みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  生命医科学部   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.00

(1246)

生命医科学部 口コミ

★★★★☆ 3.80
(37) 私立大学 654 / 1596学部中
学部絞込
371-10件を表示
  • 男性卒業生
    生命医科学部 医情報学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      いい意味でも悪い意味でも放任主義。学生間の繋がりは、2回、3回生である難しいテストで強まる。他学科との繋がりは、医工とは少し友達ができるぐらい。医シスとはあまり繋がりは無い。
      入った時は、医学部崩れ、京大崩れがいたりして、最初は そういう人達はプライドを持っているが、なんだかんだで、仲良くはなれる。
      キャンパスが田舎な分、周りにあまり娯楽施設がない事から、下宿だといかに友達を多く作れるかが生き残る鍵となる。また、京田辺からは、大阪、京都市内どちらでも比較的短時間で楽に行けるので、田舎だと嘆く事はない。ただ、実家からの通いだと、卒業論文制作の4回生の時に少ししんどい。後、生命医科学部の棟がキャンパスの中でも奥の方に位置してる為、行くのが少しめんどくさいが、本格的に行き始めるのは4回生の時からなので大丈夫。
      自分は、この大学に行って、今でも仲良くしてる最高の友達を得れたので総合的に行って良かったと思ってます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手電機メーカー
    投稿者ID:479854
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    生命医科学部 医工学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      割と楽しいときもありますが、基本的に厳しいです。実習や実験は何が何でも行かなければ単位はとれません。生命医科学部という名前ですが、工学が強く、就職先も機械系のメーカーが多いです。生命が関わっている授業もありますが、必修となっているのはほとんど工学系の授業で、必修以外に計画的履修というものがあり、計画的履修を履修していないと研究室配属に影響が及びます。そのため、計画的履修もほぼ必修と同じ位置付けになっており、工学を学びたい方には向いていると思いますが、生物などの生命的な勉強を学びたい方は苦労している人が多いです。また、高校のとき物理選択をしていなければ授業は知ってる前提で行われるため、難しいと思います。医療と工学の両方を学べるというよりかは、どちらかというと機械工学の方が強いため、就職活動では、機械系のメーカーを中心に内定が決まり、あまり就職活動で苦労している人はみられませんが、医薬品系の就職を望むのは厳しそうです。
    投稿者ID:478815
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    生命医科学部 医情報学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      私が在学中は新設の学部ということもあり、なかなか就職活動が上手くいかないこともありましたが、授業や研究室で学んだことはとても興味深く、充実した大学生活を送ることができました
    • 講義・授業
      4年間では足りないなと思います。技術面の講義もあれば、実際の現場で活躍するお医者さんの講義もあり興味深いものが沢山ありました
    • 研究室・ゼミ
      3年生の終わりに研究室が決まります。私の時は、それまでの成績順で希望の研究室に配属されていましたが、次の年くらいから、試験が始まったと聞きました
    • 就職・進学
      基本は大学院への進学になると思います。私は就職組だったのですが、卒論との両立が難しい大変でした。
    • アクセス・立地
      最寄駅は同志社前駅ですが、そこから研究室の建物まで40分坂を登らなければなりません
    • 施設・設備
      研究室の建物までは遠いですが、中はとても綺麗で快適に実験を行うことができます。近くに食堂もあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活は沢山あるので共通の趣味の友人と楽しく学生生活を送ることができます
    • 学生生活
      色んなサークルがあるので、気に入るものが見つかると思います。秋にはEVE際という、イベントもあります
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医学を工学の面から考えるのが生命医科学部です。電気や電子、情報の基礎や生物、人体の仕組み等幅広い知識を身につけることになります
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      銀行営業
    投稿者ID:495060
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    生命医科学部 医工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年10月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 4]
    • 総合評価
      生物化学系から物理、製図、プログラミングなどとにかく理系分野を幅広く(浅く)学習する学科です。自分が何を目指して学習しているのかわからなくなります。また同志社1の留年率(5割)で、入学式に教授から厳しい叱咤激励を受けます。入ってからは他の学部学科の友達とは違う大学かと思うような厳しい授業の日々。本当に志がある人は別ですが、同志社で入ってから絶望する学科トップ3には入るかと思います。
    • 講義・授業
      実習や演習系の授業以外は基本的に出席をとらないので、学生自身のやる気次第といった感じですが、テスト前に詰め込んで乗り越える人が多いと思います。それに比べて実習のように1分の遅刻も許されない厳しい授業も多いです。授業内容は教授次第、といったところです。
    • 研究室・ゼミ
      3年の秋学期から研究室に配属されるためまだなのでわかりかねますが、まあまあ充実してると思います。
    • 就職・進学
      厳しい授業のおかげもあり、就職実績は良いです。医工学科は比較的新しい学科で、本当か嘘かわかりませんが教授によると様々な企業から引っ張りだこようです。しかし、それは基本的に院卒が条件で学部卒ではそこまで有利にはならないようです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄なら興戸駅、JRなら同志社前駅です。どちらの駅からも通称「田辺坂」と呼ばれる坂を登らないといけません。毎朝登山です。京田辺キャンパスの第一印象は「ど」が付く田舎。お店も全然ないし、思い描いていたキャンパスライフは送れません。
    • 施設・設備
      医工学科は正門からずーーっと坂を上った先にある医心館という建物がメインになります。(1.2回生のうちは実習等でしか使いませんが。)ここは他の建物よりも比較的綺麗で、研究に必要なものはかなり揃っている印象です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科には一緒に授業を受けてご飯を食べるような友達はいますが、本当に気の合う友達はほとんどできませんでした。男女比は7:3くらいで、女の子は見た目に気を使っていない真面目な子ばかりです…。個人的に遊びに行ったりするのは圧倒的にサークルの友達です。本当にサークルに入っていて良かったと思います…。
    • 学生生活
      サークルの数は把握できないほどあります。テニサーだけでも100くらいあると思います。新歓時期に嫌という程勧誘されると思いますが、めんどくさがらずちゃんとそこで見極めることです。私の大学生活の8割はサークルと言っても過言ではないくらいなので、個人の意見にはなりますが入らないと言う選択は以ての外です。イベントは11月の頭に京田辺キャンパスであるクローバー祭と、11月の末に今出川キャンパスであるイブ祭があります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は理系のあらゆる分野を広く浅く学びます。生物、化学、物理、数学、製図、プログラミングなど。2年次からは実験が加わり、先述の分野もより深く掘り下げられて行きます。3年次の必修授業は実験と製図くらいで、あとは秋学期から研究室配属がされます。4年次は卒業研究一色といったところです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    投稿者ID:494048
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    生命医科学部 医情報学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      医情報学科の座学では電子工学、情報学、統計学、物理学、有機化学の基礎を幅広い観点から広く浅く学ぶのが持ち味です。
      ですからこれらのどれかを専門的に学びたい人やプログラミングが得意で極めたい人などには強くすすめることはできないです。
      また医学や生物学を学びたい人は医シス系の講義を多く取ることでしか勉強できないので、医学部に入りたかった人や生物選択で生物系の分野に興味がある人にもこの学科は強くすすめることはできないです。

      ここまでマイナスな点を挙げてしまいましたが、大学での勉強や研究に対する興味が漠然としてる人、幅広い分野の工学に関心がある人にとってはこの学科は非常に勉強しやすく良いと思います。
      初めは何も興味がなくても入学して勉強していく中できっと見つかると思います。また1、2回生のうちから興味のある研究室に実際に行ってみて、先生の話を聞いたり実際の研究のイメージを膨らませてみるのも良いと思います。
    • 講義・授業
      講義は基本的にはどの先生もわかりやすく、分からない箇所も聞きにいげは分かりやすく教えてくれます。
      また単位を取るという観点だけでみれば、授業をあまりサボらないで、やるべきことをきちんとやれば大丈夫かと思います。
      この学科の特色の一つとして、必修科目の医情報実験が3回生まで毎学期あります。実験はどれもユニークな題材でこの学科でないとできないものばかりで面白いです。
      そしてこの実験の授業は研究室選びの参考にも大いに役立ちます。
    • 研究室・ゼミ
      現在では4回生から研究室は始まります。
      各研究室で何を研究しているかなどはホームページを見てみるとわかりやすくて良いかと思います。
      研究室によってやっていることも雰囲気も様々です。
    • 就職・進学
      学部卒でも院卒でも就職はわりといいので入学後も過度に心配する必要はありません。
      就活に関しても研究室の先生や就職支援課等に相談できるためサポート十分です。
      この学科は全体的にメーカーに就職する人が多いです。
      同志社だと厳しいかなって思うような大手企業に就職する人もいるので、大学時代の頑張りで未来は変えられます。
    • アクセス・立地
      他の方もおっしゃってると思いますが、立地は不便です。
      地方の大都市(特に名古屋市、広島市、福岡市、北九州市)や首都圏出身で受験を考えている人はオープンキャンパス等で京田辺キャンパスに一度来てみて下さい。

      はっきり言って大都市で幼少期から高校までを過ごした人が初めて下宿するにはハードルが高いと思います。
      大学周辺には片手で数えれるほどの数しか飲食店はなく、大学の近くで遊べる場所も他大学と比較して少ないです。
      勉強や研究に打ち込むにはうってつけの環境ですが、勉強するより遊びたいっていう人には退屈な環境だと思います。

      関西出身で通う方も1、2限の授業始まる時間の電車はわりと混みます。特に1限の時間は近鉄奈良線はまだ大丈夫ですが、JR学研都市線はサラリーマンと学生でかなり混み合います。ギリギリの電車ではなく一本前の電車だとだいぶマシになるので、オススメします。

      これは下宿生、通い関係ないのですが、医情報学科の研究室がある医心館は正門から歩いて10分近くかかります。医心館の側にデーヴィス記念館前というバス亭があるので、雨の日などは新田辺駅からバスで行くと便利です。
    • 施設・設備
      医心館はとても綺麗でフリースペースなどもあって勉強もしやすい。一方でエレベーターが一つしかなく、混みやすいのが難点です。
      私立大学だけあって授業を受ける教室も綺麗だし、清掃もよくできています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人はサークルや学科でつくる人が多いです。
      Twitterやインスタなどで入学前から同学科の人と繋がっている人もいますが、SNSをやっていない人でもサークルの新歓イベントや学科の履修相談会などでつくれますし、入学後につくっても遅れをとるようなことはありません。
      学科では5月くらいから仲のいい友人同士でグループができ、次第にそのメンバーで授業を受けたり、昼食をとるような形になっていきます。
      またこの学科では医情報実験やプログラミングなどペアワークを課す科目がいくつかあるため、そういった授業がきっかけで友達を増やすこともできます。
      サークルがきっかけで彼氏や彼女を見つける人も多くいますが、学科つながりで仲良くなり恋愛関係に発展するというケースもうちの学科ではよくあります。
      個人的には学科は男子校や女子校出身の人が恋愛しやすい環境だと思います。

      人間関係だけで言えば、この学科は高校のクラスの延長みたいな感じです。テスト終わりに複数のグループで打ち上げ飲み会をしたり、長期休みに旅行に行ったりと学科の人同士の仲がいいです。
    • 学生生活
      サークルの数が多くないので、場合によっては今出川キャンパスまで行かないと自分の入りたいサークルがないこともあります。
      他にもサークルは京田辺キャンパスにはあっても部員が京田辺キャンパスには全然いないなんてケースもあるため、新歓やサークルイベントに積極的に参加をした方が良いです。
      大学内にはサークル以外にも学祭のスタッフ募集やボランティアなど面白そうなイベントの宣伝もあるため、いいサークルを見つけられなかったらそういったイベントに参加するのも手だと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メーカー
    投稿者ID:462592
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 同志社大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

  • 男性在校生
    生命医科学部 医生命システム学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      1回生から他大学から専門の先生をお呼びしてや、他学科の教授による概論が多く、幅広く生命現象や興味のある分野が学べる。総合大学であるので、考古学や経済学など全く関係のない分野の授業も取れる。実習も1回生時からあり卒業研究に向けて必要な技術やここでは言えないような経験も出来る。ただ、理工学や薬学とは違うので、将来をしっかり考えると、他の学科の方が良かったのかなと悩む時がある。
    • 講義・授業
      現役の医師や看護師さんをお呼びしての概論など講義の内容はとても良いものである。英語の論文を読んで、論理的に考えや教授からの課題を答えるこうぎもある。あと、楽をしようと思えばいくらでも楽をできる。簡単に単位が取れるものも他学科と比べると多い。なので、自分自身でどれだけ意識を持ち学べるかがこの学科では重要である。
    • 研究室・ゼミ
      分子生物学分野、神経科学分野、システム生命分野、脳科学分野以上4つの分野があり、3回生秋学期に希望調査がとられる。選考はGPA(大学での各授業における成績のことで、A?Dまでの評定がされる。)が良い人から第一希望へ配属され、1ヶ月程で全員の配属先が決定される。希望調査まで各研究室の教授、助教授の講義が授業に出席していれば必ず受けれるので、そこで興味を持った分野を覚えておくと良い。さらに、研究が早くしたいのであれば、1回生からでも研究室へのアポを取れば研究させてくれるところもある。アドバイスとしては選考時に後悔しないために、1回生の頃からしっかり授業に出席し成績を取っておくことをお勧めする。
    • 就職・進学
      入学後に何度も就職について悩むことになる。薬剤師や工学分野、コンピュータ系への将来を考えているならこの学科は適していない。学部卒では有名企業へ就職される方はいるが、MR(医者に対しての薬の販売。いわゆる営業)や文系職が多くなる。院進学で研究を積めば、製薬や食品、化粧品といった企業に研究職としての希望は出くる。
      就職サポートについては、ガイダンスやセミナーは多数存在する。企業の方による会社説明会も多くの企業がある。ただ、これらのセミナーなどは大々的には告知されない。自分から調べて動かないと遅れることになる。また、参加していなくても何も警告などはされない。なので、色々サポートはやってはくれているが、日頃からアンテナを張って行動していないと痛い目にある。
    • アクセス・立地
      理系学部は全学部京田辺市にある京田辺キャンパスへ通うことになる。最寄駅は近鉄なら興戸駅、JRなら同志社前駅がある。興戸駅からは徒歩で25分、同志社前駅からは15分程かかり、緩やかな長い坂を登らないといけないので、通学の往復だけで結構な体力が必要。また、興戸駅は急行が止まらないので、一つ前の新田辺駅や新祝園駅などで普通電車に乗り換えなくてはならない。
      下宿した場合遊びに行くとなると、京都駅や四条まで行かなければならず、往復の交通費もかなり掛かる。
    • 施設・設備
      3回生までの実習で使える機器は多くはないが、一台でかなり高額の機器も存在する。図書館は最近新しくなり、皆が通いたくなる図書館になっている。ラウンジなど授業と授業の間に、友人と話したり勉強できるスペースかなりある。一つ文句を言うなら、食堂がすくないこと。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科にもよるが人数は比較的少ないところもあり、高校のクラスのような感じで男女共仲良くなれる。授業後にご飯に行くことや、下宿の友達の家に泊まることもよくある。長期休み期間で旅行に行くこともしばしば。サークルも多数存在するので、自分に合ったサークルが選べれば楽しい大学生活を送れるはず。強調するが、自分に合ったサークルが大事。
    • 学生生活
      サークルでの年三回の合宿を始め、多数のイベントがある。京田辺キャンパスと今出川キャンパスと合同のサークルであるが、仲は良く、週末に遊びに行くことを多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は幅広く学び、2年次からはより専門的になる。必修科目はそれほど多くないので、自分の興味で選択できる。卒業論文は4回生から。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      院進学
    投稿者ID:427864
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    生命医科学部 医工学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      複合的な分野について、それぞれの専門の先生が綿密に教えてくれる。中には厳しい指導という人もいるが、あのときの指導があったから社会に出てもスムーズに業務をこなすことができている。就職支援もとても充実している
    • 講義・授業
      講義内容は1回生は基礎分野。高校の延長戦と製図など機械系の基礎知識。2回生は少し応用で実習などもある。3回生は実習があるが、しっかり単位を取っておけばあまり授業はない。4回生は研究室での卒論作成
    • 研究室・ゼミ
      院進学の人は3年間を見据えたテーマを4回生のときからできるのでじっくり研究ができる。研究室はとても楽しい。教授からの指導も手厚く、海外発表などの経験もさせてもらえる。なにより、先輩後輩同期との強い繋がりを持てる
    • 就職・進学
      院については学部でも成績が良ければ推薦を利用できる。私も利用した。また、就職サポートも手厚い。大学OBと教授とのコネクションにより、ある程度のルートが確立されている
    • アクセス・立地
      大学の近くは田んぼと山でとても田舎。京都や大阪からのアクセスは悪い。しかし、大学の近くにはマンションも多いので、近くに住む分には困らない
    • 施設・設備
      大学の施設は充実している。校舎もレンガ造りでおしゃれである。また、研究設備も充実しており、最先端の研究ができたことを記憶している。図書館も広く、参考文献には困らない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数が少ないので、みんな友人であった。研究室に入ってからは長い時間を共にしたので、家族のような存在であった。もちろんカップルも多かった。一人暮らしが多いので、交友の自由度はみんな高い。
    • 学生生活
      サークルに入ったこどがないからわからないが、大学内には公式から非公式まで本当にさまざまなサークルがあった。大学内でのアルバイトなどもあった。私は健康診断の誘導のアルバイトをしていた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目は基礎的な学問。製図や物理学。ほぼ必修科目。
      2年目は実習と応用的な学問。統計など。
      3年目は実習。
      4年目は研究室にて卒論の作成。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手化学メーカー研究職
    投稿者ID:428373
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    生命医科学部 医生命システム学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先生や研究室が身近。研究室に通いたいと思えば一回生から通うことが出来るなど、自由度が高い。過ごしやすい。しかし履修が大変。
    • 就職・進学
      学部卒は基本的にMR。院卒は研究職に進む人がちらほらいるがやはりMRが多い。しかし製薬系が多く大企業の名も連なる。
    • アクセス・立地
      生命医科学部の建物である医心館はとても過ごしやすく素敵な場所であるが、そこにたどり着くまでの道のりと、門に着くまでの田辺坂がただただ辛い。それを除けば特に問題はない。無料のジムなどもあり設備の充実という面では文句なし。
      交通手段としては基本的にJR同志社前駅、近鉄興戸駅の二つが上がる。興戸から正門まではかなりの距離があり人によっては20-30分ほどかかる。同志社前からは10分程度。
      一駅先の三山木駅で降り、バスで登校する学生も少なくない。
    • 施設・設備
      かなり充実している。売店や食堂は言わずもがな。体育館、ジムなどもあり、困ることはない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1-2回生の間は生物学、化学、物理学をベースとして基礎学問をしっかり学ぶ3回生からやっと専門科目に移る。
    投稿者ID:388248
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    生命医科学部 医生命システム学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      生命科学や医学に興味がある人にはおすすめです。基礎的な生物学から臨床まで、幅広く学べます。特に臨床は強みではないでしょうか。医学部でもないのに実際に現場で働く様々な医師からお話を聞けるというのはこの学科の魅力です。
    • 講義・授業
      大学ならどこでもそうだと思いますが、自分からどんどん指導を求めていけば、多くのものが得られます。ただし、先生方は研究でお忙しいですから、「高校生にとっての先生」の延長として考えてはいけません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはありません。研究室の数がすごく多いわけではありませんが、色々な研究室があるのでその中からマッチするものは見つかると思います。実際に研究室に配属されてから充実するかどうかは自分次第です。
    • アクセス・立地
      JR同志社前駅から徒歩10分もしくは近鉄興戸駅から15分かからないくらいの距離ですが、研究室のある建物が正門から遠いため実際はもう少しかかると考えていただければ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      数学、生物学、化学、物理学など高校から大学への橋渡しのような講義があると共に、分子生物学、薬理学など専門性の高い講義もあります。
    投稿者ID:386763
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    生命医科学部 医生命システム学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      に、基本的、やりたいと言ったらやらせてくれるところです。強制されることはほとんどありません。その一方、やらない人はやらないです。研究をしたい人が多いです。
    • 講義・授業
      医療について、教授方がされている最新の研究について聞けるの魅力的です。優しい教授方が多いです。生徒はみんな真面目です。基本的に。
    • 研究室・ゼミ
      あまりよく分からないのですが、成績順で研究室は決まるようです。成績がないと行きたいとこに行けないかもしれません。周りのみんなは頭が良くて困ります。
    • 就職・進学
      創薬、化粧品の開発、営業に進む人か多いです。でも、決まってなく、銀行や市役所などに就職する人もいるみたいです。あと、院に残るのは難しいそうです。取れる資格は教員免許くらいです。自ら取らなければ、何もないです。
    • アクセス・立地
      とにかく駅から大学までが遠いです。歩いて20~30分はかかります。しかも坂です。ただ、田舎なので、雰囲気は和やかだと思います。何にもないですが...。
    • 施設・設備
      建物ほどれも綺麗です。この学科に限っては、研究設備はかなり良いみたいです。図書館は自習室としてよく利用しています。勉強しやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ学科の子は1年でみんなの顔を覚えられます。人数が少ないので。サークルにも入れば、また交友関係は増えるでしょう。
    • 学生生活
      学部・学科から外部でのイベントなど紹介してくれることがあります。私が所属しているサークルはそんなに規模は大きくないですが、仲は良いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      ほとんどが生物関係です。そこに化学や物理などを絡めて考えていきます。癌の話もよく出てきます。教授が研究しているので。そういうのに興味があればオススメです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中学か高校の教員
    投稿者ID:409328
    この口コミは参考になりましたか?

371-10件を表示

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 京都府 京都市上京区今出川通烏丸東入
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 今出川
電話番号 075-251-3120
学部 法学部、 経済学部、 商学部、 文学部、 神学部、 社会学部、 政策学部、 文化情報学部、 心理学部、 理工学部、 生命医科学部、 スポーツ健康科学部、 グローバル・コミュニケーション学部、 グローバル地域文化学部
概要 同志社大学は、京都府に本部を置く私立大学です。通称は「同大」「同志社」。1875年、明治六大教育家の新島襄によって創立された同志社英学校を前身とし、設立された大学です。「グローバルな人材育成」を基盤に、知識教育も偏りがないようキリスト教に基づく「徳育」を並行して行っており、海外留学生の受け入れや派遣、首都圏に向けての情報発信や社会との関係強化にも力を入れています。 「今出川」「室町」「新町」「烏丸」の4つのキャンパスがある今出川校地。「京田辺」「多々羅」「学研都市」の3つのキャンパスがある京田辺校地の他、大阪と東京にそれぞれサテライト・キャンパスがあります。海外留学以外に国内留学も実施し、早稲田大学に1年間留学する制度を設けています。異なる地域で学ぶことで視野がさらに広がることを目指します。

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

同志社大学の受験に強いおすすめの塾 取材レポート

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  生命医科学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1361件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (234件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 4.01 (1115件)
東京都豊島区/池袋駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

35.0 - 65.0

★★★★☆ 3.72 (808件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。