みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  薬学部   >>  口コミ

京都大学
京都大学
(きょうとだいがく)

京都府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 72.5

口コミ:★★★★☆

4.12

(857)

薬学部 口コミ

★★★☆☆ 3.44
(32) 国立大学 548 / 558学部中
学部絞込
学科絞込
351-10件を表示
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      食堂が美味しい。
      総合大学なので、人との関わりが多い。
      キャンパスがひとつにかたまっているので、サークル活動などが楽しい。また、教授も著名な方がたくさんいらっしゃるので、自分の学びたい分野を決めたらとても奥深くまで学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      4年の前期から研究室がはじまります。3年次の後期に自分の関心のある研究室を訪問し、1つ選びます。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄りの駅からはやや遠いが、バスや電車で繁華街に行きやすいので周辺環境は良い。大学周辺にも学生向けの定食屋さんが豊富にあるので便利です。
    • 学生生活
      良い
      インカレサークルが多くあり、同じ大学だけの関わりではなく、幅広い交友関係をもて、より充実したキャンパスライフを送ることができる。秋に開催される学園祭は大学の一大イベントで4日にわたり開催されます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師資格のための勉強。2年次になると、ほとんど全てが専門科目で必修となる。化学や生物が中心となるため、高校生の時に生物を勉強している人は有利。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:482286
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自分のやりたいことができ又さまざまな分野を広く学べるというメリットがある一方、興味のない分野についておもしろくもない単位を取らざるを得ないという点が問題である。薬学の範囲にある学問ならば有機化学も専攻できるし、生理学も学べるという幅広さがあるので進路があやふやでも選択肢が多いのは良いところ。 他学部と離れた立地なのでとても閉鎖的な点が良くない。
    • 講義・授業
      良い
      研究に即して授業が進むので意欲のある生徒には向いている。研究室見学もできる環境なので勉強が好きな生徒にはむいています。一部授業は資料が良いと思えないこともあります。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室は4回生以降ですが、かなりの時間拘束されます。しかし打ち込むことができるので良いと思いますが。生徒の研究室配属を生徒任せにしているという教務は杜撰な管理だと思います。
    • 就職・進学
      良い
      薬学部は薬学科であれば薬剤師免許を取得しますが、薬科学科であれば取得できないという違いがありますが、就職は基本薬剤師もしくは製薬会社、関連企業となっており、その他は研究者となることが多いです。 業種は狭いです。
    • アクセス・立地
      悪い
      京阪本線の神宮丸太町が最寄駅ですが、普通しか止まらない駅で京都の中心や京都駅、四条からのアクセスも悪いです。バスも時間によっては遅延や混雑が予想されるので通いづらいです。そのため自転車を使う人が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      新しく建設された棟もあり施設は申し分なく綺麗です。
      生徒の自習スペースもあり結構な生徒が使っています。図書館には専門書がありますが少し狭いと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      薬学部は基本他学部との交流が限られるため、友人関係が薬学部に偏っている人が多いです。そのため、サークルの友人以外は薬学部というパターンもあります。後他の学部では発達しているであろう試験タイが存在しませんので自身で勉強することになります。
    • 学生生活
      良い
      基本はテニスサークルしか活発な学部サークルはありません。薬友会という薬学部生の所属する同窓会的なものも存在します。大学全体では11月祭という大きなイベントが行われます。サークルは大学全体ではとても多く個性的なサークルも多いので、新しい事にもチャレンジ出来ます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一回生ではほとんど専門科目はなく、一般科目を学ぶ事になります。二回生以降は薬学部専門科目がほとんどを占め量子力学、分析化学、有機化学、生理学、薬理学など幅広い分野の内容を学ぶためかなり苦労が絶えません。ほとんど必修で一限科目が多いので朝起きるのが苦手な人は厳しいかもしれません。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:465289
  • 男性在校生
    薬学部 薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    薬学部薬科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      授業の質ははっきり言って低い。自分で勉強する必要がある。研究に関しては非常に質が高いので、何か研究したいことがある人には満足できる環境だと思う。
    • 講義・授業
      悪い
      学生に理解してもらおうと思って教えている教授は少ない。そもそも教授らの仕事は教えることではなく研究することだから仕方ないけれど。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      やりたいことを見つければ、だいたい好きなことが研究できる環境が整っている。
    • 就職・進学
      悪い
      就職などに関してはほぼ放置されるイメージ。個人個人が勝手にやれば良いというスタンス。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から割と遠いので自宅生は通学がめんどくさい。下宿生は別かもしれない。
    • 施設・設備
      良い
      やりたいことが出来るような環境は整っている。研究に興味があるならカモン。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係に関しては人による。恋愛にしてもしかり。個人の問題だと思う。
    • 学生生活
      普通
      イベントやサークルの数は比較的多い方だと思う。自分に合ったサークルを選べれば充実する。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      物理、化学、生物を幅広く学ぶ。最終的には自分が好きなものを選んで研究室に入る。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      大学院に進学するのでまだ就職する予定はない。
    • 志望動機
      もともと化学が好きで、化学の知識を活用して社会に貢献できるような学部を選びたかったから薬学部を選んだ。大学は偏差値と自宅からの距離で選んだ。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:535021
  • 男性在校生
    薬学部 薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    薬学部薬科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      なかなか雰囲気については村社会らしさが抜けない、教授は割と穏やかな人が多い、獣の臭いは割とするけどまあそこまでやばくはない。
    • 講義・授業
      普通
      普通の先生です、優秀な先生方がおいでです、変な先生はいないように感じます、なんだかんだはなしはおもしろいきがします
    • 研究室・ゼミ
      普通
      充実してるわよ
    • 就職・進学
      普通
      ほとんどが大学院まで進み、そのうちほとんどが製薬会社、化学系企業のようなところ、っぽいところなどにいってらっしゃるように聞いてます。
    • アクセス・立地
      普通
      京阪鴨東線神宮丸太町の駅から歩いて、医学部構内を最短距離で行けば、5分で足ると思われる。
    • 施設・設備
      普通
      きれいな校舎がひとつ、普通の校舎がひとつ、ちょっと古い校舎がひとつある。
      そのきれいなとこは本当にきれい。
    • 友人・恋愛
      普通
      友達は勉強が大変なので仲間のような感じで自然とできてくる気がせんではないですね。
    • 学生生活
      普通
      個人の主観による
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬関係医学関係、その他一通りの科学は学部授業でやる、化学で英語をやる授業もある
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:477125
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      しっかりとした講義を提供してくれるが勉強量がおおく、単位も取りにくく、他の学部より圧倒的に勉強量が求められる。大学生活を勉強だけでなくほかの趣味やバイトなども楽しみたいと考えてる人にはオススメできない。
    • 講義・授業
      良い
      内容がしっかりしている。教授も生徒に教えようとする気概が感じられる。ただし内容は非常に難しく、単位を取得するのは困難で、留年率も高い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ips細胞などの最先端の研究に関わることができる。研究に関しては世界でもトップレベルであると思われる。
    • 就職・進学
      良い
      京都大学薬学部に入り、きちんと卒業できれば就職についての心配をする必要はまずないと思われる。大手企業に多数就職している。
    • アクセス・立地
      良い
      京阪沿線に立地しており、また坂もないため、電車、バス、徒歩、バイクなどどの交通手段でも通学しやすい。また近くに繁華街もあり、食事や買い物も不便しない。
    • 施設・設備
      良い
      今年出来たばかりの新棟で授業を行なっており居心地がいい。設備はいつまでもなく充実しており、不満はない。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部あたりの人数が少ないため高校のクラスのような一体感があり、人間関係が希薄になりがちな他の学部とは異なる。学部内のカップルは少ない。
    • 学生生活
      良い
      サークル活動は活発で非常に充実している。学祭も規模が大きく、毎年盛り上がる。隙間時間でアルバイトをする時間もあり充実している。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬だけでなく、生物化学、物理化学、有機化学など幅広い知識を要求され、薬化学以上に勉強しなければならない。
    • 利用した入試形式
      研究職、病院薬剤師、
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:415203
  • 女性在校生
    薬学部 薬科学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    薬学部薬科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      物理、化学、生物など、幅広く理系科目を学ぶことができます。学生の数が少ない学部なので比較的丁寧なサポート体制が整っていると思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      4年生から研究室に配属されるのですが、有名な教授のもとで研究をできたり、高性能な機械を使って研究ができたりするところが特によいと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅は京阪線の神宮丸太町で、そこから徒歩10分ほどのところにあるので、通いやすいです。周辺は、京都ということもあって風情があります。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルの友人とは合宿などを通してとても仲良くなれます。また、薬学部は人数が少ないので、学部でイベントを企画して集まるなどしたりします。
    • 学生生活
      良い
      京都大学のサークルはとてもたくさんあり、それぞれのカラーがあって、自分に合うサークルや部活がきっと見つかると思います。
      イベントについても、毎年11月にNFという文化祭が4日間行われ、とても盛り上がります。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      大学院への進学を考えています。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:339265
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      薬学を勉強したいと思っているかたにはとてもいい環境だと思っています。
      教授も著名な方がたくさんいらっしゃり講義も充実しているので、楽しく、充実した学生生活を送ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      著名な教授がおこなう講義はとてもおもしろく、充実しています。
      また、自分の学科専攻だけでなく、自分が関心を持っている講義も受けることができるので良いと思いました。
      特別講師による授業も充実しています。
    • 就職・進学
      良い
      地元などのドラッグストアなどで働きたいのならば、そこまで就職活動に力を入れなくても良いと思います。しかしドラッグストアなどで内定をもらっていたのに国家試験に落ち、「薬剤師になれませんでした…」などと内定先に言って、一緒に内定まで飛んでいったという先輩も中にはいました。まずは国家試験に受かるように勉強をした方が良いと思います。
      製薬会社などで働きたいとなると一般学生とも面接で戦わなければならないのでしっかりと就職活動に力を入れるべきだと思います。「薬剤師」というハンデを失っても就職できるかどうかは誰にも分かりません。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:373600
  • 男性在校生
    薬学部 薬科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    薬学部薬科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で勉強したいと思っている学生にはとても良い大学だと思っています。3回生からは週25コマというハードスケジュールになりますがとてもためになることばかりです。基本的に一二限は座学で三四五限は実験という構成になっています。
    • 講義・授業
      悪い
      数人の教授を除けばとても充実した講師陣によって構成されていますが、その数人の教授の授業が難解すぎてまともに理解することが出来る生徒がほとんどいない状況です。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ配属されていないのでなんとも言えないですが、基本的に広い分野を扱える研究室が薬学部には多いです。
    • 就職・進学
      普通
      まだ就活のことを考えたことはないのでよく分からないですが、シラバスをみた限りだととても良い企業に就職する学生が多い印象を受けました。研究室によっても就職のジャンルが変わってきたりもするようです。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅からも歩いて通える距離であり、京都は学生の町でもあるのでとても通学には便利です。
    • 施設・設備
      良い
      薬用植物園などもありとても充実しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      学部内カップルも多数存在しています。
    • 学生生活
      良い
      有志でバスケやテニス、サッカー大会などもしておりイベントも豊富です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      タンパク質の分析、薬品動態など。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:323968
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      程よく楽しい学校生活を送れているため、これといったいいところはあまり見つからないため。
      また悪いところも見つからないため。
      普通だと思う。
      設備は良いと思う
    • 講義・授業
      普通
      良い人が多い気はするが講義方法によって異なる
      毎日課題もそこそこあるほうが自分の身につくためいいと思う
    • 研究室・ゼミ
      普通
      特に実験が無い日も行かなければならない制度はなくしたほうがいいと思う
      仲間は自分に似たひとたちが入ってくるのでよい
    • 就職・進学
      良い
      歴史のある学校なので就職実績はあると思うためあまり心配はしていない
      サポートもしてもらえると思う
      良いサポートをしてもらいたい
    • アクセス・立地
      普通
      駅から大学まで近いので良いと思う
      学校の近くにもう少し飲食店ができたらもっと良いなと思う
      下宿の人のために
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスは狭いが、わりと整っているほうだと思う
      狭いため、移動がしやすいところが良い点だと思う
      サークルも多くてよい
    • 友人・恋愛
      普通
      出会いの場は少ないが、程よく交友関係は作れると思う
      サークルやゼミなど、人と関わる機会が多いので良いと思う
    • 学生生活
      良い
      サークルの先輩後輩が優しいため充実している
      まわりの環境は大切だと思う
      アルバイトとサークルとゼミの両立ができるので良いと思う
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は高校の延長戦で、専門的なことはまったくなく、数学や物理をする
      2年から専門的になり、少し勉強が楽しくなる
    • 就職先・進学先
      企業
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:431555
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      名前の通り、薬について学びます。
      農学部の応用生命、食品、資源、工学部の工業化学科も、それぞれ特化している分野はありますが、似た内容を学んでいると思います。特に!薬について学びたいという気持ちがないのなら、これらの学部にした方がいいと思います。
      薬学部は講義選択の自由が全くと言っていいほどなく、真面目な人が多いのでなかなかサボれないし、テストは全て丸暗記でしかも期間が詰まっててかなり過酷だし、その他挙げたらキリがありませんが、どこを取っても他学部よりキツく良い所のない学部です。
      どうしても薬の勉強がしたい、その中でもどうしても薬剤師免許が欲しいという人だけに薬学部薬学科をお勧めします。
      そうでない人は他学部の方が自由で幸せな大学生活を送れると思います。
    • 講義・授業
      悪い
      1回生のうちは他学部と同じく一般教養。
      2,3回生は薬学科、薬科学科合同で専門の講義を受けます。専門の内容は、生物化学、物理化学、有機化学、薬理学、薬剤学などです。
      3回生は毎日午後に学生実習があります。だいたい17時くらいまでかかります。
      4回生からはそれぞれ研究室に配属され、講義は薬学科だけになり、法律や医療についてなどの薬剤師免許に必要な講義になります。
      専門のテストはひたすら暗記で、2,3回生は1週間に10教科ほど詰め込まれます。テスト期間の過酷さは他学部とは比べものにならないです。暗記するのが苦手な人はとても苦労している印象を受けました。考える系のテストが好きな人はやめておいた方がいいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      4回生以降の生活は全て研究室にかかっています。
      研究室によって千差万別なので自分にあった所を選びましょう。
      研究室選びは専門の成績順です!
    • アクセス・立地
      悪い
      同じ吉田キャンパス内であっても、京都大学の中心地であるクスノキ前からは遠く離れています。薬学部の正門を入ると駐輪場と建物があるだけでとても閑散としています。
      自転車でキャンパス内を移動していたり、サークルの練習をしていたり、そう言った大学らしい風景は全くありません。
    • 施設・設備
      悪い
      新しい校舎ができ、2回生の専門の講義はそこでしているようです。
      私が普段使っている校舎はきれいではありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      1回生の頃から薬学科30人だけで受ける授業がいくつかあり、さらに男女半々なので、男女問わず学科に友達がいないということは起こらないと思います。
    • 学生生活
      普通
      薬学部に硬式テニスサークルがあり、どうしても学部内で縦のつながりを持ちたいならそこにはいればいいと思います。
      しかしそのサークルだけだと交友関係が薬学部内に限定され、外の世界を知らずに終わってしまうので、全学のサークルや部活に所属することをオススメします。
      学年で誰かしらが薬学部のサークルに入って過去問を流してくれるので、自分が入って手に入れる必要はないと思いました。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      未定
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:386225
351-10件を表示
学部絞込
学科絞込

基本情報

住所 京都府 京都市左京区吉田本町
最寄駅 叡山電鉄叡山本線 元田中
電話番号 075-753-7531
学部 法学部、 経済学部、 文学部、 工学部、 教育学部、 理学部、 農学部、 総合人間学部、 医学部、 薬学部
概要 京都大学は、京都府京都市に本部を置く国立大学です。通称は「京大」。京都大学は、1897年に帝国大学として発足。起源は1861年まで遡り、長崎に設立された「長崎養成所」の理化学校がその元となっています。学生の好みや将来進みたい方向が決めやすいよう、一般教養科目の時間割を自由に設定。また、専門分野以外の科目も幅広く履修可能で、在籍している学部以外の専門科目単位を自分の単位として認められるような、学生が柔軟に学べるシステムを取り入れています。 京都大学には中枢部の「吉田キャンパス」の他に、宇治と桂にキャンパスがあります。京都大学は創立以来「自由な学風」を校風としています。豊富な実験設備や24時間開放の自習室などが置かれ、「自学自習」を促しています。それぞれが自分のやりたいことに打ち込める環境です。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都大学   >>  薬学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1664件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2636件)
東京都新宿区/早稲田駅
順天堂大学

順天堂大学

47.5 - 70.0

★★★★☆ 4.04 (138件)
東京都文京区/御茶ノ水駅
理系のオススメ大学
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.14 (1623件)
東京都港区/赤羽橋駅
早稲田大学

早稲田大学

62.5 - 70.0

★★★★☆ 4.03 (2551件)
東京都新宿区/早稲田駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.11 (666件)
東京都千代田区/四ツ谷駅

京都大学の学部

法学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.13 (73件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.06 (87件)
文学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.21 (90件)
工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.13 (203件)
教育学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.38 (35件)
理学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.25 (82件)
農学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.16 (91件)
総合人間学部
偏差値:65.0 - 67.5
★★★★☆ 4.07 (45件)
医学部
偏差値:62.5 - 72.5
★★★★☆ 4.09 (111件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★☆☆ 3.44 (32件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。