みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京理科大学   >>  口コミ

東京理科大学
出典:EXECUTOR
東京理科大学
(とうきょうりかだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 62.5

口コミ:★★★★☆

3.80

(762)

東京理科大学 口コミ

★★★★☆ 3.80
(762) 私立内208 / 569校中
学部絞込
7621-10件を表示
  • 男性卒業生
    理学部第一部 応用物理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2019年05月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    理学部第一部応用物理学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で、勉強もちゃんとやりたい人はぜひとも入学してみてください。実力はつくと思います。また、卒業してからも、就職で確実に評価されると思います。
    • 講義・授業
      良い
      自分は応用物理でしたが、大学2年から量子力学や統計力学の授業がありまして、非常に苦労した覚えがあります。本当に高校とは比べ物にならない数式の羅列です汗。ですがそれらの試験を仲間とともに乗り越えた経験は、人生で確実に力になります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の先生は、熱心な方が多かった印象です。中にはかなり厳しめの先生もいらっしゃいましたが、そういったところの学生は、必ずいい会社に就職している印象があります。
    • 就職・進学
      良い
      就職はばっちりです。特に厳しい研究室の卒業生は必ず良いところに行きます。一流メーカー、大手IT系、コンサルまでよりどりみどりです。
    • アクセス・立地
      悪い
      神楽坂キャンパスは立地は最強(東京のど真ん中なので、新宿、池袋、東京などどこでも電車ですぐ)ですが、キャンパスは雑居ビルのようです。かろうじて小さな体育館や、屋上にフットサル場がある程度です。自分は3、4年は金町キャンパスでしたが、そこは芝生やスペースも多く、立派な図書館もありました。ですがすぐ隣は松戸です。
    • 施設・設備
      普通
      多分そこそこ充実してたように思いますが、有名な施設(都市大の研究用原子炉や、東工大のスパコンのようなもの)はなかったように思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      一部の持てそうなやつと、絶食系のやつとの格差が激しいです。また、女子で物理系や工学、特に電気系は女子が1割以下です。化学系は3、4割、建築系もそこそこ女子はいたと思います。ただ、安心してください。モテないからといって肩身が狭い思いをする大学ではまったくありません笑。一番肩身が狭い学生は、留年する人です。
    • 学生生活
      良い
      以外とサークル活動は活発だったと思います。神楽ではどこかの館の屋上が丸々いろんな部活の部室になっていたかと思います。そこで学生時代は毎日授業後にスマブラをしていました。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      応用物理は材料系(いわゆる固体物理)を学びます。一年目は電磁気や力学などの古典物理の内容や、コンピュータの基礎(確かCかC++?)などを学びます。二年目は、量子力学や統計力学、解析力学などを学びます。三年目では実験がメインとなります。四年目では研究室配属となります、
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 就職先・進学先
      大手自動車部品メーカー
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      LEDや照明に興味があったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:515905
  • 男性在校生
    理工学部 電気電子情報工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2019年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    理工学部電気電子情報工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      専攻の分野が好きな人にとっては、その分野の基礎的なところからしっかりと学習できる環境があるので、すごく楽しく充実した勉強生活が送れます。もちろんテストは大変なこともありますが、授業をちゃんと聞いて、テスト期間にしっかりと勉強すれば着実に力が付きますし良い成績も取れます。基本的に、実力主義の考え方が根本にあるので、実力がしっかりつけられれば何不自由なく学生生活を送れます。研究室でも、成績順に研究室を選択できるので良い成績が取れれば自分の希望の研究室に行くことができます。東大や東工大に比べれば研究内容など劣る部分ももちろんありますが、最先端の技術を研究することはできます(選ぶ研究室にもよる)。どの教授のもとで研究がしたいか、はやいうちにしっかりと決めそこに向かって頑張ることができれば、充実した学生生活を送ることができると思います。
    • 講義・授業
      良い
      先生によっては、授業を聞きにくいものになっているものもありますが、基本的には指導は熱心にやってくれます。ただ熱心すぎて、テスト等難しすぎることも多くあるので、自分の実力を過信せずきっちり勉強した方が良いです。大学での勉強は情報が大切なので友達作りを頑張ると良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室配属自体は大学4年生からです。成績順に研究室を選べます。正直やる気のある研究室やる気のない研究室があります。ただ、研究に注力したい人就活などに注力したい人がいるので、自分のその後やりたいことに合わせて研究室を選択すれば充実した研究室生活が送れると思います。最先端の技術を使って研究ができるのでとても良いと思います。
    • 就職・進学
      良い
      就活はまだなのでわからないですが、推薦などもたくさん来ているようですし、そこまで困ることはないと思います。大学でも説明会や、その他サポートセンターや、学科の就職幹事の先生のサポートは充実しているようです。進学についても、他大学大学院を目指して合格している人も毎年いますし、学内の進学についても学部生の間にきっちり勉強できていれば問題なくできます。
    • アクセス・立地
      普通
      理工学部のキャンパスは千葉県の野田市です。完全に田舎なので、便利さは正直ありませんが、通学は電車が混むことはほぼないと思うので楽です。ただ理系大学は研究の施設が必要なので広い土地が必要になるのである程度仕方ないことだと思います。
    • 施設・設備
      良い
      古い棟もありますが、不便というほどのものではないです。建物の改装工事も今進めているみたいなので、これから綺麗にもなると思います。食堂はあんまり美味しくはないですが、安いです。
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係については、良い友人を作ることができました。自分の合う仲間を見つけることはできると思います。テスト期間などに協力して学習することが多いので、そこで仲が深まります。恋愛に関しては大学内では男子の比率が高いので正直厳しい部分はあると思います。男子にとっては女子が少なく難しい、女子にとってはいわゆるオタクと言われるような男子が多いので難しいと思います。ただ、ちゃんと探せば男性も女性も素敵な方はいると思うのでそれは本人の努力次第かなと思います。
    • 学生生活
      普通
      サークルは、あまり大学生のいわゆるウェイと言われるようなサークルは少ないですが、それぞれ楽しくやっているようです。ちゃんとやりたいことを選択できれば楽しくできると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      電気電子情報工学科は4年間で190人中50?60人くらいが留年しています。これは大学教授側がきっちり実力をつけていない学生はそのまま卒業させてもなんの意味もないという意思でやっているからです。学部内で最も大変な学科として有名ですが、その分就職はかなり充実しています。それでも私は週3?5のバイトをやりながらサークルもやって留学も短いですが行くことができました。しっかりメリハリを持って学習すれば充実した学生生活も送れます。サボりすぎずきっちりがんばっていれば大学入学できている実力がある学生なら問題なく進学できるはずです。大学に遊ぶことだけを求めている学生にはオススメしませんが、就職のことや研究を頑張りたい方にはおススメです。
    • 就職先・進学先
      東京理科大学大学院
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:511516
  • 男性卒業生
    理学部第二部 数学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2019年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    理学部第二部数学科の評価
    • 総合評価
      良い
      私は2008年入学、同大の大学院修士課程に進み修士課程を修了致しました。理学部第二部は授業が夜間(16:10~21:10 + 土曜日は日中)に行われています。
      ですが、授業のレベルや充実はかなりしております。基礎数学(解析・幾何・台数)~応用数学(統計・離散数学・数値解析)までカバーできているのが特徴です。理学部第一部だと数学科、応用数学科に分かれますが数学科では応用数学にそこまで触れる機会がなく、逆に応用数学科だと基礎数学の講義がそこまで充実しておりません。理学部第二部では、応用数学も基礎数学もすべてカバーできるのが利点です。

      また、応用数学だとシミュレーションやPython、SAS、Mathematicaといった解析用ツールや言語に触れることができ、これからAIの人材が不足する中では、AIに必須のスキルを学ぶことができます。

      さらに、数学の教員になる人も多いこと、授業でよい成績であれば大学院修士課程の進学も問題なくできます。大学の偏差値で判断すると、悪いイメージを持つかもしれませんが、そんなことはありません。学費も安いですし、しっかり活用すれば今後の人生にプラスになること間違いなしです。
    • 講義・授業
      良い
      大学一年次、二年次は必修科目(線形代数、微分積分、幾何学、数理統計学、代数学、プログラミング、英語)がありますが、これらはクラス別になります。
      講義とは別に演習もありますが、しっかり勉強し活用すれば問題ありません。

      また、3年次以降は様々な授業が展開されています。中には最先端の研究をされている先生もおりますし、それにより大学院進学に変わる人も出てくるかと思います。

      私は2年次にあったある授業をきっかけに大学院でさらに学びたいと思い、大学院へ進学致しました。二部からもしっかりと大学院へ進学はできますので、講義・授業をもとにしっかり勉強すれば問題ありません。

      また、教員を目指す場合は教員採用試験や実務も意識した授業が用意されております。学生のうちに実務を意識して学べるのも本学の特徴だと思います。

      あと、必修科目は必ず全て取らないと進級できず、卒業が1年遅れることがあります。第二部の特徴でもありますが、挫折して辞める人もいますし、勉強をしない人もいます。

      そういったことに流されず、院生が学部生向けに質問コーナーを開設してますので、積極的に活用して、学習するようにしましょう。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室は一部に比べると少ないですが、とはいえ解析学、幾何学、代数学、統計学、離散数学、教育数学とそれぞれの分野の研究室があります。

      研究室によって、ゼミのやり方は違いますが、私のいたところではグループで前期1回、後期1回の発表、さらに夏にはゼミ合宿もあり合宿内での発表もありました。

      また、最後に卒業論文を作成し提出する流れになります。
    • 就職・進学
      良い
      人それぞれですが、教員として活躍する場合の実績は大きいです。授業も実務を意識した形ですし、教員採用試験へのサポートや私学就職のサポートもしております。教員を目指す方は積極的に活用するようにしましょう。

      民間企業就職の場合でも学内説明会などありますので、これも活用してください。

      また、大学院への進学ももちろん可能です。成績がよければ推薦で院への進学も可能です。大学院へ進学すれば、それこそ大手企業や難関企業への就職も可能になってきますし、企業からの評価も高くなります。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅がJR中央線、東京メトロ有楽町線、東西線、南北線、都営大江戸線の飯田橋駅からすぐとなります。ですので、池袋や新宿、東京駅、秋葉原駅なども1本で行くことが可能です。

      大学近辺は神楽坂なので、高級店が多いですが、ランチが1,000円で食べれることもあり、高級店のランチもおすすめです。

      また、学食もあり、神楽坂界隈のなかでは非常に安価で食べられるのが特徴です。
    • 施設・設備
      良い
      今は建物がリノベーションされていて、トイレや施設、耐震もしっかりしております。
      また、理科大にはSASという非常に高価なソフトウェアが入っております。(ターミナル室で使用可能)。

      ターミナル室はパソコン室になりますが、授業がないとき以外は自由に使えることができます。インターネットやレポート作成はもちろんですが、SAS以外の高価なソフトウェアも使うことができるのがおすすめです。

      企業でもなかなか導入できないソフトが理科大で使用できるのは、本当に良いことだと思っております。これを学生時代にマスターしただけでも市場価値は高い部類に入ります。
    • 友人・恋愛
      良い
      実験のある工学系や理学部でも物理系、化学系に比べると講義が多い数学科では友人ができる人、できない人に分かれていると思います。

      ですが、今では一年次に数学概論というグループ学習を主体とした授業が必修となってますので、そこで友人ができたりします。

      私もそこで何人かと友人となり、社会人になった今でも交流があります。人それぞれですが、うまく活用することをお勧めします。
    • 学生生活
      良い
      サークルもありましたが、私は学部生時代はお昼はアルバイトをしていたので、授業とアルバイトの両立でした。

      二部と一部で分かれているもの、合同でやっているサークルなど様々なサークルや部活があるのが特徴です。

      イベントは11月に理大祭というのがあり、ミスター理科大、ミス理科大という変わったコンテストもあります(笑)
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次 数学の基礎となる「数学概論(数理論理、全称記号、同値関係)」、「微分積分(1変数)」、「線形代数」、「幾何学」、「情報数学(Mathematica、Tex)や英語、一般科目
      2年次 「微分積分(多変数)」、「代数学(群環体)」、「数理統計」、「プログラミング」が必修となります。
      特に必修科目の一部は、進級に関わってきますので注意してください。
      3年からは、選択科目(一部2年次に受講可のものもあり)を受講し専門的な内容を学習していきます。
      また、3年次からは理学部第一部数学科、応用数学科の授業も12単位まで受講可能で、私も実際に活用致しました。
      4年次は、卒業研究もゼミになります。
      教員を目指す人は、4年次に教育実習が入ってきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      宮岡研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      前期:Mathematicaを用いた数学のトピックについてゼミで発表
      文献は何冊かあり、その中から選ぶ形となる。
      夏季:合宿で統計学に関するトピックをまとめて発表する。
      後期:SASを用いた統計学のトピックについてまとめて発表する。

      以上をパワーポイントにまとめて、わかりやすく発表し、質問にも答えられるようにすることが目的です。

      なかには楽なゼミという意見もありますが、修士進学の人には物足りないかもしれません。
    • 面白かった講義名
      宮岡教授の計算機統計学の講義
    • 面白かった講義の概要
      統計解析ソフトSASの実習の授業でした。企業でも金融や製薬に使われているプログラミング言語で、学部でそれに触れられるのは非常に大きかったからです。

      実際に、SASを使えるエンジニアは不足しているのが実情です。そのSASに学部で触れられるのは非常に大きなことです。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      同大大学院修士課程
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      修士課程でもさらに研究したいと思ったことが決め手でした。実際に、修士課程を終えて社会人になりましたが、二部数学科→修士課程に行ったことは大正解だったと思っております。

      実際に、二部数学科→修士課程と進んだ諸先輩方も就職は良いですし、また博士課程まで行って研究者として活躍されている方もおります。

      そういった意味でも大学院修士課程へ進学したことは非常に良かったと思っております。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中6人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:498079
  • 男性在校生
    理工学部 電気電子情報工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    理工学部電気電子情報工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      まず留年を心配される方が多いと思いますが、試験前に普通に勉強すれば単位はきます。しかし、勉強が得意でない人(特に推薦入学者)は友達を数人つくって課題の答え合わせだったり、過去問などを共有することが条件となります。
      1、2年生は必修が多く授業数が多いので特に忙しいですが、順調に単位を取得していけば3年生は暇になります。4年生は研究室配属となるので授業はほとんどありません。
      就活は楽と聞くので大学3年生まではしっかりと勉強しましょう。
    • 講義・授業
      良い
      先生によっては課題が多く忙しい授業もありますが、それは指導が充実しているということだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだ研究室には配属されていないので実際の雰囲気は分かりませんが、3年生の特別講義では短期間ですがそれぞれの研究室で各テーマに従って研究したことを発表する機会があります。
    • 就職・進学
      良い
      就活で苦労する心配はあまりないと思います。大学院までいけば有名企業には就職できると思います。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄駅から講義等まで普通に歩いて10分程です。
      周辺に遊ぶところは何もありません。
    • 施設・設備
      普通
      全体的に見て野田キャンパスは汚いと思います。1、2年生で頻繁に使う講義棟は比較的綺麗ですが、各学科の施設はボロボロです。
      理科大では葛飾キャンパスが最も新しいです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      友達は誰でもできるとは思いますが、恋愛は高校のスクールカーストでトップの人しかできないと思ってください。青春は捨てましょう。男子190人に対して女子は15人ほどしかいないので、その中で女子と交際できるのはほんの一握りの人です。
    • 学生生活
      良い
      学園祭は田舎だけあって年配の方がちらほら見受けられます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生では技術者がツールとして使う基本的な数学を学びます。
      専門必修では基礎中の基礎の電気回路、電磁気、電子回路を学びます。この3つは3年生の後半にある基礎学力試験という研究室配属に大きく影響する試験の試験科目でもあるので重要です。
      3、4年生では半導体や無線通信、情報系などの専門的な内容を学びます。
    • 就職先・進学先
      未定
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:486082
  • 女性在校生
    工学部 建築学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    工学部建築学科の評価
    • 総合評価
      良い
      真面目な校風で、葛飾キャンパスは図書館も綺麗でコンセント設備もあり、専門知識の学習がしやすい。図書館には綺麗で最新の本も多くあり、図書館にない本は頼むことが出来る。建築雑誌も多くある。ほかのキャンパスにある本はネットで予約することが出来、設備が整っている。2年生の時は課題が多く、テストのある関門教科もあるため、忙しい。しかし、1年、3年は課題が少ないため、図書館で本を読んだり、個人的に有名建築を訪れるなど、自主性がないと学ぶのが難しい。設備系はわかりやすい教授がいるため、学びやすい。構造力学は自分で学ばないと難しい。特に、1年時は先輩の手伝いや、本を読んで学ぶことが多かった。授業は、理科大卒生で社会人の講師が多い。例えば、設計事務所や、大学の教授や日建、竹中工務店など。院に進む人と就活する人は半々ほど。他大学の院に進む人もいる。例えば、東大、東工大など。建築系以外の職種で就職する人は少ないと感じる。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485945
  • 男性卒業生
    工学部 工業化学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    工学部工業化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      有機化学について詳しく学べ、化学に携わることがどういうことなのか具体的なイメージを持つことができ満足しています。
    • 講義・授業
      普通
      講義は素晴らしいです、詳しく丁寧に学べました。試験に関しては厳しかったです。絶対評価になるので試験勉強の時間は多かったと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      有機化学についてやプレゼン能力などいろいろなことをまなべました。有機化学は実験の時間がかかるため、バイトをしっかりやりたいというのは中々難しかったと思います。
    • 就職・進学
      良い
      就職サポートや、企業の説明会などを大学で行っており、理系向けの就活には向いていると思います。研究室毎の推薦もあり、研究職を考えている方は是非、東京理科大学に入ると良いと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      通学は飯田橋キャンパス、葛飾キャンパスに関しては良いです。キャンパス自体も飯田橋キャンパスは改装し、葛飾キャンパスは新しいため綺麗です。野田キャンパスはアクセスは良くないですが敷地も広くキャンパスライフをおくれると思います。
    • 施設・設備
      良い
      綺麗で使い勝手もよく、講義はもちろん、各イベントも心地よくできました。
    • 友人・恋愛
      良い
      同じ学科、学部はもちろん、サークル等で交遊関係を広めることができます。
      割合として、男子学生が多いので恋愛に関しては他大学と比べるといいとは言えません。
    • 学生生活
      普通
      オープンキャンパスはとても楽しいです。サークルも様々あり、自分の好きなことや、大学生になってからやりたいことを見つけられると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学全般、4年からの研究では研究室ごとに専門が異なり自分で研究、実験を進めていくことになります。
    • 就職先・進学先
      予備校講師
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485906
  • 男性在校生
    理学部第一部 数学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    理学部第一部数学科の評価
    • 総合評価
      良い
      数学とはなんなのか、その奥深さを学ぶことができます。定義を用いた証明をひたすら繰り返していくなかで、高校までやってた数学はなんだったのだろうかと、気が遠くなることもありますがおおむね楽しいです。
      はっきりいって、高校の数学が得意だからといって数学科に入るべきではないと思います。本当に数学が好きな人でないと、確実についていけないし、それどころか卒業すら危うくなるでしょう。
      ですが、数学が好きでその全てを知りたいと思う人には素晴らしい学科だと思います。
      ただ、理科大を受ける人は知っている人も多いかもしれませんが、留年率が高いのは事実です。
      勉強したからといって単位はでません。めちゃくちゃ勉強して、テストでいい点数をとってやっと出るぐらいに考えたほうがいいです。
      もし、受かった場合、勝負は1年です。ここで、必修単位を1つでも落とすと留年ルートに突入します。絶対に落とさないようにしましょう。
      あと、どうでもいいかもしれませんが女子は少ないです。
    • 講義・授業
      普通
      先生によって激しく分かれる。
      クラスの4分の3が、単位を落とすクラスもあれば半分落とすクラスもある。
      また、プリントをわざわざ作ってくれる優しい先生もいるので、その先生に当たったら神に感謝して絶対に単位を落としてはいけない。
      その幸運が2度あるとは限らないのだから
    • アクセス・立地
      悪い
      ビルです。
      大学感はゼロ
    • 施設・設備
      普通
      学食が超低価格なくせにめっちゃ美味い
    • 友人・恋愛
      普通
      やばい人も多いが上手く付き合えば楽しい友人関係を築ける。
      あと、女子は少ないが奥手な男だらけなので早く動けば彼女はできる。
    • 学生生活
      悪い
      イベントはほぼ残念
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      数学、ひたすら数学
      週10コマ近く数学が必修である
    • 就職先・進学先
      金融会社もしくはコンサルタント業
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485743
  • 男性卒業生
    理工学部 情報科学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    理工学部情報科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      プログラミングや純粋数学、応用数学など網羅的に学ぶことができる。留年率も他の学科に比べると低いほうだと思われる。女性比率は驚くほど低い。
      学生は様々で、我が道を行く一匹オオカミ族、みんなでわいわい行動してザ・大学生してるウェーイ族、所属グループを転々とする転勤族などである。
    • 講義・授業
      良い
      優秀な先生が多い。欠席した生徒のために、逐一板書の写真を撮ってネットにアップしてくれる先生もいる。個性的な先生が多く、飽きることはない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      プログラミング関係から数学関係の研究室がある。3年の後期から仮配属し、ゼミなどに参加する。
      人気の研究室には学科内の順位が高くないと入れない。
    • アクセス・立地
      普通
      前には川が流れており自然が多い。空気が綺麗。
      遊ぶところはない。中華料理屋とマックがあるくらい。
      遊ぶなら柏まで出ないとダメ。
    • 友人・恋愛
      良い
      心の優しい学生が多い。みんなで協力して課題やテスト勉強をして毎日充実している印象。横のつながりは大事。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      大学院に進んだ。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485623
  • 女性卒業生
    工学部 【募集停止】経営工学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    工学部【募集停止】経営工学科の評価
    • 総合評価
      普通
      情報や統計など幅広く学ぶことができます。
      大学4年で所属する研究室の種類も幅広い分野の学問から選択することができます。
      授業の難易度としては易しいものから難しいものまでありますが、数3をよく理解していると取り組みやすいと感じました。微分積分は受験生のうちからマスターしておくと良いと思います。
      英語の授業は個人的な主観となってしまいますが、比較的難易度が優しいものから普通のものだと感じました。センタ試験の英語をよく理解できていると、大学の授業も取り組みやすいと思います。
    • 就職・進学
      良い
      周りの友人は大手企業に就職しています。(周りではSEを目指す人が多かったです。)学歴は就職に関係ない時代になりつつありますが、周りの人で就職に大失敗してる人は少ないです。
      就職サポートとしては、大学内で面接セミナーなど対策できるイベントがあり自由に参加することができます。また、エントリーシートを添削や相談してくれるサポートの人もいました。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      大手IT会社
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485487
  • 男性在校生
    【募集停止】工学部第二部 電気工学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    【募集停止】工学部第二部電気工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学で自主的に勉強できる環境が整っており自ら勉強したい学生にはとてもいい大学だと思います。特に金町キャンパスは比較的新しく綺麗です
    • 講義・授業
      普通
      基礎的な授業もしっかりと学べるので特にこれと言って悪い印象はありませんが実験等の環境は学部によって環境に差があるような感じを受けます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      学部四年から卒研生として配属され進捗報告を班で行いながら学期末の卒論に向けて進めていく流れで研究室によって国際学会や国内学会への投稿や発表のチャンスはそれぞれに思います。
    • 就職・進学
      普通
      理系なので基本的には自分で進めていく学生が多いかと思いますが推薦、セミナーなども豊富にあり十分なサポートを受けられる環境だと思います
    • アクセス・立地
      悪い
      ほぼ東京の端に位置している金町駅はアクセス悪く駅から学校まで徒歩十分と遠く感じます。飯田橋にある神楽坂キャンパスと比較したらとにかく不便な面が顕著に感じられます。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスそのものは新しいので施設設備等は特に悪い面は感じません。
    • 友人・恋愛
      普通
      学科、入学年度、参加している部活やサークルなどで友人のタイプは大きく変わる印象があります。様々な人がいるので趣味を共有しあえる友人はたくさんできると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:484401
7621-10件を表示
学部絞込

東京理科大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 東京都 新宿区神楽坂1-3
最寄駅 JR中央・総武線 飯田橋
東京メトロ東西線 飯田橋
東京メトロ有楽町線 飯田橋
東京メトロ南北線 飯田橋
都営大江戸線 飯田橋
電話番号 03-3260-4271
学部 理学部第一部、 理学部第二部、 工学部、 【募集停止】工学部第二部、 経営学部、 基礎工学部、 理工学部、 薬学部
概要 東京理科大学は、東京都新宿区神楽坂に本部を置く私立大学です。通称は「理科大」「東京理科大」。1881年に創立された東京物理学講習所を前身とし、昭和24年に東京理科大学となりました。工学部や経営学部など理工系学部が8つ設置され、建築士や電気主任技術者、測量士など多くの資格取得が可能です。また、国家公務員試験や薬剤師国家試験で多くの合格者が出ており、2015年度の国家公務員試験では私立大学で4位の合格者数を出しています。 神楽坂キャンパスの他、「野田キャンパス」「葛飾キャンパス」「神楽坂キャンパス」、さらに北海道の「長万部キャンパス」を有し、基礎工学部の1年次は長万部キャンパスで学ぶことになっています。学部卒業生の6割程が大学院に進学し、東京大学大学院など他大学院に進学する学生も多くいます。

この学校の条件に近い大学

東京理科大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京理科大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立命館大学

立命館大学

52.5 - 62.5

★★★★☆ 3.83 (1537件)
京都府京都市中京区/円町駅
明治大学

明治大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.90 (1636件)
東京都千代田区/御茶ノ水駅
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (1419件)
東京都八王子市/中央大学・明星大学駅
理系のオススメ大学
明治大学

明治大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.90 (1636件)
東京都千代田区/御茶ノ水駅
北里大学

北里大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.91 (396件)
東京都港区/広尾駅
立命館大学

立命館大学

52.5 - 62.5

★★★★☆ 3.83 (1537件)
京都府京都市中京区/円町駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

東京理科大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。