みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  國學院大學   >>  口コミ

國學院大學
國學院大學
(こくがくいんだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:47.5 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.80

(373)

國學院大學 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.80
(373) 私立内201 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.71
  • 研究室・ゼミ
    3.49
  • 就職・進学
    3.41
  • アクセス・立地
    3.72
  • 施設・設備
    3.95
  • 友人・恋愛
    3.44
  • 学生生活
    3.39
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

373件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 哲学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      幅広い分野を学べるのでその点ではかなり良いと思います。各分野に対して専門の教授がいるのでより深く学ぶこともできます。ただ学科全体としまして、他者との関わりが薄かったり集まりが悪かったりするので和気あいあいとしたい人には少し辛いかもしれません。
    • 講義・授業
      最初のうちは基礎から丁寧に教えてもらえるので問題ないと思います。徐々に専門的な内容の講義になってくるので自分にあったものを選ぶことでより充実してきます。
    • 研究室・ゼミ
      正直内容も雰囲気もゼミの担当教員によりけりです。最初に自分に合ったゼミを選ぶことができればその後は快適なのではじめが肝心です。私が行っていたゼミはゼミ生同士の繋がりはあまりなく、教員が積極的にこちらに呼びかけたりということもなかったので、何かしたいならこちらからアクションを起こさなくてはなりませんでしたが気持ち的にはとても楽でした。
    • 就職・進学
      就職実績はよくわかりません。就職活動の時期になるとセミナーや説明会がたくさん開かれていました。メールでもそのような開催情報が届いたのでせっかくの期を逃すということはあまりないと思います。しかしながら私は就活サポート員との相性があまりよくなかったので就活に関してはあまり大学に頼るということはしませんでした。
      進学に関しては友人が何人か大学院に進学することになりました。院試の対策も教員がサポートしてくれるらしいです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅が渋谷駅なので比較的交通の便は良いと思います。ただ駅から歩くと15分ほどかかってしまうので時間に余裕を持って行くことが大切です。一応バスも通っているみたいですが私は利用したことがないのでわかりません。歩きで来ている人の方が多い印象です。
      周辺環境は落ち落ち着いた雰囲気で悪くないと思います。
    • 施設・設備
      教員が教壇に立って講義するという形の講義室が多いです。そのためディスカッションにはあまり向いていません。
      また講義によるのですが人の多い講義だと教室が一杯になってしまうこともあります。
      その他の施設ですと図書館や博物館など結構充実していると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      物静かで落ち着いた雰囲気なのでトラブルは起こりづらいと思います。大勢でわいわいするというよりも少人数で行動している人が多い印象です。
    • 学生生活
      サークルには所属していないのでなんとも言えません。文化系のサークルは真面目なところが多い印象です。
      イベントはあまり盛り上がっている感じがしないので行く気があまり起きませんでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は哲学の歴史といった基礎を、それ以降は自分の興味のある分野に関して自分で決めていくという形です。
      必修科目は哲学の基礎系科目、英語、第二外国語、体育です。
      哲学科は卒業論文必須です。
    投稿者ID:431888
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人間開発学部 初等教育学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学校全体のコミュニティが狭いため、学生間だけでなく教授学生間の距離がとても近い。見渡せば知り合いがいるという状況の中で、同じ志を持って過ごしている学生が多いので、共に学ぶことができる。
      教員になる以外の進路の人も少なくないので、その支援もしてくれる。
      サークルを通して多くの人と多くのことを学び、非常に充実した学生生活を送ることができる。
    • 講義・授業
      教育業界でも名のある教授が多いので、非常にタメになる授業が多い。
      不安なことや分からないことを直接聞きにいくことができるほど距離が近い。
      単位は、きちんと出席していれば比較的取りやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数規模で展開しているため、違う学科の学生とも仲良くなれるし日々たくさんのことを学ぶことができる。その先生の分野を詳しく学ぶことができる。時には現場に出て直接研究を進めることもできる。
    • 就職・進学
      教員以外の進路(一般就職)のサポートもしてくれるが、教職と比べると少し手薄い。
      教職に関しては、インターン校や実習のサポートなどが非常に手厚い。
    • アクセス・立地
      最寄駅はたまプラーザ駅。田園都市線沿いで渋谷まで急行で20分ほどの立地。たまプラーザ駅から校舎までは徒歩5分ほど。
      周辺は高級住宅街なので閑静な雰囲気である。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても広いグランドがあり、昼休みなどに遊んでいる学生も見られる。健康体育学科があるため、運動器具がとても充実しており、講習を受ければ大学のジムが自由に使える。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      キャンパス内の交友関係は非常に狭い。キャンパス自体が狭いので、周りが全員知り合いという状況も少なくない。サークルは渋谷キャンパスの学生もいるので、そこから交友関係を広げることができる。
    • 学生生活
      サークルは、テニス、バスケ、フットサル、アカペラなどが盛んである。たまプラーザキャンパスにおいては部活に所属している人も少なくないが、他にやりたいことがある人はサークルの方が自由なのでオススメ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に教育論について学ぶ。また、國學院は神道が必修科目なので全員学ぶ。
      2年次からは実際に学校現場に出て教育を学ぶインターンシップが始まるが、これは希望者のみである。7割ほどの学生が参加している。
      教育実習は3年次から始まる。ゼミも3年次からである。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      横浜市の教員
    投稿者ID:430520
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分で学びたいだけ学ぶことができる点。逆に言えば、やる気がなければ授業には出なくても何も言われず、やる気のある人にはとことん付き合ってくれる教授もいるので、じぶんにあわせて、履修ができるところ
    • 講義・授業
      全体的には良いが、教授が一方的に話す講義も多くあるので、参加型の授業が少ない点をふまえ、4点にしました。
    • 研究室・ゼミ
      私のゼミでは民法を全般的に学習しました。
      自分の学びたい法律に合わせたゼミが、法律ごとにいくつかあるため、自分にあった雰囲気のゼミを見つけて、勉強以外の仲間との交流も楽しんでもらいたい
    • 就職・進学
      法律学科からの進路は本当に様々なので、方向性が全くわからない場合、狭めたり絞ったりするのが大変な部分がある
    • アクセス・立地
      渋谷という立地は大変便利でありがたいのですが、駅から15分とはがあるため、ある意味では、立地が悪い。
    • 施設・設備
      好きな時に好きなだけ、本は借りられるし資料も充実しているので、施設設備に関しては全く問題ないと思います。もし、自分のものとして資料を購入したい時、大学内の生協にはあまり学科の本がないと思われること
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      完全に自分次第だと思います。他の学部や学科に比べ法学部は人数も多く、自分の行動次第では数多くの人と交流ができることと思います。
    • 学生生活
      国際交流イベントでは構内の施設で、大学に学習に来た、留学生と交流会があります。食事も出してもらえるので、とてもいい時間だと思っています
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目については、法学部通年年間で取る授業がほとんどになります。なので、一年分の学習をテストしなければならないため、2年の1月はテストの数も多く、とても大変だと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      損害保険会社
    投稿者ID:431558
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      他校と比較するとやや地味な感じは否めなく、学園祭などで盛り上がりに欠けるが、渋谷にあるため近辺での飲食やショッピングには困ることはない。また図書館の蔵書数も多く課題に取り組む時に役立つ。法学部には学内の学科で一番多い500名が在籍しており。規模も大きいが、一人ひとりに対する指導が行き届いていないと感じたから。
    • 講義・授業
      一年じは教養科目として多くの知識を提供してくれるため幅広いことに知見を広げることができいいと感じたから。また、2年次から本格的に法律に関する授業がとれるため、楽しみだ。
    • 研究室・ゼミ
      法律学科では1年次から多くのゼミをとることができ、その内容も非常に充実している。課される課題も多く、大変だがその分法律に関する深い知識も会得することができると思うから。
    • 就職・進学
      大学のキャリアサポート課が手厚く就職に関するアドバイス、情報をくれるため、大いに役立っている。また。先輩方が来校し実際に就職についての具体的な対策などを教授してくれるので、大変役に立つ。
    • アクセス・立地
      渋谷にあるが駅から多少離れているため徒歩での移動が面倒に感じるときがある。近くには神社があり森があるため、都心ながら静かな環境である戸思うから。
    • 施設・設備
      図書館の蔵書数が多く、使い勝手が良い。学内にはATM、自動販売機がいたるところにあり、これらに関して困ることはない。とくに図書館の近くにあるカフェは便利でよく利用している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他学部との接点は主にサークルになるため、サークルに所属にしている人たちは多くの友人、また恋人もいる。
    • 学生生活
      公認サークルだけでも多くの種類があり、迷うほど魅力的なものも多い。100名以上の人が参加しているサークルもあり、それぞれが楽しんでいるように思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は自分の専攻科目よりも教養科目として英語、神道がそれぞれ必修になっている。2年次から本格的に講義やゼミなどで法律の知識をつけることができる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      国家公務員
    投稿者ID:431996
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、採点基準が厳しい感じがした。
      充実してる点としては、立地がとても良く、通うのに楽しかったところ。
      卒業後は各々ではあるが、就職したのにも関わらず辞めてる人が多いので必ずしも名前の聞いたことある大学に行く必要があるのか分からない。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については、マニアックな授業も多かった。
      教授や講師の先生も面白い人が多かった。
      課題に関しては、課題がある授業は取らなかった
      履修の組み方は抽選のものが多く、組むのが難しかった
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期については、他の大学より遅めだったのでゆっくり自分の行きたいところを考えることができた。
      卒論はなかったので研究に没頭できた。
      ゼミでは合宿に行ったりと充実していた。
    • 就職・進学
      あまりサポートされていた感じはしなかったが、サポートを受けてる人もいた。
      しかしだからといって就職かうまくいってるという感じは見受けられなかった。
    • アクセス・立地
      渋谷区だったので授業の空き時間、お昼など街へ繰り出すことができて楽しかった。
      学校帰りも友達と遊べるところが遠くて充実していた。
    • 施設・設備
      キャンパスについてはトイレもとても綺麗で気分爽快である。
      教室については少し小さい、少ないので抽選な授業が多くて困った。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人は少なかったが、仲よかった。
      経済学科は男が多すぎるので女の友達がとても少ないが、男の友達は多くできた。
    • 学生生活
      サークルは旅行サークルに属してたが、あまり活動してなかった。
      大学のイベントは綾野剛に会いました。
      アルバイトはテレビの観覧のアルバイトをしてました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      私の大学は神道学科があったので神道の授業が必須で
      珍しい勉強なのでそこで勉強したことが未だに覚えているので良かったです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      銀行
    投稿者ID:427468
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      日本史をやる分には申し分がないと思う
      史料も選べる授業もゼミも充実しているから自分のやりたいことができると思う
      ただ外国史をやりたい人にはあまりオススメはできない
      まず授業の数が日本史に比べて圧倒的に少ない
      やりたいことができないわけではないと思うが、日本史と比べるとどうしても範囲が狭くなるのではないかと思う
    • 講義・授業
      大教室でやる授業は史学科以外の学生も受けるので、そういった授業はなかなかうるさく、きちんと聞いてない人が多い印象
      専門性の高い授業は真面目に受けている人が大半
      授業の雰囲気は教授によってまちまちだが、質問には丁寧に答えてくれる教授が多い
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年から
      1年と2年の時もゼミ形式の授業があり、そこでは史料の購読や論文の発表を行う授業である
      1年、2年の際は自分の行きたい専門だけではなく幅広く学ぶことが要求される
    • 就職・進学
      就職にしろ進学にしろまだ活動をし始めていないのでわからないことの方が多いですが、キャリアサポート課による支援と先輩からの支援を受けることがらできる
    • アクセス・立地
      最寄りは渋谷か恵比寿か表参道
      どの駅から徒歩だと20分ほどはかかることが残念な点ではあるが、飲むにも遊ぶにも不便はしない
    • 施設・設備
      キャンパスはきれいだと思う
      図書館の蔵書も多く日本史関連の大抵のことは図書館で調べられるのではないだろうか
      ただキャンパスにしろ図書館にしろ置き引きが多く治安はよくない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1年で体育があるのでそれで仲良くなった子が多い
      演習形式の授業でも仲良くなった子が多い
      あとは友達の友達って感じで輪が広がる
    • 学生生活
      サークルも部活も参加していないのでわからない
      文化祭は地味めという話は聞いたことはあるが行ったことないのでわからない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年次は幅広く学ぶことが求められる
      2年に上がるまでに歴史を深くやるPコースか
      一般教養も含めて様々なことをやるSコースかを選ぶ
      3年に上がるまでに自分の専攻分野を決めゼミを決める
      それ以降はまだわからない
    投稿者ID:431977
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    法学部 法律学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、授業内容が充実していなかった。
      なので基本的にはバイトばかりをして生活していた。
      授業には出席すれば単位の取れるものばかりだったので、あまり充実しなかった。
    • 講義・授業
      あまり個人的に教えてくれることもなく、教授がひたすら自分のうんちくを喋っていた。みんな聞き流していたので教授側としても特に力をいれていた印象はない
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの数が限られていたので、全ての生徒がゼミに入れるものではなかった。はいったとしても課題は少なく、身になることは少なかった
    • 就職・進学
      就職セミナーなどはいくつかあったが、形式的なもので特に役に立たなかった。個別的に相談に乗ってくれる制度もあったが、あまり対応は良くなかった。
    • アクセス・立地
      渋谷駅が近く、様々な線から通うことができたので通学にも便利で、学生がアルバイトをするような飲食店も多々あったので、良い立地だった
    • 施設・設備
      図書館は日本最大級の資料があるので、調べ物には苦労しない、パソコンの数も多く、資料収集などには大いに役立つ
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科を越えた交友関係の場がなく、関係を構築するのが難しい。
      男性も奥手な人が多かったので、恋愛も少なかったイメージ
    • 学生生活
      テニスサークルに所属していたが、その他テニスサークルも多く人もたくさんいたのでそれなりに充実していた
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は法律科目、民法や刑法など様々な種類の法律を学ぶ。
      それ以外には語学が必須で、英語や中国語などの様々な国からえらべる
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      繊維業界の営業職
    投稿者ID:427219
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 日本文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      日本文学、日本語学、伝承文学と三つ専攻があり、一年では概要を学び専攻を決める。
      二年生から専攻が中心となってくるので、慎重に選ぶことをお勧めします。
      学科の雰囲気は全体的に落ち着いているので、自分のペースで学べると思います。
    • 講義・授業
      履修の組み方はガイダンスがあるのでよく聞いて、分からなかったら相談できるところもあるので利用してください。
      履修が単位に直結するので、よく確認して行うことが大切です。
      講義中の雰囲気は講義によってさまざまです。大人数だと後ろの方は話し声や携帯をいじっている人もいるかと思うので、落ち着いて受けたい人には前の方に座る事をおすすめします。黒板も見えやすいですし、資料も早く受け取れるので良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミではなく、演習ですね。
      演習は二年生から履修します。
      興味のあるテーマを選ぶこと、また指導の先生との相性などよく考えてから履修してください。
      履修した演習を大事にして、卒論に繋げていってください。
      私は三年間同じ先生の演習を履修し、卒論も指導していただきました。
    • 就職・進学
      三年生からガイダンスや説明会があるので、積極的に参加して早いうちから少しずつ準備を始めるのが良いと思います。
      キャリアサポート課があるので、分からない事や困った事があったら聞きにいってください。
      正直に言うと、キャリアサポート課は入りにくかった思い出があります。
      あくまで私の印象ですが、やさしく受け入れてくれる雰囲気より、厳格さの方が強かったです。
      黙っていても助けてもらえる訳ではないので、とにかく動くことが重要だと思います。
      ひとりひとりに対してきめ細やかなサポートは期待しないでください。
      サークルなどに入っていると、先輩からアドバイスをもらえたり、就活におけるリアルな話が聞けたりするのではないでしょうか。
      私の友人や先輩は数人進学しました。
      進学するのであれば試験があるので、先生とよく相談してみてください。
    • アクセス・立地
      渋谷なのでアクセスはとても良いと思います。
      ただ、駅からは15分程歩くので電車を降りてから歩く時間も見積もって、遅刻にならないよう注意してください。
      大学の周辺は住宅や他の学校があり、閑静で環境は良いと思います。
      私は駅と大学の往復で終わってしまいましたが、渋谷なので遊ぶには困らないでしょう。
    • 施設・設備
      キャンパスは渡り廊下で建物が繋がっているので移動しやすいと思います。
      教室はきれいな方だと思います。
      図書館はおすすめです。落ち着いて作業できると思います。
      試験前はやたらに混むので、それを見越して早く動く事をおすすめします。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これに関しては、人それぞれとしか言い用がありません。
      友人を作るならサークルが手っ取り早いでしょうが、入ったからといって自分と仲良くなれる人がいるかどうかは分かりません。
      自分の雰囲気とサークルの雰囲気が合う所に入るのが良いと思います。(もちろん興味のあるサークルで)
      専攻が同じでよく同じ授業を履修していて仲良くなることもあると思います。
      無理に友人を作る必要もないと思います。
      私は基本的に人と合わせて履修を組んだ事がなく、大学ではたまに友人とお昼を食べたり話したりする以外はずっと一人でいました。
      しかし、一人で気楽に過ごせるのは本当に楽しかったです。
    • 学生生活
      絶対参加するものの他に、強制ではないものに参加すれば結構充実していたと思います。
      ただこれはサークルによりけりなので、あまりはっきりしたことは言えません。
      アルバイトをしている人は多かったです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は日本文学、日本語学、伝承文学の三専攻の概要と体育、英語などの必修科目が主です。
      必修科目は進級に関わるので着実に取る事をおすすめします。
      再履修はとても面倒なので一回で取った方がよいです。
      2年次は専攻の授業や他の必修科目、選択必修など授業に幅が出てくると思います。
      3年次は人によってはぽつぽつ全休の日もあるかと思います。資格の講義がある場合は全休はなかなか厳しいです。(履修の仕方によりますが)
      授業も奥が深くなっていくと思います。
      4年次は計画的に単位が取れていればほとんど授業はなくなります。就活と卒論に勤しんでください。くれぐれも無理はせず。
      卒業論文は三年次から準備が始まります。提出する書類にくれぐれも締め切りに遅れないよう注意してください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    投稿者ID:427428
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    法学部 法律学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教授の授業がしっかりしている。
      ゼミのサポートも、ハッキリと言っていいです。
      立地は渋谷とかなりい居場所です。
      模擬法廷があり、将来を見据えることができた。
      図書館の山手線ネットワークで、色々借りることができた。
    • 講義・授業
      講義は、一方的な授業ではなく感想文、レポートなどの提出があり、毎回考えて授業に出なければならない。
      講義中の雰囲気は静かで、寝ている人もいなかった。
      課題は多すぎず少なすぎもしなかった。講義によっては、毎回でるのもある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは、3回生の時からです。
      選び方については、先にプリントが配布され、教授の面接を受けなければなりません。
      所属していたゼミでは、レジュメの作成や、討論がめいんでしたが、少年院訪問などありました。
    • 就職・進学
      就職率はよくもなく悪くもないと思います。
      ただ、地方出身だったため、地方へのUターンだとあまり力をいれてるようには感じませんでした。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は渋谷で立地はかなりいいです。
      駅からは歩いていきましたが、最短で10分位でした。
      渋谷とは思えないくらい、木々があります。
      たまプラーザキャンパスもあり、どちらも行きやすいです
    • 施設・設備
      教室については大教室があり、説明会などでも使えました。小教室もかなりあり、各教室綺麗で木々がつかわれているか、モダンな雰囲気でした。
      あと、模擬法廷がありました。
      図書館は専門書が充実していました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミでや同じサークル内であったりしましたが、あまり多い感じはしませんでした。
      学内だと、同じ課題でグループてわやっているときに恋愛に発展したりする場合もあります。
    • 学生生活
      サークルでは飲み会やバーベキュー、合宿がありましたが、強制ではなかったように感じます。
      むしろ忙しく行けないときは、それでもいいと言う感じでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語が必修であります。入学後に軽いテストがあり、あまりに英語が出来ないと、英語の初歩を学び直します。
      授業の単位は2回生から、3回生にあがる時に足りないと留年になるので気を付けてください。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      サービス業界
    投稿者ID:427029
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      法律学科のなかでも専門職専攻は少人数かつ早期から法律科目の勉強を進めていくことができ、目標や意欲のある人にとっては理想的な環境だと思う。
      その分、意欲がない人や大学では勉強より遊び・バイトがしたいという人には向かない。
      しかし、何となく法学部がいいという人であれば法律専攻や政治専攻があるので、そちらへの入学・転専攻を考えればよいと思う。
      専門職専攻は1、2年次の課題が多いので授業以外にサークルや部活に所属している人は多くないが、所属している人たちはみな学業と両立させている。アルバイトはほぼ全員がしている。
    • 講義・授業
      講義の内容は、難しい部分もあるがとても充実している。
      教授も、内部外部を問わず熱心な先生が多く質問などもしやすい。
      専門職専攻のみの授業であれば講義中は静かで集中して授業を受けられる。
      課題は全体的に見ると多い。
      単位は厳しめで、勉強していても論点が把握できていない、要点をおさえられていないという場合は単位を落としています。
      履修の組方は必修科目以外は空いている時間に好きなものを入れれば、いいので特に悩むことはない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年の4月から。
      各法律分野(だいたい5科目)の演習のうち、用件をクリアしているものの中から2つ選ぶ。
      卒論は基本的にはなし。
      専攻自体が少人数なのでゼミでも、ほとんどが知り合いで和気あいあいとした雰囲気です。
      ゼミの説明会はなく代わりに募集要項がwebに掲載される。
    • 就職・進学
      就活についてはキャリアサポート課がとても頼りになる。アドバイザーもいるので悩み事があれば予約して気軽に相談できる。
    • アクセス・立地
      最寄りは渋谷と表参道。
      どちらの駅からも徒歩15分以内。恵比寿からも15分強で到着します。
      学校の周りは渋谷とは思えないくらい落ち着いた環境。
      センター街や表参道方面で買い物、飲み会が多い。
    • 施設・設備
      キャンパスはとにかくキレイ。
      教室も清潔感がある。
      課題、試験前に役立つのは図書館と法学部のチューター。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達を作るなら、学部のガイダンスのときかサークル活動。
      学部、サークルともにつながりは強く、楽しい学生生活が遅れています。
      学内で付き合ってる人も多いと思います。
    • 学生生活
      サークルは活動日が決まって以内ので楽でした。
      合宿や春夏秋には展示を行うので、そこはやりがいがあります。
      大学のイベントは大規模ではないけど、伝統的なものも多いので魅力的です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      専門職専攻は1年次に、民法総則、債権各論、刑法総論、憲法が必修、民事訴訟と刑事訴訟の入門は履修に登録されているが卒業のための用件ではない。
      2~4年次は債権総論、物権、憲法、刑法各論、行政法、民事訴訟法、刑事訴訟法、会社法で選択必修。
      また、親族、相続、金融、外国法事情、知的財産法等からも選択必修がある。
      卒業論文は必修ではない。ゼミは演習として必修。
    投稿者ID:430111
    この口コミは参考になりましたか?
373件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  國學院大學   >>  口コミ

國學院大學の学部

オススメの大学

埼玉医科大学
埼玉医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.73 (37件)
埼玉県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.94 (35件)
栃木県/私立
酪農学園大学
酪農学園大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.80 (143件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。