば京田辺キャンパスには行くことなく(※入学式は京田辺)、基本的には今出川キャンパスです。また、司書課程をとったり社会学部の授業や外国語に関しては新町キャンパスに行くことが多いです。今出川キャンパスは地下鉄直結なので本当にアクセスが良いです。
      が、授業と授業の合間(15分)で今出川~新町間を移動する時にはくれぐれも天候や時間に注意してください。前の授業が長引いたりすると遅刻の危機です。なんとも絶妙な距離にキャンパスが存在しているなと思います。
    • 施設・設備
      充実してはいますが、それを活用できるかどうかはその人次第です。校風からか、たいていのことは放っておかれます。自ら積極的に動かないとせっかくの機会を逃してしまいますので、その点だけはご注意ください。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      神学部の学生とは特に盛り上がりました。学問的にもかぶるところがありますし、いろんな議論が出来たのは本当に楽しかったです。
    • 学生生活
      学外の先生を招いた講演について情報を得る必要性があるように、大学の発信力の低さは凄まじいです。自ら積極的に動いてどのようなサークルがあるか、イベントがあるか情報をつかみにいく姿勢がなければ、せっかくのチャンスを逃すことになります。国際交流イベントなども盛んなのですが、やはり「周知する」ことに関して疎いなと一在校生としては思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      2年次からは副専攻もとることができます。文章だけでは説明してもよくわからないと思うので、文学部のホームページか哲学科のホームページにてチャートを見ていただければわかりやすいと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      退学しました。
    投稿者ID:501283
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      履修期間が短すぎるのが不満。
      だが、授業数も多くて楽しい。
      映画を見る授業などがあり、
      生徒も楽しんでいる。
    • 講義・授業
      先生により蹴り。
    • 研究室・ゼミ
      文学部のみがが使える研究室などもあり、
      とてもよい。
    • 就職・進学
      就職実績はいいと思う。
      サポートはこちらから、キャリアセンターにいけば、いろいろ教えてもらえる。
      ラーニングコモンにも就職関係の相談ができる場所がある。
    • アクセス・立地
      とても校舎もきれいで設備もよい。
      ラーニングコモンという部屋には、畳もあってそこで勉強もできるし、補助員もいるので、パソコンでわからないことがあればすぐ聞ける。
      また、そこには、進路について相談できる場所も儲けられてる。
      クリスマスには大きなクリスマスツリーが
      できて、関西ウォーカーにものるほどである。
      今出川駅にも直結しており、駅にもファミマがあり、学校にも生協とコンビニ両方あるため、とても便利。駅が直結なので雨が降っていて濡れずに学校に行けます。バスも同志社前バス停があり、どこにいくにも結構便利な場所。
    • 施設・設備
      設備はとてもよい。私が知っている私立の中でもトップクラスだと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      生徒数がとても多く、サークルも多いため、
      友人は作りやすい。
    • 学生生活
      サークル数もとても多い!
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      文学を読んでレポートにまとめるなど。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      銀行
    投稿者ID:485837
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語の4技能向上を図るための必修クラスがあります。ネイティブの先生もいます。また、英文学科生だけの留学プログラムもあります。英文学科では英米文学・文化と英語学・英語教育学の専攻に分かれます。教員も有名な人が多いので高度な指導を受けられます。ですが、少し課題が多いため自分の興味あることなどに没頭しにくい面があります。
    • 講義・授業
      英語教育学を専攻にしたい方、もしくは将来英語の教員になりたい方は英語教育学入門、英語教育学、英語教育学基礎論などのクラスを履修するのをお勧めします。3人の先生が担当し、各専門内容を教えてくれます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      英文学科は女子の割合が非常に高いので必然的に女子と関わる機会が増えます。恋愛に関してはその人次第なので、なんとも言えませんが、可愛い子は比較的多いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はReading, Writing,Listening, Speaking 、英語学、英文学の必修のクラスがあります。2年次はReading 、Writing 、Oral Communication 、英語学、英文学、基礎演習(ゼミの準備クラス)があります。3年次と4年次は基本的にゼミ中心になります。1、2年次は課題多いので自分のしたいことがあまりできません。
    投稿者ID:481392
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 文化史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学構内は綺麗で比較的勉強しやすい環境が整っている。文化史学科は歴史の勉強というよりも、史料の読み方や収集方法、史実の捉え方など、高校までとは違った学び方が出来る。就職活動も、周りを見ても大企業に内定を貰っている人が多い。
    • 講義・授業
      日本史だけでなく西洋史やイスラーム史など様々な講義を受けられる。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミが始まるが、だいたいの人が希望のゼミに行ける。
    • 就職・進学
      多くの人が大手企業に受かっている印象。公務員よりもメーカーや金融が多いと感じる。キャリアセンターではESや面接について相談に乗ってくれる。
    • アクセス・立地
      駅に直結しているのでアクセスが非常にいいし、周辺の環境も過ごしやすい。
    • 施設・設備
      古い建物もあるが、基本的に清潔感があってきれい。ただ食堂は昼休みには混みあって食べるまでに時間がかかる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルの数が多いので複数所属する人も少なくなく、友達の幅も広がる。
    • 学生生活
      学祭は招かれる芸人が豪華だったりするが、キャンパスがそれほど広くないので人混みがすごい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手金融会社
    投稿者ID:481272
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    文学部 文化史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      京都という場所柄、歴史を学ぶには最適だと思う。学科の学生数も少ないため教授と近い距離で話すことができ、気軽に研究の質問などできる。ゼミは主に時代ごとに別れているが、必ずしもその時代に関する研究をしなければならないというわけでもなく、自分がやりたいことを自由に研究していいというスタンスだった。3回生からゼミが始まり、ゼミにもよるが3回生のうちに卒業論文の何割かを仕上げさせる教授もいるようだ。ただ、これはこうでなければいけないといった決めつけをする教授はいないと思うので比較的自由な環境にある。自らすすんで学ぶことができる良い学科だとおもう。
    • 就職・進学
      一般企業であれば金融系の会社に就職する人が多い。また、教職や公務員になる人が多いのもこの学科の特徴ではないかとおもう。他の学科にくらべて、就職への意識があまり高くない気がするのでインターンに参加する人はあまり聞いたことがない。
    • アクセス・立地
      電車通学の人にとっては嬉しいキャンパスと地下鉄がつながっている構造になっている。雨の日でもあまり濡れずに通える。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      サークルの数は無限にあり、さらに新しくサークルを立ち上げる人もおおい。運動系のサークルは活動拠点が京田辺のほうにある場合が多いため移動に時間がかかってしまう点が少しやっかい。しかし、キャンパス間の移動には無料のバスが使えるため金銭的にはありがたい。
    投稿者ID:482593
    この口コミは参考になりましたか?

  • 同志社大学のことが気になったら!

    ※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

  • 女性在校生
    文学部 哲学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 1| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      就活で偏見を持つ企業もあったのでマイナスな印象を持たれたから。教授は優しい人ばかりだが、同期は一匹狼が多い。
    • 講義・授業
      学科主任をはじめとして難しい理論もわかりやすく教えてくれる。西洋哲学は強いが、東洋哲学および科学哲学はあまり教え慣れていない様子。
    • 研究室・ゼミ
      2年の合宿でどのゼミに入りたいかを決める。人数が少ないのでほぼ希望は通るし、就活による欠席など融通は利く。発表原稿には逐一赤ペンを入れてくれるので面倒見が良いと思う。
    • 就職・進学
      大学の実績と比べて大手に行く人はほとんどいない。3分の1が院に進学し、劇団入団など自分の夢を叶える人もいるためそもそも就活生が少ない。
    • アクセス・立地
      御所の近くなので地下鉄、バスともに便利。フルーツパーラーや大学提携レストランなど美味しい飲食店もあるので他校の友達も呼べる。下宿も充実しており、国立の結果後でも徒歩圏内に借りることが出来た。
    • 施設・設備
      学科ラウンジは個別にし切りのある机があるので過ごしやすい。学部図書館には貴重な資料も沢山ある。
    投稿者ID:478483
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 英文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広い授業を受けられた。ゼミの先生はとても親身で、生徒もまじめに取り組める環境だった。プレゼンを頻繁に行うため、能動的な授業だった。
    • 研究室・ゼミ
      教授と生徒が距離が近く、どんな質問も投げかけることができた。真摯で丁寧に答えてくれた。どんな発想も受け止めてもらえて、批判されることはなかった。そのため、積極的に発言が生まれ、毎回建設的な内容になった。授業は生徒が作り上げるものだと実感できた環境だった。
    • 就職・進学
      就職相談センターがあり、親身に相談に乗ってもらえた。たくさんの資料を備えており、大いに参考になった。ただし、就職活動の時期が近づくと相談センターが混み合うのが難点。
    • 施設・設備
      図書館にも大量のパソコンが整備されており、プロジェクターなども利用できて、プレゼン練習に大変役立った。図書館以外にも複数のパソコン利用教室を開放しており、順番待ちなどは経験したことがなかった。食堂も大変美味しいメニューが揃っていた。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      機械工具卸売会社
    投稿者ID:476912
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      文学に興味のある人には本当に向いている学科のように思う。メインストリームのアメリカ、イギリス文学は勿論のこと、あまり有名では無くとも非常に面白い作品などを取り上げて下さる先生もいらっしゃるので受ける授業の教授によって本当に十人十色の授業が楽しめる。
    • 講義・授業
      興味深い授業が楽しく、不思議なほど飽きることはなかった。
    • 研究室・ゼミ
      大学にある他の学部に比べると少ない、また生徒同士であったり先生を含めたゼミ内での人間関係は希薄だと思われます。他学部ではゼミ合宿などももっと盛んに行われているように聞いていますが、英文ではそのようなことはほとんど無いと言って良いでしょう。
    • 就職・進学
      ガイダンスなど定期的にやっているのでそこそこに良いのではないでしょうか。他の大学がわからないので比べにくいところではありますが、大体他と似たりよったりの一般的な感じに思えました、
    • アクセス・立地
      駅近が何より良い。雨の日であっても濡れるのを気にせずにキャンパスへ行けるのが良いし、帰りに友達とふらっとご飯などへ行ける便利さが良い。その点が京田辺とも特に違うところだと思います。京田辺の周りは本当に何もないです。笑
    • 施設・設備
      生徒数に対しての食堂の席数などが異様に少なすぎます。あと海外からの留学生も多い大学なのに、フリーWi-Fiがパソコンからのみしか利用できないというのも不便に思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      典型的なマンモス校の人間関係といえます。サークルに入ればそこそこ友達ができますが、行かなくなると忘れて行ってしまうような感じ。
    • 学生生活
      生徒数が多いだけあって、やはりサークルも王道からマイナーなものまでそれなりにあると思う。
    投稿者ID:470067
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      レベルの高い教授陣が、日本文学に関する興味深い授業を行ってくれます。日本文学に興味がある人にとって、魅力的なラインアップの授業です。真摯な態度で授業を受ければ、どの教授も真摯に接してくれますよ。
    • 講義・授業
      上記の通り、かなり充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      二回生の頃に、どのゼミに入るか選択できます。教授が個別に質問に答えてくれるような時間も設けてくれるので、ゆっくりと選べますよ。
    • 就職・進学
      同志社大学にしてはあまりいいとは言えません。教員になる生徒が多いです。
    • アクセス・立地
      今出川キャンパス付近には飲食店が多く、繁華街の河原町四条までも電車で15分ほど。大変立地がいいです。
    • 施設・設備
      おしゃれなカフェやコーヒーショップなどもあり、近所に住む住民がやってくるほどです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      よっぽどのことがない限り、大変充実した学生生活が送れます。サークルにもぜひ所属を。
    • 学生生活
      数え切れないほどあります。自分の趣味にあうようなサークルを選べば、四年間楽しく生活できます。新歓の時期にいろいろなサークルを巡ってください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      マスコミ関係
    投稿者ID:468426
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 英文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      TOEICの点数でクラス分けをされ自分のレベルにあった英語の授業を受けることができるので、語学力向上によい。また、交換留学制度を活用して、海外で単位を取ることも可能なので、将来に向けて、自分の可能性を広げることができる。
    • 講義・授業
      英語で受けられる授業もあるほか、他の学部の授業も受けることができる。英文でも、言語学、英語教育、文学など、自分に合った授業、ゼミを選択することができる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、希望できるが、応募者が多ければ抽選になる。
    • 就職・進学
      就職に関しては、文学部でも特に関係なく就職できる。
      教員免許を取る人が、他の学部に比べて、比較的多い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル、ゼミ等で趣味、同じ考えを共有できる友達をたくさん作ることができます。小さい授業の方ができるかもしれません。
    • 学生生活
      充実している。
      運動系のサークルから、文科系のサークルまで、さまざまなサークルがあり、好きなサークルに所属することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英文学、英語教育、言語学等々
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手金融会社、銀行 一般職
    投稿者ID:468231
    この口コミは参考になりましたか?

2131-10件を表示

同志社大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

基本情報

住所 京都府 京都市上京区今出川通烏丸東入
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 今出川
電話番号 075-251-3120
学部 法学部、 経済学部、 商学部、 文学部、 神学部、 社会学部、 政策学部、 文化情報学部、 心理学部、 理工学部、 生命医科学部、 スポーツ健康科学部、 グローバル・コミュニケーション学部、 グローバル地域文化学部
概要 同志社大学は、京都府に本部を置く私立大学です。通称は「同大」「同志社」。1875年、明治六大教育家の新島襄によって創立された同志社英学校を前身とし、設立された大学です。「グローバルな人材育成」を基盤に、知識教育も偏りがないようキリスト教に基づく「徳育」を並行して行っており、海外留学生の受け入れや派遣、首都圏に向けての情報発信や社会との関係強化にも力を入れています。 「今出川」「室町」「新町」「烏丸」の4つのキャンパスがある今出川校地。「京田辺」「多々羅」「学研都市」の3つのキャンパスがある京田辺校地の他、大阪と東京にそれぞれサテライト・キャンパスがあります。海外留学以外に国内留学も実施し、早稲田大学に1年間留学する制度を設けています。異なる地域で学ぶことで視野がさらに広がることを目指します。

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  文学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1361件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (234件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 4.01 (1115件)
東京都豊島区/池袋駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

35.0 - 65.0

★★★★☆ 3.72 (808件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。