偏差値・口コミ情報から全国の大学を探すことができます。

一覧・ランキング

偏差値一覧(ランキング形式)

口コミランキング

有名人ランキング

口コミ

  • 女性在校生
    大阪女学院大学 国際・英語学部 (大阪府 / 私立 / 偏差値:35)
    在校生 / 2017年入学
    • 総合評価
      英語を本気で勉強したい人にとっては不向きな大学だと思います。どちらかと言えば大学で遊びたい人が集まるようなところです。実際英語が好きで学びたくて入ってきてる人はほんのひとにぎりです。ここにくるぐらいなら浪人したほうが人生のためになります。向上心はないし喧嘩は絶えずここでできた友達とはもう縁を切りたいです。入学しないことをお勧めします。
    • 講義・授業
      ネイティブの先生と日本人の先生の両方で授業は行われますが内容に関しては中学生〜高校生でやったようなものばかりです。ネイティブの先生の授業は人権問題や国際問題、女性問題のテーマをよく扱われますが、もし教科書どおりのこと以外のことを言うとかなり正されるので気分が良くないです。あくまで綺麗事といった感じです。
  • 男性卒業生
    新潟大学 法学部 (新潟県 / 国立 / 偏差値:47 - 65)
    卒業生 / 2013年入学
    • 総合評価
      公務員志望と民間志望で97%を占めてる感じ。民間は積極的にインターンシップ等やイベントに参加しているひとは、それなりによく聞く企業に就職できている。公務員は講座がしっかりしていることと、生真面目で勤勉な人が多いのもあって、しっかり勉強していれば試験をパスできている。
      大学院については圧倒的に情報不足。地方国立大学には予備校も情報源(パンフとか)を置いておらず、志望者もいないことから厳しいと言わざるを得ない。
      文系学部が一つの建物に集約されているが、授業の時間帯が違うため混み合うこともあまりない。混み合うのは学期始めと試験前ぐらい。
      授業は身になるものとそうでないものの差が激しすぎる。「単位のためとは言え、こんな授業受けないといけないのか〜」となったのも思い出。
      個人的には、地下にあるパソコン室の換気と匂い取りを切実に希望したい。卒業して1年ぐらい経つが、恐らくまだジメッとしていることが予想される。
      あと、長期休暇でもしっかりと大学の設備が使えることも希望したい。
    • 講義・授業
      先述の通り、身になるものとそうでないものの差が激しい。法学部の単位だけで卒業しようとする人はあまり居ない気がする。楽単の経済とか人文とかも併せて単位を取得していく人が多い。まぁ法学部の単位だけじゃGPAも低くなるだろうし。
  • 男性在校生
    新潟県立大学 国際地域学部 (新潟県 / 公立 / 偏差値:50 - 52)
    在校生 / 2016年入学
    • 総合評価
      国際情勢や多文化共生、異文化理解について学びたいと思っている学生には授業内容や教員が揃っており、良い環境だと思う。教員と学生の距離が近く感じられ、ほとんどの教員の研究室には気軽に立ち寄ることができる。
      一方で、惰性で学生生活を過ごし卒業することも可能である。流れに合わせて単位を取得すれば大卒の肩書きを手に入れることができる。そのような学生が多くいることも事実である。
    • 講義・授業
      授業の中にはスライドをただ読み上げるだけの不毛なものがいくつかある。各自の興味関心に応じて感じ方が異なるとは思うが、授業構成がしっかりしていないものがありがっかりする。
      しかし、ACE科目と言われる英語の授業(多くは英語を学ぶのではなく、英語で学ぶというコンセプトに近い)は素晴らしい。授業内容が非常によくできている。ACEでは、ほとんどがグループワークを織り交ぜて授業が進行されていく。これに際して、自分の英語力の低さに悲観する必要はなく、みんなで協力して授業に取り組むといった雰囲気があると言える。

大学を探す

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。