みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  グローバル地域文化学部   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.00

(1246)

グローバル地域文化学部 口コミ

★★★★☆ 3.96
(23) 私立大学 351 / 1596学部中
学部絞込
学科絞込
231-10件を表示
  • 女性卒業生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分の所属するコースに捕らわれず、他のコースの授業も受けることができ、自分の興味のある授業を受けやすい。また、卒業に必要な単位も内訳は比較的自由度が高く、同じグローバル地域文化学部の授業だけではなく、他学部の授業も多く受けることも可能。
      ただ、まだ新しい学部なので手探りで授業を作り上げている部分は否定できない。
      端的に言えば、外国語学部と国際教養学部を足して2で割ったような学部。
    • 講義・授業
      大学の授業というものはそういうものなのだろうが、高校までのような指導してくれる色は薄い。
      必修科目は多くの学生が受けるので聞いている人は聞いているし、聞いていない人は聞いていない。それでも他学部よりは学生の人数は少ないのでまだ目が行き届いている方であるし、真面目な学生が多い。
    • 研究室・ゼミ
      1期生であったこともあり、普段の授業よりもゼミはなおいっそう手探りであった。自由な雰囲気で良かったが、一般的なゼミらしさを強く求める方には少し違うように感じるかもしれない。
    • 就職・進学
      これも新設だからということではあるが、初めてのことであまりサポートが固まっていなかった。なので力強いサポートがあるとは言い難い。
      あくまで自分の知る範囲内ではあるが、同志社大学の学生が多く金融関係に進む中、グローバル地域文化学部の学生はあまり銀行などを選ぶ者が少なく、メーカーに行く者が多い印象。
    • アクセス・立地
      学部の本拠地は今出川キャンパスから徒歩5分の場所に離れているが、受ける授業によって全然校舎が変わってくる。移動が大変というのは否定できないが、今出川キャンパスは地下鉄から直結しているため便利。今出川キャンパスでは学生が多過ぎて昼ごはんがかなり大変だが、烏丸キャンパスは比較的学生の人数が少なくていい。
    • 施設・設備
      建物が新しく、すごくきれいです。思っている以上にきれいな建物で過ごせるというのは良いものですし、快適です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ学部、コースでも興味を持っている分野がさまざまです。同じヨーロッパコースにいたとしても、取っている言語が違ったり、文化が好きな学生もいれば社会学が好きな学生もいて、本当に色々な人がいます。ほどよく興味の幅が広がります。
    • 学生生活
      フランス語の先生がフランス語の授業を受けている学生で希望者を集めてフランス語の話をしたり、知り合いの伝で日本に旅行にきた大学生を呼んだりもしたこともあった。
      自分はその際にフランス人の子を家に泊めたり遊びにいったりした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は担当する先生の研究分野をベースに特定に偏らない見方を学ぶ感じです。他の学部内の授業や他学部の授業で自分の興味を深めていくようなかたちです。言語については、1年生の時に多めに授業を取れば卒業はできます。あとは自分がやりたいかどうかでその後もとるかどうかが変わります。
      卒業論文は自分がやりたいことを何でもできます。ゼミの先生が専門でなくても書き方や資料の探し方などは教えてくださるので、自分で進めていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メーカーの事務職。
    投稿者ID:427400
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      海外の文化や歴史、グローバル化の時代に起こる世界的な問題(紛争、環境問題、民族問題など)が学べます。幅広いテーマの中から自分の興味がある分野を学ぶことができます。学部の人数も少ないので知り合いが多く、アットホームな雰囲気。
    • 講義・授業
      幅広い分野の専門の先生がいるので様々な授業があることが魅力的です。単位はレポート提出や出席重視の授業が多いのでまじめに授業に取り組めばあまり落とさないはずです。
    • 研究室・ゼミ
      本格的なゼミは3年生から始まります。コースごとにいくつかのゼミがあってそのなかから自分の研究テーマに近い先生のゼミを選びます。ゼミごとに活動内容は異なりますが基本的には卒論に向けた内容です。
    • 就職・進学
      2013年度設立の新しい学部なので就職実績はまだはっきりしていません。グローバルと名がついていて、留学経験や、外国語能力に長けた人が多いので海外とかかわる仕事に就く人が多いと思います。学校からのサポートは自分からキャリアセンターへ行くなど行動しなければほとんどありません。
    • アクセス・立地
      最寄駅は京都市営地下鉄今出川駅。駅を出ると同志社のキャンパスの中につながっていてアクセスはとても良いです。学部のキャンパスがある烏丸キャンパスは、今出川駅から徒歩5分ほど。大学の周りには下宿生が多く住んでいます。
    • 施設・設備
      新しいキャンパスなのでとても綺麗です。小規模なので少し物足りないことも、、、ですが学部のキャンパスで使えない施設はメインの今出川キャンパスまで行けばだいたい揃っています。(徒歩5分)
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小規模の学部なので学部の友人はだいたい知っている人。特に第二外国語の授業やゼミなとで同じクラスのメンバーとは仲良くなると思います。女子の比率が高いので学部内恋愛はそこまで多くはないかもしれません。笑
    • 学生生活
      サークルは山ほどあるので選ぶのが大変です。自分に合った雰囲気、活動頻度のサークルを選べば楽しい大学生活が送れるはずです。新入生オリエンテーション期間に各サークルがブースを出しているのでその期間にいろんなサークルを回れば良いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生ではグローバル化についてや、各地域の文化の多様性や地域の歴史について学びます。2.3年生からは自分の興味のある地域やテーマの授業をとる人が多いです。多様な学問分野を学べます。また言語の必修単位が他学部よりは多いです。外国語をメインで学ぶ学部ではないので外国語を使って、その地域のことを学びたいという人にオススメです。外国語をメインで学びたい場合はグローバルコミュニケーション学部がいいと思います。卒業論文は必修でゼミでそれぞれ自分のテーマを決めて取り組んでいきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      旅行会社の総合職
    投稿者ID:409998
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      留学が必須の学部なので、外国語を身につけたい人には最適。英語や多言語も、自分次第でいくらでも学べる機会が用意されている。一方で、留学の期間は定められていないので、自分で1カ月、半年、1年の中から選んで応募する必要があり、奨学金も少なく、サポートがあまり受けられない点で5点には達しない。
    • 講義・授業
      様々な分野について研究している講師が揃っている。カリキュラムが比較的に自由に組める学部なので、自分の興味がある授業を選べる点がよい。課題は他学部に比べるとあまり多くなく、レポート課題においては主題を自分で設定できることが多いので、研究したい分野の知識を深められる。ただし、講師によって授業の進行速度や雰囲気はバラバラなことや、生徒側が発言する機会の少ない受け身の授業が多いこともあり、評価は4点にとどまる。
    • 研究室・ゼミ
      もともと他学部に比べて人数の少ない学部なので、選べるゼミも少なく、自分の興味がある分野のゼミがないこともある。(その場合、一番近そうな研究をしている講師のゼミに入る。)学部の特徴上、海外の何かについて研究している人が多く、その研究内容もバラバラなので、フィールドワークなど外での活動がない。ただし、ゼミの雰囲気は良く、講師との距離も近い。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートについては、一度先輩の就職相談会が学部全体で行われた。(参考になった)新しい学部ではあるが、先輩、同学年ともに名の通った一流企業に就職している人が多くいる。グローバル化に伴って語学力が求められることも多いので、その点で企業にも好感をもってもらいやすい。
    • アクセス・立地
      駅からもメインキャンパスからも徒歩10分以内で、特に不便を感じたことはない。メインキャンパスでない分、落ち着いた雰囲気がある点も良い。大学のすぐ近くに居酒屋、カラオケ、サイゼリア等の飲食店、ラーメン店があり、授業終わりに近場で遊びやすい。また、電車を使えば10分以内で、京都の一番栄えている場所でもある四条河原町に行くこともでき、買い物、居酒屋、ボーリングなどの娯楽施設等すべてそろっている。
    • 施設・設備
      キャンパス内にはファミリーマートとPCルームがある。ラウンジが非常に広く、人数も少ない分時間をつぶすには居心地が良い空間。図書館と食堂はメインキャンパスにあるので、移動しなければならず、5点には達さない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内には多くのサークルや部活があるので、必ず自分が興味のある団体を見つけることができる。学内の恋愛関係は、学部内よりもサークル恋愛のほうが多く、どちらかというと先輩と後輩の他学年ラブが多い。友人関係は、サークルも学部ともに友人を作りやすく、一緒に海外に行けるような友達も見つけられる。
    • 学生生活
      大学の学生生活は、サークルと恋愛が7割、留学が3割を占めていた。サークルは行けば行くほど楽しいし、イベントも仲間も充実していて、自分のホームのような居所だった。また、留学やボランティアなど、学内には様々なことに挑戦できる機会が用意されているので、少しでも興味があれば絶対に挑戦してみるべき。私は半年間の留学に参加したが、一生忘れられないほどの経験と思い出を得ることができた。サークル、留学、アルバイト、学問、なんでもいいので、したいと思ったことは学生のうちに全部することをお勧めします!
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      世界各地域の歴史と文化の研究がメインの学部。講師は自分が研究している内容に関連した授業をするので、内容は歴史や文化といっても多種多様。例えばラテンアメリカの気候や植物、食べ物に関する授業や、ヨーロッパの様々な古代文字に関する授業、アジアであれば中国の映画文化の変容など。3年次以降は卒業論文に向けて自分の研究テーマを設定し、それに向けて文献を読み込んだり、論文の書き方を学ぶことがメイン。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手食品メーカーの総合職(事務・営業)
    投稿者ID:409983
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      勉強するために来ている学生が多く、切磋琢磨しながら学ぶことができた。個性溢れる先生や学生が多く楽しかった。文化や歴史、言語に興味はあるが、それをどのように学問的に昇華させたいかわからない人にとっては幅広く学びながら興味の対象を絞れるのでよいのでは。
    • 講義・授業
      概ねよいが、学部で学ぶことのできる地域や言語に多少偏りがあり、独学で勉強している人もいた。普通に勉強していれば当たり前に単位も取れる。
    • 研究室・ゼミ
      教授の知識が豊富なためあらゆる分野に興味を持つ学生が集まっている。また、在学留学しながらの履修にも理解があり助かった。卒論は私の代が2期生ということもあり、まだ手探りな感もあるが、学生も真面目であり先生も発破をかけて下さるので概ね順調に進んでいる。
    • 就職・進学
      わたしは3年時に在学留学をしたため、説明会などにも参加できず就活の開始時期が遅れたが、同じ経験をした先輩方は少なくなかったので話を聞くことはでき、第一志望の会社の内定を得られた。周りもほとんどが内定を得ている。
    • アクセス・立地
      地下鉄今出川駅から徒歩5分ほど。真夏や雨の日は少し億劫なときもあるが、アクセスは新町キャンパスと比べるととてもよいと思う。
    • 施設・設備
      志高館は新しい建物なのでとてもきれい。ラウンジもあるし静かに勉強ができるスペースもある。欲を言えば、ファミリーマートではなく生協のコンビニがあったときのほうがよかった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部は女子のほうが多いが、仲が悪いということはない。ただ、ヨーロッパコースはかなり個人主義な印象。少人数のグループが多い。グループ同士も仲が悪くない。
    • 学生生活
      サークルに参加していないのでなんとも言いようがないので、「どちらでもない」の意味を込めて3を選んだ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1-2年次は一般教養的に広く浅くヨーロッパについて学んだ。語学の授業も初歩的。3年次からは自分の興味のある分野や地域に関する専門的な授業を受けられるようになる。卒論ゼミ開始。4年次は単位を取りきっていれば、卒論でしか大学に来ない人も多い。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      文具メーカー、国内営業
    投稿者ID:410937
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学科の特殊な名前が就活の時突っ込まれて面倒。歴史の授業が多く、他学部に比べ大学全体の様々な授業が履修可能で、ゼミも少人数(平均他学部のゼミより10人くらい少ない)。
    • 講義・授業
      単位は取りやすい。授業は歴史関連が多いためどうしてもあらゆる科目が似たような内容になる。あるいは移民難民問題。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは三年生から。そもそも学科の人数が少ないこともあるがゼミの選択肢があまりなく、好きな研究が、できるかはなんとも言えないところ。
    • 就職・進学
      一つ上の先輩の就職実績は大学全体でも良い方だったらしい。就職については大学のキャリアセンターがセミナーを開いたり、直接相談に行ったりする。三月から2週間ほど続く学内企業説明会は有名どころの大企業はほぼ参加していて数も多く充実していた。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は今出川で京都の中でもとてもアクセスの良い場所。メインの今出川キャンパスからは徒歩で五分くらい離れているのが少し面倒くさい。
    • 施設・設備
      新しい学部なのでとても綺麗で、一階部分はほぼ学部専用である。地下のコンビニが昼休みになると大混雑して商品が無くなることと、電波が悪いのが不満。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      上と下の学年は男子も多く仲よさそうに見えるが私達の学年は男子はいるものの女子ばかりのイメージで学部全体でイベントをすることもない。それぞれ友人はいるが充実はしていない気がする。
    • 学生生活
      サークルは二年生でやめた。私の学生生活はアルバイトも友人関係もとても充実しているが、それも京都に一人暮らしをしたからこそだと思う。学生の街であり、かつ世界遺産だらけの京都ではここだからこその経験ができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目が比較的少ないので色々な学部の授業もとれて面白い。ヨーロッパコースについてはヨーロッパの戦争、奴隷、植民地支配の歴史や、現代のイスラム問題、EUの難民の受け入れ問題に関する授業がとても多い。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大手航空会社のSE
    投稿者ID:413852
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 同志社大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      世界に国や地域について関心を持つ人ならいろいろなことを吸収できる学部だと思います。
      ただ難しい専門用語や興味のない分野のことも学ばなければならないので自分から意欲的に取り組むことが大事かなと思います。
      また学生もそのようなことに関心がある人が多いので留学やボランティアに積極的に参加する人が多いです。お互いに刺激しあえるいい環境だと思います。
    • 講義・授業
      大変充実しています。
      ただ、講義を受身に聞くだけでは無駄になってしまうので、興味がある内容は自分で調べたらまとめたりした方がゼミや卒論で研究したいことにのちのちつながると思います。
    • 研究室・ゼミ
      言語学、民俗学、社会学などさまざまに学べます。
      わりと少数なので意見交換もたくさんできると思います。
    • 就職・進学
      新設学部なのでまだ知名度はないとは思いますが、サポートは十分にあると思います。
    • アクセス・立地
      専用の至高館が今出川キャンパスから少し遠いのでそこは不便です。
    • 施設・設備
      とても綺麗ですし、学ぶ環境には適しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係や恋愛関係はサークルや学部などの出会いを大切にすれば実りあると思います。
    • 学生生活
      やはり大きな学校なのでサークルの規模もイベントの規模も素晴らしいです。
    投稿者ID:347100
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      語学に加えて多様な文化や学ぶことができるのがなによりの魅力。語学だけでは物足りないと言う学生に大変おすすめしたい。
      研究室は、自分の学びたい分野に特化して学ぶことができ、研究を深めることができる。教員との距離も近く、研究を進めやすい環境にある。
      学部としては大きくないが、それゆえに学生同士は仲良くなれるということもこの学部の良い部分だ。深い関係を築いた仲間とはプライベートでも交流することができる。また、グローバル地域文化学部の学生は5年前に建てられた新しいキャンパスで学ぶことができる。同志社生誰もがうらやむような非常にきれいな施設で豊かな大学生活を送ることができる。
      さまざまな地域の文化を広く学ぶことでグローバルな社会を多角的な視点からとらえられるようになり、社会に出たときに活躍できる人材となることは間違いない。
    • 講義・授業
      報道ステーションのコメンテーターを勤めている講師など社会的にも広く認知されている講師も多く非常に指導が充実している。
    • 研究室・ゼミ
      充実している。
    • 就職・進学
      十分である。
    • アクセス・立地
      アクセスは抜群に良い。
    • 施設・設備
      新しい。きれい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      かわいいひとは多い。
    • 学生生活
      充実しておる。
    投稿者ID:344969
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      様々な教授がいておもしろい学部だと思います。しかし留学必須と言いつつ制度が完全ではなく、長期留学に行きたければGPAも必要となります。
    • 講義・授業
      充実してると思います!様々な分野を学べるし、グローバルな視野を広げるにはピッタリな学部であると思います!
    • 研究室・ゼミ
      コースによっては選択肢が少なく、自分が本当にやりたいことができるかどうかはわかりません。どこかのゼミには必ず所属しないと行けないので、そういう人には少しゼミ選択が厳しいかもしれないです。
    • 就職・進学
      自分から動かなければほとんどサポートは得られないと思います。学内で就活セミナーや説明会は、行われますが、ESの添削などは自らキャリアセンターに出向く必要があります。スタッフによっては、すごく厳しいことも言われたりするようなのでメンタル弱い人には、あまりオススメできないと思います……。
    • アクセス・立地
      駅から直通なので、雨にも濡れずに大学へ行けます。ただキャンパス間の移動がある場合は少し時間がかかるので大変なこともあります。
    投稿者ID:340984
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      とてもいい大学だと思います。設備が完全されていますし、駅に近いので便利です。学園活動も多彩できっと充実した大学生活を過ごせると思います。
    • 講義・授業
      学科で行われる講義、先生の指導が充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      学科の研究室・ゼミが充実しています
    • 就職・進学
      学科卒業生の就職実績や、サポートは十分です。校内によく就職講座が行われます。支援がちゃんとしています。
    • アクセス・立地
      今出川キャンパスは駅に近くて、直結の出口もあるので、非常にべんりです。京田辺キャンパスまでのシャトルバスがあります。室町キャンパスまで15分くらい
    • 施設・設備
      学科の施設・設備が充実しています。学食2つ、スキャンもプリントアウトも何箇所かあります。図書館も広いですし、
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係、恋愛関係が充実しています。
    • 学生生活
      学内のサークルやイベントが充実しています。サークルたくさんあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      グローバル関係を勉強しています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融会社、営業
    投稿者ID:340637
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      まわりの人数も多いし、先生方も優しい先生が多いので、とても楽しんで通わせていただいております。おすすめしたい学科です。
    • 講義・授業
      講義は興味があるとものが多く、先生との距離も近いので質問もしやすいです。グローバルなことを学べます。
    • 研究室・ゼミ
      数あるゼミの中から自分の興味のあるものを選んで、そこにいきます。ゼミによって内容や頻度が全然違ってくるので選ぶのはとても大切だと思います。選ぶものによって自分の将来も変わってくるかもしれないので。。そこは慎重に選んだほうがいいと思います。
    • 就職・進学
      就職の相談などができる部屋もあり、サポートも充実しています。卒業された先輩方もたくさんおられるので、就職の際に入りやすかったりします。また、サークルなどに所属していると先輩方から話も聞きやすいし、どの企業がどんな感じなのかを知りやすいです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は今出川駅で、その駅からは徒歩一分ほどでつきます。とても近いです。そのほか、出町柳駅からも行けるし、近くにバス停もあるのでバスでも通えます。
    投稿者ID:340507
    この口コミは参考になりましたか?

231-10件を表示

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 京都府 京都市上京区今出川通烏丸東入
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 今出川
電話番号 075-251-3120
学部 法学部、 経済学部、 商学部、 文学部、 神学部、 社会学部、 政策学部、 文化情報学部、 心理学部、 理工学部、 生命医科学部、 スポーツ健康科学部、 グローバル・コミュニケーション学部、 グローバル地域文化学部
概要 同志社大学は、京都府に本部を置く私立大学です。通称は「同大」「同志社」。1875年、明治六大教育家の新島襄によって創立された同志社英学校を前身とし、設立された大学です。「グローバルな人材育成」を基盤に、知識教育も偏りがないようキリスト教に基づく「徳育」を並行して行っており、海外留学生の受け入れや派遣、首都圏に向けての情報発信や社会との関係強化にも力を入れています。 「今出川」「室町」「新町」「烏丸」の4つのキャンパスがある今出川校地。「京田辺」「多々羅」「学研都市」の3つのキャンパスがある京田辺校地の他、大阪と東京にそれぞれサテライト・キャンパスがあります。海外留学以外に国内留学も実施し、早稲田大学に1年間留学する制度を設けています。異なる地域で学ぶことで視野がさらに広がることを目指します。

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

同志社大学の受験に強いおすすめの塾 取材レポート

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  グローバル地域文化学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1361件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (234件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 4.01 (1115件)
東京都豊島区/池袋駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

35.0 - 65.0

★★★★☆ 3.72 (808件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。