みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山大学   >>  教育学部   >>  口コミ

岡山大学
出典:Setouchi
岡山大学
(おかやまだいがく)

岡山県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.94

(574)

教育学部 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★ 4.04
(84) 国立大学 116 / 374学部中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.76
  •    
  • 研究室・ゼミ
    4.03
  •    
  • 就職・進学
    3.88
  •    
  • アクセス・立地
    4.32
  •    
  • 施設・設備
    4.01
  •    
  • 友人・恋愛
    4.20
  •    
  • 学生生活
    4.27
  •    
84件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学校教育教員養成課程という学科は、全国の他の大学にはあまりなく、先生になりたい、教育に携わりたいと考えている人にとっては非常に深い学びができるカリキュラムとなっている。また、一つに限った免許ではなく、幼児から高校まで幅広い教育について学ぶことができる。
    • 講義・授業
      座学はもちろんのこと、附属学校もあり実際に教育現場に出て学ぶことのできる講義が多い。そして、同じ授業を受けている学生と交流を深めることもでき、他の学部に比べて非常に仲の良い学部となる。
    • 研究室・ゼミ
      大学三年生からゼミ(研究室)が始まる。教授によってゼミの日程は異なるが、自分の目指す進路によって卒論テーマを選ぶことができ、就職先に直結した学びをすることができる。
    • 就職・進学
      岡山大学教育学部は、学部卒で教員となる人が多い。しかし、大学院に進み、研究者となる人もいれば教員としてのさらに上のコースを目指す人もいる。もちろん、全員が教員ではなく他の職につく人もいる。教員を目指す人にとっては、学部の建物の中に就職活動のサポートを受けれる場所があり、教員になるための就職活動についてプロの先生方がアドバイスをくださる。またOBやOGが多いため先輩から学ぶことも多い。
      そして民間や他の公務員を志望する人は学校全体のキャリアセンターで、サポートを受けることができる。
    • アクセス・立地
      岡山市の中心部にあり、岡山駅から自転車で15分ほど。バスも通っており、交通の便は良い。
      また大学付近は学生マンションが多く、一人暮らしをしている人も多い。
    • 施設・設備
      10年ほど前に比べ、現在は建物の建て直しが進んでおり非常に綺麗である。
      図書館もリニューアルしており、ヒノキを使われたスペースや、サイレントルームといった無音で学習するスペースもある。ウエイトトレーニングルームもあり、環境はよい。
      教育学部は各研究室ごとに部屋が設けられており、模擬授業をしたりなどおもうように使用することができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      岡山市には、岡山大学の他に清心女子大学、岡山理科大学を始め他にも多くの大学があり、他の大学との交流が多い。サークルやアルバイトを通して、学部内以外のつながりは非常につくることができる。
    • 学生生活
      岡山大学はなんといっても学祭が有名である。学長がかわり、開催期間は短くなったが、多くのサークルや部活が出店をして楽しんでいる。
      また部活動とサークル共に、熱の入れように差があり、自分に合うところを選ぶことができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教育の基本となるところと一般教養を学ぶ。実践的な学びは少ないが、幅広い知識を学ぶことができる。
      2年次から専門的な学習が増え、授業を作ったり実習にいったりが増える。
      教育学部の授業は、単位をとるのが容易ではないが、必ず勉強をして自分の力になるようにすれば単位はとれる。そして自身が教員になるときにしっかり発揮することがてきる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      政令指定都市の市役所
    投稿者ID:430574
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      総合大学なので、教育だけではなく、自分が学びたいことを幅広く学ぶことができると感じる。また、教育学部の中には多くの学科があり、選択肢が広がる。ひとつの免許だけではなく、複数の免許を取ることも可能である。
    • 講義・授業
      勉強していれば、ある程度の単位はとることができる。ただ、近年の講義は形式が変わったようで、授業時間等の関係でとりたい免許が時間の関係でとれなくなっているようである。
    • 研究室・ゼミ
      私は数学の研究室に所属していたが、先生によって分野が異なる。自分の興味のあることを深く研究することができる。
    • 就職・進学
      私が大学に通っていた頃にインターンシップが必須になり、戸惑った。その事について支援課に相談したが、決まったことだからとあまり取り合ってもらえなかった。所属しているゼミの先生の力が強いと融通が聞いたようである。
    • アクセス・立地
      新幹線が止まる駅があるので、県外からでも通うことができる。ただ、学校の敷地が広いので、授業の間に自転車で棟を移動しないといけない。自転車がなければ不便である。
    • 施設・設備
      私は利用しなかったが、教員採用試験に向けて勉強するときに相談に乗ってくれるところがあるようである。また、グループで部屋を借りて勉強している人もいた。皆同じ方向を向いているので、切磋琢磨しあえるのだと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私は児童文化部に所属していたが、今の仕事である教師になって役立っているのが学部で学んだことよりも部活での活動である。子どもとの接し方や段取りの方法、またすぐに使えるゲームなど今も実際に使っていることがたくさんある。
    • 学生生活
      先程述べたように、講義よりも部活動が充実していた。今役に立っているほとんどの知識を部活動で学んだと感じている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      ほとんどが教育に関することを学ぶ。1年目から数日の実習を体験する。附属の小学校中学校があるので主にそこでの実習となる。インターンシップは
      公立の学校である。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      兵庫県の小学校
    投稿者ID:428114
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      ・実習内容が充実している。
      ・コースや専修によって実習や授業の充実度が異なる。
      ・副免許が取得できる。(現在はクウォーター制になり取得しにくくなっていますが…)
      ・クウォーター制のため、留学しやすい。
    • 講義・授業
      ・必修の授業の内容は充実していると思う。
      ・1つの授業が120分なので、他の大学に比べて単位を取るのに多くの時間を費やす。
      ・授業にもよるが、課題はある。
    • 研究室・ゼミ
      私の所属していたゼミでは…
      ・指導教官が熱心に指導してくださった。
      ・卒論の下限が分からなくて困った。
      ・ゼミが土日にあったので、予定が立てやすかった。
    • 就職・進学
      ・県内でも、教員採用試験の合格率は良いと思う。
      ・教職相談センターが教育学部内にあり、採用試験の対策や情報提供を無料でしてくれる。
      ・教職大学院が拡大し、教育内容がパワーアップした。内部進学がしやすい。
    • アクセス・立地
      ・最寄駅は、法界院駅。
      ・大学の敷地が広いため、学部によって最適な交通手段が違う。東側にある教育学部、環境理工学部、理学部はJRが違いが、文学部、法学部、経済学部等は岡山駅からバスで来た方が近い。
      ・岡山駅から大学までは、自転車で15分程度。大学構内が広いので、自転車で移動している人が多い。
    • 施設・設備
      ・図書館が充実している。特に、本館は新しくて綺麗。パソコンも使えるし、自習スペースもたくさんある。期末はレポートの作成等でパソコンは埋まってしまうので、マイパソコンを持参した方が良い。
      ・大学構内のほとんどでWi-Fiが使える。ただ、みんなが一斉に使う時間帯は繋がりにくくなる。
      ・教育学部の音楽棟には、ピアノが置いてある練習室が15個ほどある。空き時間に自由に練習できる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ・教科ごとの強いつながりができるので、友人関係はとても充実している。
      ・他の大学と合同の部活やサークルも多い。
      ・学部内やサークル内での恋愛が多い。
    • 学生生活
      ・音楽教育講座では、毎年、定期演奏会やその他の演奏会を開いている。学生主体で運営するため、学業やアルバイトの両立という面で、少し負担がかかる。
      ・年によって盛り上がりに差がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次?2年次は、教育について広く学ぶ期間。もちろん専門教科の授業もあるが、その他の必修の授業がたくさんある。3年次からは、コマ数が少なくなり、教育実習(10月,4週間)に向けて準備を進める期間となる。前期は授業があるが、後期は実習が終わればほとんど授業がない。4年ではら教職実践演習という必修授業があり、週に1回程度、協力校へ実習に行く。これは、教育実習と異なり、学生が授業をすることはほとんどない。4年では教職実践演習のほかに、全員必修の授業はないので、教員採用試験や就職活動に専念できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      岡山大学の教職大学院
      2年後には、岡山県の中学校教員(音楽)
    投稿者ID:429480
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      たくさんの自然に囲まれた落ち着いた大学でキャンパスもとても広い。縦だけでなく横のつながりも強く一生の友達を作ることもできる。教師になる人にとっては充実した環境である。
    • 講義・授業
      教授や講師の先生はどなたも親身になって教えてくれる。また学生証を使った出席管理で代筆は許さないという姿勢がうかがえる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ同士のつながりがとても強く定期的にご飯を食べたり,旅行に行ったりしている。またみんな意識が高くとても刺激を受ける。
    • 就職・進学
      教育学部なのでやはり教師になる人が多いがなかには大学院に進んだり、就職したりする人も一定数いる。公務員講座もある。
    • アクセス・立地
      岡山駅から大学までは自転車で15分ほど。周りにスーパーや飲み屋もあり、生活にも困らない。多くの人が大学近くに住んでいる
    • 施設・設備
      最近新しい教室もできて綺麗な環境で勉学に励むことができる。図書館も大きく充実しているので調べ物にも困らない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活動に入ることで友達ができやすいのは確かだが、学部の中でも横のつながりが強く多くの人と仲良くなれる
    • 学生生活
      アルバイトについてはしている人が多く職場での出会いもある。大学のイベントでは有名人が来たりと割と盛り上がっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      基本的に教師になるために必要な能力、授業の作り方や授業の内容などについて学ぶ。一年生のうちから附属の学校に授業の見学に行くこともある。
    投稿者ID:429781
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      これといって魅力的なポイントはないが、落ち着いた雰囲気で勉強に集中することができる。学生の人数が多く部活やサークル活動が活発であるため、他学部の学生とも交友関係を広く築くことができる。
    • 講義・授業
      教授によって講義のスタイルが異なるので一概には言えないが、教授の専門が多岐にわたっているため、自分が興味があることを選んで学ぶことができる。講義は、条件次第ではあるが他学部のものも受けられる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの配属については、2年の終わりごろに自分の研究したいテーマ(なんとなく、興味があるという程度でも可)を教授に伝え、教授陣で話し合って割り振られる。教授の専門性と学生の興味関心が考慮されている。途中でゼミを変更することは基本的にはできないが、学ぼうとする姿勢が伝われば、他のゼミの教授も丁寧に指導してくださる。
    • 就職・進学
      教育学部には教職相談室があり、教員採用試験の対策(小論文、面接、集団活動等)をしていただける。また、教職相談室では、月に1度ほどの頻度で、現職の教師にお越しいただき、教職に関する様々な講義を受けることができる。
    • アクセス・立地
      大学の敷地が非常に広いが、自転車があればそれほど困ることはない。敷地内に桃チャリも設置されたので、ますます便利になりつつある。
    • 施設・設備
      図書館といえば私語厳禁のイメージだが、ラーニングコモンズといって話しながら勉強ができるスペースがある(予約不要)。試験前には多くの学生が使用するため、席が埋まってしまうことも少なくない。ラーニングコモンズには、語学学習用のボックス席や、DVD・海外ニュース等を見ることができるテレビも設置されている。
      図書館には他にも、複数人で使用できる会議室がある(予約制)。サークルの会議や打ち合わせ等、静かな場所で集中して取り組むことができる。
      印刷に関しては、図書館ではA4用紙のみ学校側で支給。レポートの印刷に役に立つ。
      学務や教務等、職員の対応は丁寧であるが、こちらから聞いたこと以上は教えてくれない方もいる。分からないことも分からない状態でいくのはおすすめしない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      多学部制なので、様々な学部の学生と交流することができる。特に1回生時は教養がメインなので、他学部の学生と一緒に講義を受けることも多い。
      また、サークルや部活も活発で、複数の団体を掛け持ちする人も少なくない。清心や理大、就実といった、大学を越えての繋がりもつくることができる。
      恋愛に関しては、オープンな人が多いように感じられる。二人で学食にいったり、講義を一緒に受けていたりしても、まわりは特に何も思わない。
    • 学生生活
      入学式が終わって外に出ると、部活やサークルの勧誘で埋め尽くされている。これを皮切りに4月は新歓が盛んに行われ、毎日ビラを山のようにもらう。俗に言うウェイなサークルもないとは言い切れないので、好みに合わせて選んでほしい。
      私自身はソフトボールのサークルに所属していた。野球経験者の男子が多いが、初心者や女子でも大歓迎で、一緒にソフトボールを楽しむことができた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、教養科目を主に勉強する。教養は専門知識を専門外の人に分かりやすく伝えるために欠かせないものであると思っているため、教養を身に付けることには意義がある。うまく時間割りを組むと、1年次で教養科目をとり終えることができる。
      2年次と3年次は、専門科目がメインとなる。教育学部では、3年次の附属学校園での教育実習に向けて、子どもの発達段階に合わせた指導法を学んだり、専門知識を充実させたりする時期である。
      4年次は、教職実践インターンシップといって、公立の小中学校や特別支援学校が受け入れてくださり、教師としての実践力やマネジメント力を培うことができる機会もある。また、副免実習も4年次に行われる。
      卒業論文は、研究室ごとに指導を受ける。教授はあくまで必要に応じて支援してくれる存在であるので、学生は主体的に取り組む必要がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院に進学
    投稿者ID:428953
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      講義や学生生活は充実していた。
      特に図書館や自習室など、課題をこなしたりする環境がよく、熱心な教授も多かった。
      しかし、駅から遠く通うのが大変だった。
      学部によっては遠い距離の教室移動があり自転車は必須だった。
    • 講義・授業
      専門的な内容だけでなく、多言語や社会問題についての講義も充実していた。
      他学部と学ぶ機会もあり、良い経験になった。
      しかし、座学が多く、グループディスカッションなどもあれば良いと感じた。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は3回生からで、タイミングとしてはよかった。
      週1回のゼミであったが、時間も融通がきき、負担にもならなかった。
      しかし、人気なゼミがあり、希望に偏りが出て、ゼミが分かるまで不安だった。
    • 就職・進学
      説明会や資料等が充実していて、論文や面接の練習、添削をしてもらえる環境も充実していた。
      就活は自分で自発的に動く必要があると感じた。
    • アクセス・立地
      駅から遠く、実家からだと通うのが大変だった。
      また、朝は道が自転車で混み、バスも満車なのでスムーズに通いづらい。
      学校の近くには飲食店が充実していて、食事には困らない。
    • 施設・設備
      研究や自習する場所が多く、充実していた。
      また、敷地内には多くのコンビニや学食があり、便利だった。
      図書館も資料充実していた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      いろいろな地方の学生がいて、サークルなども多いので人間関係は広がる。
      また、研究室の交流も活発で、旅行やバーベキューなど定期的に行なっていた。
    • 学生生活
      サークルの種類が多く、他大学と共同のものもあり、交流を広げるのには大変良い。
      しかし、飲み会ばかりするサークルもあるので、選ぶときにはしっかり考えた方がよい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎、2年次からは専門的な内容、3年次には実習等が始まる。
      4年次にはほとんど講義がなくなり、卒業論文やゼミに打ち込む時間が取れる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      東京都の教員
    投稿者ID:430151
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      教員になったときに求められる力(年間の指導予定を構成する力、1時間の授業を何を目的として構成するのかを考える力など)があまり身につかない授業が多いと感じる。
    • 講義・授業
      講義の内容が充実しているものもあるが、充実していないものが多いと感じる。履修の組み方に関しては、教育学部はほとんど毎日授業が入っている。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを決める際に教授と面談をする機会を設けてくれるので自分の気になる点を質問したり、教授の雰囲気を知る機会になる。
    • 就職・進学
      自分のゼミの先輩方はみな教師になっているという実績を聞いたが、他のゼミについての先輩方の就職、進学実績については分からない。
    • アクセス・立地
      岡山駅から大学までは自転車で15分ほど、岡山駅の近くにイオンモールがあるため、買い物には困らない。また、岡山大学近くには24時間営業のスーパーもあり便利である。
    • 施設・設備
      教室やトイレ、学食等の清掃が行き渡っていると感じる。図書館も大きく、テスト勉強の際などには便利である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係、部活動でのつながりでは同期だけでなく、先輩・後輩とのつながりも濃いものであると感じる。
    • 学生生活
      部活動では他大学との練習試合を組むなど大学ならではの行事を考えることも可能なのがいいと感じる。アルバイトも空きコマのときにできてよい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次、二年次は教員になったときにどのような力を子どもに身につけさせるべきか、その土台となるものを各教科において学習する。3年次の秋には教育実習があり、それを実践する力が求められる。
    投稿者ID:427262
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      優しい先輩、同じ志を持つ友達がたくさんできる素晴らしい学科です。学生支援も充実しており大変いい場所です。
    • 講義・授業
      先生の中には教科書を書いている方もいて、専門的な指導を受けることができます。
      先生によって教員養成への熱意に差があるので、あらかじめどの先生のご指導を受けるかは、予め考えておいた方がいいと思います!
    • 研究室・ゼミ
      研究室によっても差はありますが、意欲次第でいろいろなことを学ぶことができます。専門的に教科の研究をする者、教科指導に関して研究をする者、教育学に関してます研究する者。まだ研究したい内容が決まってなくても、先生が親身になって相談に乗ってくださります。
    • アクセス・立地
      キャンパスへの通学はほかには無いぐらい良いと思います!
      広島から通学している人、兵庫から通学している人、香川から通学している人など、他県から通学も可能です。
    • 施設・設備
      生協が3つもあり、場所によっては夜遅くまで、土曜日も開いています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員 / 塾講 / 講師
    投稿者ID:388025
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 養護教諭養成課程 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      実習が、充実しており、知識と実践とを体系的に学ぶことができる。養護教諭を志望する学生にとっては、深い学びを得られると思う。ほとんど女性だというのが、4年間で結束は固まるだろうが、少し物足りない感じがする。
    • 講義・授業
      実践的な授業が多く、聞くだけの講義というよりは、グループワークや、プレゼンなど、アクティブラーニングを通して、実践的な力を講義でもつけることができる。
    • 研究室・ゼミ
      まだ入っていないからよく分からない。2年の最後の方にゼミが始まるらしい。聞くところによると、ゼミ同士の繋がりや、先生との繋がりも強くなるようだ
    • 就職・進学
      就職実績については、養護教諭の中では良い方だと思う。大学院に行くこともできる。就職先は、地元に戻る人も多いようだ
    • アクセス・立地
      最寄駅から徒歩5分で、便宜はよい。岡山市の中心部なので、人は比較的多い。岡山駅に近いので、近くになんでもあり、とても便利。大学周辺は特に自転車が多すぎて、少し危ない
    • 施設・設備
      昨年に建て替えが行われ、綺麗になった。冷暖房はも完備してある。トイレも綺麗。図書館も充実している。自分のサークルの活動場所と近い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係については、4年間ともに同じメンバーで学ぶので、充実している。一方で、恋愛は、サークルや他での出会いで期待するしかない。
    • 学生生活
      サークルについては、毎月飲み会もあり、合宿や、遊びなども充実している。みんないい人ばかり。学外の活動についてはとても充実している
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、養護の概要について、全体的なことを学び、2?4年次で、それぞれの詳しい専門的な知識を学ぶ。
    投稿者ID:415010
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 養護教諭養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      公立学校の養護教諭に絶対なりたい人にとってはよいと思う。ただ、それ以外の進路を目指すなら、一切キャリア支援はないため、よく考える必要があると思う。授業やイベント、サークル活動等は活発で楽しい、
    • 講義・授業
      私の学科では、、卒業するために必須科目で単位を取得するのにあまり困る講義はなかったように感じる。課題や試験も厳しいものはあまりなかったはず。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミのメンバーの決定方法については、年度や学年担当教諭によって異なるらしい。ひとつ上の上回生による説明会あり。
    • 就職・進学
      やはり私立大学に比べると、教員採用試験対策はかなり手薄。また、教員以外の進学希望者に対する学部・学科としてのサポートはほとんどないと考えてよい。
    • アクセス・立地
      各線岡山駅から自転車で10?15分程度。バスも頻繁に走っており、交通の便にも優れている。大きなショッピングセンターや繁華街も近い。
    • 施設・設備
      図書館は朝早くから夜遅くまで開館しており、自習には最適である。ただし、試験期間はかなり混み合うため、自分なりの自習場所を見つけておくことも必要。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科には30人程度しかいないため、全員で仲良くなれる。学部全体としても同じ講義を取ることがよくあるため、仲良くなるタイミングが多々ある。
    • 学生生活
      年に1回の学祭はかなり盛り上がる。アルバイトは塾講から居酒屋まで、街が賑わっている故に幅広く選ぶことができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次から実習に参加することができる。卒業論文は、個人執筆のゼミもあれば、グループ執筆のゼミもある。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大手企業の総合職
    投稿者ID:412950
    この口コミは参考になりましたか?
84件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

岡山県で評判が良い大学

岡山県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山大学   >>  教育学部   >>  口コミ

岡山大学の学部

法学部
偏差値:50.0 - 55.0
★★★★☆ 3.88 (67件)
経済学部
偏差値:50.0 - 57.5
★★★★☆ 3.85 (71件)
文学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 3.90 (68件)
理学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.92 (39件)
工学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.79 (85件)
環境理工学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.30 (30件)
農学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.05 (41件)
教育学部
偏差値:52.5 - 57.5
★★★★☆ 4.04 (84件)
薬学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 3.75 (16件)
医学部
偏差値:52.5 - 65.0
★★★★☆ 4.03 (63件)
歯学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.10 (10件)

オススメの学部

同志社大学
同志社大学グローバル地域文化学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (23件)
京都府/私立
明治大学
明治大学国際日本学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (93件)
東京都/私立
北海道大学
北海道大学教育学部
併願校におすすめ
★★★★☆ (34件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。