みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  慶應義塾大学   >>  口コミ

慶應義塾大学
出典:Wiiii
慶應義塾大学
(けいおうぎじゅくだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:60.0 - 72.5

口コミ:

4.11

(1374)

慶應義塾大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.11
(1374) 私立内25 / 568校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.86
  • 研究室・ゼミ
    3.93
  • 就職・進学
    4.06
  • アクセス・立地
    3.70
  • 施設・設備
    3.81
  • 友人・恋愛
    3.89
  • 学生生活
    4.04
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

1374件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    環境情報学部 環境情報学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    • 総合評価
      とても素晴らしい学習環境がある。自分が研究したい内容を、様々な研究室や授業を通して作り上げていくことをモットーにしているので、その活動は将来に行かせることが可能である。
    • 講義・授業
      有名な教授が多く、意欲的な学生ほど受け入れられやすい傾向にある。学科で行われる全ての講義は、このキャンパス発祥の学生調査が実施され、あまりにひどい講義は学事から追求が入ることもある(基本的にそんな講義はない)
    • 研究室・ゼミ
      研究室・ゼミはとても充実しており、様々な分野を横断することも可能です。それぞれの分野で著名な教授陣が控えているので、一つを極めるのもよし、様々な分野を学び歩くのも良いとされています。
    • 就職・進学
      就職実績は申し分ないです。さすが慶應義塾だと感じます。
    • アクセス・立地
      悪い。駅からキャンパスまでバスであるが、その道が混むと40分ぐらいかかることがある。(駅からキャンパスまでが)
    • 施設・設備
      とても充実している
    大学に関する評価
    • 学生生活
      サークルやイベントは充実している
    投稿者ID:402250
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      ブランドの力がある。経済学部というだけで。学校生活全般的にみて、他大学と比べて、コマ数も少なく、単位も取りやすいため、非常に進級しやすいためである。ただし、自己流で経済の勉強をしたい人にとってのバックアップにはならない。
    • 講義・授業
      講義、授業が、眠い。役に立たない。何のためにやっているのかみいだせないものがおおい。授業の内容については、高校レベルのものもあれば、飛び抜けて、レベルの高いものがあるかと言われるとそうでもない。全てついていこうと思えばついて行ける。むしろ、そのグレードアップ感が少ないがために、つまらなく感じてしまう学生が多いのかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミに入っていないが、ゼミからが本当の勉強のように言われるため。2年生の時点でゼミを選択するため、1年生のうちからゼミに入ることはないし、ゼミに入る興味を持つ人も少ない。
    • 就職・進学
      おそらく慶應経済という名前だけで就職できる場所が多いのだと思う。そこまでなにか資格などを摂らなくとも、おそらくまともなところに入れる。
    • アクセス・立地
      アクセスに関してはとてつもなく近い。最寄駅は日吉、東横線沿線であり、駅1分に大学があるため、そのせいで遅刻する学生が多発している。気が抜けるため。
    • 施設・設備
      古いところも新しいところもあるため、間の3点古い施設に関しても、設備自体は最新のものを使っていたりなどをするため、比較的新しくも感じられる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルなどにはいれば、友人関係、恋愛関係になることも可能。どこのサークルや団体にも入らない場合、非常に知り合いを作るのが難しい。
    • 学生生活
      サークルはダンスサークル。非常に厳しい。スケジュール的に厳しい。ギリギリで生活する必要がある。バイトも同じく。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済全体を把握するための授業や、経済に欠かせない、数学のや知識や手法を学ぶ授業が多い。他にも外国語科目があり、英語にもしっかりと力を入れているらしい。
    投稿者ID:415420
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    看護医療学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学校生活を振り返るとまあまあだったのかな、と。就活でほかの学校の方とお話しする機会がありましたが、慶應は比較的緩い学校かな、と思います。実習では、普通は月曜日から金曜日までみっちり病院に拘束されると思いますが、慶應では水曜日がオフ日なので、最大でも2日頑張れば休みが来る!という感覚です。ただ国試対策に関しては、あまり良くないです。自主的に勉強をしないと教員も事務もバックアップはほとんどしてくれません。また保健師コース・助産師コースがありますが、保健師は20人、助産師は4人しか入れません。ほかの学校だと、全員保健師を取得できるようなシステムらしいです。
    • 講義・授業
      講義の内容については、充実しています。ほかの学部の授業を選択することもでき、幅広い視野や考えが獲得できると思います。看護の授業でも、特に3年生の分野別の授業では、医師が授業を行うことがほとんどであり、教え方はまぁ別として、質問に対して本質的な解答が得られます。看護では、必修に加え、選択授業で20単位必要ですが、そこまで大変な数ではないです。
    • 研究室・ゼミ
      私はゼミに所属していません。良い点としては、研究室やゼミが選択科目としてえるので、選択しない(研究室に入らない)という手段もあります。つまり卒論は書かないです。入らなかった理由は、魅力的な研究室がなかったためです。
    • 就職・進学
      ほかの病院が付属する学校に比べて、付属病院に行く人数が多いと思います。(ほかは良くて半分くらいですが、慶應は6割が慶應病院にいきます。)学校側のサポートはあまりありません。一応、病院のパンフレットを置いているコーナーはありますが、ほとんど自主的に行います(当たり前ですが)。
    • アクセス・立地
      アクセスは圧倒的に悪いです。1,2,4年生は神奈川県の藤沢市(最寄り駅:湘南台)で、SFCと言います。3年生は新宿の信濃町です。神奈川県のキャンパスは最寄り駅からバスで20分で、文系の学部が2つ、高等部・中等部の学校でもあるため、非常に混雑します。看護は必修の授業が多く、ほとんど毎日1限にあるので、どんな人でも一度はこのバスにイラつくと思います!笑周辺環境は、緑豊かで遊べる環境ではないです。キャンパス変更に伴い、3年生になる前に引っ越す人がほとんどで、その手間もかかります。信濃町キャンパスは駅から徒歩5分なので、アクセスについては良いと思います。都内ということもあり、オシャレなお店が多いです。
    • 施設・設備
      設備は整っている方だと思います。SFCでは、広い施設で、図書数も多いです。一つ一つの座席にコンセントがついているので、充電切れにも困らないです。信濃町キャンパスでは、目の前が病院であり半分の実習をここで行います。医学部もあるため、医学書も豊富です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人間関係については人それぞれだと思うので。てすが、やっぱり受験を乗り越え、それなりの偏差値の学校を勝ち取ったので、勉強に対しては意欲的かと思います。というより知らないことがあったらその場で調べようとします。恋愛などは、ほかの学部に恋人をつくる方がほとんどです。
    • 学生生活
      どの学校でも看護学部に通えば、夢のキャンパスライフなんぞ送れるわけがありません。サークルは海外ボランティアのサークルに入りました。奨学金も充実しており、申請して通ればその奨学金でサークル活動ができます。イベントは、早慶戦が度々あります。それのおかげで授業がなくなることもありますが、授業の有無が曖昧なところもあり、それが面倒な時もあります。学祭である三田祭の期間はすべての授業がなくなりますが、看護だけその期間に実習があります。アルバイトはみんなそれぞれやってると思いますが、実習との折り合いをつけなければならず、そこが大変ですね。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は、1年生は看護の理論を学んだり、一般教養がメインです。2年生から具体的な看護技術を学んでいきます。3年生は分野別に疾患を学びます。4年生では、在宅と看護管理や統合を学びます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      病院
    投稿者ID:415282
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 人文社会学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      充実している点としては1年生のうちは専攻が分かれていないため、さまざまなことを、学ぶことができる点。卒業後も他大学に比べると就職しやすく、その点も良い。
    • 講義・授業
      教授や講師の先生については、仲良くならないと講義の質問をしづらいこともあるが、仲良くなればなんでも教えてくれるから。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期については、学部の3年生になってからでゼミの説明会は11月頃から行われる。説明会は専攻によっては必修の授業内で行われるものもある。
    • 就職・進学
      専攻によって就職実績は異なるため、必ずしも良いとは言いがたいかもしれないが、サークルの先輩などを経由しOB訪問することができるので良い。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は日吉と三田で、飲みや遊びは日吉や渋谷で開催されることが多い。一人暮らしの人は学校のそばに住んでいることも多い。
    • 施設・設備
      キャンパスについては古くて崩れそうな校舎もあるが、図書館が広くて綺麗なので空きコマなどは図書館に籠って課題をこなせるのが良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活動での繋がりについては、団体によるが基本的には仲がよいと思う。SNSを駆使して友人を作る人も多い。
    • 学生生活
      サークルや部活動については、大会などのあとには必ずコンパがあり、楽しい。また他大との交流を持てるサークルに所属すると幅広く友達を作ることが可能
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次の必修科目は、語学と一般教養。2年次も語学。専攻によっては専攻の定める必修をとる必要がある。3、4年次の必修科目はゼミ。
    投稿者ID:415406
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    商学部 商学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      1.2年生での授業は基本的に楽です。語学が中国語を履修した場合は中国語はちゃんと勉強しなければ単位が来ません。しかし、そのほかは楽です。3年生からは、研究会に入ると忙しくなります。他の学部よりも研究会の活動は活発だと思います。
    • 講義・授業
      退屈な授業はとても退屈です。しかし、興味があって選べば面白い授業もたくさんあります。実験が行える授業等は大学ならではの実験で面白いです。
    • 研究室・ゼミ
      3年生から研究会が始まります。研究会によって、やることは様々ですが、活動的なところに入ればとても充実してると言えます。秋に提出する論文に向けてどこの研究会も努力しています。
    • 就職・進学
      サークルや研究会を通してOBさんとコンタクトを取りやすいです。学生部からもOB訪問を取り継いでくれます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は、12年生は日吉駅。34年生は田町駅。
      日吉はアットホームな感じ。田町はオフィス街。
      どちらも周辺のお店が充実している。
    • 施設・設備
      他の大学に比べるとやや古いです。学内は、wifiはほぼどこでも通じています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル数が多いので、コミュニティは作りやすいです。大きい大学だけあって、出会いも多いです。
    • 学生生活
      大学にサークルは数え切れないほどあります。自分の見つけたサークルで、自分にあったことをできると思うので充実していると言えます。
    投稿者ID:390100
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    理工学部 応用化学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、ひたすら勉強、研究していたように思う。卒業後になって、勉強した内容が役立つことが多かったため、卒業後に学校への感謝の気持ちが湧いてきた。
    • 講義・授業
      講義・授業は比較的個々人で自由に設定できる枠が多いように感じた。講義の先生も最先端の研究をされている方が多いので、勉強しようと思えば深いところまでつっこんで勉強することが出来た。
    • 研究室・ゼミ
      学科の研究室はかなりバラエティーに富んでいたので、一概には評価できない。しかし、研究室間でお金を出し合って高価な設備を購入するなどの協力をしていたため、私立とは思えないほど設備が充実していた。
    • 就職・進学
      就職、進学実績は悪くないと思うが、大学は就職のための機関ではないと考える。大学からサポートはそれほどあるわけではないので、個々人の実力次第。
    • アクセス・立地
      理工学部は矢上キャンパスにある。日吉キャンパスから急勾配の谷を下った後坂道を登った先にあるので、雪が振った後などはキャンパスにたどり着くのに大きく回り道をする必要があった。
    • 施設・設備
      研究設備は、高価なものも研究室間の共用設備として使用できた。私立にしては設備が整っていたと考える。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、研究室や学科でというよりはサークルでのつながりが強い。サークル仲間とは社会人になっても比較的頻繁に遊びに行っている。
    • 学生生活
      サークル、部活動についてはかなり数があるので、どこに加入しようか迷った記憶がある。どこも楽しんで活動しているように思えた。講義や研究でかなり時間が少ないため、アルバイトは毎週1日程度していた人が多いように感じる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次はまだ学科わけがされていない。理工学の各分野を広く浅く学習した上で、自分の行きたい学科を決められるのが魅力的。学科分けは希望を出して、成績順に決まる。二年次と三年次の前半では専門分野について学んでいくが、学科外の講義に参加するのも比較的ハードルが低い。三年次の後半で研究室分けがされる。研究室は希望を出して、成績順に決まる。そのため、講義は真剣に受けている人が多いように思う。研究室に入ってからは毎日朝から夜まで実験をする日々が続いた。四年次で就職するのは2割程度で、残りの8割は大学院に入学する。四年次の春から夏にかけて大学院入試が行われていく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      化学メーカーの研究職
    投稿者ID:415425
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 人文社会学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語のレベルが高く、少人数制で、語学の授業がある。英語だけではなく、第2外国語も、4年生までしっかりりと学ぶことができる。実際に授業をしていると、先生が外国人なのはもちろん、生徒も留学生が多い。帰国子女も多いので、非常に国際的な授業を受けることができる。また、先生によっては、日常で使える会話を中心に教えてくれたり、教科書に載っていることでも、これは今の時代はあまり使わないなど、すごく実生活に基づいて教えてくれる。ただ、
      授業の出席はとても厳しく、単位は出席によってはもらえなかったり、英語は一単位でも落としてしまうと文学部は即留年になってしまうので、そこは気をつけた方が良い点だと思います。また、文学部は一年生の時しか日吉キャンパスにいないので、もし一般教養を落としてしまったら、三田キャンパスと日吉キャンパスを、行ったり来たりしなくてはならず、移動時間を考慮しながら、単位を組んだりしないといけないので、なるべく単位は落とさない方がいいと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      マスコミ
    投稿者ID:389911
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      様々な分野のゼミがあるため、自分の興味ある学問を学ぶことができます。また、受験時に数学受験だったか、歴史受験だったかで、必修科目である数学の難易度も異なるため安心です。
    • 研究室・ゼミ
      様々な分野があります。学部ごとに時期は異なりますが、ゼミに入るためにはそれぞれ試験があります。また、他学部のゼミに入ることもできるので、兼ゼミをしている方や、他学部のゼミに所属する方など、様々です。
    • アクセス・立地
      日吉は渋谷から20分程度であり、通り道の東急東横線は代官山や自由が丘を通るためおしゃれな大学生活を送れます。
      三田も都心のため交通アクセスは非常に良いです。
    • 施設・設備
      図書館は非常に大きく、三田にも日吉にも新しい校舎ができました。大教室や小教室など、授業によって教室を使い分けられます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      共学校であり、クラス制でもあるので様々な場面で出会いはあります。サークル同士のカップルもいます。
    • 学生生活
      テニスサークルだけでも30個以上あるような、非常に多くの学生が数えきれないほどのサークルに所属しています。また、学園祭である三田祭は多くの来場者を誇り、有名人も講演に駆けつけます。都内でも最大規模の学園祭です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手損害保険会社
    投稿者ID:389730
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      経済を勉強したい学生にはとてもいい環境が揃っていると思います。教授も博識ですし、資料も豊富に図書館に揃っています。ただ、自習するスペースが限られているのが難です。
    • 講義・授業
      1、2年で基礎的な経済の知識が身につくよう、うまく必修科目が厳選されています。3年生からはゼミ(セミナー)というものが始まり、自分の興味があるトピックによりそった学習が行えます。また教授方は皆博識で、どの講習を受けても為になると思います。
      私が所属しているのは経済学部なので、もちろん経済に特化した授業を履修することが多いですが、生徒達の可能性を狭めることのないよう、多岐にわたった学習が行えるよう、多方面に渡る教科の履修が可能です。また、課外学習においても、サークルやクラブ、部活の種類には目を見張るものがあり、勉強のみならず、大学生活において重要な、課外学習においても得るものが多いです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの数は一般的に言うと多いとは思いますが、現在約3割の3、4年生がノンゼミと言われているように、選考で失敗した生徒はゼミの規定枠に人数制限の問題で入ることができず、大学生活で大事な研究を行うチャンスを逃す現実が多いのも事実です。
    投稿者ID:389644
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活においてとても充実していると思う。先生方も自分が好きなことを教えてくださっているのだなと感じる場面が多く見られました。専門性の高い学部なだけあり、皆志が高く、刺激を受けました。
    • 講義・授業
      どの先生方も自分が好きなことを教えてくださっているのだなと感じる場面が多くあり、授業を受けていて面白いなと感じる場面が多かったです。もともと興味のないことも気になってきたりしたこともありました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは少人数で、教授との距離感も近く、とても楽しい場所でした。ゼミ生同士もとても仲が良く、ゼミ以外でも会うこともあるほど良い友達ができたと思います。
    • 就職・進学
      もともと知名度のある学校だということもあり、就職には有利であると思います。また、大学病院や、医学部、看護学部との連携授業もあるので、それらを生かして就職できるので、とてもいいと思います。
    • アクセス・立地
      駅からの距離も近く、私にとっては自分の最寄駅からも近いため、すごく便利に感じています。都心に出やすいので、友達と少し遊びに行くのにも便利なのではないでしょうか。
    • 施設・設備
      校舎は古くなく、設備に関してはきちんと整っていて、勉強するにあたって不便だと感じたことはありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係については、私の周りでは皆仲良くやっています。皆受験をして、難しい大学に入学してきたということもあり、志が高く、やりたいことを明確に持っている人が多く、とても刺激を受けます。
    • 学生生活
      私の参加しているサークルはイベントを企画してその運営をするのですが、皆仲良くやっています。また、そのイベントが成功した後はとてつもない達成感を味わうことができます。忙しくて大変な時もあったけれど、どれもいい思い出に変わります
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は文系の学部よりは多いです。1年次は日吉キャンパスで、2年次から芝キャンパスに移ります。薬学科は薬剤師の資格を取ることがメインの目標となります
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      薬局の薬剤師
    投稿者ID:415335
    この口コミは参考になりましたか?
1374件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  慶應義塾大学   >>  口コミ

慶應義塾大学の学部

法学部
偏差値:70.0
★★★★☆ 4.30 (276件)
経済学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.04 (241件)
商学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.06 (161件)
文学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 4.12 (241件)
医学部
偏差値:72.5
★★★★☆ 3.95 (22件)
看護医療学部
偏差値:60.0
★★★★☆ 4.22 (27件)
理工学部
偏差値:62.5 - 65.0
★★★★☆ 4.03 (180件)
総合政策学部
偏差値:70.0
★★★★☆ 4.03 (73件)
環境情報学部
偏差値:70.0
★★★★☆ 4.29 (84件)
薬学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 3.71 (69件)

オススメの大学

順天堂大学
順天堂大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.95 (107件)
東京都/私立
日本医科大学
すべり止め校もチェック
★★★☆☆ 3.38 (13件)
東京都/私立
久留米大学
久留米大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.68 (184件)
福岡県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。