みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  国際教養大学   >>  口コミ

国際教養大学
(こくさいきょうようだいがく)

秋田県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:67.5

口コミ:★★★★☆

4.19

(58)

国際教養大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.19
(58) 公立内8 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.10
  • 研究室・ゼミ
    3.64
  • 就職・進学
    4.59
  • アクセス・立地
    2.62
  • 施設・設備
    3.83
  • 友人・恋愛
    4.19
  • 学生生活
    4.41
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

58件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      英語で授業を教え、1年間の留学が義務化されているので国際的な経験と語学力は身につく。授業と留学先も豊富で、自分の興味ある分野に基づいて選択できる。しかし、一般的な大学のような体系的な教育課程とは言いがたく、多種多様な授業を履修する形となりやすい。よく言えば色んな視点と分野に触れて、教養を身につけられる。悪く言えば、他大学ほどの「専攻」とはなりにくい。4年間で卒業しようと思えば、留学と就職活動によってゼミ研究に力を入れにくく、ゼミ自体がわずか半年の活動となる。そのため、自分の中でしっかりと専攻を確立させ、独学も含めた学習をしないと学問として究めることは難しい。体系的な知識の蓄積という意味ではあまり評価できないが、様々な視点と分野に触れる教養という意味では評価できる。
    • 講義・授業
      少人数制なので先生との距離も近く、授業に「参加」することが求められるため理解は深まる。さらに、それぞれの分野において著名な先生が多いため、田舎の大学の割には高度な学術的研究に触れられる。しかし、授業は英語で行うため、母国語でするのと比べて内容が易しくなり、その分野をさらに深める上級の授業がない場合もある。ただ、授業の種類については豊富であり、自分の興味を刺激するものは見つかる。少人数なので雰囲気も良く、課題は読み物が多い傾向。出席、試験、課題をこなさないと単位は取得できないが、カリキュラム通りにすれば普通に獲得できる。
    • 研究室・ゼミ
      大体の人は大学3年生の時に留学に行くので、2年の秋に所属するゼミを決める。ゼミによっては留学前は全く活動しない場合もあるが、一部は留学直前の学期に活動する。留学中に課題文献を読み、それの分析や感想文を求められる。帰国後に半年間(1学期)のゼミ活動があり、そこで卒業論文を執筆するが、就職活動と被ると力を入れにくい。全体的には「ゼミ活動」という概念が薄く、体系的な学習の集大成としてはあまり機能していない。ゼミ研究への力の入れ具合は先生によって全く異なり、どこに所属するかによって探求具合も変わってくる。
    • 就職・進学
      就職率は毎年ほぼ100%であり、キャリア支援センターが親身にサポートしてくれる。田舎にあるため、キャリアセンターが東京から大手企業を呼び、学内説明会や選考を開いてくれる。キャリアセンターの実績とコネが大きいため、名だたる企業がわざわざ赴いて下さる。そのため、大手企業への就職率は高く、就職に関しては安心感がある。しかし、公務員への就職はあまり実績、支援がない。
    • アクセス・立地
      空港には近いものの、周りにコンビニすらない田舎に位置する。売店がキャンパス内、個人商店がキャンパス横にあるものの、閉まる時間は早い。最寄駅は4kmほど離れており、バスが出ている。同様に、バスが1時間に1本ほど近くのイオンモールに出ており、15分ほどかかる。イオンモールがあるので買い物は困らないが、全体としては「何もない」。一つの小さなコミュニティを形成しており、楽しめる人は楽しめるが、東京のような楽しみ方は全くできない。国際色は豊かなものの、立地上は閉鎖的なコミュニティでもあるため、苦痛を感じる人もいる。ただ、勉強面では図書館が24時間空いているので困ることはなく、田舎で遊ぶ所もないので逆に集中できる。
    • 施設・設備
      講義棟は新しく、プロジェクターや暖房などの設備は整っている。図書館は24時間・365日空いており、学業面では困らない。さらに、語学学習のための部屋もあり、教材が揃っている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      田舎にある狭いコミュニティであるため、噂はすぐ広がり、恋愛関係が破綻しても相手と顔を合わせることは避けられない。留学生が多く、日本各地からも来ているためその意味では多様だが、立地条件からして「孤立したコミュニティ」である。そのため、狭い範囲内での人間関係が嫌な人は息苦しさを感じる。
    • 学生生活
      サークルはスポーツ、文化系ともに充実しており、自分たちで簡単に新設することも可能。しかし、立地上かなり活動が限られるため、工夫が必要である。イベントはイベント委員会が定期的に企画しているものの、狭いコミュニティ内でのさらに内輪の楽しみになっている。私が所属していたサークルは学術サークルであり、イベントは食事会程度であまり深く社交的になりたくない人にとっては「ほどよい距離感」を保てた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      まず、入学時のTOEFL試験に応じて主に4つの英語プログラムのクラスに分類される。それぞれ英語力に基づいて振り分けられており、英語力が一番高いクラスはいきなり一般教養の科目をいくつか履修できる。他方、英語力が一番低いクラスは最低3学期は英語プログラムを履修するため、それだけ一般教養のステージ、留学に進むのが遅れる。主に1年次の後半から2年次を通して一般教養を履修し、3年次に留学に行く。なお、2年次からは専攻を決め、ビジネスとグローバルスタディズに分かれる。3年次の留学を通して自身の専攻を学習し、4年次はゼミ活動と卒業に必要な単位の履修をする。しかし、必ずしも一般教養を全て終わらせてから留学や専攻履修をするものではなく、人によっては4年次でまだ一般教養科目を履修している。そのため、最初の英語プログラム以外は自分の計画がモノを言う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手電力会社の総合職(事務系)
    投稿者ID:428238
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      興味のある分野を深く学習するためのカリキュラムが充実しており、義務である一年間の留学を通して視野を広げることもできるからです。留学面のサポートもしっかりしており、安心して学習できました。
    • 講義・授業
      教授によって評価が甘かったり厳しかったりと様々でしたが、優秀かつ個性的な教授が多かったため、飽きずに学習することができました。グループワークも多く、同学年だけでなく他学年の学生とも交流を深めることができました。
    • 研究室・ゼミ
      自分の卒業論文のテーマが前例のないとても個性的なものであったにも関わらず、ゼミ担当の教授は全く反対することなくのびのびと研究をさせて下さり、サポートしてくださったからです。
    • 就職・進学
      都心部から離れているため、面接等で毎回秋田から出るのは大変でしたが、キャリアセンターのサポート体制はとても素晴らしかったです。他大学と比べて学生数が少ない分、面接練習やES添削にも丁寧に対応して下さいました。
    • アクセス・立地
      バスを使うか、車を所有していないと日用品の買い物にもいけない環境だったからです。ただ、学内に学生アパートがありましたので通学はものすごく楽でした。24時間開いている図書館で遅くまで勉強しても徒歩ですぐ帰宅できる点もとても助かりました。
    • 施設・設備
      都心部の大学と比べたらかなり小さいキャンパスかもしれませんが、必要な設備や施設はしっかり備わっていたと思います。自炊が面倒な時は食堂や売店、カレッジカフェもあったのでそこで済ますことができましたし、24時間開いている図書館とパソコンルームは学習する上で非常に便利でした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生数が少ない分、同期で知らない人はいないという環境で、どの学年も非常に仲が良い印象です。社会人になっても連絡を取り続けることができる友人に出会えたのも大学のおかげだと思っています。恋愛面に関しても、在学中から交際し、結婚される方も多くいらっしゃいます。現に私自身も、在学中から交際している人がおります。
    • 学生生活
      サークル活動もそれぞれとても活発でしたし、委員会が主催するイベントも数多くありました。日本人学生も留学生も参加できるものが多く、英語で行なわれている行事が多かったような印象があります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は自分のレベルに合ったクラスに入り、英語で授業を受ける上での準備(EAP)を行なうことができたので、非常にありがたかったです。EAPを卒業してから自分で授業を選択し、様々な分野を学びながら興味のある分野を絞り、留学先を決定するような形でした。留学先それぞれに条件があるため、早くからどこに留学することを決めるかによって準備できることが変わってくるように感じました。私は第一志望の留学先に行けたのでのびのびと学習し、帰ってきてすぐ就職活動が始まりました。学科で学んだことを生かし就職活動を行なうことができてよかったです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売業に就職いたしました。英語を使いながら働いております。
    投稿者ID:429418
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      授業がディスカッションやプレゼンテーションなど、生徒参加型のシステムになっており、またクラスも少人数制のためほんとうに学生一人ひとりの身になる学びができるから。
    • 講義・授業
      日本人教員だけでなく、様々な国から教員を集めているため、日本だけでなく世界の実情に合わせたレベルの高い講義をしてくれているから。
    • 研究室・ゼミ
      学生の人数があまり多くない割にゼミの種類が豊富であり、一人一人が講師陣と近しい関係になることができるため、それだけ深い学びも可能だから。
    • 就職・進学
      就職率100%を誇っている大学だから。就職活動に際するカウンセリングだけではなく、普段の大学生活やリベラルアーツ・アクティブラーニング型教育での指導により、実社会に即した情報を踏まえた上での論理を自分のあたまで考え発信する力を学生に主体的に培わせてるからであると思われる。
    • アクセス・立地
      全寮制なので、学科へのアクセスはいいが、山奥にキャンパス自体はあるので休みの日に遊びに行こうとなるとすこし手間と費用がかかる
    • 施設・設備
      図書館とPCルームが二十四時間365日開放されているため、学生が夜遅くまで起きてレポート等をしなくてはいけない時も心置きなくできるようになっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      様々な県や、様々な国から多様なバックグラウンドを持っている人たちが入ってくるので、皆お互いに興味がある。そのため、お互いに物怖じせずに話しかけれるしその分学内でのコミュニティは広げやすい。一人で何も考えずよる寮のロビーに出たら誰かしら知り合いがいるという状況も少なくない。
    • 学生生活
      それぞれのサークルが本気で取り組んでいるため、全体的に技術等においてレベルが高い印象を受けたから。しかしいくつかゆるゆるとやっているものもあって息抜きもちゃんとできるようになっていて、バランスがいい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次の最初はEAPという英語教育のカリキュラムがあり、少しするとそこにリベラルアーツの土台とされるBE(Basic Education)が入ってきて、一般教養を学ぶ。
      2年次には本格的にリベラルアーツが始まり、三年次は一年間留学。四年次は就活のことを考えながら引き続きリベラルアーツ、卒論など。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていないため答えられない
    投稿者ID:430823
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      グローバルスタディーズ過程は、もう一つのグローバルビジネス過程に比べて必須科目が少ないので、その点は楽です。ただ、シーズンごとに開講されるクラスに偏りが激しかったり、とるクラスによっての難しさなどが激しく違う為、きちんと計画的に履修をしないと難しいです。
    • 講義・授業
      他大学に比べると小規模な大学だからか、講義の種類や数は少なく感じます。とはいえ、指導方法は充実しています。徹底した少人数クラスの大学だからできるアクティブラーニングを取り入れた教育を受けることができます。
    • 研究室・ゼミ
      留学等があり、ゼミは4年生にならないと入ることができないので、あまり活発ではありません。しかし例外として、直接教授に頼んでサポートとして入れてもらったりすることも可能なようです。
    • 就職・進学
      就職活動にはすごく力を入れている大学のため、コネクションやサポートは手厚いです。何年も就職率100%を保っていることもあり、就職関係で困ってる学生はほとんど見たことがないです。
    • アクセス・立地
      立地は良くないです。秋田県民の方にも山の方と表現されるくらいに田舎です。ただ、空気や夜空がすごく綺麗なので、環境が悪いとは言い切れないです。
    • 施設・設備
      グローバルスタディーズ過程だから使える施設というものは特にありませんが、大学にある施設は充実していると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ほぼ全ての学生が同じキャンパスの中に住み、生活するので、自然と人が近くなり、お互いに絆が強まります。
    • 学生生活
      小規模な大学なので、自分のやりたいことをサークルにする事も可能な上、事務局の方々もとても親切に応援してくださいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      この学部は、日本語でいうと国際関係論です。例えばアメリカと中国の政治的観点やマスメディアの観点から学んだりします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定です
    投稿者ID:430630
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学習への環境が充実しています。図書館やITルームが24時間営業しており、いつでも勉強をすることが出来ます。早朝でも深夜でも勉強をしている学生がいるので、他学生から刺激を得ることが出来ます
    • 講義・授業
      講義内容に関してはそれぞれの生徒によって評価が異なると思いますが、非常に充実しています。全授業が英語で行われており、教授陣の国籍も世界各国様々です。
    • 研究室・ゼミ
      卒論に関しては非常に厳しく指導していただけます。普段の授業の単位取得と同様に難しいですが、納得のいく卒論が書けるまで指導していただけるので、社会に出るための力が付きます
    • 就職・進学
      就職活動が盛んな時期になると学内で就職の説明会が行われています。キャリアセンターが企業を選定し、説明会終了後、面接をその場で行い、内定を頂けることも少なくありません。
    • アクセス・立地
      最寄りには秋田空港がありますが、秋田空港からのバスなどもないので、タクシーで来るしか選択肢がありません。電車を利用する場合には、最寄りには和田駅がありますが、電車の本数も限られるため立地は良くないと思います。
    • 施設・設備
      図書館は24時間営業しており、利用することが出来ますが、他大学に比べると設備規模が圧倒的に小さいです。ジムなども非常に小さいですし、コンビニも学内にはありません
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は非常に近く濃いです。そのため、交友関係が部内やサークル内、ゼミ内だけにも止まらず、様々な先輩同期後輩と交流できます。恋愛関係についても同様です。
    • 学生生活
      サークルや部活に関しては非常に緩いです。ですので、様々な部活サークルを掛け持ちすることが出来ます。また学祭も盛んで、誰でも役員に参加することが出来、みんなで作るという意識が非常に強く楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に、ビジネスを勉強します。とは言っても、マーケティングやプログラミングなどのビジネス科目だけに留まらず、歴史や文化の授業なども選択できるので、幅広い教養を得ることが出来ます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手飲料会社の総合職
    投稿者ID:430047
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      その人次第ですが、24時間空いている図書館やパソコン室など環境は勉強に集中できるよう整っていると思います。
      この大学に入れば、「大学生活で得たもの」と言われて、何も答えられないということは絶対にありません。日本で普通の義務教育を受けてきた人であれば英語力はもちろんのこと、帰国子女など海外に背景を持った人でも集団生活をする力は確実に伸びると思います。
    • アクセス・立地
      自家用車を持っていなければ、大学が外のコミュニティとつながる基本的な交通手段はバスです。一時間に一本走っているイオンモール秋田に行くバスと、2時間に一本ほど走っている奥羽本線和田駅にいくバスがあります。これらのバスは朝8:00から夜は23:00まで走っています。コンビニ等の24時間営業のお店は学校の周りにはありません。約90%の学生が学校のキャンパス内に住居を借りて住んでいるので、通学には困りませんが、買い物や娯楽は限られています。
    投稿者ID:388211
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生自身が積極的に面白もの、行事、イベントを作り上げてる環境、学生がいきいきしてる。その反面、都会にあるものがほとんどないので、都会生活を所望している人にはあまりよく見えないときもある
    • 講義・授業
      授業を英語で行うため理解度が低くなり、また、先生自身も英語での講義になれてない人もいるため全体として悪くはない
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに関してて先生によって手厚く指導されるケースもあればサポートが少ない先生もいる。アジア関係に強い教授は多くいる。
    • 就職・進学
      就職サポートが高い故の100%最近は進学のためのサポートも充実してきており、より学生の将来に比重をおいた大学運営を行っている
    • アクセス・立地
      空港の近さはメリットが大きい分、他は車がなければ非常にアクセスが悪い。ただ、生活をする分の移動手段にはあまり問題はない。
    • 施設・設備
      日本で最も美しいとされる図書館、その他にも学生が楽しみながら活用できる施設は充実してる。24時間使える施設が多いことは学生が朝から晩まで活発に活動できる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生人口が少ないので、人と人との関係が他の大学よりも密に作れる。学生活動も活発でお互いが切磋琢磨できる環境は他にはあまり見られない
    • 学生生活
      運動部も文化部も多彩な活動を行っており、中高での活動よりも幅のきいた、多くの活動に従事することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      124単位取得が求められる。入学時、英語の技能調査によりクラスわけされたのち、英語強化の授業を受ける。英語強化プログラムののち、基盤教育課程を取る。各分野決められた数の単位取得したのち、グローバルスタディス課程、グローバルビジネス課程の二つから授業を選択。これらすべての課程を取り終えたのち、卒業できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ツーリスト会社
    投稿者ID:408753
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      授業の内容が面白い。中にはいい成績を取るのが難しい授業もあり、遣り甲斐がある。先生は、単に知識を教えるだけではなく、学生同士のコミュニケーションや、クラス全体、またはグループやペアで考える時間も多くある。
    • 講義・授業
      講義の内容については、難易度が高いものが多く、チャレンジングである。先生については、明るい先生が多く、先進的な授業をする人が多い。講義の雰囲気については、学生同士のコミュニケーションや、クラス全体またはグループやペアで考える時間が多くある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、留学にいく前から始まる。選び方は、学生の自由。ゼミの説明会は、あったかどうか忘れたが、ちゃんとした理由があれば、ゼミの変更も認められている。
    • 就職・進学
      就職実績は、最初の頃は大手志向が顕著であったが、最近では中小企業や、秋田県を含む東北地方の企業に就職する人も増えた。就職サポートは非常に手厚い。
    • アクセス・立地
      アクセスは、あまりよくない。最寄り駅は和田駅だが、歩くと30分以上かかる。空港が違いが、こちらも歩くとかなり時間がかかる。車があるとよい。
    • 施設・設備
      新しい大学なので、設備も新しく、綺麗。こまち寮は若干古いが、最近一部新しくなったと聞いた。ほとんどの学生が学内に住んでいるので、教室へのアクセスは抜群にいい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、遊び好きと、勉強好きにわかれる。学内恋愛はけっこう盛ん。留学生と付き合う人もけっこういる。
    • 学生生活
      アルバイトの機会はあまり多くない。車がないと、常に時間を気にしながらアルバイトをしなくてはならない。大学のイベントは頻繁に開催される。年々クオリティが上がっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基礎から始まり、徐々に発展する。基本的に学生の興味関心にあわせて、自由に履修できる。卒業論文のテーマも、指導教員と相談しながらではあるが、基本的には学生が自由に決める。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      総合商社の総合職。
    投稿者ID:410854
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学内で生活のほぼ全てが完結する点、地元や親元を離れて生活できる点、英語で授業という厳しい環境に置かれる点、図書館が綺麗な点、自然が多い点、やろうと思えば学内でなんでもできる点など、満足できる所がたくさんあった。単純に楽しかったし、成長できたと思う。卒業後は逆に自分の世界は狭かったんだなと思い知らされることもよくある
    • 講義・授業
      講義は少人数制で発言しやすい。やる気があればあるだけ身になる。ただ英語でいろんな科目を教えてくれるので、英語のレベルを合わせるために教科のレベルがすごく低くなっているのも感じた。教授もそれは理解していたが、レベルを上げればパスできる学生が減ってしまうので仕方がないらしい
    • 研究室・ゼミ
      私のゼミは5つくらいあったゼミでもっとも人数が少なかったので先生の話がよく聞けた4年生にまでなると先生も英語にそこまでこだわらなくなるので、日本語で話しが聞けたし、そのぶん詳しく話せた
    • 就職・進学
      就職率は100%らしいでも4年前に入った人が全員そのままどこかに就職できたって意味じゃないキャリアセンターは充実してるらしいけど職員が嫌い
    • アクセス・立地
      隣に大きな公園があって、夜になると星が無数に見えたり、冬になると雪がシンシンと降ってたり、と言う点で私は立地は最高だったと思う。車があれは海にも行けるし温泉も行けるしスキーもいけたただアクセスはとても悪い。一応1時間に一本街から来るバスがある。最寄駅の電車も1時間に一本は来るけど駅から学校までのバスは休みの期間だと3、4時間来ないことがある
    • 施設・設備
      図書館はとても綺麗。24時間使える教室も綺麗だし構内に自然がたくさんある。ほぼ全員学内に住んでいるのを考慮して飲み会が許されてる部屋もある軽音楽部用のスタジオもあるしカフェもあった
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      みんな学内に住んでいるのでみんな仲が良い車でどっか行くのも友達と行くし、近くの住んでいるので夜中にどこかに遊びに行くのもできた
    • 学生生活
      隣の大きな公園でテニスコートが借りれた県大会も行われる大きな公園でテニスコートも20あった人数もたくさんいたし、上下の交流もあった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は英語のみ2年は基礎学習3年は留学4年は卒論と4年向けの学科の別れた講義が受けられる大まかにはこんな
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      テレビ業界の映像編集アシスタント軽音楽部でライブのCMを作っていたらそれを仕事にしたくなった
    投稿者ID:414493
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私は国際教養大学がとても好きです。
      なんといってもオールイングリッシュな授業が魅力的です。
      慣れるのには時間がかかり、初めはなんの授業なのかということさえ分かりませんでした。しかしそれに慣れてくると自分でもびっくりするくらい英語が聞き取れるようになり、話せるようになります。そして留学生の多さも魅力的です。友達になったりして自分から話しかけています。コミュニケーションを取ることによって日常的に使われる英語も身につきます。
      また、図書館の設備が素晴らしいと思います。自分が求めている本は必ず見つかりますね。
      また、ほとんどの学生は寮生活です。親元を離れたいというのが人にはとてもオススメです。
      逆に秋田県にあるため、実家から遠いというところが私が思うデメリットです。あと、びっくりしたのは秋田県はなにもありません。
      遊びたいという人は黙って東京の大学行きましょう。
      秋田県のいいところは食べ物が美味しいぐらいです。とてつもなく寒いです。
      参考にしてみてください。
    投稿者ID:382643
    この口コミは参考になりましたか?
58件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

秋田県で評判が良い大学

秋田県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  国際教養大学   >>  口コミ

国際教養大学の学部

国際教養学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.19 (58件)

オススメの大学

横浜市立大学
横浜市立大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.75 (233件)
神奈川県/公立
京都府立大学
京都府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 4.01 (150件)
京都府/公立
大阪府立大学
大阪府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.84 (312件)
大阪府/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。