みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  農学部

京都大学
京都大学
(きょうとだいがく)

京都府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 72.5

口コミ:★★★★☆

4.11

(732)

京都大学 農学部

概要

偏差値

偏差値
62.5 - 67.5
センター
得点率
83% - 86%

提供:河合塾

学科情報

資源生物科学科
偏差値
65.0
口コミ
3.9739件
学べること
農学

海洋環境に住む微生物の群集構造についてや、その性状などについて。(2012年入学の方)

応用生命科学科
偏差値
65.0
口コミ
4.405件
学べること
農芸化学

一年次は、一般教養や基礎実験が中心でした。二年次は、比較的ゆとりがあり、専門の単位を取りました。三回生では、実験が中心となります。(2010年入学の方)

地域環境工学科
偏差値
62.5
口コミ
4.205件
学べること
農業工学・農業土木学
食料・環境経済学科
偏差値
62.5
口コミ
4.405件
学べること
農業経済学・農業経営学

農業問題 環境問題(2007年以前入学の方)

森林科学科
偏差値
62.5
口コミ
4.1217件
学べること
森林科学

森林に関するいろは、それに派生する社会的なことまで幅広く学ぶことができる。(2007年入学の方)

食品生物科学科
偏差値
67.5
口コミ
4.449件
学べること
農芸化学

有機化学、酵素化学、物性研究、味覚の感知、醸造、微生物生産(2006年入学の方)

※口コミより引用

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆ 4.13
(80)国立内11 / 371校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.77
  • 研究室・ゼミ
    3.84
  • 就職・進学
    3.84
  • アクセス・立地
    3.89
  • 施設・設備
    4.33
  • 友人・恋愛
    3.92
  • 学生生活
    3.96
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    農学部 資源生物科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 総合評価
      農業系、畜産系、海洋系など、幅広い分野の研究室があり、何を学びたいのかを入学後にじっくり決めることができる。他の学科に比べ選択できる科目の自由度が高い。
    • 講義・授業
      履修の組み方の自由度が非常に高い。内容や評価の方法なども授業によって幅広く、自分に合ったものを選択することができる。
  • 女性在校生
    農学部 森林科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    • 総合評価
      所属学科では木のミクロな視点からマクロな視点まで多岐にわたり学ぶことが出来る点が最も素晴らしい点であると感じる。
      1つの分野ではあるが四年あるいは六年の学生生活の中で森林分野について体系的に学ぶことが出来るだけでなく分野外についても学ぶことが出来る素晴らしい学科であると思います。
    • 講義・授業
      面倒見がよく真摯な学生にたいして真摯に対等に向き合ってくれる教授が多く大変学ぶことの多い素晴らしい環境である。
  • 男性在校生
    農学部 資源生物科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    • 総合評価
      扱う分野が広いので講義のバリエーションは富んでいる。したがっていろんな知識に触れることで自分が興味を持てることは何かを探ることができる。ただこの広く浅くというスタイルでは、惹かれる分野を見つけられない場合、どの知識も中途半端なままになるおそれもある。主体的に学ぶ意欲のある人には良いがそうでない人には向かないかもしれない。
    • 講義・授業
      全般的に課題は少なく学生の自主的な学びに委ねられている部分が大きい。講義で紹介される内容は基本的なものが多くあまり深くは踏み込んでないような印象を受けることが多かった。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.77(70件)

★★★★☆

  • ・対象範囲が広く、農学や環境学について幅広く学びたい人にとっては受講したい授業が多く見つかるだろう。海洋系や動物系の授業も充実しており、非常に多くの科目から自由に時間割を組むことができる。これは他の学科にはない利点である。 ・非常に熱心に指導される先生もいるが、授業はパワーポイントを見せて説明するだけという先生もやや多く、興味のある内容であっても授業中は退屈を感じることがある。(在校生 2014年入学)
  • 専門分野について広く、深く学ぶことができます。教授陣も一流で、名の通った先生がたくさんいらっしゃり、本人から直接講義を受けられることはすばらしい経験になります。(卒業生 2006年入学)
  • うちこめる分野を見つけた人にとっては良いと思うけれど、講義に参加して興味が出た分野がない。狭く深い講義が多い。(卒業生 2007年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    23人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    23人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    23人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    23人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。
学校の特徴アンケートをもっと見る
全7項目

学生生活

学生生活の満足度

3.96(26件)

★★★★☆

  • インカレの軽音楽サークルに所属しているが、ライブの回数が多いため出演機会が多く、経験がたくさん積める。真面目に楽器に取り組む人も多い。その一方で、出会い目的の京大生・他大女子も多く所属するため、真面目に活動に取り組む人との2分化が非常に進んでいる。(在校生 2014年入学)
  • 単位は比較的簡単にとれる講義が多いが、その分自分できちんとコントロールしなければだらけた学生生活を送ることになる(卒業生 2008年入学)
  • 自分が所属していたサークルでは他大学の学生との交流も盛んだったがあまり馴染めずすぐにやめてしまった。アルバイトは居心地がよく3年以上続けている。(在校生 2014年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    活気がある
    23人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    どちらともいえない
    23人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    23人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    23人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    23人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    男性が多い
    23人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    23人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    23人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    23人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。
学校の特徴アンケートをもっと見る
全10項目

就職・進学

就職・進学の満足度

3.84(51件)

★★★★☆

  • ・8割方が大学院の同じ研究室へ進学する。 ・就職については、経済学部などに比べて情報量が少ないため、学部卒で就職する人は自ら積極的に動かなければ厳しい。公務員などの説明会などは授業中に教授が紹介することもある。 ・修士修了後はほとんどの人が就職する。食品メーカーや飲料メーカーの研究職を志す人が多いが、研究職としての就職はそれほど良い訳ではない。応用生命や食品生物に比べれば不利であると言わざるを得ない。 ・とはいえ、研究室によっては多くの卒業生を食品系企業や製薬企業へ送っているところもあり、このような業界へ就職したいのならば慎重に研究室を選ぶ必要がある。(在校生 2014年入学)
  • (卒業生 2006年入学)
  • 分離問わず、様々な就職先がある。化学系の研究室ならだいたいは化学系の会社に行くことが多い。推薦もあるにはある。文系よりの研究室は、文系就職も多い。(卒業生 2007年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    23人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    23人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    大学院進学が多い
    23人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

主な就職先

伊藤忠商事(1名)、OZ、Communiccation(1名)、サントリーホールディングス(1名)、世界思想社教学社(1名)など

入試

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

合格体験記一覧

  • 農学部地域環境工学科の合格体験記

    女性在校生
    • 京都大学農学部地域環境工学科
    • 北野高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    漢字対策を行いました。センターに出てくるほど同音異義語がある漢字って、実はそれほど多くないんです。のちの教養としても、漢字対策はやってよかったと思います。

    【2次・個別】
    漢字が数年に一回出るので、漢字対策を怠りなく行いました。記述については、模試などの経験上、下手にすべての問題に取り掛かるよりも自信のある問題だけ取り組む方がいい点数になると思いました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    問題をとにかく速く処理できるようにしました。具体的には、まず大問1つを13分という目標にして、慣れてきたら大問2つ、最終的にすべてを55分で溶けるようにしました。

    【2次・個別】
    まず、6問中2,3問の簡単な問題を完璧に答えられるようにしました。時間が余ったら、確立や漸化式などの考え方だけでも分かったものを丁寧な字で書いていくようにしました。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    文法が苦手だったので、過去問の文法を解きまくりました。

    【2次・個別】
    哲学系の文章が数年に一回は出て、苦手だったので、それを克服すべく哲学の基礎知識を日本語で学び、よく出てくる英単語も過去問から覚えるようにしました。知っている単語が出てくるだけでも、時谷諏訪がかなり違うと思います。

    社会

    【センター】地理B
    過去問対策をきっちり行いました。特に地形図の問題は古くても今の問題を解くのに役立つ観点を含んでいるので重視していました。

    理科

    【センター】物理、化学
    学校の教科書をじっくり読む時間を取っていました。私は選択肢の中から正しい(もしくは間違っている)文章を選ぶのが苦手だったので、「今日はこの分野を復習する」と決めて読んでいました。

    【2次・個別】
    物理は穴埋めの、各大問はじめの10個ほどは簡単にわかることが多いので、そこから取り組みました。はじめで間違えると後の議論もすべて崩れるので、丁寧に解きます。意外と後半で基礎知識を聞いてきたりするので、一度は問題文を全部読みました。化学は、有機化学の問題で、解けそうで解けないときに、あきらめる勇気を持つことが必要だと思います。有機の難しい問題1つに取り組む時間で、無機化学の基礎知識を問う問題が5つ以上は分かったりしますから。

  • 農学部応用生命科学科の合格体験記

    男性在校生
    • 京都大学農学部応用生命科学科
    • 北野高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    古文漢文の知識を重視し、現代文は過去問などを多く解く

    【2次・個別】
    国語は古文で確実に点を取れるように知識をつけるべきだと感じた。現代文は文中の言葉を理解し、余計なことは書かないようにした。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    演習を繰り返し、計算の速度と精度をあげることに専念する

    【2次・個別】
    発想力が肝要。日ごろから多くの問題をいろいろな解き方で解くトレーニングをした。

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    文法やアクセント問題を落とさないよう、日ごろの勉強から意識した

    【2次・個別】
    ややむずかしめのニュース記事、論文などを読み、京大英語特有の内容のむずかしさの対策をした。

    社会

    【センター】世界史B
    単語帳を一周読み込んだら、過去問を何度も行い知識の穴を埋める

    理科

    【センター】物理、化学
    パターン問題を確実に解けるよう、演習を重視した

    【2次・個別】
    京大の試験では最もパターン演習が効く科目だった。過去問を行った。

倍率

学科 倍率 前年比
資源生物科学科 3.04 ↑0.12
応用生命科学科 3.04 ↑0.12
地域環境工学科 3.04 ↑0.12
食料・環境経済学科 3.04 ↑0.12
森林科学科 3.04 ↑0.12
食品生物科学科 3.04 ↑0.12

基本情報

キャンパス
住所
京都府京都市左京区北白川追分町
最寄駅 叡山電鉄叡山本線 元田中
電話番号 075-753-6012
男女比 男:女=7:3 (口コミより引用)

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  農学部

京都大学の学部

法学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.11 (63件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.03 (76件)
文学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.22 (78件)
工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.12 (167件)
教育学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.34 (32件)
理学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.23 (71件)
農学部
偏差値:62.5 - 67.5
★★★★☆ 4.13 (80件)
総合人間学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.15 (41件)
医学部
偏差値:62.5 - 72.5
★★★★☆ 4.08 (96件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 3.54 (28件)

オススメの学部

帯広畜産大学
帯広畜産大学畜産学部
併願校におすすめ
★★★★☆ (46件)
北海道/国立
大阪府立大学
大阪府立大学生命環境科学域
すべり止め校もチェック
★★★★☆ (82件)
大阪府/公立
鳥取大学
鳥取大学農学部
すべり止め校もチェック
★★★★☆ (56件)
鳥取県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。