みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  国際教養大学

国際教養大学

(こくさいきょうようだいがく)

秋田県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:67.5

口コミ:★★★★☆

4.19

(58)

概要

国際教養大学は、秋田県秋田市に本部を置く公立大学です。通称は「AIU」。日本初の地方独立行政法人の運営による単科大学として、2004年に開校しました。46ケ国からの留学生と共に授業を受け、キャンパスライフを楽しむため学校内外の身近な環境でグローバル感覚を養う事ができます。教員の5割が外国籍であり、授業のほとんどを英語で行うなどの特徴があります。 図書館やパソコンルームは24時間オープンしており、大学敷地内に寮も完備しているので、全国各地から来る生徒や海外からの留学生と共に大学生活に集中できます。5人に1人の割合で留学生がおり、また生徒はほぼ全ての都道府県から集まっているため、国内外の文化が混ざり合った世界の縮図のような校風です。

偏差値

偏差値
67.5
センター
得点率
83% - 98%

提供:河合塾

学部情報

偏差値
67.5
口コミ
4.1958件
学科
グローバル・ビジネス課程、グローバル・スタディズ課程
学べる学問
国際関係学

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆ 4.19
(58) 公立内 8 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.10
  • 研究室・ゼミ
    3.64
  • 就職・進学
    4.59
  • アクセス・立地
    2.62
  • 施設・設備
    3.83
  • 友人・恋愛
    4.19
  • 学生生活
    4.41
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性卒業生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    • 総合評価
      英語で授業を教え、1年間の留学が義務化されているので国際的な経験と語学力は身につく。授業と留学先も豊富で、自分の興味ある分野に基づいて選択できる。しかし、一般的な大学のような体系的な教育課程とは言いがたく、多種多様な授業を履修する形となりやすい。よく言えば色んな視点と分野に触れて、教養を身につけられる。悪く言えば、他大学ほどの「専攻」とはなりにくい。4年間で卒業しようと思えば、留学と就職活動によってゼミ研究に力を入れにくく、ゼミ自体がわずか半年の活動となる。そのため、自分の中でしっかりと専攻を確立させ、独学も含めた学習をしないと学問として究めることは難しい。体系的な知識の蓄積という意味ではあまり評価できないが、様々な視点と分野に触れる教養という意味では評価できる。
    • 講義・授業
      少人数制なので先生との距離も近く、授業に「参加」することが求められるため理解は深まる。さらに、それぞれの分野において著名な先生が多いため、田舎の大学の割には高度な学術的研究に触れられる。しかし、授業は英語で行うため、母国語でするのと比べて内容が易しくなり、その分野をさらに深める上級の授業がない場合もある。ただ、授業の種類については豊富であり、自分の興味を刺激するものは見つかる。少人数なので雰囲気も良く、課題は読み物が多い傾向。出席、試験、課題をこなさないと単位は取得できないが、カリキュラム通りにすれば普通に獲得できる。
  • 女性卒業生
    国際教養学部 グローバル・スタディズ課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    • 総合評価
      興味のある分野を深く学習するためのカリキュラムが充実しており、義務である一年間の留学を通して視野を広げることもできるからです。留学面のサポートもしっかりしており、安心して学習できました。
    • 講義・授業
      教授によって評価が甘かったり厳しかったりと様々でしたが、優秀かつ個性的な教授が多かったため、飽きずに学習することができました。グループワークも多く、同学年だけでなく他学年の学生とも交流を深めることができました。
  • 男性在校生
    国際教養学部 グローバル・ビジネス課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 総合評価
      授業がディスカッションやプレゼンテーションなど、生徒参加型のシステムになっており、またクラスも少人数制のためほんとうに学生一人ひとりの身になる学びができるから。
    • 講義・授業
      日本人教員だけでなく、様々な国から教員を集めているため、日本だけでなく世界の実情に合わせたレベルの高い講義をしてくれているから。

学校の特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    12人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    12人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    12人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 先生の教え方
    優しい
    12人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    12人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りにくい
    12人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • キャンパスの雰囲気
    活気がある
    12人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    12人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    新しい学校
    12人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    12人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    12人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    12人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    明るい
    12人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    12人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

この大学の特徴を投稿してみよう!

投稿する
学校の特徴アンケートをもっと見る
全20項目

入試

学費

地域内・外 入学金 年間授業料
地域内 282,000円 696,000円
地域外 423,000円 696,000円

合格体験記一覧

  • 国際教養学部グローバル・ビジネス課程の合格体験記

    女性在校生
    • 国際教養大学国際教養学部グローバル・ビジネス課程
    • 松本県ヶ丘高等学校 出身
    • 入試形式:中期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    過去問や予想問題をこなして、問題形式になれるようにしました。 とくに、問題を解く順番や、あらかじめ自分で設定した時間配分に自分を慣れさせるように意識しました。

    【2次・個別】
    国際教養大学の国語は小論文にかなり近い形式だったので、毎日過去問を解いて先生に添削してもらい、練り直してまた添削してもらい、、、を何度も繰り返しました。 文章構成や言葉の言い回しなど、基本的な回答の書き方から始めました。 現代文を読むうえで必要な語彙を強化しました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    苦手だったので、とにかく基礎的なことだけでも点をとれるように、教科書から見直しました。 応用はとりあえずおいておいて、教科書の練習問題レベルを徹底させることに集中しました。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    イディオムが苦手だったので、文法書や長文に出てきたイディオムを覚えるようにしました。 長文は、いかに無駄なく正確に読み取るか、が大事なので、全部に同じエネルギーをかけて読むのではなく、必要なところは丁寧に、それ以外はさらっと読むように心がけました。

    【2次・個別】
    国際教養大学の英語は英作文なので、回答を作ってネイティブのALTに毎日添削してもらいました。文法的には、冠詞などの日本語にはない事項を丁寧にチェックし、内容は、文章構成のロジックをチェックしました。毎日添削してもらってはいましたが、本番は自分しか手を加えられないので自分の回答を自分で添削する練習をしました。 一つの問題に対して、いろいろな視点から新しく回答をつくり、出題テーマにたいしてアイディアを出す練習をしました。

    社会

    【センター】世界史B、政治・経済
    過去問、模試の見直しをひたすら繰り返しました。問題と選択肢をすべてノートに書き写し、誤りの選択肢には正しい答えを、正しい選択肢には追加の情報をひとつひとつ書き加えていきました。時間はかかりますが、その分頭には残りやすく、傾向もつかみやすかったです。

    【2次・個別】
    過去問を集中的に勉強しました。 筑波大の世界史はかなり長い記述式なので、先生に添削してもらったり、同じ問題を友達を解いて、お互いに添削しあったりしました。

    理科

    【センター】生物Ⅰ
    過去問や模試の見直しを大事にしました。自分が間違える問題の傾向をつかんで、苦手なところを中心に勉強して対策しました。

    面接

    【2次・個別】
    日、英両方での面接だったので、英語の先生やALTにも協力してもらって対策しました。 その大学で学ぶ意思、大学にとっての自分を採用するメリットをアピールをする練習をしました。

    小論文

    【2次・個別】
    ひとつのテーマに対して、いろいろな視点から書く練習をしました。 時間内に書き終わるように、書き出す前にアイディアをまとめてアウトラインをしっかり作ることが大切だと思います。

  • 国際教養学部の合格体験記

    女性在校生
    • 国際教養大学国際教養学部
    • 高松第一高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    大変苦手で、模試でもなかなか結果が出なかったが、過去問をひたすら解いていた。先生が教えてくれるこつを覚えて実行した。

    【2次・個別】
    論理的な文章を書けるように、小論文対策に力を入れた。小論文模試も積極的に受験した。知識をつけるために3か月ほど前から新聞に目を通すようにした。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    基本的な公式は完璧に使えるように1,2年生の頃から復習していた。当日が近づくと、ひたすら過去問を解いて、問題形式に慣れるようにした。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    単語、連語、文法は1年生の頃から磨いていた。とても時間がかかることだったが、第一志望の大学が英語に重点を置いていたのではかどった。早く文章が読めるように、過去問で練習した。

    【2次・個別】
    1年生の頃から文法を鍛えました。3年生の夏頃から英語の小論文の書き方を学び、先生に添削してもらうようにした。

    社会

    【センター】日本史B、倫理、政治・経済
    日本史を中心に、授業で習ったことはその日に復習するようにしていた。しかし忘れやすかったため、3年生の夏休みには江戸時代までを完璧にして、当日までに何度も教科書や参考書を読み直した。

    理科

    【センター】
    特に授業に集中した。細かい名称なども覚えて、公式や原理などと合わせて理解するように努めた。

  • 国際教養学部グローバル・スタディズ課程の合格体験記

    女性在校生
    • 国際教養大学国際教養学部グローバル・スタディズ課程
    • 宇都宮女子高等学校 出身
    • 入試形式:中期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    選択肢の傷を見つけて消去法で答えを出す。 漢字、語彙の問題は落とさないようにする。 古文、漢文はとにかく基礎を固める。 解説までしっかり読む。

    【2次・個別】
    国際教養大学の国語はほぼ小論文なので、日頃から書くことに慣れておく必要があると思います。 普段から、文章の要約、論評などはメンドくさがらずにやっておくべきです。 私はひたすら過去問を解いて、国語の先生に見てもらって、OKが出るまで何度も書き直しました。 要約は大学に入ってからもたくさんするので、入る前から力をつけておいて損はないです。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    同じ問題集をとにかく繰り返してやる。 過去問をたくさんやって、解き方のコツを掴む。 解説までしっかり読む。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    単語をとにかくたくさん覚える。 文脈から語句の意味を推測できるようにする。 解説までしっかり読む。

    【2次・個別】
    国際教養大学の英語は自分の意見を書く問題なので、たくさん書いて慣れておく必要があります。 時間配分や書く過程なども自分なりのやり方を見つける必要があるので、早い段階から過去問を使って練習するのがオススメです。 私は毎日英語の先生に自分のエッセイを提出して、OKが出るまで何度も何度も書き直しました。 大学に入ってからもたくさんエッセイを書くので、慣れておく必要があります。

    社会

    【センター】日本史B、現代社会
    とにかく過去問をやる。 私は本試験、追試験の両方を5、6年分やりました。 解説までしっかり読む。

    理科

    【センター】
    とにかく基礎を固める。 公式はしっかり覚える。 解説までしっかり読む。

倍率

学部 国際教養学部
倍率 9.94 ~ 24.86倍

画像投稿する

画像はまだ投稿されていません。
未来の大学生のために、大学の画像をご投稿ください!

画像を投稿する

基本情報

住所 秋田県 秋田市雄和椿川字奥椿岱193-2
最寄駅 JR奥羽本線(新庄~青森) 和田
電話番号 018-886-5900
学部 国際教養学部

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

秋田県で評判が良い大学

秋田県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  秋田県の大学   >>  国際教養大学

国際教養大学の学部

国際教養学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.19 (58件)

オススメの大学

横浜市立大学
横浜市立大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.75 (233件)
神奈川県/公立
京都府立大学
京都府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 4.01 (150件)
京都府/公立
大阪府立大学
大阪府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.84 (312件)
大阪府/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。