みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  一橋大学   >>  口コミ

一橋大学
出典:Wiiii
一橋大学
(ひとつばしだいがく)

東京都 / 国立

口コミ
国立大

2

偏差値
国立大

3

偏差値:69 - 71

口コミ:

4.24

(109)

一橋大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.24
(109件) 国立内2位 / 82校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.93
  • 研究室・ゼミ
    4.20
  • 就職・進学
    4.42
  • アクセス・立地
    3.15
  • 施設・設備
    3.47
  • 友人・恋愛
    3.50
  • 学生生活
    4.44
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

109件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    社会学部 社会学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-10-25投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教授の質が高く、どの授業も興味深かったです。特にゼミはとことん自分の好きなことを追究でき、少人数制で教授の指導も手厚いので、満足のいく卒論ができました。ゼミで死に物狂いで勉強した分、就活では自信をもって研究分野について語ることができたのも良かったです。 他の大学の友人は授業に出ても寝るだけだとよく話していましたが、うちの大学は人数が少ないこともあって、寝ている生徒はほとんどいませんでした。それだけ刺激的な講義が多かったのかもしれません。 あと、体育会の部活動が盛んでした。根が真面目な学生が多いためか、部活のメンバーは早朝から日が暮れるまで練習したら、夜は下宿生の家で遅くまで勉強会という流れが常でした。そのため私が参加していた部活は一部リーグに昇格るほど強かったのに、留年する人が誰もいませんでした。部活で過ごした時間が濃く、同期とは卒業後も友人関係が続いています。 全体をみても良い就職先にいく人が多いのですが、優秀な部活のOBOGに会社の話を聞いたり、ESを添削してもらえたりしたので、就活では特に体育会のメリットを感じました。 入るのが難しい大学ですが、その分人生のメリットは大きいです。
    • 講義・授業
      教授の質が高く、刺激的な講義が多いので、寝ている生徒はほとんどいませんでした。 また学部間の垣根が低く、他学部の授業も受けられるので自分の興味の幅を広げられました。また自分の研究分野を多角的にみることができたので、とても有意義でした。 全学部共通科目の性教育に関する「ヒューマンセクソロジー」という授業は生徒から人気で、カップルで受講する人もよく見かけました。 若くてイケメンの人類学の教授がいて、学部の授業はいつも女子学生でいっぱいでした。その教授のゼミはマニアックすぎると思われたのか選択する人は少なかったのですが、ゼミの方がつっこんだ話が聞けて内容は興味深かったです。
    • 研究室・ゼミ
      少人数制なので教授のフォローが手厚かったです。自分の興味のある分野とはいえ、卒論研究では何度もダメ出しをくらい、心がおれそうになりました。でも最後まで妥協せず、納得のいく卒論を書き上げられたのは、優秀なゼミのメンバーからの刺激と、尊敬できる教授の指導があったからでした。これは少人数だからこそのメリットだと思います。 他学部のゼミだと就活の際にコネがあるという噂も聞きますが、社会学部ではコネは全く期待できません。でも優秀な学生が多いので、必死で卒論研究をした学生はみんな自信をもって就活に挑み、自力で良い就職先をゲットしています。
    • 就職・進学
      大学全体として優秀な学生が多いので、まわりの友人も一般的に一流といわれている会社の内定をいくつももらっていました。でも大学のカラーなのか、「大手」と言われるところに入るのは安直すぎて嫌だと言って、大手の内定を蹴って実力のある中小企業に入るという学生も多いです。いずれにせよ、選べるだけの内定がもらえるというのは大学のネームバリューのおかげなのかもしれません。 企業側もわざわざ大学まできて説明会を開いてくれますし、夜は軽い軽食つきの人事との懇親会などもあったので、かなり会社のことを詳しく知ることができました。 また大学のOBOGとの繋がりも強いので、就職相談室に行けば希望の就職先の先輩を紹介してくれたりもして、サポートは充実していました。 もちろん就活に失敗する人もいますが、これだけ良い環境が整っているのにどこも内定がもらえない場合は、よっぽど手を抜いていたとか高望みしたとか、何か本人に問題があると思います。
    • アクセス・立地
      東京のはずれにあるので自然が多く、文教地区なのでパチンコ屋さんなど娯楽施設もないので勉強に集中するには良い環境です。地方から上京してくる学生が多いのですが、大学のまわりは高いビルもなく、人も少ないので、良い意味で都会っぽさがなくて馴染みやすいようです。いわゆる東京らしいお洒落さはありませんが、誘惑の少ない落ち着いた環境なので過ごしやすいです。 ただ寮や多くの部活の活動拠点は大学のある国立駅から電車を二回乗り換えた先にある一橋学園駅という所にあり、それがやや不便です。でも下宿・実家暮らしに関係なく、大半の学生は入学すると広い校内を移動するために自転車を持つようになるので、自転車があれば部活への移動も楽になります。
    • 施設・設備
      国の重要文化財に指定されているものなど、古い建物が多いです。そのため清潔感には欠ける施設もいくつかあります。 幸い、メインとなる大学の西キャンパスの建物の多くは、見た目は歴史を感じる重厚なつくりでも、トイレや空調など中の設備は最新式で綺麗になっています。 でも東キャンパスは何故かトイレも古くて汚い雰囲気のまま。ゼミなどに使われる重要文化財の一号館は空調も古いのか、夏は暑くて冬は寒いです。 歴史と趣ある建造物に触れられるのは良いのですが、もう少し綺麗になったら良いのになと思います。 設備面では、図書館が非常に充実しています。社会科学に関する文献の所蔵数は全国でもピカイチだそうです。中も広々として清潔感があり、空調もしっかり完備されているので夏休みには涼を求めて学生が集まります。
    • 友人・恋愛
      部活動の人間関係が濃いので、部活の同期とは卒業後も仲が良いです。また、部活でできた彼氏彼女と卒業後に結婚する人も多いです。 根が真面目な学生が多いので、練習のあとは大学近くの下宿生の家で朝まで勉強会、というのが試験前によくある流れでした。地方から上京して一人暮らしをしている学生が多いので、寂しさを紛らすのためにこうして部活の友達同士で遅くまでつるんだり、彼女ができると半同棲する人もいました。
    • 学生生活
      大きな体育会に入ると、三商戦といって昔の商科大学同士の対抗戦のために大阪や神戸に遠征に行く機会があります。普通の都内の大学だと、大きな大会でも関東の学生としか交流する機会がなさそうですが、うちは三商戦があるおかげで普段の大会では知り合えない人たちと戦ったり、意見交換できます。 大学全体で女子は3割しかいないので、校内は常に逆ハーレム状態。選り好みしなければ女子はすぐに彼氏がみつけられると思います。真面目な学生が多いので、大学時代の彼と卒業後そのままゴールインという話をよく聞きます。 ただしインカレサークルに入ると近くの津田塾大学の女子が大勢いて、彼女たちの方が女子力が高いのでインカレサークルで一橋女子が勝つのは至難の技です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      社会学部の内容は幅広く、いわゆる「社会科」のような政治・経済だけでなく、歴史、哲学、心理学、文化人類学なども含まれます。だから一般的には文学部に含まれるような内容も学べます。 はじめは社会学の基礎知識を学ぶための必修講義を受けつつ、幅広い選択授業のなかから好きなものを自由に選びます。そうしたなかで自分がどんな専門分野に進みたいかを三年目までに考えます。三年目からは専門的な勉強をするためのゼミを選択し、四年目には卒論を完成させるという流れになっています。 私はもともと歴史や文化、美術に関心があったので、美術史や歴史学の講義を取っていました。でも徐々に神話や伝承、民俗学などにも興味をもつようになり、最終的には文化人類学のゼミに進みました。 人類学というと取っつきにくいイメージがあるかもしれませんが、簡単に言うと「自分の常識はどう作られたのか」「何かを嫌い・変だと感じるのは何故か」を考える学問です。つまり自分が今までとらわれていた価値観を相対化し、他者を理解しようとする学問です。 私のいた人類学ゼミは三人の教授の合同ゼミだったので、通常のゼミより深く白熱した議論が聞けて勉強になりました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手化学メーカーの総合職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      話を聞いた社員さんが魅力的だったから。 人事の方が高く評価してくれたから。 また面接では常に捻った質問をされたのですが、それが毎回刺激的で興味深く、面白い会社だと思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    商学部 商学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-10-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      こじんまりした大学ですが落ち着いた環境で学べます。商学部は1年生からゼミがあったり、英語のクラスも充実しており、レベルの高い授業を受けられていると思います。
    • 講義・授業
      PACEやゼミなど少人数の講義が充実している、また著名な教授がいる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは比較的少人数で自分の学びたい分野のことが学べていると思う。
    • 就職・進学
      先輩の就職実績をみていると大手企業に就職しているので就職実績は素晴らしいとおもう。
    • アクセス・立地
      国立はアクセスが比較的悪いと思います。しかし、 周辺環境は静かでごはんが美味しいお店もたくさんあってよいです。
    • 施設・設備
      施設は古いが、雰囲気のある建物で好きです。図書館も朝早くから夜遅くまで空いていてありがたいです。
    • 友人・恋愛
      学校の規模が小さいので友達は増えにくいかもしれませんが、その分友達との仲を深めることができると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      経営学や金融、マーケティング、会計など。他学部の授業をとることもできる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      様々な授業が用意されており、法律科目に限らず国際関係の授業も受講ができる。しかし、語学などの学科の科目以外の必修とコマが被っていたりしてうまく履修できないこともある。
    • 講義・授業
      ものによる。予習復習を指定してしっかりやる授業もあれば、出席せずとも単位が取れてしまう授業もある。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミに入るが、とても楽しい。大人数の講義と違って密度が濃いし、とても頭を使う。
    • 就職・進学
      法科大学院に進む人も多いが、就職する人も多い。法律に関係なく、マスコミや金融関係の仕事に就く人がいる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は国立駅。静かで勉強をするにはもってこいの環境。電車で一駅行けば遊ぶところもたくさんある。
    • 施設・設備
      「学科の」施設は特にない。図書館に法律関係の本はたくさんある。
    • 友人・恋愛
      クラス制度があり、すぐみんな学校になじめる。サークルや部活も盛ん。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次から法律について学ぶ。最初は導入科目を履修し、その次に六法科目へと進み、3年ころから六法以外の法律に触れる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-10-23投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      敷地が緑に囲まれていて、落ち着いた雰囲気の学校なのでキャンパスライフはとても充実します。楽しいですよ。
    • 講義・授業
      刑法の授業は、様々な事例をあげながら授業が進むのでわかりやすいです。それ以外の授業も概ねわかりやすいです。
    • 研究室・ゼミ
      法学部は3年から必修でゼミに参加します。ゼミに全員参加できる大学は限られているのでとてもいいと思います。
    • 就職・進学
      如水会という同窓会組織があり、OBOGとの繋がりはとても強く、また就職支援課の支援は充実していると聞きます
    • アクセス・立地
      中央線国立駅が最寄りですが、中央特快が止まらないのでアクセスは若干不便です
    • 施設・設備
      山岳部は西キャンパスにログハウスを所有しています!サークルも申請すれば部室を持つことができるので充実していると言えます。
    • 友人・恋愛
      大学での友人、恋愛関係をどれだけ充実させるかは個人の問題であり、大学の問題ではありませんが、うまく行かない場合は学生相談室に行くといいでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年は学部基礎科目を学び、3、4年からは国際関係コースと法律専門コースに分かれます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    法学部 法律学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-10-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教授の質は全体的に高い。授業の種類も規模の割には多い。国際関係も一緒に学ぶことができるので、就職の際の汎用性はあるはず。
    • 講義・授業
      きっちり教授は準備していると思うものが多かった。課題も適度だった。
    • 研究室・ゼミ
      教授が締め付けがきつくなくて、論文のテーマも好きなテーマを選べば助言してくれた。
    • 就職・進学
      公務員試験を受けたので、相談しても、相談所にいる人が一般企業に対する知識に偏っていて、意味はなかった。
    • アクセス・立地
      キャンパスが美しく都会の喧騒から離れていて素晴らしい。アクセスは微妙だが必要なものは揃っている。
    • 施設・設備
      校舎は美しい。生協はせっかくだから立て直して欲しい。とても使いやすいとは言えない。
    • 友人・恋愛
      人が多過ぎないので、好きなようにほっておいてもらえる。恋愛は個人による。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      法律系で行くなら憲法などの基礎法系から法哲学まで、幅広く学べる。
    進路について
    • 就職先・進学先
      国家公務員
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      テスト前は勉強が大変だけど、人数が少ないこともあって同じ授業をとってる友達が多くて協力し合えるので安心。
      司法試験を目指してる人も多くて、刺激をもらえる。司法試験を目指してない人でも留学を目指して頑張っている人も多いので、大学生活で勉強も充実させることができる。
    • 講義・授業
      教授によって講義の質は全然違う。いい教授の授業は説明もわかりやすく、場合によってはテストの解答や講評を開示してくれることもある。一方で説明もわかりにくい方もいるのは事実なので、授業選びは真剣に。
    • 研究室・ゼミ
      3年の前期からゼミは始まるが、1,2年生の間にも導入ゼミという学科のゼミがあったり、教養ゼミという一般教養のゼミがあったりするので、ゼミを早いうちから経験できる。
    • 就職・進学
      大手企業に就職する人が多い。司法試験を目指している人も多いので、一橋を中心にロースクールへ進学する人も多い。
    • アクセス・立地
      最寄りはJR中央線の国立駅。駅からは徒歩5分くらいで通学は楽。国立には飲食店は多いけど、ショッピングしたり遊んだりするところは少ない。
    • 施設・設備
      たてものの外観は美しいが、中に入ると年季が入った感じ。最近少しずつ改良されているので今後に期待。
      生協は小さめだ、昼休みには大混雑。
    • 友人・恋愛
      様々なサークル、部活があり、大半の人が何かしらのコミュニティに属している。その中でももちろん人間関係は広がるが、他にも1年次の語学のクラスや学部でも人間関係は広がる。
      人数の少ない大学なので、人間関係は広げやすい。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      法律科目と国際関係科目がある。学部の生徒全員が取るような必修科目はなく、割と興味に従って好きなように履修が組める。
    進路について
    • 就職先・進学先
      予備試験、司法試験の受験
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    社会学部 社会学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      色々な分野の講義を受講することができるので、特に興味が定まっていなくても、学んでいくうちに自分の興味のある分野を見つけることができます。
    • 講義・授業
      ベテランの先生が多くいらっしゃるので、わかりやすい講義が多いです。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミが始まり、国際学、教育学、心理学など他の学部には類をみない多くの分野の中から一つのゼミを選ぶことができます。
    • 就職・進学
      社会学部は就職活動で不利だという噂も耳にしたことがありましたが、他の学部と違いは全くないです。
    • アクセス・立地
      最寄駅は中央線の国立駅です。南武線の谷保駅から自転車で通う学生もいます。
    • 施設・設備
      古い施設が多いです。冷暖房は基本的に効きすぎ・全く効いていないのどちらかであることが多いです。
    • 友人・恋愛
      基本的にサークル、部活での友人関係が中心です。クラス、授業などが同じでも、暫く会っていないと疎遠になってしまうことが多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次に学ぶことができるのは一般教養科目のみです。2年次から学部科目を取れるようになり、それが4年次まで続きます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      真面目な人は他学部に比べて多い印象。また卒業要件の単位取得が厳しい。ゼミは豊富で真剣に勉強したいなら良いのでは。
    • 講義・授業
      ただの教授の独り言のような授業もあれば、丁寧なものまで様々。当たり前だが教授による。
      司法試験を目指す人は結局ダブスクしているイメージ。
    • 研究室・ゼミ
      他学部、特に経済はほとんどのゼミで選考があるが、法学部は殆どない。ゆるいところから厳しいところまで様々。
    • 就職・進学
      就活中なのでサポートが十分と言えるかは不明。一応大学限定の合同説明会などは開かれている。就職実績は良い方だと思う。
    • アクセス・立地
      住宅街であり、地方からの下宿生は非常にアクセスが良い。都心部の実家暮らしから通うと多摩地域のため時間がかかる。
    • 施設・設備
      外からの見た目は確かにかっこいい。が、内情はいかにも国立大学という感じであまりよろしくない。これも棟によるがエアコンの効きは悪い。
    • 友人・恋愛
      津田とのインカレをしているサークル・部活も多く、女子も少ないが居ることはいるので頑張れば出来るのでは。知らん。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      名前の通り法律関係。公法・私法どちらも開講している。一応法律コースと国際関係コースはあるが、履修上の関係であまり差は無い。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    商学部 経営学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      会計、経営、マーケティング、金融の四分野を幅広く学べる。教員も社外取締役やMBAで講義している人が多く、また第一線の経営者がゲストスピーカーでくることも多い。日本で最も優れた経営学科のひとつ。
    • 講義・授業
      ほとんどの講義は充実している。他学部の授業を取ることも普通に行われているので、商学部生が民法をとったりすることもできる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一年からあり、一年後期からは自分の好きなテーマのゼミに所属できる。ゼミの関係性はかなり強い。
    • 就職・進学
      大企業就職率は日本一、平均給与も単科大学を除くと日本一。サポート等は特に必要ない。
    • アクセス・立地
      立地が最大の難点。都心へのアクセスはかなり悪い。神田のキャンパスは大学院用なので、学部生が使うのは国立のみである。
    • 施設・設備
      学科ごとに設備を分けて持っているわけではないので全体の話になるが、歴史ある建物が多い。図書館の蔵書も充実している。試験前は朝8:40から夜23:00まで開館している(24時間ではないのは難点)。
    • 友人・恋愛
      津田生との交流が盛んだが、一橋生同士のカップルもまぁまぁ多い。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      経営組織論、経営戦略論、ゲーム理論、マクロ/ミクロ金融、流通システム論、生産システム論など、経営、マーケ、金融、会計が幅広く取り扱っている。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      あまり知名度は高くないですが、就職活動の際には大学名で得を何度かしました。
      区内からは少し離れており、とても落ち着いた雰囲気です。
    • 講義・授業
      企業や公的機関からの寄付講義などがあり、実務的な部分についてもプロからお話を聞くことができます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数で実施されるので、徹底した指導を教授から受けることができます。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートはキャリア支援室がしっかりと行ってくれています。
      就職率もかなり高いです。
    • アクセス・立地
      区内から離れていることが就職活動の際に、金銭的にも時間的にも少し苦労しました。
      しかし国立の町は、静かで私は好きです。
    • 施設・設備
      兼松講堂や図書館は趣深く、とても愛着を持てます。
      しかし、校舎によっては建物の中が古くなっているところもあります。(私はそういうところも好きですが…)
    • 友人・恋愛
      サークルや部活を通じて友人をつくるパターンが多いです。
      また、一年時は語学でクラスがあり、そこで気の合う友人をみつける人もいます。
      経済学部は女性比率が少なく、津田塾大学で彼女をつくる人も多くいます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      入試でも数学の配点が高くなっている様に、数学を用いて理論経済について分析するものが多くあります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手金融機関
    この口コミは参考になりましたか?
109件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  一橋大学   >>  口コミ

一橋大学の学部

法学部
偏差値:71
★★★★☆ 4.04 (23件)
経済学部
偏差値:69
★★★★☆ 4.29 (31件)
商学部
偏差値:69
★★★★☆ 4.25 (28件)
社会学部
偏差値:70
★★★★☆ 4.33 (27件)

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.89 (35件)
東京都/国立
名古屋大学
名古屋大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (315件)
愛知県/国立
群馬大学
群馬大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.81 (115件)
群馬県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。