みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工業大学   >>  口コミ

東京工業大学
出典:3
東京工業大学
(とうきょうこうぎょうだいがく)

東京都 / 国立

口コミ
国立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:65.0

口コミ:

4.20

(209)

※各学部・学科の偏差値に関して
各学部・学科の偏差値は、各類の偏差値と各学部・学科への進学率を基にして、弊社独自のアルゴリズムから算出しています。

東京工業大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.20
(209) 国立内6 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.97
  • 研究室・ゼミ
    4.02
  • 就職・進学
    3.98
  • アクセス・立地
    4.02
  • 施設・設備
    4.09
  • 友人・恋愛
    3.16
  • 学生生活
    3.57
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

209件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    生命理工学院 生命理工学系 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      授業や課題はそれなりに忙しいが、バイトやサークルが出来ないほどではない。充実した学生生活を過ごすことが出来た。友人と教え合いながら楽しく学ぶことが出来る環境だった。
    • 講義・授業
      授業の面白さは授業をする教授によって異なるが、演習系の授業や実験も多く、しっかり勉強できたと感じる。
    • 研究室・ゼミ
      基本的には、ゼミ(研究室)は4年生の春から配属となる。忙しさは研究室によって異なるが、生命系は実験に追われ忙しいが、実験設備がたくさんあり、みっちり研究に取り組むことが出来る。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートはとても少ない。ほぼ自力で就活している人が多い。研究室の助教や講師が時間があれば、技術面接の指導をしてくれる研究室もある。しかし、東工大の企業への印象は悪くないので、そんなに苦労しない人が多い。
    • アクセス・立地
      本キャンパスの大岡山キャンパスはとてもアクセスが良いが、すずかけ台キャンパスはかなり通いづらい。三年生からすずかけ台キャンパスの授業がメインになるため、それを機に独り暮らしを始める学生も多い印象。
    • 施設・設備
      実験施設はかなり多く、快適に使うことが出来た。授業の教室や実験室もぎゅうぎゅうづめになることはほぼなく、ゆったりと集中できる空間が多い。研究室もスペースが足りないと感じたことはあまりない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      9割以上が男子の大学なので、男子学生は学外で恋人を見つけている人が多い。学園祭などは、インカレサークルの他大学の学生もいてとても賑やかである。
    • 学生生活
      環境も悪くなく、忙しすぎることもなく、充実した学生生活が遅れたと感じる。暗い印象を持たれがちな東工大だが、明るく気さくな学生も多く、友人関係も充実していたい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年生では生物、化学の基礎を学び、三年生で分子生物学、有機化学、生物化学、物理化学などの応用的な内容を学ぶ。四年生以降は研究室に配属されて、それぞれの専門的な内容を研究する。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大手IT企業の技術職
    投稿者ID:415339
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学院 化学系 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教師陣や、学生ともに質が高く、1流の教育が受けれるため。また、厳しいが学ぶことも多く就職先も良い印象
    • 講義・授業
      各分野の、著名な方ばかりが教師で非常に質が高い。
    • 研究室・ゼミ
      研究室はあさから夜までで、とても大変であるが学びという観点では充実している。
    • 就職・進学
      毎年就職先はよいので、自然と良い流れができている
    • アクセス・立地
      大岡山キャンパスは、立地が良い。自由が丘持ち書く、また住宅街でもあり、周りに飲食店、スーパー、が多く非常に過ごしやすい。
    • 施設・設備
      もちろん設備も、充実している。1流の機器がそろっている。どんな実験も可能な印象。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生の質が高く、意識の高い生徒はとことん高いし、技術にたける生徒はとことん長けている。恋愛も男性からすると女性は少ないかもしれないが、女性からするととても素敵な男性が沢山いるし、ゴールインするカップルが多いイメージ。
    • 学生生活
      サークルも数得きれないほどあり、他大学と共同で行っているものがおおいイメージ。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手メーカー
    投稿者ID:390221
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    物質理工学院 材料系 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      機械系の学部に近い材料学科とは異なり、構造材や高機能材料などの様々な種類の材料について学ぶ事が出来る。所属人数が少ないので全員の顔を把握出来る。大手企業への推薦が多く、就職に強い。
    • 講義・授業
      講義の内容は材料の性質を細かく分け、それぞれについて入門的な部分から説明するものである。課題は多くなく、単位も取得しやすい。
    • 研究室・ゼミ
      4年次から研究室に所属し、修士や博士学生の指導を受けながら卒業研究を行っていく。研究室は配属希望に沿って学生間で決め、多くの人が希望した研究室に配属される。
    • 就職・進学
      ほとんどの学生が企業からの推薦を利用して就職をする。学科毎に就職担当の教員が居て、指導教員以外でも相談等を行うことが出来る。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は大井町線と目黒線の大岡山駅であり、学科のある建物は駅から徒歩10分位である。大学周辺には飲食店が少なく、自由が丘や二子玉川、目黒などに足を伸ばした方がよい。
    • 施設・設備
      研究関連の設備や装置はかなり良いものを利用できる。種類も豊富なので不可能な実験の方が少ないかもしれない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      所属人数が少ないので全員の顔を把握出来る。過去の試験内容に近いものが多いので融通が効きやすい。サークルや部活動では他学科の人と関わることが出来る。
    • 学生生活
      大学の公認サークルであれば運動設備や部室を使うことが出来る。非公認サークルの多くがインターカレッジであるので他大学の学生と一緒に活動することが出来る。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語、数学、物理、化学、一般教養などを幅広く学ぶ。2年次以降は学科毎の専門的な内容を学ぶ。必修科目は実験であり、座学の内容を活用して進めていく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      修士課程へ進学
    投稿者ID:410117
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    物質理工学院 応用化学系 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      以下全て、
      「化学工学科」
      の話です。意識高ければいくらでも上を目指せる。実験が楽なことが特徴。化学が専門ではあるが、物理の知識が生きる。
    • 講義・授業
      一般的な講義構成、可もなく不可もなく。実験は早く帰れる(化学工学科なので)。
    • 研究室・ゼミ
      普通、勉強しないと研究室をいくらみても分からないのはどこの学科もそう。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      いくらでもやりたい放題恋愛はできる。好きな人がいるなら明確な意思表示をするべきで、努力するべき。女子は男子のことをよく見ている。リア充率0%のイメージは完全なる嘘なので、騙されないように、相当みんな恋愛への意識は高い。
    • 学生生活
      中庸。大変なサークルから緩いサークルまで色々ある。みんなよい安定点を見つけて頑張る。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      化学工学の理論として、移動現象、反応工学、バイオを勉強する。移動現象のカバー範囲は広いが、一冊移動現象を扱った分厚い参考書を買い、勉強するとよい。物理数学が様々なところで役立つので、微分方程式、フーリエラプラス変換、複素解析の基礎を固めておくととても勉強しやすい。
      三年生では実際に稼働している化学工場のなかでいかにして我々のまなんだ知識が生かされるかを詳細に先生が解説してくださる。真面目に勉強した生徒はしただけのものが明確な形でかえってくる、努力が報われる学科。
    投稿者ID:388191
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    【募集停止】工学部 【募集停止】化学工学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      化学工学コースは学生のレベルは低いが就職に有利、大手企業で活躍している卒業生も多い。応用化学コースは年次によるが、学生のレベルは高い印象。工学ではあるが、学術的な授業や研究内容が多く。就活はやや不利。専門によってばらつきはあり。
    • 講義・授業
      他学科と比較すると、レベルは低い。内容も多様性に乏しい。
    • 研究室・ゼミ
      四年生で研究室に所属。国内で評価の高い教授も数人いるが、他学科と比較すると、インパクトは非常に小さい。
    • 就職・進学
      ほとんどの学生がいわゆる大企業への内定を得る。
    • アクセス・立地
      東急大井町線、目黒線の大岡山駅目の前で通学は非常に楽。
    • 施設・設備
      研究室によりけり。大学そのものの施設としては、ジム、プール、図書館など一般的なものはある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他大学とのインカレのサークルが多く充実している。大きな大学ではないため、他学科の生徒との交流も盛ん。
    • 学生生活
      理系大学特有のものがあるが、充実してるとは言い難い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      化学を基盤とした内容で、教科書的な勉強が多い。また、実験の授業が多いのは特殊な店といえる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      化学メーカー
    投稿者ID:387528
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    情報理工学院 情報工学系 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学べる内容が自分の内容と合致しており、しっかりとした土台の上に応用的な学問を展開できてい実感がある。個性的で様々な面で特化している面白い人とも知り合うことができ、得意分野を語らせるなど充実した人間関係を築くことができた。
    • 講義・授業
      講義内容は概ね満足だが内容的に古かったりもっと良いやり方があるのにと感じた部分もあった。先生たちは基本は放任主義で適度な距離があって授業は受けやすいと思った。
    • 研究室・ゼミ
      4年次に研究室に配属されるが、私の学科では成績順に好きな研究室に進むことができ、成績がよければ自分の好きなことを研究室でより深く学ぶことができる。ゼミなどの頻度は研究室によって異なり、コアタイムがあるところもあるが自分の興味と一致していれば楽しい。
    • 就職・進学
      殆どの学部生が大学院へ進学する。研究室の先輩が院試の過去問を持っていたりするので院試勉強はなんとかなる。成績によっては面接のみで院試が終わる場合もあり、研究の邪魔にはならない。
    • アクセス・立地
      大岡山キャンパスは大岡山駅の目の前にあり、アクセスはすごく良いと思う。緑が丘駅や石川台駅も大岡山の近くにあるためうまく使い分けると良い。東急ストアや商店街が大学の近くにあり買い物には困らない。飲食店も多数。
    • 施設・設備
      少々古い計算機をいまだに使うこともあるが、主に使う大学の計算機はリースのためまぁまぁな頻度で新しいものに変わる。スーパーコンピュータのTSUBAMEを学部のうちから使うこともできて良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ある程度の規模のサークルに入れば一定の友人はできる。Twitterが結構盛んなのでやっているといいことがあるかも。学業の成績よりかはプログラミングなどの成績で他人を評価することが多い。
    • 学生生活
      水曜日の午後は基本的に講義がなく、サークルや部活に使うことができる。工学部っぽいサークルもあり、メンバーも多いのでそのあたりのことをしたければ入れば楽しめる。バイトは通学時間などを考えて適度にすれば良い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目が多い。2年次以降は計算機の中身の話をプロセッサの設計やプログラミングを通して学んでいく。4年次はほとんど学部の授業はなく、大学院へ進学する人は大学院科目を取る人が多い。
    投稿者ID:409531
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    環境・社会理工学院 建築学系 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      業界の中では有名な教授陣がしっかりと指導してくれる。深く建築を学びたい、専門分野を極めたい人にとっては、最良の指導者がそろっていると思う。学部卒業後の進路はほぼ進学する人が占めるが、大学院進学後の選択肢は非常に多くある。
    • 講義・授業
      課題の数は比較的多いと思う。しかし、やり切った分だけの正当な評価をしてくれる。講義内容としては、教員の専門分野に偏りがちな部分もあるが、非常勤講師を呼ぶなどして、広く対応してくれている
    • 研究室・ゼミ
      研究室所属は4年生に上がってすぐ。選び方はほぼ学生同士の話し合い(成績順でほぼ決まる)あらかじめ興味のある研究室の単位は高得点で獲得しておいた方が優位卒論の取り組み方は各研究室で色があるので一言には言えない卒論前には卒業制作も全員必須項目である
    • 就職・進学
      就職実績は非常に良い。業界の大手からどんどん狙っていける。大手・中堅企業には多くのOBが在籍しているので、就活はOB訪問が主となる。OBの方々がリクルーターとして、就活のサポートを色々してくれる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大岡山駅駅から大学までは1分しかし、建築学科は緑が丘のため最寄駅は緑が丘駅大学までは3分周辺は比較的家賃が高い物件が多いので、多少離れた場所に住む人も多い自由が丘も徒歩圏内なので、飲食・買い物には困らない
    • 施設・設備
      キャンパスはフリースペースも多いので、のびのび過ごすことができる。図書館も非常に蔵書数が多い製図を行う際には、各人に製図台が割り当てられるので、製図がしやすい学内LANも飛んでいるので、ネット接続もできる
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の恋愛は、男女比が8:2程度なので、全然活発でない。また、ネット界隈では「合コンしたくない大学1位」とか言われていたりする。
    • 学生生活
      学際やオープンキャンパスには多くの人が来学し、非常に賑わいをみせる。特に、学際のミスコンは、ひどくレベルが低いとSNSなどでも話題になるほど
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目が中心2年次から建築の基礎を学んでいく3年次からは特に興味のある専門科目の選択で、各人カリキュラムに差が出てくる3年次の段階でほとんどの人が卒業単位を取り終えている4年次では卒制と卒論がメイン卒制はA1で8枚程度で自由設計卒論は各研究室でテーマを与えられるか、自分でテーマを見つけ出し研究する
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      建設業界の技術職
    投稿者ID:412590
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学院 数学系 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 1| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      数学を追求したい学生にとって、最適な環境である。先生や図書館の文献が充実していて、余計な人間関係などは一切なく、数学だけに没頭できる環境が備わっている。
    • 講義・授業
      代数、幾何、解析を、進路に関係なくひととおり学ぶ環境にある。講義と演習の授業がセットになっていて、理解の助けとなる。
    • 研究室・ゼミ
      所属する学生の人数に対して、それぞれの分野の研究室が十分にあるので、希望と異なる分野に進むことが、まずない。
    • 就職・進学
      就職に関しては、完全に放置状態である。内定が一つもない状態が危険な時期でも学校側が特に何をするでもなく、就職浪人も驚くことではない。進学についても、ほぼ学生任せである。自主的に動ける学生の行動を尊重している。
    • アクセス・立地
      大学のキャンパスは駅の目の前である。学科によっては、校内に入ってからのアクセスに差がある。数学科は比較的古い建物にあり、暗い廊下が多少気になる。
    • 施設・設備
      セミナー室は十分にあり、自主セミナーにも使うことができる。図書館には、豊富に文献があり、自習するにも最適の環境。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      交友はほぼない。それぞれが、各々数学に没頭し、まわりの人と会話をする光景はほぼ見られない。行方のわからなくなる学生もしばしばいる。
    • 学生生活
      サークルに属さない学生がほとんど。イベント活動にはめっきり縁がない。ひたすら、学問を追求するために所属するところである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は、理学部のどの分野にいっても必要な数学を学ぶ。2年生は、数学で必須な解析と、集合が必修。3年生で、解析、幾何、代数をひととおり学び、4年生で専門分野を決める。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      教育業界
    投稿者ID:410334
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    理学院 化学系 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      ハイレベルな講義を受けられ、多くの知識および高い思考力を得られた。充実した実験装置および試薬と丁寧な実験指導により、実験スキルを身に付けることができた。
    • 講義・授業
      講義のレベルの高く、多くの知識が得られる。講義中はみな集中している。課題はとても多く、内容も難しい。試験は難しいが、課題を提出していれば単位を落とすことはない。
    • 研究室・ゼミ
      学部4年の4月から研究室に所属する。3年の秋頃に所属説明会がある。興味があるところは積極的に見学するとよい。
    • 就職・進学
      ほとんど全員が大学院に進学する。成績がよいと推薦を受けられるので、よい成績をとっておきたい。博士課程へは3割程度進学する。
    • アクセス・立地
      最寄駅は東急目黒線/大井町線の大岡山駅で、いずれも急行が停車する。大学は駅の目の前にある。駅前のスーパーをよく利用する。
    • 施設・設備
      トイレはきれいなところと汚いところの差が激しい。図書館の空調が弱く、夏は暑すぎて集中して円強するのは難しい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女比は9:1で男性が圧倒的に多く、他の大学からもイケてないと認識されているため、男性が恋愛することはもはや諦めるべきである。
    • 学生生活
      サークル/部活動は数が多い。大学祭は毎年10月にあり、多くの人で賑わう。特に、周辺に住む家族連れが多いのが特徴と言える。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はどの分野でも必要となる、数学・物理の基礎を学ぶ。2,3年次は専門科目が中心となり、実験もある。4年次は卒業研究を行う。
    投稿者ID:412820
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理学院 物理学系 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      1年次から3年次までは、授業を頑張りつつサークルなども楽しめたと思う。時期によっては課題が多くて大変だった。4年次になってからは、研究室生活が充実している。
    • 講義・授業
      先生の講義を聞いて試験で点数がつく授業もあるが、演習や実験などの課題が出る授業も多い。真面目に課題をこなしていれば、そこそこの学力はつくと思う。課題が多くてついていくのが大変な時期もあった。
    • 研究室・ゼミ
      4年次になるときに研究室に所属する。成績順で研究室を選べるので、行きたい研究室に行くには普段の授業でもいい点をとっておく必要がある。私が所属する研究室では、コアタイムなどはないが、多くの人が自主的に研究をしている。
    • 就職・進学
      学部卒業後に就職する人は少なく、9割くらいの人が大学院に進学する。大学院修士課程卒業後は、博士課程に進む人もいるが、多くの人が就職する。他の学科に比べると就職先の推薦が少ないらしいが、それでもすんなり就職が決まる人が多い印象である。
    • アクセス・立地
      大学の最寄り駅は東急線の大岡山駅である。大岡山駅からキャンパスまでは、徒歩1分もかからない。大岡山は自由が丘なども近く、放課後に遊びに行くのにちょうどよい。大規模なサークルの打ち上げは渋谷で行うことが多い。
    • 施設・設備
      キャンパスは緑が豊かで開放的な感じがする。試験勉強や課題をするのには図書館が便利である。ものつくりをできる施設が多数あり、研究で使うものを作るのによく利用している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内での人との繋がりはあまり多くない気がする。課題をやるときなどは、教えあったりする。サークルなどの方が繋がりはある。学科内での恋愛は聞いたことがない。
    • 学生生活
      活動が盛んなサークルがたくさんある。わたしは学園祭の実行委員会に所属していた。サークルでの人との繋がりは多く、今でもサークルの友達とよく会っている。アルバイトは授業に支障が出ない程度にやっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、理系科目の基礎的なことを幅広く学ぶ。2年次から学科に分かれて、2年次と3年次で物理の様々な分野を学ぶ。4年次はあまり授業をとらず、研究生活が中心になる。
    投稿者ID:408759
    この口コミは参考になりましたか?
209件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京工業大学   >>  口コミ

東京工業大学の学部

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (67件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (935件)
大阪府/国立
旭川医科大学
旭川医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.90 (48件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。