>>     >>     >>  口コミ

宇都宮大学
宇都宮大学
(うつのみやだいがく)

栃木県 / 国立

偏差値:51 - 59

口コミ:

3.87

(61)

宇都宮大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.64 48位
研究室・ゼミ 3.93 17位
就職・進学 3.80 47位
アクセス・立地 3.56 20位
施設・設備 3.49 44位
友人・恋愛 3.87 9位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

62件中 1-10件を表示
  • 宇都宮大学
    女性在校生
    国際学部 国際文化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      一年生のうちは広い分野を学ぶことができるが、学年が上がるにつれて専門性もあがるだけでなく宇都宮大学独自の英語プログラムも充実しており自由に自分の学びたいことを学ぶことができる。
    • 講義・授業
      講義だけでなくアクティブラーニングの授業を増やしているので、生徒が主体的に学べるいい授業をしていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      詳しくは知らないが、学部に所属してる人数に対しては研究室やゼミのテーマは充実していると思う。コミュニケーション学を心理学の面からも指導している指導なんかは興味深いためとても充実していると思う。
    • 就職・進学
      就職サポートセンターがあり、広くサポートをしていると思う。就職率はとても高く、大手企業にも就職したり栃木県内で就職を決めている人がいます。
    • アクセス・立地
      周辺の環境はとても良いが最寄駅である宇都宮駅は徒歩で30分ほどかかるため、徒歩は適していない。しかし大学の周りにはお店も多いだけでなく工学部・地域デザインのキャンパスである陽東キャンパスが近い為、峰キャンパスに行き来しやすくとても良い環境にあると思う。また、緑も豊富でとても空気がきれいで自然に富んでいる。
    • 施設・設備
      標準的ではないかと思う。とくに新しい建物があるわけではないが、すごく古いわけではない。比較的きれいだと思う。
      しかし、独自の英語プログラムによりシアターがあったり独自の設備が宇都宮大学の良いところだと思う。
    • 友人・恋愛
      人数が特別多いわけではないので、みな広く友達関係を築いているように思う。
      サークルに所属すると、より濃い友達関係を築ける。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養がメインだが、学年が上がるにつれて専門性が増してくる。
      国際学部は第二言語が必修になっていて興味深く他の言語も学べる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    女性在校生
    農学部 応用生命科学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      募集人数が少ないため、ひとりひとりにしっかり指導を行って頂けます。また、学科内はアットホームな雰囲気で全員で仲良く講義や実験に臨めます。学部内では化学実験が一番充実しており、実験好きな人が多く所属しております。
    • 講義・授業
      基盤科目や生物分野の講義を基礎知識として学ぶことができます。さらに、化学は基礎から応用まで学ぶことができます。生物を化学の知識で深掘りしていけるような知識が講義で身に付きます。
    • 研究室・ゼミ
      最先端の研究をしている研究室が多く、企業と提携したり他大学との合同研究をしている研究室もあります。実験で使用する測定機器は1つの部屋にまとめてあり、多くの学生が共有して使用しております。
    • 就職・進学
      卒業生の就職先の方や大学の近くに工場のある会社の方など、研究室にいらっしゃることがある程、交流や対面する機会があります。採用に前向きな企業様は合同説明会とは別に説明会を行って下さることもあります。
    • アクセス・立地
      一人暮らしをしている人は自宅から通っている人よりも多いです。一人暮らしの人は自転車で通う人がほとんどです。大学付近にはスーパーやコンビニが多いので生活するには便利かと思います。ただ、電車で遠出をする場合は少し不便です。大学から最寄駅までの距離があるので、多くの学生は自転車で行くかバスを利用します。歩いて行くには少し遠いと感じます。
    • 施設・設備
      建物の改装をしたばかりでどの研究室に配属されても部屋は綺麗です。また、パソコンも新しくなり以前より便利になったと感じます。アグリコモンズは農学部の学生が共通して24時間使用でき、夜遅くでもパソコンなどの利用もできます。パソコンを持っていない人でも時間を気にせず使用できます。
    • 友人・恋愛
      一年間を通して二回スポーツ大会があります。各研究室と研究室に未所属の学年がそれぞれチームを作り、学科全体のイベントとして盛り上がります。スポーツ大会で優秀な成績だったチームには景品が用意されています。さらにスポーツ大会後は懇親会があり、学年や身分に囚われることなく交流することができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では基盤科目や学部共通の科目が多いです。2年生は1年生より化学の内容の授業が増えてきます。実験が始まるのもこの時期です。3年生ではほとんど化学の科目ばかりで実験は2年生の倍の時間になります。後期には研究室配属が行われ、四年生で卒業研究を行います。
    • 所属研究室・ゼミ名
      生物化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      コラーゲンをはじめとするペプチドの研究を行っています。先生が愉快な人なのですぐ打ち解けることができます。また、学生のことを尊重してくれるので、きおうこともありません。
    入試について
    • 学科志望動機
      生物と化学が混ざったような、バイオの分野を勉強したいと思い、この学科を志望しました。また、オープンキャンパスでの体験授業に興味を持ち、この大学で学びたいと感じるようになりました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文と面接があります。小論文は過去問をいくつか解き、先生に添削をして頂いてました。面接は担任の先生と推薦入試を受ける他の生徒と1ヶ月程練習しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    女性卒業生
    教育学部 総合人間形成課程 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      文学を学びたい、付随して心理学も学びたい、歴史学も・・・と、欲張りな方にオススメの学科です。幅広く授業に参加できるので、他の学科、学部の方と交流ができます。
    • 講義・授業
      領域ごとに教授が分かれており、掘り下げたい専攻分野が決まれば、それに付随した授業も受けられるし、好きな先生のゼミに入れる。
    • 研究室・ゼミ
      心理学系の研究と、専攻分野の研究、両方が選べるようになっている。自力で切り開いていかないといけないので、大変かもしれません。
    • 就職・進学
      地元企業には強いです。栃木県内では唯一の国立大学なので、ネームバリューが強く、就職には有利だと思います。
    • アクセス・立地
      ターミナル駅である宇都宮駅からは徒歩30分とかなり離れていますが、バスが頻繁に出ているので通いやすいと思います。
    • 施設・設備
      教育学部棟は古いですが、その他の棟は新しくしているので施設や設備も整っています。最近は古い棟から改築していると聞くので、これからに期待です。
    • 友人・恋愛
      教育学部はいろんな学科の人と授業を一緒に受けるので、学科の垣根を超えて仲良くなりやすいです。他課程のゼミも専攻できるので、交流しやすいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      4年生からゼミに所属し、それぞれの専攻に分かれます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      近代日本文学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教授は厳しくて有名ですが、的確なアドバイスをしてくれます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      不動産
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      立地と給料と働きやすさで選びました。不動産に興味があったため
    入試について
    • 学科志望動機
      教員免許も取得できますので、幅広く色々学びたいと思い志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      この大学に関しては後期入学でしたので、2次試験は受けていません。センターの点数のみで入学しています。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    男性卒業生
    農学部 農業環境工学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      土木関係の仕事、食品会社、地方公務員になりたい方にはいいと思います。 基礎的なことから、3.4年には実験、研究室の配属があり、自分の興味のある分野の研究ができます。 ゼミの資料つくり、発表、一般企業との共同研究などを通して、成長できると思います。1.2年のときに取れる資格を取っといた方がいいと卒業してから思いました
    • 講義・授業
      専門的な授業から農業実習まであって良い経験になった。一般教養も様々な分野の授業を選べて単位も取りやすいと感じた
    • 研究室・ゼミ
      ゼミがとにかく勉強になった。発表資料の作成、研究へのアプローチなどから成長できたと感じた。一般企業とも共同研究もできてよかった。
    • 就職・進学
      特に支援はなかった。特に県外の一般企業の情報が少ない。公務員試験を受ける人は授業の知識を活かせるからよいと感じた
    • アクセス・立地
      一人暮らしはアパートが大学の周辺に多くあり、自転車で通学できる。駅からも自転車で15分くらいで着く距離なのでいいと感じた
    • 施設・設備
      農学部の建物は古いが実験をするための棟は新しい。実験設備も充実していて不自由しなかった。予算もそこそこあるのだと思う
    • 友人・恋愛
      サークル活動がさかんで他学部との交流が多い。同じ学科の仲間とも授業や研究室で一緒にいる時間が長く、仲良くなれる。現在でも付き合いが続いている
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年生は一般教養で3.4年生は実験、ゼミ
    • 所属研究室・ゼミ名
      生物環境調節研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      植物工場、オラック値、水耕栽培の研究など
    進路について
    • 就職先・進学先
      農業共同組合
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地元で農業に関わる仕事がしたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      農学に興味があって、自分がやりたい興味があることを見つけたかったから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センターの配点の大きい理系科目中心に勉強した
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    男性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自分が学びたいと思っていることが明確な人にはとてもいい大学であると思います。ただ、科目が多く存在しているので、自分がどのことについて学べばいいかわからない人にとっては最初は苦労するかもしれません。 また、校舎や教室がきれいに整備されており、とても使いやすいと思います。 そして、学科間の交流も多く、様々なところに出かけたりでき、友人関係においてはとても充実していたように思います。
    • 講義・授業
      様々な分野の講義があるので、自分がこれと決めたものについてのことがきちんと学べると思います。ただ、自分がまだどのようなことを学んだらよいかが不明確な人にとっては最初は厳しいかもしれません。 また、講義自体も単調に進んでいくことが多く、途中で眠くなってしまうこともあるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      親身になってゼミの先生が自分が知りたいことについて指導してくださったり、アドバイスをくれるのでとてもためになりました。
    • 就職・進学
      自分が通っていたころは就職支援室はあったので、様々な情報を得ることができた一方で、面接指導などの実践を行えるような機会があまりなかったように感じます。
    • アクセス・立地
      駅から多少離れているので、自転車やバスで行かなければなりませんでした。 また、講義が行われている棟の近くの駐輪場はすぐに埋まってしまうことが多かったです。
    • 施設・設備
      校舎の建て替え等が行われているので、自分が通っていた時よりもきれいに整備されていると思います。 各学部ごとに部屋があるので、そこで交友関係を広げることもできました。
    • 友人・恋愛
      講義はもちろんですが、それを通して様々な人と交流することができました。 今まで知らなかったことや行ってなかったところについて会話でき、とても有意義に過ごすことができました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年次は一般教養が中心でした。3年次になると実習が増え、より実践的なことを学ぶことができました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      上原研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      自分がわからないところなどを親身になって教えてくれました。
    入試について
    • 学科志望動機
      地元での教員になりたいと思い、教育学部のある宇都宮大学に入学を決めました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      宇都宮大学の2次では当時小論文があったので、高校の先生に添削してもらいながら勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    女性卒業生
    国際学部 国際社会学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私自身は最初から関心対象が定まっていましたが、漠然と「国際」に対して興味のある人には向いている学科だと思います。最初は自身の関心のある第二外国語を学びつつ、基礎科目として「国際法」や「国際関係論」、「国際社会論」を履修して幅広い視点を身に着け、徐々に自分の関心が定まってきます。「国際」は言葉の通り非常に幅が広いので、自身とまったく同じ対象を研究する人はほとんどおらず、同期の学生と話しているだけで非常に良い刺激をもらえます。
    • 講義・授業
      「国際」という広い枠組みの中、幅広い専門の先生が集まっており、広い視野で自分の研究対象にアプローチすることができます。数々の第二外国語やその他特殊言語に強い先生も多いので、語学面の細かい質問もすることができます。
    • 研究室・ゼミ
      私の所属していたゼミはゼミ生が5人ほどかつ先生が若手だったこともあり、非常にアットホームな環境で良かった。ゼミの先生は私の専門としていた言語の造詣が深く、留学面でも非常によく面倒を見てくれた。
    • 就職・進学
      就職支援やキャリアセンターなどはありましたが、私自身は大学院進学を選んだため、ほとんどお世話になることがありませんでした。
    • アクセス・立地
      最寄りのJR宇都宮駅からは少し距離があります。そのため栃木県出身の人は車通学、近県住まいの人は電車+バス、一人暮らしの人は自転車を利用する人が多かったです。飲食できるお店は周りに多く、近くに大型ショッピングモールもあります。
    • 施設・設備
      私が在学していた頃は「国際社会学科」が集まって使用するような設備はなかったように思います。そのため普通に図書館やパソコン室を利用していました。私が卒業した後は国際学部のリニューアルが行われたので、全く異なる設備になっているはずです。
    • 友人・恋愛
      国際社会学科は人数もさほど多くなく、比較的女子学生の割合が多いこともあり、男女ともに和気あいあいとした雰囲気でとても楽しいキャンパスライフを送れると思います。私も含め、長期休みには海外に行く人が多く、モンゴルでボランティア、中国1か月一人旅など、普通ではやらないようなことにチャレンジする個性派が多いのでとても刺激的です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と必修科目、それに加えて英語と第二外国語の学習が中心です。第二外国語は、その言語によって先生にムラがあり、やたら厳しかったり、一方でやたら簡単だったりと少し差があります。必修科目は「国際法」や「国際関係論」、「国際社会論」、「国際経済論」といったマクロ的な内容が多かったです。2年になると内容がやや専門的になります。3年になるとゼミに所属し、卒論執筆に向けて計画を立て、少しずつ準備を進めていきます。2年秋または3年秋から留学する人も多く、3年から留学した人は卒業を1年延長する人が多いです。私は専門がヨーロッパのある一国の歴史についてであったため、その国へ1年留学してやはり卒業を延ばしています。しかしそのおかげで語学力はぐっと伸びたと感じています。
    • 所属研究室・ゼミ名
      ヨーロッパ思想論研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      当時の先生の専門はドイツ文学でしたが、「ヨーロッパ思想論」という名前の下、ドイツ以外の国のことを学ぶ人も多く集まっていました。先生との距離も非常に近く、とてもアットホームなゼミだったと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      別の大学院へ進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      留学後、自分の研究対象を更に突き詰めてみたいと思い、自分の実力を試す意味もこめていくつかの大学院を受験しました。その中でも一番研究環境が良いと思ったところに進学しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      ヨーロッパのある国の歴史について興味を持っていましたが、それだけを学びたかったわけではなく、むしろ国際的な視点をもって自分の興味関心を深めたいと思ったからです。知り合いに国際社会学科の先生がいて入試前に直接話を聞くことができたことや、栃木県出身で実家から通えるというのも一つの決め手でした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      栄光ゼミナール
    • どのような入試対策をしていたか
      センターで落とされないよう、万遍なくセンター対策を行う一方で、自分の得意だった国語や英語、世界史は平均点以上を取れるようにしっかりと練習した。二次試験は英語と小論文だったので、センター試験以降はひたすら英文読解、そして英作文と小論文を書く練習を行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    女性卒業生
    農学部 生物資源科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      農業について広く学びたいと考えている方にとはとてもいい学部だと思います。2年でコースがわかれるので、農業について今日見があっても、まだ自分が進む方向を決められていない方は、1年で色んな科目を学び、自分の興味範囲を探していくことができます。
    • 講義・授業
      農業関連の幅広い講義が学べるので、自分の専門分野以外にも、興味のある授業を履修することが可能です。実習や実験も充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      最先端の遺伝子研究もでき、また雑草に関する研究が専門的に行われているのもこの学校ならではです。温度などの管理による果樹や作物の実験が行える研究室もあります。
    • 就職・進学
      就職ゼミを開いてくれるなど、個別相談以外にもサポートが行われています。就職する場合、学校推薦がある企業もあります。
    • アクセス・立地
      宇都宮駅からちょっと遠いのが難点です。歩いて25分くらいですが、駅から通う人は基本自転車かバスです。
    • 施設・設備
      学校が所有する農場があり、宿泊実習もあります。宿泊時は普段の実習よりも本格的に様々な体験ができます。
    • 友人・恋愛
      コースがわかれる前は、学科全体での講義が多いので、色んな人との交流が可能です。また一般教科は他の学部と合同なため、異なる学部の人とも交流できます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年の時は広く一般教養を学びましたが、2年から農場での実習の他に、実験室での講義も増えました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      比較農学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      温暖化による果樹への影響など、温度や湿度など様々な条件を変えて実験が可能です。
    入試について
    • 学科志望動機
      人間のエネルギー源となる食料について学びたいと思ったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を見て、問題の傾向を踏まえたうえで、何度も問題を解きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    男性卒業生
    農学部 農業環境工学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-05投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広い知識を手に入れることができる学科です。農学部は全国的にも有名でもあります。また東京へのアクセスも悪くないので就職活動時にも不便に感じることはあなかったです。
    • 講義・授業
      先生との距離が近いため、わからない点を聴きやすい環境です。幅広い知識を身につけれる上に、深く学べるところもいいところだと思っています。
    • 研究室・ゼミ
      先生との距離がちかいので先生にいろいろ相談に乗ってもらえます。幅広い知識を身に着けられたのは先生も親身になってくださるからだと思うのでとてもありがたい点でした。
    • 就職・進学
      幅広い知識を身に着けることができ、深い知識も身に着けることができるので就職先は本当に様々な業種でした。先生は面接の練習や地歴所のチェックもしてくれるのでとても助かりました。
    • アクセス・立地
      駅からは少し遠いのが難点ですが、自転車があれば十分生活できるところです。生活するうえで必要なものは近くにスーパーがたくさんあるので全く問題なかったです。東京へのアクセスもいいので遊びに行きたい時はすぐに行けます。
    • 施設・設備
      農学部には立派な施設が数多くあるので研究に力を注ぎたいと思った方にはおすすめじゃないかと思います。やさしい先生方と研究に打ち込んでみてはいかがでしょうか。
    • 友人・恋愛
      とても楽しいです。先生との距離が近くよく一緒にお酒をのんでいました。学科の人数が少なかったのでみんなとても仲良くなりました!
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年は一般教養、二年目からは専門的な演習などが増えました。4年のときは研究室に入り自分の好きなことを研究できました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      水質環境
    • 所属研究室・ゼミの概要
      水質であったり、地下水位であったりさまざまな研究ができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      公務員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地元の企業に就職しさまざまな仕事をしてみたいと思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      さまざまな知識を身に着けられそうだったことと、JABEEプログラムによる技術志補の資格を手に入れることができるからです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら自分で勉強していましたので、特別な対策などはしていませんでした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    男性卒業生
    農学部 農業環境工学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-29投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      公務員になりたい人、食品関係の会社に勤めたい人にはいい大学だと思います。基本的な知識、実習も充実しています。就職の支援は少し物足りなかったです。
    • 講義・授業
      1.2年生の時は基本的な知識、物理、化学、数学系を学び、農業の実習もあります。3年生でコースが別れるので自分の行きたいとこに合わせて授業を選択する必要があります。
    • 研究室・ゼミ
      県の研究所、企業との合同研究など社会の需要にあった研究ができます。ゼミの資料作り、研究発表などを通して基本的なことが学べたと思います。
    • 就職・進学
      就職支援は物足りないと感じました。特に他県から来て地元に就職する人にとっては情報を自分で仕入れるしかないので厳しいです。
    • アクセス・立地
      大学の周りにはアパートがたくさんあり、1人暮らしの人にとっては自転車があれば通勤に苦労しません。電車では駅から自転車で15分くらいなので通学するには便利だと思います
    • 施設・設備
      農学部棟は古くて歴史を感じます。あまり綺麗とはいえませんが不自由に感じたことはありません。しかし研究室の棟は新しいところもあり、実験の設備自体は充実してると思います。
    • 友人・恋愛
      サークル活動もさかんで農学部以外の人との交流もたくさんあります。1.2年生は一般教養の授業は他の学部と一緒に授業を受けるので交友関係を広げるのにいいです
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年生は一般教養と学科の基礎を学び。3年生からは実験、4年生でゼミ、卒論の流れです
    • 所属研究室・ゼミ名
      生物環境工学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      植物工場に関心があり、研究内容に魅かれました
    進路について
    • 就職先・進学先
      農業協同組合
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      農業に関わる仕事、地元の農業に貢献したいと思ったからです
    入試について
    • 学科志望動機
      農学について広く学びたいと思ったからです
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験は得点配分が大きい理系科目を中心に勉強しました
    この口コミは参考になりましたか?
  • 宇都宮大学
    男性卒業生
    農学部 応用生命科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      農学を学びたい人にとってとてもいい大学だと思います。大学の附属農場もあり、一年生のときには「コア実習」といって農場での実習があります。応用生命科学科は化学が好きな人が集まっていて、食品や有機化学など、色々なことが学べます。教室や校舎は少し古かったですが、今は新しくなっているようです。
    • 講義・授業
      食品や有機化学、幅広く履修することができ、また、先生方も非常に熱心に教えてくれる方が多かったです。基本的に授業はレポートのみで評価されるものではなく、定期試験を行って評価する、という形式でした。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は先輩や同級生に恵まれ、非常にいい環境で研究活動をすることができました。ただ、研究室は本当にそのときそのときの人の環境によってかなり違ってくるので、自分で見学に行くことや、先生に話しを聞きに行くことが重要か思います。
    • 就職・進学
      私のときは学部でほとんどの人が就職しました。様々な企業へ就職を決めており、また、一部の学生は大学院に進学していました。栃木県では一番上の大学なので、栃木県内で就職を目指す場合は非常に有利かと思います。
    • アクセス・立地
      宇都宮駅から徒歩で15分ほどの立地にあるので、アクセスはいい方だと思います。歩いていくのが面倒であれば、バスもでていますし、また、栃木県で一番大きな都市なので、交通機関は非常に便利です。
    • 施設・設備
      農学部の応用生命科学科は最近新しい校舎に立て替えたので、きれいになっているはずです。私が所属しているときに建て替えの工事をしえていました。また、図書館はとてもきれいで、図書の貸し出し期間が比較的長いのも嬉しかったです。
    • 友人・恋愛
      サークル活動や部活など、充実していて、学科内でもちらほらカップルが見受けられました。また、大学内だけでなくバイトをすることによってもいろんな出会いがあるので、積極的にするべきだと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基本的な科目を履修するので、あまり忙しくはないですが、3年生くらいから専門科目が難しくなってきます。4年生から本格的に卒業研究が始まります。私は有機化学の分野で研究活動を行いました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      天然物有機化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      天然由来の生理活性物質の化学合成などを扱う研究室で、製薬や食品などの企業に就職したい人にとっておすすめの研究室です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院に進学しました。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学での研究活動が面白いと感じ、さらに大学院で学びたいと考えたためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      農学を専攻したいと考えていたため、応用生命科学科に入学しました。また、この学科を通して食品関係の授業も履修して、深く勉強したいと考えていたことも理由の一つになります。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を重点的に勉強しました。インターネットで入手できるはずなので、受験生はチェックしてください。
    この口コミは参考になりましたか?
62件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

栃木県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

宇都宮大学の画像 :©ブレさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

奈良女子大学
奈良女子大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:55 - 64
★★★★☆3.98 (109件)
奈良県/国立
東京海洋大学
東京海洋大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:56 - 65
★★★★☆4.03 (30件)
東京都/国立
茨城大学
茨城大学
併願校におすすめ
偏差値:51 - 58
★★★★☆3.74 (167件)
茨城県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。