みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山大学   >>  文学部   >>  口コミ

岡山大学
出典:Setouchi
岡山大学
(おかやまだいがく)

岡山県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

3.92

(627)

文学部 口コミ

★★★★☆ 3.87
(74) 国立大学 217 / 374学部中
学部絞込
学科絞込
741-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      専修コースが分かれていて、それぞれのコースでかなり内容が違うので一概には言えませんが、自分の興味関心について深く掘り下げていくことが出来る環境だと思います。学習、研究の主体はあくまで学生、先生方はサポート役として様々なアドバイスをして下さいます。やる気次第で他大学院への進学も十分に可能な環境です。
    • 就職・進学
      教員資格、学芸員資格、公務員試験対策のための授業や講座があります。公務員講座を受講していた多くの学生が実際に公務員として内定をいただいています。文学部生向けのインターンシップの説明会なども開催されています。
    • アクセス・立地
      岡山駅から自転車で20分程度で、多くの学生が駅から自転車で通っています。他県から通学している学生もいますが、岡山駅は多くの路線の電車が通る駅で、新幹線も止まるので、乗り換えも少なく便利です。
      周辺は住宅地なので静かです。大学生以外にも自転車に乗っている中高生も多いので、少し危ないこともあります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      貿易船の管理をしている会社に就職します。
    投稿者ID:477928
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 人文学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      本格的な選考は2年次以降で決める為、実際に授業を受けてから、自分の本当に興味のある分野に進むことが出来ます。やや人気・不人気に偏りがあり、特に行動科学研究コースは例年人気が高いので、志望する場合は1年次の成績にも注意が必要です。 中学高校の教員や学芸員の資格取得を目指すことも可能です。 就職実績については、中四国での知名度は圧倒的なので、地元にUターンして就職する方にはかなり有利になると思います。関東圏、近畿圏の会社や自治体への内定実績もあるため、有名私大と比べてもマイナスになることはないはずです。 キャンパスは岡山駅からは少し遠く、最寄となる法界院駅はダイヤがあまりよくありません。また、非常に広い為キャンパス内の移動はほぼ自転車必須です。自転車であれば岡山市街中心部へのアクセスはそれほど悪くないので、隣県の国公立大よりは食べるところ、遊ぶところ、アルバイトするところもたくさんあります。 学校行事ですが、私が卒業した後大学祭が縮小傾向なのが気になります。サークル活動は盛んで、珍しいサークルもあります。
    • 講義・授業
      一般教養と専門科目の授業に分けられており、一般教養は全学部共通となります。第二外国語は独・仏・中から選べますが、頑張れば英語だけで単位を取り終える事も可能です。 二年次以降で自分の興味に応じた専攻コース、研究室に所属することになります。私が所属していた研究室は学年を越えて結構仲が良かったため、専攻以外の部分でも充実していました。 専門科目は、各専攻コースの授業の他、マイナーな語学の授業もあり、他コースの授業も興味に応じて受講することが出来ます。 専門資格については、学芸員や中学・高校教員免許などを取得することが可能ですが、特に教員免許については教育学部の授業を多く受けなければならない為、結構大変です。
    • 研究室・ゼミ
      各コースの中にさらに細かい研究室があります。私は歴史文化学でしたが、その中でさらに日本史・東洋史・西洋史・考古学と研究室があります。他のコースについても、1コースにつき4つ前後の研究室があります。 いずれの研究室も結構積極的に活動しており、特に日本史研究室では古文書(崩し文字)の読解、考古学ではキャンパス内にある遺跡の研究などがあります。 また、卒業論文についても、日本史はワープロ、PC不可(原則手書き)、西洋史は日本語以外の参考文献の和訳添付が必須などの特色があります。
    • 就職・進学
      地方屈指の国公立大ということで、地元や中四国での知名度は圧倒的です。文学部は理系の学部と比べると一歩劣るところはありますが、自治体や地元地銀をはじめとする上場企業などへの内定実績があり、関西圏や首都圏でも大学名を理由に足切りをされることはほとんどないと思います。 公務員志望者については、大学が試験対策用の課外講座を準備しているので、挑戦する人はほとんどが受講しています。しかし、夕方以降結構な時間を拘束されるので、途中でリタイヤする人も少なくありません。 就職支援センターでは、履歴書添削や面接対策などをサポートしてくれますが、シーズンは非常に混雑します。
    • アクセス・立地
      最寄は津山線の法界院駅ですが、列車の本数が少ない為、通学する学生のほとんどは岡山駅から自転車で通学しています。キャンパス内も非常に広く、駅までの土地は平坦である為、通学組・下宿組ともに自転車はほぼ必須といって過言ではありません。 近くに岡山理科大学、岡山商科大学、ノートルダム清心女子大学などの私大も多い為、大学付近には学生向けのアパートが多くあります。大学の学生寮は女子寮と留学生のみ。男子寮は昭和末期に閉鎖されたそうです。 自転車であれば、岡山市の中心地までの移動はそれほど苦ではなく、隣県の国立大学よりも立地は良いです。また、岡山駅前にイオンモールが出来たこともあり、買い物や娯楽には不自由しないと思います。
    • 施設・設備
      食堂は複数個所に分かれており、夜遅くや土休日にも開いているところがあるため困りません。また、食事用の定期券のようなものもあるので、自炊が苦手な下宿生も安心です。また、購買の一部にはセブンイレブンが入りました。 自転車利用者が多いのですが、駐輪場が不足気味で、校舎の近くはすぐ埋まってしまいます。また、学生会館前の駐輪場が撤去され、謎のオブジェのあるスペースになってしまったのは悔やまれます。 無線LANなどのサービスは充実しているほか、在学中はMicrosoftOfficeが無料で使えます。 文学部の建物は古かったのですが、私が在学しているときに改修され、結構きれいになりました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活での友人関係が中心になると思いますが、理系の人を中心に3年以降になると就活や卒業研究、院への進学、公務員試験などで忙しくなり、予定が合わなくなることも少なくありません。 恋愛は、私の周りでは私含め学内の方と付き合っていた話は聞きませんが、規模の大きい大学なので学内恋愛もあるとは思います。
    • 学生生活
      サークルは、大学公認の部活、サークルの他、届出のある同好会まで含めるとかなりの数があります。入学のときには各部活、サークルから猛烈な勧誘合戦があるので大変です。 大学祭ですが、私が卒業した後に方針が変わり、年々縮小傾向にあると聞いています。もともとは丸3日間あり、大学の各サークルが出店を出して盛り上がっていただけに、OGとして非常に残念に思っています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      人文学科には4つの専修コースがあり、2年次から分かれます。1年次は全コース共通で、各専修コースのガイダンスや、今後の勉強・研究にあたって必要になるノウハウを勉強します。2年次には各専修コースに分かれますが、1年次の成績と希望したコースの人気次第では、第一希望に通らないことがあるので注意が必要です。2年次の後期からはゼミが始まります。また、全学部共通の一般教養科目については、遅くとも2年次後期にはほとんどの学生が必要な単位分を終わらせてしまいます。3年次以降は節目でのレポートを挟みながら、自分の興味のあるテーマで卒論に向かって研究を進めるほか、各研究室ごとの演習に参加します。文学部の人文学科では卒業論文は必須で、2万字以上を書く必要がある他、各コースごとに特色のある条件が付加されます。私が卒業した歴史文化学専修コースの西洋史研究室では、日本語以外の参考文献を1章分以上和訳し、それを添付する必要がありました。また、日本史研究室は手書きで提出しなければいけないということになっているそうです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元地方銀行の総合職(支店勤務)
    投稿者ID:494347
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 人文学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2018年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      環境はいいので、落ち着いて勉学に励めると思います。 積極的に学ぶこともできるので、専門性も高まりそう。
    • 講義・授業
      教授や教員の雰囲気もいいので、質問がしやすかったり、より深く学べるようになりそう。
    • 研究室・ゼミ
      補修など自分で進んで活用すれば、学びの場は多く確保できると思う。自習をする環境も整っていて快適だと思う。
    • 就職・進学
      私自身あまり活用していなかったためかもしれませんが、地元に就職するのには便利だけど視野が狭いように感じた。
    • アクセス・立地
      落ち着いた雰囲気なので、勉強をする場としては良い方だと思うものの、面白みにかける。
    • 施設・設備
      新しい設備や資料は整えられているので、学ぶのには良いと思う。しかし取り立ててよいわけでもない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      生徒の雰囲気も落ち着いているように思えて、イベントに積極的に参加すれば充実させることができる。
    • 学生生活
      イベントはあまり充実していないと思うが、積極的に参加したりすることもできると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年の間に広く学ぶことができて、そのあとどんどん専門性を高めていくことができた。 そのサポートも充実していたと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元の法律事務所
    投稿者ID:494148
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 人文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      文学部と一纏めにされているが、実際は文学だけでなく、歴史学、言語学に加えて哲学や芸術学、心理学、社会学、地理学といった様々な領域をカバーしており、各々の興味関心に合わせて様々な事が学べる。履修する講義も選択肢が多い。施設も数年前から新しく綺麗になり、快適なキャンパスライフが送れる。
    • 講義・授業
      何を学ぶか、選択肢はかなり多い。文学、歴史、言語、哲学、芸術、社会学、文化人類学、社会文化学、心理、地理と、幅広いジャンルの様々な講義が設けられている。希望すれば主専攻に加えて副専攻も取得可能。
    • 研究室・ゼミ
      専攻分野とゼミの教授によって様々。資料や文献との格闘が主のゼミもあれば、フィールドワークを活発に行う研究室もある。自分に合った所を選んで入ると良い。
    • 就職・進学
      公務員になる人、民間企業に入る人、大学院へ進学する人と、進路は様々。県内や周辺地域の企業に対してはかなりネームバリューがあると言える。
    • アクセス・立地
      中四国地域の交通結節点であり、新幹線も全て止まる岡山駅から自転車で15分程度。市街中心部の好立地で不便することはまずない。
    • 施設・設備
      キャンパスは広く、生協施設が複数ある。講義棟や研究室の建物なども数年前に改修した所が多く、概ね綺麗で快適である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      文系学部だけあって女子比率が高いが、他学部との交流や部活、サークル、アルバイトなどで幾らでも人と関わるシーンはあるし、どんな人間関係を作るかは自分次第。
    • 学生生活
      部活とサークルを合わせて100前後あると言われているので、何かしら自分に合ったところが見つかる筈。他校と合同のサークルなどもあるので、他の学校の人と交流したい人はそっちに行ってみるのも良いかもしれない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目に加え、必修の英語と人文学の導入的な授業など、基礎的な事をメインに学ぶ。年次が上がるにつれ専門科目の割合が増え、専修する分野を決定し、ゼミに入るようになる。4年の冬には集大成として卒業論文を書く。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中小サービス系企業の総合職
    投稿者ID:493008
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      文学部には8つのコースがあり、自分が専門としたいコースを二年次から決めます。そのため、入学時はまだ何が自分に合った分野なのか分からなくても安心です。一年の時に様々な分野の授業を受けたり、研究室を訪問したりしてそれぞれのコースの特色をつかみ、自分の興味のある分野を見つけることができます。入学時に明確な目的を持っていない人でも自然とやりたいことを見出せる、よい制度のある学部です。
    • 講義・授業
      講義はたくさんの種類があり、高校の時よりも更に専門的な知識を身につけることができます。しかし受ける授業を抽選で決めるため、自分が受けたい分野の授業を受けることができない場合が多々あります。まあ、意外と本命ではない授業も面白くて良かったりするのですが、下手すると抽選に全て落ち、授業を受けられないこともあります。
    • 研究室・ゼミ
      文学部では8つのコースに分かれるのですが、それぞれのコースに先生が複数おられ、一人一人にしっかり指導が行き届くようになっています。更に皆必ず口を揃えて「文学部では自分の好きなことを何でも研究できる」と言うように、自由度がとても高いです。
    • 就職・進学
      文学部は就職先がとても幅広いです。先輩方は卒業後、公務員、製造業、金融業、教育業など、様々な分野で活躍されています。更に教員免許や学芸員、心理士などの資格も習得できます。
    • アクセス・立地
      平地にあるため移動がとても楽です。自転車通学が多いですが、岡山駅からバスも出ています。周りにはコンビニやミニスーパーがありますし、岡山駅まで自転車で15分ほどなので、すぐにイオンモールなどにに行くこともできます。
    • 施設・設備
      岡山大学はとても広いため、各スペースがゆったりと確保されています。他にも言語コースには音声を計測する機器は全て揃っていますし、考古学コースは裏に遺跡があってすぐに発掘に行けたりもします。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      文学部は170人ほどで、かなり数が多いため全員を把握するのはほぼできません。ただ、みんな一年次は慣れない毎日に不安なため、ラインで情報を交換し合ったりと結びつきはあり、人見知りの私にもある程度知り合いができました。男子に比べて女子が圧倒的に多いため、学部内の恋愛は厳しいかもしれませんが。
    • 学生生活
      サークル数は多く、体育会系は把握していませんが文化系クラブは35団体あります。イベントといえば学祭でしょうが、私はまだ一年で経験していないので何とも言えません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次に様々な分野について学び、二年次から8つのコースに分かれます。文学だけでなく、哲学、美術学、歴史学、心理学といった分野、さらにそこから23の領域に分かれます。四年の終わりに卒業論文を提出します。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:491242
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      総合大学らしく文系・理系問わない様々な分野の内容が勉強できる上、もちろん専門的な勉強も、素晴らしい先生方のもとでできます。一年生のうちから将来設計について考えさせる授業があったり、就職や教員採用試験、公務員試験の相談窓口もあったりと大学卒業後のこともある程度サポートしてくれます。食堂の開店時間が長いことは良いのですか、衛生状態やスタッフの対応に少し懸念を覚えます。また、部活動は種類が多く充実しているところが多数であると思います。しかし、お金の使い方や飲み会の実態を見るとよく思わない人もいるのではないのでしょうか。
    • 講義・授業
      先生方お一人お一人の専門性がとても高く、教養科目であれば広い分野の授業を横断的に履修することができます。また外国語の勉強をする上でも、様々な国籍の講師や教授がいらっしゃるのは良い環境だと思います。一つ残念なのは、生徒に興味を持ってもらう努力をあまりされていないように感じられる先生もいらっしゃることです。
    • 研究室・ゼミ
      各研究室に様々な専門の先生方がいらっしゃり、卒論の指導や演習授業は充実しているようです。先週に分かれるのは二年生からですが、一年生のうちからゼミの教授からお話を聞く機会や研究室訪問があって、早い段階から計画を立てることができます。
    • 就職・進学
      就職、進学実績は十分だと思います。大企業への就職はもちろん、国家・地方公務員になっている先輩方もたくさんいらっしゃるようです。サポートについても手厚いのではないのでしょうか。就職相談口の開設や面接練習対応もあり、自分から求めれば必要な情報やサポートは手に入ると思います。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は法界院駅ですが、岡山県最大のターミナル駅である岡山駅からとても近いです。なので他県から新幹線通学をしている生徒も多くいます。付近には飲食店や商業施設が充実しており、学生マンションも多く立ち並んでいます。
    • 施設・設備
      まず、最大の特徴はキャンパスが広いことです。建物の間の道も広く、自転車で移動している生徒が多いです。いたるところに休憩スペースがあります。建物は比較的新しく、掃除も行き届いていると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学してすぐには友達を作るためのイベントが充実しています。また、部活やサークルが豊富なので自分に合ったものを見つけ、その中で仲間や恋人を見つけることができると思います。一つ難点なのは、文学部のような一年生のうちに一つの学科で授業を受ける学部は、固定の友人と同じ授業を受けることが困難なので、一度仲良くなってもなかなか構内で会えないことです。
    • 学生生活
      部活、公認サークルだけでもかなりの数が存在しており、危険なサークルもないといわれています。数が多いので好みのサークルを見つけるのは大変ですが、見比べられるイベントもあります。イベントについては、夏には体育祭、秋には大学祭があります。特に大学祭では毎年芸能人を招いたりサークルの出店が出たり、文化系部活、サークルのステージや展示がたくさん行われます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は全員人文学科に所属し、教養科目と専門科目を受け、大学での勉学に慣れつつ専修にしたい分野を考えていきます。二年次から専修に分かれ、より専門的な授業がスタートします。三年次からゼミに入り、卒論を書く準備が始まり、四年次には就職活動や教員採用試験、公務員試験を受けたりして、卒業時に卒業論文を提出します。
    投稿者ID:490999
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      幅広い分野から自分が専攻するものを自由に選ぶことができ、決めるまでに色々な授業を受けることができるのが良いところです。また、教授の研究は個性的で面白いものが多いです。
    • 講義・授業
      概説の授業でざっくりと学んで、さらに深めたいなら講義、演習を履修できます。演習では、教授の話を聞くだけでなく、個人発表が多くなるので、他の人の発表を聞くことで、自分の興味の幅を広げることができます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は早いところで3年次、遅いところで4年次からです。選び方は自由で、ゼミを選ぶ前に演習を複数個受講することで候補を絞ることができます。ゼミ生同士は次第と仲良くなり、教授も含めて飲み会に行くところもあります。
    • 就職・進学
      学部では就活の支援はほとんどしてくれません。学内のキャリア支援センターを利用する人が大半です。
      公務員講座が充実していて、合格実績は全国的にも上位だったと思います。
    • アクセス・立地
      駅と大学が近く、駅付近に大きなショッピングモールがあるので便利です。学校の近くに住むところがたくさんあって、スーパー、郵便局も近くにあります。また、おいしい喫茶店がいくつかあるので、休日に気軽に食べに行くことができます。
    • 施設・設備
      図書館が大きいのが一番の魅力です。6階まであります。探している本がないときは県立図書館を利用することもあります。
      キャンパスは広く、基本的に自転車で移動します。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学部では友達はできますし、サークルや部活では他の学部の人だけでなく、近隣の他大学の人との交流があります。ここで恋人を作る人が多いです。先輩後輩関係なく仲良くしています。
    • 学生生活
      部活動は交響楽団に所属しています。楽器の上手な人が多いので、本格的に音楽を楽しめます。また、プロの作曲家の先生を指揮者に呼んでいるので、演奏会では多くの人に来場していただけます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は教養科目を幅広く履修します。
      2年次は、文学部の色々な分野の基礎的知識を自分の興味によって身に付けることができます。
      3年次は、専修コースの発展的な講義や演習を受けます。自分で研究テーマを設定して発表することが多いです。4年次は卒論の指導を受けます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:429187
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      1つはらほとんどの授業が種類ごとに正確な内容のレベル分けをできているからです。
      2つ目は多くの生徒が興味を持つよう各々教授が工夫した話し方、プランを考えているからです。
    • 講義・授業
      理由は以下の2つです。
      ひとつは、各々教授は自身の最先端の研究内容を盛り込んだ授業を行うよう意識してるからです。
      2つ目は、専門分野でなくても分かりやすい内容であるよう工夫した授業となっているからです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの説明会は各々の分野で一人一人の学生に合わせたものとなっています。そのため卒論の作成がしやすい態勢になっています。
    • 就職・進学
      就職実績は特に公務員枠がかなり99%優れています。また、その他の就職合格率もかなり高いと聞いています。
    • アクセス・立地
      駅も近く、バス停も大学周辺に多くあるのでその点は良いのですが、車を置く馬車が少ないという点は良くないとおもいます。
    • 施設・設備
      設備や施設は新しくなりつつありますが、まだそうでない部分も多々あります。しかし、図書館の蔵書数はかなり良いと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私はあまり友人がいないので、分かりませんが、うわさでは学部内同士のカップルはかなり少ないと聞いています。
    • 学生生活
      私は留学生のボランティアサークルに所属しています。多くの留学生と友人になり、話したり、遊んだりできるので充実してると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年時はレポートを書くときの基礎やそれぞれの分野の大まかな内容を学習します。2年次からは専門的な内容を勉強できます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:427273
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      人文学科はさまざまな分野に分かれており、自分が学びたい分野を中心に幅広く学ぶことができます。専修やコースにとらわれず多くのことを学べるのは非常によいことだと思います。
    • 講義・授業
      講義の内容はもちろん先生によるとは思いますが概ね充実しており、満足しています。ただ、文学部生だけが受講できる講義は教室全体の雰囲気がよく、学ぶ意欲を持った学生がほとんどであるのに対して、他学部生も受講可能な講義はやや騒がしいことも多く、対策を講じてほしい部分であるように感じています。
    • 研究室・ゼミ
      私の所属しているゼミでは受講生が順番に卒論に向けた準備段階の発表を行い、質疑応答の時間をとるという形で進めています。基本的に自分が学びたい分野のゼミに所属できるので不満はありませんが、始まる時期が3年後期と他の専修コースに比べて少し遅いようには感じます。
    • 就職・進学
      就活をしていないため詳しくはわかりませんが、一度就活ガイダンスに参加した際に配布された資料には岡山の企業が多くを占めており、関西圏で就職したい自分にとってはあまり参考にならないデータが多かったように思います。
    • アクセス・立地
      岡山駅から基本的には自転車。バスは通学時間帯は比較的本数がありますが、少し時間帯がずれると一気に不便です。また、法界院駅から文学部のある建物は徒歩で15分ほどかかるためあまりおすすめしません。もう少し最寄駅から近ければなと思うこともあります。
    • 施設・設備
      研究設備、附属図書館は蔵書数が多く、非常に満足しています。教室も非常に綺麗で学びやすい環境であると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      受講している講座がよく同じになる人とは知り合いやすいです。私はあまり自分から積極的に人に話しかけることができなかったためあまり友人は多くありません。積極性があれば友人には困らないと思います。
    • 学生生活
      所属していないためわかりません。アルバイトも岡山ではなく地元でしているため、事情はよくわかりません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に教養科目、専門科目の概説の講義が中心です。徐々に専門性の高い講義が増えていき、ゼミが始まります。
    投稿者ID:429222
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      生徒も話しやすく、学びやすいことが大きいです。
      専門性が高く学びたいことがしっかりと定まっていればとてもいいと思います。
      先生は厳しい方もいますが、愛のある厳しさだと思います。
    • 講義・授業
      授業内容については、専門性が高いので気にする必要はないと思います。ただ、あまり興味がない人は厳しいかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ生同士の付き合いは、ゼミにもよると思いますが、私のゼミはみんな仲が良く、たまに飲みに行ったりもします。
    • 就職・進学
      就職実績については、市や県に務めるいわゆる公務員になる人が多いです。そのため公務員試験対策なども十分にされています。
    • アクセス・立地
      JRの駅も近くにありますし、周囲に学生マンションもたくさんあります。また、岡山駅が近いので買い物などにも困りません。
    • 施設・設備
      食堂はとても清潔で雰囲気が良いです。教室も棟にはよりますが、新しく綺麗な場所が多いので過ごしやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係はとても築きやすかったです。とりあえず入学式で誰かしら話しかけることが大切です。オリエンテーション期間も友人を作りやすいです。
    • 学生生活
      アルバイトについては、ほとんどの人がしています。大学周辺にはカフェや居酒屋などお店がたくさんあるのでアルバイト先には困りません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      文学についてですが、取っていく科目によって、結構変わっていきます。なので入学前に何を学びたいか具体的に考えておくといいです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:430744
    この口コミは参考になりましたか?
741-10件を表示

基本情報

住所 岡山県 岡山市北区津島中1-1-1
最寄駅 JR津山線 法界院
電話番号 086-252-1111
学部 法学部、 経済学部、 文学部、 理学部、 工学部、 環境理工学部、 農学部、 教育学部、 薬学部、 医学部、 歯学部
概要 岡山大学は、岡山県岡山市北区に本部を置く国立大学です。1900年に創立された第六高等学校を前身とし、1949年に岡山師範学校や岡山医科大学を包括して岡山大学となりました。法学や経済などの文学から理工系まで幅広く学ぶことができます。教師目線ではなく学生目線で何ができるようになったかに重点を置く教育を目指し、学生本位の教育体制を敷いています。 本部が置かれる津島キャンパスには教育学部や法学部など9つの学部が置かれ、鹿田キャンパスには医学部と歯学部が設置されています。2012年度より国立大学では初めて、理学部や工学部において国際バカロレア入試を導入しました。また、2013年度にはグローバル人材育成特別コースが開設され、グローバル社会で活躍する人材育成を目的とするカリキュラムを取得することができます。

おすすめのコンテンツ

岡山県で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  岡山県の大学   >>  岡山大学   >>  文学部   >>  口コミ

岡山大学の学部

法学部
偏差値:50.0 - 55.0
★★★★☆ 3.83 (73件)
経済学部
偏差値:50.0 - 57.5
★★★★☆ 3.84 (71件)
文学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 3.87 (74件)
理学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.94 (41件)
工学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.80 (85件)
環境理工学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.31 (30件)
農学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.01 (46件)
教育学部
偏差値:52.5 - 55.0
★★★★☆ 4.03 (84件)
薬学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 3.78 (16件)
医学部
偏差値:52.5 - 65.0
★★★★☆ 4.02 (63件)
歯学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 3.98 (11件)

オススメの学部

青山学院大学
青山学院大学総合文化政策学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (41件)
東京都/私立
大阪市立大学
大阪市立大学生活科学部
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ (60件)
大阪府/公立
北海道大学
北海道大学教育学部
併願校におすすめ
★★★★☆ (35件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。