みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  口コミ

同志社大学
(どうししゃだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.01

(1121)

同志社大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.01
(1121) 私立内71 / 568校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.76
  • 研究室・ゼミ
    3.92
  • 就職・進学
    3.78
  • アクセス・立地
    3.81
  • 施設・設備
    4.14
  • 友人・恋愛
    3.86
  • 学生生活
    3.97
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

11211-10件を表示
  • 男性卒業生
    生命医科学部 医情報学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      医情報学科の座学では電子工学、情報学、統計学、物理学、有機化学の基礎を幅広い観点から広く浅く学ぶのが持ち味です。
      ですからこれらのどれかを専門的に学びたい人やプログラミングが得意で極めたい人などには強くすすめることはできないです。
      また医学や生物学を学びたい人は医シス系の講義を多く取ることでしか勉強できないので、医学部に入りたかった人や生物選択で生物系の分野に興味がある人にもこの学科は強くすすめることはできないです。

      ここまでマイナスな点を挙げてしまいましたが、大学での勉強や研究に対する興味が漠然としてる人、幅広い分野の工学に関心がある人にとってはこの学科は非常に勉強しやすく良いと思います。
      初めは何も興味がなくても入学して勉強していく中できっと見つかると思います。また1、2回生のうちから興味のある研究室に実際に行ってみて、先生の話を聞いたり実際の研究のイメージを膨らませてみるのも良いと思います。
    • 講義・授業
      講義は基本的にはどの先生もわかりやすく、分からない箇所も聞きにいげは分かりやすく教えてくれます。
      また単位を取るという観点だけでみれば、授業をあまりサボらないで、やるべきことをきちんとやれば大丈夫かと思います。
      この学科の特色の一つとして、必修科目の医情報実験が3回生まで毎学期あります。実験はどれもユニークな題材でこの学科でないとできないものばかりで面白いです。
      そしてこの実験の授業は研究室選びの参考にも大いに役立ちます。
    • 研究室・ゼミ
      現在では4回生から研究室は始まります。
      各研究室で何を研究しているかなどはホームページを見てみるとわかりやすくて良いかと思います。
      研究室によってやっていることも雰囲気も様々です。
    • 就職・進学
      学部卒でも院卒でも就職はわりといいので入学後も過度に心配する必要はありません。
      就活に関しても研究室の先生や就職支援課等に相談できるためサポート十分です。
      この学科は全体的にメーカーに就職する人が多いです。
      同志社だと厳しいかなって思うような大手企業に就職する人もいるので、大学時代の頑張りで未来は変えられます。
    • アクセス・立地
      他の方もおっしゃってると思いますが、立地は不便です。
      地方の大都市(特に名古屋市、広島市、福岡市、北九州市)や首都圏出身で受験を考えている人はオープンキャンパス等で京田辺キャンパスに一度来てみて下さい。

      はっきり言って大都市で幼少期から高校までを過ごした人が初めて下宿するにはハードルが高いと思います。
      大学周辺には片手で数えれるほどの数しか飲食店はなく、大学の近くで遊べる場所も他大学と比較して少ないです。
      勉強や研究に打ち込むにはうってつけの環境ですが、勉強するより遊びたいっていう人には退屈な環境だと思います。

      関西出身で通う方も1、2限の授業始まる時間の電車はわりと混みます。特に1限の時間は近鉄奈良線はまだ大丈夫ですが、JR学研都市線はサラリーマンと学生でかなり混み合います。ギリギリの電車ではなく一本前の電車だとだいぶマシになるので、オススメします。

      これは下宿生、通い関係ないのですが、医情報学科の研究室がある医心館は正門から歩いて10分近くかかります。医心館の側にデーヴィス記念館前というバス亭があるので、雨の日などは新田辺駅からバスで行くと便利です。
    • 施設・設備
      医心館はとても綺麗でフリースペースなどもあって勉強もしやすい。一方でエレベーターが一つしかなく、混みやすいのが難点です。
      私立大学だけあって授業を受ける教室も綺麗だし、清掃もよくできています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人はサークルや学科でつくる人が多いです。
      Twitterやインスタなどで入学前から同学科の人と繋がっている人もいますが、SNSをやっていない人でもサークルの新歓イベントや学科の履修相談会などでつくれますし、入学後につくっても遅れをとるようなことはありません。
      学科では5月くらいから仲のいい友人同士でグループができ、次第にそのメンバーで授業を受けたり、昼食をとるような形になっていきます。
      またこの学科では医情報実験やプログラミングなどペアワークを課す科目がいくつかあるため、そういった授業がきっかけで友達を増やすこともできます。
      サークルがきっかけで彼氏や彼女を見つける人も多くいますが、学科つながりで仲良くなり恋愛関係に発展するというケースもうちの学科ではよくあります。
      個人的には学科は男子校や女子校出身の人が恋愛しやすい環境だと思います。

      人間関係だけで言えば、この学科は高校のクラスの延長みたいな感じです。テスト終わりに複数のグループで打ち上げ飲み会をしたり、長期休みに旅行に行ったりと学科の人同士の仲がいいです。
    • 学生生活
      サークルの数が多くないので、場合によっては今出川キャンパスまで行かないと自分の入りたいサークルがないこともあります。
      他にもサークルは京田辺キャンパスにはあっても部員が京田辺キャンパスには全然いないなんてケースもあるため、新歓やサークルイベントに積極的に参加をした方が良いです。
      大学内にはサークル以外にも学祭のスタッフ募集やボランティアなど面白そうなイベントの宣伝もあるため、いいサークルを見つけられなかったらそういったイベントに参加するのも手だと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メーカー
    投稿者ID:462592
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      政策学部といってもひとえに政治学をするだけではなく、政策立案のためには体系的な知識・視点が必要だという理念の下、組織論、政治学、経済学、経営学、法律学等幅広く学ぶことができる。
      2回生秋からはゼミで自分が興味を持った学問についてより専門的に学ぶことができるので、浅く広くで終わってしまうのではないか、と懸念している人も安心してほしい。
    • 講義・授業
      高名な教授陣の下、質の高い講義を受けられる。当然人によって合う、合わないはある。
    • 研究室・ゼミ
      2回生春学期の5月の終わり頃からゼミ選びの時期に入り、2秋から本格的なゼミ演習が始まる。多種多様なゼミがあり、充実度は高いと思われる。
    • 就職・進学
      大手企業への就職実績も多いが、詳しくはまだ未経験なので分かりかねる。
    • アクセス・立地
      地下鉄今出川駅からは徒歩5分、京阪出町柳駅からは徒歩25分ほどで着く。政策学部の講義の9割は新町キャンパスで行われる。キャンパスまでの道は狭く、学生の人通りも多いため、決して通学は快適ではない。
    • 施設・設備
      校舎も比較的綺麗で、設備も一通り揃っているため、特に不便は感じないはず。食堂はやや狭く、昼間は混み合って座る場所がないことも多いが、多少は仕方ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これは同志社大学がどうというよりは本当にその人次第。友達を作る機会はたくさんある。ただ、、一つの教室に同回生約400人が一堂に会して授業を行うため、1講義あたりの受講人数は1学年1000人以上の経済学部すら凌いで恐らく同志社大学全学部中最多だろう。そのため、他学部より濃密な人間関係はやや構築しづらいかもしれない。2回生あたりでグループが固まってしまうと、ゼミが同じだとか、少人数クラスが同じだとかでない限りは新しく友達を作るのはきつい。
      サークルについては多少運なところもある。政策学部生は同じサークルに固まりがちなので、400人いる割には全然政策学部の子がいないサークルも多い。同学部同サークルの友達が作れないから困ることも。
    • 学生生活
      多くのサークルがあるため、サークル選びには困らないはず。
      前述したが、良いサークルに入れるかは運次第なところもあるため、最初にサークルのブースに積極的に行ったり新歓にどんどん行ったりしてしっかり吟味したほうがいい。迷うならとりあえず数サークル入って、自分の居心地のいいサークルに絞っていくとよい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      上述の通り主に政治学、経営学、経済学、法律学、組織論を体系的に学ぶ。1年次はこれらの中から必修として満遍なく取らなければならないためやや窮屈。2回からは選択の自由度が増すので徐々にやりたいことにピントを合わせていくといい。
    投稿者ID:433963
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      日本の文学に特化した学科ではあるものの、小説、短歌や和歌、日本語そのものについて等、幅広く学ぶことができる。レポートの試験が多いので、読むだけでなき文章を書く力も養える。
    • 講義・授業
      講師は文学に精通しており、独特な雰囲気の方が多い。講師の話を聞く講義形式の授業が多いが、生徒が発言する機会も無いわではない。発表の機会が与えられることもある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3回生から始まり、基本卒業まで同じゼミに所属する。ゼミの選択の際には、ほとんど自分の希望が通るので、自分の興味のある分野を学ぶことができる。
    • 就職・進学
      学生数が多いため、一人一人へのサポートは希薄になりがちではある。しかし、キャリアセンターやセミナーは充実しているため、自分から行動を起こせば手厚いサポートを受けることができる。
    • アクセス・立地
      今出川キャンパスは地下鉄の今出川駅直結であり、近くには店が多いため、遊び場所や食事場所には事欠かない。
    • 施設・設備
      図書館は充実しているし、隣の同志社女子の図書館も使用できる。自習に使えるパソコンやテーブルの数も多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミや授業が同じだと仲良くなりやすい。しかし学生数が多いため、四年間一言も話さずに終えてしまう人も少なからずいる。
    • 学生生活
      サークル、部活動の数は多いので、興味のあるサークルを選ぶことはできる。サークルの部屋もあり、ある程度自由がきいて様々な活動ができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      日本の文学や日本語そのものについて学ぶことができる。ゼミは3回生から始まる。ゼミの選択の際には、ほとんど自分の希望が通るので、自分の興味のある分野を学ぶことができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      IT業界のSE
    投稿者ID:426910
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文化情報学部 文化情報学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      文化情報学部は、好きなことを学びたい人にとっては、必修科目が少ないため学びやすい。しかし、好きなことがない人、専門性を求める人にとっては、学部の必修、選択必修では身につく知識が少なく、卒業した際達成感を得られにくい学部だと思う。
      文化情報学部の拠点は正門から近いので、登校時には便利だが食堂からはやや遠い。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気はあまり良くない。大教室で大人数が受ける講義では、真ん中~後ろに座る学生の私語がうるさい。
      履修の組み方は、自由度が高すぎて、困ることが多い。また、文系科目も結局理系的手段を使うことが多く、中途半端に分離融合しているように感じる。
      単位については、出席点(平常点)の設定されている講義が多く、真面目に通えば落とすことはあまりない。ほかの学部と比べ、F率の高い科目は少ない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期(2014年度生は4年次4月から)は遅く、就活が開始されすぐなのであまりよくなかった。
      選び方は、認知系が人気が高いので、GPAに自信がなければ避けたほうがよい。
      卒論については、テーマ選びの自由度が高く、やりたいことをやりやすい。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートは、秋ごろにアクセンチュアやレコチョクの説明会が開催されたり、春ごろからキャリアセンターで相談できたりするなど、ある程度は充実していたが、3月からの企業研究セミナーなどは、文系職種は今出川校地までいかなければならず、その時期はシャトルバスも出ていないので不十分だと感じた。
    • アクセス・立地
      正門から夢告館へのアクセスはよいが、食堂やジムのあるデイヴィス記念館までは遠い。
      また、京田辺キャンパスはJRも近鉄も、最寄り駅から10分以上歩かなければならず、遊べる場所もあまりないので立地条件は悪いと思う。
    • 施設・設備
      情報メディア館や図書館が近いので、その点はすごくよい。
      研究設備は、研究を始めたら文献室が使えるようになるのだが、開室が平日だけなのであまりよいとはいえない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、必修の少なさ、一学部一学科しかないことから、なかなか関係を築きにくく、積極的でない人にはよい環境ではないと感じた。一年次にとる英語の授業か、アドバイザークラスなどで友人を作っておくとよい。
    • 学生生活
      大変な課題があまりないので、サークルには入りやすく、アルバイトもしやすい。
      大学のイベントも、新入生どうしをなじませるものや留学生との交流などさまざまに開かれるので、充実しているといえる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、コロキアムという授業で、4年生がどんな研究をしているかのプレゼンを受ける。
      また、統計の基礎の基礎を学ぶ。
      2年次から、ある程度自由に単位を取り始める。英語は、2年次が終わるときに単位を取得し終える人が多い。
      3年次終了時までに100単位とっていないと留年になるので、3年の春ごろまでにたくさん授業を入れるのが普通。
      卒業論文は、データを使っていればいいので、そこまで難しい統計スキルは求められない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      同志社大学大学院文化情報学研究科
    投稿者ID:426484
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    政策学部 政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      成績がほぼ優だった。
      交友関係が広くなり、人脈ができた。
      知識が深まった。
      学校に誇りを持てるようになった。
      スポーツのことに関して客観的に見れるようになった。
    • 講義・授業
      講義内容に関しては、政策学を中心に法学、政治学、経済学、商学、文学、歴史学等ありとあらゆる分野の学問に関する講義を履修しています。
    • 研究室・ゼミ
      わたくしが所属するゼミナールでの演習は、非常に充実しております。ゼミナール生生同士のつながりは、年代を超えて強いものとなっております。
    • 就職・進学
      就職実績については、過去多くの卒業生が、大手銀行、メーカー、政府機関、国際機関等就職。某N社のヒット商品を生み出したY氏の出身校です。
    • アクセス・立地
      駅から学校までは徒歩0分
      学校の周りには国宝級の寺社仏閣が立ち並び、その中に学校が存在。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、10年ほど前に通路が改修され、よりバリアフリー化し、緑も増え、身心ともに安らぐ空間へと変わった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校の友人関係については、全国各地から集まっており、様々な言葉や習慣を学びながら楽しく有意義な時間と関係を築いています。
    • 学生生活
      サークル活動に関しては、初心者から熟練者まで所属しており、その中で分け隔てなく、互いを思いやり気持ちのいい活動をしています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎科目
      悲愁科目はかなり多く、それ以外の講義がとりずらい。
      2年次からは応用科目が追加され、広い範囲にわたる学問を学ぶことができる。
    投稿者ID:428971
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    社会学部 社会福祉学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      名前としては有名ではあるが、福祉学科に関しては入学のハードルは他の学部に比べて低い。比較的誰でも入れる。就職に関しては福祉という文字に反応する企業が多く、福祉分野以外の就職には難しい。
    • 講義・授業
      科目については複数の分野に分かれており、各々が自分の意思で講義を選択できる。
      履修の組み方も比較的自由に選択できる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自由に選べるが、人数が多くなると他のゼミへ移るように誘導されることがあった。
      その点で3の評価である。
    • 就職・進学
      大学名からすると民間企業には受けは良い。しかし福祉学科である点では非常に受けが悪い。他の学科や学部に比べて内定者が少ない印象。
    • アクセス・立地
      駅と大学が直結しているとでアクセスは非常によい。福祉学科があるキャンパスも近く迷うことなくたどり着ける
    • 施設・設備
      私立であることマン校であることからお金をかなりかけているので設備は良いと思う。でも他にもっとお金をかけるべきではないのかと思うところが多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自身はサークルに入っておらず、学科の友人もいない。ゼミに配属されてからは少人数ということもあり交流があった。
    • 学生生活
      サークル数は多い。イベントも規模が大きく非常に華やかである。一度も行ったことはないが。遊ぶにはちょうど良い
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      概念的なものが多い。知識はほとんど勉強しないので、あまり身につかない。授業に出席さえすれば出席点でほぼ単位はもらえる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      自治体
    投稿者ID:427160
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    社会学部 社会福祉学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると福祉といっても概念的なものが多く、実際に仕事に従事してみると役立ったといえる知識はあまりない。また、学科生のレベルもそれほど高くはない。特に一般教養のレベルが低い。大学名のブランドのみ。
    • 講義・授業
      内容については福祉の概念的なものが多い。
      実践者に来てもらったり、現場に出向く授業の方が将来福祉の仕事を志すものにとっては役に立つと思われる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは比較的自由に選択できるものの、希望者数が多いと他のゼミへ移るよう促されることがある。また、ある程度福祉の知識を持っていないと選ぶ軸を決めにくいと思う。
    • 就職・進学
      大学名に関してはそれほど悪くなく、関西の企業なら前向きに向き合ってもらえる。しかし、福祉学科出身者は福祉以外の業界からの評判はあまり良いとはいえず、他の学科に比べて内定率は悪かったと思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅は今出川で大学まで直結している。福祉学科の館があるキャンパスもそれほど離れているわけではなく、迷わずにたどり着ける。
    • 施設・設備
      私立大学、人数の多さもあって設備はとても良い。
      情報収集をうまくこなせば、比較的楽に大学生活をおくれると思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自身はサークルには所属せず、学科ないにも友人はいなかた。したがって、ほぼつながりは皆無であった。ゼミに入ってからは少人数ということもあり、交流ができた。
    • 学生生活
      サークルには所属しておらずわからない。しかし、イベントは多かった気がする。一度も参加していないが。。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      4年間を通して、概念的なものを学ぶ授業が多い。知識をつけるなら自主勉強するしかないと思う。卒業論文は完成させさえすればだいたい認められると思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      自治体(福祉)
    投稿者ID:427791
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文化情報学部 文化情報学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      先生が良い人ばかりだった。専門的に学びたい人にとっては良いと思う。
      ただし課題が多いので、遊ぶ時間やサークル活動のための時間は減るかもしれない。
      遊ぶ目的でない人にはいい。
    • 講義・授業
      先生たちが個性豊かだった。いろんな専門の先生が揃っていて、自分が学びたいことが見つかると思う。ゼミも楽しい・
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを選ぶときの説明会がよかった。みんな参加してよく考えて選ぶべき
      いろんなジャンルのゼミがあるので、おすすめ。
    • 就職・進学
      面接の指導やエントリーシートの書き方を教えてくれたりと、手厚いサポートだった。就活は誰でも不安だが、たくさん面接の練習もできて自信がついた。
    • アクセス・立地
      文系は京都市内の良い場所にあり、買い物もできるし、観光もできていい立地。一方理系は、京田辺という田舎にあり、遊ぶ場所がぜんぜんない。ゆったりしていていいところではあるが。
    • 施設・設備
      私立なので、設備はきちんとそろっていて、きれい。映画や外国のニュースをリアルタイムで見ることができたり、図書館の蔵書もすごく豊富だった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全国から人が集まっているので面白い。学生数も数万人なのでとても多いが、その分いい出会いがたくさんあった。
    • 学生生活
      サークル活動はとてもさかん。自主的に動ける人が多く、遊びサークルではなく、みんなできちんと考えて活動するサークルだった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎学科なので数学とかもある。(高校でやったようなやつ)
      2年次からは専門科目も増える。
      3年次からはゼミで、4年次はあまり学校に行かない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メガバンク
    投稿者ID:426414
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理工学部 電気工学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      授業で、教職を始めとして、各学科での専門の資格を取ることができる。授業は自分の専門科目以外にも興味を持った科目を好きに選択できるし、スポーツの施設なども需実している。就職活動についても、各教務課や研究室の教授のサポートが手厚く、関西圏なら特に大手企業への就職もできる。
    • 講義・授業
      専門分野については特に自分の学びたい内容を深めることができる。それ以外にも気になる分野があれば自由に授業を取れる。座学の勉強以外にも、実験やフィードワーク型の授業もあるのが良い。
      履修の組み方に関しては、新入生には少しわかりにくいところがあるかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      各学科によっても異なるが、研究室を決める前に訪問する機会があり、先輩達が、研究内容の他に、どこの企業に就職するか、どのくらいの忙しさか等事細かに教えてくれるため、研究室訪問さえしっかりとしておけば自分のやりたい研究室を探し出せると思う。選び方は成績順のため、人気の研究室に行きたい場合は早めにリサーチして、勉強を頑張る必要がある。
    • 就職・進学
      就職活動については、教務課や研究室の教授が手厚くサポートしてくれている。研究室や部活動の先輩が良い企業に入っているので、内部の話を聞くことができる。特に関西圏については、それまでの勉強を頑張っていれば行きたい企業に行けると思う。
      進学は同志社大学なら推薦の枠もあるので、成績をしっかり残していれば、大学院試の時間に自分の好きな研究をすることができる。
    • アクセス・立地
      京田辺キャンパスの方に住んでいるが最寄駅から15分から20分かかる。授業が奥の方の教室だとそれ以上にかかるので、通うにはすこし大変だと思う。
      学校の周辺にはあまり遊ぶ施設や飲食のできるところがないので、電車でどこかまで出かけることが多い。
      下宿をするには安いので良いが、夜道が暗いところも多いので、女の子は慎重に家探しをした方が良い。
    • 施設・設備
      実験棟には必要ない実験器具があり、個人的に実験をやり直したい場合なども、先に教授に頼めば実験をすることが可能である。
      運動の施設も充実している。
      図書館も広く、専門書が幅広く揃っている。
      自習スペースは図書館にあるが、テスト前などは席がいっぱいで、あいていないときもある。また殆どの施設が8時から9時の間に閉まるので、夜遅くに残って勉強しようと思っても学校には残れない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人は入学式でできる人が多いが、入学前にSNSなどで友達になっている人も多い。学科の友達は試験前などに一緒に勉強もでき、わからないところを教えあったりできる。
      学科以外にもサークルや言語の授業などで友達ができる。
      恋愛についてはサークルで恋人を作る人が多いように感じる。
    • 学生生活
      サークルの数は多く、また今出川と京田辺の両方にあるサークルに入れば、友達の輪が広まる。
      学科の先輩がいれば履修の組み方などを教わることもできる。仲のいい先輩がアルバイト先を斡旋してくれたり、引越しの際に車を出してくれたりして、サークルの先輩には本当にお世話になっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年次は主に学科の勉強の基礎となる物理や数学、電気回路について学ぶ。この時期は必修が多いため、単位を落とさないようにしっかりと勉強する必要がある。
      3年次からは自分のやりたい方向を定めて、取りたい授業を選択していく形になる。
      4年次は単位をそれまでにしっかりと取り終わっている人は殆ど授業を取っていない。よりいろんな分野について勉強したい人や、単位をそれまでに落とした人はこの時期に授業を取り直すことができる。卒業論文については各研究室で先生、先輩がしっかりと指導をしてくれる。
    投稿者ID:432002
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 英文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      英文学について学びたい人にとってはうってつけの環境。
      名だたる先生が所属しているので大変ためになるが、有名なゼミに入るには1年次前半の成績が良くないといけない。文学、教育の先生はたくさんおられるが言語学専門の先生は少ないので、言語学に比重を置いて勉強したいなら入学は考えたほうがいい。
    • 講義・授業
      初年度の英語の必修クラスに関しては先生の当たり外れが激しく、かなり成績に影響が出る。しかも2年からのゼミ選択では、1年次の成績を条件として抽選を行うゼミが多いので外れの先生に当たるとかなり苦戦を強いられる。
      ものすごく単位が取りにくいこともなく、ある程度努力をすれば留年することはない。
      選択必修の授業はバリエーションも多く、必修ほど堅苦しくないので楽しんで受講できると思う。
    • 研究室・ゼミ
      1年次前半の成績を条件に生徒を募集するゼミが多い。志望理由書を提出させるゼミもある。定員が決まっているので、希望が殺到した時は抽選となる。全員がゼミに所属するカリキュラムなので、一次選考に漏れた生徒は二次、三次…と応募を重ねていきどこかのゼミには所属させられる。
      人気のゼミは偏っているので、入りたいゼミが入学前から決まっているならきちんと勉強した方がいい。
      雰囲気や課題はゼミによってかなり違う。とても忙しいゼミもあれば、緩やかに進んで行くのに最後のレポートがきついゼミもある。
    • 就職・進学
      関西では名の通った大学なので、就職実績もかなりいい。
      留学・進学や正規の公務員になりたい人以外はみんな名の知れた企業に就職が決まっていたように思う。
    • アクセス・立地
      少し前から文系学部は全部今出川キャンパスに移動してきたので、立地は最高。地下鉄今出川駅と直結しているので、雨に濡れずメイン校舎に入ることができる。
      今出川駅自体も京都駅から地下鉄で10分なのでアクセスもいい。だが、駅が小さいため授業開始ギリギリや授業終了直後の時間帯は人が溢れる。最悪遅刻しかねないので、ある程度余裕を持って行動したほうがいい。
      今出川は住むには高いので、出町柳や烏丸御池付近に住んでいる人が多かった。
      学校の周りに買い物できる場所はないが、飲み屋やラーメン屋、ファミレスやカラオケなどある程度の娯楽はある。
      しっかり遊びたい人たちは烏丸・河原町方面や京都駅まで移動する。
    • 施設・設備
      メインで使用するキャンパスは新設されたばかりなのでものすごく綺麗。他の教室も古さは残るが、特に汚さは感じられない。文学部の自習室もあったが、半地下で携帯の電波が届かず、待ち合わせなどの合間に自習するには少し不便だった。大体の人は良心館のカフェスペースや図書館、空き教室で自習している。
      今出川キャンパスは元々3.4回生の文系学部が使用していたキャンパスのため、小説などの読み物系や1.2回生向けの書籍は京田辺キャンパスの図書館にあることが多い。
      取り寄せてもらうか、同志社女子大の図書館に借りにいくことをおすすめする。
      同志社女子大とは相互連携があるので図書館も職員の人に話しかけて手続きすれば使用できるが、男性はその前にまず門衛所で手続きがいると聞いた。女子ばかりで入りにくい雰囲気はあるので、男性なら京田辺から取り寄せした方がいいかもしれない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      英文学科は最初から自動でクラス分けされた必修があるので自然に仲良くなれる。学科自体も300人程度しかいないので、大体の人とは顔見知りくらいにはなれる。
      学科内で付き合っている人もちらほらいたが、やはりサークルやアルバイト先で恋人を見つけている人が多かった。
    • 学生生活
      サークルは種類も多く活発。テニスサークルが多い。
      文化祭は創立記念日に合わせるため他校より少し遅い11月後半に行うが、毎年大賑わいしている。
      学内でできるアルバイトも多少はあるが、院生限定のものも多いので大抵の人は学外でアルバイトをしていた。繁華街にも近いので、アルバイトを見つけるのには困らないと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、2年時は必修科目プラス選択必修や一般教養を幅広く受ける人が多い。3年4年は就活の比重が大きくなるので、1.2年の時にしっかり単位を取る人が多い。友達と一緒に授業を受けたいなら1.2年の時に履修しておくべき。
      教職、司書資格などの資格系は、後半になるにつれ「〇〇を履修済みなこと」が受講条件に入るので、早いうちに必須科目を取っておくと後で困らずにすむ。タイミングを逃すと希望する資格が取れないこともあるので自分で調べておくことが大事。
      自分が所属していた頃は卒論という形での提出は希望者のみで、卒論相当文字数の英字レポートを書いていたが最近は卒論全員提出が義務付けられた。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      書籍関連の仕事
    投稿者ID:426592
    この口コミは参考になりましたか?
11211-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

ライバル校

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  同志社大学   >>  口コミ

オススメの大学

慶應義塾大学
慶應義塾大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.15 (1420件)
東京都/私立
自治医科大学
自治医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.09 (33件)
栃木県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.95 (35件)
栃木県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。