みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  学習院大学

学習院大学
出典:momoishi

学習院大学

(がくしゅういんだいがく)

東京都 / 目白駅 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 60.0

口コミ:★★★★☆

4.07

(494)

概要

学習院大学は、東京都豊島区にある私立大学です。通称は「学習院」。元々は京都の公家のためにつくられた教育の場というのが起源とされており、1877年に華族学校が神田錦町に開設されたのが始まりです。大学では珍しく40名ほどの少人数制授業が基本で、きめ細やかな授業を受けることができます。 キャンパスは目白にある1つだけ。「法学部」「経済学部」「文学部」「理学部」「国際社会学部」の5学部17学科の全学年が、一つのキャンパスに集まり学んでいます。きめ細やかな授業で育まれた学習院大学の人材は、全国平均を上回る就職内定率を誇っています。

学部情報

偏差値
60.0
口コミ
4.09104件
学科
法学科、政治学科
学べる学問
法学 政治
学費

入学金:20万円 年間授業料:68万円

偏差値
60.0
口コミ
4.13120件
学科
経済学科、経営学科
学べる学問
経済 経営
学費

入学金:20万円 年間授業料:68万円

偏差値
57.5 - 60.0
口コミ
4.10221件
学科
哲学科、史学科、日本語日本文学科、英語英米文化学科、ドイツ語圏文化学科、フランス語圏文化学科、心理学科、教育学科
学べる学問
哲学 芸術理論 歴史 日本語 文学 ...
学費

入学金:20万円 年間授業料:77万円

偏差値
52.5 - 55.0
口コミ
3.7737件
学科
物理学科、化学科、数学科、生命科学科
学べる学問
物理 化学 数学 生物工学
学費

入学金:20万円 年間授業料:108万円

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.07
(494) 私立内 49 / 569校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.98
  • 研究室・ゼミ
    3.88
  • 就職・進学
    3.90
  • アクセス・立地
    4.75
  • 施設・設備
    3.94
  • 友人・恋愛
    3.91
  • 学生生活
    3.85
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性卒業生
    法学部 法学科 / 卒業生 / 2015年入学
    全てにおいて楽勝大学
    2019年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学2|アクセス・立地5|施設・設備1|友人・恋愛2|学生生活3]
    法学部法学科の評価
    • 総合評価
      良い
      出席が語学や政治学科開講科目などを除いてほとんどなく、テストの点数で評価が決まる。要領のいい人ならばかなり楽な学科。
      人数は多いがクラス分け等はあってないようなものなので、友達等作るには最初の方の授業は行くべきかな。 学びの質は、教授陣はとても博識だが、学生のレベルははっきり言ってかなり低い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年の前期からスタート、べつに入らなくてもいい、卒論自体が法科にはないし!
      飲みゼミも多く、あまり行ってないのでわからない、
    • 就職・進学
      悪い
      キャリセンはあるが使ったことがない。なんかよく就活の何かをしているからサポートは十分なのでは?
    • アクセス・立地
      良い
      目白駅から門までは近いけど地味にそっからが遠い。
      周辺は特に何もない。飲み屋もあるっちゃあるけど微妙、喫茶店もあるっちゃあるけど微妙
      いかんせん周りが高級住宅地(笑)やからつまらないまち
    • 施設・設備
      悪い
      トレーニングルームはよき
      学食はカレーしか食わないレベル
      喫煙所がどんどん減っていき今では遠めの三ヶ所しかないのがかなりマイナスポイント。そこが1番腹立つ
    • 友人・恋愛
      悪い
      変に真面目な謎の人物が多い。
      ただ、類は友を呼ぶので大抵同じような人間とは仲良くなれる
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は憲法民放刑法の3法
      二年生からは増えて、三年生でまた増える、
      2年、3年で法律科目を取らないと、まあまあきつい。
    • 就職先・進学先
      最強ランド
  • 女性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2017年入学
    大学の価値は自分自身で見出していくもの
    2019年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学4|アクセス・立地5|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活4]
    法学部法学科の評価
    • 総合評価
      良い
      初めに抽象的な導入となってしまいますが、私は、今まで受けてきた学校教育の中で自由度が最も高いのが大学だと考えます。理由としては、自由に自分の「やりたいこと」を考えて、自分で計画して行動する力が最も求められるのが大学であることを入学してから痛感しているためです。自由に活動・実践できることは、逆に言えば、何も考えずにただ何となく時間を過ごしているだけでは、有意義な時間や大学生活の中での貴重な経験を十分にできないことも含めて私はこの意見をしています。法学科において、少数ですが法曹志望の方もお会いしましたが、全体的に見れば、法学生としての意識は高いとまでは言えません。大学内の教育支援は充実していますし、先生方の授業はしっかりと習得する意欲を持って臨めば大変充実したものと考えます。私自身が後悔している点も含めて意見しますが、入学してからはっきりと自分がこうしたいという意思で学校生活を送ることを心掛けなければ、思っている以上に時間がたつのは早いです。自由度が高いことはいいことでもあり、反面では自主自立が最大限に求められる事でもあります。将来の後輩方に微力ながら自身の意見がお役に立てれば幸いです。
    • 講義・授業
      良い
      法学科では、毎年「法学部の試験」という冊子が配布されており、過去分の冊子も大学図書館内で閲覧できるため、他学部とは比べて試験情報の公平性が保たれていると考えます。よって、俗に言う特定のサークル活動をしていないと過去問が手に入らずに困るという事はありません(自身はノンサークル活動です)。
      教授の方々は、著名な方が多く、メジャーな教科書の著者や難関大学(大学院)卒業の方がいらっしゃいます。授業内容も多岐にわたっており、一年生のうちは特設演習といった各法律分野の入門講義のようなものがあります。一年生のうちは、抽象的に法律を学んでいくとつまらなくなってしまう事もあるので、特設演習で少し踏み入った学習をすることは、自分の興味を知る点でも私はお勧めします。二年生からは、科目によっては応用演習が受けられるようになるため、より深めたい科目があるのであればこれもお勧めです。課題が重いものもありますが、その分充実感も大きいです。
      その他にも、法律科目以外の基礎教養科目や情報処理科目、語学や他学部科目も単位として加算されるため、一概に法律科目のみというわけではありません。シラバスや履修要覧で確認してください
    • 研究室・ゼミ
      良い
      法科では、研究室とは言わずに演習と称しています。三年生からゼミが本格的に始まりますが(具体的な説明会や応募開始は2年時の第二学期考査が終了して以降)、どういった内容のゼミがあるのかについては、大学内の法経図書センターに法学科の演習案内冊子があるので、早いうちから確認することも出来ます。分野としては、基本的な7法と労働法や知的財産法、国際司法分野や法哲学などもあります。聞くところや確認したところでは、歴史の深いゼミやOBOGとの交流が深いゼミ、企業訪問や実務家との対話方式を取り入れていたりと多彩なゼミが多いようなので、ゼミ選択は大学生活の中で最も大切な経験の一つとなるのではないでしょうか。
      実際にまだ所属したわけではないため、実体験についてはコメントを出来かねます。
    • 就職・進学
      良い
      法学科は、客観的に大学側が出しているデータによると、90%以上の就職率を誇っており、これは良い数字なのではないかと考えます。
      キャリアセンターという就職支援の課も大学内にあり、インターンシップや企業訪問などの情報量は多いような印象を受けます。
    • アクセス・立地
      良い
      他の方もおっしゃっているように、確かに目白駅から学校西門までの距離は大変近いです。ただし、入門してから、各科目の教室棟までに行くには最低でも5~10分は急いでいてもかかってしまうため、その点は日々通っていると不便に感じてしまいます。比較的、法学科の授業棟は比較的門からは近い箇所に存在することが多いです。
      周辺には昼食時に行けるような店舗は多いと思いますが、書店に立ち寄る、開けた場所に行くとなると高田馬場や池袋への移動が好まれると感じます。
    • 施設・設備
      良い
      大学内に学食やコンビニエンスストア、書店などの売店や、計算機センター(主にパソコンを扱う)や大学図書館、学生課(授業についてや奨学金の相談を行う)があります。いちいち外までいかなくてもいい点は良いとは思いますが、各棟がまとまって存在するわけではないため、中には大学内の奥の奥にあるような施設もあり、移動がおっくうになる場合もあります。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人は一年生の時は、特設演習や指定された語学のクラスで出会ったりすることが多いです。法学科は、大教室での講義も多いほうですが、そこで友人ができることは稀なので、入学当初は(サークル活動をしない方は特に)少人数授業で友人を作るのがお勧めです。
      私の実体験を含めて、特設演習や語学授業で多少の友人を作る、顔知り合いを作る努力をしないと、2年次には一定の友人枠のようなものが少なからずできてしまうので、固定化された集団に入ることは大変ハードルが高く、友人作りが困難です。入学当初こそ、授業にしっかり出て、学校生活に慣れることと並行しながら、友人や知り合いを作れるように、少しばかり積極的になったほうが後々楽だと感じます。また、共通の授業に友人がいるとなると授業のさぼり癖がつきにくいです。
      法学科の印象が悪くならないためにも、補足しておきますが、これは人見知りな人の一意見なので、参考にもしないというスタンスでお聞きくださると助かります。普通に、学内恋愛をしている方や、サークル活動で学校生活を華やかに送っている方も多いので、一生に一度しかない自由な大学生活の中で、是非、有意義な時間を謳歌してください。
    • 学生生活
      良い
      一年次にオリエンテーションがありますが、そこで先輩方から各サークルの勧誘チラシや冊子を頂けるので、じっくりと確認することができます。個人的には、非常に多岐にわたった種類のサークル活動があると感じました。どういった内情なのかは入ったことがないため分かりませんが、和気あいあいとした様子のものが多いという印象を受けます。
      主要な大学内の行事と言えば、桜凜祭(学園祭のようなもの)だと思います。
      早いうちから立て看板で宣伝したり、生徒による委員会で対策したりと力を入れているのではないでしょうか。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      法学科では、一年次に憲法・刑法・民法を主として学びます。
      二年次からは、学習できる法律科目がぐっと増えますので、本格的に学びだす感覚は二年次から感じるのではないでしょうか。具体的には、商法・行政法・国際法・英米法などがあります。特設演習といわれる入門講義的な少数演習も一年・二年次はとることができるので、それと並行して学ぶことも出来ます。
      三年次からは、民事訴訟法と刑事訴訟法も履修可能になり、ゼミに入ることも出来るようになるので、実体法だけでなく手続法を学んだり、発表やディスカッションを通じたより高度な学習ができると思います。
      個人的には、ある特定分野の知識を学びたいのであれば、特殊講義がお勧めです。多少、特設演習とは異なり発展的な内容もありますが、特定分野に興味があるのであれば、充実した内容だと考えます。
    • 面白かった講義名
      刑法
    • 面白かった講義の概要
      私自身が最も好んでいる法分野が刑法なのでこの講義を推しました。
      私が法学科に入った当初は、法律といえば裁判、裁判と言えば、犯罪だろうといった単純な思考だったので、刑事事件を連想する刑法を好んで学んでいました。学んでいくうちに、たとえば住居侵入罪(内容は物騒ですが…)といった感じでわかりやすく犯罪が明示されており、比較的に理論を積み重ねて構成されているため、初学者には取り掛かりやすい科目だと感じました。加えて、学説の変遷や判例がどう変更したか、どういった理屈で成立したのかなどを追っていくと非常に面白いと思います。少しですが深めに学んでみると、説自体は完全な理論ではないけれども、どのように考えられているのか、議論はどのように展開してきたかなど魅力的な面が多く感じます。
      犯罪自体は明るい話題ではないので、物騒な感じはちょっと…という方もいらっしゃるとは思いますが、学問という視点で見ると非常に学び外のある科目の一つだと考えています。
    • 学科の男女比
      5 : 5
  • 男性在校生
    法学部 法学科 / 在校生 / 2015年入学
    大学らしい大学です。
    2019年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ3|就職・進学3|アクセス・立地5|施設・設備4|友人・恋愛4|学生生活5]
    法学部法学科の評価
    • 総合評価
      良い
      この大学はのんびりしていてすごく居心地がいいです。法学科は良くも悪くも本人次第です。出席が無い授業が多いので、その気になれば授業に全く出なくてもテストが出来れば単位は来ます。反対に出席もしなければ勉強もしない人もいて、留年したり卒業できなかった人もいました。授業に関してはうるさい授業とそうでもない授業で両極端な気がします。教授は著名な方が多くいて、面白い授業や分かりやすい授業を展開してくれます。就活に関しても結局人次第といった感じで、もちろん有名企業に受かる人は多かったと思いますが本人の資質次第です。
    • 講義・授業
      良い
      著名な教授が多いので、色々な話が聞けます。法学に関して深く学びたいと思ったら少人数形式の授業を履修することをお勧めします。結局、大人数で行われる授業は指名や出席がないのでどうしてもスマホをいじったりサボったりしてしまいがちになります。その分少人数授業は出席も取るし指名や発表もあるので、自然と知識が身につけられると思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミ選びに関しては慎重になった方がいいとは言っておきます。私はあまりやりたい分野とかが決まっていなくて適当に決めてしまったので、大学生活においてゼミは結構悔いの残る部分です。ただ、先輩や同期、後輩などには恵まれたので良かったですが…。
    • 就職・進学
      普通
      私は公務員志望だったのであまり就職支援は利用しませんでした。全部提携している予備校のT○Cに任せていました。ただ、公務員の講座も大学でやっているのでそちらも利用するといいでしょう。周りの民間志望の人達はキャリアセンターを積極的に利用していた人が結構いい企業から内定をもらっていました。
    • アクセス・立地
      良い
      山手線の目白駅から徒歩30秒でキャンパスに着けます。これ以上ない立地だと思います。目白という場所も何もないと言ったら何もないんですが、逆にそれがのんびりした学習院の魅力を構成する要素の一つでもあるとおもいます。
    • 施設・設備
      良い
      特別充実しているわけではありませんが、別に不満がのこるほどでもありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      どの大学にでも言えることですが、結局自分次第です。私は1年の時は引っ込み思案で内向的だったので相対的に友達は少なかったです。2年になってサークルに入り直してからは友達も増え充実してきました。恋愛関係に関しては大学内で付き合った事は一応あります。学内恋愛は比較的多いような気がします。
    • 学生生活
      良い
      あなたが積極的に行動すれば充実したものになると思います。学習院はあなたの個性を活かせるようなサークルが必ず一つはあると思います。ただ大学に入っただけで誰かが話しかけてくるのを待つだけではダメです。当たり前ですが大学生活の主人公はあなたです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年で主要法律科目を学び2年から専門的な法律や主要科目の中でも踏み込んだ分野を学習します。履修は比較的自由に組む事が出来るので興味を持った分野を積極的に履修できます。
    • 就職先・進学先
      公務員

学習院大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

学習院大学出身の有名人投稿する

名称 職業 学歴
宮崎駿 アニメーション作家 豊多摩高等学校 → 学習院大学政治経済学部
三島由紀夫 小説家 旧制学習院中等科(現学習院高等科) → 旧制学習院高等科(現学習院大学) → 東京大学法学部法律科独法
麻生太郎 財務大臣、元総理大臣、元外務大臣、元総務大臣 学習院高等科 → 学習院大学政経学部
吉田茂 元総理大臣・元外務大臣・元大蔵大臣・元厚生大臣・元逓信大臣 旧制日本中学(現日本学園高等学校)高等商業学校(現一橋大学)旧制正則尋常中学(現正則高校)東京物理学校(現東京理科大学) → 学習院高等学科(現学習院大学) → 学習院大学科(現学習院大学) → 東京帝国大学法科大学政治科
小島慶子 アナウンサー 学習院女子高等科 → 学習院大学法学部政治学科

学校の特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    163人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    163人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    163人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 先生の教え方
    優しい
    163人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    163人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    どちらともいえない
    163人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    163人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    163人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    163人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    163人が回答

    多い

    少ない

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    163人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    163人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    163人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    どちらともいえない
    163人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    163人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    163人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    163人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    163人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    163人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    実家暮らし
    163人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学習院大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

学費

学部 入学金 年間授業料
法学部 200,000円 686,000円
経済学部 200,000円 686,000円
文学部 200,000円 770,000円
理学部 200,000円 1,084,000円
国際社会科学部 200,000円 905,000円

合格体験記

合格体験記一覧

  • 経済学部経済学科(2014年/一般入試)の合格体験記

    男性在校生
    • 学習院大学 経済学部 経済学科
    • 静岡聖光学院高等学校 出身
    • 入試形式:一般入試
    • 現役 / 浪人:浪人
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    センター試験は処理能力を試される試験だと思っています。したがって、苦手な部分は必ずなくしておき、その上で量をこなすというやり方がベストです。国語もその例にもれず、傾向を分析したり、古文や漢文では基礎的な部分をしっかり固めたうえで演習に取り組むことで高得点が狙えると思います。

    【2次・個別】
    もともと理系だったので、国語に関してはほかの受験生が獲得できるところは絶対に落とさないというスタンスで臨みました。例えば漢字を書く問題や読ませる問題は何が何でも落とすことは出来ません。したがって、あまり国語が得意でない受験生はそういったスタイルで臨むことも一つの戦略だと思います。もっとも、誰にも負けないという科目があるということが前提条件になります。

    利用した参考書
    古文:山村由美子 図解古文読解講義の実況中継 (実況中継シリーズ)

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    センター試験の中で最も処理能力を図ることが容易い科目です。苦手部分は易しい問題集等を用いて、不得意なままでよいですから、ある程度解けるようにしておく必要があります。例えば、2次関数や微分の問題は良く出ますが、ある程度流れはワンパターン化されています。ならば、数学が苦手な人にとって、その流れだけでも頭に入れておくという事だけでも得点を落とさないという意味では大事な対策になりうると思います。

    【2次・個別】
    私立大学の数学は早大や明治大というような多くの受験生が殺到する大学は、マークシート式を採択しています。ゆえに、記述の練習にあまり力を入れない傾向にあるのですが、これは大きな間違いです。数学は解き方の流れをきちんと押さえることにより、より深い理解が出来るだけでなく、記述式の大学ならば部分点を獲得できることや、記入をしなかったことによる減点になる確率が激減します。普段の問題を解くときから、解答用紙に記入しているつもりで演習をするという事こそが合格に最も近道だというわけです。

    利用した参考書
    数研出版:青チャート(1A2B) 数研出版:入試問題集文理系(2011年~2013年)

    学習院大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

  • 文学部心理学科(2015年/一般入試)の合格体験記

    女性在校生
    • 学習院大学 文学部 心理学科
    • 田園調布学園高等部 出身
    • 入試形式:一般入試
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    対策のポイントは何より自分に合った時間配分を見つけて早期から設定した時間配分で問題を解く練習をすることだと思います。私は現代文に時間を割きたいタイプでしたので古文漢文は短めに時間設定をしました。古典や漢文は選択肢を見ただけで何となく正解だと分かる選択肢が多いです。過去問に多く触れることで答えに当たりをつけながら読むと時短になります。

    【2次・個別】
    現代文は得意だったのでセンター試験以降はほとんど勉強しませんでした。文章の読むスピードを落とさないために2日に1つ長文を読んでいました。古典、漢文はセンター試験同様、なるべく多くの過去問を解き正解になりうる選択肢の傾向を体で覚えました。

    利用した参考書
    GMARCHの赤本 センター試験の過去問

    外国語

    【センター】英語、英語リスニング
    アクセントとリスニングがとにかく苦手で得点が伸びませんでした。しかし高校3年生の4月時点でアクセント、リスニングの練習はあきらめ、代わりに筆記試験で得点を落とさないことに焦点を当てて勉強をしました。長文は慣れだと感じたので高3の夏休みから毎日1つは長文問題を解きました。

    【2次・個別】英語
    長文問題が主に出題されたので、第一志望の大学の過去問や、同じくらいの偏差値の大学の過去問を毎日解きました。また文章中の分からない単語を調べて1週間に2回ほど復習しました。

    利用した参考書
    城南予備校で配布された単語帳 GMARCHの赤本 センター試験の過去問

    学習院大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

  • (2016年/一般入試)の合格体験記

    女性在校生
    • 学習院大学
    • 昌平高等学校 出身
    • 入試形式:一般入試
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    文章の速読Wぴ指揮して取り組みました。子分では単語を繰り返し覚えました。

    【2次・個別】
    わからなかったところはわかるまで開設を見てやりました。

    利用した参考書
    古文単語365

    数学

    【センター】数学ⅠA
    特異な単元を作るようにしました。問題をたくさん説いた。

    利用した参考書
    フォーカスゴールド

    学習院大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
    1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

    ※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

学習院大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 東京都 豊島区目白1-5-1
最寄駅 目白駅
学部 法学部経済学部文学部理学部国際社会科学部

この学校の条件に近い大学

  • 1
    私立 / 偏差値:55.0 - 65.0 / 東京都 / 池袋駅
    口コミ
    ★★★★☆4.01
    立教大学
  • 2
    私立 / 偏差値:55.0 - 65.0 / 東京都 / 表参道駅
    口コミ
    ★★★★☆3.95
    青山学院大学
  • 3
    私立 / 偏差値:55.0 - 62.5 / 東京都 / 御茶ノ水駅
    口コミ
    ★★★★☆3.90
    明治大学
  • 4
    私立 / 偏差値:55.0 - 62.5 / 東京都 / 中央大学・明星大学駅
    口コミ
    ★★★★☆3.85
    中央大学
  • 5
    私立 / 偏差値:52.5 - 65.0 / 東京都 / 市ケ谷駅
    口コミ
    ★★★★☆3.80
    法政大学

学習院大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

学習院大学の系列校

高校
中学
小学校

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  学習院大学

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
明治学院大学

明治学院大学

50.0 - 60.0

★★★★☆ 3.87 (616件)
東京都港区/白金台駅
関西大学

関西大学

52.5 - 60.0

★★★★☆ 3.88 (1576件)
大阪府吹田市/関大前駅
津田塾大学

津田塾大学

50.0 - 60.0

★★★★☆ 4.12 (262件)
東京都小平市/鷹の台駅
理系のオススメ大学
酪農学園大学

酪農学園大学

35.0 - 60.0

★★★★☆ 3.78 (160件)
北海道江別市/大麻駅
南山大学

南山大学

50.0 - 60.0

★★★★☆ 3.88 (628件)
愛知県名古屋市昭和区/八事日赤駅
日本獣医生命科学大学

日本獣医生命科学大学

40.0 - 60.0

★★★★☆ 4.01 (81件)
東京都武蔵野市/武蔵境駅

学習院大学の学部

法学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.09 (104件)
経済学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.13 (120件)
文学部
偏差値:57.5 - 60.0
★★★★☆ 4.10 (221件)
理学部
偏差値:52.5 - 55.0
★★★★☆ 3.77 (37件)
国際社会科学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 3.67 (12件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。