>>     >>     >>  口コミ

国際教養大学
国際教養大学
(こくさいきょうようだいがく)

秋田県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

偏差値
公立大

1

偏差値:66 - 68

口コミ:

4.23

(22)

国際教養大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 4.05 7位
研究室・ゼミ 3.64 42位
就職・進学 4.36 11位
アクセス・立地 2.23 55位
施設・設備 3.55 31位
友人・恋愛 4.05 6位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

22件中 1-10件を表示
  • 国際教養大学
    男性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国際的なビジネス実践力を身に付けたい人には打ってつけの学科です。 高い目的意識を持った学生と寝食を共にしながら成長できます。
    • 講義・授業
      少人数制の授業が多く、一方的に講義を聞くだけの授業は少ないと思います。 常に、自分の意見を持つ良い訓練になりました。
    • 研究室・ゼミ
      この大学のゼミは、通常の授業とほとんど変わらないです。 ただ少し長めの論文を書くだけで、同じゼミの人との交流も皆無です。
    • 就職・進学
      大手製造業に就職する人の割合が高いです。 それ以外の業界に就職するのは、難しいかと思います。 キャリアセンターの皆さんはとても親身でした。
    • アクセス・立地
      最寄駅からはバスで15分程度です。そのバスは1日に数本しかなく、あまり使い物になりません。 イオンとのバスは1日に10本程度あり、そこそこ便利です。
    • 施設・設備
      古い建物と新しい建物とがあります。 古い建物は、断熱性が悪いのか、冬はとても寒くなります。 ただ、図書館が24時間空いているのは評判が良いです。
    • 友人・恋愛
      1学年200人ほどしかいない大学で、更に同じ学科となるとその半分程度です。 それゆえ、コミュニティは非常に狭く、良くも悪くも濃い人間関係を持つ事が多くなります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年目の主に前半はEAPという英語集中プログラムで学術英語を学びます。 その後、基盤教育、留学、専門課程を通して徐々に発展的なそれぞれの科目を学んでいきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      グローバルビジネスゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      他の授業よりも少し長い論文を書くだけです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      機械メーカー/文系総合職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      日本の技術を活かして世界に貢献できると思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来、国際的に仕事で活躍したいと考え、実践的な事柄を学べると思ったからです。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      独特な入試形式に対応する為、先生に個別に過去問を添削して頂いた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      「英語を」ではなく「英語で」学びたい人には最適な学校だと思います。この大学には、全国から個性的なバックグラウンドを持った学生や交換留学生が集っています。また卒業要件でもある一年間の留学を通して、周りの刺激を存分に受けることができます。また小さい大学なので、他の大きな大学とは違ってとても近い人間関係を築くことができます。難点としては、立地が…アクセス悪すぎです。買い物がしづらく、娯楽施設も周辺にはないのでとても遊びにくい環境です。もうひとつは、他大学と違いリベラルアーツを掲げている大学なので、ときに自分が何を学んでいるのかわからなくなることがあります。
    • 講義・授業
      総じて英語で行われる授業なので、英語の苦手な人には苦行でしかありません。英語で話すのに慣れている、もしくは英語でコミュニケーションを取る意欲がある人が求められています。GS、GBに分かれるまではがっちりとした学科はないので、自分がBEで示した興味に従って進むことになるかとおもいます。ただしリベラルアーツではありますが、理系を深く学びたい人には別の理系の学校をお勧めします。講義の体系は、レクチャー式もあれば(ねむいことも…)、グループワークがおおいこともあります。これは教授によります。一つ言えるのは、ひとクラス当たりの人数が少ないということです。たいていは10〜20人、多くても50人以下です。そのぶん教授と近いコミュニケーションをとることができます。
    • 研究室・ゼミ
      研究、ゼミという概念がありません。まだ発展途上の大学なので…。ただ、卒業論文を書くときにはゼミに入ることになります。留学前にゼミを決め、留学中に本を読み、留学後に教授の指導を仰ぎながら卒業論文に励みます。
    • 就職・進学
      大学の売り文句の通り、就職率は100%のようです。キャリアサポートは充実しているようです。まだ就職活動をしていないのであまり詳しくはわかりませんが、BEの授業の中にCareer Designという、将来について考える授業があります。
    • アクセス・立地
      アクセスは、山の中なのでとても悪いです。大学までのバスは二種類しかありません:イオン行きと郊外の駅行きです。バスは一時間に一本出ていればいいほうで、ひどいときは一日に三回ほどしかバスが出ないことも。遊びに行くにしてもイオン化、郊外の駅に出てから電車で秋田駅に行くしかありません。車がなければ、食材の買い物もつらい…。
    • 施設・設備
      もともとあった大学をそのまま使っている施設もあるようで、創立11年にしては古いです。ただ図書館は24時間使えお勧めです。生徒は特に読書よりも勉強スペースとして利用しています。ITは、期待しないほうがいいです。wifiやパソコンを含め…。
    • 友人・恋愛
      学校の規模が小さいため、人との距離が近く、一生ものの友人が何人もできます。また大学一年生の頃は全員同じ寮の食堂で食事をとるので、自分の同期の顔は大体わかるようになります。これはほかの大きな大学ではできないことだと思っています。カップルについては、人との距離がちかいのでできやすいのではないでしょうか?男女比はだいたい3:7なので、(学年によりますが)ほとんどの男性には彼女がいる、なんてこともしばしば。ただ小さい大学ということでうわさが広まりやすく、人間関係に苦労することもあるようです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次はEAPという英語で学ぶための授業。高校の延長のように、クラスに分かれ同じ時間割で授業を受けます。二年次はおもに基盤教育、BEです。様々なバリエーションのなかからえらんで授業を受けます。専攻(GSかGB)に分かれてからは、GSは各々追及したい分野を、GBは経済を学びます。リベラルアーツを掲げていることもあり、少し特殊です。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語が好きだったのと、海外に興味があったのでえらびました。この大学は一年間の留学が義務付けられているのと、英語で授業を受けることで実用的な英語力が身に着けられると思いました。またオープンキャンパスに行って、そこら中に留学生が歩いている環境から普段の生活そのものが異文化交流であると知り、ここで学びたいと強く思いました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦の内容は、英語と日本語で行われる面接と筆記試験です。面接は、学校の英語教師やALTに何度も練習をお願いしました。とにかく予想される質問を英語と日本語で言えるようにし、数をこなしました。筆記は今まで書いてきたことのないような300語以上の英作文なので、これもまた数をこなし、英語教師やALTに何度も添削をしてもらいました。とにかくどちらの用意も、積極的に教師に相談したり添削をお願いしに行きました。必死でした笑
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2010年入学
    2016-02-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国際関係について学びたい人が多い学校だと思います。国際教養学科は三つに分かれていて、北アメリカ、東アジア、トランスナショナルの三つです。
    • 講義・授業
      さまざまな人々が集まっている上、第二ヶ国語、第三ヶ国語を話す方が多いので、授業の選択範囲が広く、授業の選択次第でさまざまなことを学んだり逆に言語を深堀りできたりと、個人の興味にあわせた学び方が可能です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミや研究室はまだとっていないのでわからないですが、大学院まであるので研究室はあります。大学院に進学した方にアドバイスをもらったほうがいいと思います。
    • 就職・進学
      就職や進学に適したサポートをしていただけるので、ありがたいです。就職100%近くの実績があります。就職活動の際も模擬面接や履歴書のチェックなどのサポートを受けることができると思います。
    • アクセス・立地
      森の中にある大学のため、外部の人と連絡がとりにくいです。また、バスを使わないと外に出れないため、かなり不便です。
    • 施設・設備
      施設や設備は、新しい大学なのできれいだと思います。大学はできてから10年ぐらいのため、まだ新しいです。
    • 友人・恋愛
      国際教養学科は唯一の学科であり、小さい学校です。1000人もいない大学ですが、少数人数の授業を徹底的にしています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国際教養学科や一般教養を中心に、さまざまなことを学べると思います。
    • 所属研究室・ゼミ名
      まだゼミをやっていません。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      まだゼミをやっていないため、わかりません。
    進路について
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていません。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      進学は考えていないのでわかりませんが、就職はまだです。
    入試について
    • 学科志望動機
      一般教育を学びたいと考えていたため、英語が充実しているところに魅力を感じました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      国際教養大学のC日程で英語の小論文があったため、英語で小論文を書くのを練習しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2014年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語を上達したい 留学したいなど思う人にはとてもいいです。
      あとちゃんと大学でも勉強したいと思う人が良いでしょう。
      大学で楽したいなどと考えている方にはまず入る事も出来ないし、卒業する事も出来ません。
      ここは努力しないと卒業が出来ない大学です
    • 講義・授業
      授業はすべて英語です。リベラルアーツなので色々な範囲の授業が学べます。
      しかし これを特に学びたい などという学部があるのだったら他の大学に進んだ方がいいでしょう
    • 研究室・ゼミ
      研究室などは学内には小さなのしかありません。しかも生物のだけです
      学校全体は本当に1人1人の生徒の事を思っています。
    • 就職・進学
      就職率はとても高いです。
      過去の先輩達も皆大手の企業に就職した方々がたくさんいます。
      また優秀な人達もとても多いです。
    • アクセス・立地
      ここで悪いニュースがあります。
      交通の不便は本当に悪いです。田舎のど真ん中にあるのでどこに行くにしてもバス、車が必要です。
      遠出したとしてもたいした事が出来ません。
    • 施設・設備
      大学はさっき行った通り リベラルアーツです。
      そしてメイジャーとして選べるのがグローバルビジネスかグローバルスタディーズだけです。
      建物はとても古いのが多いです。
      もう少しきれいにしてくれても良いと思います。
    • 友人・恋愛
      友達はたくさんつくれるでしょう。
      小さな学校なのでそれなりに知り合いや友達もたくさん出来るので
      その意味ではとても楽しいですよ
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      今まで勉強した事は色々あります。
      生物や数学、哲学と色々です
    • 所属研究室・ゼミ名
      所属していた研究室はありません。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      研究は生物クラスでできます。しかしそれ以外の研究はあまりしていないでしょう。
    進路について
    • 就職先・進学先
      就職先はフランスの化粧会社、ロレアルで働くつもりです。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もともと化粧が大好きで、化粧品が本当に好きでした
      またフランスにはたくさんの素敵な化粧品会社があるので将来は絶対にフランス語を学んで
      フランスの会社で働こうと長年思い続けています。
    入試について
    • 学科志望動機
      帰国子女で英語がもう話せるので第三ヶ国語を学びに来ました
    • 利用した入試形式
      その他
    • 利用した予備校・家庭教師
      予備校は行っていません。
      アメリカでSATというテストのための家庭教師はいました
    • どのような入試対策をしていたか
      対策はそこまで練っていませんでした
      なにせ何も情報が無かったからです。

      あったのは自信だけです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2014年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語を特に上達したい方には良いと思います。 本当に田舎にあり、息抜きに遊びにいこうとも行ける所がとても限られます。 電車も1時間に一本程度なので 遊びには本当に行きにくいです どこに行こうとも時間がかかるし、遠いです。  学校の寮生活などはとても楽しいです。 けど英語がもう出来る人にはあまりお勧めしないかもれません 特に帰国子女などは 東京にある大学などの方がいいかもしれないです  もしうけようとしているなら事前にきちんと自分で色々調べて自分に合っているかなどを 確かめてからの方が絶対に良いですよ。
    • 講義・授業
      リベラルアーツなのでとれる科目がとても多いのが多くの人を魅了するのではないでしょうか しかし 国際教養大学には グローバルビジネスかグローバルスタディーズと二つの選択肢しかないのでそこが少し不満を得ています。けど全部授業が英語というとても変わった雰囲気ではあるのは間違いありません
    • 研究室・ゼミ
      建物自体がとても古いので、他の大きな大学と比べると とっても古く感じます。 けれど 必要な物はそろっているので 私的には不満はありません
    • 就職・進学
      就職活動や就職先などはとてもいいです。過去に先輩方が大手の企業ばかりにいます。 就職率100パーセントという噂もありますがすべて事実です。
    • アクセス・立地
      交通はありえないくらい不便です! なにか遊びたいと思っても東京みたいにすぐには行けません。 ちゃんとバスの確認、一時間に一本しか出ない電車などの時間を見てからではないと行動が出来ないので やる事は本当にありません。
    • 施設・設備
      洗濯機はいいのですが 乾燥機がまわしても全く乾かないのが辛いです。 新しい建物はきれいですが、ふるい寮などはとても汚い所が多いです。 図書館はきれいですよ
    • 友人・恋愛
      ひと学年170人程度なのであんがい 全員と知り合いに成る事ができます クラブなどに入ると先輩方などのコミュニケーション十分とれます。 恋愛はうまく行く人は行きますが 行かない人もたくさんいます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      もし将来のために英語を上達したいという人はいいでしょう。 あと きちんとお勉強したい人はいいです。 都会の私立とは全く違い、勉強しないとここは卒業出来ません。 大学は遊ぶ所などと意味不明な事をお考えの人にはお勧めしないです。 それならば私立に行った方がいいでしょう。 就職率がいいので それなりに努力も必要な大学なのです。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと私はアメリカに11年住んでいたために英語が完璧でした。 むしろ日本語がおかしいので 日本語のクラスもとっているくらいです。 留学生がとても多く、多くの国のカルチャーを学べる エンバイアメントが私は欲しかったのでここにしました。また、第三ヶ国語を学ぶために来ました。じぶんの 夢のために選んだ学校です
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問とか 新しい大学なので全く情報がありませんでした。 しかも私は帰国子女入試というあまり枠が無く そして新しい入試だったので情報がゼロでした。 でもわたしはとにかく 自信を持っていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2010年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国際関係や、一般知識を学びたい人には良い大学だと思います。またいろんなことをしている人が多いので将来何したいのかまだ見つかっていない人にとっては良い刺激になると思います。
    • 講義・授業
      さまざまな人種、宗教、民族が集まっている上、英語で授業なので、一般常識などを英語で学ぶことが可能です。
    • 研究室・ゼミ
      大学院もあるので研究室は何個かあります。私自身はまだゼミを受けてないですし、大学院まで進んでないので、わからないです。
    • 就職・進学
      進学や就職についていろいろアドバイスをもらえるという話を聞いたことがあったので、いいと思います。私自身はまだ就職活動したことがないのでわからないです。
    • アクセス・立地
      アクセスは正直いうと結構良くないイメージです。木に囲まれていますし、周りに楽しい場所はないです。駅まではバスと電車に乗らないといけないです。
    • 施設・設備
      施設や設備的にはきれいなところだと思います。周りが木で囲まれているので、環境的にはすごくいいですし、空気もおいしいです。
    • 友人・恋愛
      いろんな国からきた方、県外からの方も多いので、さまざまな人と知り合いになれます。外国人と友達になれるので楽しいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国際関係や、一般常識を学ぶことが可能です。
    入試について
    • 学科志望動機
      国際関係や、一般知識を学びたいと思いました。またいろんなことをしている人が多いので将来何したいのかまだ見つかっていない人にとっては良い刺激になると思いました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      家庭教師
    • どのような入試対策をしていたか
      英語で小論文を書いて英語の先生に添削してもらっていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2014年入学
    2015-06-19投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業がすべて英語という環境で英語というツールをルカって勉強できるので、とてもみりょくてきなだいがくだと思うので
    • 講義・授業
      きょうようをやしなうために、せんもんせいにはかけますがおおくにかもくがじゅうじつしているので、このひょうかです
    • 研究室・ゼミ
      ぜみにはまだはいっていないのでくわしくはわかりませんが、あじあしょこくのかんけいについてけんきゅうしているところがおおいです
    • 就職・進学
      りゅうがくからかえってくるじきによってしゅかつにふりなばあいもおおいですが、それでもしゅうしょくしえんはしっかりしている
    • アクセス・立地
      あくせすはあまりよくありません。もよりのえきからは1にち10本程度のばすしかなく、でんしゃもばあいによっては1じかんはんまつばあいもあるので、あくせすはよくありません
    • 施設・設備
      ほんがくには24じかんあいているとしょかんがあるので、しせつはとてもじゅうじつしています。また、べんきょうできるかんきょうがしっかりと整備されています
    • 友人・恋愛
      きほんてきには、あかるいひとがおおいだいがくなので、キャンパスせいかつでたいくつすることはありません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      えいごをつかってきそきょうようをみにつける
    入試について
    • 学科志望動機
      じぶんのもっているえいごを使って、さいだいげんにいろいろながくもんをふかめたかったから
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2010年入学
    2015-06-16投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国際関係を学びたい人にはいい大学だと思います。またいろんなことをしている人が多いので将来何がしたいのかまだ見つかっていない人にはとてもいい刺激になると思います。
    • 講義・授業
      さまざまな国、宗教、民族、さまざまな環境の中生きている人が多いので、たくさんのことを学べていいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      大学院もあるので、もっと具体的に学びたい人にとってはいい研究室だと思いますし、留学生と交流を持つことも可能なので、いろんな勉強になると思います。
    • 就職・進学
      まだ就職活動や進学をしていないのでわからないですが、進路について相談にのってくれる人がいるのでこころづよいと思います。
    • アクセス・立地
      周りは気に囲まれていて、電車やバスに乗らないと市内の方にはいけないのが、ちょっと不便ですが、勉強の環境にはいいと思います。
    • 施設・設備
      施設自体はまだ10年ぐらいしかたっていないのできれいです。ただ本当に回りに木しかないので、楽しくわいわいできる環境ではないです。
    • 友人・恋愛
      いろんな国籍、文化、環境のなか育ってきた人々が多いので、さまざまな人と交流をもったり仲良くなれるのはいいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語で基礎知識から専門知識まで学ぶことが可能です。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語で基礎知識から専門知識まで学べるのが魅力的だったので。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      英語で小論文を何回も書いて、ALTの先生にアドバイスをもらっていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2010年入学
    2015-06-04投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分の世界を開きたいと考えている人に葉とてもいい大学だと思います。またいろんなことをしている人が多いので将来何がしたいのかまだ見つかっていない人にとって刺激になり勉強になると思います。ただ、本当に田舎なので勉強漬けになりますし、車がないと簡単に外にはいけないのが悪い点だと思います。
    • 講義・授業
      さまざまな年齢、国籍の人が集まっているのでいろんな人とコミュニケーションを取れますし、授業の選択範囲が広く、自分のスケジュールにあった授業ととることが可能です。選択肢が多い分、どの講義にするか迷いますし、成績をキープする場合は、あまり無理して授業ととらないことをお勧めします。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミについては、まだ私自身が取っていないのでわかりませんが、大学院まであるので良いと思います。
    • 就職・進学
      就職や進学については、私自身がまだ経験していないためわかりませんが、進路相談室やアドバイザーの先生に相談にのってもらうことは可能です。
    • アクセス・立地
      場所は森の中にあるため、構内散策は楽しいです。24時間開いている図書館やパソコン室は便利だと思います。しかし森の中にあるため、学校発の1時間一本のバスに15分間のらないと近くのスーパーやコンビニにいけないという難点はあります。
    • 施設・設備
      学校自体が2004年に開校されたため、まだまだ新しい大学だと思いますし、きれいだと思います。敷地内に広いスペースがあるためスポーツして遊んだりするのにもってこいです。
    • 友人・恋愛
      基本的には、陽気で誰とでも仲良くなれる人が多いです。またさまざまな国からきていることもあり、さまざまな言語を学ぶのにいい機会だと思いました。ほかの大学との交流は少ないですが、外国人と日本人カップルは多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語についての基礎知識から基本技術までを学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      私自身まだ受けてないのでわからないです。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      私自身まだ受けてないのでわからないです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      まだ卒業していません。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      まだ卒業していないのでわからないです。。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語で授業が受けたいと思い、海外の少数民族について学びたいと思い、国際教養学科のノースアメリカンスタディーという点が魅力だったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      家庭教師
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文を書いてALTや英語の先生に添削してもらうというのを繰り返していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 国際教養大学
    女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2011年入学
    2015-02-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      周りに何もない大学ですが、だからこそ勉強したいことに集中できる、パーフェクトな環境です。留学生との交流が普通ですし、小さい大学ならではの周りとの親近感があって、何があってもいつでも友達に助けてもらったりできます。授業も少人数制がほとんどなので、自らの意見を発することができる適した環境が整っています。これのおかげで、プレゼン力、やグループディスカッションでのコミュニケーション力が上がりました。
    • 講義・授業
      授業は一部の授業以外全て英語で行われます。私は帰国子女ということで、すごく過ごしやすい環境でした。授業の内容も、学校自体は小さいので限られてしまいますが、教授の過去の実績がすごい人たちぞろいなので、授業もそうですし、授業以外のことでたくさん学べることが多いです。
    • アクセス・立地
      90%以上の学生は学内にあるアパートや寮に住んでいるため、教室や図書館、様々なファシリティーへのアクセスは最高です。ただし、周りには公園、山、空港しかないので、お買い物や秋田駅に行く場合は1時間に1本しか出ないバスを乗っていかなければいけません。
    • 施設・設備
      我が大学が自慢できる図書館があります。グッドデザイン賞を取るほど図書館は綺麗であり、使いやすいです。他の設備自体は、AIUが建てられる前にあったミネソタ州立大学の施設をそのまま使っているので、多少古いところはあります。ですが、学内にキオスク、カフェテリア、カフェなど学生には欠かせないところが充実しており、さらにイベントホールやジムなどの設備もちゃんとあるので、とても使いやすいです。
    • 友人・恋愛
      友人関係に関しては、AIUでは必ず友達はできます。少人数で、さらに最初の学期は高校のようなクラス分けをされた必須の授業があるため、クラスメートとも仲良くなれます。先輩や後輩なども、イベントや部活を通じで仲良くなります。ただし、3年次には留学に行くため、4年次に大学に帰る頃にはほとんど知っている人がおらず、同級生同士で仲良くなる傾向があります。恋愛に関しては、距離があまりにも近いため、学内恋愛はよく聞きますが、別れた後は皆さんとても気まずそうでした。
    • 部活・サークル
      部活は学校の人数に対してはちょうどいいとったくらいです。留学生も気軽に入れるような部活もあって、とても充実していると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国際関係論や国際政治、さらに他国の国の状況について学びます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      Akiba zemi
    • 所属研究室・ゼミの概要
      国際アイデンティティーやジェンダー、国際関係について学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      以前から国際関係を学びたく、教授の実績も良いため。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      最初は英語の論文、約500wordを書き、その後に教授や学長との3対1の面談がありました。AOの秋入試だったため、結果は約3日後に出ました。
    この口コミは参考になりましたか?
22件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

秋田県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

国際教養大学の画像 :©掬茶/投稿画像ギャラリー/学校さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

札幌医科大学
札幌医科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 72
★★★★☆3.90 (30件)
北海道/公立
名古屋市立大学
名古屋市立大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 72
★★★★☆3.81 (115件)
愛知県/公立
福島県立医科大学
福島県立医科大学
併願校におすすめ
偏差値:57 - 69
★★★★☆3.89 (9件)
福島県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。