みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  心理学部

同志社大学
(どうししゃだいがく)

私立京都府/同志社前駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.02

(1475)

同志社大学 心理学部

概要

偏差値

偏差値
62.5
センター
得点率
91%

提供:河合塾

学科情報

心理学科
偏差値62.5
口コミ 4.2462件
■学費
入学金:20万円 年間授業料:93万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.24
(62) 私立内 51 / 1651学部中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    心理学部 心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    実験設備の充実した学校
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ-|就職・進学3|アクセス・立地1|施設・設備5|友人・恋愛3|学生生活4]
    心理学部心理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      実験設備が充実しており、伝統もある学部です。基礎・応用どちらも学ぶことができます。ゼミも幅広いので入学してから興味のあることを選べると思います。
    • 講義・授業
      良い
      幅広い分野の講義があります。基礎・応用どちらも学ぶことができます。
    • 就職・進学
      普通
      1割ほどのひとは大学院に進学します。それ以外は文系就職かと思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅から20分程度、坂を登って歩く必要があります。バスもありますが、高いです。
    • 施設・設備
      良い
      実験設備は充実しています。敷地は広いので、教室も広いところが多いです。
    • 友人・恋愛
      普通
      どれだけ積極的に人と関わるかによります。大学は関係ないと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークル数は多いです。体育会系の部活は敷地内の施設が使えるようです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は基礎。二年時以降は興味のある分野を学ぶことができます。実習も多いです。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      心理学を学んでみたかったから。関西なら有名な学校・学部だから。
  • 女性在校生
    心理学部 心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    実験設備の充実した広大な敷地
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ5|就職・進学4|アクセス・立地1|施設・設備5|友人・恋愛3|学生生活4]
    心理学部心理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      実験設備が充実しており、伝統もある心理学部なので目指す価値はあると思います。ゼミも幅広いので入学してから興味のあることを見つけることもできると思います。
    • 講義・授業
      良い
      心理学のいろいろな分野の講義が設けられています。実習科目も多いです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミが始まるのは3年後期と遅いですが、幅広い分野のゼミがあるので自分の興味にあったものを選べると思います。
    • 就職・進学
      良い
      公認心理師や臨床心理士の資格を取るためには大学院に行くことが必要なので、一割くらいの人は大学院に進学します
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅から20分程度坂を登って歩く必要があります。バスはありますが高いです。
    • 施設・設備
      良い
      実験設備は整っています。また、敷地は広いので教室も広いところが多いです。
    • 友人・恋愛
      普通
      どれだけ積極的に人と関わるかによります。大学は関係ないと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークル数は多く、運動系の部活は学内の施設が使えるようです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は基礎、二年時以降は興味のある分野の授業を取ることができます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      心理学を学んでみたかったから。伝統がある学校、学部だからです。
  • 女性在校生
    心理学部 心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    意外と実用的なことが学べる
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学5|アクセス・立地2|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活3]
    心理学部心理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      入学前にイメージしていた通りの学びができています。研究室は自分の学びたい分野ごとで分かれているのでここもイメージとズレなく学びを深めることができます。但し、入りたいと入学前に考えていた研究室が入学後なくなってしまうこともあるのでそこに関してはマイナス評価点であると思います。施設は十分整っております。
    • 講義・授業
      良い
      講義は実験を行いながらやる演習的なものと座学的なものがあり、どちらも一から学ぶことができます。また、専門分野に留まらず様々な講義があり、他の学びも深めることができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだゼミに入っていないので詳しいことは分かりませんが、興味のある研究室については早めに情報を集めておくべきです
    • 就職・進学
      良い
      就職率が毎年90%を上回っております。大手企業の就職実績もあります。就職n活動について相談に乗ってくれるところがあるので3年生次にはそこへ行くといいです
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅はJR学研都市線の同志社前駅、近鉄京都線の新田辺駅です。そこから15分?20分歩いてようやく大学内に入れます。駅周辺もあまり栄えているとは言えません。しかし、下宿先はかなりあります。
    • 施設・設備
      良い
      図書館やコンピュータの使い勝手がとても良いです。一つ難点をあげるならば施設を利用するために移動する距離が長いことです。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルや部活は幅広くあります。しかし、講義の選択の幅が広いために固定の友人を作ることがやや難しいです。
    • 学生生活
      普通
      サークルの幅は広く、運動施設も充実している方であると思います。しかしキャンパスごとに異なっており、実質参加できないサークルやイベントがあるところが難点になります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は心理学の基礎的な部分を学びます。また、データを扱うために必要な統計学についても学びます。その他、英語についても文献がよくあるため学ぶ必要があります。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

講義・授業

講義・授業の満足度

4.11 (57件)

★★★★☆

  • 講義・授業の内容については講義にもよるが概ね興味深く面白い内容であり、特に社会心理学や乳幼児心理学の授業では日常生活において生かせそうな内容も多かった。ヒトの""心""の理解に繋がり、これは他者と関わって生きることを避けられない社会的動物の人間でいる以上、学ぶ意義は深いと思う。 教授・講師陣も優しい先生が多く、専門分野の第一線で研究されている方もいる。 講義中の雰囲気は講義にもよるが、他学部生も多い一般教養科目の講義と比べると、静かな部類に感じる。 単位はこれも講義によるが、例えば法学部と比べると取りやすい方だと法学部の友人から話を聞く限り思う。心理学の講義は出席点のあるものが多く、テストの点が芳しくなくてもカバーしやすい。 履修の組み方は、一年次は必修科目で大方埋まるので、組み方がややこしいということはない。二年次からは学部の選択科目を選べるようになり、自由度が高まる。(在校生 2014年入学)
  • 心理学のいろいろな分野の講義が設けられています。実習科目も多いです。(在校生 2017年入学)
  • 講義は実験を行いながらやる演習的なものと座学的なものがあり、どちらも一から学ぶことができます。また、専門分野に留まらず様々な講義があり、他の学びも深めることができます。(在校生 2017年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    13人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    どちらともいえない
    13人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    多い
    13人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    13人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    13人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    13人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    13人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学生生活

学生生活の満足度

3.94 (33件)

★★★★☆

  • 私が所属するサークルは、大人しめな人が多い&部員の少なかったので飲み会といったイベントはほぼ無かった。しかし、幽霊部員もおらず真面目に活動していた。何をもって充実しているかは人に寄るだろうが、何かに真面目に取り組みたいという人には向いているサークルだった思う。 学内には真面目系からウェイ系まで様々なサークルや団体、部活がある。ウェイ系のサークルや団体は今出川キャンパスの方がメインに活動している感じ。体育会系でもない限り今出川キャンパスの方が学外活動には向いているように感じる。 学園祭は今出川の方で行われるEVE祭は規模が大きいが、心理学部がある京田辺キャンパスの方の学祭は規模も今出川と比べて出店数や客数も少なく規模が小さい。私も1回しか行ったことがない。正直に言ってショボい。(在校生 2014年入学)
  • サークル数は多く、運動系の部活は学内の施設が使えるようです。(在校生 2017年入学)
  • サークルの幅は広く、運動施設も充実している方であると思います。しかしキャンパスごとに異なっており、実質参加できないサークルやイベントがあるところが難点になります。(在校生 2017年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    13人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    13人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    13人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    どちらともいえない
    13人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    13人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    13人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    13人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    13人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    13人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    実家暮らし
    13人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.68 (44件)

★★★★☆

  • 就職実績は大学のブランド名もあって悪くないと思う。ただ、学生数の違いも大きいと思うが、経済学部や法学部といった一般的に潰しがきくと言われる学部と比べて良いかと言われると微妙。詳しくは大学公表のデータを参照されたし。 就職活動のサポートはキャリアセンター主催の多様なセミナーが秋頃から開催されたり、常駐のキャリアカウンセラーがES添削や相談に予約なし(混んでる場合は制限あり)で乗ってくれるので悪くないと思う。ただ自分から行動しないとサポートは受けられない。 心理学部から大手企業に行く人も勿論いる。公務員になる人もいる。心理学とは関係ない仕事に就く人がほとんど。そこは他の文系学部と大差ないと思う。臨床心理士になるには院卒である必要があるため、進学率は他学部と比べると高いと思う。 就活の時に気をつけておいた方が良いことは早目の行動。(在校生 2014年入学)
  • 公認心理師や臨床心理士の資格を取るためには大学院に行くことが必要なので、一割くらいの人は大学院に進学します(在校生 2017年入学)
  • 就職率が毎年90%を上回っております。大手企業の就職実績もあります。就職n活動について相談に乗ってくれるところがあるので3年生次にはそこへ行くといいです(在校生 2017年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    13人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    13人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    13人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

学費

学科 入学金 年間授業料
心理学科 200,000円 930,000円

基本情報

キャンパス
住所
京都府京田辺市多々羅都谷1-3
最寄駅 学研都市線 同志社前
電話番号 0774-65-7010
男女比 男:女=4:6 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  心理学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.88 (286件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1217件)
東京都渋谷区/表参道駅
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1574件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1620件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1274件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.73 (965件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。