みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  理学部

京都大学
京都大学
(きょうとだいがく)

京都府 / 元田中駅 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 72.5

口コミ:★★★★☆

4.11

(819)

京都大学 理学部

概要

偏差値

偏差値
65.0
センター
得点率
87%

提供:河合塾

学科情報

理学科
偏差値65.0
口コミ4.2379件
学べること
数学 物理 化学 生物 地球科学

1年の時は一般教養を学び専門的なことを学ぶのは3年なってからが多いように見える。しかし、他の学部と違って上階生向けの授業も取ることができるため、自分の学びたいことをどんどん学んでいくことができる。(2016年入学の方)

※口コミより引用

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.23
(79) 国立内 38 / 553学部中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.89
  • 研究室・ゼミ
    4.28
  • 就職・進学
    3.44
  • アクセス・立地
    3.66
  • 施設・設備
    4.13
  • 友人・恋愛
    3.19
  • 学生生活
    4.12
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    理学部 理学科 / 在校生 / 2016年入学
    学問と向き合いたいやつだけこい
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ-|就職・進学-|アクセス・立地3|施設・設備4|友人・恋愛-|学生生活-]
    理学部理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      社会に出たくない、学問を極めたいという人には向いている。なんとなくで来る場所ではない。
      理系の学問を学びたいという人にはとても向いている。また、同級生たちのレベルも非常に高いのでよい友人を得られるだろう。
    • 講義・授業
      良い
      教授というのは教えるのがメインではないので教え方がうまい人と下手な人ははっきりわかれる。しかし学部でならうことはレベルが高いので学問を学びたいという人にはとても刺激を得られるだろう。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅は京阪電鉄の出町柳であり駅から15分程度である。JRの駅からは遠いので遠方から来るには少し面倒なように感じる。
    • 施設・設備
      良い
      さすがに京大、施設は十分整っている。研究をするために必要な機材は十分あるように思える。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年の時は一般教養を学び専門的なことを学ぶのは3年なってからが多いように見える。しかし、他の学部と違って上階生向けの授業も取ることができるため、自分の学びたいことをどんどん学んでいくことができる。
  • 男性卒業生
    理学部 理学科 / 卒業生 / 2013年入学
    自分から進んで学べる人にとっての天国
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業2|研究室・ゼミ4|就職・進学3|アクセス・立地4|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活3]
    理学部理学科の評価
    • 総合評価
      普通
      他学部もそうだが、基本的に評価はゆるいので卒業自体は誰でもできる。しかし、それは授業外でもしっかり復習したり自学に励んでいる、という前提なので、ギリギリすぎると4回生で研究室に配属した時に自分のあまりのバックグラウンドのなさに愕然とすることになるのでしっかり勉強しましょう。勉強しよう、知識を深めようと思っている人にとって素晴らしい環境であることは間違いない。京大卒という学歴だけがほしいという人にとっても良い環境であることは間違いないが、理系卒としてそれなりの技術職に就きたいなら修士くらいは出ないといけないので、そのつもりで過ごすようにしましょう。
    • 講義・授業
      悪い
      教授陣がすごい人たちなのは間違いないが、彼らはあくまで研究の世界の人たちなので、授業力という点では高校の先生にも劣るような人が多い。もちろんすごくわかりやすい授業をする人もいるが、一方でこちらに背中を向けたっきりで黒板と会話しているような人もいる。なので、授業だけで満足せずにしっかり自習しましょう。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      化学系では4回生から研究室に入って研究の世界を体験することになる。実際の研究室のメンバーとして研究に携わり、年度の終わりには卒業研究発表をする。教授からテーマを与えられて、スタッフや先輩方から理論や装置の使い方などを教えてもらいながら進めていく。実験系の研究室であればウン百万、ウン千万の装置を扱うことができる。論文を出せる人はごく稀だが、学会発表の機会を得られる人はたまにいる。朝が弱い人は、研究室選びの際に書く研究室にコアタイムがあるかどうかを確認しましょう。
    • 就職・進学
      普通
      基本的に学部卒で就活する人があまりいない。大学院の理学研究科では面接対策やエントリーシートの添削、企業のOB訪問などの機会があるので、そういったことを紹介してもらえればある程度うまく振る舞えるが、いかんせん周りが大学院進学一色なので相当のバイタリティが必要な気がする。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からは徒歩10分くらいかかるが、バスやタクシーは多いので街に出る分のアクセスは良い方だと思う。なんなら、街中でも駐輪場が多いので自転車で移動も悪くない。キャンパス自体が広いので周辺には学生向けの物件は多く、相当こだわらなければ良い物件は見つかるはず。学生向けのご飯屋さんや、新刊では買えない教科書を置いている古本屋さんも周辺にたくさんある。
    • 施設・設備
      良い
      図書館が学部ごとにあるので、調べ物だけでなくテスト期間中の自習スペースに事欠くことがあまりない。情報センターでは学内IDを使えばPCを利用でき、自習室のような環境でレポート作成にも励むことができる。生協の運営する売店、食堂、書店が点在しており、こちらも学生の強い味方になっている。
    • 友人・恋愛
      普通
      3回生以降は、物理や化学といった系(専門)に分かれて一緒に実験などをする機会が増えるので、自然と友達はできる。良い意味の変人もいれば悪い意味の変人もいるし、もちろん普通の人もいる。男女比は9:1か8:2くらいだが、化学系や生物系は比較的多い方だと思う。出会いを求めるならサークルやバイトをしましょう。
    • 学生生活
      普通
      公認のものから非公認のものまで、サークルは多い。入学後に嫌という程勧誘されるので、サークル紹介ももとにしながらその時に悩みましょう。ただし、宗教系や政治活動系のサークルもいるので、十分に注意してください。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1,2回生では数学や理科を広く学んで、3回生進級時に数学、物理などの専攻を決めます。3回生で実験をやったりやや専門的なことを学んで、4回生時に研究室に入り、卒業研究発表をして卒業します。専門が決まってない人でも1,2回生の間に自分のやりたいことを考える時間が作れるので、「数学や理科は好きだしもっと深く理解したいけど、何を特に勉強したいかだなんて高校生の自分には決められない!」って人にオススメです。一般教養の講義も1,2回生時を中心に受けることになりますが、基本的には自分の興味のある授業を受けにいけばいいので楽しいです。哲学とか心理学の授業を受けてもいいし、歴史や文学でもいいし、法学や経済でも。単位の取りやすさを重視してしまいがちですが、せっかく京大という最先端の研究の世界を触れられる世界に入るのですから、いろいろな世界を覗いておかないと勿体無いような気がします。
    • 就職先・進学先
      大学院の理学研究科へ進学
  • 男性在校生
    理学部 理学科 / 在校生 / 2016年入学
    自由な校風で柔軟な発想が生まれる場所
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ-|就職・進学-|アクセス・立地4|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活-]
    理学部理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      国内トップクラスの大学というだけあって講義の質・量ともに充実しているが、やや放任主義なところもあり気を抜くと落ちこぼれる。
    • 講義・授業
      良い
      専門、教養ともに非常に充実しており、また希望すれば他学部の講義を受講できる環境も整っているが、特に教養科目に関しては担当教員によってかなりの温度差が感じられる。
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺にはアパートなどが多く多くの学生が下宿している。自宅から通う場合京都市全体としては交通網が発達しており非常に便利だが大学は駅から少し距離があるが歩けないことはない。駅周辺には月極めの駐輪場もあるので駅から自転車使っても良い。また京都市内からの通学ならバスが便利。ただし、時間帯によっては大幅に遅れるので注意が必要。
    • 施設・設備
      良い
      施設・設備は充実しており学ぶための環境としてはなかなかなものだと思う。しかしながら歴史のある大学でもあるため古い建物もそれなりに多い。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルなどに参加すれば友人もでき、それなりに充実している人がいる一方で大学の規模が大きいためサークルなどに参加しなければ孤立してしまう可能性がある。効率よく単位を取ることを考えるなら交友関係は広い方がいいが純粋に勉強したいだけなら無理に友人を作る必要もないと思う。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.89 (71件)

★★★★☆

  • 教授というのは教えるのがメインではないので教え方がうまい人と下手な人ははっきりわかれる。しかし学部でならうことはレベルが高いので学問を学びたいという人にはとても刺激を得られるだろう。(在校生 2016年入学)
  • 教授陣がすごい人たちなのは間違いないが、彼らはあくまで研究の世界の人たちなので、授業力という点では高校の先生にも劣るような人が多い。もちろんすごくわかりやすい授業をする人もいるが、一方でこちらに背中を向けたっきりで黒板と会話しているような人もいる。なので、授業だけで満足せずにしっかり自習しましょう。(卒業生 2013年入学)
  • 専門、教養ともに非常に充実しており、また希望すれば他学部の講義を受講できる環境も整っているが、特に教養科目に関しては担当教員によってかなりの温度差が感じられる。(在校生 2016年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    22人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    どちらともいえない
    22人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    少ない
    22人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    22人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    22人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    どちらともいえない
    22人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    多い
    22人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

4.12 (25件)

★★★★☆

  • 公認のものから非公認のものまで、サークルは多い。入学後に嫌という程勧誘されるので、サークル紹介ももとにしながらその時に悩みましょう。ただし、宗教系や政治活動系のサークルもいるので、十分に注意してください。(卒業生 2013年入学)
  • 学科でバーベキューをやったり学祭に出店したりしたから。一口にサークルといっても法律であったり農業であったりを突き詰めて研究しているところもあり、すごい人たちが多いから。(卒業生 2013年入学)
  • サークルは数えきれないほどある。入るか入らないかは個人の自由で、入らなくても友達は普通にできる(在校生 2014年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    活気がある
    22人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    22人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    22人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    22人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    22人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    22人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    男性が多い
    22人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    22人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    22人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    22人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.44 (52件)

★★★☆☆

  • 基本的に学部卒で就活する人があまりいない。大学院の理学研究科では面接対策やエントリーシートの添削、企業のOB訪問などの機会があるので、そういったことを紹介してもらえればある程度うまく振る舞えるが、いかんせん周りが大学院進学一色なので相当のバイタリティが必要な気がする。(卒業生 2013年入学)
  • ほとんどが進学した。就職した人は私の知る限りいないが、他学部などの情報を聞く限り、悪くはないと推測される。(卒業生 2008年入学)
  • 進学者が圧倒的に多い一方、留年率も決して低くはなく、就職活動もサポートを受けるというよりは個人的に動いているものが多い気がするから。(卒業生 2013年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    22人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    22人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    大学院進学が多い
    22人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

入試科目・日程

  • 理学科
    偏差値:65.0
    募集人数:306人

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

合格体験記

  • 理学部理学科(2015年/前期)の合格体験記

    男性在校生
    • 京都大学 理学部 理学科
    • 高岡高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    過去問演習に徹すること。小説では登場人物に対しての個人的感情を排除し、文章のみを根拠として回答する。 古文漢文は知識量。

    【2次・個別】
    先生による添削によって大学に個別の特徴をつかむことができ、一気に伸びた。

    利用した参考書
    ない。先生が参考書。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    これも過去問演習に尽きる。センター試験でできることは限られているので10年分やれば十分な対策になる。

    【2次・個別】
    これは過去問演習に尽きる。なお、当方は20年分したにも関わらず、本番で最低点を叩き出した模様。

    利用した参考書
    今までに積み重ねた解答が参考書。

  • 理学部理学科(2016年/前期)の合格体験記

    男性在校生
    • 京都大学 理学部 理学科
    • 恵那高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    センター試験の国語に関しては、文章自体はそこまで難解ではなく、問われることも決して複雑ではありません。正しい選択肢へ絞り込む訓練は必要ですが、それよりもやはり分量の多さが目立ちます。自分の得意不得意に応じて適切な時間配分・取り組む問題の取捨選択を行うことが重要だと思われます。それには過去問を何年分にもわたって解くのが良策とされていますが、京大国語の文章もまたそこまで難しいものではありませんから、センター試験の問題に対して記述式の回答を考えてみるのもよい練習になるかもしれません。

    【2次・個別】
    現代文では指示語、比喩などによる同格的な内容に注意して読むことを心掛けていました。古文では頻出単語の意味、助動詞の意味、動詞の主語を意識しながら読んでいました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    センター数学は謳われている通り、教科書の範囲に十分習熟していれば満点を取ることもそう困難ではありません。IA確率・IIB数列・ベクトルは比較的時間を要し、ケアレスミスも多くあり得る分野なので注意が必要です。毎年の問題に大きな差異は見られないと思いますので、やはり過去問に取り組むのがよいでしょう。

    【2次・個別】
     わからないことをそのままにしないことを大切にしました。ある程度問題のパターンもあるので、それに関連する知識はすぐに出てくるようにしました。答案の論理性が問われると聞いていたので、数式での記述と同じかそれ以上に、日本語での記述を丁寧にするよう努めました。関連して、必要条件・十分条件についてつねに意識しながら解くようにしていました。必要・十分条件を含めて、基本的な事柄について授業などで曖昧な理解のまま置いてあることについては、早い段階で納得のゆく理解を得ておくとよいと思います。また、座標・図形問題以外においても、問いの状況を図示することは、多くの場合理解の助けになりました。

    利用した参考書
    やさしい理系数学

  • 理学部理学科(2015年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 京都大学 理学部 理学科
    • 親和女子高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    古文・漢文の対策をしました。現代文はもとから読めていたため、対策はしていません。

    【2次・個別】
    古文の対策をしていました。文法、基本的な単語はしっかり覚えました。現代文はできたので、特に対策はしていません。

    利用した参考書
    古文対策には重要なところを自分でまとめた紙を使いました。漢文は表紙にパンダがかいてあるものを使っていました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    苦手科目だったので、基礎を繰返しました。誘導にのるのが苦手だったので、のれるように練習しました。

    【2次・個別】
    苦手科目だったので、基礎を繰返しました。

    利用した参考書
    よくわかるシリーズを利用していました。

基本情報

キャンパス
住所
京都府京都市左京区北白川追分町
最寄駅 叡山電鉄叡山本線 元田中
電話番号 075-753-3613
男女比 男:女=8:2 (口コミより引用)

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  理学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1623件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2551件)
東京都新宿区/早稲田駅
順天堂大学

順天堂大学

47.5 - 70.0

★★★★☆ 4.05 (129件)
東京都文京区/御茶ノ水駅
理系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1623件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2551件)
東京都新宿区/早稲田駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (666件)
東京都千代田区/四ツ谷駅

京都大学の学部

法学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.10 (69件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.05 (82件)
文学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.22 (85件)
工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.12 (196件)
教育学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.38 (33件)
理学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.23 (79件)
農学部
偏差値:62.5 - 67.5
★★★★☆ 4.16 (91件)
総合人間学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.07 (45件)
医学部
偏差値:62.5 - 72.5
★★★★☆ 4.08 (107件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★☆☆ 3.44 (32件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。