みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  口コミ

国際基督教大学
出典:Te220168
国際基督教大学
(こくさいきりすときょうだいがく)

東京都 / 私立

口コミ
私立大

1

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:65.0

口コミ:★★★★☆

4.47

(148)

国際基督教大学 口コミ

★★★★☆ 4.47
(148) 私立内1 / 569校中
学部絞込
1481-10件を表示
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      授業は充実しているし、自然がたくさんあり、いい出会いもたくさんあるので、立地以外は何一つ不便なことはないです
    • 講義・授業
      良い
      他の大学に比べて学生参加の機会が十分であり、受け身な学びにならないから。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      少人数ゆえに一人一人に先生方が対応してくださるから、不安が少ない。
    • 就職・進学
      良い
      基本的にはたくさんのインターンイベントなどを開いているが、それがあまり学生に伝わっていない。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅から離れすぎていて、自転車なしではすごく不便な立地。
    • 施設・設備
      悪い
      全体的に食堂以外は古く、あまり綺麗ではない。その他の設備は他大に比べるとすごく充実していると思う
    • 友人・恋愛
      良い
      クラスが小さいので全員と仲良くなることが出来る。直ぐに知り合いが増える。
    • 学生生活
      良い
      常にどこかのサークルがイベントを開いているので賑やかで楽しい
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生は基礎科目や教養科目をとりつつ、自分の行きたいメジャーを選択します。3年次からはそのメジャーの専門科目を交えつつ様々な分野の学びも続けていけます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      直ぐに自分のやりたいことを見つけなくても、やっていくうちで見つけられるというリベラルアーツ型の教育方針に共感したから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:571540
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      国際基督教大学は、2年次までは学科に関係なく好きなことを勉強出来る。3年次でメジャーを決めても、それに縛られず様々な組み合わせの授業が取れるので、多種多様な考え方を養うことが出来る
    • 講義・授業
      良い
      様々な分野の授業を組み合わせて受けられる。海外留学のプログラムも沢山ある
    • 研究室・ゼミ
      良い
      受けたことがないのでよく分からないが、ゼミ形式をあまりとっていないと思ってた
    • 就職・進学
      良い
      学生による就活サポートや卒業生への訪問など充実していると思うが、マンモス大学に比べると劣る
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は、中央線武蔵境駅でそこから自転車で15分です。三鷹の森にあります
    • 施設・設備
      良い
      新しい体育館があったり、学食がだったりするが、本館(授業の建物)はとても汚い
    • 友人・恋愛
      良い
      人数が少ないので、学年問わずいろんな人と交わることが出来る。留学生とも積極的に友達になれる
    • 学生生活
      良い
      学内でのサークル活動や発表は、頻繁に行われている。数は少ないが、賞をもらっている団体もある
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、ELAという英語強化プログラムを必修でとります。(クラス分けはTOEFLによるもの)
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      開発研究に興味があり、入学した。また様々な分野に興味があり、学科を決められなかったので
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:537708
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      様々な面からみてとても充実している大学だと感じます。自分の裁量に合わせて、成長できる点が何よりも良いと感じます。
    • 講義・授業
      良い
      1年生のうちから選択出来る授業が種類豊富で、文系・理系を問わず、様々な授業を履修することが出来ます。それぞれの授業では、ディスカッションやプレゼンなどを通して、自ら学習を進めていくことができます。先生と生徒の距離も大変近く、そのメジャー(専攻)でないのにも関わらず、ゼミ合宿などにもお誘いがありました。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミ開始時期、学習の量、研究の質など、ゼミによって様々で、自分のペースに合わせてゼミに参加出来ます。
    • 就職・進学
      良い
      就職、大学院進学、両者とも良いと思います。生徒数が少ない割には、サポートも整っていると感じます。
    • アクセス・立地
      良い
      寮が学校の中にあるので、寮生にとっては、アクセス良好です。 (寮生以外には、駅から遠いので、アクセスは悪いと思います。)
    • 施設・設備
      良い
      図書館やジムが充実しており、そして何より緑豊かなキャンパスで、学校の施設・設備は充実していると感じます。
    • 友人・恋愛
      良い
      国際色豊かなキャンパスなので、様々なバックグラウンドを持った友人が得られます。恋愛関係については、詳しく知りません。
    • 学生生活
      良い
      イベントは、充実していると感じますが、サークルは、他の大学と比べて、数が少ないです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では、英語の授業が必須で、他の授業は、それぞれの生徒によってバラバラです。自分の好きな授業を履修出来ます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      商社
    • 志望動機
      海外で働きたいと考え、ICUに進学しました。自分で学びたい学科を、入学後に決められる点も、大きかったです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:569410
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学に行って遊びたいなら別の大学が良いと思います。この大学は1.2年は特に多忙で、課題やテスト勉強に追われる日々が続きます。でも周りの友人のおかげで楽しく通えてます。教養学部なので様々な分野を勉強します。まだ自分の夢が決まってない人には最適だと思いますし、多くの学生はICUに来てから学びたい分野や夢が180度変わった人もいました。この学校に来てから色んなバックグラウンドを持ち合わせた人に出会い考え方が変わり、毎日がとても充実しています。
    • 講義・授業
      良い
      ただの講義だけではなく、ディスカッションやプレゼンテーションをグループで行う授業が多いです。学年に関係なく同じ授業を受けるので、4年生の方からアドバイスを貰えたり、学校のことを教えてもらえたりもします。
      また先生との距離が良い意味で近いところも特徴です。授業中先生に質問をすれば「じゃあそのことについて今からディスカッションしてみようか」となって、臨機応変に対応してくれます。ディスカッションと聞くと堅苦しくて、何か発言して貢献しないとと思いがちですが、ラフに話すことができる雰囲気です。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅からバスで行く人、自転車で行く人、歩きで行く人と様々です。自転車では20分、歩きだと30-40分かかりますが、朝のバスは遅れたり混雑で乗れなかったりするので、確実な選択です。
      アクセスは良くはないですが、周りにはICU生行きつけのラーメン屋さんがあったり、他にも様々なご飯屋さんがあります。
    この口コミは参考になりましたか?

    12人中9人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:484012
  • 男性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学で勉強したいと思ってる人には良い大学だと思います。大学内の自然が多く、落ち着いた環境で勉強できます。また、大学に入学する前に選考を決めなくていいので、まだ何したいか決まってない人にもいい大学だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      メジャー制をとっており、様々な分野の講義を受けることができます。また、少人数で行われる講義も多く、教授とのコミュニケーションも取りやすいです。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ほかの大学と異なりゼミは活発ではないです。基本的に、ゼミや研究室は早くても三年生の冬学期、基本的には四年生から始まります。
    • 就職・進学
      普通
      基本的にみんな英語が話せるため外資系の企業に行く人が多いです。日系の大企業に行く人も多いです。就職サポートグループがあってさまざまな就活イベントを開いてくれます。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅からはかなり遠く、学生が一番使う武蔵境駅からはバスで12分かかります。学生寮に住めば大学までは近いので便利ですが、駅まで遠くて不便。大学周りにも飲食店は少ないです。
    • 施設・設備
      普通
      最近新しい体育館やプール、テニスコートができてきれいになってきた。本館は老朽化しているが、建て替え計画がある。
    • 友人・恋愛
      普通
      基本的に学生数が少ないのでみんな知り合いになる。英語の授業のセクションメイトやサークルの人と友達になることが多い。恋愛は学内で付き合ってる人も多い。
    • 学生生活
      普通
      学生数が少ないのと女子が多いので運動系のサークルはあまり活発ではないです。演劇や音楽系、ボランティア系のサークルは多いです。文化祭は規模は大きくないですが、インターナショナルな感じで面白いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      メジャー制をとっていて様々な学問を勉強することができる。そして二年の終わりにどのメジャーを専攻するのかを決めます。一年生の間は、ELAという英語の授業を受けることになります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      きまっていない
    • 志望動機
      様々な学問を学べることと、大学に入学した後に専攻を決めることができるので入学したいと思いました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:535092
  • 男性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      まだ大学で何を学びたいのか、何に興味があるのか分からないという人にはとてもいい大学だと思います。なぜなら、大学に入学してある程度興味が固まってから専攻を選べるシステムがあるからです。それだけではなく、ダブルメジャー制度といって二つの学問を専攻することも可能です。教授陣もレベルが高く、著名な方も多くいらっしゃって、自分の学びを深めることのできる環境が整っていると思います。また、英語教育にも力を入れており、将来世界的に活躍したいと考えている人にはとても適した環境だと思います。留学生も多く、多様なバックグラウンドを持った生徒たちとの交流は語学力の向上のみならず、自分自身の考え方やものの見方を広げてくれると思います。深い教養と高い語学力を持っていれば社会に貢献できる人材となると思いますし、実際卒業後に世界で活躍されている先輩方もたくさんいらっしゃいます。人間として成長する機会を与えてくれる良い大学だと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:465905
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      海外に興味があったり、住んでいたことがあった人は特に居心地のいい大学です。高校から内部進学してきた人はとても個性が強く、外部生には多少ついていけないところもあるかもしれませんが、基本的に皆外交的で社交的なので内外部生のわだかまりなどは全くありません。教育面では、リベラルアーツと言いながらも大まかにはやりたい方向性を1年の時から決めておかないと3年次に履修科目が増えたりします。
    • 講義・授業
      良い
      とても充実していると思います。特に平和研究など他大にはない分野もあるので、選択肢が多いのはICUのいいところだと思います
    • 研究室・ゼミ
      良い
      教授陣はとても頼りになり、研究以外のことでも話に行けます。専門によってはとてもきつかったりと他大学と変わりありません。
    • 就職・進学
      普通
      大手から中小、専門的な範囲就職実績は多岐に渡ります。特に理系は大手に採用される傾向が強いです。
    • アクセス・立地
      悪い
      新宿から中央線で20分、武蔵境駅が最寄りで、市バスの利用がよくおすすめされますが、多くの在校生は隣の東小金井駅や西武線の新小金井駅から自転車を利用してます。
    • 施設・設備
      普通
      校舎は基本的にどこもやや古めですが、特に気になったことはありません。来年新しいプールなどが建設完了予定です。
    • 友人・恋愛
      良い
      どの生徒も個性的で意思が強く、我が道を進むタイプが多いように見えます。合う人と付き合い、合わない人とは無理して付き合わず関わらない、ような人間関係を好む人が多い気がします。
    • 学生生活
      良い
      色々なサークルがありますが、基本学問が忙しいので、入らなかったら友達できないみたいなことはありません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次に色々なことを学べます。内部進学者にはネイティブレベルに英語を喋る人や、そうでなくてもICUハイの英語はとてもインテンシブなので、外部生は特に英語の授業が多くなる傾向にあります。
    • 就職先・進学先
      決まっていません
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:491959
  • 男性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分のやりたいことが出来る自由な大学であり、考える機会を多く与えてくれます。真剣に学問をやりに来ている人であれば素晴らしい環境が揃っています。サークル部活に参加することもできますが、遊びを第一に考えている人はあまり向いていない大学だと思います。ただ四年間この大学にいれば実力がつくのは確かです。
    • 講義・授業
      良い
      満足できる講義が多いと思います。先生からの一方通行の授業というよりは、ディスカッションなり生徒が参加型の授業が多いです。
    • 就職・進学
      良い
      大手の企業に就職するかたも多いですし、大学院に行く人が多いのがこの大学の特徴です。
    • アクセス・立地
      良い
      駅も遠いし周りには何もないです。勉強をするには雑念が入らなくていいかとは思いますが、流石にもう少し周りにあればいいかなと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      小さい大学なので仲良くなりやすいですね。恋愛はリトリートという遠足行事の時にクラスに数人できるくらいの印象です。
    • 学生生活
      良い
      c-weekだったりicu祭もあってイベントは充実してると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      2年間はさまざまな分野に触れることができます。ただある程度メジャーを考えながら12年で履修しないと卒業が厳しいのでそこまで全部の分野に触れられるわけじゃないです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:437872
  • 女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学科というよりもICUはリベラルアーツで知られているように、様々な分野を学ぶことができる大学です。三年生から自分の専攻を決めるので、一二年生は計画を立てながらも多岐にわたる学問を学ぶことができます。また、英語についてはそれぞれの生徒に合ったレベルの授業が展開されているので、自分にとって極度にレベルが高い、または低いということがありません。しかしながら、英語の授業も含め課題が多いので勉強時間は多く割かなければいけない可能性も高いです。勉強する場所なので当たり前のことですが、ある程度は覚悟をしておいた方がいいと思います。
    • 講義・授業
      良い
      様々な種類の学問を学べるという点から5をつけました。特にディスカッションが多いのがICUの授業の特徴とも言えます。また、英語開講の授業も多くあり、留学生や帰国生にも充実した内容だと思います。また、授業についてわからないことがある際はオフィス・アワーという教授に確実に会える時間も存在しますし、メールでもやりとりできるのでその点についてもケアがされていると思います。履修の組み方については自分で計画を毎学期練ってとらないと、後々本当にとりたい専攻を選べなかったりするのでそこは注意が必要ですが、履修も含め学校生活について相談できる学生団体も学内に存在しているので、重く考えなくても大丈夫だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      私はまだ研究室にもゼミにもまだ所属していないので詳しいことはわかりません。おそらく専攻を決める時期くらいから選び始めるものだと思います。
    • 就職・進学
      良い
      ICUだからこそという部分もありますが、就職先はやはり国内にとどまらず世界だと思います。英語が得意な生徒が多いということもありますが、在学中から異文化に触れる機会が多いので広い視野をもった生徒が多いと思います。また、大学院にも行って計5年で卒業できるというプログラムもあるので、それもまたICUの特徴だと言えます。
    • アクセス・立地
      普通
      私は家から一時間半程度かけて通学しているので、正直アクセスは悪いです。東京といえど23区外ですし、学校の周りは都会よりも田舎な感じが強いです。しかしながら大学からは三鷹駅や武蔵境駅までのバスが出てますし、吉祥寺駅も近いので生活に困ることはないようです。ちなみに三鷹駅からICUまではバスで20分、武蔵境駅からICUまでは15分程度です。時間帯によりますが、バスの本数が少なくて一本逃すと15分またなくてはならないこともあるのでそこも少し不便です。ごはんを食べにいくとしたら、学校周辺のラーメン屋さんが多いですが、おしゃれなところであればやはり吉祥寺あたりだと思います。
    • 施設・設備
      良い
      敷地は広いですし、実際建物も広々としています。しかしキャンパスが広すぎるあまり移動時間がかかるので学内で自転車を使用している生徒は多いです。図書館は様々な分野の本が揃っていますし、一人で勉強できる静かなスペースからグループワークに適している場所まであるのでとても便利です。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活を通して様々な人と出会えることが魅力です。ICUは日本のみならず帰国生など様々なバックグラウンドを持つ生徒が集まるので、生まれ育った場所について話すだけでも随分盛り上がりますし、視野が広がると思います。男子より女子の方が人数が多いのは事実ですが、日常的に男子が少ないと実感するのは少人数クラスくらいで他のときは少ないと思ったりはあまりしません。
    • 学生生活
      良い
      サークルや部活動は充実していると思います。名前をきいただけだとなんだろうと思うものがあるのもICUの特徴かもしれません。大学のイベントは学園祭はもちろん、基督教なだけあってキリスト教週間というものも存在します。ただ、生徒が全員キリスト教ではありませんし(私も違います)、学校も別にキリスト教をおしつけたりは全くしません。教会が学内にあったり、イベントがキリスト教関係なことは多いですが、それはそれであって、他の宗教の生徒ももちろんいます。アルバイトをしている生徒も多いですし、学内バイトも多数あるのでそこでバイトをしている生徒もいるようです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は英語を主に勉強します。レベルによってどれくらいの量を勉強するかは変わりますが、多くの生徒は一年間英語を主に勉強することになります。二年次は三年から決める専攻のために必要な科目を各々が計画をたてながら履修する期間です。一年次から専攻に必要な科目をとりますが、二年次は英語の授業がなくなるので、より多くの自分の興味ある授業をとることが可能です。三年次からは専攻を決めてその専攻の勉強をします。四年次は卒論も進めていくという感じです。
      必須科目はいくつかあります。体育や理系科目、キリスト教の授業等です。また英語開講の授業も決められた単位数取らなければなりません。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:431789
  • 男性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    教養学部アーツ・サイエンス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      リベラルアーツ教育なので、たくさんの分野のことを幅広く学ぶことができます。私は将来の職業など決めずに大学に入学しました。それは大学でたくさんのことを学び、将来やりたいことを見つけようと考えたからです。
    • 講義・授業
      良い
      たくさんの分野を専門としている教授がたくさんいます。また、英語に関してはネイティブの先生で、少人数のため発言の機会が多く身につきます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      様々な分野の講義があり、その講義によってはそれぞれ研究室などがあります。生徒と教授の距離が近いので質問なども気軽にできます。
    • 就職・進学
      良い
      就職に関してはサポートが充実しており、グループなどに相談することをできるので、ぜひ利用すると良いと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅からバス、西武多摩川線、または自転車でのアクセスが可能です。大半の学生は自転車を使っています。
    • 施設・設備
      良い
      研究室、大講義室、小さな教室、ジム、スポーツクラブなど、様々な施設があります。授業の他にも部活動などで使用することができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      全校生徒の人数が少ないため、顔見知りなどがたくさんいる感じです。英語のクラスや部活などのコミュニティでも友人関係は築けます。
    • 学生生活
      良い
      私は体育会サッカー部に所属していますが、かなり充実しています。練習は週5で、がっつり練習できるし、勉強との両立もできてます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      3年になるまでは先行を決めないので、自分のやりたい分野を学べます。先行を決めるまでにたくさんのことにチャレンジしてください。
    • 就職先・進学先
      商社
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430774
1481-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 東京都 三鷹市大沢3-10-2
最寄駅 西武多摩川線 新小金井
電話番号 0422-33-3054
学部 教養学部
概要 国際基督教大学は、東京都三鷹市に本部を置く私立大学です。通称は「ICU」。1949年、日本と北米のキリスト教指導者たちの決定により創立されました。教員1人対学生18人という少人数教育をとり、対話中心のディスカッションスタイルの授業が多いことが特徴です。国際性が高いことでも有名な国際基督教大学は、学生のおよそ15%が毎年海外に留学しています。 三鷹市大沢にある、全員が学ぶキャンパスは広大な敷地を有し、都立野川公園も隣にあることから、自然豊かな環境でのびのびと学生生活を送れます。教員の3人に1人は外国国籍であり、大学全体がグローバルな環境にできています。高い語学力や変化に適応する力を身につけた学生は、卒業後はグローバル企業をはじめ幅広い業界に高い就職率で進路を決めています。

この学校の条件に近い大学

学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  国際基督教大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.85 (274件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1529件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.93 (1174件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1529件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.93 (1174件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.72 (897件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

国際基督教大学の学部

教養学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.47 (148件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。