みんなの大学情報TOP   >>  神奈川県の大学   >>  横浜国立大学   >>  口コミ

横浜国立大学
出典:On-chan
横浜国立大学
(よこはまこくりつだいがく)

神奈川県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 62.5

口コミ:★★★★☆

3.82

(358)

横浜国立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.82
(358) 国立内57 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.64
  • 研究室・ゼミ
    3.67
  • 就職・進学
    3.64
  • アクセス・立地
    2.23
  • 施設・設備
    3.22
  • 友人・恋愛
    3.55
  • 学生生活
    3.75
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

358件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    教育学部 学校教育課程 / 在校生 / 2015年入学
    2018年05月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      人によって感じ方が変わると思います。学生の意識もそこまで高くない人が多く占めています。ただ、大学からのサポートは手厚く、学生から求めるものがあれば、色々と支援してくれます。
      OBOGの方々による教員採用試験対策講座や、外部の講師を招いて講義を開いたりと、教員を志望する者にとってはそこそこいい感じなのではないでしょうか?
      しかし、学部の人数が多いからかよく分かりませんが、事務処理は非常に雑です。ガイダンスで言われなかったことをいきなり指摘されたり、ミスが多いし、教育実習関係で学務と揉める生徒が毎年何人かいるみたいです。
      学務の評判はあまり良いとは言えないので注意が必要だと思います。
      「教育学部」を名乗っているわりには教員志望者が学内に少なかったり、横浜市の教員不足(中途退職などが多いらしい)だったりで、
      無理やり教員を目指させようと先生方がむやみやたらに教員を薦めてくるのはやや見てて辛いものがありますが、神奈川県内(横浜や川崎も含む)で教員をやりたくて、
      自分で意識を高く保てるのであればオススメ。意識の高い人にはそれなりのリターンがあるし、先生方もいい人が多いので、活用しましょう。
    • 講義・授業
      ものによる。一般教養や必修など大多数で受ける授業では、生徒の受講態度が非常に良くない。少人数の授業だとむちゃくちゃ楽しい。
    • 研究室・ゼミ
      2年次の専攻分けがある。どの専攻に入っても、興味の持つ分野に絞って研究できると思う。
    • 就職・進学
      教員志望者に対しては手厚い。企業への就職を希望する人はほぼ独学で臨んでいるみたいで、結果が残せない人が多い印象がある。
    • アクセス・立地
      遠いし日陰がないから夏は汗だくに。汗ビチョビチョになる。
    • 施設・設備
      教育学部の施設は古いものばかり。私立に進んだ友達が文化祭などで遊びに来たときとかに、あまりの古さ汚さに絶望されることもあります笑
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラス制でクラス単位で必修が多く組まれるので、自然と友人関係が生まれる。恋愛関係は…人による笑 でもクラス内恋愛や専攻内での恋愛もチラホラ聞くし、サークルを通じた出会いも多い。
    • 学生生活
      サークルや部活にはいれば充実するけど、入らないとそーでもないかな。
      大体の学生がサークル部活を第1に考えてるように見える。そのためか、文化祭(年2回開催)も内輪で盛り上がってる感がすごい。サークル入ってれば楽しそう笑
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では必修&般教。2年から専攻による授業が始まる。
    投稿者ID:425498
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    教育学部 学校教育課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      付属の小学校、中学校、特別支援学校があるので沢山実習を積むことができる。1年次から実習があることが強み。しかし教師を目指していない人が学部内にいて、モチベーションが下がる。教師になる学生数が少ない。
    • 講義・授業
      様々な分野専門の教授がいる。また、教師をしていた教授が多いので、リアルな声を聞くことができる。履修はほとんど必修で埋まるので、一般教養の授業を受けることは他学部より少ないと思う。
    • 研究室・ゼミ
      理科や数学など専攻ごとに分かれ、そこからまた細かく物理、地学など細かか分かれ研究室に配属される。その強化の内容を深く学ぶゼミもあれば、教え方について部活学ぶゼミもあり、自分に合ったものを見つけることができると思う。
    • 就職・進学
      教員採用試験を受ければ、受かる可能性がとても高い。しかし、現在教師を志望する人数がとても低いため、教員採用率は低い。
    • アクセス・立地
      最寄駅はブルーラインの三ツ沢上町と相鉄線の和田町の二つだが、どちらから行っても20分ほどかかる。周りに大きな施設などないため、学業に集中できる。
    • 施設・設備
      教育学部の施設は古く、Wi-Fiも繋がりにくい。他の学部に比べたら、設備は悪い。しかし、最低限度のものは用意してある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全学部が同じキャンパスで授業を行なっているため、サークルや一般教養の授業、行事などで他学部との交流が多くあるので友達の輪が広げやすい。
    • 学生生活
      サークルは都会にある大学などと比べると落ち着いていて私はとても好きである。横国生のみのサークルは、大学生のサークルならではのウェイ感はない。それを求める人は、インカレサークルの方が向いている。学園祭は年に二回ある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は小学校教育について。教え方ももちろん、どんなことを学んでいたか思い出す。
      2年からは専攻ごとに分かれ、より専門的な内容。私が所属している理科専攻は、物化生地の実験全てを行う。
      三年は教育実習がメイン。
      四年は教育採用試験。
    投稿者ID:428978
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、経済学にも色々な分野があるのだということが年次を重ねるごとにわかって来て、自分はどの分野を学びたいのか、また、自分に合う分野がどれなのか、3年のゼミ選考までに選ぶことができる。その分野選ぶにあたり専門分野の授業も多岐に渡っており、しっかりと検討できたと感じる。さらに、卒論執筆時には学部棟にある図書館も非常に役立ったため、このような評価となった。
    • 講義・授業
      前設問での回答と重複するが、経済学の中の専門分野は多岐に渡っているところや、学科の単位数の制限はあるものの、どの分野を学ぶにしても選択可能である点が魅力的。
      また、学部講義全体的に生徒の主体性に任せた運営が行われているところも回答の理由の一つ。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期についてはゼミによる。ゼミ開講は3年次春学期からだが、選抜は2年次秋学期。私が所属していたゼミは選抜後、開講までの間にサブゼミが行われ、開講までにゼミの進め方の習得、知識の深耕を目的にサブゼミが行われた。ゼミ合宿、合同ゼミ等の行事も充実していた。
    • 就職・進学
      就職実績については、就職先の官民問わず良好だったように思われる。学部自体が授業と同様、学生の主体性に任せた運営をしているので、自ら求めない限りはサポートはしてもらえないかもしれないが、自ら望めばサポートをしてもらえるように思う。ただし、OB訪問の体制は整っていないように感じた。
    • アクセス・立地
      私が在籍していた時は、市営地下鉄三ツ沢上町駅、相鉄線和田町駅、星川駅いずれも駅より徒歩15?20分かかるためアクセスはあまり良くないと感じる。横浜駅から出ているバスは大学構内まで来てくれるのは良かったように思う。
      現在では最寄りの駅ができると聞いているので3という評価となった。
    • 施設・設備
      これまでの設問の内容と重複するが、卒論執筆時に国大図書館もかなり利用したが、経済経営棟にある図書館が非常に助かった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部では英語くらいしかクラスはなく、選択する授業が同じような子と友人となるケースが多かった。自由度が高いのでいつも一緒の友達、というのは学部での生活だけではできにくいが、むしろそれが心地よく感じることもあった。
      サークルやゼミで交友関係も広がったと思う。
    • 学生生活
      サークルについては、学祭の頃に特に活動が多かったが、日頃からいろいろなイベントがあり、充実していたように思う。合宿なども計画されており、非常に楽しかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は学部での専門分野については基礎的な分野を学ぶ。また、これからの大学で学ぶにあたり、基本的なパソコン技能等を学ぶ基礎演習、一般教養学問を主に習得する。
      2?4年次は専門性を高める。学科ごとに設定された学ぶべき学問群をメインとして学びながらも他学科の学問群も学べる。
      外国語は他学部よりも取得単位数が多いため、1?2年次で英語、第二外国語を学ぶ。
      ゼミは3年次から開講だが必須ではない。ゼミは3?4年次で1年ごとに4単位ずつ取得できる。
      卒業論文については国際経済学科、経済システム学科は必須。ゼミに入らない学生は卒論指導員を決める必要がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手金融機関の基幹職(営業)
    投稿者ID:431518
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    都市科学部 都市社会共生学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      国立大学の授業で芸術系のカリキュラムも充実しているのはなかなかない。エンタメ系、というわけではなくどちらかとサブカルよりなのが偏りを感じる点ではある。
      社会学に興味がある人にとってはフィールドワークが多いので実地調査を行えて楽しい。
    • 講義・授業
      講義授業は自分で選ぶスタイルなのでガッチガチの好みに固めれば単位も先生も大きな問題はない。
      ただ、芸術系の先生はクセが強いので興味がないのであればノータッチが吉。
    • 研究室・ゼミ
      早い学年のうちからゼミらしいこともでき、また複数のゼミに所属できるのでお試しでいろいろなところに所属してみるのがおススメ。その上で3年次に最終ゼミを決めればいいと思う。
      ゼミの内容はフィールドワーク中心、文献読みが中心など先生ごとに異なるので見学に行ってから決めよう。
      どこのゼミに所属しても卒業論文はマスト。
    • 就職・進学
      就活サポートは当てにならない。
      卒業生も一流企業に就職しているわけではないので、OB訪問も難しい。
      ただ、就活時に話をする「大学生活・学校で勉強したこと」についてはなかなか国立大学ではできない話ができると思う。
      この学部に所属することが就職に有利に働くとは思えない。
    • アクセス・立地
      毎日が登山。駅から離れている上に学校が山の上にあるのでアップダウンが激しい。
      最寄駅は2箇所あるが、どちらを取っても徒歩20-30分はかかる。
    • 施設・設備
      キャンパスで綺麗そうに見える施設は大抵理系の学部棟であり、本学部は結構古めの建物。(それで困ること、は特にない)
      図書館は立て直しているのでガラス張りの現代風。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学という特性上、個人がどうしたいかによる部分が大きいが、サークル活動を充実させようと思えば楽しく過ごせる環境はある。
      サークルに所属することで横、縦のつながりができれば授業の様子も把握しやすくて良い!新歓期は先輩が優しいのでとことん活用すること。
    • 学生生活
      学部のイベントは大体仕切るメンバーが決まってくるのでつまらない。し、行かなくてよし。そんなことより勉強しましょう。
      サークル活動はそこまで積極的に参加せずとも楽しめればいい、ぐらいの感覚でいても大丈夫。自分のペースに合わせて探しましょう。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど教養科目。
      2年次から専門授業も取れるようなり、ここからミニゼミへの参加も始まる。
      3年次に本ゼミを決めれば、4年次はそのまま立ち上がりである。
      卒論はゼミごとに特色が異なり、自分が興味のある分野のゼミでないと、先生の色が濃く出て書くのに苦労しそう。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      エンタメ業界
    投稿者ID:431193
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    理工学部 化学・生命系学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      滑り止めだったので大満足はしていないが、授業内容などは充分に満足できる内容であるため。
      教授の人数も、充分に足りており、少人数で受けられる授業が多く、そう言った点でも充実している。
    • 講義・授業
      教授や講師の方々は、十人十色でとても個性のある人たちが多いです。そのぶん面白いのですが。
      単位は取りやすい科目から取りにくい科目まであり、履修を組むときに気をつけなければならない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の数は旧帝大には負けるものの、それなりに充実していると思います。特に様々な内容をやっている研究室があるので、しっかり勉強すればやりたいことをすることは可能です。
    • 就職・進学
      難易度のわりに、就職が良いと思います。進学実績は、ほとんどの人が同大学院へ行きますが、中には東大や東工大院へ行く人もいます。
    • アクセス・立地
      とにかく最寄り駅が遠いです。
      また周辺に大学生が行きそうな飲食店なども少なく、立地的にはとても良くない大学です。
    • 施設・設備
      最近、理系の研究棟が綺麗にされてきているので研究施設はとても良いです。しかし、文系メインの大学ですので、正門から理系の施設までが遠いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      関東の人はもちろん、地方出身の人も多く、個性豊かな友達ができます。ある程度真面目な人が多く、恋愛するにはつまらない人が多いです。
    • 学生生活
      サークルに入ったものの、溢れ出る「イモ」感がとてもあり、つまらなくてほとんど行っておりません。井の中の蛙って感じですね。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      化学をメインとした理系科目です。
      化学は世の中の様々な分野で活用される科目であるので、世の中の仕組みがわかってきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      研究者
    投稿者ID:432032
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育課程 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学校の先生になりたい人にとってはとても充実したカリキュラム。学科の勉強だけではなく。ピアノやダンスなどもやる。先輩のつてで小学校にボランティアに行ったり、アシスタントティーチャーに行ったりすることもできる。教職の就職情報も豊富である。
    • 講義・授業
      講師の先生は実際に現場で教えていたという方もいる。出席確認を重視しており、必修科目は1限にあたることが多い。単位は普通に授業を受けだすべき課題を出していればとれる。履修の組み方は必修をとれば後は自由。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの開始時期は3年の秋学期から。私の専攻のゼミは2種類しかなかったので教授の研究内容でより興味のある方を選んだ。ゼミの活動内容は第二言語習得理論や外国につながる子どもへの支援など。ゼミ性動詞はとても仲が良く、パーティーをしたりすることもある。夏休みにはゼミ合宿もする。
    • 就職・進学
      一般企業への就職の支援は行っていない(大学全体の他学部合同就職支援室で行っている)が、教職関連の就職のサポートはとても手厚い。県内の教育委員会への大学推薦枠がある。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は三ツ沢上町(ブルーライン)または和田町(相鉄線)。どちらにしても駅から徒歩15ふんはかかるうえに、キャンパスが山の上にあるので、夏場は特にきつい。一人暮らしの人は和田町や上星川、三ツ沢上町、釜台付近に住んでいる人が多い。飲みや遊びは横浜駅周辺。買い物やアルバイトも横浜駅でしている人が多い。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても広く縦に長い。そのため端から端まで移動するの15分はかかる。教室は学部によってピンキリ。雨漏りする教室もあれば、冷暖房&椅子の座り心地完璧の教室もある。図書館は広く書籍も多い。サークルはたくさんあるが、アカペラサークルがとくにおすすめ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係はとても良いと思う。学部の中にも高校のようにクラス(4年間変わらない)があるので自然と仲良くなる。そしてそれ以上につながりが深いのがサークルでの友達。授業以外の時間はサークル仲間と一緒にいることがほとんどなので、普段から飲みに行ったり家に行ったりすることが多い。恋愛関係も学部内やサークル内でできる人が多い。
    • 学生生活
      アカペラサークルに所属しており、学祭ライブやストリートライブ、年に一度行われるサークルライブなどで歌を歌う活動を行っている。自分たちでバンドを組んで、ライブハウスでライブをしたり、アカペラの全国大会に応募したりもする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は小教専という必修科目の授業がメインになる。小学校でやったことを思い出すイメージ。2年次は、1年次で学習したことを基に、自分が教師になったことを想定して指導案作成や模擬授業をする。3年次は教育実習と自分の専門教科の授業を受ける。4年次は専門教科の授業、教員採用試験、卒論。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      横浜市教育委員会の小学校教員
    投稿者ID:426767
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理工学部 数物・電子情報系学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      演習の時間があまりないので、講義で教えてもらった新しいことは自分で問題を解いたりして身につけないと、3年生からのゼミが大変になる。教え方も丁寧ではないから理解するのに苦労する。
    • 講義・授業
      理学系と工学系の授業があり選択肢がたくさんあるので、自分にあった講義を受けやすいと思う。講義の内容は先生によってかなり違う。演習が多い先生もいれば、期末テストだけで成績をつける先生もいる
    • 研究室・ゼミ
      自分の所属しているゼミの先生はとても熱心な人でわからないところも丁寧に噛み砕いて教えてくれたので、かなり知識や問題を解く力がついたと思う。自分のペースで研究が進められた。
    • 就職・進学
      就活に関するサポートはあまりないので自分で調べて行動するしかない。周りの友達を見ても就職先は大手企業が多い。自分自信も大手企業に内定をもらうことができた。横浜国立大学の学生は企業に人気が高い傾向がある。
    • アクセス・立地
      最寄駅は相鉄線の和田町駅と地下鉄の三ツ沢上町駅で、どちらも大学に近くはない。特に和田町駅から大学に行くに坂を登らなくてはいけないのでとても大変。大学の周りには飲食店があまりない。
    • 施設・設備
      学科で使うことができる施設は図書館くらいだと思う。物理や情報系は色々あるかと思うけど、数学はない。なくても研究はできるので。特に困ることはないと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内で友人をつくるにはサークルに入るのが1番いいと思う。学科内だけだと女子がかなり少ないし、変わった人が多くてあまり友達はできなかった。無理に学科内でつくる必要はないが勉強ができる人とは仲良くしておくと良いと思います。
    • 学生生活
      私が所属していたサークルはインカレだったので他大学の人と関わる機会が多く交友の幅がかなり広がったと思う。イベントも多く、そのぶんお金も結構かかったと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      授業に関しては重要な定理や公式を教えてもらうだけ。演習がある場合もあるがそれだけでは身につかないので自分で問題演習する必要がある。卒業論文は自分で新しい結果を出してそれをlatexというソフトで書く。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      製造業の総合職
    投稿者ID:428378
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理工学部 化学・生命系学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      わたしは女子ですが、周りの理工学部の学科に比べると女子の割合が多く、男子も明るい人が多いため、みんなでテスト勉強や日々の勉強を助け合いながら過ごしています。その点ではとてもよいのですが、授業はつまらないので3点にしました。
    • 講義・授業
      講義の内容が分かりやすい先生もいれば、自分の趣味のようにひたすら語りまくる先生もいれば、何を伝えたいのかさっぱりわからない先生もいます。ほとんどがつまらない先生なので2点にしました。
    • 研究室・ゼミ
      まだ、研究室に配属されていないので詳しいことはわからないのですが、研究室によって厳しかったり緩かったりさまざまあるみたいで、そういう差はあっていいものかと思うので2点にしました。
    • 就職・進学
      これも説明会で聞いた内容でしかわからないのですが、比較的就職先はいいみたいで、進学する人がほとんどらしいです。
    • アクセス・立地
      とても悪いです。そもそも横浜国立大学の最寄の駅は2?3つありますが、どの駅からもも30分ほど歩くので全く最寄りではありません。横浜駅からバスに乗っても行けますが、授業に間に合う時間に乗ろうと思うと20分以上前くらいには並んでおかないと座れないし、ギリギリにバス停に到着すると人が多すぎて乗れないこともあります。さらに、相鉄の上星川駅、和田町駅から学校に向かって歩く際にはとても急な坂道と階段があり、とてもきついです。
    • 施設・設備
      説明会でお話を聞いたり、授業中の研究室見学やサークルの先輩などから聞いた範囲でしかわからないので3点にしました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      中には家族のように仲の良いグループや、同じ学科同士で付き合っている友達もいます。淡々とした関係の友達もいます。しかし、みんなそれぞれ充実してそうに見えるので3点にしました。
    • 学生生活
      そもそも自分に合ったサークルに入ることができず、サークルの仲間になかなか馴染めていません。それでもその中で仲良くなった同級生や先輩もいるので、3点にしました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      高校化学の延長だと思います。もっと詳しいことを学びます。本当に専門的な内容になってちんぷんかんぷんになってくるものもあれば、高校化学の応用のような比較的分かりやすい範囲もあります。
    投稿者ID:428536
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      経営全般について、幅広く学ぶことのできる授業体系がとられていて、自分が何に興味があって、何に適性があるのかを吟味することができる。必修教科によって、どの分野も学ぶ必要があるので、実際の経験をもとに判断できる。
    • 講義・授業
      履修の組み方については、個人が自分の興味や適性によって自由に組むことができ、戦略論からマーケティングなど幅広い分野をカバーする授業が設けられている。授業外課題など家庭学習を促す教科もある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年の春学期後半に決定し、秋学期からそれぞれのゼミがそれぞれの主要分野に沿った学習を行う。ゼミによって活動は異なるが、そのあたりを加味した上でゼミを選択することが必要である。
    • 就職・進学
      進学実績については、あまり知らない。学部の同窓会が後援する就職面接指導や、ゼミ単位で会社訪問が行われることもある。あくまで、自分自身で就職活動に挑むことになる。
    • アクセス・立地
      最寄駅が二駅あるが、どちらからも20分ほどかかり、立地が良いとは言えない。唯一の救いは、学内を通過するバスがあることであるが、その便数はそれほど多くなく、たくさんの人が帰る時間には非常に混雑する。また、大学近くにはスーパーやコンビニばかりで、楽しみがほとんどない。
    • 施設・設備
      学科で使うことのできる施設があるのかもしれないが知らない。その学科だから特別に使える、というような施設はないと思う。学内の図書館は充実しており、テスト期間には多くの学生が勉学に励んでいる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、サークルメインである。授業もサークルの友達と受けており、よく一緒に行動している。ゼミの友人についても、これからますます仲を深めることができると考えている。
    • 学生生活
      サークルについては、非常に充実している。イベントで集まるだけでなく、個人的に遊びに行ったり、テスト期間に一緒に勉強したりするなど、友人関係の中心もサークルである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      戦略論やマーケティングなど、経営全般について学ぶことができる。二年次からのゼミでは、自分が特に興味を持つ分野についてより詳しく学ぶことができ、ますます専門的な知識を得ることができる。
    投稿者ID:431906
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      難関校らしく、生徒の質は高いと思う。また、学校の取り組みに関して文句の付け所はないが、生徒数が多く、一人一人にまで教育が行き届いていない気がするため。
    • 講義・授業
      学生一人一人のニーズに含めた様々な講義が存在し、それぞれ教授が行う講義ののレベルも高いと感じるため。
    • 研究室・ゼミ
      自分はまだ学部一年生であり、ゼミに所属していないため、充実しているかどうかが不明であり、この評価にした。
    • 就職・進学
      例えば明治やメガバンクといった世間で有名な、名だたる企業に多くの人が就職している状況を踏まえ、この評価にした。
    • アクセス・立地
      他の大学が駅から徒歩数分の立地であるにも関わらず、最寄駅から徒歩約20分ほどかかるのと、山間部に位置しているため。
    • 施設・設備
      設備に関しては可もなく不可もなくといった具合で、特に気になる点は無かったため、このような評価にした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自分を含め、多くの友人や先輩などが学友関係、恋愛関係共に充実している経験を踏まえ、このような評価にした。、
    • 学生生活
      月に数回はサークルでのイベント等が開かれ、それに参加することで友人たちと交流を深めることができるため。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      ミクロ経済学やマクロ経済学といった、経済学部ならではの講義から、法学や経営学といった他分野の講義まで学ぶことができる。
    投稿者ID:431887
    この口コミは参考になりましたか?
358件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

神奈川県で評判が良い大学

神奈川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  神奈川県の大学   >>  横浜国立大学   >>  口コミ

横浜国立大学の学部

経済学部
偏差値:62.5
★★★★☆ 3.62 (45件)
経営学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.86 (78件)
理工学部
偏差値:55.0 - 57.5
★★★★☆ 3.79 (134件)
教育学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.89 (94件)
都市科学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 4.14 (7件)

オススメの大学

北海道大学
北海道大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (771件)
北海道/国立
弘前大学
弘前大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.86 (320件)
青森県/国立
岩手大学
岩手大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.82 (269件)
岩手県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。