みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良女子大学   >>  口コミ

奈良女子大学
(ならじょしだいがく)

奈良県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:

4.04

(199)

奈良女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.04
(199) 国立内19 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.86
  • 研究室・ゼミ
    3.87
  • 就職・進学
    3.88
  • アクセス・立地
    4.41
  • 施設・設備
    3.59
  • 友人・恋愛
    3.52
  • 学生生活
    3.10
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

199件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    生活環境学部 情報衣環境学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      衣環境学コースには第3志望で合格しましたが、思っていた学習内容とはだいぶ異なりました。文系にはきつい勉強も多いため、理系の友達に助けてもらいながら単位を取っている感じです。でも、やって行くうちに、実験含め楽しいと思えるものや、実生活に役立つ知識もたくさん手に入ると思います!
    • 講義・授業
      なかなか文系の生徒のフォローまで気の回る先生は少ないですが、自分から質問をすればいくらでもみなさん優しく教えてくださいます。また、新課程については先生方も知らないことが多いようなので、そんなの習ってません!1から教えてください!って思ったことは、どんどん質問したらいいと思います。
    • アクセス・立地
      近鉄奈良駅から徒歩5分!少し距離のある棟へも10分あればつくと思います!寮なら学校と隣り合っているのでさらに近いですね。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に所属することで、他学部や他校の友人関係も広がります!
      女子大なので、インカレサークルやアルバイトなど積極的に参加しないと、異性との新たな出会いは見込めないかなぁ…?と思います笑
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      繊維にの構造について勉強したり、衣服の管理、洗濯などについて勉強、研究をします。色彩や、服の製作もやって行きます!
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      アパレルメーカー、デザイナー、院進学
    投稿者ID:390116
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活環境学部 生活文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科ごとの人数が少ないため、教授と近く接することができる。質問もしやすく、教授も丁寧に学生のことを考えてくれる。駅から10分もかからないため、通学もしやすく、周りにおしゃれなカフェも多い。
    • 講義・授業
      講義については優しく教えてくれ、単位も比較的取りやすい。生徒もおとなしい人が多く、静かに講義を受けることができる。ただ静かすぎるため眠くなりやすいことがただひとつの難点であると言える。
    • 研究室・ゼミ
      研究室が五人程度のため、非常に丁寧に対応してくれる。人数が少ないため生徒同士、教授ともに仲が良く、年に一度ゼミ旅行に行く。他にも忘年会を開催するなど、楽しく研究ができる。
    • 就職・進学
      閉鎖的な空間であるため、ほかの大学の生徒がどのように就職活動を行なっているのか分かりづらいところがある。そのため、就活に関しては自分で調べてやっていく必要がある。勿論、学校側からのサポートはあるため、適宜使っていくことが大切。
    • アクセス・立地
      駅から10分のところにあるため非常にアクセスはいいと言えるだろう。駅の周りには商店街があるため、たくさんの飲食店やスーパー、薬局、本屋がある。空き時間にそこまで行って買い物を済ませることもできる。
    • 施設・設備
      大学自体が狭いため、食堂等度々人の多さにうんざりすることがある。ただ狭いために教室の行き来は楽である。また、図書室にある本の量は少なく、文庫本は自分で買うもしくは他の図書館で借りることをお勧めする。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛に関しては女子大のためあまり希望を持ってはいけない。もし恋愛がしたいならばバイトや他の大学と合同のサークルに入るべきだ。友人関係はみな仲良く、この大学のいいところではないだろうか。
    • 学生生活
      この学科は人により忙しくなったり暇なったりするので、計画的に時間割を組むことをお勧めする。もしこの学科に入るならば、ほかのことも頑張ることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教養を詳しく身につける学科である。介護のこと、ジェンダーのこと、文化のこと…。自分でやりたいことを見つけていく学科だと言える。まだやりたいことが見つからない人向けの学科。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      まだ就活をしていない。
    投稿者ID:413710
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理学部 化学生命環境学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      とてもいい学科だと思います。アットホームな雰囲気で先生にも質問しやすいですし、先生方同士も学生同士も仲がいいです。
    • 研究室・ゼミ
      所属する研究室によってゼミは異なります。私の所属している研究室では週に一回論文発表の合同ゼミがありますが、週に単独ゼミと合同ゼミがあるところもあります。
    • アクセス・立地
      最寄駅の近鉄奈良駅からとても近いので通学しやすいです。周辺には観光施設がおおく、ショッピングモールなどはありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なので恋愛関係はありませんが、友人関係は充実しています。小さい大学なので学科の人数も少なく学科内で仲がいいです。
    • 学生生活
      小さい大学なのでサークルは少ないかな、と思います。学祭も私立大学などと比べるとかなり小規模です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では1~3回生までは生物の様々なことを学びます。必修科目以外は好きな分野を選択できます。4回生からは研究室に所属し研究を進めていきます。研究室に配属されるのが4回生からなので院に進学を考えていない人はあまり研究を進められないかもしれません。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      内部の大学院へ進学します。
    投稿者ID:388869
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学部 化学生命環境学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学科のが再編成されたため現在と学科名やカリキュラムが変更になっていますが、高校時代から興味のあった内容について勉強することができたため、非常に充実した4年間でした。
    • 講義・授業
      一学科の人数が少ないため学生と教員の距離が近く、雰囲気は良かったです。
    • 研究室・ゼミ
      4回生から各研究室に配属されて自分のテーマについて卒業研究に取り組みます。一研究室に配属されるのは1~3人なので、自分の興味のあるテーマについて担当教員の指導を厚く受けられると思います。
      小さい大学なので大規模な設備などはあまりなく、他の施設にかりにいく場合もあります。
    • 就職・進学
      サポートはそれほど充実はしていません。就職希望者に向けてのセミナーなどはありますが、やはり大きな大学や私立には及ばないと思います。
      どこに就職できるかは個人の能力や取り組み方が大きいと思いますが、大企業に就職する人は正直少ないです。
    • アクセス・立地
      最寄りの近鉄奈良駅からとても近いので便利です。奈良公園の近くで自然豊かな環境ですが、それを良いととるかどうか。
      飲食店などは少なく、閉まる時間が早い。カフェ等もありますが観光地に大学がある感じ。
    • 施設・設備
      小さな大学なので設備はあまり充実していないと思います。研究内容によっては他の大学や施設のものを借りることになります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人は大きなサークルに所属すればそれなりに出来ると思います。一学科の人数が少なく同じ講義をとることが多いので、和気あいあいとした雰囲気で、高校のクラスのような状態なので学科内で友達が出来る。女性しかいないので、恋愛相手は学外で
    • 学生生活
      とにかく大学の規模が小さいのでサークルの数などは少ないです、学祭も小規模。それなりに真面目な人が多いので、遊びに大学に来ているという感じでもないのかもしれないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の間は専門科目は少なく全学部共通の教養の授業が多いです。2回生から学部や学科の専門科目が増えます。学科の各教員の専門内容に基づいた実習などもあるので、そこで4回生からの研究室配属に向けて自分の興味のあるテーマを見つけていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品会社
    投稿者ID:388046
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活環境学部 生活文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      様々なことを学び、たくさん考えられる学科です。大学で勉強をしたいと思っている方にはとても良い大学、学科なのではないかと思います。
    • 講義・授業
      多岐にわたる学問分野の勉強が出来るので、様々なことに興味を持てる人にとっては楽しく勉強できるのではないかと思います。
      自分の学科の授業だけではなく、他学科、他学部の授業も受講出来ます。
    • 研究室・ゼミ
      3年後期からゼミがあります。少人数で先生との距離も近く、たくさん勉強ができるので楽しいです。ゼミによって積極的に活動しているところとそうでないところがあるので、3年前期にあるゼミ見学では興味のあるゼミの見学にたくさん行ってみると良いのではないかと思います。
    • アクセス・立地
      近鉄奈良駅からとても近い点は良いと思います。ただ、遊びに行ける場所は近くにあまりありません。遊びに行くならば京都や難波まで行く必要があります。
    • 施設・設備
      ごはんを食べられるところが、食堂とカフェの2ヶ所あり、どちらで食べるごはんも美味しいです。
      図書館がありますが、あまり蔵書数は多くありません。
    投稿者ID:387938
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活環境学部 住環境学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      一般的に工学部、理工学部で建築を学ぶのとは異なり、住環境という幅広い視野で学ぶことができます。建物の設計の他、インテリアや構造、建築史、地域創生といった様々な研究室があります。
    • 研究室・ゼミ
      3年の後期からゼミが始まります。3年の夏休み前にそれぞれ興味のあるゼミを選び、決定します。
      ゼミは設計、集合住宅、構造、照明、環境(設備等)、材料、福祉環境、地域創生、建築史などがあります。ゼミの活動頻度はそれぞれ異なります。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は近鉄奈良駅です。大学は近鉄奈良駅から徒歩5分です。JR奈良駅からは徒歩20分はかかりますが、JRで通っている生徒もいます。
      下宿生は大学の近くに住んでいます。だいたい4万円~借りられると思います。大学の隣には寮もあります。買い物をするにも、駅周辺の商店街でほとんど買える(スーパー、薬局、百均など)ので便利です。奈良の観光地の中心であり、東大寺や興福寺、奈良公園もすぐ近くにあります。そのため、観光にくる外国人との交流を持つ機会も多いように感じます。
    投稿者ID:387908
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学部 化学生命環境学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 2]
    • 総合評価
      小規模な大学であるため、少人数で丁寧な指導を受けることができます。様々な分野に精通した教授がいますので、自分の勉強したいことを勉強することができると思います。
      勉強熱心な学生が多く、お互いに高め合って学習できました。
    • 就職・進学
      学科生の半分以上が大学院に進学します。進学先は奈良女子大学の大学院が半数以上を占めますが、東京大学大学院、京都大学大学院に進学する学生もおり、自分の学習次第で様々な進路があります。
      就職も、理系研究職や地方銀行、公務員等様々な実績があります。
      就職支援の講義等も開催されるのでそれらを利用することも可能です、
    • アクセス・立地
      奈良県の中心地奈良市にあり、最寄駅である近鉄奈良駅からは歩いて10分程度の距離です。
      大阪、京都から毎日通学している学生もいました。
      大学周辺はスーパーやコンビニ、飲食店等も充実しているため生活しやすい環境です。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      小規模な大学であるため、学内のサークルや部活は多くありませんが、他大学との交流が盛んであり、その交流を通しても自分のやりたいことを見つけることができると思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員/公安職
    投稿者ID:386513
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 人文社会学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      2回生で学科に振り分けられ、3回生で更にコースに振り分けられます。人文社会学科は「歴史学」「地理学」「社会学」を重きに置いた学科ではありましたが、3回生に上がってから、空き時間が増えた際には他の学科の気になる授業を受けることもでき(他学部の授業でもかまいません)、文学部の他の学科と比べると、非常に自由度の高い学科ではないかと思います。しかし、自由度が高い分、自分が何を研究したいかをじっくりと考えなければなりません。人文社会学科を選択した人は大概「何を研究しようか迷っている」人が多かったです。その道筋を示してくれるのは教授ではありません。コピペのような卒業論文など、この学科(特に文学部)では求められていません。学生自身のもつポテンシャルを一番求められている学科と言っても過言ではないのでしょうか。人文社会学科にきて「よかった」「よくなかった」と思うのは、自分の意欲次第です。なので、私は評価を「4点」としました。
    • 講義・授業
      どこの大学でも同じですが、授業の単位の取りやすさ・厳しさは担当教授によって雲泥の差があります。非常に厳しい教授もいれば、とてもフレンドリーな教授もいます。人文社会学科は3回生から更にコースに振り分けられ、コースの選択次第で、その後の授業の取れる範囲がとても変わってきます。必修授業ばかりのコースもあれば、必修がほとんどないコースもあります。講義中の雰囲気は皆まじめで、本当に静かです。人文社会学科は、少人数制の授業が多いため、私語をすると即注意されます。やる気がないのなら、授業を受けるのは大変かもしれません。逆に好きな分野を極めたい!という人にはぴったりではないでしょうか。そういった学生に対しては教授もよくみてくれます。なので、「5点」にしました。
    • 研究室・ゼミ
      2回生で学科に、さらに3回生でコースに振り分けられます。この、「コース」によって、研究室やゼミの雰囲気・開始時期は様々です。2回生の後期から各コースの説明会が始まるので、それに参加してみることが一番大事です。教授に相談もできるので、大いに機会を利用すべきです。奈良女の人文社会学科のコースは、コース同士の繋がりがありません。コース内での結びつきが非常に強いため、そこで友人関係が構築されていきます。人数が多いコースもあれば、片手で数えるほどの人数しかいないコースもあります。しかし、その分みっちり教授が指導してくれます。卒論についても、コースごとで指導方法はばらばらです。私の所属していたコースでは、担当教授が4人おり、学生数が30名近くいたため、5・6人に1人の教授がついて指導してくださいました。毎週1回は必ず進捗状況を全体で話し合う機会があったため、学生同士で刺激しあえて、とてもよかったと思います。他のコースの様子がまったく分からないので、ここは「4点」にしておきました。
    • 就職・進学
      就職支援の事務をしている学生生活課があったので、学科における就活支援はほとんどありません。3回生でコースに振り分けられるので、そのコースの先輩から就職活動の話を伺う会を、学生が主となり企画して、参加してもらう、というようなものをやっているぐらいではないでしょうか。奈良女は地方出身の学生が多く、比較的公務員志望の子が半数を占めていました。文系のため、大学院に進学する人は毎年コースに1人いるかいないかです。学科全体で5人ぐらいではないでしょうか。奈良女にも大学院がありますが、外部の院に進学する人も多いです。学科からのサポート等を考えると、そんなに大して無かったので、ここは「3点」にしておきました。
    • アクセス・立地
      最寄駅は「近鉄奈良」で、始発・終点の駅であり、駅から歩いて5分ほどなので、とても便利です。しかし、JR奈良駅からだと歩いて25分ほどかかるのでしんどいです。バスも出ていますが、朝のバスは人が多いのでお勧めしません。近鉄奈良からだと大阪や京都まで電車で一本でいけるので、とても楽です。学校の周りも、昔ながらの家が多く静かで、のんびりしています。しかし、逆手にとれば、そんなに栄えていないので、便利の悪い所もあるかもしれません。夜も早く店が閉まります。遊ぶところはありません。奈良女は地方出身の学生が多いため、周りには学生用のアパートもたくさんあり、安全ではないでしょうか。以上のことを踏まえた上で、「4点」にしました。
    • 施設・設備
      キャンパスはとてもこじんまりとしています。国立大学では一番小さいのではないか?と疑うほどです。学内の真ん中に大きな池があり、日向ぼっこをするには最適です。人文社会学科の教室は新しいほうです。しかし、狭いです。図書館は私が4回生の時に大掛かりな工事を行っていたので、今は非常に綺麗になっているのではないでしょうか。図書館はとても静かなので、試験前は多くの学生さんが勉強しています。学科ごとに「図書室」があり、そちらもとても狭いですが、色々と資料があり、楽しいです。こちらでは閲覧と貸し出しのみできます。グラウンドが広く、よく体育会系の部活やサークルが朝から練習しているのが見受けられます。便利なようで不便な点もあるので、「4点」にしておきました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内での友人関係は自分次第です。とくに人文社会学科は個性の強い子が多く、おもしろい人間関係を築けるのではないでしょうか。サークルや部活に入れば、他学部・他学科の子とも知り合えるので、サークルや部活に入ることをお勧めします。女子大なので、男女の恋愛を求める方は他の大学との合同サークルや、外部のボランティア団体に顔を出してみるとよいかもしれません。学科に関して友人・恋愛ごとを評価するのは何だか違うような気がするので「3点」にしておきました。
    • 学生生活
      大学のイベントは11月の頭に「恋都祭」という文化祭があり、2年に一度有名な方(俳優・声優さんなど)が来られます。こじんまりとしたイベントですが、毎年盛り上がっているような気がします。文化系のサークルは毎年この文化祭に向けて活動しているところが多いです。学科のゼミでたまに文化祭で出店しているところもありますが、人文社会学科で出店しているところは見たことがありません。アルバイトはたまに教授のお手伝いなどが募集をかけられており、意外と貴重な体験ができるバイトも多いので、要チェックです。着ぐるみの中に入ったりします。学生生活と学科そのものにあまり関係はないので「2点」にしておきました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は「文学部」として入学するので、2年次にどの学科に行くか決める重要な1年間です。教養の授業を受けつつ、自分が何がしたいかを考えてください。文学部は1年次に「英語」「外国語(中・仏・独)」が必修科目となっており、非常に苦労します。1年次が一番気を抜けないです。2年次は「学科」に配属が決まりますが、3年次のコース選択に向けて、自分の興味のある分野を本格的に絞っていく段階です。そのため、「演習」「購読」といった、自分でテーマを調べて発表する授業も増えていきます。この授業で教授の所属しているコースの雰囲気や、どんな学生がそ同じ授業をとっているか、などを見ていくことも大事です。3年次は「コース」に配属が決まり、コースによっては、3年の前期から卒業論文についての発表が始まるコースもあります。自分の研究対象を早くから見つけるというのが大変だと思います。、自分の研究対象を掘り下げていく重要な時期だと思います。4年次は、コースによって進め方が全く異なりますが、私の属していたコースでは、卒論の担当教授が決まり、どのような論文を書くかを同じゼミの子たちと意見交換しながら、自分の研究を深めていきました。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      就職活動に失敗しましたが、卒業後も就活を続け、とある独立行政法人の事務職に就職しました。
    投稿者ID:412057
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    理学部 化学生命環境学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      教員との距離が近くわからないところを気軽に相談できる雰囲気がある。学科内での学生と教員との交流が話を聞く限りほかの大学よりも活発であるため。生物学について生態系から分子的な分野まで広く学ぶことができる。
    • 講義・授業
      講義内容に関しては広く浅くというような印象を受けるため、さらに深く学びたい人にとっては少し物足りない感じがするかもしれない。奈良という土地柄を生かした生態系の実習など独自の実習は充実している。
    • 研究室・ゼミ
      基本的に自分が入りたい研究室に入ることができるが大体の定員が2,3人であるので定員オーバーした研究室においては成績順で決められる。研究費が旧帝大や私立大学に比べると少なく、機械や試薬などでできる実験が制限されることもたまにある。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートについては大学全体で手厚いと感じる。半数以上の人が大学院に進学し、他大学の大学院を受験する人も一定数いる。学内進学においては入試で落ちることはまずない。
    • アクセス・立地
      近鉄奈良駅から徒歩5分ほどで駅から大学までが近いことが自宅生にとっては便利である。学校の周りにはカフェやカラオケが多く、空きコマに友人と遊ぶ場所はある。大きなショッピングセンターなどは電車に乗らないと大学の近くにはなかった。
    • 施設・設備
      研究設備は最低限のものしかなくあまり最先端の機器などはない。学期末になると図書館に人が集まり、パソコンが足りなくなってしまうこともある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内の人数が少ないためみんなと仲良くなれる。女子大であるため出会いは少ないが他大学と合同のサークルなどで彼氏を作っている人たちもいる。
    • 学生生活
      サークルの数が少ないと感じる。学園祭も有名人を呼び大々的に行うのではなくどちらかというと身内で楽しむという雰囲気がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は主に一般教養の授業がほとんどであるため単位を取ることは難しくない。夏季休暇中に野外実習があり、泊まりで実習に出かける。二年次は専門科目の座学がほとんどである。毎日授業があるのでなるべく一年次に一般教養の単位を取っている方がいい。三年次は選択性の専門科目や実習が主である。午後はすべて実習になるので本格的な実験も行うようになる。4年次は卒業研究が主であるため、3年次までに取れなかった単位があると忙しく感じる。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      他大学の大学院
    投稿者ID:412681
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活環境学部 情報衣環境学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      パンフレットやオープンキャンパスで説明されている学科の勉強内容は曖昧であるので、入学してから学ぶ内容が入学する前に思っていたのと異なっている、と言う人が多い。
    • 講義・授業
      高校で文系、理系のどちらを選択していても入学できるが、授業の内容がかなり理系よりなので、高校で文系を選択した人にとっては、授業についていくのが少し大変である。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は3回生の後期からで、私はまだゼミ配属をされていないので、研究室やゼミについては分からない。
    • 就職・進学
      わたしは就職活動をまだやっていないので具体的には分からないけれど、毎年就職率は非常に高いと聞いている。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅から徒歩10分以内である。また、最寄りの駅のそばには商店街があるし、京都や大阪まで、最寄りの駅から1時間もかからずに行くことができる。
    • 施設・設備
      学校自体はきれいであり、学食、購買、カフェも充実している。また、研究室によっては高度な機械を導入しているところもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女の子ばかりなので、男子がらみのごたごたはない。また落ち着いた雰囲気の子が多いので、私の周りでは友人関係の大きなトラブルは聞いたことがない。
    • 学生生活
      情報衣環境学科衣環境学コースの人が多く所属しているファッションサークルでは、自分たちで衣装からステージ構成まですべてを作成し、モデルも務め、年に数回ファッションショーを行っている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養が中心である。2年次からは専門の授業も多くなり、繊維やプログラミング等について学ぶ。化学実験・物理実験の授業もある。
    投稿者ID:412630
    この口コミは参考になりましたか?
199件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

奈良県で評判が良い大学

奈良県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  奈良県の大学   >>  奈良女子大学   >>  口コミ

奈良女子大学の学部

文学部
偏差値:57.5
★★★★☆ 4.03 (70件)
理学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.00 (62件)
生活環境学部
偏差値:55.0 - 57.5
★★★★☆ 4.07 (67件)

オススメの大学

東京学芸大学
東京学芸大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.02 (305件)
東京都/国立
岩手大学
岩手大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.81 (257件)
岩手県/国立
埼玉大学
埼玉大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.77 (363件)
埼玉県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。