みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  早稲田大学   >>  口コミ

早稲田大学
早稲田大学
(わせだだいがく)

私立東京都/早稲田駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5 - 70.0

口コミ:★★★★☆

4.06

(3125)

早稲田大学 口コミ

★★★★☆ 4.06
(3125) 私立内43 / 569校中
学部絞込
31251-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    政治経済学部経済学科の評価
    • 総合評価
      良い
      政治、経済どちらの科目も必修が多い。グローバルな視点から捉える授業が多く取れる。1年次は政治分野、2年次は、経済分野での総合的な実習を行う。
    • 講義・授業
      良い
      私大文系だったが、数学を取らなくても単位をもらうことが出来る。周りは東大落ちなどが多く、レベルが高くとても楽しい。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      はい。特に政治経済学部の建物はきれいです。エスカレーターある。
    • 就職・進学
      良い
      商社や官僚に就職する人が多く、OB訪問などがとても充実していて良い。
    • アクセス・立地
      良い
      早稲田駅からすぐなのでとても通いやすく、高田馬場から友達と歩いてくる人たちも多い。
    • 施設・設備
      良い
      政治経済学部のきゃんぱすは、つい最近に建て替えられたばかりなので早稲田の中でも1番だと思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      意外と浪人をしていた方と仲良く遊んだりしている。周りは頭の良い人たちなので、自分も成長できる。
    • 部活・サークル
      良い
      イベントサークルに入っており、早稲田祭がかなり楽しい。日本で1番だと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主にミクロ経済学・マクロ経済学に加え、経済データ分析のための統計・計量科目の3科目を必修とすることで近代経済学の核となる理論を学び、また経済学を修めた高度専門職業人に求められるデータ分析能力を高めます。経済学コースの中でも「経済史研究領域」においては、独自の経済史方法論が選択必修科目と位置づけられ、多様な経済史分析手法の理解を目指します。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      まだ決まってない
    • 志望動機
      周りに、経済に詳しい人がいて、話を聞いていて興味を持ちました
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:659628
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      とても良い学科なので自分が好きなだけ勉強することができます。勉強に好きなだけ没頭することができるのでおすすめです
    • 講義・授業
      普通
      さまざまな教授による授業がたくさん設けられているため多くのことを学べる
    • 研究室・ゼミ
      普通
      たくさんあるゼミから自分の興味があると思う分野を選んで勉強できる
    • 就職・進学
      普通
      学んだことを生かせる関連する企業に就職する人が多いよです。。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄りの駅から近いため徒歩で通学する人が多く通学に便利だと思います
    • 施設・設備
      普通
      新しい施設で、最新の設備で学ぶことができ学習には最適です。。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルや部活に参加すると趣味を共有できる人がたくさん作れます
    • 部活・サークル
      普通
      サークルは全体でたくさんあるため自分の興味があるサークルを選ぶことができます
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      文学について学べます。文学に興味があるひとにはおすすめです。。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      昔から文学に興味があったので、より知識を深めたいと思ったからです
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:659078
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学びの場としても出会いの場としても申し分ない場所。自分次第でいくらでも楽しいキャンパスライフを作ることができる。
    • 講義・授業
      良い
      幅広い分野についての講義が数多く開かれており、入門から発展まで実に多くの学びを得ることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      演習に関しては仲間とともに進めていく方式が取られており、客観的視点から自分の学びを深めることができるようになっている。
    • 就職・進学
      良い
      就職・進学実績は全体的に良い。大学側も好意的に対応してくれるため希望職種に行く生徒も多い。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄りは東京メトロ東西線早稲田駅。駅から近くアクセスは良好。隣の高田馬場周辺にも多くの飯屋があるので学食以外にも豊富。
    • 施設・設備
      良い
      施設全体が新しく、空調管理も適切である。また、文学部のキャンパス内はつながっているため、雨の時でも濡れずに行き来することができる。
    • 友人・恋愛
      悪い
      授業やサークル内で友達を作ることは難しくないが、仲を深めたいのならば自分から働きかけるべし。
    • 部活・サークル
      良い
      サークルは星の数ほどに存在しており、それ故新入生歓迎の時期には戦いになる。文化祭の盛況は国内最大レベルと言ってもいい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      哲学、宗教学、歴史学から生き方まで、幅広い分野のエキスパートが存在しており、得るものは多い。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      歴史や哲学などを学び、自分の生きる道に生かしたいと思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:658710
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    創造理工学部建築学科の評価
    • 総合評価
      良い
      建築に対するやる気がある人には答えてくれる十分な環境と人材がある一方、やる気がない人に対しては置いて行かれる環境である。特に設計課題は講師が手取り足取り指導するわけではないので、先輩に学んだり、講師に積極的に質問をする姿勢が大切である。教授や研究室も多様であり、周りの学生も優秀な人が多い為、目的意識をもって学生生活を送ることが重要である。
    • 講義・授業
      良い
      教科書に沿った授業もあるが、学外や海外からも講師がいらっしゃる為視野が広がる。また、大学の講義を受ければ二級建築士受験の資格が得られる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室にもよるが、生徒の自主性を重んじ自由な研究活動が行いやすい。
    • 就職・進学
      良い
      OBOGが多く、学部が毎年12月頃開催するOBOGによる企業説明会で接点を持ちやすい。ゼネコン・設計事務所といった建築系の企業のみならず、広告・IT・出版など様々な就職先を選択する学生が多い。学生によって異なるが、設計や建築工学の知識を活かした仕事を志望する学生は基本進学する。院進学後は、所属する研究室によって設計事務所に進む・建築以外の就職先に進むなど志望する進路の傾向が異なる。近年は学生が主体となって建築関連の就職活動に関連するイベントを企画する団体が発足している。
    • アクセス・立地
      良い
      西早稲田駅が直結しているので、アクセスはよい。高田馬場方面は飲食店やアパート・マンション・書店などが豊富である為不自由なく生活できる。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスは老朽化しているものの、構造の授業でむき出しの梁を観察したり、材料の授業でコンクリートの劣化を観察したりなど、生きた実例としてよく活用される為ある意味建築の勉強になる。製図室は平日は基本空いており1~3年は特にお世話になる。PCは3DCADやBIMのソフトが充実し、専門の講師も在籍している。欲をいえばレーザーカッターや3Dプリンターなどデジタルを活用した機材がもう少し欲しい。
    • 友人・恋愛
      普通
      授業の選択が一致しやすいこと・設計課題でチームを組んだり相談しあうこともある為、友人は作りやすい。理工学部内でも女子の割合が多く、設計課題が忙しく他の学科やサークル活動と時間が合わないこともあり、同学科内のカップルが多いように思う。
    • 部活・サークル
      良い
      大学自体にサークルが多く、建築学生のみのサークルもあるので、先輩や後輩とつながりやすい。2年から3年は設計課題が忙しいため、活動熱心なサークルに入る場合は根気が必要。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年は様々な分野を学び、3年から意匠系・工学系にわかれ自分の学びたい分野をしぼっていく。4年から研究室に配属され、卒業論文とチーム(現時点では意匠系・工学系を1名以上含む3人1組)を組んで卒業設計を行う。院1~2年はより各々の興味に応じた研究を行う。大学のカリキュラムは6年通うことを想定して組まれているが、4年まででも十分な学習ができる。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      被災地の映像や避難所の生活風景を見る中で、日常時・災害時においても安心安全に過ごせる生活環境について学びたいと思い、志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:658100
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    社会科学部社会科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      広く学びたい方にはぴったりですが、卒業する際に自分が大学で何を学んだのか明確化できない人も社会科学部には多いように感じます。常に自分の学びたい分野を定めておくこと、目標を立てることが必要になってきます。
    • 講義・授業
      良い
      授業の数から見ると、社会科学部自体専門性を持っている学部ではないので、広範囲の分野について広く深く学ぶこともできれば、自分の学びたい分野や研究など1つに決めて探究することも可能だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミに関しては大学の中で1番多いとも言えるほど実に多様性のあるゼミが特徴的です。その数は50以上にもなるので自分に合ったゼミを必ず見つけられると思います。他の学部に比べても多様な分野を学べる分、ゼミは早めに2年後期から始まりますが、卒業するにあたって必ずゼミに入らなければいけないということもありません。
    • 就職・進学
      普通
      サポートに関しては学部独自で行なっているよりも大学全体でサポート、もしくは大学で出会った人々の情報によって就職を行うひとが多いような気がします。進学実績に関しては私立の中では有名校ということもありいい方だと言えます。
    • アクセス・立地
      良い
      早稲田キャンパスと戸山キャンパスの最寄駅は東西線の早稲田駅、西早稲田キャンパスは副都心線の西早稲田駅で高田馬場駅も含め全て徒歩で行けるといえます。大学の周りにも名物がたくさんあるのでお昼には困りません。
    • 施設・設備
      良い
      私立大学であるため施設は比較的新しく建て直されていたりときれいで、設備も充実していると言えます。しかし、すべての建物でインターネットを繋げられるわけではありません。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係や恋愛関係については全て学生自身が大学でどのように過ごすのかによると思います。社会科学部は人数も多く、小さいクラスでの授業も最初は少ないため、早稲田大学の中で友達はできにくいとよく言われます。しかしサークルは充実しているので、そこで友人を作ったり、恋愛したりすることは可能です。
    • 部活・サークル
      良い
      サークルは私立の中で1番数が多いと思います。大学公認サークルだけで350ほどあるので、非公認も含めたら1000以上の団体がいるのではないでしょうか。また早稲田文化という言葉があるように早稲田独特のイベントも多く開催されています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は入門や外国語など主に一般教養を学び、2年から自分好きな授業を取り始めます。また後期からはゼミが始まるので専門性の高い授業も取れると言えます。3年4年はゼミの研究はもちろん、自分の取りたい授業を受けます。卒業論文に関してはあるところとないところに分かれます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      進路は決まっていません
    • 志望動機
      将来に関して全く目標がなかったため大学で興味のあり分野を見つけるために、1番広く学べる社会科学部を選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:657815
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      設備、教授共にいいものが揃っているので、研究をしたい学生にぴったりだと思います。ただし中には不真面目な学生も多く、彼らの影響を受けずに自分のやりたいことを貫く意志が必要です。
    • 講義・授業
      良い
      数多くの講義を展開しており、自分の興味にあった講義を探すことができます。また他学部の講義も一部受けられるため、知見を広めることもできます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      現在ゼミや研究室に所属していないため詳しいことは言えませんが、多くの著名な先生方がいらっしゃいます。
    • 就職・進学
      良い
      就職フェアを定期的に行っており、情報も多く入ってきます。一年のうちからインターンに行く学生も多いようです。
    • アクセス・立地
      良い
      戸山キャンパスは高田馬場駅から非常に近く、多くの学生が電車を利用しています。周りにはファーストフード店なども多く存在し、学生には嬉しいです。
    • 施設・設備
      良い
      戸山キャンパスは新しく工事された部分も数多くあり、非常に綺麗な印象を受けます。図書館は本キャンには劣りますが立派なものがあり、学生も多く利用しています。
    • 友人・恋愛
      良い
      一年生の必修科目である必修基礎演習と英語は同じメンバーでクラス編成されていますので、友達も作りやすいと思います。文化構想学部と文学部が両方入ったクラスなので、他学部の情報も得られます。
    • 部活・サークル
      良い
      サークルは公認非公認ともに数多く存在し、堂々と言える趣味からニッチな趣味まで対応できると思います。文化祭の規模は非常に大きく、楽しげな催しをたくさん見られます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修科目としてレポートの書き方や第2外国語を学びながら、興味のある講義を幅広く取ることができます。2年次にはコースに分かれ、3年次まで専門的な内容を深く学んでいきます。4年次は卒業論文に打ち込むことになります。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      文転をしたのが12月頃だったため、そこから目指せる一番レベルの高そうな大学を選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:657981
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    文化構想学部文化構想学科の評価
    • 総合評価
      良い
      文化構想学部に入るために努力し、入学することが出来た満足感に満たされてるから。また、友人関係にも良好で楽しいから。
    • 講義・授業
      良い
      多くの授業の中から自分が好きな授業を選ぶことが出来るが、授業によって単位の取りやすさが全然違う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだ2年生なので分からないが、面白そうなゼミが多い。先生も知識人。
    • 就職・進学
      良い
      就活サポートシステムが充実しているが、それへのアクセスが分かりずらい。
    • アクセス・立地
      良い
      駅チカで、綺麗な建物、自然豊かで過ごしやすい。飲食店も周りに多い
    • 施設・設備
      良い
      新しめの建物なので綺麗。衛生管理もしっかりされている。清潔感のあるキャンパス。
    • 友人・恋愛
      普通
      友達は作れるが、恋愛に発展するかといえば実際そうでも無いから。
    • 部活・サークル
      良い
      どの大学よりもサークルの数、規模、知名度が高い事に自信があるから。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      メディア、言語、社会学、心理学、哲学など、幅広い分野の授業を、自分の好きなように組み合わせて学ぶことが出来る。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      決まってない
    • 志望動機
      自分のやりたいことが見つからず、色んなことを学ぶ機会を得て可能性を広げることが出来る学部だとおもったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:657882
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年04月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    基幹理工学部機械科学・航空学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      総機と比べたらコマ数はそこまで多くないが、6限に必修が入ってくるのでやや面倒。その一方で1限はとても少ないので寝坊して授業に出れなくなる事はあまりない。自分のように成績が悪くて第一志望に落ちてこの学科に配属された人も一定数いるので勉強のモチベーションは人による。興味ないと本当に大変な学科なので行きたくないと思ったら勉強してください。一方で航空関係の仕事に就きたいと考えてる人やものづくりに興味がある人にはとても良い環境なのでそういう人にはお勧めします。
    • 講義・授業
      普通
      一年時は学科に配属されず、学籍番号でクラスが振り分けられ、クラスで基礎科目や教養科目を学び自分の行きたい学部を決めます。クラスによって先生の当たり外れが激しくとてもじゃないが平等とは言えない。
      進振りは学系2から情報系行くのには高い成績が必要なので勉強必須。この機械航空学科は学系2は成績が高くなくても行けるが、それはつまり成績が悪いと機械航空学科に不本意に配属されるので行きたくないのなら勉強必須。電物と応数はよっぽど悪くない限り行ける。2年になって学科に配属されてからは各学科で専門科目を学ぶ。この機械航空学科では材料の力学や熱力学などを学ぶ。
    • 就職・進学
      良い
      就職は良いと聞く。
      大学院進学率は8割を超えている。就職先は多岐に渡る。
    • アクセス・立地
      良い
      西早稲田駅が直結しているため通いやすい。
      高田馬場からだと少し遠いが、それでも歩いて10分くらいなので立地は良いと思う。
      周辺にはワセメシと呼ばれる飲食店が沢山あるので行ってみると良いかも
    • 施設・設備
      普通
      綺麗で設備が充実しているのは63号館くらい
      他は正直言ってあまり綺麗とは言えない。
      キャンパスは戸山キャンパスや本キャンの方が綺麗かも
    • 友人・恋愛
      良い
      本人次第だが、基幹理工学部は早稲田で女子の割合が最も低い学部なので学部で恋愛することはあまり期待しないでください。ただ色んなサークルがあるので所属すれば出会いはあると思う。理系は忙しくてサークルあまり参加できないと言われるけど、自分の周りは皆サークルに所属して積極的に参加している。
    • 学生生活
      良い
      サークルはテニスサークルに所属しているが、とても楽しくて毎日が充実している。新歓期にはビラ配りが色々な所で行われているので色んなところのビラをもらって興味あるところに行ってみると良い。ただ2年前期と3年前期は6限目に必修が入るのでサークルとバイトを両立したい人にはこの学科はお勧めしない。両立してる人もいるけど結構大変
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      2年の必修は材料の力学、熱力学、加工学習、工学系の数理、機械材料学など。自分は今年学科に配属されたのでまだ詳しいことは知らん。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      第一希望の学科に落ちて、この学科に配属された。行きたいとは全く思ってなかった。
    この口コミは参考になりましたか?

    27人中16人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:641539
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年02月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 5]
    文学部文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      この大学は、自分の才能を生かした勉強法が発見でき、それに合わせた職業も探し出せるので、とても良いと思います。
    • 講義・授業
      良い
      とても分かりやすい説明をしてきただいています。質問なども気軽に聞け、分からないことなどないです。
    • 就職・進学
      良い
      とても十分です。悩みなどがあれば、教授に相談できますし、なによりも自分を持って就職できたのでとてもよいです
    • アクセス・立地
      良い
      私は家から学校までとても近いので、歩いて通学しています。
      とても楽です。
    • 施設・設備
      悪い
      必要最低限のものは、全て揃っていますが、少し物足りないかと思います。
    • 友人・恋愛
      悪い
      私は顔がブサイクなのて、女性からは友達として見られ、恋愛対象としては見られていません
    • 学生生活
      良い
      とても楽しいですし、たくさんの友達と充実した生活を送れているので、最高です
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年間で学ぶことのそう復習や予習などをしています。友達とも学校で勉強します。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      私は昔から文章題を解くのが得意で、そのことを生かした勉強がしたかったからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    31人中19人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616982
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    国際教養学部国際教養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      基本的な英会話や英語力を持っていることが前提とされているのできをうけてほしいぇす。がんばってほいしてもおめるすす。
    • 講義・授業
      良い
      授業がほぼ全て英語で行われています。授業後に日本語で質問できる先生もいらっしゃいます。
    • 就職・進学
      良い
      先輩方の就職実績も良いと思います。大学の就職サポートセンターの
    • アクセス・立地
      良い
      高田馬場駅から徒歩20分、早稲田駅からもら徒歩8分ほどでとても良いです
    • 施設・設備
      良い
      大学の建物もあたらしく、きれいで、管理も行き届いていると思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      留学生も多く、日常生活も充実したひびがおくれるとおもいます。
    • 学生生活
      良い
      他の学部に比べるといそがいしですが、きりょくをもってやればやれる人もいると。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は幅広い科目を学び、総合的なきょうようをみにつけます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      英語を学ぶのではなく、コミュニケーションツールとして使うことを身につけたいと思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    38人中25人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:616344
31251-10件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
  • 早稲田キャンパス
    法 ・政治経済 ・商 ・教育 ・社会科 ・国際教養
    東京都新宿区西早稲田1-6-1

     都電荒川線「早稲田」駅から徒歩4分

  • 戸山キャンパス
    文 ・文化構想
    東京都新宿区戸山1-24-1

     東京メトロ東西線「早稲田」駅から徒歩9分

  • 西早稲田キャンパス
    基幹理工 ・創造理工 ・先進理工
    東京都新宿区大久保3-4-1

     東京メトロ副都心線「西早稲田」駅から徒歩5分

  • 所沢キャンパス
    人間科 ・スポーツ科
    埼玉県所沢市三ヶ島2-579-15
電話番号 03-3203-4141
学部 法学部政治経済学部商学部教育学部社会科学部国際教養学部文学部文化構想学部基幹理工学部創造理工学部先進理工学部人間科学部スポーツ科学部
概要 早稲田大学は、東京都新宿区に本部を置く私立大学です。通称は「早稲田」「早大(そうだい)」。1881年に大隈重信が設立した東京専門学校を前進としていて、日本の私立大学の中でも歴史の長い大学です。政治経済学部からは政治家、法学部からは法律家、文学部からは作家や文化人が誕生し、数多くの優秀なOB・OGを輩出しています。 早稲田キャンパスは、「政治経済学部」「法学部」「教育学部」「商学部」「社会科学部」「国際教養学部」です。西早稲田キャンパスは理工学部、戸山キャンパスは文学部、所沢キャンパスは科学部系となっています。えんじ色のスクールカラーが有名です。

この学校の条件に近い大学

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  早稲田大学   >>  口コミ

この大学におすすめの併願校

明治大学

明治大学

57.5 - 62.5

★★★★☆ 3.94 (2057件)
東京都千代田区/東京メトロ千代田線 新御茶ノ水
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.14 (845件)
東京都千代田区/東京メトロ南北線 四ツ谷
立教大学

立教大学

57.5 - 65.0

★★★★☆ 4.03 (1366件)
東京都豊島区/東京メトロ副都心線 池袋
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (1727件)
東京都八王子市/多摩モノレール 中央大学・明星大学
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.95 (1350件)
東京都渋谷区/東京メトロ半蔵門線 表参道

この学校の条件に近い大学

国際基督教大学

国際基督教大学

67.5

★★★★☆ 4.46 (167件)
東京都三鷹市/新小金井駅
慶應義塾大学

慶應義塾大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.15 (1963件)
東京都港区/赤羽橋駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.14 (845件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東京医科歯科大学

東京医科歯科大学

55.0 - 70.0

★★★★☆ 4.11 (108件)
東京都文京区/御茶ノ水駅
東京理科大学

東京理科大学

45.0 - 62.5

★★★★☆ 3.82 (900件)
東京都新宿区/飯田橋駅

早稲田大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。