みんなの大学情報TOP   >>  栃木県の大学   >>  宇都宮大学   >>  口コミ

宇都宮大学
出典:ブレ
宇都宮大学
(うつのみやだいがく)

栃木県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.80

(152)

宇都宮大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.80
(152) 国立内61 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.62
  • 研究室・ゼミ
    3.77
  • 就職・進学
    3.65
  • アクセス・立地
    3.40
  • 施設・設備
    3.53
  • 友人・恋愛
    3.80
  • 学生生活
    4.05
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

152件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    農学部 農業環境工学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学んでる内容が個人的には興味がなくてつまらない。
      数学物理ができないと苦しい。
      メンツは楽しい。
      志が高い人が少ない気がする。
      この学科で最終的になにを修得するようになればよいのかわからない。
      農業より土木のほうに進みたい人の方が向いてる。
      なににでもなれるけど、なににもなれない気がする
    • 講義・授業
      専門的であるがそれがどう生かせるのかわからない。農業工学に関するいろいろな分野の講義があるが、どれもおもしろい内容であるとは思えない。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミは始まっておらず、研究内容も決まっていないため。しかし、自由にやらせてくれるので先生は好きである
    • 就職・進学
      いろいろな就職先から人が来て説明をしに来てくれるが、公務員ばかりである。農業系なら先生の推薦がある。
    • アクセス・立地
      駅から遠い。宇都宮駅から自転車で10分、東部宇都宮駅からは自転車で20分はかかる。周辺に飲食店、居酒屋が少ないのでいつも決まったところになる。
    • 施設・設備
      パソコン室はいくつかあるが、講義の使用であいていない時が多々ある。
      勉強、談笑できる学生待合室があるが、空気がわるい、空調が悪い、お昼時混み過ぎている。
      試験前などは教室はあいているところどこでも使用できて友達と勉強できるのは良い。
      研究棟は結構充実していると思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科でもサークルでも良い友達に巡り合えたと思う。
      よく遊んだり、飲んだりするのはサークルの友達、先輩、後輩である。
      同性も異性もいろんな友達に出会えた。
    • 学生生活
      サークルは活発に行われているが、自分の出席率はそんなに高くない。
      2年のときがよく行ってた。
      アルバイトは週3で塾講師を行っている。非常に働きやすい環境の職場である。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は学科に関係ないさまざまな分野の授業を取ります。心理学とか
      英語は二年まで必修です
      二年次からは一年の時とり切れなかった専門外科目と学科の科目を並行して取ります。
      二年生までは講義数が多くて忙しいですが、
      三年になると学科の必修や選択科目だけになるので、忙しさのピークは過ぎます。
    投稿者ID:431875
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    国際学部 国際学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      授業にかんしては充実しており、さまざまな分野に関して広く学ぶことができるでしょう。内容はためになるものももちろんありますが、授業によってはほぼ使わないような教科書を買わされるなど不満がでるものもいくつかあります。また、国際学部棟が少し古く、暖房が十分でなかったりトイレが古かったりと設備面での問題も多少あります。
    • 講義・授業
      基本的にどの授業もためになるでしょう。ほとんどの第3言語の授業はネイティブの先生が教えてくれるので、言葉だけではなく文化についても楽しく学ぶことが出来ると思います。
    • 研究室・ゼミ
      正直、ゼミは当たりはずれがあると思います。教授と仲良くできるところもあれば、セミナーなどに強制的に出席saserareruところもあります。また、興味のある内容でも、担当教諭と馬が合わなければ、そのゼミで活動することは考え直した方がいいかもしれません。ゼミの事前演習をしっかりと受講し、十分に考えてからゼミを選ぶことが必要でしょう。
    • 就職・進学
      学科として、就職に関するサポートはほぼないといっていいでしょう。あまり期待せず、自発的に就職活動をしていく必要があると思います。就職先に関しては正直個人次第なのでなんとも言えません。
    • アクセス・立地
      宇都宮駅から大学まで約3kmあるので、決してアクセスがいいとは言いにくいでしょう。また、大学付近に居酒屋などが少ないため少し不便かもしれません。ラーメン屋はたくさんあります。
    • 施設・設備
      学科には共用のスペースがあり、そこでPCが使えます。ただ台数が少ないので多少不便かもしれません。他にもPCを使える部屋はありますが、キホン3年生以上ではないと入れないところにあるため決して便利とは言えません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科は社交的な人間が多いため、すぐにみんなと仲良くなることができると思います。特にグループという概念も存在しないので安心できるとおもいます。
    • 学生生活
      サークルはバンドサークルに所属していましたが、そこでは非常に充実した活動ができるとおもいます。初心者でも楽器に触れられるしライブにも出られるので楽しむことができます。ただ、出費は多少多くなります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      はじめはさまざまな分野の基礎的なものを学びます。授業は自分で買うから選択できるものが多いので興味もあることをたくさん学ぶことができるでしょう。必修教科書では国際政治、国際関係など学科らしい国際的な分野を学びます。
    投稿者ID:431885
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農学部 農業経済学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分の意思で何をするのか決めるのが重要だと思います。勉強をとても頑張っている人もいるし、サークルを充実させている人もいます。自分のやりたいことについてよく考えて見てください。経済学はおもしろいです。
    • 講義・授業
      教授によってだいぶ変わります。他の学部の人と混合でやる授業が多いので、多少緊張感があると思います。ただ、やはり本人がどこまでしっかり講義の内容を聞いてるかによって理解度は変わってきます。
    • 研究室・ゼミ
      3年後期に入ったゼミが卒論を書くところになるそうです。ゼミ生同士のつながりだと、たまに飲み会が開かれるそうです。まだ私は始まってないので詳しくは分かりません。
    • 就職・進学
      入学時に主な就職先などが載っている冊子を渡されます。就職率は大体いいそうです。銀行系なども多いそうです。
    • アクセス・立地
      最寄駅は宇都宮駅ですが、歩くと40分かかるので少し不便です。でもバスはたくさん通っています。大学のすぐ近くに一人暮らししてる人が多いようです。
    • 施設・設備
      キャンパスはほどよい広さです。アグリコモンズという場所があり、そこは講義の打ち合わせができたり人を待てたりとなかなか便利です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      やっぱりサークルに属していると恋人ができやすいと思います。私の周りもサークルがきっかけの人が何人かいます。
    • 学生生活
      私の属しているサークルは小規模なのでイベントがたくさんということはありませんが皆いい人達で楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      農業経済学という、文理融合の学問を学びます。農業に関することと、経済学両方を学ぶことができるのでどちらも興味があるという人は面白いと思います。
    投稿者ID:431611
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    農学部 応用生命科学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      授業の面で良い点は、実験や実習の種類や数が多い点。座学は比較的一限が多いので、その後の時間を有効に使える点など。
      研究室の良い点は、建物の改築を行ったばかりなので、部屋や実験机などがきれいな点。話しやすい先生が多いので、質問しやすい点。
      授業以外の面で良い点は、学年対抗や研究室対抗のスポーツ大会があり、学科の人と仲良くなりやすい。実験に使用した魚を使ってバーベキューをすることもあり、とても楽しかった。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容は、スライドやレジュメを用いらことが多く、教科書を購入する必要があまりなかったので、金銭的に助かった。
      毎回、講義の最後にミニテストをしてくれる先生もおり、理解度を深めやすかった。
      実験については、先生の他に先輩もTAとして、手伝ってくれており、質問したりしやすい雰囲気だった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室配属は3年後期と比較的遅いが、じっくり考えられるので、よかった。配属は基本話し合いで決めることになっているが、まとまらないと成績順になるので、人気の研究室に入りたい場合、1年次から勉強を頑張った方がいい。
    • 就職・進学
      大学院の進学の希望者は少ないが、希望すればほぼ全員進学できる。就職のサポートについては、学内説明会が数回ある。
    • アクセス・立地
      駅からは歩けないことはないが、みんな自転車を使っていた。バスは雨の日ありえないくらい混む。大学周辺は家賃が安いので、一人暮らしをしている人が多かった。大学の近くには、やすい居酒屋が多く、頻繁に行っていた。終電はものすごく早い
    • 施設・設備
      実験室、付属農場、付属林、バスなど豊富である。実験器具も比較的豊富だった。敷地が広いのでグランドが大きい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      近くに大学もあまりなく、一人暮らしのの人が多いので、自然と仲良くなる。学外の人と出会う機会があまりないので、学内の人同士で付き合っている人が多かった。
    • 学生生活
      サークルはたくさんある。ほとんどの人は複数のサークルを掛け持ちしていろいろ楽しんでいた。バイトは居酒屋や近くのショッピングモールが多かった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      食品生化学、食品機能学、食品科学、食品衛生学、食品栄養学、有機化学、無機化学、高分子学などいろんな分野の勉強ができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品メーカーの研究開発職
    投稿者ID:428453
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際学部 国際学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      国際文化学科(現国際学科)は語学を始め、異文化理解を深める授業や日本を海外からの視点で考える授業が多い学科です。また、国際学部の学生が多く所属する国際協力系サークルも多数あります。
    • 講義・授業
      授業の内容については、教授の話を聞くだけの座学からグループワークやディスカッションが中心のものまであります。課題は中間と期末にレポートやテストが課されることがほとんどです。履修の組み方としては、1、2年生のうちは共通の必修科目や基盤教養系の科目をとり、3年生から自分の興味に合わせて専門科目を取る人がほとんどです。また、3年生から留学やインターンで海外に渡航する学生もとても多いです。
    • 研究室・ゼミ
      選び方は自分の興味のある分野について卒業論文を書けると思う教授を自ら選んで申請し、教授が許可するといった形です。ゼミ確定は3年後期なので、それまでに様々な授業をとって卒業論文の方向性を決めておく必要があります。ゼミの開催頻度は教授によって異なりますが、自分の所属するゼミは2週間に一度集まり、研究の進み具合について発表するといった感じです。人数もゼミによってまちまちですが、平均で4、5人くらいです。
    • 就職・進学
      学校からの就活を含めたキャリア支援は充実していると思います。大学内にあるキャリア支援センターがあり、就活のサポートをしてくれる専門の相談員がいます。面接の練習をしたり、履歴書の添削などをしてくれます。
    • アクセス・立地
      大学はJR宇都宮駅からバスで15分ほどのところにありますが、学生は自転車を使っている人がほとんどです。下宿生は大学の周りに住んでいるのがほとんどなので、生活範囲も大学から駅周辺です。
    • 施設・設備
      キャンパスや教室は新しい箇所もありますが、古い建物もあります。課題をやるためには図書館だけではなく、パソコン室や24時間解放している共同スペースもあります。キャンパス全体としてはあまり広くなく、こぢんまりとしているイメージです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達を作るには、入学式前の新入生交流会に参加するのがいいと思います。学部を超えて顔見知りの人もできるチャンスですし、学部ごとの交流会もあります。また、サークルや部活も豊富なので、所属することでたくさん友達は作れると思います。テスト前に共同スペースでみんなで勉強をしたりして仲良くなることもありますし、授業内で友達を作ることもできると思います。恋愛に関しては、やはりサークル繋がりなどで付き合う人たちが多いイメージです。
    • 学生生活
      サークルや部活は体育会系から文化系まで様々にあり、自分の入りたい所が見つかると思います。1つだけではなく2つ、3つ入っている人も珍しくありません。アルバイトは大学の周りにたくさん飲食店やショッピングモールがあるので、そういったところでやっている人がほとんどです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は学部関係なく必ず受けなければならない、一般教養や英語の授業が中心です。月曜から金曜までまんべんなく授業が入るイメージです。2年次になると一般教養系が少なくなり、その代わりに学部の専門科目を取るようになります。専門科目は英語以外の外国語や異文化理解に関わるもの、国際社会系の科目です。3年次になるとほぼ学部の専門科目のみで、平日でも授業がない日が半分くらい出て来たりします。また、この時期から卒業研究のことを意識し始め、自分の興味に合わせてどの教授のゼミに入りたいか決めなければなりません。3年の前期終了時に希望を出し、後期からゼミが始まります。また、3年の後期から海外に留学やインターンに行く学生も学部の半分弱いますが、その場合は卒業が一年遅れます。そして四年次になると就活とゼミでの卒業論文のみ、というのが一般的で大学に出てくることも一年次などに比べるとあまりありません。
    投稿者ID:430993
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際学部 【募集停止】国際社会学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      国際学部は自由てあり、4年間の中で何をするか、選択の幅が非常に広い。ただ、就職に関しては、入学時とは違う方向へ進む人が多く、せっかく学んだ知識を活かすことが十分に出来ていないと思う。
    • 講義・授業
      戦争、平和、教育、政治、環境、ジェンダー、外国人児童など、幅広いテーマの講義がある。
    • 研究室・ゼミ
      様々な研究内容のゼミがある。しかし、国際法についての教授が退職し、国際法を学びに来た学生にとっては可哀想であった。
    • 就職・進学
      自主的に行わないといけないのは勿論だが、もう少し教授が就職活動に対しての情報を与えた方がいいと思う。就職実績については、大手の企業もあれば、国際系の仕事、公務員など様々である。
    • アクセス・立地
      キャンパスへの通学の便は良いと思う。
    • 施設・設備
      国立大学のため、充実しているとまではいかないが、困るほどではないと追う。みんなで勉強できる施設もある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      尊敬できる人がたくさんいる。
    • 学生生活
      国際系サークルが沢山あり、真面目に楽しく活動できている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      戦争と平和、国際法、ホームレス、貧困、教育、政治、文学、文化、英語、環境、国際協力など幅広い分野で勉強できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      まだ決まっていない。
    投稿者ID:389817
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      三年次の教育実習に向けて、勉強を進めていきます。教員になるための基礎を、きちんと学ぶことができ、教育実習はとても厳しい3週間ですか、たとえ教員にならなくても、とてもためになる経験です。突然3週間実習に行くわけではなく、一年次から少しづつ現場の学校に行く機会があり、学校現場とはどういう場所か、教育とは何かをしっかり学ぶことができます。また同級生は殆どが教員になるので、卒業後も共に働くことができます。
    • 講義・授業
      教員採用試験で必要となる、跳び箱や水泳の授業もあります。また音楽棟にはピアノの練習室もあるので、試験のために練習することもできます。
    • 研究室・ゼミ
      様々な分野からゼミを選ぶことができます。
    • 就職・進学
      教員採用試験対策のために、講座が開講されます。
    • アクセス・立地
      宇都宮駅からは少し距離があります。バスも本数は多くなく、自家用車や自転車での通学か多いです。
    • 施設・設備
      私立大学のような充実感はありませんが、学食とミニストップがあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教員になるための授業です。教科の指導方法やそれに関する知識を身につけます。大学全体として、英語教育にも力を入れています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      私立高校
    投稿者ID:389362
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工学部 応用化学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、私の学科は勉強に関して熱心に行う学科だと感じた。化学を本格的に学びたい方は満足できるないようになっていると感じる。卒業後、就職するものと進学するものと半々にいる。
    • 講義・授業
      講義の内容に関しては、とても充実していて、本格的に学ぶことができる。内容が難しくて単位をとることが難しいものもあるが、ちゃんと勉強ればとれるものばかりである。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年から4年の間に入ることができる。単位や評価基準を元に希望のゼミに入れるか優先順位をとる方式で入る。ゼミの種類も多く、興味深いものが多々ある。
    • 就職・進学
      進学へのサポートに関しては、自校に関してのサポートは手厚いと感じるが、他校に関してはそうあったものが感じられない。また、就職も進学に比べてあまり力をいれていないように感じる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は宇都宮駅で、自転車で20分程かかる程なので、みんな大体自転車かバスを使用して通学している。平地なため自転車が多い。周りにショッピングモールもあり、買い物も不自由なくできる。
    • 施設・設備
      キャンパスは2つに別れており、2つとも図書館などの設備が整っている。敷地面積は小さいが、その分迷いにくくなっている。また、コモンズという部屋が各学科にあり、自習や話し合いができるようになっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内では私は入学前からサークルが運営する交流会に参加していたので、それのお陰で友達ができたと感じる。自主的に行動しないと友人は作れないと思う環境だった。サークルも友達を作るいいきっかけだった。
    • 学生生活
      部活に入っており、充実した毎日を過ごせている。大学のイベントも部活を通して参加してとても楽しかった。アルバイトも社会勉強になった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年と2年で主に化学の基礎を学び、2,3年から実験を通して方法を学ぶことができる。4年になって、ゼミに配属されるが、3年から配属される制度もある。
    投稿者ID:409958
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    農学部 生物資源科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      充実している点としては、基盤教育科目が多く様々な分野を広く学ぶことができる点や、英語教育に力を入れており一人一人のレベルに合わせた授業をしてくれることである。
    • 講義・授業
      英語が苦手な生徒でも楽しく受けられるような工夫をしてくれるため、英語の授業を楽しめる。また、優しい先生が多いのもいい点だと思う。
    • 研究室・ゼミ
      研究室にはまだ配属されていないため、客観的な意見しかできないが、研究室のジャンルが様々で自分が学びたい分野を見つけることができるとおもう。
    • 就職・進学
      就職率が高く、就職支援センターがもうけられているため、サポートが厚く気軽に相談に行けるのがとてもこころづよい。
    • アクセス・立地
      駅からバスで10分ほどの距離にあり、交通の便はとても良いと思う。学校の周りは食道が多くよく友人と利用する。
    • 施設・設備
      教室は比較的きれいな方であると思うが、いすが固く長時間座っているのは苦痛である。また、Wi-Fが飛んでいないためパソコンが使えない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内で数人と部活動の友人や先輩とはよく食事に出かけたりするが、恋人がいるひとは学科内では数人しかいない。
    • 学生生活
      私が所属しているサークルは少人数だが仲が良く、ディズニーランドに行くなどイベントがたくさんあるためとても楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基盤教育科目が多く、自分で学びたい分野を学ぶ。経済分野や農業についてなどジャンルは様々である。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      農薬会社
    投稿者ID:409809
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 学校教育教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    • 総合評価
      大学時代全般を振り返ると勉学、プライベート共に充実していた。講義や教授に関してはゆるいものと厳しいものの差が激しいものの比較的単位が取れやすい。ただやる気がないものも通してしまう理不尽さも目立つ。教員志望するものに対しては手厚いサポートがあるが、その他の進路のものに関しては、冷たい対応である。
    • 講義・授業
      先生はゆるい人が多いが、ゼミは充実している。少人数学科に関しては教授と学生が一対一になるところもあり、研究に熱心に取り組めるし、手厚い指導を受けることができる。課題に関しては比較的簡単なレポートが多い、講義をちゃんとでていれば単位はとれる。履修登録はウェブにて、自分で組み立てるが、わからないところがあっても尋ねる人がいない。教授は履修登録に関して分かっておらず、支援課は聞きに行くと教授に文句を言ってくる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は学科によってまちまちだが、早いところは2年次からあたりをつけて3年次には研究を始める。四年ではそれまでを踏まえ本格的な研究にはいる。選び方に関しても学科によってまちまち。少人数学科はやりたいことや教わりたい先生の希望通り行くところもあるが、大人数学科は成績や抽選を考慮してゼミが決まる。中には希望通りゼミにはいれないものもいる。私のゼミの活動は制作が中心、週一で進めたぶんの作品を見てもらい教授に指南頂いている。
    • 就職・進学
      就職指導に関しては大学側が望む進路へ行くものには手厚いサポートがある。私は大学が望む進路ではなかったので頼る人が少なかった。それでも成功してる人も多い。進学については内部進学で院に行くものもいるが、比較的少数派である。
    • アクセス・立地
      最寄駅は宇都宮駅があるが自転車や徒歩でもいける距離である。時間も30分ほどである。学校の周りには大きな商業施設ベルモールがあり遊びや買い物には困らない。
    • 施設・設備
      キャンパスは自然豊かで綺麗である。昼食を食べたり、談笑したりという公共スペースもある。教室については大人数座ることができるが、机が固定されているため、活動はしにくい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科ごとの中は良いが、他学科との交流は比較的少ない。しかし制度が変わって他学科との混合クラス制度が導入され、人間関係の幅は広がっているようにもみえる。その反面居場所やコミュニティが見つけにくかったり、学科同士の関係がよわくなっている。
    • 学生生活
      ほとんど飲み会サークルが多く、わいわいきゃあきゃあしたいものが集まっている印象が強い。しかし、ちゃんと活動しているところもある。サークルが頑張るのは学祭のとき、模擬店を出して思い出作りをしているようだ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほぼ必修の講義で自由に選択できるものは少ないが、この内にとれるものはとっておきたい。必修科目は大学側に指定されている。2年次もまだ指定されている科目が多い。3年次は自由にとれるようになってくる。そこまで頑張れば四年では講義はなくなり、卒業研究に集中できる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:409790
    この口コミは参考になりましたか?
152件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

栃木県で評判が良い大学

栃木県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  栃木県の大学   >>  宇都宮大学   >>  口コミ

宇都宮大学の学部

国際学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 4.08 (40件)
農学部
偏差値:47.5 - 50.0
★★★★☆ 3.88 (43件)
教育学部
偏差値:50.0 - 55.0
★★★★☆ 3.61 (38件)
工学部
偏差値:45.0 - 47.5
★★★★☆ 3.55 (31件)
地域デザイン科学部
偏差値:47.5 - 52.5
☆☆☆☆☆ - (0件)

オススメの大学

東京芸術大学
東京芸術大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.22 (88件)
東京都/国立
東京学芸大学
東京学芸大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (323件)
東京都/国立
福岡教育大学
福岡教育大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.79 (151件)
福岡県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。