みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  薬学部

京都大学
京都大学
(きょうとだいがく)

京都府 / 神宮丸太町駅 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 72.5

口コミ:★★★★☆

4.12

(857)

京都大学 薬学部

概要

偏差値

偏差値
65.0
センター
得点率
86%

提供:河合塾

学科情報

薬学科
偏差値-
口コミ 3.4821件
学べること
薬学

薬剤師資格のための勉強。2年次になると、ほとんど全てが専門科目で必修となる。化学や生物が中心となるため、高校生の時に生物を勉強している人は有利。(2017年入学の方)

薬科学科
偏差値-
口コミ 3.3511件
学べること
薬学

薬関係医学関係、その他一通りの科学は学部授業でやる、化学で英語をやる授業もある(2016年入学の方)

※口コミより引用

口コミ(評判)
投稿する

★★★☆☆3.44
(32) 国立内 548 / 558学部中
国立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    真面目なあなたにオススメ
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業-|研究室・ゼミ4|就職・進学-|アクセス・立地3|施設・設備-|友人・恋愛-|学生生活5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      食堂が美味しい。
      総合大学なので、人との関わりが多い。
      キャンパスがひとつにかたまっているので、サークル活動などが楽しい。また、教授も著名な方がたくさんいらっしゃるので、自分の学びたい分野を決めたらとても奥深くまで学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      4年の前期から研究室がはじまります。3年次の後期に自分の関心のある研究室を訪問し、1つ選びます。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄りの駅からはやや遠いが、バスや電車で繁華街に行きやすいので周辺環境は良い。大学周辺にも学生向けの定食屋さんが豊富にあるので便利です。
    • 学生生活
      良い
      インカレサークルが多くあり、同じ大学だけの関わりではなく、幅広い交友関係をもて、より充実したキャンパスライフを送ることができる。秋に開催される学園祭は大学の一大イベントで4日にわたり開催されます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師資格のための勉強。2年次になると、ほとんど全てが専門科目で必修となる。化学や生物が中心となるため、高校生の時に生物を勉強している人は有利。
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    薬学に携わりたい意欲がある人向けの学部
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ3|就職・進学4|アクセス・立地2|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自分のやりたいことができ又さまざまな分野を広く学べるというメリットがある一方、興味のない分野についておもしろくもない単位を取らざるを得ないという点が問題である。薬学の範囲にある学問ならば有機化学も専攻できるし、生理学も学べるという幅広さがあるので進路があやふやでも選択肢が多いのは良いところ。 他学部と離れた立地なのでとても閉鎖的な点が良くない。
    • 講義・授業
      良い
      研究に即して授業が進むので意欲のある生徒には向いている。研究室見学もできる環境なので勉強が好きな生徒にはむいています。一部授業は資料が良いと思えないこともあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室は4回生以降ですが、かなりの時間拘束されます。しかし打ち込むことができるので良いと思いますが。生徒の研究室配属を生徒任せにしているという教務は杜撰な管理だと思います。
    • 就職・進学
      良い
      薬学部は薬学科であれば薬剤師免許を取得しますが、薬科学科であれば取得できないという違いがありますが、就職は基本薬剤師もしくは製薬会社、関連企業となっており、その他は研究者となることが多いです。 業種は狭いです。
    • アクセス・立地
      悪い
      京阪本線の神宮丸太町が最寄駅ですが、普通しか止まらない駅で京都の中心や京都駅、四条からのアクセスも悪いです。バスも時間によっては遅延や混雑が予想されるので通いづらいです。そのため自転車を使う人が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      新しく建設された棟もあり施設は申し分なく綺麗です。
      生徒の自習スペースもあり結構な生徒が使っています。図書館には専門書がありますが少し狭いと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      薬学部は基本他学部との交流が限られるため、友人関係が薬学部に偏っている人が多いです。そのため、サークルの友人以外は薬学部というパターンもあります。後他の学部では発達しているであろう試験タイが存在しませんので自身で勉強することになります。
    • 学生生活
      良い
      基本はテニスサークルしか活発な学部サークルはありません。薬友会という薬学部生の所属する同窓会的なものも存在します。大学全体では11月祭という大きなイベントが行われます。サークルは大学全体ではとても多く個性的なサークルも多いので、新しい事にもチャレンジ出来ます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一回生ではほとんど専門科目はなく、一般科目を学ぶ事になります。二回生以降は薬学部専門科目がほとんどを占め量子力学、分析化学、有機化学、生理学、薬理学など幅広い分野の内容を学ぶためかなり苦労が絶えません。ほとんど必修で一限科目が多いので朝起きるのが苦手な人は厳しいかもしれません。
  • 男性在校生
    薬学部 薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    研究したい人はカモン
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業2|研究室・ゼミ5|就職・進学2|アクセス・立地2|施設・設備5|友人・恋愛3|学生生活3]
    薬学部薬科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      授業の質ははっきり言って低い。自分で勉強する必要がある。研究に関しては非常に質が高いので、何か研究したいことがある人には満足できる環境だと思う。
    • 講義・授業
      悪い
      学生に理解してもらおうと思って教えている教授は少ない。そもそも教授らの仕事は教えることではなく研究することだから仕方ないけれど。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      やりたいことを見つければ、だいたい好きなことが研究できる環境が整っている。
    • 就職・進学
      悪い
      就職などに関してはほぼ放置されるイメージ。個人個人が勝手にやれば良いというスタンス。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から割と遠いので自宅生は通学がめんどくさい。下宿生は別かもしれない。
    • 施設・設備
      良い
      やりたいことが出来るような環境は整っている。研究に興味があるならカモン。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係に関しては人による。恋愛にしてもしかり。個人の問題だと思う。
    • 学生生活
      普通
      イベントやサークルの数は比較的多い方だと思う。自分に合ったサークルを選べれば充実する。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      物理、化学、生物を幅広く学ぶ。最終的には自分が好きなものを選んで研究室に入る。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      大学院に進学するのでまだ就職する予定はない。
    • 志望動機
      もともと化学が好きで、化学の知識を活用して社会に貢献できるような学部を選びたかったから薬学部を選んだ。大学は偏差値と自宅からの距離で選んだ。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.13 (32件)

★★★☆☆

  • 研究に即して授業が進むので意欲のある生徒には向いている。研究室見学もできる環境なので勉強が好きな生徒にはむいています。一部授業は資料が良いと思えないこともあります。(在校生 2017年入学)
  • 出席していれば単位をもらえる講義もあるので、単位はとりやすいが身にはならないものが多い。講義内容に関しても教授達が義務としてやっているだけで教える気がないと感じた。(卒業生 2011年入学)
  • 1回生のうちは他学部と同じく一般教養。 2,3回生は薬学科、薬科学科合同で専門の講義を受けます。専門の内容は、生物化学、物理化学、有機化学、薬理学、薬剤学などです。 3回生は毎日午後に学生実習があります。だいたい17時くらいまでかかります。 4回生からはそれぞれ研究室に配属され、講義は薬学科だけになり、法律や医療についてなどの薬剤師免許に必要な講義になります。 専門のテストはひたすら暗記で、2,3回生は1週間に10教科ほど詰め込まれます。テスト期間の過酷さは他学部とは比べものにならないです。暗記するのが苦手な人はとても苦労している印象を受けました。考える系のテストが好きな人はやめておいた方がいいと思います。(在校生 2014年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    どちらともいえない
    9人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    多い
    9人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    どちらともいえない
    9人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    どちらともいえない
    9人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りにくい
    9人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    どちらともいえない
    9人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    9人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

3.79 (17件)

★★★★☆

  • インカレサークルが多くあり、同じ大学だけの関わりではなく、幅広い交友関係をもて、より充実したキャンパスライフを送ることができる。秋に開催される学園祭は大学の一大イベントで4日にわたり開催されます。(在校生 2017年入学)
  • 基本はテニスサークルしか活発な学部サークルはありません。薬友会という薬学部生の所属する同窓会的なものも存在します。大学全体では11月祭という大きなイベントが行われます。サークルは大学全体ではとても多く個性的なサークルも多いので、新しい事にもチャレンジ出来ます。(在校生 2017年入学)
  • アルバイトは6年間同じものをしていたが、3回生以降は授業の課題や研究に追われてあまり行けていなかった。(卒業生 2011年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    どちらともいえない
    9人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    どちらともいえない
    9人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    9人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    9人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    9人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    9人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    どちらともいえない
    9人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    9人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    9人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    9人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.76 (28件)

★★★★☆

  • 薬学部は薬学科であれば薬剤師免許を取得しますが、薬科学科であれば取得できないという違いがありますが、就職は基本薬剤師もしくは製薬会社、関連企業となっており、その他は研究者となることが多いです。 業種は狭いです。(在校生 2017年入学)
  • 就職活動については教授の推薦で内定がもらえる研究室もある。ただ必ず内定がもらえるというものでもないし、研究と就活を両立させないといけないのでかなり大変。(卒業生 2011年入学)
  • 進学をする人は少なく、ほぼ就職します。大学の名前で就活が有利あるいは不利になったとはあまり感じませんでした。教員からのサポートは先生によりけりで、就活に協力的な先生も非協力的な先生もいます。全体の就職先は、実際に薬剤師になる人は3分の1ほどで、残りは製薬企業の研究職や大手企業に決まったりと、薬学科としてはほかの大学と少し違った傾向です。(在校生 2010年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    9人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    9人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    どちらともいえない
    9人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

入試科目・日程

  • 学科共通試験
    募集人数:74人

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

合格体験記

  • 薬学部薬学科(2014年/前期)の合格体験記

    男性在校生
    • 京都大学 薬学部 薬学科
    • 金沢泉丘高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    古文、漢文を30分以内に解けるように対策しました。

    【2次・個別】
    過去問を解いて解答に論理性が存在するようにした。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    確率が苦手だったので、確率の勉強をしました。

    【2次・個別】
    過去問を解いて、問題の傾向をつかむようにした。

基本情報

キャンパス
住所
京都府京都市左京区吉田下阿達町46-29
最寄駅 京阪本線 神宮丸太町
京阪鴨東線 神宮丸太町
電話番号 075-753-4504
男女比 男:女=5:5 (口コミより引用)

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  薬学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1664件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2636件)
東京都新宿区/早稲田駅
順天堂大学

順天堂大学

47.5 - 70.0

★★★★☆ 4.04 (138件)
東京都文京区/御茶ノ水駅
理系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1623件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2551件)
東京都新宿区/早稲田駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (666件)
東京都千代田区/四ツ谷駅

京都大学の学部

法学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.10 (69件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.05 (82件)
文学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.22 (85件)
工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.12 (196件)
教育学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.38 (33件)
理学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.23 (79件)
農学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.16 (91件)
総合人間学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.07 (45件)
医学部
偏差値:62.5 - 72.5
★★★★☆ 4.09 (111件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★☆☆ 3.44 (32件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。