みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  グローバル・コミュニケーション学部   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

私立京都府/今出川駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.02

(1475)

グローバル・コミュニケーション学部 口コミ

★★★★☆ 3.97
(32) 私立大学 281 / 1651学部中
学部絞込
341-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強を熱心に取り組みたい学生にはもってこいの学部だと思います。勉強以外にも、縦の関係も持つことができるので、困った時先輩に頼れます。
    • 講義・授業
      良い
      個人的な質問にも対応してもらえるので、わからないことまで教えてもらえます。
    • 就職・進学
      普通
      相談に乗ってもらえます。わからないことは先輩に聞くこともできます。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅からが徒歩で15?20分かかるので、少ししんどいですが、いずれ慣れます。
    • 施設・設備
      良い
      どの施設も充実しています。食堂や、カフェの数も多く、少し時間を潰すのにももってこいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや、イベントのスタッフなど、さまざまなことに挑戦できるので人間関係は広がります。
    • 学生生活
      良い
      学祭ではみんなで出店などができ、楽しいです。みんなで取り組めることがいいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      言語を中心に、政治や経済を学ぶこともできます。自分で興味のある勉強ができます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      言語に興味があり、留学に一年間いけることが魅力だったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:592500
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      しっかり勉強できることが何より嬉しい。1年の留学が必修なのも良い。学部側のサポートがしっかりしているため、個人で留学の申し込みをするよりかなり手間が省けているように思う。
    • 講義・授業
      良い
      良い意味で大学らしくなく、高校のように少人数の授業を受けることが出来る。しっかり勉強したい人にはぴったりの学部だと思う。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はかなり高いようです。大学の公式サイトに各種統計は載っています。
    • アクセス・立地
      普通
      雨の日は駅から大学まで20分近く歩くのは大変。おしゃれな服を着ることは諦めて、歩きやすさのみを考えている。学内を見ていてもスニーカー履きの人が多い気がする。
    • 施設・設備
      良い
      学部専用の自習室があり、そこでは学部所蔵の本も借りることができてとても便利。学習環境が整っていると感じる。
    • 友人・恋愛
      良い
      基本的に常識的な学生が多いと思う。恋愛は知らない、恋愛関係の充実さを基準に大学選びをする人はいないだろう。
    • 学生生活
      良い
      キャンパス柄、スポーツ系のサークルの方が盛んだと思うが大学全体で言うと文化系も運動系も充実していると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主に外国語。選択必修で自身の選考している言語の話されている地域の政治や経済、文化について学ぶ授業をとる。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      自宅から通えること、留学が必修なこと、少人数の授業が受けられること、これらの要件を満たしていたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:563076
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 4]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      普通
      優秀な生徒がたくさんいる。逆も然り。上と下の差がある。総じてよし。教授は面白いものの、授業が面白くない。
    • 講義・授業
      悪い
      専門性が低い。先生によっては授業がとても、つまらない。生徒のレベルが低い
    • 研究室・ゼミ
      普通
      先生による。面白い先生は面白い。しかし、人数に制限があるので入りたいゼミに入れない場合がある。
    • 就職・進学
      良い
      同志社のネームバリューがやはり大きい。どこに行っても通用する。
    • アクセス・立地
      悪い
      田舎。勉強するには最適。しかし、本当に何も周りはないので授業以外が暇。
    • 施設・設備
      普通
      場所による。Wi-Fiが機能していない場合が多い。清潔感はある。
    • 友人・恋愛
      悪い
      イベントが少ない。あっても人数が少ない。宣伝があまり上手くない。
    • 学生生活
      良い
      施設にはお金がかかっている。しっかりとしたサークルも数多く存在する。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      言語化と英語。留学に備えて一年の時は必死に英語の勉強をする。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      留年をせずに留学ができるから。同志社の中で一番偏差値が高いから。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:568645
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      中国のネイティブの先生との会話の授業がある。また、元々学科の人数自体多くないが、ゼミ制度による少人数での指導が徹底されている。学校生活に関しては、学科の人数が高校の1クラス分程度しかいないのでほとんどが顔見知りである。また、先輩との交流も盛んで上級英語の授業を一緒に受けたり、履修を組む時に手伝ってもらったりした。
    • 講義・授業
      良い
      専門科目の講義は大体が10~20人程度で、予習が必要な授業が多い。また、2人1組になって例文を読む練習をしたり、1人ずつの暗礁テストがあったりする。質問はしやすい環境で、テストの前になると1講義丸々を復習と質問の時間にしてくれる先生もいる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1回生の頃から演習の科目があり、2回生以降のゼミ決めの為に自分の興味のある分野を気づくことが出来る。秋学期にはゼミの友達と2~3人で協力してレジュメを作ったりする。ただ、人数が少ないためレジュメを作る番が回ってくるのが早く、発表した次の週に次のものを作り始めたりしなくてはならない。
    • 就職・進学
      良い
      就職では、サービス業などに就くようだ。ほかの学科(特に理系)に比べると院に行く人はあまり多くない印象がある。
    • アクセス・立地
      悪い
      京都市内から遠い。電車で40分程度かかる。さらに、山の上に立地しており、駅から10~15分かけて歩く必要がある。周辺環境はお店が少なく静かなので、勉強に集中したい人にはいいと思います。
    • 施設・設備
      良い
      学科のための自習室があり、自由にパソコンを利用することもできる。また、図書館も広く蔵書も豊富である。
    • 友人・恋愛
      良い
      自分や自分の友人の経験から、学科での恋愛は少なく、サークルでの恋愛がほとんどであると思う。友人に関しては、学科の人数が少ないのでほとんど皆が知り合いである。
    • 学生生活
      良い
      自分は、サークルの先輩や友人と休日遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりする。学祭などのイベントをサークルで協力して行ったり、合宿に行ったり、他キャンパスのサークルメンバーとの交流など楽しい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目が多い。中国語コースに関しては、リスニング・会話・ライティングなど様々な授業がある。また、一年次にはグローバルコミュニケーション学部全員が集まって受ける授業もある。基礎演習という科目では、中国の歴史や漢字についての学びを深めたりする。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430858
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学で留学を考えている生徒にはぴったりの学部です。休学をして留学をしなくても2年生の時に留学プログラムがついているのでとても充実しています。本格的に言語を学べるので発音や言語力も確実に伸びます。
    • アクセス・立地
      悪い
      静かな場所なのでとても集中して講義を行うことができます。JRと近鉄どちらかを使って通うことができます。ただ駅からとても遠いので夏に通うのは結構しんどいです。それでもバスがあるのでバスを使って通学する人もいます。最寄りの同志社前駅の次の駅京新田辺駅にはたくさんのレストランが並んでいるので、多くの学生はそこのレストランに食べに行ったり打ち上げをしたりします。
    • 施設・設備
      良い
      校内がとても広いのでたくさんの施設があるので、とても充実しています。施設は比較的新しく、綺麗なので多くの人が使いやすいようになっています。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活がたくさんあるので先輩とも仲良くすることができます。また、イベントも多いのでほかの学部生とも仲良くなれます。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:370522
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      普通
      勉強集中でき、交友関係の増える良い大学です。ただ、授業は聞いているだけで実践のないものが多く、学びを吸収し切れていない実情が個人的にあります。学生思いの教授陣が多いですが、もったいないと思います。また、ブロックチェーンやIoT、プログラミングといったこれからの機械と人との共生の時代に必要な能力を養う授業がない。社会を生き抜く知識、力が求められている大学です。
    • 講義・授業
      普通
      1回生から英語漬けの勉強学習ができます。教授陣と学生との距離は1回生の頃から近しく、学習で分からないところをひたすら解説したり、雑談を混ぜて他の学生と楽しく過ごせます。講義はそのまま座って、たまにディスカッションというのが3回生からあって面白くない。コミュニケーションをビジネス、人類学、文学などの分野からアプローチしていく。Communicative Performanceは必ず春か秋学期いずれかで英語圏からきた外国籍の先生が担当するので、おススメ。ここでは、英語でプレゼンや意見発表したり、課題に取り組むので、1回生のうちに英語のスピーキング能力は向上する。現在の英語の成り立ちを振り返る歴史のような授業は基本、難しい。成り立ちにロマンスを感じた人や世界史好き、イギリス、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、インドetcの英語話者の発音に興味のある知識欲が満たされるだけの授業。しかし、人によって違う発音や国によって典型的な発音があるという学びは2回生の海外留学に少なからず活かされる。日常生活で、この人のなまりを聞き分けて順応していくようなスキルが自発的に育まれると思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      留学から帰ってきた3回生の時にゼミが始まる。異文化表象論、ビジネス、人類/観光学、社会言語学、言語教育、英語の隠喩などの表現、以上の中から1つを選ぶ。帰国後にゼミ説明会があるので、絶対参加しないと思ってたのと違うということになりかねないので注意。ゼミへの審査があるが、定員オーバーになると授業のスコア(GPA)と志望理由で優先度がきまることもある。マックス15人の学生が1つのゼミを構成し、4年生まで同じ時間を過ごす。横のつながりが増えるゼミだが、先輩のつながりも増えるのも醍醐味。それが一番強いのは、ビジネスのゼミで圧倒的。ほかは1つ差のゼミとの交流がちょこちょこある。
    • 就職・進学
      普通
      私が所属する英語コースは英語を使う企業に行く人もいればそうでもない人もいる。商社、銀行、広告、メーカー等もまだ人気だが、私の20卒の代は、傾向が出てきた19卒よりIT業界への内定承諾が増えた。学部による就活サポートはちょくちょくありましたが、働くとは何か、どんな仕事をしているかを同学部から卒業した先輩から聞くセミナーです。企業に勤めていた教授は少なく、企業への推薦はなかったです。大学の就活サポートセンターは大企業もしくは楽天など大手ベンチャーしかつながりがないので、ベンチャー志向の学生には無駄になってしまいます。サポートセンターはインターンのころは志望理由などの書類の書き方について初めたての私たちに寄り添うようにアドバイスをくれて、かつ面接対策もしてくれます。大手企業の人事経験ある方が勤めているそうなので、信頼できます。ですが、大手企業用なので、ベンチャーには通用しないです。ベンチャー志向の方は「Goodfind」や「バリ活」という就活支援サービスを使うことをお勧めです。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅はJR学研都市線の同志社前駅です。ほかには近鉄京都線の興戸駅から歩いていけます。離れた駅(新田辺駅や三山木駅)から自転車や歩きでも来られます。同志社前駅の方向から来る(京都、大阪、奈良、神戸の)ひとはキャンパスにつくまでが、ハードです。傾斜10度の坂がつづくので、歩きにくいです。そのため、大半の電車通学の子はヒールを履いて歩くのはしんどいです。3万~5万で広い部屋とシャワーバス付、家電付き、ときたま食事付きの物件や寮があります。キャンパス内は飲食類や本、パソコンなどの機械類が揃う生協と複数の食堂、パン屋があります。リニューアルした図書館は居心地がよくなっており、ソファがついてモダンな感じがウケています。wifiは授業で使う建物や外ではつながりにくく、そのアクセスの質はド底辺ではないでしょうか。健康用にジムが無料で使えるのもいいですが、校内でもちょっと遠いです。遊ぶところはグラウンドやプール、体育館があり、地域のスポーツのクラブがチラシを出して使う機会があります。買い物は日用品を買えるレベルです、楽しむところといったら、カラオケ、ボーリング、anyfitnessなどでしょう。
    • 施設・設備
      良い
      所属学部専用の自習室があり、そこでは談話や勉強など好きなことができます。パソコンとwifi管理なので一番居心地がいいです。こちらは事務室が管理しており、同学部生の授業の手続きなど学校生活は教務課というところがあります。少し離れていますが、買い物ついでに行くという理由で立ち寄るようにして、うまく不便さをなくしています。学部自体も新しくできたものなので、新築の建物です。
    • 友人・恋愛
      良い
      所属学部は少人数クラスが多いので、交友関係はすぐ広がる。バイトやサークルに入ると、違う学部の子と仲良くなれる。学部内の恋愛やサークル内でもある。
    • 学生生活
      良い
      京田辺キャンパスのサークルは文化系のものも多く、スポーツもある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はコミュニケーションの種類や役割、異文化間の認知の違いを勉強します。英語を徹底して勉強したあと、留学に行きます。3年次は専攻分野をきめ、コミュニケーションについて分析します。4年次はゼミの卒論や英語コース、中国語コース、日本語コースが一緒に取り組むセミナープロジェクトがあり、4年間ある意味忙しく有意義な時間を過ごすことになります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      将来、社会で活躍するにあたって英語の重要性は大きい。スピーキングとリスニング力が不足しており、このままでは世界を舞台に社会貢献できないと感じたので、それらを向上させる授業、留学が必要でした。そのため、この学部を選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:566121
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      実践的な英語力を少人数で学べ、2年生では1年間の留学が必須なのでより高度な授業をみんなでうけることができます
    • 講義・授業
      良い
      少人数なので先生の指導もとどきやすくていいです
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3年生になるとゼミが必須になりますのでより力をつけることができます
    • 就職・進学
      普通
      すでに実践的な英語力をもっているのでそのまま会社でもいかしやすく、使われやすい人材になります。ただ英語力だけで勝負するぶん不利な場面もあります
    • アクセス・立地
      良い
      学校が田舎の方にありますので交通の便は不便かもしれません。ただそのぶん周りの環境も静かで落ち着くので勉強には最適です
    • 施設・設備
      良い
      最新のキャンパスなので施設は充実しています
    • 友人・恋愛
      良い
      周りの環境が静かなぶん大学内での結びつきが強くなります
    • 学生生活
      悪い
      サークルはありますが、やはり今出川のほうが数もおおく、交通も便利かとは思います
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      実践的な英語力を身につけ、かつ2年生では1年間の留学がありますので、帰ってきた後はより高度な授業をみんなでうけることができます。楽しく四年間学べることはなによりも魅力かと思います
    • 就職先・進学先
      詳しくは未定ですが翻訳家の道に興味があります
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:367273
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      先生との距離が近く、一人ひとりに真摯に対応してくださいます。留学に向けての1回生は、英語力4技能強化のため、普通の大学生と比べて課題は厳しく、また量も多い方だと思います。それが2回生の留学で生かされるので、ぜひ頑張ってほしいです。3回生からはゼミに入り、より専門分野の勉強になります。私は4回生で、観光地においてコミュニケーションの観察をして、文化がどのように演出されているかを研究しています。とても興味深い学びが多く、毎日が刺激的です。
    • 講義・授業
      良い
      プレゼン、ライティング、リーディングなど、英語力をしっかりと磨くことができます。先生方も、英語が正確に、ナチュラルに話せるように指導してくださいます。専門分野では、一緒に考えて、ヒントをくださったり、さらなる専門家を紹介してくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      帰国して3回生になると、ゼミに入ります。複数あるゼミから選ぶことができるので、きっと自分に合うゼミが見つかると思います!文化人類学、音声学、社会言語学、英文学、コーパス言語学などがあります。
    • 就職・進学
      良い
      私は春から、大手英会話スクールの講師になります。同期には、楽天、google、ソフトバンクなどに決まった学生もおり、頑張れば必ず結果がついてくる学科だと思います。キャリアセンターの人よりも、教授がたくさん相談に乗ってくださいますので、ぜひゼミの教授などに相談することをオススメします!
    • アクセス・立地
      良い
      JRと近鉄、またバスで通学することができるのでアクセスはいいです。坂があるので、バスを使わないときついと感じる方もいらっしゃるかもしれません。私は4回生ですが、ずっと徒歩で通学しています。近くにスーパー、コンビニ、ドラッグストアもあり、生活しやすい環境です。
    • 施設・設備
      良い
      パソコンが使える、学部専用の自学自習室があります。プレゼンテーションやディスカッションをする、学部専用室もあります。また、キャンパスには食堂の数も多いので、お昼にも困りません。
    • 友人・恋愛
      良い
      留学中に仲良くなった友達と、帰国後も旅行に行くほど今でも仲が良いです。気の合う友達がきっと見つかると思います!
    • 学生生活
      普通
      サークルは文化、スポーツ系など充実しています。ただ、課題が多く、留学もすることから、サークルに入らない人が多いかもしれません。きちんと両立できる方は、部活動をしている人もいるので、できないことはありません!
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      同上とさせていただきます。
      補足。
      リーディングでは、学生が主体となり授業運営をします。文献を読み、解釈し、レジュメを作って、同クラス生に授業を行います。
    • 就職先・進学先
      大手英会話スクール/教務課ティーチングスタッフ
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:481911
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で色々なことを学べるので関西ではもってこいの大学だと思います。
      英語や外国語を学びたい方は是非入学してほしいです!
    • 講義・授業
      普通
      少人数のクラスなので充実しています。
      わからないことがあればすぐ質問ができるのも利点の一つです。
    • 就職・進学
      良い
      サポートは十分だと思います。
      就職実績も悪くありません。
      自分がなにをしたいのかなにを求めているのか、それらを明確にしておけば尚良しです。
    • アクセス・立地
      普通
      立地はまぁまぁ良いところだと思います。
      自然豊かで静かな所なので勉強もはかどると思います。
    • 施設・設備
      普通
      学内の施設は思っている以上に綺麗ですごく使いやすいです。
      みなさんも入学したら使う機会が増えると思うので是非その時は試してみてください。
    • 友人・恋愛
      普通
      大学なので高校とは違い人は増えます。
      なのでゼミやサークルなどに入れば友人も恋人も出来るかと思います。
    • 学生生活
      普通
      大学にサークルは沢山多いので自分がなにがしたいのか明確であれば充実した大学生活が送れると思います。
      学祭も楽しいので是非参加してください!
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:390127
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    グローバル・コミュニケーション学部グローバル・コミュニケーション学科の評価
    • 総合評価
      良い
      同志社大学は歴史のある大学で、施設の各所で歴史の感じられる建物が多く点在しており、そのたびに他の大学にはないキャンパスのよ所に気づかされる。 卒業後の進路も充実したものになると思う。
    • 講義・授業
      良い
      国際科目形の授業に関しては、経験豊富 海外経験のある日本人教授が教鞭をとり、非常に内容の濃いものとなっている。またネイティブの講師も多く在籍しており、海外の大学のこともよく知ることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミが始まる時期は3回制の春からで、多くのコースから選択できる。特に言語に興味がある人にとってはとても充実したコースが多くある。 皮下にも経済系のコースもあり。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績に関しては、年度に関係なく非常に高い率を残しており、その就職先も大手の企業が並んでいる。支援体制も充実しており、多くのセミナーが学校で開催されている
    • アクセス・立地
      普通
      最寄駅は今でキャンパスは地下鉄今出川駅より直結しているが、京田辺キャンパスは同志社前駅から徒歩15分、坂道を登ろならければならず、夏は特に辛い。帰りは楽
    • 施設・設備
      良い
      施設はとても近代化した施設が多く、京田辺キャンパスではラーネッド記念図書館が改修工事がなされており、来年の1月に改修工事が終了し、さらに綺麗な建物になる。
    • 友人・恋愛
      良い
      同志社大学には多くの体育会系、サークル、学生団体があり、新入生歓迎会では多くのビラがキャンパスに巻かれて賑やかである。どれかにショジョ区しておけば、友達に困ることがないだろう。
    • 学生生活
      良い
      学外での活動では、学生が一人一人参加可能なボランティア活動が要されており、ボランティア活動をして見たい人にはオススメ。大学のイベントも多く開催されている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は留学に向けての準備2年次は留学先で各自学ぶ3年次は留学先での学びをさらに深める。4年次は集大成として全コース合同でプロジェクトに取り組む。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:407396
341-10件を表示
学部絞込

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

基本情報

住所 京都府 京都市上京区今出川通烏丸東入
最寄駅 京都市営地下鉄烏丸線 今出川
電話番号 075-251-3120
学部 法学部経済学部商学部文学部神学部社会学部政策学部文化情報学部心理学部理工学部生命医科学部スポーツ健康科学部グローバル・コミュニケーション学部グローバル地域文化学部
概要 同志社大学は、京都府に本部を置く私立大学です。通称は「同大」「同志社」。1875年、明治六大教育家の新島襄によって創立された同志社英学校を前身とし、設立された大学です。「グローバルな人材育成」を基盤に、知識教育も偏りがないようキリスト教に基づく「徳育」を並行して行っており、海外留学生の受け入れや派遣、首都圏に向けての情報発信や社会との関係強化にも力を入れています。 「今出川」「室町」「新町」「烏丸」の4つのキャンパスがある今出川校地。「京田辺」「多々羅」「学研都市」の3つのキャンパスがある京田辺校地の他、大阪と東京にそれぞれサテライト・キャンパスがあります。海外留学以外に国内留学も実施し、早稲田大学に1年間留学する制度を設けています。異なる地域で学ぶことで視野がさらに広がることを目指します。

この学校の条件に近い大学

同志社大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  グローバル・コミュニケーション学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.88 (286件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1217件)
東京都渋谷区/表参道駅
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1574件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1620件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1274件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.73 (965件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。