みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  政策学部   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.00

(1246)

政策学部 口コミ

★★★★☆ 4.22
(75) 私立大学 66 / 1596学部中
学部絞込
学科絞込
751-10件を表示
  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境と施設がとてもしっかりとしている。
      教授と学生の距離感もとてもよく、勉強するにはとても素晴らしい。
    • 講義・授業
      とても充実している。先生によっては非常に興味深い内容の講義をしてくださることもあり、こちら側としても飽きずに全ての授業に集中できる。このような環境が整った私立大はそうそう見た事なく、これはやはり建学以来、新島襄が確立してきた良心教育の賜物であるな!と日々関心し、己の勉学に励む日々である。
    • 研究室・ゼミ
      とても熱心な先生にご指導頂きほんとうにたすかっております。私自身、勉強はあまり得意な方ではありません。部活動との兼ね合いもあり、授業に参加できることも少ない時期がありました。それでも先生は僕を優しく、まるで母が赤子を抱くようにそっと単位をくださいました。このご恩に関しては決して忘れることは決して、いや、生涯ないでしょう。本当に助かりました。
    • アクセス・立地
      ラーメン屋が非常に多く、ラーメン好きにはもってこいの大学である。チェーン店から個人店までその幅は広くラーメンの種類もまぜそば、二郎系など様々なラーメンを堪能する事ができる。最近ではこのラーメン店舗が非常に増え激戦区化していることの対してあまり良く思わない人もいるかもしれないが、このご時世、ラーメン一杯がどれほど学生の血となり肉となるのかを考えるとこの今出川ラーメン化現象は楽しみの一言では語りきれないほどである。
    投稿者ID:479334
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    政策学部 政策学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      今出川駅に位置していますが、実際は新町キャンパスという今出川駅から歩いて10分ほど離れた場所がメイン校舎になるので、般教や言語の時の移動や、雨の日は大変でした。
      一方で、非常にアットホームな雰囲気、今出川キャンパスとは比べものにならないくらい静かで落ち着いているので自分には合っているなぁと思いました。幅広く浅くなので就活にも困りませんでした。単位も比較的取りやすくいい学部を選んだなぁと友達同士でも言ってました。
      自由な校風と有名ですがまさにその通りで、本当に自由で(出席点をかなり取る教授もいらっしゃいましたが)芸能活動(モデルが多い気がします)をしている人もいました。
      他の学部に比べると地味な人が多いですが、可愛い人(清楚系)が多いと有名でした。毎年ミスキャンパスのファイナリストがいた気がします。
      幅広く浅く学べる学部ですので就職活動では困らず、アットホームな学部なので縦のつながりも強くOB訪問もしやすかったです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手金融機関
    投稿者ID:477238
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      色々な社会に役立つ知識を、総合的に学べる。だけど、深い知識を求めるのなら他の学部が良いかもしれない。良くも悪くも広く浅く学ぶというコンセプトたと思います。新町キャンパスという今出川キャンパスから、歩かないと行けない場所にあるので、教室移動の時は地味にしんどかった思い出があります。あと、大学だとどこもそうだと思いますが、事務室の職員の対応はあまりよろしいとは思えません。学生相手だから舐めてるような対応をされたこともあります。市役所とか役場の窓口を想像してもらえると分かりやすいかもしれません。あと、内部推薦の人たちは、一般入試に比べるとちょっとマナーが悪いところも目立ちました。何百人も入る教室だと私語がうるさく、先生も怒鳴ることもありました。これから、受験される方は、入学後もしっかりと目標を保ってまわりに流されずに学んでください。
    • 研究室・ゼミ
      よくも悪くも無関心な先生だった
    投稿者ID:468842
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    政策学部 政策学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      総合的に学習ができるところが良い。法学、政治学、経済学、国際政治学、社会学など政策立案に際して必要な科目が履修できる。1~2年生のうちに満遍なく受講したうえで、何を深く学びたいか決めることができる。
    • 講義・授業
      多岐にわたる分野の講義を受講できる。教授は気さくな方が多いため、気になることがあれば質問しやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの個性が強い。経済学のゼミ、農業のゼミ、わいわい楽しそうなゼミ、がり勉のゼミなど。説明会で雰囲気は把握できる。
    • 就職・進学
      大手企業、国家公務員、地方公務員が多いです。ベンチャー企業に就職した人もますよ。
    • アクセス・立地
      京都市営地下鉄の今出川駅から直結。雨に濡れずに済む。京都御所が歩いて5分。史跡巡りも楽しい
    • 施設・設備
      施設は比較的新しい。パソコン室も各キャンパスにいくつかあって、誰でもも使用可能。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に所属すると学部以外のより広い交遊関係ができる。学科内でも十分友人はできる。良識があって、比較的落ち着いている雰囲気がある。
    • 学生生活
      サークルも部活も盛ん。年末には学祭があり、サークルごとやゼミで出展している。活気があっておもしろい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年かけて、基礎科目をざっも勉強します。その後、自分が興味を持った分野のゼミに入ります。人気のゼミは面接があります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手子会社の総合職
    投稿者ID:494493
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    政策学部 政策学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      分野が幅広くあるので、専門に学びたいことを決めていなくても、様々な講義を受けていくなかで決めることができるから。
    • 講義・授業
      少人数とまではいかないが、他の学部に比べて一講義の人数も少ないため、真剣に授業を受けることができる環境が整っている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミも分野の異なる教授がたくさんいらっしゃるので、たくさんの項目の中から決めることができる。ゼミによって内容は異なる。
    • 就職・進学
      就職活動が始まる段階で、キャリアセンターがサポートをしてくれる。また、校内での企業説明会も多く開催される。
    • アクセス・立地
      本キャンパスは地下鉄と直結なのでアクセスしやすいが、学部のキャンパスは本キャンパスから徒歩5分ほどの距離にあるので、少しアクセスが悪い。
    • 施設・設備
      メインの施設は本キャンパスにあるため、少し利用がしづらい。ただ、空き教室は自由に使えるため、自習する環境はたくさんある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部の人数が少ないため、一回生の時からほぼ全員と顔見知りになれる。それもあってか、学部内恋愛も多い。
    • 学生生活
      サークルのボックスと呼ばれる部屋がキャンパス内にあるので、サークル活動には参加しやすい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生のうちは政治や経済、金融等とにかく幅広い分野について学ぶ。二回生以降は自分が専門にしたいことの授業を増やしていくことができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中小企業の総合職
    投稿者ID:494507
    この口コミは参考になりましたか?

  • 同志社大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      著名な教授も多いです。また、さまざまな分野を横断した学びができるため、政策立案において重要な力をつけることができると思います。また、比較的少人数のクラスがあるのも魅力的です。
    • 講義・授業
      講義はその分野について著名な教授が行うものも多くあり、特に行政学者はそれに当たります。また、1年次から少人数のクラスがあり、学部の学生数の関係上、より先生とも密接した授業を受けられると思います。
    • 研究室・ゼミ
      かなりクラスによって人気、不人気のバラつきがあります。また、ゼミによっては課外活動を積極的に行うゼミやゼミ外活動があったりしますが、一部ゼミではありません。
    • 就職・進学
      銀行に行く人が多いです。しかし、学部の特色としては、公務員を目指す人にはいいと思います。また、大学としては、まず名前で落とされることはあまりないと思います。
    • アクセス・立地
      地下鉄烏丸線今出川駅直結出口から出られないですが、それでもかなり駅からのアクセスはいいです。周辺にはいくつか食べるところはありますが、買い物できる場所はあまり充実してないです。
    • 施設・設備
      パソコンコーナーは混みますが、使えないほどではないと思います。また、VPNや学内ランから繋いですぐに印刷できるのは便利です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一応大きな大学なので、授業だけで交友関係を広げるのは難しいかもしれません。サークルや部活、あるいは新入生の歓迎会のようなもので出会うことができます。
    • 学生生活
      サークルは数えきれないほどあると思います。また、学祭では、毎年たくさんの出店で賑わっています。著名な芸能人のトークショーなどもあり、楽しいと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年では選択制の必修科目があり、政策学部で学ぶための基礎づくりをします。2年後期からはゼミが始まり、卒業まで基本はそのゼミに所属します。4年次には卒業論文は必修ではないですが、単位が多くもらえます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:493720
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性卒業生
    政策学部 政策学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      政策学は新しい学問であり、法律学や経済学、政治学、行政学から組織論まで幅広い学問を横断的に広く浅く学び、それぞれの学問の中での政策について学ぶことができる。 ゼミナールはそのような中で異なる分野を専門とする教授が存在し、少人数のものから数十人のクラスのようなものまで多様である。
    • 講義・授業
      さまざまな専門分野の教授や講師がおり、幅広い学問から政策学を学ぶことができる。自らの進路や将来を考えるきっかけになるキャリア開発の授業や、公務員試験講座など、卒業後についての後押しも充実している。
    • 研究室・ゼミ
      必修ではないですが、2年の春学期にゼミの説明会や選考があり、秋学期から始まります。教授の指導方針が異なるのはもちろん、ゼミの人数も数人から数十人のところまでさまざまなので、自分に合った学びたいゼミを説明会などを通して選ぶことが重要だと思います。
    • 就職・進学
      金融系や商社やメーカー、公務員などへの就職が多いようです。就職説明会はさまざまな分野の大手企業を招いて行われています。筆記試験や面接の対策セミナーもよく行われています。また毎年一定数は大学院へ進学する人がいます。
    • アクセス・立地
      最寄駅は京都市営地下鉄烏丸線の今出川駅です。政策学部の授業は主に、駅から数分歩いたところにある新町キャンパスで行われています。駅周辺にはマンションやアパート、不動産屋が多いです。
    • 施設・設備
      新町キャンパスにはラウンジやPCルーム、地下蔵書室があります。今出川キャンパスには大きな図書館があり、いつも自習や調べものをしている人が多いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラス単位での授業は基本的に語学やゼミ等限られるので、サークルや部活に所属すると交友関係は広がります。恋愛関係もサークルきっかけが多いようです。
    • 学生生活
      学内のサークルは公認・非公認含め数多い。種類も文化系と体育会系がバランスよく存在する。学園祭はさまざまな団体が模擬店を出店し、歌やトークショーなどイベントも盛りだくさんである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年の春学期には全員共通してさまざま分野の教授から、政策学についての講義を受けます。その後は自らの興味のある分野を中心に履修を進めることが想定され、2年次秋学期のゼミナールからはそれを深めていきます。3年次秋学期から卒業論文演習があり、4年次秋学期の卒業論文発表会が集大成となります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      医療システム業界の営業職
    投稿者ID:490959
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      政策学部といってもひとえに政治学をするだけではなく、政策立案のためには体系的な知識・視点が必要だという理念の下、組織論、政治学、経済学、経営学、法律学等幅広く学ぶことができる。
      2回生秋からはゼミで自分が興味を持った学問についてより専門的に学ぶことができるので、浅く広くで終わってしまうのではないか、と懸念している人も安心してほしい。
    • 講義・授業
      高名な教授陣の下、質の高い講義を受けられる。当然人によって合う、合わないはある。
    • 研究室・ゼミ
      2回生春学期の5月の終わり頃からゼミ選びの時期に入り、2秋から本格的なゼミ演習が始まる。多種多様なゼミがあり、充実度は高いと思われる。
    • 就職・進学
      大手企業への就職実績も多いが、詳しくはまだ未経験なので分かりかねる。
    • アクセス・立地
      地下鉄今出川駅からは徒歩5分、京阪出町柳駅からは徒歩25分ほどで着く。政策学部の講義の9割は新町キャンパスで行われる。キャンパスまでの道は狭く、学生の人通りも多いため、決して通学は快適ではない。
    • 施設・設備
      校舎も比較的綺麗で、設備も一通り揃っているため、特に不便は感じないはず。食堂はやや狭く、昼間は混み合って座る場所がないことも多いが、多少は仕方ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これは同志社大学がどうというよりは本当にその人次第。友達を作る機会はたくさんある。ただ、、一つの教室に同回生約400人が一堂に会して授業を行うため、1講義あたりの受講人数は1学年1000人以上の経済学部すら凌いで恐らく同志社大学全学部中最多だろう。そのため、他学部より濃密な人間関係はやや構築しづらいかもしれない。2回生あたりでグループが固まってしまうと、ゼミが同じだとか、少人数クラスが同じだとかでない限りは新しく友達を作るのはきつい。
      サークルについては多少運なところもある。政策学部生は同じサークルに固まりがちなので、400人いる割には全然政策学部の子がいないサークルも多い。同学部同サークルの友達が作れないから困ることも。
    • 学生生活
      多くのサークルがあるため、サークル選びには困らないはず。
      前述したが、良いサークルに入れるかは運次第なところもあるため、最初にサークルのブースに積極的に行ったり新歓にどんどん行ったりしてしっかり吟味したほうがいい。迷うならとりあえず数サークル入って、自分の居心地のいいサークルに絞っていくとよい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      上述の通り主に政治学、経営学、経済学、法律学、組織論を体系的に学ぶ。1年次はこれらの中から必修として満遍なく取らなければならないためやや窮屈。2回からは選択の自由度が増すので徐々にやりたいことにピントを合わせていくといい。
    投稿者ID:433963
    この口コミは参考になりましたか?

  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      成績がほぼ優だった。
      交友関係が広くなり、人脈ができた。
      知識が深まった。
      学校に誇りを持てるようになった。
      スポーツのことに関して客観的に見れるようになった。
    • 講義・授業
      講義内容に関しては、政策学を中心に法学、政治学、経済学、商学、文学、歴史学等ありとあらゆる分野の学問に関する講義を履修しています。
    • 研究室・ゼミ
      わたくしが所属するゼミナールでの演習は、非常に充実しております。ゼミナール生生同士のつながりは、年代を超えて強いものとなっております。
    • 就職・進学
      就職実績については、過去多くの卒業生が、大手銀行、メーカー、政府機関、国際機関等就職。某N社のヒット商品を生み出したY氏の出身校です。
    • アクセス・立地
      駅から学校までは徒歩0分
      学校の周りには国宝級の寺社仏閣が立ち並び、その中に学校が存在。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、10年ほど前に通路が改修され、よりバリアフリー化し、緑も増え、身心ともに安らぐ空間へと変わった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校の友人関係については、全国各地から集まっており、様々な言葉や習慣を学びながら楽しく有意義な時間と関係を築いています。
    • 学生生活
      サークル活動に関しては、初心者から熟練者まで所属しており、その中で分け隔てなく、互いを思いやり気持ちのいい活動をしています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎科目
      悲愁科目はかなり多く、それ以外の講義がとりずらい。
      2年次からは応用科目が追加され、広い範囲にわたる学問を学ぶことができる。
    投稿者ID:428971
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      幅広い内容の授業があり、1回生のときに浅く広く学ぶことができます。その中で自分のやりたいことを見つけて行くことができるため、何をしたいのかわからない人にはおすすめです。
    • 講義・授業
      講義に関してはそれぞれの教授によって全く異なるので一概に評価できません。もちろんとても質の良い講義をしてくれる良い教授もいますし、自分に合わないと感じる教授もいます。
    • 研究室・ゼミ
      まだ1回生のため、研究室やゼミに関しては全くわかりませんが、先輩方の様子を見ていると、さまざまなコンテストに積極的に参加していたり、海外にいっていたり、充実している様子が伺えます。
    • 就職・進学
      まだ1回生のため詳しくはわかりませんが、実際に企業の方の話を聞く機会や、インターンの案内などは定期的にあります。自分自身が積極的に動けばそのぶんサポートしてくれると思います。
    • アクセス・立地
      駅をでてすぐのキャンパスで、立地はすごく良いと思います。メインの今出川キャンパスではないため人が多すぎることもなく、アットホームな雰囲気です。京都観光にもすぐ行ける良い位置にあります。
    • 施設・設備
      とても綺麗なキャンパスで、不便はありません。自習室、パソコン室等も充実しています。良いキャンパスです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大勢で受ける授業と、少人数の授業のどちらもあるため友達はたくさんできます。学科内でのカップルもみかけますし、仲の良い学科だと思います。
    • 学生生活
      とても忙しく厳しいサークルですが、その分とても充実しているし、真剣に取り組むことができます。友達も増えます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済、政治、経営、組織論、法学など、色々な分野の基礎を浅く広く学びます。2回生以降は、自分の興味のある分野に絞って学ぶ予定です。
    投稿者ID:430419
    この口コミは参考になりましたか?

751-10件を表示

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 京都府 京都市上京区今出川通烏丸東入
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 今出川
電話番号 075-251-3120
学部 法学部、 経済学部、 商学部、 文学部、 神学部、 社会学部、 政策学部、 文化情報学部、 心理学部、 理工学部、 生命医科学部、 スポーツ健康科学部、 グローバル・コミュニケーション学部、 グローバル地域文化学部
概要 同志社大学は、京都府に本部を置く私立大学です。通称は「同大」「同志社」。1875年、明治六大教育家の新島襄によって創立された同志社英学校を前身とし、設立された大学です。「グローバルな人材育成」を基盤に、知識教育も偏りがないようキリスト教に基づく「徳育」を並行して行っており、海外留学生の受け入れや派遣、首都圏に向けての情報発信や社会との関係強化にも力を入れています。 「今出川」「室町」「新町」「烏丸」の4つのキャンパスがある今出川校地。「京田辺」「多々羅」「学研都市」の3つのキャンパスがある京田辺校地の他、大阪と東京にそれぞれサテライト・キャンパスがあります。海外留学以外に国内留学も実施し、早稲田大学に1年間留学する制度を設けています。異なる地域で学ぶことで視野がさらに広がることを目指します。

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

同志社大学の受験に強いおすすめの塾 取材レポート

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  政策学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.80 (1361件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (234件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 4.01 (1115件)
東京都豊島区/池袋駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1060件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

35.0 - 65.0

★★★★☆ 3.72 (808件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。