>>     >>     >>  口コミ

国際基督教大学
国際基督教大学
(こくさいきりすときょうだいがく)

東京都 / 私立

口コミ
私立大

2

偏差値
私立大

3

偏差値:64

口コミ:

4.43

(53)

国際基督教大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 4.42 2位
研究室・ゼミ 3.64 206位
就職・進学 4.11 49位
アクセス・立地 3.06 207位
施設・設備 3.70 167位
友人・恋愛 4.25 4位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

54件中 1-10件を表示
  • 国際基督教大学
    男性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      マイペースに自分の学びたいことを広く学べる。
      興味のあることもふかめられる。
    • 講義・授業
      1年次はほぼ英語の授業でおわる。
      2年次からはほぼ取りたいようにとれる。
    • 研究室・ゼミ
      4年次にゼミがある。
      卒論もディスカッション中心で進められた。
    • 就職・進学
      就職課は指導熱心で親身に対応いただける。
      秋休みに企業説明会みたいのが学内であった。
    • アクセス・立地
      最寄りから自転車なら近いが、歩いては20-30分ほどかかりとおい。
    • 施設・設備
      自然が多く、都内と思わない立地条件。
      のびのびしている。
      図書館も蔵書がたくさんあり利用しやすい。
    進路について
    • 就職先・進学先
      システムインテグレーター
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分の専門分野だけを学びたいならICUは向かないと思う。専攻分野を深く知るために回り道できる人に向いてると思う。
    • 講義・授業
      とにかく楽しい。授業つまんないとかない。自分の専門以外の授業がとれるし、案内それが楽しい。
    • 研究室・ゼミ
      特にゼミとかない。卒論指導の教授次第でゼミがあったりなかったり。
    • 就職・進学
      自分から参加していけば、あつーいサポートがたくさんある。でも、自分で行動しなきゃ、何も手に入らない。
    • アクセス・立地
      中央線の武蔵境or三鷹から、バスor自転車かな。とにかく立地は最悪。笑
    • 施設・設備
      新しい建物も幾つかある。でと、古い建物にも、素敵なところがたくさんある。全て三角形で作られた小さいチャペルとかもある。
      でも、移動距離はながい。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    男性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      リベラルアーツを掲げた大学ですので、いろいろな分野の勉強ができ教養やものの見方が身につきます。英語の授業も多く、しっかり勉強すれば語学力も身につくでしょう。
    • 講義・授業
      カリキュラムの自由度が高いため、自分が好きな分野を探しながら勉強できます。講義のレベルは全体的に高めで、課題も多めです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによって厳しさは全く異なりますが、おおむね厳しめです。ゼミによっては英語で卒論を書かなければならないところもあります。
    • 就職・進学
      大手企業への就職実績は多めですが、大学側からのサポートは少なめです。当たり前ですが自分で主体的にサポートを得ようという姿勢がないと、サポートは得られません。
    • アクセス・立地
      最寄りの武蔵境駅からは自転車で15分前後と若干遠目です。周りにラーメン屋はかなり多めですが遊ぶところは少ないです。大きな買い物は吉祥寺で済ませる人が多いです。
    • 施設・設備
      図書館内の資料が量・質ともに充実しています。食堂・売店は若干高めです。縄文時代の遺跡や、泰山荘という重要文化財があります。なお、本館は建て替え工事が予定されています。
    • 友人・恋愛
      距離的な問題があり、他大学との交流は少なめだと思います。1年生の英語のクラス(セクション)でたくさん友達ができます。また、寮に入ればイベントなどもかなりあるので知り合いが増えると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教養学部ですので、勉強する内容は人によって全く異なります。2つ以上の分野を専攻することもできます。なお、理系の大学と比較すると理系分野の授業は少し弱めです。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語で学べる環境にあこがれたため。また、留学のサポートも手厚いため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の授業をまんべんなく聞くとよいでしょう。教養が問われるので、いろいろな本を読んでおくと受験対策になると思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      じぶんが人生で成し遂げたいことを学び、行動に変えることを目指す学生になりたければ、最もおすすめです。周りも行動的な学生が多く、刺激的な環境です。
    • 講義・授業
      特に国際関係は著名な教授も多く、先生の指導への熱意も高いです。英語と日本語のどちらかで受講できます。課題は多いですが、学ぶためには不可欠です。
    • 研究室・ゼミ
      先生によってゼミの環境は大きく変わりますが、総じて生徒の熱意に応える先生ばかりです。理系より文系の方が先生の数が充実しています。
    • 就職・進学
      大学の就職活動への支援はそこそこですが、個人の活動として一人ひとりがきちんと取り組んでいます。迷った時悩んだ時は、周囲や先輩にアドバイスをもらって解決しています。
    • アクセス・立地
      三鷹の森の中にありますので、便利か不便かというと不便な方です。暮らすには全く問題ないですが、最寄りの遊び場は吉祥寺です。
    • 施設・設備
      必要な施設は整っており、比較的きれいです。学生寮も多く整えられており、学生間の交流は強いと思います。
    • 友人・恋愛
      学校で一つの学科しかないので、学科といえども多様性があります。いろいろな人と話をして刺激を受ける大学生活を送ることができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養を英語で学び、二年次以降は自分の関心がある授業を選択していました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      近藤ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      開発経済を中心に、国際関係学を学ぶことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      通信メーカー/海外営業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      海外展開に力を入れており、かつ日本が誇る技術力を持ち合わせている企業であるため。
    入試について
    • 学科志望動機
      三年次以降に専攻を決められること、留学やインターンなど海外への窓口が広いことか理由です。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      大手予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      もともと国立志望だったので、センター対策がそのまま入試対策になりました。一般入試も受けましたが、一般教養が問われる内容で、センター対策が有効と思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学ぶことを突き詰めたいと考えている人に向いています。授業に限らず課外活動含めてやりたいことに取り組む学生がおおいです。そこからの繋がりもたくさん広がります。
    • 講義・授業
      教養学部のなかで、興味がある授業を受けられる。視野が広まるし、学生によってはある授業を受けたことでその後の人生も変わったり、とても良い刺激になっている。
    • 研究室・ゼミ
      教授のコネクションも豊かで、国際的な繋がりも持てる。先生によって波があるので、先輩に事前に情報をもらうことが大切。ただ、基本的に、生徒の熱意に応える教授がほとんど。
    • 就職・進学
      学生も大学も就職を強く意識していない風潮はある。ただ、その分就職活動をする意味、自分がやりたいことを考えさせられる環境なので、学生自体が就職活動で困っている場面は多くない気がする。
    • アクセス・立地
      三鷹の森のなかにあるので、遊び回りたい人には不向き。東京屈指の自然環境で、慣れるとすごく落ち着く。吉祥寺などのおしゃれな美味しいカフェ、飲み屋さんに詳しくなれる。
    • 施設・設備
      施設自体がそもそも少ないが、どれも比較的きれいで機能的にも揃っている。特に図書館はイベントも充実していて、貸出本数は日本の大学でトップクラス。時々、今まで一度も貸し出されたことのない本フェアなど、謎なイベントもしている。
    • 友人・恋愛
      遊び回るには不向きだが、やりたいことに真っ直ぐ取り組むには一番の環境。周りもそのような学生が多く、刺激的に毎日を過ごせる。とはいえ、勉強ばかりでもなく、海外にでかけたり、大学内の芝のうえでゴロゴロしたり、思い思いに楽しめるのが良いところ。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目の一般教養関連や、専門科目を中心に学んだ。特徴的なのはキリスト教の大学らしく、キリスト教概論を学ぶところで、とはいっても信仰を強制されることもなく、のんびり学んだ。
    • 所属研究室・ゼミ名
      鈴木研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      政治・経済・教育・ジェンダーなどの視点から、発展途上国の開発について研究した。
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT関連企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      国際的な展開を狙っている企業であり、自身の大学での経験を活かすことができると考えたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      学科を一つに絞りきれなかったため、三年目で専門を選ぶことができる制度が魅力的だと感じたから。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      大手予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      入試が特殊で一般教養の問題もおおいので、センター対策で幅広く学ぶことが直接の対策になった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性在校生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-12投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      理系で受験した人も、文系で受験した人も、帰国枠でも、入学後は同じ扱いです。つまり受験型に関係なく好きな科目を選んで勉強できます。高校までがっつり文系だった人が物理の先生を目指す、なんてことも可能です。 気まぐれにいろんな科目を勉強できますが、その反面、他大学に比べて専門性は低いかもしれません。興味のある分野の研究を深めたい場合は、卒業後に大学院に行くことをおすすめします。
    • 講義・授業
      授業でディスカッションやプレゼンが多く、充実しています。周りの学生も積極的なのでディスカッション・プレゼンが苦手な人も心配することはありません。周りが引っ張っていってくれます。 よく「ICU=授業ぜんぶ英語」と思われがちですが、普通は日:英が2:1くらいです(選び次第では極度に英語を避ける/日本語を避けることもできます)。
    • 研究室・ゼミ
      公式なゼミはないと思います。卒論生を担当している先生が、ゼミ的なことをしている場合はありますが。 2年生の終わりに専攻を決め、4年生から卒論指導の先生(ゼミに相当)がつきます。
    • 就職・進学
      学生数が少ない割には、世界の舞台で活躍している卒業生が多いと思います。 卒業生が少ないため、OB/OGネットワークは強くありません。 進学する人は2割くらい。東大大学院や海外の大学院に行く人が多いです。
    • アクセス・立地
      大学最寄り駅(中央線武蔵境駅、中央線三鷹駅)からのバスが不便なので、自転車を買って駅に駐輪している人が多いです。学内に駐輪場はたくさんあります。
    • 施設・設備
      図書館が良いです。レポートに使える文献がそろっています。 キャンパス内に自習できるスペースがたくさんあります。
    • 友人・恋愛
      学生や先生がみんないい人です。私は受験生のとき、校風が気に入って「ICUに入りたい!」と思いました。気の合う友達に囲まれて、毎日楽しいです。 男子の人数は全体の20~30%で、圧倒的に女子の方が多いです。学内カップルは少ないと思います。サークルもあまり盛んではないので、出会いの場はバイトくらいでしょうか。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年~4年で大差はありません。2年の終わりに専攻を決めるので、それまでに専攻要件科目を履修する必要があります。(どの専攻も2科目程度ですが) 通訳の授業がかなり実践的で、大変ですが専門技術を身に付けられます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院(国内または海外)
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      言語教育・コミュニケーション学を専門的に勉強したいから。
    入試について
    • 学科志望動機
      理系で受験しても、英語や文系分野を勉強できるところに魅力を感じました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      日曜講座(ICU専門塾)
    • どのような入試対策をしていたか
      問題形式が変わっているし、文章量がとても多いので、過去問を集めて問題に慣れるようにしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      高校生の間に将来何を学び、どのような進路を経て行きたいかを決めることが出来る人は数限られていると思います。ICUはもっとも重要な将来選択を様々な分野を学びながら吟味をする時間を与えてくれる場所です。益々国際化が進む世界に必要不可欠な言語能力の向上を基盤とし、その上に更なる専門知識を築くことが出来ます。 集まる学生も、学びへの意識の高い人が多いので、なんとなくな人間関係では無く、在学中のスタディー不ループに留まらず、その後のキャリアにも大きく影響する関係を形成することが出来ます。
    • 講義・授業
      専門学科が限定されない1、2年の間はあらゆる分野の講義を受講することができ、また、1コマあたり70分なので、長すぎず、集中できる。
    • 研究室・ゼミ
      自分の研究テーマに合う教授をじっくり探す時間があります。 また、一つのゼミが少数制なので、ゼミ仲間とも濃い関係を作ることが出来ます。
    • 就職・進学
      専門知識の他に、とても高い言語能力の身に付けることが出来るので、時代のニーズに合った素質を知らず知らずのうちに獲得出来ています。また、クリティカルシンキングも自然に身に付くような学習形態を敷いているので、世の中をしっかり見極める力もあり、世間から今必要とされる人材が多いと思います。
    • アクセス・立地
      JRの最寄駅から徒歩では通学しにくく、多くの学生が最寄駅から自転車を使って通学しています。また、一旦大学構内に入ると、飲食店等へのアクセスもあまりよくなく、お世辞にも便利な場所にあるとは言えません。ただ、それが学問に集中する良い環境になっているのもまた事実です。
    • 施設・設備
      特に問題があるとは思いませんが、最先端を取り揃えているのかと言えば、分かりません。 ただし、図書館の蔵書数は大変な数で、研究するには全く問題ない環境です。
    • 友人・恋愛
      自分の納得のいく学問生活を送ることのできる場所で、充実した大学生生活を期待できます。 いつまでも学んでいたくなります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本的には英語学と第二言語教育学です。 また、それに伴い、心理学・教育学も履修しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      守屋ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      とてもアットホームで温かい教授の下で研究に取り組むことが出来ます。人数も少ないので、多くの時間を費やして頂くことが出来ます。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本というコンテクストにおいて、英語で学問をするには最高の場所だと思ったからです。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    男性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業の選択肢が少ない事はあるが、勉強したいと言う人にはうってつけの環境である。非常に狭いコミュニティーであり、周りに合わせる必要がある。
    • 講義・授業
      教授と学生、また学生間の距離が近く、議論を交わしながらの授業がおおい。一つ一つのレベルも高く、出席しただけで単位が取れるというものは無い。一方で、授業の選択肢が少なく、自分の本当に学びたい分野の授業がない事も多い。
    • 研究室・ゼミ
      全体的に少人数のゼミが多いイメージ。基本的に卒論を仕上げる事のみを目的にしている。専門分野を少し離れると、殆ど独学のようになってしまう。
    • 就職・進学
      大手、グローバル企業に就職する学生が多い。模擬面接やES添削など、就職支援も比較的手厚い。一方で、大学院進学率が非常に高い。
    • アクセス・立地
      駅から非常に離れており、周囲には店も少ない。しかし、その分静かで、緑も多く、学習環境としては良いとおもう。
    • 施設・設備
      全体的にに設備は古い感じが否めない。図書館は自動出庫システムなど非常に使いやすい環境が整っている。また、本館前の芝生は憩いの場になっている。
    • 友人・恋愛
      英語のクラスがあり、全体的にも少人数であることから、みんなで仲良くしようという傾向が強い。非常に狭いコミュニティーである。無理にでも馴染まざるを得ない環境。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      二年生までは英語をみっちりやる事になる。また、四年の卒論までは分野を問わず自由に授業を選べる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      政治学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      近代政治哲学の著作を中心に読解し、理解を深める。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手鉄鋼メーカー
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      基幹産業であり、グローバルに働ける環境があったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      様々な学問を英語をツールとして学べる点。また、短期留学制度が充実していたため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問をとにかくたくさん解く。また、SPIの勉強も行い、英語以外の対策をとった。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      何がしたいかわからない人でも何かを見つけられる場所、でもそれが自分自身で選び取らなければならないので、わからない人は本当にずっと置いて行かれる。とにかく自由で道を踏み外しても誰も何も言わないので本当に自分次第。
    • 講義・授業
      英語の授業が多いのが魅力!とか言われるけど比較的日本語の授業の方が楽しかったと思うのは個人の感受性なのだろうか。ちょっとでも興味ある授業をひょいって前評判を知らずに取ると鬼のようにエッセイ書かされたりとか、もりもりの試験が出たりとか、単位は簡単に取れない
    • 研究室・ゼミ
      メディア学のゼミだったけど、最終的には本当に何を書いても卒業させてくれた奇跡のようなゼミだったと思う。いい意味で変わった人が多くて刺激になった。
    • 就職・進学
      とにかく就職に強い、けどそれは自分の軸をしっかり持っている人だけで、自分の大学のネームバリューを過信しているとまじで落ちぶれる。
    • アクセス・立地
      遠い。二十三区にないからとにかく遠い。新宿からですら遠く感じるので近所に住むのがおすすめ。冬のバス停はまじで心が折れる。
    • 施設・設備
      最近は新しい設備が入ってきてるみたいでうらやましい。食堂とか私たちの時代はプレハブだったのにあんなおしゃれな建物になるなんてさぎだー!
    • 友人・恋愛
      一番の宝物は出会いだと思う。変人奇人が多いけどいい意味で変わっていて、じゃあその中で自分は何だろう、どうなりたいんだろう、と気づかせてくれる。卒業して10年だけど友達は多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国際関係学科でコミュニケーション、最後は国際メディア学
    • 所属研究室・ゼミ名
      田仲ゼミ、またの名を田仲組
    • 所属研究室・ゼミの概要
      田仲組長を元にとにかく自由に論文を書く場所、先生を説得したもん勝ち。
    進路について
    • 就職先・進学先
      まずはフリーター
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      単純に就職できなかったので、今ものんびりいろんな会社を歩き回ってます
    入試について
    • 学科志望動機
      帰国子女枠があること、通訳や翻訳者になりたかったので専門のコースがあったこと。
    • 利用した入試形式
      その他
    • 利用した予備校・家庭教師
      特になし
    • どのような入試対策をしていたか
      帰国子女枠だったので特になし。しいて言えば普段の成績と小論文対策
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際基督教大学
    女性卒業生
    教養学部 アーツ・サイエンス学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学生の数に対して教授の数が多いので、大教室というものがなく、本当に学ぶための授業であり、学校だと思う。
    • 講義・授業
      ジョ業は英語で行われるので、授業に追い付くための語学学習をしなくてはならないことが、大変だけれども、確実に自分が語学力アップを実感できる喜びを与えてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      少人数、学年の差が幅広く、教授の熱心さに答えようと学生たちもよく討論を行いました。それが、自己の意見を述べることの必要性、重要性を自然とみにつけられたことが素晴らしいことと思っています
    • 就職・進学
      自分の希望を伝えると、親切にそれらの関連ある会社を助言。これが非常にきめ細やかだったのと、気軽に相談できる雰囲気を持った相談室という感じが強かった
    • アクセス・立地
      緑豊かで、キャンパス内が植物園のよう。キャンパス内に寮が幾つかあり、友人と話に夢中になりながら散策出来る環境が素晴らしい
    • 施設・設備
      図書館の蔵書数の数、専門分野別のコーナーの蔵書数に多さ、これはすごいと自慢できる。キャンパス内に寮があったおかげで、寝坊した時でもダッシュで遅刻せずに教室に行けることは一番助かった。
    • 友人・恋愛
      寮があるのでそこでの仲間は全て友人。毎週末のミーティング。お菓子とお茶と、先輩も後輩もなく、掃除当番やら、反省会は楽しいひと時でした
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      哲学、社会学を中心に学んだことで、2年生の時に参加したプロジェクトが海外ボランティア。この体験は今の私を作ってくれた、大切の体験でした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      国際社会人類学の研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      哲学や、人類学と幅広いことを学びたかったので、
    進路について
    • 就職先・進学先
      石巻市役所の震災復興課
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      人の役に立つための仕事がしたかった。国連よりも、日本で起きた震災でボランティアをしなくてはならない状況が国内で起こったので、東北の役に立ちたいと思っただけ
    入試について
    • 学科志望動機
      国連職員を目指していたので、この学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      高校での特進コースの放課後授業だけです
    • どのような入試対策をしていたか
      英語力アップで英検レベルアップに取り組んだ
    この口コミは参考になりましたか?
54件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

国際基督教大学の画像 :©Te220168さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

自治医科大学
自治医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 68
★★★★☆4.07 (14件)
栃木県/私立
東京慈恵会医科大学
東京慈恵会医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 68
★★★★☆4.20 (5件)
東京都/私立
青山学院大学
青山学院大学
併願校におすすめ
偏差値:57 - 64
★★★★☆3.88 (336件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。