みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  教育学部   >>  口コミ

京都大学
京都大学
(きょうとだいがく)

京都府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 72.5

口コミ:★★★★☆

4.12

(857)

教育学部 口コミ

★★★★☆ 4.38
(35) 国立大学 10 / 558学部中
学部絞込
学科絞込
351-10件を表示
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      教育学や心理学を学びたいと思っている人にはおすすめできる。特に、臨床心理学に関しては京大で最も強い学部だと言えるだろう。文系・理系どちらからでも入学できるのも良い点だと思う。
    • 講義・授業
      良い
      教育学・心理学の分野で著名な教授の授業を受けることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3回生から本格的に自身の専攻を決めてゼミ等を行う。2回生から、基礎演習の授業を受けることが可能である。
    • 就職・進学
      良い
      約3割が大学院に進学する。教員になる人も少なくないが、企業就職が多い。サポートはそれなりだと思う。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は京阪の出町柳駅。大学周辺で生活は一通りできるが、遊びに行くとなると三条河原町などまで出かける必要がある。
    • 施設・設備
      良い
      教育学部棟には教授の研究室や実験室がある。また、教育学部の図書館も併設されており、教育系、心理系の本が充実している。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部が小規模であるため、友人は作りやすいが、恋人となるとその後の関係性も考えるのかサークルやバイト先で作りがち。
    • 学生生活
      良い
      サークル・部活は大小様々。自分で作ることも容易にできる。イベントとして最も大きいのは11月祭だが、運営と大学当局とが揉めている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1回生のうちは幅広く、3回生から現代教育基礎学系、相関教育システム論系、教育心理学系に分かれて勉強できる。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      臨床心理学を学ぶにあたって、なるべく高いレベルで勉強できるところがいいと考えたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:536241
  • 男性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      概ね満足しているということでこの点数になった。あとは講義などの面でもっと満足できれば5点にしたいなあという感じ
    • 講義・授業
      良い
      すごい教授が沢山いる。ただ授業自体はつまらないこともたまにあり、5点とはいかない
    • 研究室・ゼミ
      良い
      正直まだゼミでの学習を行なっていないのでよくわからないのでなんとなくの印象
    • 就職・進学
      良い
      これも全然わからない。特別手厚いという印象はないが、それなりの実績を出している気はする
    • アクセス・立地
      良い
      周りにスーパー、ドラッグストア、飲食店など、ほしいさまざまなものがたくさんある。自転車で容易に行けるしバスも京大快速なるものがあり便利
    • 施設・設備
      良い
      図書館が充実しているというのが主な理由。学内に複数の図書館があり、蔵書数も非常に多い
    • 友人・恋愛
      良い
      高い能力を持った友人ができ、話が通じる人が多い。ただ恋愛に関しては今のところ無縁でそれが5点には至らなかった理由
    • 学生生活
      良い
      サークルの数が非常に多いし、その中身も多様。私は今3つ兼サーしているがどれも充実している
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      専門科目2回生からです。3回生に自分の専攻する系を決めて学問分野を掘り下げ、4回生で卒論という流れです
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      もとから教育に関心が強く教育学部を考えており、京大にはユニークな人材が多く、刺激があると考えたため
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:534080
  • 男性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      とてもいい環境で勉強でき、高い意識を持った仲間と切磋琢磨して自分を磨いていけると思う。素晴らしい大学だと思う。
    • 講義・授業
      良い
      単位を簡単にくれる。出席していれば一般教養の講義は普通は取れる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      素晴らしく充実している。多種多様な研究室があり、さすが日本を代表する大学であると思った。
    • 就職・進学
      良い
      理系は院に進まないと厳しいか。文系はいい商社に進めるんじゃないでしょうか。羨ましい限りです。
    • アクセス・立地
      良い
      アクセス方法は多種多様であり、京都駅からそれほど遠くもなく、いい立地環境にあると思われる。
    • 施設・設備
      良い
      とても良い設備ばかりで素晴らしい。さすが日本第2位の大学研究費投資大学であろう。
    • 友人・恋愛
      良い
      面白い人がたくさんいる。可愛い子もいっぱいいる。インカレのサークルに入ると、他大学の女の子ともたくさん交流できる。
    • 学生生活
      良い
      大学にサークルは数え切れないほどあり、ペットボトルのキャップ同好会なんてものもある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育学。人間関係。教授やできる友達への媚びへつらい方。ぼっち飯への耐え方。
    • 就職先・進学先
      先生になりたい。人に夢を与える職業に就きたい。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:367879
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学生生活は充実していて、教育学部祭などもあり、学部全体で仲良くなれます。友達必ずできます!
      社会学、臨床を中心とした心理学、教育、発達を中心に学びたい人にはぴったりな学部だと思います。
    • 講義・授業
      普通
      講義や授業の内容は、面白いものから面白くないもの、明らかな講師の力不足により意味のない授業になってしまっているものなど様々です。全ての科目をお勧めできるわけではないためこの数値をつけました。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      私はゼミ形式のものを一度しかとったことがありません。そのゼミは、元々評判が良い先生のゼミということもあって為になりました。よってまだわからないという意味を込めてこの数値をつけました。
    • 就職・進学
      良い
      学部の先輩で就職に失敗した人は聞いたことありません。噂にならないだけかもしれませんが。省庁に勤める人もいらっしゃいます。院試などのことはまだよくわかりませんが、なんとなく4をつけました。
    • アクセス・立地
      良い
      時計台のある本部の吉田キャンパスに配置されているため、研究室配属のため桂や宇治に移動する、という必要はありません。吉田キャンパスそのものの立地としても、街中にあり、交通の便もよいので、この数値にしました。
    • 施設・設備
      普通
      教育学部には図書館があるらしいのですが、私はまだ入ったことはありません。学部生がよく使うフリースペースはあり、よく使用しているため、フリースペースのことしか知らないということでこの数値にしました。
    • 友人・恋愛
      良い
      教育学部内の新歓イベント、教育学部祭を通して、学部全体で仲良くなることができるからです。友達もできやすいと思います。
    • 学生生活
      良い
      私は京大アンプラグドというアコースティック系の軽音サークルに所属しています。固定バンドを組まず、曲単位で自由に人を誘ってライブに出る形式なので、いろんな人と知り合えて楽しいです。先輩後輩の仲も良いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      2回生から主に専門科目を取っていくのですが、教育学、心理学、社会学など多岐にわたる科目が設定されています。教職を取る予定の人は、教職科目が細かく定められているので、それらに加えて各担当教科の科目を取ることになります。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:431831
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      河合隼雄心理学の地なので、心理学はさかん。さまざまな分野の先生がおり、幅広い教育学が学べるのがいいとます。授業外では少人数学部ならではのなかよし感があります。
    • 講義・授業
      良い
      講義は専門科目が濃い内容で面白い。単位はレポート評価のものが多いので試験が嫌いな人にとってはいいかもしれません。先生方も個性豊かなので自分に合った先生の授業をとるのがおすすめ。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは教育哲学系、心理学系、生涯学習系などさまざま。卒論のテーマも幅広い。心理学系の人は、卒論でアンケートを取ることが多く、回収に苦労している印象です。
    • 就職・進学
      悪い
      就活は個人プレーの印象があり、学部でなんらかのサポートが受けられると考えない方がいいかも。先輩方とのつながりは濃厚なのでヒントがもらえるかもしれませんが。
    • アクセス・立地
      良い
      学校の周りは、居酒屋さんやファストフード店も充実しており、ごはんには困りません。最寄り駅も徒歩20分をみておけば余裕だし、アクセスはよい。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスは古め。教室も一般的な講義室です。実験室がたくさんあり、心理学系の人の実習設備はいいと思います。学部図書館もあり、自習室もあるのがGOOD。
    • 友人・恋愛
      悪い
      縦と横のつながりが深く、イベントもたくさん企画されます。帰属意識の高い人にとっては楽しい学部だと思います。
    • 学生生活
      良い
      ともだちがたくさんできると思います。特に11月祭のときには、みんなで模擬店をしたり、のど自慢大会などをやったりします。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養科目がメインで、二年次、三年次は専門科目、四年次は卒論がメイン。三年次から、系分属があり専門性が高まる。
    • 就職先・進学先
      未定です
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:408066
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学部の規模が小さいため、授業の数も少ない。他学部より単位が取りやすく勉強面は楽だと思うが、その内容は在籍する教員の担当分野に左右され、興味の幅が広く持てない気がする。また学部内でのイベントなどが充実してはいるものの、一部の人の内輪的な集まりになってしまっている。
    • 講義・授業
      普通
      心理系は熱心な指導がつくが、その他のコースは自由度が高い。またコースごとの区分に曖昧さがあり、どこに所属するか迷う人も多い。教員免許を取る人向けの授業は皆意識が低い。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      教授が少ないため、その専門分野に合わせるしかない部分が多い。ゼミは3回生からで、自分で新しい分野を開拓するのは難しそうである。
    • 就職・進学
      普通
      一般企業へ行く人が多く、公務員などはなりたい人が個人で努力するというスタンス。教員になるのは非常に負担が大きい。
    • アクセス・立地
      良い
      電車の駅が遠いのが難点だが、街の中心部にあり、下宿生も楽しい生活を送れる。大学の周りにはたくさん遊ぶ場所があるので立地は満足している。
    • 施設・設備
      普通
      学部棟は研究室しかないので、親しみがない。図書室やパソコンも使えることは知っているが、閉鎖的な気がして行きづらい。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部内でコミュニティが完結している人は学部の中で付き合ったりするが、他に所属がある人は学部で固まることを好まない。
    • 学生生活
      良い
      学部に関係なく所属できるサークルはとても活発で楽しい。学部内サークルは閉鎖的で、途中で抜ける人も多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1回生のとき必修は1つしかなく、他はひたすら一般教養をとる。2回生以降で専門を取るが、心理系に進む人以外は必修はなく、自分で好きな科目をとる。卒論は全員必須。
    • 利用した入試形式
      一般企業
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:415213
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      少人数でとても仲がいいからです。
      学部のその日食堂に集まったみんなでご飯を食べる習慣があるので1年生の間は1度も一人で昼ご飯を食べたことがありませんでした。また、学部での行事もたくさんあって、すぐに学部のみんなと仲良くなれます。例えば、新入生は茶話会や花見、自己紹介会で学部の同回生や先輩と仲良くなれ、履修登録会で先輩のアドバイスを聞いたり友達と相談して履修を決めることができます。とにかくとても仲がいい学部です。だからといって必ず集団行動をしなければいけないのかというと全くそのようなことはありません。好きなときに好きなだけ学部に関われる、そんな学部です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育学部だと人に言うと、よく「学校の先生になるの?」と聞かれるのですが、京都大学の教育学部は教員養成学部ではありません。だからといって全く教員免許を取れないわけではないのですが、場合によっては興味のある分野の勉強と教職の取得を両立するのは難しいかもしれません。また、小学校の教員免許は京都大学では取得できないので要注意です。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:348125
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      多岐にわたっていろんなことが学べるので、とてもいい学科だと思います。1回生から自由に自分のやりたいことについてやることができる専門があるのも、自分が勉強したいと思う分野を再考するいい機会になりました。
    • 講義・授業
      良い
      いろんな分野の教授がいるので、自分のやりたい分野に合った授業を取りやすく、とても充実してます。また自分で考えることを重点に置いた授業が多く存在するのもいい点だと思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      出町柳駅と神宮丸太町駅の間にあり、どちらからも10分程度歩くためあまり交通の便はよくありません。大体の学生が自転車を購入し、下宿あるいは学校に置いています。周辺に美味しい定食屋さんやラーメン屋さんが多いので、ご飯屋さんに関しては満足しています。
    • 施設・設備
      良い
      図書館が多くあるので、専門書を沢山読むことができます。またほぼ24時間空いている自習室もあるので便利です。その他にも、Wifiも飛んでおり、学内のWifiを繋ぐことで大体のネットに上がっている文献が読めるようになるのは嬉しいことです。
    • 学生生活
      良い
      サークルの数はとても多く、例えば軽音サークルだけをとっても6個以上あります。なので自分に合ったサークルを必ず見つけることが出来ると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:330473
  • 男性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      ネームバリューはやっぱりすごくある。将来のビジョンへの踏み台にはとても良いと思う。ただ変な学生や教授も割と多い。左寄りの過激な思想。物心ついた頃から勉強しかしてこなかったような学生も多く、友達作りには苦労する人も多いかもしれないし、もちろんどこの大学に行こうとテンプレート通りというか理想通りの大学生活を送るのは難しいけど、京都大学においてはさらに数ランク難易度が上がるという感じがする。京都で大学生活以外に楽しみを見出すというのはなかなか難しいものなので、京都大学に入れるくらいの素養があって、楽しい大学生活を送りたいとの希望が強い人は、大学の外にも比較的楽しみを見出しやすい東京などの大学も視野に入れても良いかもしれない。早稲田、慶応、東大など。
    • 講義・授業
      良い
      少し偏った思想の教授も多いが、思想信条の部分で偏った教えを除いてもやはり学ぶことは多い。
    • 友人・恋愛
      悪い
      そりゃ相手を選ばなければ恋愛なんて誰にでもできるし、友達も出来る。ただ京都には美人が多いとか、関西人は面白いとか言う固定観念にしばられない方がいい。あなたの地元と何も変わらないと思う。むしろ京大に来れる素養がある女の子に可愛い子は居ないかもしれないと言っても過言ではない。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:321671
  • 女性在校生
    教育学部 教育科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    教育学部教育科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      生徒に対して先生の人数が非常に多く、学びは充実している。
      また、学部内での縦のつながり、横のつながりが強く、楽しい大学生活を送れる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3回生からゼミが始まる。
    • アクセス・立地
      良い
      キャンパス周辺は学生マンションが多く、下宿生の通学は非常に利便性が高い。一方、自宅から通う場合は、叡山電鉄と京阪本線の出町柳駅が最寄りなので、沿線によっては不便かも。
    • 施設・設備
      普通
      教育学部の建物は狭い。また、バリアフリーはあまり進んでいない。かろうじてスロープやエレベーターがあるレベル。
    • 友人・恋愛
      普通
      人によるのではないか。
      教育学部は学内では充実している方ではあると思われる。
    • 学生生活
      良い
      サークルはたくさんある。変なのもある。自己責任。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に一般教養、2年次は専門の基礎を学び、2年次の冬に3つの系にわかれる(現代教育基礎学系、教育心理学系、相関教育システム論系)。3年からゼミが始まり、演習の授業や講読演習が増える。4年次は卒論が主かと。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:386391
351-10件を表示
学部絞込
学科絞込

基本情報

住所 京都府 京都市左京区吉田本町
最寄駅 叡山電鉄叡山本線 元田中
電話番号 075-753-7531
学部 法学部、 経済学部、 文学部、 工学部、 教育学部、 理学部、 農学部、 総合人間学部、 医学部、 薬学部
概要 京都大学は、京都府京都市に本部を置く国立大学です。通称は「京大」。京都大学は、1897年に帝国大学として発足。起源は1861年まで遡り、長崎に設立された「長崎養成所」の理化学校がその元となっています。学生の好みや将来進みたい方向が決めやすいよう、一般教養科目の時間割を自由に設定。また、専門分野以外の科目も幅広く履修可能で、在籍している学部以外の専門科目単位を自分の単位として認められるような、学生が柔軟に学べるシステムを取り入れています。 京都大学には中枢部の「吉田キャンパス」の他に、宇治と桂にキャンパスがあります。京都大学は創立以来「自由な学風」を校風としています。豊富な実験設備や24時間開放の自習室などが置かれ、「自学自習」を促しています。それぞれが自分のやりたいことに打ち込める環境です。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  教育学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1664件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2636件)
東京都新宿区/早稲田駅
順天堂大学

順天堂大学

47.5 - 70.0

★★★★☆ 4.04 (138件)
東京都文京区/御茶ノ水駅
理系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1623件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2551件)
東京都新宿区/早稲田駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (666件)
東京都千代田区/四ツ谷駅

京都大学の学部

法学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.13 (73件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.06 (87件)
文学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.21 (90件)
工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.13 (203件)
教育学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.38 (35件)
理学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.25 (82件)
農学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.16 (91件)
総合人間学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.07 (45件)
医学部
偏差値:62.5 - 72.5
★★★★☆ 4.09 (111件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★☆☆ 3.44 (32件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。